章別会話

オープニング

鳥翼族

[ティバーン]
(音?)…なんだ、今の音は…?▼
[ヤナフ]
なんか、
聞こえましたよね?▼
[ウルキ]
…北東からです。
聞いたことのない音です。▼
[ヤナフ]
…北東っつーと……
あぁ、あっちの方にも遺跡があります。▼
【白の王子】、あそこに
隠れてたりしませんかね?▼
[ティバーン]
とりあえず、行ってみるか。
ニンゲンどもが、同族で争ってるうちに
さっさと見つけだしてやらんとな。▼
[ヤナフ]
しっかし、あのニンゲンたち、
さっきから何で
戦ってんでしょうね?▼
[ウルキ]
探ってみましょうか?▼
[ティバーン]
…放っておけ。
あいつらに関わってもろくなことはない。▼
[ヤナフ]
そりゃそうだ。
じゃ、ニンゲンどもは避けて通る方向で~。▼
[ティバーン]
行くぞ。▼
[ウルキ]
はっ!▼

進路決定-withレテ・モゥディ・ミスト

(場面転換)

[アイク]
(左) …とりあえず、どっちを目指すか…だな。▼
[ミスト]
(中央左) お兄ちゃん。▼
[アイク]
なんだ?▼
[ミスト]
さっき、なにか…
音が聞こえなかった?▼
[アイク]
…?
……特になにも。▼
[ミスト]
そう?
じゃあ…わたしだけなのかな?▼
[レテ]
(中央右) …高い、鐘のような音か?▼
[ミスト]
あ、うん!
そう、それ!!▼
[モゥディ]
(右) モゥディにもキこえたぞ。
トても、キれいな音だった…▼
[アイク]
俺には
何も聞こえなかったけどな?▼
[レテ]
…わずかに、空気を震わすだけの音だから
よほど耳のいい者でないと聞きとれない。
つまり、おまえの妹は
獣牙族並の耳を持つということだ。▼
[ミスト]
えっへん!▼
[アイク]
調子にのるな。
だが…べオクには聞こえない音…か。
確かに気になるな。▼

(モゥディ消え、ナーシルが出現)

[ナーシル]
(右) …サギの民は、みな
【呪歌謡い(ガルドラー)】だと聞く。
その辺に関係あるのかもしれない。▼
[ミスト]
…ガルドラー?なんですか、それ。▼
[ナーシル]
【呪歌(ガルドル)】を謡う者…だよ。
呪歌とは、その旋律と歌詞によって
聞くものの内面に効果を及ぼすもの。▼
たとえば、サギの近くでその声を聞くだけで
失われていた体力が戻るとか…▼
王族ほどの謡い手になれば、
1つの時の間に2つのことが行えるような
歌が謡えるだとか…▼
色々と不思議な噂を伝え聞くよ。▼
[ミスト]
へえ~…
なんかすごいね、お兄ちゃん!▼
[アイク]
ああ。だが…
そんな力を持ちながら、べオクに
一方的に滅ぼされたのか……▼
[ミスト]
…あ……▼
[ナーシル]
彼らは限りなく【正】の気に近い種族…
たとえ、抵抗する術があったとしても、
それを使うことはなかったろうね…▼ (ナーシル消える)
[アイク]
………………▼
…応援が到着次第、出発するぞ。
あのサギの民をタナス公の手には渡さん…
必ず救い出して…ちゃんと話がしたい。▼
[ミスト]
うん!!▼ (ミスト、消える)
[レテ]
北東に見える遺跡を目指すといい。
…なにか特殊な気配を感じる。▼
[アイク]
わかった。
教えてくれて、ありがとな。▼
[レテ]
…気にするな。
仲間だったら…当然のことだ。▼
[アイク]
そうだな。▼ (アイク・レテ、消える)
[ナーシル]
(右) ………▼

