目次

各アーティストの使い勝手やステータスの成長具合、スキル配分などは個人によって異なるとは思いますので、あくまで参考程度に。

蒼井樹

  • 物語上の主人公なだけあってメインキャストに固定されているが、力、技、速さを中心にバランスの取れた成長率を持つため不便はない。一応、槍と火炎が主だった弱点だが早めに対策のレディアントスキルが取得できる。
  • 取得スキルは剣と電撃魔法が中心。特効のついたスキルが多いのも特徴。
    • 特効付きのスキルは相手の耐性に関係なくセッションの起点になれるので一つでも持っておきたい。 また、早いうちに取得できる剣スキルの「牙折り」は攻撃の際に相手の攻撃も低下させるため、終盤まで有用。速さに優れるため「ラクカジャ」などの補助を敵の手番より前で撃てるようなスキル構築にするとサポート役としても優秀に。
  • クラスチェンジ先は魔防などが強化されたバランス型のマスターロードか、力などが強化された物理型のオーバーロード。
    • それぞれで解禁されるカルネージから取れるスキルとしては、マスターロードは回復魔法、電撃魔法、「天空」などの有効なパッシブスキルが多く、オーバーロードは強力な剣スキルが多く、早めに竜特効の「滅竜門」が取得できるのが利点。終盤を見据え同じ剣中心である弥代との役割分担を考え選択するのが吉。
  • スペシャルパフォーマンスは2章IM後に取得する「モデルポーズ」が非常に有用。他のもクセが少なく全体的に扱いやすくまとまっている。
    • 後半になると弱点が全体的に少ない敵も増えてくるため、セッションを無理やり発動させつつ耐性を落とせる攻撃系SP2種の出番も増えてくる。 樹自身扱える属性が少ないこともあり、SPへの依存度は高い。
  • ユニットとしての難点は何と言っても「交代できない」こと。どんな状況にあっても入れ替えられないことは念頭に入れておこう。
    • 特に槍持ち相手だといくら回避スキルを覚えるといってもどうにもならないことも。 時にはガードで凌ぎ続けるのも必要。

織部つばさ

  • 魔力、魔防に優れた回復役であるが反面、力や守備は低め。ペガサスナイトであるが速さは少し控えめ。
    • 主だった弱点は斧と、ペガサスなので弓と衝撃(風)。弱点を突かれると守備の低さと相まって即戦闘不能になることも。
  • 取得スキルは槍と衝撃魔法、回復魔法が中心。少しだが火炎魔法とHP吸収技も覚える。
    • 序盤は槍スキルが多いが、クラスチェンジ先にもよるが成長していくにつれ魔法系に比重が置かれていく。本人の能力傾向から魔法系を中心に据えるスキル構成にすると良いだろう。とはいえセッションの起点のために槍スキルを一つは持っておきたい。また、序盤に取得する「スクカジャ」は樹・つばさ・弥代が覚えられるが、樹はレア素材が必要なカルネージからの習得、弥代は加入が遅いという問題があるため、絶対に残しておきたいスキル。
    • 後半になると「フォッグブレス」や「セクシーダンス」といった強力な弱体・バッドステータススキルが覚えられる。これらのスキルで援護できるのも強みといえる。
      • つばさは魅了・混乱・封印状態の敵には無条件で物理攻撃からセッションを行えるレディアントスキルが覚えられる。これを生かすためにも「セクシーダンス」は覚えておきたい。
  • クラスチェンジ先は成長傾向はそのまま強化したファルコンナイトか、苦手な部分にも補強が入ったドラゴンナイト。
    • それぞれで解禁されるカルネージから取れるスキルとしては、ファルコンナイトは回復魔法、衝撃魔法、魔法方面のパッシブスキルが多く、ドラゴンナイトは強力な槍スキル、物理方面のパッシブスキルが取得できる。本人の能力傾向的にはファルコンナイトだが、一度はドラゴンナイトを経由してスキルを取っておきたい。
  • スペシャルパフォーマンスは最初に取得する「エアリアルダンス」が序盤唯一の安定した全体攻撃でボス戦やワイルドエネミー戦で有用。
    • 全体的につばさの取得するパフォーマンススキルは回復効果が伴うので終盤や連戦時に役に立つ。
  • ユニットとしての難点は、攻撃力の低さゆえにセッションではあまり有効打を与えられないことと、弱点の多さと言ったところか。
    • ただし終盤になると、火炎無効・衝撃吸収・竜眼・矢見切りなど防御・回避面での強化が際立ってくる。
      • 意外なことにラスボスは耐性を整えたつばさに対して有効な攻撃手段が少ない。
  • また、セッションの属性が槍と衝撃のため、この両方を無効化する終盤のアーマー系に対して手も足もでなくなる可能性がある点も注意。
    • アーマー特効をセッションの始動にすえる、霊性系ステータス異常をあらかじめかけておく、などが対策として挙げられる。

