会話集/支援会話

ヒルダの支援会話

クロード

クロードのページへ

ローレンツ

支援C

(※支援会話なし)

支援B

[ローレンツ]
……ううむ。
僕もそろそろ決めなくては……。▼
[ヒルダ]
あれー? ローレンツくん、どうしたの?
すごく難しい顔してるねー。▼
[ローレンツ]
……ん?
ああ、ヒルダさん。▼
[ヒルダ]
ちゃんと休んでるー?
あんまり根詰めて考えても疲れちゃうよー。▼
[ローレンツ]
お気遣いに感謝する。
だが、そうも言ってはいられないのだよ。▼
これは内々の話なのだが……、どうやら
父は僕に爵位を譲りたがっているようでね。▼
ということはだ、僕は妻となる相手を
見つけなければならない。これは急務だ。▼
[ヒルダ]
それは大変そうだけど……
難しい顔して考えてたのは、そんなこと?▼
悩まなくたって、ローレンツくんなら、
すぐに良い人が見つかると思うよー。▼
[ローレンツ]
それはどうかな。グロスタールは名家だ。
その妻ともなると条件も厳しい……▼
相手にも、僕と共に重責を背負い、誇り高き
貴族として生きることを求めねばならない。▼
そんな女性がいればいいのだが……
そういえば、ゴネリル家はどうなんだ?▼
[ヒルダ]
あたしの家?▼
[ローレンツ]
ああ、君のお父上はホルスト卿を嫡子と
定めている。近いうちに爵位を譲るのか?▼
そうなった時、君は去就をどうするのかと
思ってね。▼
[ヒルダ]
ええ? 急に言われてもなー。
兄さんのこととあたしは関係ないでしょ?▼
でも、そうだなー……思い切って、
旅にでも出ちゃおうかな?▼
各地を旅して、景色を見たり、
美味しいもの食べたり……。▼
もちろんそんなの、この戦争が終わって、
落ち着いてからの話だけどねー?▼
[ローレンツ]
旅、か……意外な答えだな。▼
しかし、お父上やホルスト卿の
了承を得るのは容易ではあるまい。▼
旅には危険が伴うし、風土病やその土地を
治める者との軋轢なども考えられる。▼
君の性格的にも、一つのところに腰を据えて
好きなことをやるほうが合っていそうだが。▼
[ヒルダ]
確かにそれはそうなんだけどね、
その時しかできないことってあるじゃない?▼
何だかんだ言って、父さんも兄さんも
あたしには甘いから、何とかなるよー。▼
あ、でも、旅の行き先は、
暑すぎても寒すぎてもダメかなー。▼
あたしって両方とも苦手だし……。▼
[ローレンツ]
ふむ……ならば、ちょうどいい場所を
僕は知っている。▼
領内には森や大河など多くの景観を持ち、
一年を通じて過ごしやすい気候であり……▼
ゴネリル領から程近いため、君の家族も
安心てきる、素晴らしい場所だ。▼
[ヒルダ]
もしかしてそれって……。▼
[ローレンツ]
もうおわかりかな?
我がグロスタール領だよ、ヒルダさん。▼
[ヒルダ]
そうねー。行き先の一つには、
考えてあげといてもいいかな。▼

ラファエル

支援C

(※支援会話なし)

