章別会話


オープニング

軍師の帰還

【傭兵団の砦】

(外からセネリオが走ってくる)

(そしてミストが中央奥にある小屋の中に入る)

(背景:小屋内)

(ミスト:中央左 アイク:中央右)

[ミスト]
おはよ、お兄ちゃん!
聞いてよ、大ニュース!!▼
[アイク]
朝から騒がしいぞ、ミスト。
どうした?▼
[ミスト]
セネリオがね、
今、戻ってきたの!▼
[アイク]
本当か?
予定よりずいぶん早いな。▼
[ミスト]
だよねぇ。なんでだろ?▼
[アイク]
まあ、いい。
直接聞けば分かることだ。▼
いま、どこにいる?▼
[ミスト]
食堂じゃないかな。
お父さんに用があるみたいだったし。▼
[アイク]
わかった、すぐ行く。▼

(背景:食堂)

(グレイル:中央左 ティアマト:右端)

[グレイル]
…ただちに全員を集めてくれ。▼
[ティアマト]
了解しました。▼

(ティアマトが消え、アイクが右端に登場)

[グレイル]
アイク!
おまえも、ぼさっとしてないで
さっさと作戦室へ行け。▼
[アイク]
あ、ああ。▼

(グレイル消える)

[アイク]
? なんだよ、急に…▼

(セネリオが中央左に登場)

[セネリオ]
僕が持ち帰った情報の報告、
そして、それに対する対策を練るためです。▼
[アイク]
セネリオ!▼
[セネリオ]
おひさしぶりです、アイク。
今、戻りました。▼
[アイク]
無事でなによりだ。▼
だが、どうしたんだ?
もうしばらく修行するんじゃなかったのか?▼
[セネリオ]
それが…▼
[グレイル]
なにをしている!
早く来いっ!▼
[セネリオ]
…とりあえず行きましょう。
詳しい話は後で……▼

戦争

(背景:作戦室)

(グレイル:中央右 セネリオ:右端)

[グレイル]
…みんなも知ってのとおり
よその傭兵団へ修行に出ていた
セネリオが、さっき戻ってきた。▼
[グレイル]
とんでもない情報付きでな。▼

(アイクが中央左に登場)

[アイク]
どんな情報なんだ?▼
[セネリオ]
クリミアとデインの間で
……戦争が始まりました。

(ミストが左端に登場)

[ミスト]
せ、戦争?うそでしょ!?▼
[グレイル]
それを今から詳しく聞くところだ。
セネリオ、頼む。▼
[セネリオ]
はい。▼

(背景:クリミア周辺の地図)

[セネリオ]
この地図をご覧下さい。▼
[グレイル]
クリミアの詳細図か。▼

(城の辺りが青く点滅する)

[セネリオ]
ここが、クリミアの王都メリオル。▼

(城の南西辺りが青く点滅する)

[セネリオ]
我々、傭兵団の砦があるのは…
大体この辺りになります。▼
[セネリオ]
…事の始まりは3日前の昼下がりです。▼

(城の南西辺りの点滅が消える)

[セネリオ]
ちょうど調べ物のあった僕は、
クリミアの王都メリオルにある
王立学問所の書庫にいました。▼

(ドラゴンナイトのイラストが出現)

[セネリオ]
突然、どう猛な獣…おそらく飛竜の――
咆哮が響いたかと思うと、
大きな振動が建物を揺らしました。▼

(大群の兵士のイラストが出現)

[セネリオ]
慌てて外に出た僕の目に飛び込んできたのは、
王宮になだれ込む騎兵部隊、それに続く重歩兵隊、
更に空には十数の竜騎兵…▼
[セネリオ]
それらは、全て黒い鎧で身を包んでいました。▼
[グレイル]
……デイン王国軍か。▼
[セネリオ]
はい。▼
[グレイル]
兆しは?▼
[セネリオ]
ご承知の通り、クリミアとデインの関係は
建国以来、順調であるとは言いかねるものでした。▼
しかし、数百年に渡る歴史の中で、
幾多の小規模な戦はあれど…▼
いきなり国境を越え、相手国の王城を
奇襲するようなことは今回が初めてです。▼
[ティアマト]
ずいぶん、乱暴な策だものね。▼
[グレイル]
それだけに、成功すれば効果的ではある。▼

