章別会話


進撃前

リュシオンの行方

(場面転換)

[リュシオン]
…ニンゲンどもを避けていて
手間取ったが……
ようやく、祭壇に…▼
[ティバーン]
リュシオン!
無事か!?▼
[リュシオン]
ティバーン!?
どうしてここに?▼
[ティバーン]
ニアルチから、
何もかも聞いた。▼
[リュシオン]
…あ……
申し訳ありません…▼
あなたに何も告げず、
勝手な事をして…
その挙句、こんなことに……▼
[ティバーン]
無事なら、それでいい。
帰るぞ。▼
[リュシオン]
…少しだけ、まってください。
あのニンゲンどもを…
このまま森に残していけません…▼
[ティバーン]
気持ちは分かるが、
いくらなんでも、多勢に無勢だ。
日を改めてからに…▼
[リュシオン]
…祭壇にたどり着ければ…
奴らを一掃できます。▼
[ティバーン]
まさか…禁呪を使うつもりか!?▼
[リュシオン]
……はい。
【滅亡】の呪歌を聞かせてやります…▼
[ティバーン]
だめだ!
それは承知できん。▼
[リュシオン]
あなたの許しが得られなくても…
私はやります!▼
一族の報復なんです…!
森もきっと…それを望んでいる!!▼
[ティバーン]
リュシオン!
憎しみの気に支配されるんじゃねえ!▼
おまえたちサギの民は
【正】に属すもの…
その理を犯せば、存在が歪められる!!▼
[リュシオン]
…そう言って…
私の家族は…民たちは……
ただ…死んで逝った。▼
ニンゲンどもは…狂喜に酔いしれ…
笑みさえ浮かべて…
殺戮を続けたんだ……▼
母…兄…姉たち……
そして…小さな私の妹リアーネ…
……すべて一夜にして奪われた…▼
[ティバーン]
…リュシオン……▼
[リュシオン]
わかっています…
私のやろうとしていることは
一族の誇りを汚すものだと…!▼
ですが…許せない……▼
ここまでやっておいて、なお
この森を我が物顔で蹂躙する
ニンゲンどもを…▼
私は…決して
許すことが…できない……▼
[ティバーン]
…それがわからない
俺たちだと思うのか?▼
[リュシオン]
……▼
[ヤナフ]
そうですよ!▼
あんな奴らのために、
王子が、わざわざ
手を汚す必要ないですって!▼
[ウルキ]
……サギの民の無念は…
…我ら鳥翼族
全ての想いです。▼
[ティバーン]
フェニキスへ戻って
それから策を練ろうぜ。▼
なぁに、このままにはしておかん。
我がタカの民の総力をもってして
ニンゲンどもに思い知らせてやろう。▼
[リュシオン]
………はい…!▼

オリヴァーとの会話

(場面転換)

[アイク]
…もう、あきらめろ。
おとなしく投降すれば、
命は助けてやる!▼
[オリヴァー]
ぬぬぬぬ…
まだだ!まだ負けん!!▼
邪悪なる貧乏人どもめ!!▼
それほどまでに…この私の
美貌と財力が妬ましいのか!?▼
その気持ちはわかる。
小憎らしいほどにわかるぞ…▼
[アイク]
………は?▼
[オリヴァー]
しかーし!おまえたちのような
卑劣漢に屈する私ではない。▼
タナス公オリヴァー…
女神に代わって、醜い悪をくじく!▼
[アイク]
…あのな…▼
[オリヴァー]
みなのもの!
全力で私を守れ!!▼
できれば、あやつの背にいる
小鳥も奪い取るのだ!!▼
[アイク]
……かんべんしてくれ。▼

(オリヴァー移動、敵出現)