支援B

[ヒルダ]
ラファエルくん、怪我は大丈夫ー?▼
[ラファエル]
おう、ヒルダさん。オデは平気だ。
ほら、こんくれえ何ともねえぞ!▼
[ヒルダ]
そっか、良かったー。
あんまり無理しちゃ駄目だからねー?▼
[ラファエル]
おう。
ヒルダさん、心配してくれてありがとな!▼
[ヒルダ]
それにしても、
今日のラファエルくん、凄かったよねー。▼
勇敢というか、向こう見ずというか、
見てたら兄さんを思い出しちゃった。▼
[ラファエル]
おお、ホルストさんのことか?
嬉しいけど、オデじゃ全然、敵わねえよ。▼
ホルストさんは強えし、得物は何でも
使えるし、何より筋肉がとんでもねえんだ。▼
たぶん毎日激しくいじめてんだろうなあ。
オデもホルストさんみてえになりてえよ。▼
[ヒルダ]
確かにしょっちゅう鍛えてはいるかな。
ラファエルくんと気が合いそー。▼
[ラファエル]
ああ、それに強えだけじゃなくて、
家族が大事ってとこもオデは好きだぞ。▼
[ヒルダ]
家族がでーじ、ねえ。
あたしにはちょっと重く感じるけど……。▼
[ラファエル]
そんなこと言うもんじゃねえぞ。
妹思いの良い兄ちゃんじゃねえか。▼
この前ホルストさんに会った時も、
お互いに妹の話で盛り上がったんだ。▼
[ヒルダ]
ええー、あたしの話も出たってこと?
変なこと言ってなきゃいいけど。▼
[ラファエル]
変なことなんて言わねえよ。そん時ゃ、
妹の寝顔は可愛いって話をしたんだ。▼
夜眠れないってぐずった妹にせがまれて、
昔よくオデが寝かしつけてたんだけど……▼
話の途中で、急にコトっと寝ちまうんだ。
それがすげえ可愛くてなあ。▼
そしたら、ホルストさんが、昔はヒルダさんも
よくぐずって自分に……▼
[ヒルダ]
ちょーっと! ちょっと!
あたしの話は大丈夫!▼
恥ずかしいから、わざわざ話してくれなくて
いいのよ、ラファエルくん!▼
[ラファエル]
そうかあ?
ほっこりする話だったけどなあ。▼
そんで、オデと妹は離れて暮らしてて
寂しいって言ったら……▼
ホルストさんは妹と同じ軍にいても、
なかなか一緒に動けず寂しいって……。▼
それでも、お互いの妹を絶対に
守り抜こうって約束したんだ。▼
[ヒルダ]
えー!?
二人でそんな約束したのー?▼
兄さんったら、ホントにいつまでも
そんなんなんだから……。▼
妹思いの同志が出来て、兄さんが
ますます過保護になったらどうしよう……。▼
[ラファエル]
ホルストさんって過保護か?
オデにはよくわかんねえけど。▼
[ヒルダ]
これでもおとなしくなったほうなのよね。
節に何度も手紙を送る必要もないし。▼
けど、バル兄から聞いた話じゃ……▼
あたしに結婚相手が現れたら、
自分が見定める!って言ってるとか……。▼
[ラファエル]
それ、オデは妹に言われてるぞ。▼
オデが結婚する相手は、
自分が認めた人じゃないとダメだって。▼
[ヒルダ]
あはは……そこは兄妹、
うちとは正反対なんだねー?▼

イグナーツ

支援C

(※支援会話なし)

