章別会話


オープニング

知られざる王女

【傭兵団の砦】

(マップ画面、中央奥の建物の中からミストが出てくる)

(背景:砦内、画面中央左:ミスト、中央右:グレイル、右端:アイク)

[ミスト]
お父さん! お兄ちゃん!
あの女の人、目が覚めたよ!▼
[アイク]
!▼
[グレイル]
…よし、会いに行くか。▼

(暗転)


(背景:室内、画面左端:エリンシア、中央右:グレイル)

[グレイル]
具合はどうだ?▼
[エリンシア]
え、あ…
はい、大丈夫です……
あなたは?▼
[グレイル]
俺はグレイル。傭兵団の長だ。▼
[エリンシア]
グレイル様…
私を助けてくださったのですね?
なんとお礼を申し上げればよいか…▼
[グレイル]
おっと。あんたを見つけて連れ帰ったのは、
息子のアイクだ。
礼ならこいつに言ってやってくれ。▼

(右端にアイク登場)

[アイク]
いや、俺は別に…▼
[エリンシア]
アイク様ですね…?
ありがとうございます。▼
[アイク]
ああ…▼
[グレイル]
さっそくで悪いが、聞きたいことがある。
あんたは一体、何者なんだ?
何故あんな場所に倒れていた?▼
[エリンシア]
……▼
[グレイル]
あんたを拾ったあたりは、
クリミア近衛騎士とデイン軍が
激しく、ぶつかりあったところのようだ。▼
……あんたは、クリミア王家ゆかりの者か?▼
[エリンシア]
……▼
[アイク]
ひょっとしたら俺達が
力になれるかもしれない。話してくれないか?▼
[エリンシア]
……私を救ってくださった、
あなた方を…信じます。▼
私は、エリンシア・リデル・クリミア。
クリミア王ラモンの娘です。▼
[アイク]
!!▼
[グレイル]
クリミアの…王女だというのか?▼
[エリンシア]
はい。▼
[グレイル]
そいつは、妙な話だな。
クリミア王に子供がいたなど
聞いたことがないぞ。▼
[エリンシア]
…それは…そうでしょうね。
私の存在は、公にされていませんから。▼
[アイク]
なぜだ?▼
[エリンシア]
国の混乱を避けるためです。▼
私は、次期国王にレニング叔父様を、と
決定された後に生まれたのです。
ですから……▼
[グレイル]
王位継承で骨肉の争いを避けるため、か。
ふん、ありそうな話だな。▼
それじゃあ、あんたが仮に
本物のクリミア王女だとしよう。▼
国王や王弟がどうなったか
知っているなら、教えてもらいたい。▼
[エリンシア]
……………
父も母も……亡くなりました……
デイン国王アシュナードの手にかかって…▼
レニング叔父様と王宮騎士団の者は、
今尚、デイン勢を相手に
戦っているのだと…思います。▼
[グレイル]
そうか。▼
[エリンシア]
……私は、城の外へ逃れました……
レニング叔父さまの言いつけに従って
ガリア王国へ向かうために……▼
[グレイル]
ガリアに?▼
[エリンシア]
…国王カイネギス様が、
私たちを受け入れてくれるはずだから、
先に向かうようにと……▼
でも、デイン兵に見つかり
護衛の騎士たちを失いました……▼
今、私の命があるのも……
……騎士たちが…その命をかけて……
……………………▼
[アイク]
……デイン王は、あんたのことを
知っているのか?▼
[エリンシア]
はい。何か起きた時のため、
各国の王族にのみ知らされていると聞きます。▼
[グレイル]
ならば、今も血眼になって
あんたを捜しているということか…▼
[アイク]
……▼
[エリンシア]
グレイル様、アイク様…
あなたがたは傭兵だとおっしゃいましたね?▼
私を…
ガリアへ逃がしていただけませんか?▼
お願いします! 私には…
もう…頼る相手がいないのです。▼

(暗転、マップ画面:夜の砦、暗転)


(背景:室内、画面中央左:ティアマト、中央右:アイク)

[ティアマト]
クリミアの王女?
本当に?▼
[アイク]
親父は本物だと考えているような
口ぶりだったな。▼
[ティアマト]
そう…▼
[アイク]
ティアマト、どうかしたのか?▼
[ティアマト]
ううん、なんでもないのよ。
少し…昔のことを考えていたの。▼
[アイク]
昔? ティアマトが
王宮騎士だったころのことか?▼
[ティアマト]
! どうして、それを知っているの!?▼
[アイク]
ずっと前に、
シノンたちが噂しているのを聞いた。▼
[ティアマト]
もう…口が軽いんだから。▼
[アイク]
秘密だったのか?▼
[ティアマト]
そうじゃないけど…
アイクより多くの経験を積んでいる分、
心配事も沢山あるのよ。▼
[アイク]
クリミア王女のこととか?▼
[ティアマト]
そう…ね。私自身は
王女のことは知らなかったけど……▼
言われてみると、彼女の容姿は
国王陛下夫妻のどちらにも…よく似ているわ。▼
[アイク]
じゃあ、やっぱり本物なんだろうな。
…親父はどうするつもりだろう。▼
王女の依頼を請けるのか…▼

