ロキの盤上遊戯

概要

育てた英雄を偶像として戦わせるボードゲーム。
偶像は大部隊の中からランダムで選ばれ、ゲーム専用の軍資金を使って購入(リアルマネーは発生しない)し、配置する。
戦闘は自動で行われ、残ったHPが多い方が勝利となる。
階級もあり、初期は盤位10まで、2021/6/19からは盤位11まである。上位者には特別なアクセサリーがプレゼントされる。

編成

偶像は大部隊の英雄から選ばれるため、まずは大部隊を編成しなければならない。
なお、イベント開催に合わせて大部隊の編成枠が8から10に増加した。

購入フェイズ

軍資金について

毎ターン開始時に軍資金が配られる。軍資金を使って偶像を購入する。

配られる軍資金の数は以下の通り。

ターン数軍資金
1ターン目2
2ターン目4
3ターン目6
4ターン目8
5ターン目10
6ターン目12
7ターン目14
8ターン目16
9ターン目18
10ターン目20

購入について

偶像は5体まで並べられ、同一の偶像が並ぶこともある。
必要な軍資金は偶像のレベル及びトリプル(後述)によって変わる。
また、目当ての偶像が無い場合は、偶像の並びをチェンジできる。

売却について

偶像は売却することも出来る。初回のみ定価で売却可能で、2回目以降は定価の半額で売却することになる。軍資金が足りない時に使おう。

戦闘フェイズ

戦闘について

戦闘はおまかせで行われる。
縦5マス×横4マスの盤面にて戦い、部隊全員のHPが多い方が勝利となる。盤面に残っている偶像の数では無いので注意しよう。

戦闘の順番は前衛→後衛で行われ、レベルの高い偶像から攻撃を行う。

攻撃はその偶像から最も近い敵を狙う。三すくみなどは適用されるため、配置に注意しよう。

ボーナス武器種について

回戦毎にボーナス武器種が指定されている。4ターン目以降スコアにボーナスが追加される。ボーナスは最大で+100。

最大ボーナスを狙うには、大部隊の英雄の30%以上に対象の武器種を含める必要がある。

コンボについて

コンボ:1につき、偶像の全能力が+1される。

お勧め編成

ユニット

総選挙セリカ
王家の剣+疾風迅雷が強力。錬成後はHP回復効果も付いているため、ハイスコアを狙いやすい。
総選挙ヘクトル
遠距離反撃かつ絶対追撃で攻撃・防御のどちらの役もこなせる。
ケンプフ
専用武器「毒の剣」で敵に反撃不可の状態異常を与え、味方ユニットを守れる。
密集するゲームシステムにより、一度に最大で7体ものユニットに状態異常を付加する。
アーダン
言わずと知れたHP最高ユニット。 疾風迅雷による複数戦闘や、聖鈴の剣での自己回復など武器種にも恵まれている。
なお、HP上位ユニットとしては他に、ゼフィール、炎帝、スルトなどがあがる。
インバース
専用武器「インバースの暗闇」の効果で簡単に敵全員にデバフ+パニックをばら撒ける。
ただしコンボ数で負けると発動条件を満たさず不発に終わる可能性がある。
伝承ディミトリ
専用Bスキル「無惨」で戦闘を行えば多くの敵に全ステ-5のデバフに「鼓動の幻煙」まで撒ける。
アラドヴァルで高ステータス+ダメージカットもできるため生存率も期待できる。
伝承エーデルガルト
専用Bスキル「狂嵐」+疾風迅雷で行動回数を増やせる。
総選挙ミカヤ
重装・騎馬の2種特効武器に加えてBスキル「ユンヌの囁き」によるデバフが強力。
闇エーデルガルト
化身状態で2回攻撃+遠距離反撃+ダメージ軽減+HP回復ができる。

スキル

重装・竜特攻武器
前衛に配置されやすい重装・竜を突破しやすくする。
凶星・月虹
カウント2であるため発動しやすい。
疾風迅雷
行動回数を増やし、敵を全滅させやすくする。
再戦闘によりHPは減るが、全滅ボーナスのほうが大きいことが多い。
1ターンしかなく、先制攻撃のパターンも多いので、1戦闘で5カウントをためきる工夫が必要。
遠距離反撃
近距離反撃
金剛の反撃・○○
明鏡の反撃・○○
敵にダメージを与える機会を増やす。
恐慌の惑乱
所狭しとユニットを並べるので、(ステータスさえ上回れば)ほぼ確実にパニックをまける。
〇〇の混乱
恐慌の惑乱と同様の理由で有効。
生命の護符
残りHP量がスコアに直結するため、自己回復手段として有用。
生の息吹
周囲1マスの味方のHPを回復できる。
2マス攻撃ユニットに持たせると使いやすい。
死の吐息
通常の戦闘と同様に、周囲2マスの敵のHPを減らすことが出来る。

聖印

HP○
HPの量が多いほどハイスコアに繋がる。聖印に迷った時はこれ。
死の吐息
スキル同様、周囲2マスの敵のHPを減らすことが出来る。

編成のコツ

各武器系統寸評

剣槍斧
最多武器種であり、4移動タイプ単体でみても十分な数がおり、構成に不自由しない。
もう一つの武器系統に足りない移動タイプを補完するのもたやすい。
初期ユニットの多くがここに属することもあり、HPが多いユニットを採用できる。
4属性そろわないことで、コンボ最大値がほかの武器よりも2少ないが、HPが極端に高いユニット(アーダンなど)のおかげで理論値上は最大スコアが出る。
後から追加された武器系統ということもあり、ユニット総数が少ない。
とはいえ、単体で移動タイプ4種類をそろえられるという強みがある。
上手くコンボをそろえられれば、各人の強専用武器で有利に進められる。
化身時効果は相方の武器系統を竜にすれば解決する。
専用武器オンリーということで錬成でHPが伸ばせられないという欠点がある。
超英雄でユニット数がかさましされており、数をそろえるのは大変だが、
移動タイプコンボを無視すれば、安価なユニットだけでも色はそろう。
強ユニットが多いので、フレンドをフル活用すれば、移動タイプもある程度は散らせる。
騎馬だけはどうしようもないので、他の武器系統でそろえよう。
色弓があとから追加された武器種ということで、選択肢が少ない。
移動タイプも歩行・騎馬が多く、重装・飛行が少ない傾向にある。
ただし、緑弓に★4排出のパイソンラス、青弓に聖杯召喚のフェリクスがいるため、 あとはフレンド枠などで、赤弓ユニットを追加すれば、全色そろう。
暗器
色をそろえるのがきつい。
移動タイプも手に入りやすいのは歩行、聖杯で重装ぐらい。
他の武器種で移動タイプをそろえつつ、なんとか4色そろえよう。
魔道
色及び移動タイプの揃えやすさは、剣槍斧につぎ2番目。
無魔も増えてきたため選択肢が広がった。
武器コンボに寄与しないのでコンボ数を重視するという基本方針から逸脱する。
また、補助スキルも一切使わないので、武器の強みも薄れる。
ただし、ルール上、ペイン+死の吐息は凶悪。

報酬

コメント



*1 剣=重装、槍=騎馬、斧=歩行、青竜=飛行

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-22 (日) 14:55:54