支援B

[イグナーツ]
………………。▼
うーん……?
いつの間に寝ちゃったんだろ……。▼
………………?
あれ? 眼鏡がない!▼
どこに置いたんだっけ……?
しまったなあ……。▼
[ヒルダ]
……ん?
あの人、見慣れない顔ね。▼
(暗転)
[ヒルダ]
あのー、初めまして。
何かお困り事ですかー?▼
[イグナーツ]
……えっ?
もしかして、ヒルダさんですか?▼
[ヒルダ]
その声……もしかしてイグナーツくん!?
え、ホントに……?▼
[イグナーツ]
そうですけど……?
あ、眼鏡をかけてないから……。▼
[ヒルダ]
うん、知らない人かと思っちゃった。
で、眼鏡はどうしたの?▼
[イグナーツ]
それが、さっきまでそこの椅子で
眠ってしまっていて……。▼
その前に外したみたいなんですが、
どこに置いたのか覚えていないんです。▼
[ヒルダ]
あらまー、相当疲れてたのねー。
仕方ない、あたしも捜してあげるよー。▼
[イグナーツ]
あ、ありがとうございます……。▼
[ヒルダ]
どうせこの辺りにあるんだろうし、
二人で捜せば、すぐに見つかるでしょ。▼
イグナーツくんは眼鏡がないと、
どんな感じに見えるの?▼
[イグナーツ]
そうですね……。
何もかもがぼやけて見えます。▼
近くに知り合いがいても、顔どころか、
それが人かどうかもわからないくらいで。▼
[ヒルダ]
そんなにー? じゃあ早く見つけなきゃね。
……うーん、どこにあるんだろー?▼
ねえ、イグナーツくん、
どこに置いたか、本当に覚えてないの?▼
[イグナーツ]
はい、たぶん疲れ過ぎてて、
無意識で外したんじゃないかと……▼
(暗転)
[ヒルダ]
あっ! これかな?▼
はい、眼鏡。
そこの隙間に入っちゃってたみたい。▼
(暗転が終わる)
[イグナーツ]
ありがとうございます、ヒルダさん!▼
[ヒルダ]
どういたしまして。
見つかって良かったよー。▼
イグナーツくんって、眼鏡かけてる時と
かけてない時で全然、印象が違うのねー。▼
[イグナーツ]
そ、そうですか……?▼
[ヒルダ]
うん。声でイグナーツくんだって
わかった後も、しっくり来なくて……。▼
見知らぬ男の人と二人きりって感じで、
そわそわして落ち着かなかったもん。▼
[イグナーツ]
あははは……すみませんでした。▼
[ヒルダ]
まあ、眼鏡を外した顔も
そんなに悪くはなかったけど……。▼
やっぱりイグナーツくんには眼鏡が似合うよ。
もう失くさないように気をつけてねー?▼
[イグナーツ]
はい、ありがとうございます。▼

リシテア

支援C

(※支援会話なし)

支援B

(※支援会話なし)

支援A

[ヒルダ]
あっ、リシテアちゃん。
今、休憩中ー?▼
[リシテア]
ヒルダですか。
ええ、魔法の研究が一段落したので。▼
[ヒルダ]
研究熱心ねー。
休憩中なら、少しお話しない?▼
[リシテア]
ええ、どうぞ。▼
[ヒルダ]
それじゃ、遠慮なく。▼
[リシテア]
ホルストさんのこと、聞きましたよ。
前回の戦いで、また活躍したとか。▼
本当に武勇に優れたお兄さんで、
戦果の話が尽きませんね……。▼
[ヒルダ]
そうねー。
妹としては、心配のほうが大きいけど。▼
もう、ゴネリル家の当主なんだから、
無茶はしないでほしいなー。▼
[リシテア]
戦争中は仕方ないですよ。他の諸侯も皆、
ホルストさんを頼みにしているんですから。▼
強くて立派な当主がいて羨ましいです。
ゴネリル家は、この先も安泰ですね。▼
[ヒルダ]
安泰、なのかなー。そういえば、
兄さんから結婚の話を聞かないのよね。▼
気になる人とかいないのかしら?
そこも不安といえば不安ね……。▼
[リシテア]
ヒルダのことが心配で、
それどころではないんじゃないかしら。▼
[ヒルダ]
まあ、兄さんは人気者だし、
たぶん大丈夫でしょー。▼
リシテアちゃんはどうなの?
爵位を継ぐ話も、浮いた話も聞かないけど。▼
[リシテア]
浮いた話って……まあわたしは頼れる人も
いませんし、一人で頑張ってますけど。▼
[ヒルダ]
ええー? ダメよ、一人で頑張っちゃ。
誰かに頼らなきゃ。▼
[リシテア]
でも、これまで苦労してきた両親には
迷惑をかけたくありませんし……。▼
[ヒルダ]
ふうん……。
それなら、あたしとかどうかなー?▼
[リシテア]
……は? どういうことでしょう。▼
[ヒルダ]
あたしって家督を継ぐ必要もないから、
将来はある意味、自由でしょ?▼
リシテアちゃんみたいな可愛い女の子の
ためなら、頑張っちゃうから!▼
[リシテア]
ヒルダを頼れってことですか?
そんなこと、急に言われても……。▼
[ヒルダ]
まあ、急に家族みたいには
頼れないと思うけどさー。▼
段階を踏んで、徐々に慣れていけば
いいんじゃないかなー?▼
[リシテア]
段階を踏むって、どういうことです?▼
[ヒルダ]
ほら、まずは家族みたいに一緒に暮らして
みるとか、それで一緒に寝てみるとか?▼
[リシテア]
は……?▼
わっ!
ヒルダ、何ですか、急に……!▼
[ヒルダ]
頑張ってるリシテアちゃんを、
褒めようかなって思って。▼
あたしを本当のお姉ちゃんだと思って、
甘えていいんだよー? ほらほら。▼
[リシテア]
それはただの子ども扱いでは……。▼
……でも、こういうのは、悪くないですね。
心が温まります……。▼
[ヒルダ]
もう、可愛いなー、リシテアちゃんは!▼

