会話集/支援会話

ローレンツの支援会話

クロード

クロードのページへ

ヒルダ

ヒルダのページへ

ラファエル

支援C

[ローレンツ]
ラファエル君。
休憩中のところ、失礼するよ。▼
[ラファエル]
おう、ローレンツくん。
オデに何か用か?▼
[ローレンツ]
実は……君が故郷に戻ったあと、
家族で宿場を開いていたことを知った。▼
そんな君が今度は家族を残して、
ここで戦うことを選んだのはなぜか……▼
その理由を聞きたいと思ってね。▼
[ラファエル]
理由? そんなの、家族を守るために
決まってるじゃねえか。▼
[ローレンツ]
……? それなら尚更、宿場に留まり
家族の近くにいるべきなのではないか?▼
[ラファエル]
オデも最初はそう思ってたんだけどよ、
それだけじゃ足りねえ気がしたんだ。▼
宿場にいれば家族の今は守ってやれるけど、
それだけだろ? だけどよ……▼
この戦争を終わらせて平和な世界にできれば
家族の未来だって守れるんじゃねえかって。▼
だから今は、マーヤと離れちまっても、
オデはここで戦うことに決めたんだ。▼
[ローレンツ]
なるほどな……。▼
君のその考えは、半分は正しく、
半分は間違っている。▼
確かに宿場で家族を守っているだけでは、
真に家族を守ることにはならない。▼
戦争を終わらせなければ、いつ宿場が
戦火に巻き込まれぬとも限らないだろう。▼
しかし、君は平民だ。
平民を守るのは僕のような貴族の務め。▼
兵士でもない平民が、家族と離れてまで
戦場に赴く必要はないのだよ。▼
そういうことは僕と、
僕の部下たちに任せて……▼
[ラファエル]
お前、オデがここに来たことを、
そんなに気にしてくれてたのか?▼
ありがとなあ! でも、オデが自分で
決めたことだ、大丈夫だぞ?▼
[ローレンツ]
いや、そうじゃなくてだな。
僕は貴族の責務について話しているのだ。▼
戦争のことは僕らに貴族に任せて、
平民は自分の暮らしを大切にだな……▼
[ラファエル]
うん、だけどオデは戦うぞ。
強え奴が戦ったほうがいいだろ?▼
[ローレンツ]
いや、だから……
君は僕の話を聞いていたのか?▼
[ラファエル]
お前こそ、さてはオデの強さを疑ってんな?
……うーん。▼
そうだ!
オデと腕比べしねえか?▼
[ローレンツ]
は? 腕比べ……?▼
[ラファエル]
おうよ! 腕の筋肉比べだ!▼
ちょうど訓練場に運ぶ荷物があるからよ、
どっちが多く運べるか勝負しねえか?▼
結果を見りゃ、オデが戦ったほうがいいって
ローレンツくんもきっとわかるぞ!▼
[ローレンツ]
い、いや……遠慮しておこう。その理屈では
君の正しさが証明されてしまう。▼
[ラファエル]
なーんだ、オデが強えって
わかってんじゃねえか。▼
[ローレンツ]
待ちたまえ。勘違いしないでくれ。
私と君の考えはまったく違うのだ。▼
だが、その腕が戦場で役立つことは
確かか……。むう……いや、しかし……▼
[ラファエル]
おーい……まあ、いいか。
オデの筋肉が荷物を待ってるしな!▼

イグナーツ

支援C

(※支援会話なし)

支援B

(※支援会話なし)

支援A

リシテア

支援C

(※支援会話なし)

支援B

(※支援会話なし)

