会話集/章別会話

目次

概要

ジャンル:ジゴロ系日常コメディ
依頼者:赤城 斗馬
ギフト:赤城斗馬が新しいスキルを獲得
概要:俳優としていまいちパッとしない斗馬。
そんな彼の元に新たな仕事が舞い込んでくる。
それは、ヒーローショーでの主役の代打だった。

本来登場する予定だった主役の俳優は
今女性に大人気の若手俳優桃園雄太。
斗馬、女性を惹きつける演技力を身に付けるべく
原宿の街でナンパ特訓を行う事に…。

…樹を巻き込んでのナンパ特訓。
初めはぎこちなかったが、やがて斗馬はコツを
掴み、女性を惹きつける演技を身に付ける。

斗馬は見事代役を演じきり、
憧れのヒーローにまた一歩近づく。

開始TOPIC

斗馬「おいっす イツキー
相談あんだけど聞いてくれねーか?
デパートの屋上で待ってるぜー」
斗馬(スタンプ)
斗馬(MAP)
斗馬「イツキー 相談があんだ
デパートの屋上に来てくれねーか?」

東母デパート屋上

[斗馬]
お、来たなーイツキ!
相談に乗って欲しいことがあるんだが
今…時間いいか?

(受注しない)

[樹]
ごめん、今はちょっと良くない。
[斗馬]
そか…。
んじゃ、ここで待ってるから
早く用事済ませてこいよ。

(受注する)

[樹]
いいよ。
[斗馬]
わりーな、
ちょっと付き合ってくれよ。
いやぁ、実は相談というのがさ…
…女のことなんだよ。
[樹]
珍しい。
トウマが女の子の話だなんて…。
[斗馬]
そのことでな…
お前に手伝ってほしいことがあるんだ……。
[少年]
ゲノム怪人がこんなとこで何やってんだよー。
[斗馬]
な、なにっ!?
……ん? お前は?
[少年]
なんだよー、テレビ見てやったのにさー。
こないだ言ったことは嘘だったのかよ。
結局、こんなところでやってる
せこいショーで満足だったの?
それも怪人役でさ。
[斗馬]
……ぐっ!
[少年]
まぁ、別にいいけど。
アンタが一方的に言っただけだし
俺も最初から期待なんかしてないし…。
[樹]
ちょっと…トウマ。
[少年]
な、なんだよ。
こんな子供を殴るわけ?
[斗馬]
すまなかったっ!
俺、なんとかお前に笑って欲しくてさ…
それでつい、嘘をついちまった…!
[少年]
……そんな理由で?
ホント…バカみたい…。
[斗馬]
いつか必ず、俺は本物のヒーローになる!
そしてお前を…。
[少年]
もう笑えるわけないよ。
だって……。
離婚したんだ、お父さんとお母さんが。
お母さんは毎日泣いてばかりだし
新しい学校ではいじめられるし…。
世界にはなんにもいいことなんてない。
こんな世界で…笑えるわけないじゃん。
[斗馬]
………だったら。
だったら俺が必ず
本物のヒーローになって
お前を笑顔にしてやる!
[少年]
………。
どうせまた嘘でしょ?
[斗馬]
違う! これは『約束』だ!
だからもう一度俺のことを信じて欲しい!
[少年]
………約束?
[斗馬]
そうだ!
[少年]
…………ばっかみたい。
[斗馬]
………なぁ、イツキ。
[樹]
修行……だろ?
付き合うよ。
[斗馬]
…へへっ。
ありがとな。
今度の修行は……ナンパだ。
[樹]
…え?
[斗馬]
言っておくけど、俺はマジだぜ。
…実は今度、ヒーローショーに顔出しで
出演することになったんだ。
雷牙の変身前の姿…豹真役でな。
[樹]
ライガーなのにヒョウ?
[斗馬]
ああもう! そこはいんだよ!
んでな、ヒーローショーの集客アップのために
女性層を取り込もうってことになったわけよ。
そこで、素顔の戦士を登場させようと
相成ったんだが、本物の豹真役の俳優は、
急遽キャンセル。
代役として俺に白羽の矢が立っちゃったの!
そうも雷牙の監督が話したらしいんだよ…。
『アイツを使ったらどうか?』って。
[樹]
買われてるってことか。
良かったじゃないか。
[斗馬]
だけどよう…ハードルは高いぜ。
……豹真役の桃園雄太君は
お母さんたちだけでなく若い女の子にも
人気の、話題沸騰中の若手俳優だ。
代役に立つ以上、俺も女心をくすぐる
立ち居振る舞いを覚えなきゃいけない…。
[樹]
それでナンパ…か。
[斗馬]
でも、ナンパとかよく分かんねーし
ネットで見たら、1人よりも2人で行くべし!
とか書いてあったの!
[樹]
つまり?
[斗馬]
…俺と一緒にナンパしてください。

《選択》

[樹]
しょうがないな…。
こうなったら頑張るしかなさそうだ。
[斗馬]
さっすが、我らのイツキ様!
頼もしきお言葉だぜ!
[樹]
嫌だな…俺、そういうの自信ないし。
[斗馬]
大丈夫! 俺とお前のツーマンセルなら
不可能はない!