マリアンヌ

支援C

[ジュディット]
ヒルダ、あんたは要領のいい子だと
思ってるけど、今回ばかりは不運だったね。▼
ただ、誰にも任せるにしても責任を負うのは
あんたなんだから、気をつけないと。▼
[ヒルダ]
……はい。
すみませんでした……。▼
[ジュディット]
今回はその責任を取って、
最後まであんたがやること。▼
……とはいえ、この量はねえ。▼
ああ、マリアンヌ。
ちょっといいかい?▼
[マリアンヌ]
は、はい。
何でしょうか……?▼
[ジュディット]
今、時間はあるかい? 悪いけど、
ヒルダを手伝ってやってほしいんだ。▼
[マリアンヌ]
ヒルダさんのお手伝い、ですね。
わかりました、大丈夫です……。▼
[ジュディット]
ありがとう。マリアンヌ。
それじゃ、よろしく頼むよ。ヒルダもね。▼
(ジュディットが立ち去る)
[ヒルダ]
はあ……。やっちゃったなあ。
ヒルダちゃんらしくない失敗……。▼
ごめんねー、マリアンヌちゃん。
巻き込んじゃって……。▼
[マリアンヌ]
いえ……。
あ、あの、何をすればいいんでしょうか?▼
[ヒルダ]
それじゃあ、この辺りにある武具を
種類ごとにまとめてくれるかなー?▼
あたしはまず、使えるものと壊れてるものを
分けていくからー。▼
本当は箱ごとに種類を分けて、
選ばなきゃいけなかったんだけど……▼
情報の伝達不足で、ごっちゃんごっちゃんに
なっちゃったのよ……!▼
[マリアンヌ]
わかりました……。▼
(暗転)
[ヒルダ]
マリアンヌちゃん、どうかなー?
……って、さっきよりも酷くなってない!?▼
[マリアンヌ]
すみません……細かく種類を分けていたら、
収拾がつかなくなってしまって……▼
[ジュディット]
ヒルダ、マリアンヌ!
進んでるかい? ちょっと休憩しなよ。▼
[ヒルダ]
まずっ!
ジュディットさんだー!▼
[ジュディット]
これは……どういう状況なんだい。
さっきよりも散らかってる……よね?▼
[マリアンヌ]
あ、あの、これは……。▼
[ヒルダ]
ごめんなさい、ジュディットさん!
あたしが散らかしちゃったんです。▼
せっかく整理してたのに、転んだ拍子に、
盛大にぶちまけちゃって……えへへ。▼
[ジュディット]
………………。
そうか……。▼
ヒルダ、責任を取れとはいったけど、
何でもかんでも背負いこむんじゃないよ。▼
[ヒルダ]
は、はいー。
気をつけます。▼
[マリアンヌ]
………………。▼
[ジュディット]
とりあえず、一息入れるかい?
その後で皆で片づけることにするかね。▼
(ジュディットが立ち去る)
[マリアンヌ]
ヒ、ヒルダさん、ごめんなさい……。
私のせいで……。▼
[ヒルダ]
ううん、気にしないでー。
元はと言えば、あたしが悪いんだし。▼
ほら、ジュディットさんが呼んでるから、
一息入れに行こ? お茶が飲みたいなー。▼
[マリアンヌ]
は、はい……。
ありがとうございます、ヒルダさん。▼