(左端にヨファ登場)

[ヨファ]
た、大変だよ!
外に、兵隊がいっぱい……▼
[アイク]
なんだって!?▼

(暗転、マップ画面:夜の砦、暗転)


デイン軍からの要求

(背景:室内)

(中央左:グレイル、中央右:ティアマト)

[グレイル]
みんな集まったか?▼
[ティアマト]
はい。▼


(右端にシノン登場)

[シノン]
団長、デインの連中は
なんて言っているんだ?▼
[グレイル]
…クリミア王女をただちに引き渡し、
この地を去れ。さもないと攻撃を開始する――――
だ、そうだ。▼

(シノン消える)


[グレイル]
デイン軍から通告があった。▼
『クリミア王女をただちに引き渡し、
 この地を去れ。さもないと攻撃をする』
だ、そうだ。▼

___________________________________


(右端にガトリー登場)

[ガトリー]
ど、どうするんっすか?▼
[グレイル]
それを、これから決める。
ただ、連中が来た事で
1つだけ、はっきりした事がある。▼

(ガトリー消える)


[グレイル]
どうするかは、これから決める。
ただ、連中が来た事で
1つだけ、はっきりした事がある。▼

___________________________________

(右端にセネリオ登場)

[セネリオ]
彼女が…
本物のクリミア王女だという事ですね。▼
[グレイル]
団そのものを左右する問題だ。
ここにいる全員の意見を聞きたい。▼
まずは、ティアマト。
[ティアマト]
今回の戦いは、デインに非があります。
それを承知で味方すれば、
団の名に傷がつくでしょう。▼
将来、依頼主たちに与える信用を考えても、
ここはクリミア王女を送り届け、
名声を高めるべきだと考えます。▼
[グレイル]
セネリオはどうだ。▼
[セネリオ]
考えるまでもありません。
王女をデインに引き渡すべきです。▼
[グレイル]
義はクリミアにあってもか?▼
[セネリオ]
われわれは傭兵です。
傭兵は利によって動くもの。▼
わが団の安全を確保し、
さらに勝者のデインに恩を売る。
これほど利のある話もないと思われますが。▼

(ティアマト・セネリオが消える)


(中央右にシノン、右端にガトリー登場)

[グレイル]
シノン、ガトリー?▼


[グレイル]
シノン(ガトリー)、おまえは?▼


[シノン]
セネリオのガキは気にくわねえが、
そっちに賛成。▼
大体、行き先がガリアって時点で、
ありえねぇ話だ。▼
あんな半獣どもの国、いくら金を積まれても
ごめんこうむりますよ。▼


[ガトリー]
エリンシア姫か~…
ああいう美女って感じも悪くないんだけど、▼
好みとしては、もうちょい可愛いほうが、こう…
じゃなくって!▼
おれは団長が決めたことに従います! はい。▼

(シノン・ガトリーが消える)

(*シノン・ガトリー死亡時―ここの掛け合いはなし)

___________________________________

(中央右にオスカー、右端にボーレ登場)

[グレイル]
オスカー、ボーレ
おまえたちは?▼


(中央右にオスカー、右端にボーレ登場)

(生存している方が登場)

[グレイル]
オスカー(ボーレ)は?▼


[オスカー]
副長の意見に賛成です。▼
…王女をデインに引き渡すということは、
その命をも引き渡すことになりますから。▼
(ボーレ死亡時に追加)
もしこの場にいれば、
ボーレも同じ意見だったと思います▼


[ボーレ]
おれも、助ける方に賛成。
そっちの方が、だんぜんカッコいいって!▼
(オスカー死亡時に追加)
兄貴が生きてたら、王女をデインに
引き渡すなんて絶対しねえはずだし!▼

(オスカー・ボーレ消える)

___________________________________

[グレイル]
キルロイ、おまえは?▼
[キルロイ]
僕は…彼女が王女であるかどうかは
関係ないと思います。▼
困っている人を見捨てることなど…
すべきではないと…そう考えます。▼

(中央右にヨファ登場)

[ヨファ]
そうだよ!
助けてあげようよ!▼

(左端にミスト登場)

[ミスト]
わたしからも、お願い!▼


[グレイル]
ミスト、ヨファ?▼

(左端にミスト登場)

[ミスト]
わたしからも、お願い!
助けてあげて!!▼

(中央右にヨファ登場)

[ヨファ]
そうだよ!
かわいそうだよ!▼

(キルロイ・ミスト・ヨファ消える)

___________________________________

(中央右にアイク登場)