[アイク]
来るぞ!
全員、戦闘配置だ!▼

進撃後

真ん中付近のラインを超える→NPC出現

[ヤナフ]
おっとと!
こっちでも、またやってますね。
迂回しますか?▼
[ティバーン]
そうだな。
ニンゲンの勢力が2つ…
いったい、何をやって……▼
[リュシオン]
!▼(森が光る音)
[ティバーン]
また、この音か。
リュシオン、おまえの仕業じゃ…▼
[リュシオン]
………▼
[ティバーン]
…なさそうだな?▼
[リュシオン]
……森が…何か
ささやいています……▼
Nanda!?/ナンダ!?▼
…Watashininaniwotutaetai!?▼/ワタシ二ナニヲツタエタイ!?▼
[ヤナフ]
王! 王子!!
見てくださいよ! あれっ!▼
[ティバーン]
!▼
[リュシオン]
!?▼
[ヤナフ]
あの青髪のニンゲンに
背負われてるのって…
どう見ても…▼
[ティバーン]
白サギか…!?▼
[リュシオン]
ま…さか…▼
[ティバーン]
…ベグニオン側じゃねえ奴らは、
あの白サギを庇って
戦っているようだな…▼
不本意だが加勢するか。
ヤナフ、ウルキ、
行くぞ!!▼
[ヤナフ]
はっ!▼
[ウルキ]
はっ!▼
[リュシオン]
ティバーン!
お願いです…
私もいっしょに……!▼
[ティバーン]
…禁呪を使わないと誓えるなら、
ついて来い!▼
[リュシオン]
…はい!!▼

ヤナフ撤退時

[ヤナフ]
うわっ、と……!?▼
[ティバーン]
退け!ヤナフ!
これ以上、無理をするな。
勝手に死ぬ事は俺が許さねえ。▼
[ヤナフ]
め、面目ない……▼

ウルキ撤退時

[ウルキ]
……!▼
[ティバーン]
退け!ウルキ!
これ以上、無理をするな。
勝手に死ぬ事は俺が許さねえ。▼
[ウルキ]
……承知。▼

リュシオン撤退時

[リュシオン]
くっ…▼
[ティバーン]
リュシオン、下がれ!
後は俺たちに任せるんだ。
いいな?▼
[リュシオン]
すみません…▼

オリヴァー初戦時

[オリヴァー]
美しいものを追い求める
この感情を理解できぬとは……
なんと無粋な者たちよ。▼
美を解せぬ野蛮人は
滅びるがよいぞ!▼

アイクvsオリヴァー

[オリヴァー]
そこの…粗野で下劣で無分別なる
貧乏人の略奪者よ……
小鳥を私のもとへ返すが良いぞ!▼
美しいものは、
私に所有されてこそ
幸福を得られるのじゃ!▼
[アイク]
……おまえの寝言を聞くのも
もういい加減うんざりだ。▼
ここで、決着をつけさせてもらう!▼

モゥディvsオリヴァー

[オリヴァー](上段)
おお、なんと醜い姿よ!
ええい、よるでないわ!!
汚らわしい!!!▼
[モゥディ](下段)
醜いノは…モゥディではナく
オまえの心のホうだ。▼

レテvsオリヴァー

[オリヴァー](上段)
しっ! しっしっ!
化け猫になど、用はない…
ええい! 退散するがよい!!▼
[レテ](下段)
…お前のような奴がいるから……
ラグズはべオクを憎むのだ…!▼

ムワリムvsオリヴァー

[オリヴァー](上段)
よ、寄るでない! ▼
おまえのような汚らわしい生き物が…
私のような高貴なる人間に
近づいて良いと思っておるのか!?▼
[ムワリム](下段)
……ラグズの命が
人間より軽いものだなどと、誰が決めた? ▼
おまえたちの崇拝する女神アスタルテが…
それを望んだとでも言うつもりか!?▼
[オリヴァー](上段)
ひ ひえええ
化物… 化物めが…!
女神の名を汚すでないわ!!▼
[ムワリム](下段)
……本当の化物は、どちらだろうな?▼

ダラハウvsオリヴァー

[ダラハウ](下段)
美しいものダラハウも好きなのね~▼
[オリヴァー](上段)
な、なんだ、おまえは……?▼
[ダラハウ](下段)
でも、それは~
野にあるからこそ美しいのね~
摘み取ることは愚かなのね~ ▼
[オリヴァー](上段)
むむむ… その奇抜な面差し……
どこかで目にしたようにも思うのだが…▼
……うーむ… 醜いものは
どうにも思い出せぬわ。▼
[ダラハウ](下段)
とっても物覚えの悪い男なのね~
ダラハウ思い知らせてやるのよ~▼