支援B

(※支援会話なし)

支援A

[ヒルダ]
あっ、マリアンヌちゃーん!▼
珍しいねー。このくらいの時間は
礼拝堂にいるかと思ってたー。▼
[マリアンヌ]
は、はい……今日はいつもより早めに
お祈りをしてきました。▼
[ヒルダ]
そうなんだー。マリアンヌちゃんは
毎日欠かさずお祈りしてて偉いねー。▼
[マリアンヌ]
いえ……私にできることなんて、
限られていますから……。▼
せめて皆さんの分も、主に祈りを
捧げておこうかと……。▼
[ヒルダ]
えー? そんなこと考えてたの?▼
マリアンヌちゃんにしかできないこと、
いっぱいあると思うけどなー。▼
[マリアンヌ]
そうでしょうか……。▼
[ヒルダ]
うんうん!▼
[マリアンヌ]
………………。
……あ、あの、ヒルダさん。▼
どうしてこんなに、私のことを
気にかけてくださるんですか……?▼
[ヒルダ]
んー? どういうことー?▼
[マリアンヌ]
ヒルダさんは、私以外にもたくさん
仲の良い人がいるのに……▼
私にばかり優しくしてくれているような……。▼
前にジュディットさんに叱られそうに
なった時も、私の代わりに……。▼

《ジュディット生存時?》

[ヒルダ]
そんなこともあったかなー。
忘れちゃったー。▼

《ジュディット死亡時?》

[ヒルダ]
そんなこともあったねー。
ジュディットさん、懐かしいな……。▼
[マリアンヌ]
はい……。▼
[ヒルダ]
でも庇った理由は忘れちゃったなー。
そんなに気になる?▼

《共通》

[マリアンヌ]
はい、ずっと不思議に思っていました……。
どうしてって……。▼
[ヒルダ]
優しくしたくなっちゃうから、してるだけ。
だから、別に気にしないでいいのにー。▼
あたしね、マリアンヌちゃんが
いてくれるだけで凄く助かってるんだー。▼
いつも助けてもらってるから、
そのお礼ってことで、よくない?▼
[マリアンヌ]
わ、私がヒルダさんを……?▼
[ヒルダ]
うん! あたしにとって、
マリアンヌちゃんは心の支えだよー。▼
こうやって、あたしの側で、
静かにあたしの話を聞いてくれて……▼
何気ない言葉で助けてくれて、
優しい笑顔で癒やしてくれる。▼
そういう小さな積み重ねで、ヒルダちゃんの
心はばっちり支えられているのよー。▼
[マリアンヌ]
小さな、積み重ねで……。▼
私がヒルダさんの心を支えているなんて、
そんなこと想像もしていませんでした……。▼
いつも私ばかり、支えられて……って
思っていたのに……。▼
……ヒルダさん、ありがとうございます。
あなたの言葉で何だか救われた気がします。▼
これからも、ヒルダさんのこと、
ずっと支えていきますね。▼
[ヒルダ]
あたしも! やっぱり
マリアンヌちゃんには笑顔が一番よー。▼

