台詞集/絆会話

リアン

シオン

→シオンのページへ

シーダ

[シーダ]
お疲れ様! 怪我はしてない?▼
[リアン]
はい、大丈夫です。
シーダさんも、お疲れ様でした。▼
[シーダ]
わたしは、みんなほど疲れていないわ。
戦場ではペガサスに乗っているし……。▼
[リアン]
ふふっ……。▼
[シーダ]
……え? どうかした?▼
[リアン]
シーダさんは王女なのに、気さくで
すっごく話しやすいな、って……。▼
[シーダ]
あら、王女らしくなかったかしら。わたしの
国は辺境の小国で歴史も浅いから……。▼
[リアン]
あ、ごめんなさい。仲良くしてくれて
嬉しいなって思っただけなんです。▼
あの、良かったらシーダさんの国のこと、
もっと教えてくれませんか?▼
[シーダ]
ふふ、興味を持ってくれて嬉しいわ。
わたしが住んでいた国は、タリスというの。▼
アカネイア大陸の東にある島国で、
大陸に七つある王国の中では一番若い国よ。▼
[リアン]
王国が七つも……。マルスさんは確か、
アリティア王国の王子でしたよね。▼
[シーダ]
そうよ。豊かで平和な国だったわ……。
タリス王国とは友好関係にあったの。▼
その縁で、マルス様は
タリス王国に亡命してきたのよ。▼
[リアン]
亡命……戦争でアリティア王国が
滅ぽされてしまったんでしたね。▼
[シーダ]
ええ。それで、いつ追手に襲われるか
わからないマルス様を匿っていたの。▼
……だけど、結果的に助けられたのは
わたしたちのほうだった。▼
タリスが海賊に襲われたとき、マルス様が
アリティアの騎士を率いて助けてくれたの。▼
だから、マルス様が兵を挙げて旅立つとき、
次は私がマルス様を支えたいって思ったの。▼
[リアン]
お互いに助け合って、支え合って……。
おふたりは本当に、素敵な関係ですね!▼
なんだか、うらやましいです。
私には、あんな弟しかいませんから……。▼
[シーダ]
あら、あなたたちだって同じでしょう?
助け合って、支え合って、素敵な姉弟だわ。▼
[リアン]
え!? シーダさんたちとは
全然違いますよ!▼
私たちなんて、いつもケンカばっかり。
弟はマルスさんと違ってバカですし……。▼
[シーダ]
お互いを深く信頼しているからこそ、
本音でぶつかり合えるのよ。▼
その点、わたしとマルス様は、
まだそこまでの関係では……。▼
[リアン]
シーダさんは、マルスさんに……その……、
本当の想いは、まだ伝えていないんですか?▼
[シーダ]
ええ……こういう気持ちって、自然と伝わる
ものだと思っていたのだけれど……。▼
[リアン]
それなら、シーダさんもマルスさんに
本音をぶつけてみましょうよ!▼
私と弟が平気なんだから、
お二人なら絶対に大丈夫です!▼
[シーダ]
……そうね。
ありがとう、前向きにやってみるわ!▼
[リアン]
……ふふふっ。▼
[シーダ]
あら、どうしたの?
急に笑い出したりして。▼
[リアン]
ごめんなさい、こういう話ができる友達が
今までいなかったので嬉しくなっちゃって。▼
[シーダ]
ふふ、そうなの? じゃあ、これからも
相談に乗ってもらってもいいかしら。▼
[リアン]
もちろんです!
たくさんお話を聞かせてくださいね!▼