進路決定-withミスト・モゥディ

[ミスト]
(中央左) お兄ちゃん。▼
[アイク]
(左) なんだ?▼
[ミスト]
さっき、なにか…
音が聞こえなかった?▼
[アイク]
…?
……特になにも。▼
[ミスト]
そう?
じゃあ…わたしだけなのかな?▼
[モゥディ]
(中央右) モゥディにもキこえたぞ。
…鐘のヨうな、タかい音ダった。▼
[ミスト]
あ、うん!
そう、それ!!▼
[モゥディ]
トても、キれいな音ダった…▼
[アイク]
俺には
何も聞こえなかったけどな?▼
[モゥディ]
…スごく、カすかな音。
ダから、ヨほど耳がヨくナいと聞こえナい。
ミスト、スごい。
べオクなのに、獣牙族ナみの耳だ。▼
[ミスト]
えっへん!▼
[アイク]
調子にのるな。
だが…べオクには聞こえない音…か。
確かに気になるな。▼
[ナーシル]
(右) 【呪歌(ガルドル)】を謡う者…だよ。
呪歌とは、その旋律と歌詞によって
聞くものの内面に効果を及ぼすもの。▼
たとえば、サギの近くでその声を聞くだけで
失われていた体力が戻るとか…▼
王族ほどの謡い手になれば、
1つの時の間に2つのことが行えるような
歌が謡えるだとか…▼
色々と不思議な噂を伝え聞くよ。▼
[ミスト]
へえ~…
なんかすごいね、お兄ちゃん!▼
[アイク]
ああ。だが…
そんな力を持ちながら、べオクに
一方的に滅ぼされたのか……▼
[ミスト]
…あ……▼
[ナーシル]
彼らは限りなく【正】の気に近い種族…
たとえ、抵抗する術があったとしても、
それを使うことはなかったろうね…▼ (ナーシル消える)
[アイク]
………………▼
…応援が到着次第、出発するぞ。
あのサギの民をタナス公の手には渡さん…
必ず救い出して…ちゃんと話がしたい。▼
[ミスト]
うん!!▼ (ミスト消える)
[モゥディ]
北東に見える遺跡に向かうとイいぞ。
アそこに、不思議なケはいを感じる。▼
[アイク]
わかった。
わざわざ教えてくれて、ありがとな。▼
[モゥディ]
ドういたしまして。
アイクの役に立てたら、モゥディは嬉しいぞ。▼ (アイク モゥディ消える)
[ナーシル]
(右) ………▼

進路決定-withレテ

[アイク]
…とりあえず、どっちを目指すか…だな。▼
[レテ ]
……北東に見える、遺跡に向かうといい。
不思議な気配を感じる。▼
[アイク]
気配?▼
[レテ]
さっき、かすかにだが……
ラグズにしか聞き取れない類の音が鳴った。
あれは…なにかの予兆だろう。▼
[アイク]
ベオクには聞こえない音…か。
確かに気になるな。▼
[ナーシル]
…サギの民は、みな
【呪歌謡い(ガルドラー)】だと聞く。
その辺に関係あるのかもしれない。▼
[レテ]
…ガルドラー? なんだ、それは?▼
[ナーシル]
【呪歌(ガルドル)】を謡う者…だよ。
呪歌とは、その旋律と歌詞によって
聞くものの内面に作用を及ぼすもの。▼
たとえば、サギの近くでその声を聞くだけで
失われていた体力がもどるとか… ▼
王族ほどの謡い手になれば、
1つの時の間に、2つのことが行えるような
歌が謡えるだとか…▼
色々と不思議な噂を伝え聞くよ。▼
[レテ]
…すごい、力だな。▼
[アイク]
ああ。だが…
そんな力を持ちながら、ベオクに
一方的に滅ぼされたのか……▼
[レテ]
! ………▼
[ナーシル]
彼らは、限りなく【正】の気に近い種族…
たとえ、抵抗する術があったとしても、
それを使うことはなかっただろうね…▼
[アイク]
………………▼
…応援が到着次第、北東の遺跡を目指そう。
あのサギの民をタナス公の手には渡さん…
必ず救い出して…ちゃんと話がしたい。▼
[レテ]
……そうだな…▼
[アイク]
レテ、ちょっと待ってくれ。▼
[レテ]
? どうした…?▼
[アイク]
音と遺跡のことだが…
わざわざ教えてくれて、ありがとな。▼
[レテ]
…気にするな。
仲間だったら…当然のことだ。▼
[アイク]
そうだな。▼
[ナーシル]
………▼