(背景:デイン現国王)

[グレイル]
デイン現国王ならではの
奇策というところだな。▼
――その後は?▼

(背景:王弟レニング)

[セネリオ]
王弟率いるクリミア王国軍が出撃し、
徹底抗戦の構えに入りました。▼
一般人には市街地へ退避するようとの
達しがありましたので、やむなく
王都を離れ、その足でここに戻りました。▼
[グレイル]
現在、戦況がどうなっているかは、
分からんということか。▼

(背景:作戦室)

(グレイル:中央左 セネリオ:中央右)

[グレイル]
どちらにせよ、この田舎には、
まだ戦争の第一報すら
届いておらんような状態だ。▼
よく知らせてくれたな、セネリオ。▼
[セネリオ]
…いえ。▼

(ティアマトが左端に登場)

[ティアマト]
デインのクリミア侵攻…
この傭兵団も無関係というわけには
いかないでしょうね……▼

(アイクが右端に登場)

[アイク]
親父、どうするんだ?▼
[グレイル]
そうだな……
ティアマトはどう見る?▼
[ティアマト]
クリミアは、我が団にとって
故郷とも言える場所です。▼
また、クリミアの王家や貴族は、
これまでも、これからも我が団にとって
大切な仕事の雇い主となりうる方々です。▼
義を見ても利を見ても
ここは、クリミアを助けるのが
良いかと思われます。▼
[グレイル]
セネリオは、どうだ?▼
[セネリオ]
我々が傭兵団であり、
特に依頼を受けたわけではない以上、
手を出さないのが適当かと。▼
[グレイル]
座してクリミアの滅亡を見る、と?▼
[セネリオ]
はい。
兵数も士気も、明らかにデインが上。
クリミアの勝ち目はうすいでしょう。▼
[ティアマト]
でも、クリミア国王は
賢明をもって世に知られるラモン王。▼
武勇ならぶものなしと言われる
王弟レニング卿もおられるわ。
そう簡単にデインの思い通りになるかしら?▼
[セネリオ]
武勇や将器という意味では
デイン王アシュナードも、
レニング卿にひけはとりません。▼
となれば、後は兵の量、質が
勝負を決めるでしょう。
結果は明白だと思われますが。▼
[ティアマト]
クリミアには地の利があるわ。
デインの矛先を、たくみにかわして
持久戦に持ち込めば……▼
[セネリオ]
士気も錬度も低いクリミア軍が、
そこまで持つとは思えません。▼
[グレイル]
2人とも、それまでだ。▼

(ティアマト・セネリオが消える)

グレイルの指示

[グレイル]
言いたい事は分かった。
まずは現状を正確につかむことだ。▼
王都メリオルを、1度
偵察した方がいいだろう。▼
アイク、ここはおまえに任せる。
偵察部隊として、何人か連れて行け。▼
[アイク]
!? 俺が?▼
[グレイル]
補佐としてティアマトと…▼

(シノンが左端に登場)

[シノン]
冗談じゃないぜ、団長!
アイクみてえなガキに
なにを期待して…▼
[グレイル]
よし、心配なら
おまえもついて行くがいい。▼
[シノン]
げ…▼

(シノンが消える)

[グレイル]
あとは、ガトリー、キルロイ、
セネリオでいいだろう。▼
[グレイル]
あとは、ガトリー(キルロイ)、
セネリオでいいだろう。▼
[グレイル]
あとは、セネリオ
おまえもだ。▼
[グレイル]
補佐としてティアマトと…
ガトリー、キルロイ、
セネリオでいいだろう。▼
[グレイル]
補佐としてティアマトと…
ガトリー(キルロイ)、セネリオでいいだろう。▼