レオニー

支援C

[レオニー]
誰かいないかなー。▼
(ヒルダが現れる)
[レオニー]
おっ、ヒルダ!
ちょうどいいや。▼
[ヒルダ]
ちょうどいいって、何がー?▼
[レオニー]
これからもうひと訓練って思ったんだけど、
相手が見つからなくてね。▼
ヒルダなら申し分ないや。
頼めないか?▼
[ヒルダ]
ええー、こんな時間からー!?
レオニーちゃんってほんと頑張り屋さんね。▼
[レオニー]
ちょっと思いついた動きがあるんだよ。
試すのに相手が必要でさ。▼
[ヒルダ]
あたしはもう体を拭いちゃったから、
卿は汗かくことはしたくないなー。▼
[レオニー]
ふーん……。▼
……なんか良い匂いがする。▼
[ヒルダ]
でしょー?
花を原料にした香油を使ってるんだー。▼
別の花を使った、他の香の香油もあって、
その時の気分や状況で使い分けてるのー。▼
[レオニー]
へえ。
凄いなあ、ヒルダは▼
[ヒルダ]
あ、今、よくやるよ、とか思ったでしょー。
香りを馬鹿にしちゃダメよー?▼
香り一つで、心の持ちようだって
変わるんだから。▼
[レオニー]
うーん、わたしには縁がなさそうだな。
頻繁に体を動かしてるからさ。▼
香油をつけたとしても、
汗ですぐに落ちちゃうだろ?▼
[ヒルダ]
逆よー、そういう人こそつけなきゃ。
飛び散る汗が良い匂いになるじゃない!▼
レオニーちゃんは可愛いんだから、
もったいないなー。▼
[レオニー]
そ、そうか……?
そんなこと初めて言われたよ。▼
[ヒルダ]
ねー、折角だから、
レオニーちゃんもつけてみない?▼
今からあたしの部屋に行こうよ!
あたしがつけてる香油も置いてあるからー。▼
[レオニー]
い、いや、わたしがつけても
似合わないから……。▼
[ヒルダ]
そんなことないよ。
レオニーちゃんなら似合うってー。▼
[レオニー]
い、いいってば。さっさと訓練に
行かないと夜も更けちまうし。▼
[ヒルダ]
そう? 残念ねー……。
それなら明日、渡すから。楽しみにしてて!▼
[レオニー]
何でわたしが香油を使うのが
当然みたいな流れに……?▼
……まあいいや。
それじゃ、わたしは行くからな。▼
(レオニーが立ち去る)
[ヒルダ]
レオニーちゃん、お洒落したら
もっと可愛くなるだろうなー。▼

支援B

[レオニー]
やっぱり違和感あるなあ……。
つけ過ぎたか?▼
………………。▼
んー……? 嫌いじゃないんだけど、
良い匂いなのか、よくわからないな……。▼
[ヒルダ]
あ、レオニーちゃん。
何して……あれ?▼
……香油つけてくれたんだ!
良い香りがするー。▼
[レオニー]
この匂いに一瞬で気づくなんて、
凄いな、ヒルダ……。▼
だけどこれ、あんたが使ってるのとは
随分、違う気がするんだけど……。▼
わたしのつけ方が悪いのかな?▼
[ヒルダ]
あ、違う違う。それはあなたの印象に
合わせて作った香油なの。▼
もちろん、あたしがつけてるものでも
良かったんだけど……▼
あなたにぴったりな匂いがあると思って、
いろいろ試して用意したんだー。▼
だから、それはレオニーちゃん専用。
世界に一つだけの、香油よー。▼
[レオニー]
うへえ……そう聞くと畏れ多いな。
専用の香油って、なんて贅沢だよ。▼
折角、作ってもらって悪いけど、
わたしには縁遠いものだった気がする……。▼
[ヒルダ]
そう取っちゃうかー。
気にしなくていいのに、レオニーちゃん。▼
世界に一つだけっていうのは、
貴重って意味じゃなくて……▼
あたしがあなたのために、真心を込めて
作った唯一のものっていうか。▼
その、あたしの気持ちが特別なんであって、
むしろあなたに使ってもらわないと……▼
[レオニー]
う、うん。▼
[ヒルダ]
あははは、なんだか告白みたいに
なっちゃったけど、そんな感じなんだよ!▼
[レオニー]
わ、わかった。
なら、遠慮なくつけさせてもらうよ。▼
[ヒルダ]
うん、そうして!
……あ、そうだ!▼
香油を使ってやりたいことがあったの。
レオニーちゃんにお願いしようかな。▼
[レオニー]
お願い?
この際、何でも聞いてやるよ。▼
[ヒルダ]
ほんと? 嬉しいな。あたしとあなたで、
それぞれ別の香油をつけて……▼
二人が揃うとお互いの匂いが混ざって、
もっと良い香りになるっていう感じなの。▼
[レオニー]
へえ、そんなことできるのか。
よく思いつくなあ。▼
[ヒルダ]
ふふーん、いい考えだと思わないー?▼
[レオニー]
いいけど……二人の匂いが混ざるって、
よく考えるとめちゃくちゃ恥ずかしいな。▼
[ヒルダ]
そ、そこはほら、あんまり気にしない
方向でー。▼
[レオニー]
気にするなって言われても、
なんかこう照れくさいっつーかさ。▼
[ヒルダ]
もう、改めて口にされると
余計に恥ずかしくなるじゃないー。▼
とにかく、今度やるから!
よろしくねー?▼
[レオニー]
ああ、こうなったらとことん付き合うよ。
楽しみにしとくから。▼