進路決定-withモゥディ

[アイク]
…とりあえず、どっちを目指すか…だな。▼
[モゥディ]
アイク!
北東に見える遺跡に向かうとイいぞ。
アそこに、不思議なケはいを感じる。▼
[アイク]
気配? ▼
[モゥディ]
ソうだ。サっき、カすかに……
ラグズにしか聞こえないヨうな音がシた。
トてもキれいな音、ダったぞ。▼
[アイク]
ベオクには聞こえない音…か。
確かに気になるな。 ▼
[ナーシル]
…サギの民は、みな
【呪歌謡い(ガルドラー)】だと聞く。
その辺に関係あるのかもしれない。▼
[モゥディ]
…ガルドラー? ナんだ、ソれは?▼
[ナーシル]
【呪歌(ガルドル)】を謡う者…だよ。
呪歌とは、その旋律と歌詞によって
聞くものの内面に作用を及ぼすもの。▼
たとえば、サギの近くでその声を聞くだけで
失われていた体力がもどるとか…▼
王族ほどの謡い手になれば、
1つの時の間に、2つのことが行えるような
歌が謡えるだとか… ▼
色々と不思議な噂を伝え聞くよ。▼
[モゥディ]
セリノスは、スごい鳥なのダな!▼
[アイク]
ああ。だが…
そんな力を持ちながら、ベオクに
一方的に滅ぼされたのか……▼
[モゥディ]
……ソうだった……
………ドうしてダろう……?▼
[ナーシル]
彼らは、限りなく【正】の気に近い種族…
たとえ、抵抗する術があったとしても、
それを使うことはなかっただろうね…▼
[アイク]
………………
…応援が到着次第、北東の遺跡を目指そう。~ あのサギの民をタナス公の手には渡さん…
必ず救い出して…ちゃんと話がしたい。▼
[モゥディ]
ソうシよう!
モゥディもガんばるぞ!!▼
[ナーシル]
………▼

リュシオン

(場面転換)

[リュシオン]
…ニンゲンどもめ……
再び、この森を踏み荒らすとは…!
……これ以上の蛮行を許すものか…!▼
さっきの…森の応えは気になるが……
だが…奴らを
森から追い払うほうが先だ…!▼
祭壇にたどり着き…
禁じられし呪歌をもって…
滅ぼしてやる…!!▼

進撃前

セネリオがいない場合

[ベグニオン兵](上段)
いたぞ!クリミアの傭兵たちだ!!
囲め!一人たりとも生かして逃すな!▼
[アイク](下段)
全員、応戦しながら
北東の遺跡を目指せ!
遅れるな!!▼
[ナーシル](中段)
アイク!応援の者たちとの合流はどうするつもりだい?▼
[アイク]
とりあえず先に進む!
きっと自力で追いついてくるだろう。▼
[ナーシル]
そうだね…わかった。▼

セネリオがいる場合

[ベグニオン兵](上段)
いたぞ!クリミアの傭兵たちだ!!
囲め!一人たりとも生かして逃すな!▼
[アイク](下段)
全員、応戦しながら
北東の遺跡を目指せ!
遅れるな!!▼
[セネリオ](中段)
アイク!応援の者たちとの
合流はどうしますか?▼
[アイク]
とりあえず先に進む!
きっと自力で追いついてくるだろう。▼
[セネリオ]
わかりました。▼

クリア後

[アイク]
…なんとか、遺跡にたどり着いたな。
とりあえず…手分けして周囲を調べてみるか。▼
[ナーシル]
アイク。もう何人か応援を呼んだほうがいいんじゃないかな?▼
[アイク]
確かに、思った以上に敵が多い。
武器の心配もあるし…よし。▼


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-06 (金) 18:47:25