―――――――――――――――――――――――

*以下共通

[アイク]
親父、まってくれ!
どうして俺が…▼
[グレイル]
団長命令だ。さっさと準備を始めろ。
時間の猶予はないぞ。▼
[アイク]
親父!▼
[グレイル]
ティアマト、俺は少し出かけてくる。
アイクの補佐はまかせた。▼

(グレイルが消え、ティアマトが左端に登場)

[ティアマト]
了解しました。▼
[アイク]
……▼

(背景:作戦室前?)

(ミスト:右端)

[ミスト]
お兄ちゃーん!
ちょっと待って!▼

(アイクが中央左に登場)

[アイク]
なんだ?▼
[ミスト]
はい!
これ、持ってって。▼

(リガルソードを手に入れた)

[アイク]
この剣は…
どうしたんだ?▼
[ミスト]
お父さんがね、
お兄ちゃんに渡してこいって。▼
[アイク]
いい剣だな。▼
[ミスト]
おさがりじゃない剣って
はじめてじゃない?
よかったね!▼
[アイク]
ああ。▼
[ミスト]
じゃあ、気をつけてね!
お土産待ってるから!▼

(ミストが消える)

[アイク]
別に、遊びに行くわけじゃな…ったく。▼

アイクの悩み

【王都への道】

(アイクの所にキルロイが近づいてくる)

(キルロイ:中央左 アイク:中央右)

[アイク]
……▼
[キルロイ]
どうしたんだい、アイク?
さっきから黙りこんで。▼
[アイク]
親父の真意がわからない。
どうして新米の俺に、
この場を仕切らせようとする?▼
[キルロイ]
…アイクは、
グレイル団長の後を継ぐ人だからね。▼
人を動かすことを
学ばせたいんじゃないかなぁ。▼
[アイク]
俺に、そんな器があるのか?
いや、例えあったとしても
遠い先の話じゃないか。▼
今の俺は経験も力もない……
ただのガキだ。▼
[キルロイ]
そうかな。
僕の目から見れば、
とても有望に見えるけど?▼
グレイル団長は、すごい人だけど…
アイクなら、きっと追いつける。▼
追いついて、それから追い越すことだって
できるんじゃないかな。▼
[アイク]
…無茶をいうなよ。▼
[キルロイ]
僕の勝手な想像だから、
気にしなくていいよ。▼
ただ、力がないと思うなら
少しでも早く一人前になるよう
努力をするっていうのはどうだろう?▼
そのほうが、アイクらしいよ。▼
[アイク]
…そうだな。▼

(キルロイとアイクが消える)

(アイクの所にティアマトが近づいてくる)

(ティアマト:中央左 アイク:中央右)

[アイク]
……▼
[ティアマト]
どうしたの、アイク?
さっきから黙りこんで。▼
[アイク]
親父の真意がわからない。
どうして新米の俺に、
この場を仕切らせようとする?▼
[ティアマト]
…あなたは、
グレイル団長の後を継ぐ人。▼
たぶん、人を動かすことを
学ばせたいんだと思うわ。▼
[アイク]
俺に、そんな器があるのか?
いや、例えあったとしても
遠い先の話じゃないか。▼
今の俺は経験も力もない……
ただのガキだ。▼
[ティアマト]
そうね。きっと、遠い先の話…
でも、そのための準備は
早いにこしたことはないわ。▼
力がないと思うなら
少しでも早く一人前になる事よ。▼
期待してくれる
グレイル団長のためにも、ね。▼
[アイク]
ああ……。▼

(ティアマトとアイクが消える)

―――――――――――――――――――――――

状況確認

(全員がアイクの所に集まってくる)

(中央左にセネリオ、中央右にアイクが登場)

