[広告]

年表

 物語開始までは概ね所管の年表をまとめたもの。ストーリーの考察や時系列の把握などにどうぞ。

 開始以後については、無双は前作と違いカレンダーが存在しないため、ストーリー中に今が何月の何日なのかを見ることができない。
 けれどナレーションやNPCの発言、キャラクターの誕生日から大まかな日付を把握することはできる。
 しかし、キャラクターの誕生日が前後するなど誤植らしきものも多く、記載したものはあくまで推測なので参考程度に見てください。

主人公入学まで

年号人物・場所出来事
年号人物・場所出来事
前41フォドラ聖セイロス、アンヴァルの地に現る。
1*1アドラステア帝国アドラステア帝国建国。
32アドラステア帝国初代皇帝ヴィルヘルム=パウル=フレスベルグにより、英雄戦争勃発。
46アドラステア帝国グロンダーズの会戦。ネメシスに味方する氏族の連合軍に帝国軍が大勝。
91アドラステア帝国タルティーンの会戦。ネメシスは討ち取られる。
98アドラステア帝国英雄戦争終結。ヴィルヘルム1世の跡を継いだリュカイオン1世が急病で崩御。
185フォドラガルグ=マク大修道院が落成。
四使徒により“宝杯の儀”が執り行われるも失敗し、四使徒は姿を消す。
721アドラステア帝国第一次ミアハ戦役。海を超えてダグザ軍襲来。撃退するもミアハは少なからず被害を受ける。
728アドラステア帝国ブリギット侵攻。ダグザに協調していたブリギットへ侵攻、ブリギットの民を従属させる。
731アドラステア帝国ダグザ侵攻。ブリギットを足掛かりにダグザへ進行するも敗退。
747アドラステア帝国ファーガスの乱。別名"鷲獅子戦争"。
十傑の一人ブレーダットの子孫ルーグが帝国に対してファーガス地方で挙兵。
751アドラステア帝国
ファーガス神聖王国
タルティーンの戦い。ルーグら反乱軍が帝国軍に勝利。
セイロス聖教会の仲裁により終戦、ファーガス地方はファーガス神聖王国として独立。
801アドラステア帝国
ファーガス神聖王国
レスター地方で内乱。帝国軍は鎮圧に失敗。
神聖王国がこれを制圧し、領土とす。
861ファーガス神聖王国国王クラウス1世崩御。3人の王子が大公となり、王国が分裂。
881ファーガス神聖王国三日月戦争。レスター地方の大公が世継ぎの無いまま病没したのを契機に、リーガン家を筆頭とした諸侯が共和制の樹立を画策。
892ファーガス神聖王国スレン族による大規模な侵攻。ファーガス王バンフィグはこれを迎撃。
撃退後一転攻勢に出るも、スレンの抵抗と猛吹雪のために侵攻を断念。
896ファーガス神聖王国バンフィグは王領の北部を戦役で最も功を上げたレティシア=ゾエ=ゴーティエに割譲し、辺境伯に叙す。
レティシアはセイロス聖教会に“破裂の槍”の返還を求めるなど、北方の守りを堅固にすべく務める。
901レスター諸侯同盟レスター諸侯同盟成立。
961レスター諸侯同盟パルミラ襲来。帝国軍の協力もあり辛くも撃退。
1065頃アドラステア帝国帝国で内乱が発生。皇帝が内乱に関与していた南方教会の司教を追放。
中央教会とは和解するも関係が悪化する。
1101フォドラフォドラの首飾り建造。
年号人物出来事
1124ギュスタヴドミニク男爵家に生まれる。
1128ハンネマンエッサー子爵家に生まれる。
1135アロイス商家の次男として生まれる。
1136ロドリグフラルダリウス公爵の長男として生まれる。
1146アロイスジェラルトに見出され、従者となる。
1152カサンドラカロン伯爵家に生まれる。
1153バルタザールレスター地方の領主の長男として生まれる。