クロム

[リアン]
クロムさん!
先程は、ありがとうございました。▼
私ひとりじゃ危なかったです。クロムさんに
また助けられてしまいましたね。▼
[クロム]
ああ、無事で何よりだ。▼
[リアン]
クロムさんには、最初に出会ってから
ずっと助けられっぱなしです。▼
何度感謝しても、し足りません。▼
[クロム]
いや、俺だって何度も助けられているし、
ずっとということはないと思うが……。▼
まあ、困っている人がいれば、
助けるのは当然だろう。▼
[リアン]
そうかもしれませんけど、
クロムさんは行動が早いですよね。▼
私は、自分が助けるべきなのか、
どうやって助ければいいのか、とか……。▼
つい、いろいろ考え込んでしまって、
なかなか行動に移せないんです。▼
こういう性格を直したいな、
とは、思っているんですけど……。▼
[クロム]
うーん……。
それは直す必要があるのか?▼
[リアン]
だって、このままではクロムさんのように
人を助けることなんてできませんから。▼
どんなときも迷わず行動し、当然のように
人助けをする姿……尊敬します!▼
こんな私では無理でしょうか……。▼
[クロム]
無理だと言いたいわけじゃない。
だが、俺を手本にするのは勧めないぞ。▼
俺が考えなしに突っ込みすぎだ、と
言われているのはお前も知ってるだろ?▼
目の前にいる人を助ける分には、
それでいいのかもしれないが……。▼
より多くの人々を助けたいと思うなら、
やはり思慮深さが必要なんだろうな。▼
[リアン]
それは、そうかも……。▼
[クロム]
その点、お前はよく考えて行動ができる。
それは俺には真似のできない長所だ。▼
お前はお前のやり方で、俺は俺のやり方で
みんなを助ければ、それでいいだろう?▼
[リアン]
……ふふっ、確かにクロムさんは
危なっかしいところもありますもんね?▼
[クロム]
おいおい、励ましてやってるのに
お前までそういうこと言うのか?▼
[リアン]
ふふっ、ごめんなさい。でも、おかげで、
少し自分に自信が持てた気がします。▼
クロムさんが目の前の問題を片づける間に、
私が全体の問題を慎重に考えれば……。▼
それぞれのやり方に全力で取り組める!
そういうことですよね?▼
[クロム]
ああ。つまり俺たちが力を合わせることで、
最大限の人を助けられるようになるわけだ。▼
[リアン]
……私、焦っていたのかも。私たちの仲間は
素晴らしい人たちばかりですからね。▼
[クロム]
そうだな。
確かにみんな、すごい奴らばかりだ。▼
[リアン]
すごいのは、クロムさんもですよ。
いえ、特にクロムさんが、かもしれません。▼
クロムさんたちとの出会いは、
私たちにとって、一生忘れられない宝物です!▼
[クロム]
俺も、異世界で出会ったこの国の王女が、
お前でよかったと思っている。▼
元の世界に戻っても、
お前との絆を忘れたりはしない。▼
[リアン]
ふふ……でも、まだ戦いは終わってません。
これからも、たっくさん考えて考えて……。▼
クロムさんが安心して目の前の人を助けて
あげられるように、私、頑張りますね!▼
[クロム]
では俺は、みんなを助けようとする
お前を、全力で助けよう。▼

カムイ(女)

カムイ(男)

リョウマ

サクラ

レオン

[レオン]
思ってたんだけど、
双子の王子と王女って、珍しいよね。▼
[リアン]
うーん、そうでしょうか?▼
暗夜や白夜みたいに、きょうだいが
大勢いるほうが、珍しい気もしますが……。▼
[レオン]
大勢いるっていっても、
僕らはそれぞれ、母親が違うからね。▼
そういう形の王宮って、
よくあるものだと思うよ。▼
[リアン]
へえ……アイトリスやグストンでは、王族の
配偶者は1人と定められていますから……。▼
[レオン]
それは暗夜王国も同じだよ。
王妃以外の母親は、みんな妾だし。▼
[リアン]
め、妾って……。
もしかして、レオンさんのお母様も!?▼
[レオン]
ああ。
マークス兄さん以外の母親は、ね。▼
[リアン]
でもあの、お母さんたちは、
みんなで仲良く暮らしてたんですよね?▼
[レオン]
仲良く?
ふっ……そんなわけないだろ。▼
暗夜では妾の子にも王位継承権が
あるからね。母親たちの仲は険悪だよ。▼
少しでも王に気に入られようとして、
妾同士、争いが絶えなかったんだ。▼
[リアン]
王位を継承するだけなのに、
そんな争いが起こるんですね!▼
[レオン]
継承するだけって……、アイトリスでは、
王位争いは起こらないのか?▼
例えば弟とあんたじゃ、王位継承権は、
姉であるあんたのほうが上位なんだろ?▼
[リアン]
王位争いなんて、とてもとても。▼
姉のほうが
継承権は上位みたいですけど……。
そういうときも、アイトリスでは
男が王になることが多いんですよ。▼
私たちだって、弟が継げばいいんです。
なのに、あいつと来たら!▼
[レオン]
はは、あんたたちは、
いつも王位を押し付け合ってるね。▼
まったく、平和なものだよ。
羨ましくなってくる。▼
[リアン]
でも、仲の良いレオンさんたち
きょうだいと比べると……。▼
私は弟と、よくケンカしちゃいますから、
そこは素敵だと思います。▼
[レオン]
別に、あんたたち姉弟も
仲が悪いようには見えないけど?▼
ケンカしてしまうのは、
本音で言い合えてるからだろ?▼
[リアン]
それはそうですけど……。やっぱり年上の
きょうだいには憧れちゃいます。▼
[レオン]
確かに、僕らきょうだいはマークス兄さんが
引っ張ってくれてる感じだからね。▼
他のみんなも、形は違えど
すごくきょうだい思いだし。▼
[リアン]
ええ、皆さん素晴らしい人たちです。
もちろんレオンさんも……。▼
怖い王宮の話が、
信じられないくらいですよ。▼
[レオン]
信じられないっていうなら、
王宮の権謀術数を教えてあげようか?▼
……なんて、この国の王宮には
必要なさそうなことだけど。▼
それに、あんたには似合わないよ。
擦れてないところが長所だと思うし。▼
[リアン]
擦れてない……?
うーん、あまり自覚はありませんけど。▼
レオンさんは、一見冷徹だけど、優しくて、
頼りになるお兄さんって感じですよ!▼
[レオン]
な、何だよそれ。
あんたから見ると、そんなふうなのか。▼
……まあでも、悪い気はしないかな。▼
今度また、ゆっくり話をしよう。▼
次はアイトリスのことをもっと
聞かせてくれると嬉しいんだけど。▼
[リアン]
喜んで! 私も、レオンさんたちの話を
もっと聞いてみたいです!▼