赤城斗馬

  • 力、技に優れ、守備も序盤のキャストでは高い方。その分魔法系の能力値は抑え目。
    • 主だった弱点は斧と氷結。一応肉体も弱点だが突かれる機会は少ない。
    • クラスが騎馬なので騎馬特効を受ける。特に後半の剣士や騎馬はエスパーダを持っていることが多いので要注意。
  • 取得スキルは槍と火炎属性が中心。能力低下の補助も多く覚える。一応衝撃属性も覚える。
    • 槍スキルはつばさより種類が豊富で、少しだが騎馬特効のスキルも覚えるが、特効は基本、樹に任せても大丈夫。序盤に取得できる「レッグスライス」は攻撃の際に相手の命中・回避も下げるので終盤まで持っておきたい。また、早い段階で槍の全体攻撃の「ジャベリンレイン」が欲しいところ。補助スキルは最終的にはエリーと二択で相手の攻撃・防御・回避・命中を低下させる「ランダマイザ」を取得したい。
  • クラスチェンジ先は全体的に強化したパラディンか、魔法方面に補強の入ったダークナイト。ちなみにどちらにしろ速さは下降する。
    • それぞれで解禁されるカルネージから取れるスキルとしては、パラディンは強力な槍スキルや味方補助、物理に関するパッシブスキルが多く、ダークナイトは火炎属性や相手妨害の補助、少しの火炎魔法が取得できる。火炎属性を取得するキャストは多いが相手妨害の補助は少ないので「ダークナイト」に先になりたいところ。
  • スペシャルパフォーマンスは「暴虐のスロットル」がクセがなく、消費SPも少ないため有用。
    • 「チャージ」からの「暴虐~」はセッション中確定クリティカルもあいまって文字通りの必殺コンボ。一番槍は騎士の誉れ。
    • 「ガイアの囁き」は味方補助の効果に加え2回分チャージが魅力だが、SPコスト2は重すぎる。
  • ユニット的な難点が特に見当たらないというのはさすがソシアルナイトと言うべきか。
    • 魔法、特に氷属性を食らうと落ちやすいという点に注意するくらいか。 後は敵が騎馬や剣士の場合は「エスパーダ」を警戒しておくこと。