[アイク]
セネリオ、そっちの状況は?▼
[セネリオ]
ここと同じように
兵士の死体が散乱しています。▼
…王都からここまで、結構な数ですね。▼

(ティアマトが右端に登場)

[ティアマト]
クリミア兵のもの?▼

(キルロイ、左端に登場)

[キルロイ]
…鎧で見るかぎり、
デイン兵の方が、
ずっと多いみたいです。▼

(ガトリー左端に登場)

[ガトリー]
いえ、鎧で見るかぎり、
デイン兵の方が、ずっと多いっすね。▼
[セネリオ]
いえ、
数はデイン兵の方が多いようです。▼

―――――――――――――――――――――――

[アイク]
クリミアが優勢なのか?▼
[セネリオ]
その反対でしょう。
クリミア兵の鎧は近衛のものでした。▼
国王ラモンか、王家の誰かが…
移動中にデインの攻撃を受けたと
考えるのが自然です。▼
[ティアマト]
まさか…王弟レニング卿?▼
[セネリオ]
いえ、正規軍が戦っている以上
指揮をとるレニング卿が、
そこにいないとは思えません。▼
おそらく、それ以外の……▼

(キルロイ消え、ガトリーが左端に登場)

[ガトリー]
お、おい!デイン兵が
こっちに近づいてくるぞ!▼
[キルロイ]
あ!ど、どうしましょう… デイン兵がこちらに近づいてきます!
[アイク]

誰か来るぞ!▼

―――――――――――――――――――――――

(全員消える)

デイン軍登場

(デイン軍登場)

(マイジンが前に出てくる)

(マイジンが左端に登場)

[マイジン]
何者だ、貴様ら!?
こんなところで何をしている!▼

(ティアマトが中央右に登場)

[ティアマト]
私たちは怪しい者では…▼
[マイジン]
武器を所持する一団か――
全員、武装解除し我らに投降すればよし。
さもなくば……▼

(シノンが右端に登場)

[シノン]
おい、かんちがいすんじゃねえよ。
オレたちは別に――▼
[マイジン]
…おとなしく従う気はなさそうだな。▼
全兵、攻撃態勢に入れ!
この一団を駆逐する!!▼

(シノンが消える)

[ティアマト]
話を聞いてください。
我々は
クリミア軍とは何の関係も――▼
[マイジン]
…おとなしく従う気はなさそうだな。▼
全兵、攻撃態勢に入れ!
この一団を駆逐する!!▼

―――――――――――――――――――――――

[ティアマト]
くっ! なんて乱暴な…!!▼

(ティアマトが消え、セネリオが中央右に登場)

[セネリオ]
…戦闘に巻きこまれると、
後々、面倒なのですが……▼

(アイクが右端に現れる)

[アイク]
だが、むこうは
話を聞いてくれる気はなさそうだ。
応戦するぞ!▼

(両軍が戦闘配置につく)

アイクの戦術

―――――――――――――――――――――――

*難易度ノーマルのみの展開 *シノン生存時

[シノン](上)
さぁて、アイク。
お手並み拝見といこうか?▼
さっさと指示をだせよ。
てめえの言うとおりに動いてやるから。▼
[アイク](下)
……わかってる。
いま考えるから、
ちょっと待ってくれ、シノン。▼
[シノン](上)
ケッ▼
[アイク](下)
………
ここは、街道のど真ん中で
身を隠す場所がほとんどない……▼
体力のないセネリオ、キルロイを
敵からかばいながら戦う…か?▼
[セネリオ](上)
いいですね。
有効な策だと思います。▼
[アイク](下)
そうか?
じゃあ、それでいこう。▼