《共通》

[斗馬]
場所は…そうだな。
原宿なんかが良さそうじゃないか?
[樹]
確かに。
女の子も多そうだ。
[斗馬]
決まりだな。
そしたら、一旦解散だ。
準備できたら原宿来てくれよ!
斗馬「おーい
まだかー?」
斗馬「ANZUの前で待ってるから
早く来いよー」
斗馬(スタンプ)

原宿

[斗馬]
お、来たなーイツキ!
は、始めるぞ!

《選択》

[樹]
ごめん、今はちょっと良くない。
[斗馬]
そ、そうか!
んじゃ、ここで待ってるから
早く用事済ませてこいよ!
[樹]
いいよ。
[斗馬]
よ、よーし! 準備はいいな?
い、行くぜ?
[樹]
キャラが違ってるよ。
[斗馬]
それを言うなって…。
スイッチ入れたんだよ。
シラフでナンパなんてできねーだろ。
お前も気合入れていけよ?
ヘ、ヘーイ、カノジョ!
ね、ねえ俺たちとお茶しない?
[だるそうな女子高生]
なんで?
[斗馬]
なんでって……
な、なぁ! イツキ!

《選択》

[樹]
理由なんていらない。
[だるそうな女子高生]
うーん。
[斗馬]
……ゴクリ。
[だるそうな女子高生]
……確かに。
[斗馬]
おお!
[だるそうな女子高生]
でも、あなたたちのこと…
…私、よく知らないし…。
[樹]
きみとお茶したいと思ったから。
[だるそうな女子高生]
えっ。
[樹]
ダメかな?
[だるそうな女子高生]
………うーん、ダメじゃないけど。
あなたたちのことよく知らないし…。

《共通》

[樹]
じゃあ、連絡先交換しようよ。
そうすれば知り合いになれるし
お茶はそれからでも。
[だるそうな女子高生]
……確かに。
[斗馬]
おおっ!
じゃあさ、早速……。
[だるそうな女子高生]
うん、いいよ。
じゃーねー。
[斗馬]
イツキ…お前やるな。
よく、ああも自然に……。
[樹]
え? そうだったかな?
[斗馬]
そうだよな…お前はそういうやつだった。
はぁ、ツバサちゃんに同情するぜ。
よし、次行こうぜ、次。
次、あのおねーさんとかどうだ!
今度は俺が行ってくる!
[樹]
頑張って。
[斗馬]
こ、こんちわ、お姉さん!
ね、ねえ俺たちとお茶しない?
[気の強そうなお姉さん]
しない。
[斗馬]
いっ、イツキ!

《選択》

[樹]
じゃあコーヒー飲もう!
[気の強そうなお姉さん]
ふふっ! 何その返し…
…それちょっと面白いかも。
[樹]
かわいかったんで、
つい声をかけちゃいました。
[斗馬]
そ、そうそう! そうそう!
おねーさんがすんげータイプで!
[気の強そうなお姉さん]
えー…ほんとにぃ?
でもまぁ、お世辞でも嬉しいかなぁ。

《共通》

[斗馬]
ってことは…?
[気の強そうなお姉さん]
いいよー…
って言いたいトコなんだけどね。
今忙しいからさ…トピのIDで許して。
[斗馬]
マジですか!? やったぁ!
イツキ、お前なかなかやるじゃねーか。
でもお前のやり方見てたら、
なんかコツみたいなの
分かってきた気がするぜ。
[樹]
そうか。
[斗馬]
な、なぁ! 次は俺にやらせてくれ。
トウマは黙々とナンパに励んだ…。
[斗馬]
んじゃ~ねぇ!
絶対連絡ちょうだいよ~!
[樹]
結構な人数に声をかけたな…。
どうだ?
[斗馬]
俺、分かったぜ! 女心を掴むのに必要なのは、
負けることを恐れない勇気!
へこたれない根性!
そして…いつもと違う自分に
『変身』することだっ!
赤城斗馬の魂が
表現者として新たな覚醒を遂げる…。
斗馬のパフォーマ
ミワクノヘンシンを手に入れた!
[斗馬]
いよっしゃああっ!
こいつでバッチリだぜ!
[樹]
ああ。
[斗馬]
見てろよ?
次のショー…絶対決めて見せるぜっ!
チキ「おつかれさまでした お兄ちゃん!
トウマお兄ちゃんが新しい
パフォーマを手に入れたみたいだね!」
チキ「さっそくユニティだよ!
戻ってきたらわたしのところに来てね!」
チキ(スタンプ)