黒乃霧亜

  • 力が極端に低く、完璧な魔導士の成長率。守備も抑え目だが実は速さより成長率は良い。
    • 主だった弱点は剣と電撃。早めに物理攻撃の回避率が上がるレディアントスキルが取れるものの、無理は禁物。
  • 取得スキルは氷結魔法を中心に電撃以外の魔法系全般。物理関係スキルは一切覚えない潔さ。クラスチェンジ先にもよるが万能属性の魔法や回復魔法も覚える…が、肉体属性、霊性属性、万能属性はセッションが発生しないので無理に覚える必要がない。序盤に習得できる「スクンダ」はアイテムで代用が効かない上貴重なキリアの補助スキルなので取っておきたいスキルの一つ。
    • 霊性攻撃魔法では、EPにダメージを与えられる「吸魔」を覚えておきたい。HP・EPがマスクされていない敵のEPを枯渇させれば、基本的に何も行動できなくなる。これはボス取り巻きの増援封じに有効なテクニック。
  • バッドステータス魔法を多く覚えられるのも利点。初期習得の「スリープソング」は命中率の面で不安があるが、終盤に覚えられる「マカジャマオン」は効けば敵を完全に無力化できる強力魔法。
  • クラスチェンジ先は防御面も少し大人しめに強化した賢者、か攻撃面一直線に強化したソーサラー。
    • それぞれで解禁されるカルネージから取れるスキルとしては、賢者は回復・蘇生スキルと「ヒュギエイアの加護」などの有用なパッシブスキルが多く、ソーサラーは衝撃魔法を中心に攻撃特化のスキルが取得できる。本人の傾向からしてソーサラー一択だがパッシブスキル的に「賢者」も経由したいところ。
  • スペシャルパフォーマンスはなんといっても「パステルアワー」がどの難易度でも非常に有用。重要な戦闘の際には速さの高いキャストと即交代して放ちたいほど。
  • ユニットとしての難点はとにかくHPと速さが低いこと。敵に手番を許すとすぐ倒されてしまうにも関わらず、先手がとりづらいのは痛手。
    • 交代を利用して先手を取るというのが無難か。霧亜を出したらその一手で敵を無力化するくらいの気持ちで。
  • また、攻撃手段が基本的に魔法属性のため、魔法無効の相手にはどうやってもセッションが出来ないという大問題がある。
    • 具体的には魔法属性全て無効のキャリーと、氷無効・衝撃反射の白のドルイド。霧亜が嘆いても泣かない覚悟で。

弓弦エレオノーラ

  • 技、速さに特化した弓使いの成長率。防御面が控えめだが回避に特化したスキルも多く覚えるため心配はあまりいらない。
    • 主だった弱点は斧と衝撃。加入後しばらく斧の敵が多いのでレベル上げには慎重に。
  • 取得スキルは弓と電撃属性、火炎属性が中心。魔法は万能属性と回復を一種類ずつのみなのでほぼ無いと思っても問題ない。覚える補助はほぼ相手妨害なのでスキル構築は味方補助も覚えるトウマとの兼ね合いが大切。唯一の弓使いなので弓スキルは単体、全体と穴がないように。攻撃の際に相手へ状態異常を付与するスキルも多いのでそちらも取っていいかもしれない。
  • クラスチェンジ先はより物理と弓スキルに特化したスナイパーか、属性攻撃に対応したアサシン。
    • それぞれで解禁されるカルネージから取れるスキルとしては、スナイパーは強力な弓スキルや物理セッションスキル、アサシンは電撃を中心とした属性スキルや属性セッションスキル、相手妨害の補助が取得できる。幅広く対応できるようになるアサシンの方が良いか。
  • スペシャルパフォーマンスは、「オール・デッド」がワイルドエネミー戦で非常に有用。本人の技の高さを更に伸ばしていけば一撃必殺の確率は上がる。
    • 状態異常の確率を上げるレディアントスキルや相手に状態異常を付与するパフォーマンススキルを持つため相手妨害に特化したキャラとも言える。あまりハリウッド的ではない気がするが。
  • ユニットとしての弱点はHPの低さ。守勢に回るとすぐに崩れるのはFEアーチャーのお約束。
    • 特にスナイパーになるとHPの低さが無視できない域になる。こだわりがなければ最終クラスはアサシンをお勧めする。

