会話集/支援会話

カトリーヌの支援会話

シャミア

支援C

(※支援会話なし)

支援B

(※支援会話なし)

支援A

[カトリーヌ]
こうしてアンタとまた同じ戦場で
戦えるようになるなんてな。▼
[シャミア]
………………。▼
[カトリーヌ]
正直、まったく期待してなかったよ。
その分、嬉しいもんだね、こういうのは。▼
[シャミア]
ああ、そうだな。▼
[カトリーヌ]
はははっ!
アンタの無愛想っぷりも相変わらずだ!▼
「私も嬉しい」の一言くらいあっても
いいじゃないか。▼
[シャミア]
希望に沿えなくて悪かったな。▼
[カトリーヌ]
いや、懐かしいしいいよ。
アンタはそういう奴だった。▼
そういや、アンタ……
騎士団を辞めてからは何をしてたんだ?▼
[シャミア]
レスターで傭兵をしていた。
一番、しがらみのない場所だからな。▼
お前は知っていて声をかけてきたんじゃ
ないのか?▼
[カトリーヌ]
ああ、アリアンロッドで戦った時か?
あれはアタシの名前を使って……▼
騎士団が広く傭兵を集めただけだよ。
その中にアンタがいたのが予想外さ。▼
[シャミア]
なるほど……本当にただの偶然だったのか。▼
それで、アンタのほうはどうだ?
変わらずレアさんの「剣」をやってるのか。▼
[カトリーヌ]
レア様、な。まあアンタはもうセイロス
騎士じゃないから、いいか……。▼
とにかく、どこで振るってようが、
アタシの剣はレア様のためのもんだよ。▼
[シャミア]
フ……。▼
[カトリーヌ]
しかしまあ、アンタがレア様への
恩は返し終わったとかで……▼
修道院をいきなり出てったと聞いた時には、
流石のアタシも怒りで真っ青になったね。▼
[シャミア]
やれやれ、怖いな。
やはり直接言わずに出て正解だった。▼
[カトリーヌ]
ふざけんな、斬るぞ!
って言いたいところだが……否定できない。▼
レア様にも諭されちまったよ。▼
シャミアはフォドラの人間でもないし、
教団の生き方を押しつけちゃいけないって。▼
[シャミア]
どうやらまた恩が出来たか。
ささやかだが。▼
[カトリーヌ]
おいおい、何の恩だよ。
まさか本当に斬るわけないだろ?▼
[シャミア]
まあ、そう信じたいさ。
あれからいろいろな奴と共に戦ったが……▼
お前以外に背中を任せられそうな奴が
現れる気配はなかったからな。▼
[カトリーヌ]
ふーん。それはアタシが側にいなくて
寂しかったって解釈でいいんだな?▼
[シャミア]
……!
お前も言うようになったじゃないか。▼
そうだな、寂しかった。私の道は、お前の
ものとは二度と交わらないと思っていた。▼
そうならなくて、嬉しいよ、私は。▼
[カトリーヌ]
………………。▼
本当に変わらないね、アンタは!
アタシも同じ気持ちだよ。▼
アタシの相棒は、アンタ以外に
いないんだから……▼
次に黙ってどっか行っちまったら、
承知しないからな!▼
[シャミア]
ふふ、今度どこかに行く時には、
お前も一緒に引きずっていってやるさ。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-08-17 (水) 11:14:02