―――――――――――――――――――――――

*難易度ハード(以降も同様) *シノン生存時

[シノン](上)
さぁて、アイク。
お手並み拝見といこうか?▼
さっさと指示をだせよ。
てめえの言うとおりに動いてやるから。▼
[アイク](下)
……わかってる。
いま考えるから、
ちょっと待ってくれ、シノン。▼
[シノン](上)
ケッ▼
[セネリオ](上)
アイク、
戦い方についてなんですが…
何か考えをお持ちですか?▼
[アイク](下)
………
ここは、街道のど真ん中で
身を隠す場所がほとんどない……▼
体力のないセネリオ、キルロイを
敵からかばいながら戦う…か?▼
[セネリオ](上)
いいですね。
有効な策だと思います。▼
[アイク](下)
そうか? じゃあ、それでいこう。▼

―――――――――――――――――――――――

(戦闘準備画面に入る)

(戦闘開始)

進撃後

マイジン初戦時

[マイジン](上)
ちっ 傭兵どもめ、
意外にやる。▼
だが、いずれにせよ
我らデインの敵ではない!▼

アイクVSマイジン

[マイジン](上)
ふん
傭兵ふぜいが我らとまともに
張り合おうとはな。▼
身の程知らずもはなはだしい。▼
[アイク](下)
相手の話も聞かないで
一方的に仕掛けてくるってのが
デイン軍人のやり方か?▼
[マイジン](上)
……生意気な小僧だ。
死して、後悔するがいい。▼

ティアマトVSマイジン

[マイジン](上)
…クリミア軍には
王都を守る精鋭のほかは
ろくな者がおらぬようだった。▼
貴様は、どちらだ?
楽しませてくれるのだろうな?▼
[ティアマト](下)
私をクリミア正規兵だと思って
仕掛けてきたのなら…
それは誤解だわ。▼
私は何年も前に除隊している。
現在はただの傭兵で…▼
[マイジン](上)
そんなことはどうでもいい。
デイン人ではないおまえたちが
武器を所持し、この場に現れた。▼
それを排除する。他意はない。
さ、構えるのだ。▼
[ティアマト](下)
…戦いを避けられないなら、
全力でお相手するしかないわね。▼

セネリオVSマイジン

[マイジン](上)
…魔道士か。
ならば子供とて油断できぬな。▼
[セネリオ](下)
……戦いになってしまった以上……
あなたを本隊に帰すわけにはいかない。
……覚悟はいいですね?▼

マイジン撃破時

[マイジン](上)
ガッ…ハ…
貴様ら…デインに逆らった……
…こと……後悔…… … …▼

クリア後

戦闘結果

(背景:草原)

(ティアマト:中央左 アイク:中央右)

[アイク]
負傷者は?▼
[ティアマト]
行動に支障のある者は……
どうやら、いないみたいね。▼

(画面暗転)

(ティアマト:中央左 アイク:中央右)

[アイク]
ティアマト、大丈夫か?▼
[ティアマト]
……不覚をとったわ。
アイク、迷惑をかけたわね。▼
これからは…
戦闘には参加せず、お目付け役に徹するわ。▼
[アイク]
だが、ティアマト…▼
[ティアマト]
ごめんなさい……
…この傷では…もう………▼
[アイク]
………わかった。▼
[ティアマト]
…そんな顔、しないの。
……命があっただけでも…
私は運がよかったんだから……▼
[アイク]
…………▼

(画面暗転)

(セネリオ:中央左 アイク:中央右)

[セネリオ]
………すみません。
足をひっぱってしまって……▼
[アイク]
気にするな。
それより、傷の具合は?▼
[セネリオ]
…………▼
[アイク]
そうか……
じゃあ、これからは参謀に徹してくれ。▼
[セネリオ]
…!!
いいんですか?▼
[アイク]
いやか?▼
[セネリオ]
まさか…!
僕は… その……
もう…お払い箱になるのかと……▼
[アイク]
ばか言うなよ。
もともと参謀ってのは戦わないで
戦術を考えてくれるものなんだろ?▼
だったら何も問題ない。
親父だって、同じ考えだと思うぞ。▼
[セネリオ]
……ありがとうございます。
参謀として…力を尽くします……▼

(画面暗転)

(ティアマト:中央左 アイク:中央右)