オリヴァー撃破時

[オリヴァー]
おお……おお……▼
ここで…私が倒れるなどと……
あってはならぬ……こと………
……美の……損…し…つ………▼

クリア後

[アイク]
あんたは…!▼
[リュシオン]
……その…
おまえの背に…いる者は……?▼
[アイク]
あ、この娘か。
あんたの知り合いだと思うんだが…▼
[リアーネ]
…U…nn…/…ウ…ンン…▼
[リュシオン]
Learne▼/リアーネ!▼
[リアーネ]
Ryucion niisama!?/リュシオン ニイサマ!?
niisama! niisama!▼/ニイサマ! ニイサマ!▼
[リュシオン]
hontouni,learnenanoka?/ホントウニ、リアーネナノカ?
yumejanaku…?/ユメジャナク…?
どうして、おまえが……?
いや、そんなことより
よく…よくぞ生きて……▼
[ティバーン]
リアーネ、俺が分かるか?▼
[リアーネ]
Tibarn…?/ティバーン…?
Hokepeapulno?▼/ホークピープルノ?▼
[ティバーン]
そうだ。
よく覚えてたな。▼
20年もの間、ずっと1人で
ここにいたのか?▼
[リアーネ]
Yku wakaranaino…/ヨク ワカラナイノ…
Anoyoru… neesamatatiga,watashiwo/アノヨル… ネエサマタチガ、ワタシヲ
Hokoranikakushite…/…ホコラニカクシテ…
Kitto watashini…/キット ワタシニ…
Garudoruwo kikasete…/ガルドルヲ キカセテ…
Soushitara, totemo nemukunatte…▼/ソウシタラ、トテモ ネムクナッテ…▼
[リュシオン]
…森が、守ってくれていたようです。
ずっと眠らせて……
どんなに感謝しても足りない。▼
Arigatou…/アリガトウ…
Kokorokara kanshasuru…▼/ココロカラ カンシャスル…▼
[ティバーン]
おい、そこのベオク。▼
[アイク]
俺か?▼
[ティバーン]
俺はフェニキス王ティバーン。
国を追われたセリノス王族の
後見をしている。▼
お前達は何者だ?
何故、サギの民を助けた?▼
[アイク]
俺はアイク。
グレイル傭兵団の団長だ。▼
俺は、この国の皇帝…
【神使】サナキから、
サギの民の保護を依頼されて来た。▼
[ティバーン]
この国の皇帝が、サギの民を保護する!?
そいつは、面白い冗談だな。▼
先代の皇帝を暗殺した咎で、
サギの民は滅ぼされた。▼
その後継者たる現皇帝が、
サギを助けるよう動いたりするか?▼
[アイク]
…皇帝サナキは、
先代皇帝を暗殺したのが
サギの民でないと知っている。▼
そして、国民に代わり
罪をつぐなおうとしているんだ。▼
[リュシオン]
…そんなこと、信じられない。▼
[ティバーン]
………▼
[リュシオン]
口先だけなら、なんとでも言える!▼
セリノスの森を焼き、▼
我が兄弟、我が民を
死に追いやったニンゲンども…
その仲間を信じることなどできない!!▼
[アイク]
……信じるかどうかは、
本人に会って決めればいい。
神使は、この森の入り口まで来ている。▼
[リュシオン]
神使が、ここに…?▼

(場面転換)

[リュシオン]
おまえが…神使か。▼
[サナキ]
…そうじゃ。▼
[リュシオン]
…………▼

(サナキ、跪く)