支援A

マリアンヌ

支援C

[ローレンツ]
これはこれは、マリアンヌさん。
ご機嫌いかがかな。▼
[マリアンヌ]
ローレンツさん……。
は、はい、元気です……。▼
[ローレンツ]
また礼拝堂に行くのか?
君は信仰心が篤いのだな。▼
[マリアンヌ]
そう、ですね……。▼
[ローレンツ]
……もしや、この戦争に参加したことを
悔いているのか?▼
確かに君が軍に参加するのは意外だったが、
もし無理をしているなら……▼
[マリアンヌ]
無理は、していません……。
別に後悔も……。▼
[ローレンツ]
……?▼
[マリアンヌ]
他に道もありませんでしたから……。▼
学校が休止になって、義父に言われたんです。
私も軍に加わるように、と……▼
[ローレンツ]
そうか……やはり君のお父上、
エドマンド辺境伯の意向ではあったのだな。▼
[マリアンヌ]
……はい。▼
[ローレンツ]
自らの兵をあまり動かせない分、君を軍に
入れて協力姿勢を見せておきたいのだろう。▼
君は乗り気ではなさそうだが……、
本当に後悔はないのだろうな?▼
必要があれば、僕が君のお父上に話を……▼
[マリアンヌ]
やめてください……!▼
私は、今のままでいいんです。
行きたい場所もありませんし……!▼
私は、ここに居るしかないんです。
もう構わないでください……。▼
[ローレンツ]
………………。▼
[マリアンヌ]
………………。▼
[ローレンツ]
マリアンヌさん。
時代は今、激しく動き出している。▼
三国を巻き込んだ大きな戦いは、
必ずやフォドラの形を変えるだろう。▼
レスター諸侯同盟も、今のままでは
いられまい。いや、いてはならないのだ。▼
[マリアンヌ]
……ええと、何のために、私にその話を?▼
[ローレンツ]
よく聞いてくれた、マリアンヌさん。▼
これは君が変わることのできる、
大きな機会なのではないか……と僕は思う。▼
この僕でさえ、変わることを迫られ、
そしてそれに応えようとしているところだ。▼
新たな僕と共に、新たなマリアンヌさんと
なって、次の時代を迎えてはどうかね?
[マリアンヌ]
………………。
そんな簡単に変われたら、苦労しません。▼
……この先も、ずっと同じ。
私には、ただ祈ることしか……。▼
……ご、ごめんなさい。
失礼します……。▼

支援B

(※支援会話なし)

支援A

レオニー

支援C

[レオニー]
……ふうっ!
今日はこんなところかな。▼
[ローレンツ]
こんな夜更けに物音がすると思ったら……
君だったか。▼
[レオニー]
ローレンツか。いつも普通の訓練の後に
一人で鍛えてるんだよ。▼
いつ起こるかわからない戦いにも
備えるのが、傭兵ってもんだからね。▼
[ローレンツ]
そうか……すっかり心構えも傭兵だな。▼
思えば、君が傭兵になったと知った時には
安堵もしたが、自責の念に駆られたものだ。▼
[レオニー]
……ん? 何でだ?
あんたには関係ない話だろ?▼
[ローレンツ]
いや、無関係とは言えない。▼
君の出身のサウィン村は、
我がグロスタール家の領地にある。▼
恥ずかしながら、入学当初、君がそうだとは
しっかり把握していなくてね……。▼
学校が休止になった後、自領出身の生徒が
どうなったか、気になって調べたのだよ。▼
[レオニー]
ほー。それで、わたしがどうなったのか、
知ったのか。▼
[ローレンツ]
領民を案ずるのは当然の責務だ。▼
ガルグ=マクに来るにも、相応の対価を
払い、苦労を重ねてきただろう。▼
そんな者が、苦しみに喘ぐようなことに
なっては困るからな。▼
[レオニー]
教団に支払った金は、学校の休止後に
ある程度返してもらえたんだけどね。▼
けど、それだけだ。職の斡旋もなければ、
領主からの助けもなかった。▼
だから、自分でどうにか傭兵見習いとして
入り込んで……後はまあ、運が良かったよ。▼
[ローレンツ]
………………。
……すまなかった、レオニーさん。▼
謝罪するよ。貴族としては父に代わって、
元級友としては僕自身が、だ。▼
[レオニー]
やめてくれよ。
あんたのせいじゃないんだし。▼
わたしは自分の意志で村を出たんだ。
この腕一本で生きていくって決めてね。▼
村にいれば、貴族に守ってもらえたんだろ?
でもわたしは、そうじゃない道を選んだ。▼
平民が貴族に頼らないで生きていく。
そういう時代が、来てもおかしくないだろ?▼
[ローレンツ]
……それでは君は、これから先、
貴族は必要なくなるというのかね?▼
[レオニー]
そうは言っていないよ。
あんたに守られたい平民だっているだろ?▼
でも、平民全員を貴族が守るなんて、
難しいと思うんだ。こんなご時世だしな。▼
わたしみたいな人は、きっと増えてくよ。▼
ま、ずっと先の話かもしれないけどね!▼
[ローレンツ]
貴族の在り方が変わる時代、か。
平民の枠に収まらない、平民……?▼
………………。▼

