ファイアーエムブレム トラキア776・マスターバイブル 最終更新日:2001/04/04

よくある質問とその回答(初級編)



■『人間バケツリレー』って何?

 トラナナには、『かつぐ』や『おろす』というコマンドがあります。これを利用して、ユニットを1ターンのうちになるべく遠くへ運びたいときに使う技です。基本的にユニットをたくさん並べておけば、どこまでも運ぶことができます。下にその手順を示しました。各キャラはあらかじめその場所に待機させておく必要がありますが、再移動や再行動を駆使すれば、その必要がなくなることも。数え切れないくらいテクニックがあるので、その場に応じて考えてみること。



■『聖戦士の書』って何?

 聖戦士の書とは、『バルドの書』や『セティの書』のことで、持っているとレベルアップ時の各パラメータの成長率が変わります。
 他にも敵から必殺攻撃を受けなくなるという特殊効果があるので、前線で戦うキャラの必須アイテムにもなるわけです。
 これら2つの効果は闘技場へ入ったときも有効ですが、アイテム欄の一番上にある書はないものとして扱われます。

(参考:『聖戦士の書の効果』『闘技場』

■『武器レベル』ってどういうふうに上がるの?

 1つの武器に対し、1回攻撃すると『武器経験値』に1加算されます。ミスしてもOKですし、追撃を出せば2回分、流星剣を出せば1回につき最大で5回分カウントされます。杖を使ってもあがりますが、上がり方が杖の種類によって異なります。
 この『武器経験値』は各キャラに固有で、基本的に50回分たまれば、武器レベルが1ランクアップします。

(参考:『キャラ別初期武器レベル』『アイテム(杖)』

■武器レベルを効率的に上げる方法ってないの?

 まず、武器レベルを上げたいユニットには壊れた武器を装備させておき、誰かを担がせます。そして、敵の武器を盗んで奪い、丸腰にしたところを他のユニットで囲み、上げたいユニットでちまちま攻撃すればOKです。
 ちなみに、表示こそできませんが闘技場でも振った回数がちゃんとカウントされています。

■同じ場所で同じ敵を2回攻撃する方法

 再移動できないユニットで敵を攻撃したものの1回の戦闘で倒せなかった場合、周辺が狭い通路だったりするとそのユニットが危険にさらされる場合があります。そんなときはそのユニットより体格の高いキャラで担いでどけましょう。その場所が空き、他のキャラで同じ敵を攻撃できるようになります。

■増援を出さずに済ませるのってどうやるの?

 増援の出る場所にユニットを待機させておけば出てこなくなります。紋章の謎や聖戦の系譜とは違い、1回きりか一定ターンの間しか出てこないため、ターンが過ぎれば待機させておいたユニットをどけても大丈夫です。
 ただ、増援で経験値稼ぎしておかないと、先へ進むのがだんだん辛くなるかも知れません。なるべく面倒がらずに倒しておきましょう。

■『ぬすむ』が重要って聞きましたが?

 今作はアイテムが異様に高いので、敵からアイテムを奪うことで物資を調達しなければなりません。味方で『ぬすむ』スキルが使えるのは、リフィスとラーラ、パーンだけです。ただし、下の条件をクリアしないと盗めません。

 1.『ぬすむ』を使うユニットの『速さ』が敵より大きいこと
 2.『ぬすむ』を使うユニットの『体格』が盗むアイテムの重さより大きいこと

 ちなみにパラメータの上限が20であるため、速さ20の敵からは盗めません。風の剣を装備していても無理です。上の条件を満たせないもののどうしても欲しいアイテムがある場合は、ティナの専用杖『シーフ』を使いましょう。ただ、これにも条件があります。

 1.ティナの魔力が敵より大きいこと

 魔力20の敵からは盗めなさそうですが、聖水やMアップで一時的に魔力を上げれば可能です。マジックリングを使っても魔力は最大20ですので、無駄遣いしないように。

■第2預かり所が欲しい

 預かり所がいっぱいだと7章制圧時や14章外伝でシビリアンを離脱させたときにもらったアイテムが消えてしまいます。常に余裕を持たせておきたいくらいなのに、すぐに上限の128個めいっぱい埋まってしまいがちです。
 こういうとき、滅多に出撃させないユニットにアイテムを持たせておけば、マップ中の預かり所で引き出せないのを除けば、第2預かり所として使えます。ちなみに、マーティには『ライブ』、ダルシンには『とびらのかぎ』というふうに同じキャラには同じ種類のアイテムを持たせるようにしておくと、整理整頓もできて便利です。

■『リペア』の使いどころは?

