目次

小ネタ

タイトル・オープニングデモ関連

スタート画面

スタート画面に表示されるキャラクター
スタート画面をずっと表示していると、以下のキャラクターが左から右へ流れる形式で表示される
  • ヴェロニカ→アルフォンス→シャロン→タクミ→カミラ→クロム→リン→ロイ→エイリーク→アイク(蒼炎Ver.)→マルス(→ヴェロニカへ戻る)
  • Ver5.1.0のアップデートでレギンが追加された。Ver.6.0.0ではレギンからアシュに変更されている。
オープニングムービー
初回起動時に表示できる他、ホーム>その他>ムービー>オープニングムービー でも閲覧できる。
アプリ起動時の挙動
2017年2月現在、アプリ起動直後は[召還]に関する告知が表示され、閉じると自動で詳細説明が表示される。
が、告知を直接閉じず、画面下の[ホーム]をタップすると、説明画面を表示させずにホーム画面(城内の画面)を表示できる。
  • まさに小技だが、いちいち画面を閉じるのが面倒と思う時にどうぞ。

ステータス画面

出典元とキャラ紹介
キャラのステータス画面にある名前の部分をタップすると、登場作品と簡単なキャラの紹介が見られる。

赤、青の魔道

武器の継承関係
赤の魔道には「ファイアー」「ミィル」の系統が存在するが、実はこれらはもう一方にも問題なく継承可能。
例を挙げると「セリカ」に「ソフィーヤ」からミィル、ルイン、ノスフェラートを継承させたり、その逆も可能である。
とはいえ、二つの武器系統は威力も射程も全く同じなので、リリーナを闇魔道士に、レイを炎魔道士に…といったネタ的な意味しか無い。
ちなみに、ラウアウルフやラウアブレード、ラウアレイヴンはエルファイアー、ルインのどちらかを覚えていれば継承できる。
一方でエルファイアー、ボルガノンやルイン、ノスフェラートはその系統の下級武器を覚えている必要がある。
同じく青の魔道には「サンダー」「ライト」の系統が存在するが、もう一方にも問題なく継承可能で、例えば「ミカヤ」に「オルエン」からサンダー、エルサンダー、トロンを継承させたり、その逆も可能である。
もちろんラウア~~と同じように、ブラーレイヴン等はエルサンダー、エルライトどちらかを覚えていれば継承可能。

ランダム枠の敵キャラ関連

修練の塔や戦渦の連戦に登場するガチャキャラが「鬼神金剛の瞬撃」を始めとする「4段階目のスキル」を習得するキャラだった場合、ランダムで3段階目のスキル(この場合だと鬼神金剛の一撃2)に弱体化する場合がある。
また、アップデートで専用武器を貰ったキャラ(リリーナ等)は、この二つのコンテンツでは専用武器を使用せず、元々の最上位武器を持っている。(リリーナの場合は「ボルガノン+」)
杖キャラの場合、汎用武器の上位版が後付けで追加されたため、下位の杖スキルと「アサルト」かそのキャラが覚える上位スキル(+ではない)を所持。仕様上神罰の杖や専用武器が無いキャラは非常に弱い。また、神罰の杖・幻惑の杖をランダム装備することはない。
また、一部ガチャ産の英雄の中にも出現しない敵がいる。スルト覇骸エーデルガルトなど。
そのキャラが習得スキルがない枠にランダム枠で装備されるスキルには「4段階目のスキル」「近距離反撃」「遠距離反撃」「○○△△の凪」「攻撃隊形」「迎撃隊形」「救援の航路」「迅雷風烈・奇数」「始まりの鼓動」等の強力なスキルや事故を誘発するスキルは含まれない。
応援も装備している場合があるが、応援+や大応援はランダム装備されない。
装備している場合は自分のレアリティ不問で専用スキルを装備するため、星4にもかかわらず星5で開放される専用スキルを装備しているケースもある。
個体値設定は一応あるが、表示されない。(設定を変えても反映されない)
プレイヤー側と異なり、+表示でも苦手個体設定があるケースがある。(初期の限界突破と同じ設定)

英雄たちの二人旅、想いを集めての場合

レアリティ依存のスキルだけを装備。ただし、専用装備が解放されたキャラはそれを使用する。上記のリリーナの場合、星5で出た場合は「フォルブレイズ」装備。
習得スキルは内部設定の「星4以下で覚えられるスキル」「星3以下で覚えられるスキル」に準じているため星4以下の場合、専用スキルは絶対に装備しない。
味方キャラの内部データを流用しているため能力値に敵専用の補正はかからない。

ミョルニル

必ず「星5で覚えられる全てのスキル(4段階目スキルや後付けの専用武器があれば必ずそれ)」を装備し、開いている枠にランダム継承。
また、HPが異常に高いのは勿論だが他のステータス補正も異常に高く、神竜の花+限界突破9回分前後相当のステータス。
体当たりやぶちかましを「前に進む」ためにも使用する専用AI。
基本的に左下と右下の門をめがけて進むが、攻撃範囲に味方が居ればそっちを狙う。

最新キャラの野良敵化

最新ガチャの英雄が「恒常排出される」側だった場合大体2~3週間経ってから野良敵に追加される。
当然ステータスとスキルは最新キャラそのものなので非常に強い。
一方で「出ない」場合もあり「総選挙英雄」や異常に強いと運営が判断したキャラだけは追加されなかったり、後々出ないように調整される。
ランダム敵から除外してくれるかどうかは運営基準。
なので、応援で移動+1を付与させ事故を誘発させてくるアネットや、脅嚇と専用武器のシナジーで場合によっては手の打ちようがなくなる闇マークなんかは出てくる。
また、開花英雄も運営的には特別でもなんでもないようで、マップ奥義を持ってない2距離はデフォスキルだけで全部殺せる開花フィヨルムでも普通に出てくる。

闘技場関係

縛鎖の闘技場

楽に勝つ方法
縛鎖の闘技場で最初に自軍のメンバーを1人だけにして初級を選択すると敵も同程度の強さのキャラ1人だけになるので、相性が悪くなければ楽に勝つことができる。2戦目以降も初級なら敵は単体となる。ポイントはあまり稼げないが、ミッションをこなすだけならこれでも問題ない。
関連して、このとき敵は現在開催されている大英雄戦のキャラであることが多い。
ここでも「一定のレベル以上の○○を倒す」というミッションの達成は可能なので他の場所での達成が困難ならここで達成するとよい。
例えばベルクトであれば、ベルクトが相手であることがわかっているためベルクトにホースキラー+槍殺し+守備の威嚇と持たせてちょうど2マス前までおびき出してターンを迎えればまず負けることはない。
1戦目で出なかったら降参してしまえばいいし(挑戦権は何回でもあるため)、2戦目以降でそのままシャロンでベルクトを撃破も達成できる。

タッグ戦

1人レベル1を混ぜておくと査定がガクッと下がるので簡単にクリアできるようになる。
1人で挑んでもいい。タッグ仲間に強力な味方がいれば簡単にクリアできるだろう。

ターン数の限界は?

ターン制限がないマップでは少なくとも1000ターンよりは先の模様。
オートで引き戻しループ等が発生すると無限にターンだけ進み続けることになるが、スリープ状態になると進まない(機種による?)ので定期的に画面をタップしてやるといい。

エイプリルフール

2019年4月1日に新たな英雄が加わった。ただし、提供割合はは0%である。
ゲーム内ではその代わり(?)にアクセサリー「オーブのアクセサリー」が追加された。

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-08 (水) 11:46:48