支援B

[ローレンツ]
ふう……朝から体を動かすのは、
なかなか爽快だな。▼
[レオニー]
ローレンツか。こんな時間に珍しいな。
どういう風の吹き回しだ?▼
[ローレンツ]
実は、レオニーさんを待っていたのだよ。
訓練はそのついでさ。▼
[レオニー]
わたしを?▼
[ローレンツ]
ああ、少し君と話がしたくてね。以前、
ここで話したことを覚えているだろうか。▼
平民が貴族に頼らないで生きていく……
そんな時代が来てもおかしくはない、と。▼
[レオニー]
うん、覚えてるよ。
それがどうかしたのか?▼
[ローレンツ]
いや……君の言葉は、僕に少なからず
衝撃を与えてね。いろいろと考えていた。▼
もし君の言うことが真実ならば、
貴族である僕はどうすべきか、と。▼
[レオニー]
へえ。
それで、結論は出たのか?▼
[ローレンツ]
僕たち領主が平民を守ろうと広げた
両手の指の隙間から……▼
こぼれ落ちてしまう者たちがいる。
今がそういう時代なのは、否定できない。▼
ある意味、君もその一人なのだ。
たとえ自分の意志で選んだのだとしてもな。▼
[レオニー]
待てよ、ローレンツ。
こぼれ落ちるって言い方は何だよ。▼
わたしは貴族の手の中に留まろうなんて
してない。自分から飛び出したんだ。▼
[ローレンツ]
む……いや、そうだな。
すまない。▼
僕は貴族として、どうしても平民の立場に
立って物事を進めることが難しいようでね。▼
だが、そんなことでは、この先、
領内の安定は保てまい。そこで……▼
優秀な平民をグロスタール家に迎え入れ、
僕を補佐してもらおうかと考えている。▼
[レオニー]
へえ……驚いたね。
貴族と平民の境い目はどこへ行ったよ。▼
[ローレンツ]
それは変わらず、はっきりと存在するさ。
だが、僕も理解したのだよ。▼
貴族と平民の境界を軽々と飛び越えるような
平民が、次々と現れる……▼
そんな時代が、来つつあるということに。
君がその代表例だろう。▼
[レオニー]
おいおい、買い被りすぎじゃないか?
わたしはそんな大層な人間じゃないって。▼
[ローレンツ]
ふ……君の言葉を解釈しただけさ。
気づかせてくれた君に感謝するよ。▼
[レオニー]
自分でもよくわかってないのに、
礼なんていいよ。▼
[ローレンツ]
……レオニーさん。
これは君を見込んでの提案なのだが。▼
先程、話に出たグロスタール家に
迎え入れる平民……▼
そういう存在に君がなってみる、
というのはどうかね?▼
[レオニー]
……お誘いどうも。▼
光栄な話だとは思うけど、わたしには
他にやりたいことがあるんだ。▼
師匠みたいな傭兵になるのが夢で、
今まさにそれを叶えてる途中なんだよ。▼
[ローレンツ]
……そうか。
君の夢を壊すわけにはいかないな。▼
君の夢の成就を願っているが……
いつでも気が変わったら言ってくれ。▼
[レオニー]
ああ、心に留めておくよ。
……ありがとな、ローレンツ。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-27 (月) 21:30:32