 使用回数がたったの5回なので慎重に使いたいところ。なるべくシーフの杖やグラフカリバーなど専用武器の修理に使うようにしよう。

■杖のミスをなくしたい

 技を上げましょう。スキルリングを使えばすぐに上がりますし、オードの書を持っていればレベルアップしたときに技が上がりやすくなります。
 ただし、ミスっても杖の武器経験値はもらえるので、ミスった方が得な場合もあります。

(参考:『計算式(未公開)』『アイテム(杖)』

■『杖の空振り待ち』って何?

 出撃直後に杖を振らせて、ミスるまでひたすらリセットを繰り返すことです。
 何故こんなことをするのかというと、ミスっても杖の武器経験値がもらえるからで、ひと振りにつき10ポイントの武器経験値が得られる『リペア』をミスらせれば、あっという間に杖の武器レベルが上がります。

■ひと振りで2倍美味しい『ワープ』の使い方

 一緒に移動したい奴を担がせたユニットにワープ(リワープ)を掛ければ、1回分で2人を同時に移動させられます。

■資金難にあえいでいます

 基本は敵を捕獲してアイテムを奪うことですが、なかなか上手くいきません。

 各マップ固有の『敵専用離脱ポイント』が武器屋よりも遠くにある場合、武器を盗まれて丸腰になった敵は武器屋に向かい、武器を調達してくるので、買ったそばから盗めばいくらでも稼げます。

 基本的に武器屋さえあればどのマップでも可能ですが、17章A(砦)の敵ランスアーマーで『銀の槍』(武器レベルが低い場合、『鋼の槍』になる可能性もある)、17章B(森)の敵スナイパーで『銀の弓』をはじめ、21章、22章などでも無限稼ぎが可能です。

■杖を使いたい敵にカーソルが合いません

 杖が使える条件を忘れていませんか?

 1.杖をかけられるのは、杖を使うユニットより魔力の低い敵だけである。
 2.『シーフ』以外の杖は、玉座や城門にいる敵にはかけられない。
 3.無敵だと設定された特別な敵にはかけられない。

 3.の例として、17章A(砦ルート)や22章に出てくるサイアス、20章のバラート(3ターン目まで)などが挙げられます。

■敵の杖攻撃は何とかなりませんか?

 中盤以降、いやらしい敵の杖攻撃にたびたび悩まされます。さっさとサイレスで封印しましょう。

 また、敵にスリープなどの状態変化する杖を使う場合、近くにレストを持っている敵がいないかをチェックし忘れないように。いる場合はそっちを先に倒すか封印してしまいましょう。

■『NP版』とか『ROM版』って何?

 1999年8月28日に発売されたプリライト版とDX版、同年9月1日に開始されたロッピーでの書き換え版はすべて『NP版』と呼ばれ、ゲームの内容自体はどれでも同じです。

 一方、2000年1月21日に発売されたものは『ROM版』と呼ばれています。

■『NP版』と『ROM版』の違いは何?

 以下の点が『ROM版』で修正・追加されています。

 1.ちゃんと箱がある!(笑)
 2.添付されている説明書の表示(ブロック数とか)が無くなった。
 3.総合ランクA以上で表示されるエンディングの1枚絵が異なる。
 4.追加ランクとして、S、SS、SSSがある。
 5.15章の会話中にあった「メンフィーユの森」という誤植が「メルフィーユの森」に直っている。
 6.24章外伝の会話中にあった「ダクダ」という誤植が「ダグダ」に直っている。
 7.ナイトキラーの特効対象にマージナイトも加えられた。

■イベントの途中でよく止まります…

 『NP版』だと、そういったことが起こるようです。書き換え可能なカセットで提供されているからかも知れません。書き換えをしたローソンか、任天堂のお客様相談室へ問い合わせてください。


[←戻る]