[アイク]
………▼
[ティアマト]
…アイク……
気持ちはわかるけど………
…あまり、自分を責めてはだめ。▼
……相手が悪かったわ…
デインの正規兵と戦って……
…被害がでないわけがないもの……▼
[アイク]
…シノン(キルロイorガトリー)を……失うなんてな。▼
[アイク]
…シノンとキルロイ(ガトリー)を……失うなんてな。▼
[アイク]
キルロイ… ガトリー…
………シノンまで…失うなんてな。▼
[ティアマト]
この悔しさを忘れないで。
そして…次はもっと上手く戦うの。▼
…それが…失った仲間への
一番の手向けになるはずだから……▼
[アイク?]
……ああ…………▼

―――――――――――――――――――――――

武器漁り

(全員消える)

(シノンが左端に、ガトリーが中央右に登場)

[ガトリー]
しっかし、デイン兵をやっちまったのは
ちょっとやばいかもな……
って、シノンさん、何やってんすか?▼
[シノン]
こいつら、いい武器持ってるぜ。
死人にはもったいねえだろ?
いただいたって文句も言わねえしな。▼

(ガトリーが消え、アイクが中央右に登場)

[アイク]
おい、シノン!▼

(セネリオが右端に登場)

[セネリオ]
いいかげんにしてください!
そんなくだらないことを
している時間はありません。▼
[シノン]
くだらないことって、てめえ……▼

(セネリオが消え、ティアマトが右端に登場)

[ティアマト]
やめなさい!
味方同士でもめている場合?▼

―――――――――――――――――――――――

エリンシア発見

(画面暗転)

(背景:草原)

(アイク:中央右)

[アイク]
とにかく…ここを離れて砦に戻ろう。
親父に報告をしないとな。▼

(セネリオが中央左に登場)

[セネリオ]
こちらの道を行きましょう。
森を斜めに抜けることができたはず…▼ ……!▼
[アイク]
どうかしたか?▼
[セネリオ]
いえ、やはりこの道は……▼

(茂みの中で動くカサカサという音)

(キルロイが右端に登場)

[キルロイ]
アイク、今、あの茂みの向こうで
何かが動いたみたいだ!▼
[アイク]
負傷兵か?
行ってみよう。▼

(背景:森)

(キルロイ:中央左)

[キルロイ]
………▼

(アイクが中央右に登場)

[アイク]
キルロイ、何か見つかったか?▼
[キルロイ]
……女の人が…▼

(セネリオが右端に登場)

[セネリオ]
…放っておきましょう。
余計な事に関わらない方がいい。▼

(エリンシアが左端に登場)

[エリンシア]
……う…… ……▼

(エリンシアが消える)

[キルロイ]
よかった。
気絶しているだけのようだね。▼

(キルロイが消える)

[アイク]
よし、連れて帰って手当てしよう。
キルロイ、手を貸してくれないか?▼

(キルロイが中央左に登場)

[キルロイ]
いいよ。▼
[セネリオ]
……▼

(ティアマトが右端に登場)

[ティアマト]
アイク、今、あの茂みの向こうで
何かが動いたわ!▼

(背景:森)

(ティアマト:中央左)

[ティアマト]
………▼

(アイクが中央右に登場)

[アイク]
ティアマト、何か見つかったか?▼
[ティアマト]
……女の子が…▼

(セネリオが右端に登場)

[セネリオ]
…放っておきましょう。
余計な事に関わらない方がいい。▼

(エリンシアが左端に登場)

[エリンシア]
……う…… ……▼

(エリンシアが消える)

[ティアマト]
よかった。
…気絶しているだけのようね。▼

(ティアマトが消える)

[アイク]
よし、連れて帰って手当てしよう。
ティアマト、手を貸してくれないか?▼

(ティアマトが中央左に現れる)

[ティアマト]
わかったわ。▼
[セネリオ]
……▼

――――――――――――――――――――――



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-16 (木) 19:17:36