1154シャミアダグザで生まれる。
1157メルセデスマルトリッツ男爵の娘として生まれるが、父と死別。
母がバルテルス男爵と再婚。翌年、弟エミール誕生。
1158マヌエラミッテルフランク歌劇団の団員となる。
1159フォドラガルグ=マク大修道院にて大火。多くの書物が失われる。
“灰色の悪魔”ジェラルトの子として生まれる。*2
ハピティモテの隠れ里で生まれる。
ハンネマン帝国の紋章学の権威となる。
アロイスジェラルトが失踪。同年、騎士に任ぜられる。
1160ヒューベルトベストラ侯爵の長男として生まれる。
シルヴァンゴーティエ辺境伯の次男として生まれる。
レオニーサウィン村の猟師の娘として生まれる。
ユーリスフォドラ西部の貧民街で、街娼の子として生まれる。
1161ドロテア帝国貴族の侍女の娘として生まれる。
ドゥドゥーダスカー地方で鍛冶屋の長男として生まれる。
ローレンツグロスタール伯爵の長男として生まれる。
コンスタンツェヌーヴェル子爵家の長女として生まれる。
マヌエラ“奇跡の歌姫”として帝都を席巻。
モニカオックス男爵令息の長女として生まれる。
年号人物出来事
1162エーデルガルトアドラステア皇帝イオニアス9世の四女として生まれる。
フェルディナントエーギル公爵家に長男として生まれる。
ベルナデッタヴァーリ伯爵令息の長女として生まれる。
ディミトリファーガス国王ランベールの長男として生まれる。
フェリクスフラルダリウス公爵の次男として生まれる。
イングリットガラテア伯爵の長女として生まれる。
フラルダリウス公爵令息グレンと婚約。
クロード誕生。母はリーガン公爵の娘。出生地は不詳。
ラファエル商家の長男として生まれる。
マリアンヌレスター地方の領主の娘として生まれる。
ヒルダゴネリル公爵の長女として生まれる。
セテス大司教補佐としてガルグ=マク大修道院に招かれる。
1163リンハルトヘヴリング伯爵の長男として生まれる。
カスパルベルグリーズ伯爵令息の次男として生まれる。
アッシュガスパール領の酒場の子として生まれる。
アネット王家の騎士ギュスタヴの長女として生まれる。
イグナーツ商家の次男として生まれる。
年号人物出来事
1164ペトラブリギット王の孫娘として生まれる。
ハンネマン妹の病死を機に、帝国貴族の爵位を返上する。
1165リシテアコーデリア伯爵家に長女として生まれる。
ハンネマン帝国を出奔し、ガルグ=マクの士官学校の教師に。
ツィリルパルミラ西部の集落で生まれる。
ロドリグ父の死によりフラルダリウス公爵位を継ぐ。
1167ヒューベルトエーデルガルトの従者となる。
メルセデス母と共に家を去り、王国東部の教会に身を寄せる。
リシテアフリュム家の内乱に巻き込まれ帝国の介入を受ける。
1168カスパル伯爵の引退により父がベルグリーズ伯爵位を継承。
ハピ隠れ里から出たところを何者かにさらわれ、魔道の実験台となる。
1169ファーガス神聖王国スレン北征。ファーガス王ランベールは共に北部を統べるゴーティエ・フラルダリウス両家と連合し、スレンへと兵を向ける。
王国軍と族長オレグ率いる軍の交戦中に巨大な獣が闖入。両軍共に大打撃を被り、オレグは谷底に姿を消す。
オレグの子は、己の末子であるレフを人質としてゴーティエ家に差し出し、和平を願い出る。
リンハルトカスパルと会い、以降、親交を深くする。
カスパルリンハルトと会い、以降、親交を深くする。
1170ツィリルフォドラとの戦いにより両親を失い、孤児となる。
年号人物出来事
1171アドラステア帝国七貴族の変。中央集権を目指した皇帝イオニアス9世が実権を奪われる。