ホルスト

支援C

(※支援会話なし)

支援B

[ホルスト]
はっ、たっ、やあっ!▼
[ヒルダ]
………………。▼
[ホルスト]
そこにいるのは、ヒルダだな?▼
[ヒルダ]
わっ! びっくりした。
兄さん、あたしに気づいてたの?▼
[ホルスト]
我が愛しの妹の気配に気づかぬはずもない。
私の心は常に研ぎ澄まされているからな。▼
地道に鍛錬を積めば誰でもできる芸当だ。
おまえも試してみたらどうだ?▼
[ヒルダ]
あたしが地道な努力とかすると思うー?
そういうの、ほんっと苦手だから。▼
いつもやってる鍛錬だって、
やらなくていいならやりたくないしー。▼
[ホルスト]
はっはっは! おまえは努力せずとも優秀な
天才肌だからな。その才能が眩しいよ。▼
そうだ、折角一緒にいるのだ。
昔のように、少し鍛錬に付き合わないか。▼
[ヒルダ]
昔って……兄さんがあたしを背負って
屈伸するやつのことでしょ……?▼
嫌だよー。小さい頃は楽しかったけど、
今は流石に恥ずかしいって。▼
[ホルスト]
そうか。それは残念だな。▼
[ヒルダ]
そういえば、兄さんはいつまで
あたしたちと一緒にいるのー?▼
[ホルスト]
いられる限りはいるつもりだ。円卓会議が
催されるたびに出てくるのも大変なんでな。▼
パルミラに何か怪しい動きがあれば、
すぐにでも戻らねばなるまいが……。▼
[ヒルダ]
ふうん……別にあたしがここにいるから、
兄さんもいてくれるってわけじゃないんだ?▼
[ホルスト]
何だ、不満か? そういう過保護なことを
言うと、おまえはいつも嫌がるじゃないか。▼
無論ここにおまえがいるのが最大の理由だ。
私がいる限り、おまえの身は私が守り抜く!▼
ついでに、おまえに言い寄る不届き者どもも
成敗してやらねばなるまい。はっはっはっ!▼
[ヒルダ]
えーと、それは遠慮したいなー。
誰もあたしに寄りつかなくなっちゃう。▼
でも、あたしのこともちゃんと考えて
くれてたんだね。ちょっと嬉しいかも。▼
[ホルスト]
ああ。それに……ここいいる理由は
実は他にもあるのだ。▼
[ヒルダ]
他の理由って?▼
[ホルスト]
ベルグリーズ伯のような一流の武人と
剣を交える機会は、そうあるまい?▼
真の武勇とは、強者との命を懸けた
戦いでこそ磨かれるものなのだ。▼
この先、そんな猛者たちと相まみえることが
できるのだと思うと、身震いが止まらん!▼
[ヒルダ]
はあ、なるほどねー……。▼
結局、それが一番の理由なんでしょう?
はいはい、わかりましたーっと。▼
[ホルスト]
いや、誤解するな。何よりも大切なのは
言うまでもなく我が愛しの妹だ!▼
[ヒルダ]
いいから、いいから。
それじゃ、鍛錬頑張ってねー。▼
(ヒルダが立ち去る)
[ホルスト]
待て、待ってくれ、我がヒルダよ!
戻ってきてくれーっ!▼