[サナキ]
……す…………
すまない…▼
何と言って詫びれば…
サギの民に通じるのか……
わたしにはわからない。▼
でも…わたしは、
我が国民を代表して…
心から、そなたたちに詫びる……▼
すまない……すまなかった……▼
[シグルーン]
サ、サナキさま!▼
神使様ともあろうお方が、
なんということを…!
膝を折られるなどと……どうか!!▼
[アイク]
やめろ!▼
あいつの気の済むようにさせてやれ…▼
[シグルーン]
……あ……▼
[リュシオン]
………▼
[サナキ]
すまぬ……
すまぬ……▼
[リアーネ]
Mou,ii…▼/モウ、イイ…▼
[サナキ]
?▼
[リュシオン]
リアーネ!?▼
[リアーネ]
sa… tatte.▼/サ… タッテ。▼
[サナキ]
そなた…?
なんじゃ?
立てと…言っておるのか?▼
[サナキ]
…そなた……▼
[リアーネ]
Mou,iino./モウ、イイノ。
Anatanoseijanaimono.▼/アナタノセイジャナイモノ。▼
[リュシオン]
リアーネ!?▼
[リアーネ]
Niisama… mouiidesho?/ニイサマ… モウイイデショ?
Konokowo yurushiteagete./コノコヲ ユルシテアゲテ。
Konnani hisside… ayamatterumono.▼/コンナニ ヒッシデ… アヤマッテルモノ。▼
[リュシオン]
リアーネ…
許せるわけ…ないだろう!?
……眠っていたおまえは知らない………
こいつらニンゲンが…私たちになにをしたのか……▼
[リアーネ]
Sitteruwa./シッテルワ。
Moriga… oshietekuretamono.▼/モリガ… オシエテクレタモノ。▼
[リュシオン]
おまえ…知って…!?▼
[リアーネ]
…Minna…minna…/…ミンナ…ミンナ…
…Mou…inaindatte…▼/…モウ…イナインダッテ…▼
[リュシオン]
……そうだ…
みんな……もう…いない……
だから…この恨みを捨てることなど……!▼
[リアーネ]
Niisama… yasashii ryushionniisama./ニイサマ… ヤサシイ リュシオンニイサマ。
Niisamaha,ima,kanasiminoseide/ニイサマハ、イマ、カナシミノセイデ
kokorogakumotteru…/ココロガ クモッテル…
sonna niisamawo mirunoha…/ソンナ ニイサマヲ ミルノハ…
totemo turaino/トテモ ツライノ…
Onegai… hunokini shihaisarenaide…!▼/オネガイ… フノキニ シハイサレナイデ…!▼
[リュシオン]
Learne…/リアーネ…
わかった。
おまえがそう言うなら…▼
[サナキ]
…………▼
[リュシオン]
……神使サナキ。
私たちは、あなたの謝罪を受ける。▼
ニンゲ…ベオクに対する
恨みまでは捨てられないが……▼
それでも、今後…
セリノスのことで、あなたが
心を痛めることはない。▼
………気持ちは受け取った。▼
[サナキ]
あ…ありが…とう……▼
[アイク]
…よかったな。▼
[サナキ]
ん…▼

(場面転換)

[エリンシア]
……アイク様、
これから何が起きるのでしょう?▼
[アイク]
わからん。サギの兄妹は、
何かの儀式を行うって言ってたけどな。▼
[ヤナフ]
おい、ベオクの傭兵!
それから神使とクリミア王女も。▼
リュシオン様が、おまえたち全員を
セリノスの祭壇に招くそうだ。▼
[アイク]
祭壇?▼
[ヤナフ]
とにかく来てくれ。こっちだ。▼
[エリンシア]
サナキ様、シグルーン様。
行ってみましょう。▼
[サナキ]
う、うむ。▼
[ミスト]
早く行ってみようよ、お兄ちゃん!▼
[アイク]
ああ。▼

(ムービー・ アイクとミストが祭壇に向かう。 その祭壇でリュシオンとリアーネが『再生』の歌を歌い出す。

[アイク]
!この歌…!ミスト、これは…母さんの…
[ミスト]
少し違う…でも…、似てる…、お兄ちゃん、見て!

(森が再生していくのを見上げる二人。)

[ミスト]
うふふ、すごーい、すっごーい!あはっ、あはははっ
[アイク]
…森の主の帰還…か…

(ムービー終了)

[ティバーン]
見事なもんだな。▼
[エリンシア]
本当に…きれいですね……▼
[サナキ]
女神の愛したセリノスの森が…
色を取り戻した。▼
[シグルーン]
ご立派でした、サナキ様。
……サナキ様は、
私の誇りです……▼
[サナキ]
よ、よさぬか。
このようなところで泣くでない!▼
[シグルーン]
す、すみません…
私…うれしくて………▼
[ナーシル]
……見事、
ラグズとベオクの間をつないだか。
もう十分だろうな……▼
[セネリオ]
…………▼
[ティアマト]
どうしたの、セネリオ?
そんな険しい顔をして…
何を見ているの?▼
[セネリオ]
……別に。
なんでもありません。▼
[ティアマト]
あ、セネリオ…!
あの子…いったい……?▼

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-11 (水) 22:41:03