エーデルガルト伯父アランデル公に連れられ、王国へと亡命する。
フェルディナント“七貴族の変”により、父が帝国の実権を握る。
ドロテア紆余曲折を経て、ミッテルフランク歌劇団に入団。
カトリーヌガルグ=マク士官学校を卒業。
モニカ紆余曲折を経て、父がオックス男爵位を継承。
1172バルタザールガルグ=マク士官学校に入学し、卒業。
1173アッシュ領主ロナートに見出され、養子となる。
バルタザールアダルブレヒト家の当主となるも、すぐに弟に家督を継承。
1174エーデルガルトアランデル公と共に帝国に戻る。
ドロテア“神秘の歌姫”として歌劇団で一世を風靡。
レオニージェラルトと出会い、傭兵を志すようになる。
ユーリスローベ伯爵に見出され、養子となる。
マヌエラ歌劇団を退団し、ガルグ=マクの士官学校の教師に。
1175ペトラダグザ=ブリギット戦役にて父を失う。
ブリギットの帝国への従属の証として帝国に。
コンスタンツェダグザ=ブリギット戦役にて両親はじめ一族、爵位、領地を失う。
シャミアダグザ=ブリギット戦役に参加。
セイロス騎士団に入団。
年号人物出来事
1176アドラステア帝国バルテルス家当主及び一族の多くが不審死。
嫡男エミールが消息を絶つ。
ファーガス神聖王国“ダスカーの悲劇”発生。国王ランベール等大勢死亡。
その後、ダスカーは征伐される。
ディミトリ“ダスカーの悲劇”の中、ただ一人生き残る。
ドゥドゥー王国軍のダスカー討伐により、肉親を失う。
ディミトリに忠誠を誓い、従者となる。
フェリクス“ダスカーの悲劇”で兄グレンを失う。
アッシュ義兄クリストフがセイロス騎士団によって処断。
イングリット“ダスカーの悲劇”で婚約者を失う。
マリアンヌエドマンド辺境伯の養女となる。
コンスタンツェ単身、フェルディアに転地し、魔道学校へ入学。
ハピ解放され、ファーガスの教会で暮らす。
カトリーヌセイロス騎士団に入団。
1177レスター諸侯同盟リーガン公ゴドフロア*3一家が、同行していた商人とともに事故死。
シルヴァン兄マイクランがゴーティエ家を廃嫡される。
アネット父が失踪。伯父ドミニク男爵の元に身を寄せる。
メルセデス王都の魔道学院に入学。*4
ラファエル両親が魔物に襲われて死亡する。
コンスタンツェ魔道学院を卒業し、ガルグ=マク士官学校へ入学。
イエリッツァ帝国貴族フリュム家の養子として迎えられる。
ギルベルトセイロス騎士団に入団。
ツィリル従事中に捕らえられ、ゴネリル家の使用人となる。
年号人物出来事
1178ディミトリ将として王国西部の反乱鎮圧に赴き、功を立てる。
フェリクス従騎士として王国西部の反乱鎮圧に赴く。
アネット王都の魔道学院に入学、優秀な成績を修める。
ローレンツ王都の魔道学院に入学。
王国の政情変化の影響を受け魔道学院を中退。
ユーリスガルグ=マクの士官学校へ入学、騒動を起こして除籍。
アビスの住人となる。
イエリッツァフリュム家の推薦により士官学校の教師となる。
ツィリル大司教レアに見出され、大修道院にて働き始める。
1179クロードリーガン家の嫡子となったことが公表される。
ラファエル財産を売却して商家を畳み、騎士を志す。
バルタザール賞金稼ぎから逃れるため、アビスの住人となる。
ハピセイロス騎士団により発見。アビスに収監される。
フレンガルグ=マク大修道院にて暮らし始める。
モニカガルグ=マク士官学校に入学。
卒業直前に行方不明になる。
ベルラン傭兵団ジェラルト傭兵団と交戦し壊滅。
1180生徒ガルグ=マク士官学校に入学。
主人公紆余曲折を経て、ガルグ=マク士官学校の生徒となる。
イエリッツァ主人公の担任になる。