支援A

[ホルスト]
ふむ。こんなところだろうか。
ヒルダ、そちらはどうだ?▼
[ヒルダ]
うん。あたしのほうも準備できたよー。▼
ささやかな料理しか作れなかったけど、
戦いの合間だし、仕方ないわよねー。▼
[ホルスト]
ああ、宴は料理の質で決まるものではない。
勝利を祝う気持ちを共有するのが第一だ。▼
(二人の連邦国将が現れる)
[連邦国将]
ホルスト殿、先の戦いもご活躍でしたね!
フォドラで貴方に敵う者はいませんよ!▼
[連邦国将]
まったくです。私も貴殿のように
なれたらいいのですが……。▼
[ホルスト]
いや、私だけの力ではない。
皆の力があってこそだ。▼
[ヒルダ]
………………。▼
……やっぱり兄さんは凄いなあー。
今回も大活躍だったし、きっと宴の主役ね。▼
昔から真面目で努力家で才能に溢れてて、
あたしとは大違い……。▼
[ホルスト]
……さて、それでは始めよう! 今回の
勝利の立役者であるヒルダを祝する宴を!▼
[ヒルダ]
……へっ?▼
[連邦国将]
ヒルダ殿、すべての兵を代表して
感謝の意を申し上げます!▼
貴女の咄嗟の対応がなければ、
我らは生きて帰れなかったでしょう!▼
[連邦国将]
今回ばかりはホルスト殿も、ヒルダ殿に
頭が上がりませんなあ。はっはっはっ。▼
[ヒルダ]
あたしが立役者って、どういうこと?
宴の主役は兄さんじゃないの?▼
[ホルスト]
何を言っている。今回はおまえの活躍を
皆で祝うための宴だぞ!▼
[ヒルダ]
だって……あたし、何かしたっけー?
前線には出たけど、苦戦して引き返して……▼
[ホルスト]
その途上で追撃してきた敵を発見し、討った
だろう? あれが、敵の総大将だったのだ!▼
おかげでその後、敵軍は総崩れ。我らは
攻勢に転じて勝利を掴むことができた。▼
[ヒルダ]
あの人、総大将だったの?
そんなに強くなかったけどなー。▼
振り向きざまに、えいってやったら、
一発で倒れちゃったしー。▼
[ホルスト]
はっはははは。おまえは自分の強さに
いまだ気づいてないらしいな。▼
[連邦国将]
ゴネリル家にあっては、ホルスト殿を除き
ヒルダ殿に勝てる者など一人もいません。▼
[連邦国将]
皆、ヒルダ殿を頼りにしているのです。
これからも頼みますぞ!▼
(暗転)
[ヒルダ]
はあー、みんなに褒められて楽しかった。
でも、なんで宴を開いてくれたのー?▼
普通にあたしを褒めてくれたら、
それだけで別によかったのにー。▼
[ホルスト]
ヒルダ、おまえはいつも兄である私を立て
自分のことを誇ることがない。▼
私は、おまえにもっと自分を誇ってほしい。
誇るだけの力をお前は持っているのだから。▼
そして皆にも、おまえの素晴らしさを
知ってもらいたいのだ!▼
そのための宴だ。今回はささやかだったが、
次回はもっと盛大にやろうではないか!▼
[ヒルダ]
……それ、誰が準備するの? 今回だって、
ほとんどあたしがやったんですけどー。▼
[ホルスト]
いや、食材さえ用意できれば、
次は私が自慢の得意料理を振る舞おう。▼
[ヒルダ]
得意料理って、またあの、どこで拾ったか
わからない……▼
[ホルスト]
楽しみにしていてくれ、我が愛しの妹よ!
はっはっはっはっはっ!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-07-02 (土) 17:58:24