ブルームパレス

[カイン]
分からん…まったく分からん…。
[斗馬]
どうした、カイン?
[カイン]
いったいなぜ、英雄になろうという男が
女の尻を追い掛けることになるんだ?
[斗馬]
こ、この世界の英雄には
そういう段階も必要なの!
[カイン]
だ、大丈夫なのか?
[斗馬]
あ?
[カイン]
本当にこのまま、お前を信じて大丈夫なのか?
はっきり言って俺には不安しかない。
[斗馬]
ホントにはっきり言いやがった!
だーいじょうぶだって、
こう見えて、着実に進んでる実感があるんだ。
[カイン]
そうか…。
ならばもうしばらく、見守ることにしよう…。
お前は馬鹿だが、あの少年との約束を
違えるような男ではないからな。
[斗馬]
ああ。もちろんだぜ。
[カイン]
あの少年…どこかお前に
似ているところがあるな。
パフォーマの輝きなど…特に。
[斗馬]
そ、そうか?
まぁ、それはいいって。
それじゃ、行ってくるぜ。

東母デパート屋上

[ゲノム怪人]
今日はどいつをゲノム怪人に
改造してやろうか!
[観客たち]
きゃあああああっ!
[豹真]
待てっ!
俺が来たからにはもう好きにさせない!
[ゲノム怪人]
お、お前は!?
[豹真]
ストリートの最先端をひた走るイカヅチの牙!
…俺の名は牙豹真!
大丈夫? みんな。
そしておねーさんたち。
[観客たち]
きゃああああああっ!
[豹真]
来いっ! ゲノム怪人!
子供の未来と、美しい女性はこの俺が守る!
[観客たち]
きゃああああああっ!
[豹真]
さぁ、酔いしれな!
ライトニングシステム! フルスロットル!
……『変身』!
[観客たち]
わあああああああっ!
[樹]
お疲れ。ノリノリだったな。
[斗馬]
おう、怒られるの覚悟で
アドリブ入れまくっちゃったぜ。
ま、ナンパの成果は発揮できたか。
[樹]
女性客の反応、相当良かったよ。
本物の雄太君よりも良い
…って言う人もいたくらいだ。
[斗馬]
お前に付き合ってもらった甲斐が
あったってもんだぜ。
あいつは…見ててくれたかなぁ…。
[樹]
ああ、あの子供?
端っこのほうで、食い入るように見てた。
[斗馬]
ははっ…そっかぁ…。
[樹]
ところで、トウマ…
なんでそこまであの子を気にかけるんだ?
[斗馬]
あー、その話か……。
[樹]
話したくなければ話さなくてもいいよ。
友達だからって、全部知ってなくちゃ
いけないなんて、気持ち悪いしな。
[斗馬]
…いや、別に秘密ってわけでもないんだ。
お前には、色々協力してもらってるし
知っておいてもらいたい。
[樹]
うん…。
[斗馬]
あいつ…ガキの頃の俺にそっくりなんだ。
実は、俺がアイツくらいの歳の頃に
両親が借金で蒸発してさ、
俺…じいちゃんに育てられたんだよ。
学校ではいじめられるしで
世界に絶望してたんだな、ガキなりに。
だけど、そんな時にテレビの
ヒーロー番組見て…勇気を与えられたっつーか、
…救われたんだ。
毎週毎週えげつない怪人が出てきて
毎週毎週こっぴどく痛めつけられる…。
それでもくじけずに立ち向かう姿にさ。
ヒーローってのは、誰かに勇気と笑顔を
与えられる存在じゃなくちゃならないんだ。
俺はアイツにとってのそういう存在になりたい。

《選択》

[樹]
応援してるよ。
[斗馬]
イツキ…。
ハハッ、サンキュ。
これからも、頼りにしてるぜ。
親友!
[樹]
きっとなれるさ。
お前なら…ヒーローに。
[斗馬]
ああっ! サンキュー! イツキ!
赤城斗馬は芸能人として一回り成長し
「華麗なピンチヒッター」になった!
赤城斗馬はスペシャルパフォーマンス
ガイアの囁きを手に入れた!

マップ会話

(原宿)

[キリアファンの女子]
あのブーツって、Kiriaが
PVで履いてたヤツと同モデルですよね?
……欲しいなぁ。
[安価凸の男]
安価で凸してみたが……
やっぱりここはアウェーでござる!
立っているだけでエネルギーを奪われる!
[おしゃれな女の子]
どう?
アイドルみたいでしょ?
ANZUで買ったんだ!
[ANZU前の女性]
ANZUって、プロも着てるからオシャレだけど
ちょっと高いのよねぇ……
[スカウトマン]
キミ、いいねぇ!
モデルとして、うちの事務所に……
……え? フォルトナの人だったのか!
[女子高生]
……でさ~?
結局、何組の誰コなのかな~?
[男子高校生]
う~ん、それは……。
[クレープ屋前の女子]
チーズケーキにイチゴとキャラメル入れて……
う~ん、アーモンドも入れたいなぁ……。
[クレープ屋前の男子]
クレープは、やっぱりバナナだろ?
トッピングはシンプルにチョコだけ!

(ブルームパレス)

[カイン]
結果から言えば成功したようだが、
女に声をかけまくるとは……俺は未だに不安だ。
また次もこうなら、俺はどうすればいい……?

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-13 (土) 00:18:54