源まもり

  • HP、力、守備に秀でた守りの要。意外と技も上がるものの、EPが低め。
    • 主だった弱点は剣、火炎。霊性も弱点だが突かれる機会は少ない。
  • 取得スキルは斧と氷結属性、雷撃属性。回復スキルも覚え、補助やパッシブスキルも『守る』ことに特化したものを覚える。唯一の斧使いなので斧スキルは隙がないように覚えたい。特に「甲割り」は攻撃の際に相手の防御も下げるので終盤まで持っておきたい。補助スキルは「マーキング」は必須。覚えるスキル総数がそこまで多くない上まもりは味方を庇うのがお仕事なのでセッションの起点になれる攻撃スキルを揃えておけば基本的に支障はない。
    • パッシブスキルの「ヒットメイカー」が初期スキルにあるが成長の過程では一切覚えないので上書きしないように。
  • クラスチェンジ先は防御面に特化したジェネラルと、攻撃面を補強したバーサーカー。
    • それぞれで解禁されるカルネージから取れるスキルとしては、ジェネラルは回復スキルや防御面を強化するパッシブスキルが多く、バーサーカーは強力な斧スキルや攻撃面を強化するパッシブスキルが習得できる。唯一の斧使いなのでバーサーカーで強化してからジェネラルになるのが理想。
      • バーサーカーで解禁されるカルネージは槍・肉体無効の防御効果がある。これで槍持ちの敵騎兵どもを涙目にしてやることも可能。
  • スペシャルパフォーマンスは「レンチン☆ソウル」や「雨音のメモリー」といった回復や補助に特化。樹の「モデルポーズ」と同じく行動回数も増やしてくれるレンチン系は大事な局面で有用。
  • ユニットとしての難点はSP以外では全体攻撃が出来ないことと、アドリブスキルがないこと。
    • アドリブがないため、弱点を突けない敵にはSP以外でセッション始動ができない。豊富な属性攻撃を覚えて補うか、セッションの柔軟性を諦めるかはお好みで。

剣弥代

  • HP、力、技、速さが伸びる典型的な剣士の成長率。とはいえ物理寄りではあるがバランスは良い方。
    • 主だった弱点は槍と電撃。肉体も弱点だが突かれる機会は多くない。
  • 取得スキルは剣と電撃以外の物理属性攻撃。魔法はHP吸収を一種類のみなのでほぼ無いに等しい。覚える補助に相手の能力上昇を打ち消す「デカジャ」と味方の能力低下を打ち消す「デクンダ」があるが、どちらもアイテムで代用はできる。同じ剣使いの樹がメインキャストに固定されているので弥代固有の「カウンター」や剣全体攻撃の「ヒートウェイブ」などで差別化し、幅広い属性攻撃でセッションの起点になろう。
  • パッシブで「挑発」を覚えられることから想像できるとおり、いわゆる「盾役」としての能力もある。「カウンター」には敵に狙われやすくなる効果もあるため、盾として振舞う場合は残しておきたい。
    • 「カウンター」は単体物理攻撃であればほとんどの攻撃を確実にはじくことが出来る強スキル。うまくはまれば往年のFEソードマスターを髣髴とさせる回避無双も夢ではない。
  • クラスチェンジ先は技が低下するがよりバランス型になる勇者か、長所を伸ばすソードマスター。
    • それぞれで解禁されるカルネージから取れるスキルとしては勇者は味方補助やセッションスキル、「太陽」などのパッシブスキルが取れ、ソードマスターは強力な剣スキル、特効スキル、攻撃特化のパッシブスキルが習得できる。ソードマスターのカルネージには斧無効という特徴があるが、勇者が安定か。
  • スペシャルパフォーマンスは「謎の転校生」が相手全体を気絶にし、再行動ができる優良スキル。他の二種も対象が敵単体であるが優秀な効果を持っている。
  • ユニット性能にはこれと言って難点はなく、せいぜい全体攻撃が貧弱なのが気になるくらいか。
    • これは斗馬やまもりにも当てはまる難点。

コメント

  • とりあえず主観交じりですがざっと書いてみました。何かありましたら加筆訂正よろしくお願いします。 -- 2016-02-10 (水) 15:40:04
  • ガードすると弱点が無くなるって事を忘れてないか? それとセクシーダンスサジオススメ -- 2016-02-10 (水) 20:59:06


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-03 (木) 22:26:34