主人公入学以降

赤焔の章
青燐の章
黄燎の章

年号日付人物場所出来事
年号日付人物場所出来事
序章
1180大樹の節(4月)20日主人公バルナバシュ領西部偶然級長たちに出会う。
21日~主人公士官学校いずれかの学級に所属。
末頃主人公盗賊からモニカを救出。
竪琴の節(5月)初め頃?主人公学級対抗戦に乱入し勝利。
赤焔の章/アドラステア帝国
序章
1180
レア各国の動乱により士官学校を休止。
一部
1181孤月の節(3月)頃帝国帝都アンヴァル教団に宣戦布告。
二部
1183青海の節(7月)9日~レア・タレスガルグ=マク大修道院相打ちの末崖下に消える。
青燐の章/ファーガス神聖王国
序章
1180竪琴の節(5月)9日~26日ディミトリ王都フェルディア内乱を起こした伯父リュファスを討つ。
レア各国の動乱により士官学校を休止。
一部
1181孤月の節(3月)頃帝国帝都アンヴァル教団に宣戦布告。
1182大樹の節(4月)王国軍“煉獄の谷”アリルガルグ=マクより王国に逃げ延びる大司教レア一行を護衛する。
竪琴の節(5月)頃~8日王国軍マグドレド街道王国に反旗を翻したロナートを討伐。
竪琴の節(5月)頃王国軍アリアンロッドローベ伯が再び王国に臣従したことでアリアンロッドへ入る。
竪琴の節(5月)9日~26日王国軍旧アランデル領アリアンロッドを狙い旧アランデル領に集まっていた帝国軍を掃討。
竪琴の節(5月)頃ディミトリ王都にスレン襲撃の報を受け少数の兵を連れて王都に帰還。
花冠の節(6月)頃フェリクススレン襲撃が虚偽との報告を受けて少数の精鋭を連れて王都へ急行。
花冠の節(6月)6日~フェリクス王都フェルディアディミトリらを救援し王都フェルディアを開放。
花冠の節(6月)頃王国軍エリデュア領逃亡していたコルネリアと唆されて反乱を起こした西方諸侯を討伐。
青海の節(7月)頃王国軍アリアンロッドアリアンロッドに攻め込んできた帝国軍を撃退。ディミトリが重傷を負う。
二部
1182星辰の節(12月)頃王国・同盟・教会王都フェルディア王都にて会談しガルグ=マク奪還のため協力を約束。
星辰の節(12月)頃王国軍帝国西部を制圧するために軍を進める。
星辰の節(12月)頃~11日王国軍西方教会領西方教会が兵を挙げたため目標を変更し征伐。
守護の節(1月)4日~14日王国軍ロッキン領帝国西部を突破。
天馬の節(2月)頃~19日王国軍ヘヴリング領帝国南部を突破。
孤月の節(3月)頃~13日王国・同盟・教会軍“煉獄の谷”アリル帝国軍と激突し勝利。
孤月の節(3月)頃~13日同盟軍“煉獄の谷”アリル帝国軍の足止めを引き受ける。
孤月の節(3月)14日~19日王国軍バーガンディ領ガルグ=マクへ撤退する帝国軍を追撃し宰相エーギル公を討つ。
孤月の節(3月)20日~26日王国軍突如シェズが変貌し“灰色の悪魔”を襲撃したため拘束。
ディミトリ
エーデルガルト
クロード
変貌したシェズにより共にザラスの闇へと閉じ込められるが脱出。
エーデルガルトタレスの元へ帰還。
1183大樹の節(4月)王国・同盟・教会軍ガルグ=マク大修道院タレスを討つ。
黄燎の章/レスター諸侯同盟
序章
1180
レア各国の動乱により士官学校を休止。
一部
1181孤月の節(3月)頃帝国帝都アンヴァル教団に宣戦布告。
二部
1183青海の節(7月)*5連邦国軍タルティーン平原化身した大司教レアを討伐。

コメント



*1 後の時代に建国年に遡ってここが元年とされた。
*2 原作でこの辺りに生まれたことが示唆されている
*3 同盟貴族名鑑やアビスにある報告書(原作DLC)にはリーガン公オズワルドの嫡男と記載。オズワルドはクロードの祖父で、恐らくゴドフロアの死によりオズワルドが公爵となった後の書物であるため。今作のラファエル&イグナーツ&ローレンツ外伝で事故の内容が推測される
*4 原作のコンスタンツェとの支援C会話より。コンスタンツェとは行き違いになっているらしい。
*5 ナレーションでは青海の節(7月)に物語が終わったように語られるが、8月生まれのユーリスが誕生日を迎えているため、タルティーンの戦いは8月の可能性がある。

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-01-22 (月) 20:05:46
[広告] Amazon.co.jp