リン

[リアン]
リンさん、前から聞きたかったんですけど、
ひとりでこの世界に来たんですよね。▼
私たちと出会うまで、
大変じゃありませんでしたか?▼
[リン]
心配してくれたの? ありがと。
でも全然、平気よ。▼
一時期は、草原にひとりで
暮らしてたこともあったんだから。
[リアン]
草原に……ひとりで!?
リンさんって、公女なんですよね?▼
[リン]
一応ね。母さんは公女だったんだけど、
父さんと出会って駆け落ちしたの。▼
父さんは草原の遊牧民、
ロルカ族の長だったから……。▼
私は草原の民として育ったのよ。
自分の出生のことは知らずにね。▼
[リアン]
駆け落ちですか。
想像できません……。▼
[リン]
けど山賊団に襲われて、父も母も死んで……
ロルカ族はバラバラになっちゃった。▼
それからしばらくの間、
私はずっとひとりで生きていたの。▼
[リアン]
そんなことが……。立ち入ったことを
聞いて、ごめんなさい。▼
[リン]
いいの。
昔の話だから、気にしないでね。▼
[リアン]
でも、リンさんが草原で暮らしてたって
知って、なんだか腑に落ちました。▼
[リン]
腑に落ちたって? やっぱり
貴族らしくなかった? そうよね……。▼
[リアン]
ああっ、そうじゃなくてですね……。
リンさんが素敵だなって思ってたんです!▼
私も自分を偽ったりせず、リンさんみたいに
真っ直ぐ向かっていきたいなって……。▼
私、いつも、王女や姉として、
ちゃんとやらなきゃって考えちゃうんです。▼
それで逆に失敗しちゃったり、自分の行いは
正しいのかって悩み込んじゃったり……。
[リン]
なるほどね。私も、あなたは公女です、って
いきなり言われたときには、戸惑ったわ。▼
公女として何をするのが正しいのか、
私自身が何を目指せばいいのか……。▼
[リアン]
リンさんも、私と同じような悩みを……?▼
[リン]
ええ。でもね、旅をしていくうちに、
大事な仲間たちと出会えたの。▼
頼れる軍師、面白い騎士のコンビ、
昔からの友達のペガサスナイト……。▼
リンディス傭兵団、なんて
名乗っちゃってね。▼
私が、自分の生きる道を決められたのは、
全部その仲間たちのおかげよ。▼
[リアン]
……そっか。
私、わかりました。▼
リンさんに傭兵団の仲間がいたように、
私にも、たくさんの仲間がいます。▼
だから、王女という立場からじゃなくって、
仲間として、もっと頼ればいいんですよね?▼
[リン]
そのとおりよ! 仲間には、
身分も、強さや弱さも、関係ない。▼
困ったり、悩んだりしているときは、
いつだって助け合うのが仲間でしょ!▼
[リアン]
ええ、そうですね……! そんな当たり前の
ことが、できていなかったなんて……。▼
[リン]
何言ってるのよ。
もう、あなたはできているじゃない。▼
今こうして、私を頼ってくれてるでしょ?
仲間として、これ以上嬉しいことはないわ。▼
[リアン]
……ありがとうございます。
リンさんは、私の、大切な仲間です!▼
[リン]
私にとっても、あなたは大切な仲間よ。
何があっても……これからも、ずっと!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-14 (火) 20:57:31