[グレイル]
アイク、おまえはどうだ?▼
[アイク]
…ティアマトの意見に賛成だ。
王女を助け、ガリアを目指そう。▼
[グレイル]
なるほど。みんなの意見はよく分かった。▼
……▼
では、決を伝える。▼
(右端にセネリオ登場)
われわれは、王女をガリアまで護衛する。▼
[セネリオ]
……▼

(セネリオが消える)


(右端にシノン登場)

[シノン]
…ちっ。▼

(シノン消える)

___________________________________

[アイク]
……本当に、それでいいのか?
親父。▼
[グレイル]
ああ。
どっちみち、選択の余地は
なくなったようだからな。▼
[アイク]
え?▼

(アイク消える)

[グレイル]
耳をすませてみろ。
ほら、全員だ。▼


(右端にボーレ登場)

[ボーレ]

……つっても。▼

(ボーレ消える)


(中央右にガトリー登場)

[ガトリー]
??
何も聞こえないけどな。▼

(ガトリー消える)


(右中央にアイク登場)

[アイク]
?▼
特に何も聞こえないが……▼

(アイク消える)

___________________________________

(右端にシノン登場)

[シノン]
バカ野郎! それが問題なんじゃねえか。
おかしいと思わねえか?
四方全てから、音がしねえなんてよ。▼

(シノン消える)


[グレイル]
よく考えてみろ。
静かすぎると思わないか?▼

___________________________________

(中央右にガトリー登場)

[ガトリー]
あ、そういうことっすか!▼

(ガトリーが消える)


(右端にオスカー登場)

[オスカー]
…獣たちだけでなく、虫の声まで聞こえない。
これは、いくらなんでもおかしい。
つまり……▼

(右端にセネリオ登場)

[セネリオ]
…獣たちだけでなく、虫の声まで聞こえません。
つまり、周囲はすでに……▼

(中央右にアイク登場)

[アイク]
デイン兵に囲まれた!?▼

(アイク・オスカー(セネリオ)が消える)

(中央右にティアマト登場)

[ティアマト]
どうやら、最初から
約束を守る気なんてなかったようね。▼

(右端にセネリオ登場)

[セネリオ]
我々を油断させ、
この砦ごと始末というところでしょうか。▼
[グレイル]
だろうな。
だが、こちらも
それに乗ってやるほど甘くはない。▼
全員、配置につけ!
一気に片づけるぞ!!▼

(画面暗転)

進撃前

(マップ画面:全員建物の入り口前に出てくる)

[グレイル](上段)
裏口は、俺が押さえてこよう。▼
アイク! ここはまかせたぞ。
入口を敵に奪われるな。▼
[アイク](下段)
…わかった!
気をつけろよ、親父!▼
[グレイル](上段)
フッ そうしよう。▼

(暗転、マップ画面:グレイル裏口に移動する)

[デイン兵](上段)
報告します!
傭兵どもが武装し、
砦の入口に現れました!!▼
[ダッコーワ](下段)
ほぅ…こちらの計略が
気取られたか?▼
だとすれば、一筋縄では
いかん相手らしい。▼
[デイン兵](上段)
作戦は続行しますか?▼
[ダッコーワ](下段)
…いや、砦には
クリミア王女が匿われている。▼
火矢を射かけさせ、
いぶし出す作戦では、
王女に負傷させる恐れがあったからな。▼
できるだけ、無傷のまま
連行せよとのお達しだ。▼
奴らが自ら出てきたというのであれば、
むしろ好都合。
王女以外は全員抹殺せよ!▼
[デイン兵](上段)
はっ!!▼

進撃後

ダッコーワ参戦時

[ダッコーワ](上段)
…どうなっている!?
完全に包囲したはずでは
なかったのか!▼

アイクでダッコーワ攻撃時

[アイク](上段)
…あんたが
この部隊の指揮官だな?▼
今すぐ撤退命令を出すなら…
命まではとらない。▼
[ダッコーワ](下段)
………図にのるな!
この傭兵風情がっ!!▼

ダッコーワ撃破時

[ダッコーワ](上段)
し、信じられん……
いったい何が……起き……▼
[デイン兵](上段)
ダッコーワ将軍!▼
ま、まさか…将軍が……
こんな傭兵どもごときに…
認めるわけにはいかん!▼
ええい! かかれ!!
ここより生きては戻れんぞ!▼

セネリオ死亡時

[セネリオ](上段)
っ……!▼
……こんな、ところで……!▼
[アイク](下段)
退け、セネリオ!
それ以上無理はするな!▼
[セネリオ](上段)
ですが、アイク……!▼
[アイク](下段)
おまえは後方で参謀に徹してくれ。
おまえの策があれば
俺は大丈夫だ。そうだろう?▼
[セネリオ](上段)
わ……わかりました……
どうか……お気をつけて……!▼

6ターン目終了後(ダッコーワ死亡の場合)

[デイン兵](下段)
ダッコーワ将軍を失い、
兵を失い…
も…もはや限界か…▼
退却だ! すみやかに退却せよ!▼

(暗転)

6ターン目終了後(ダッコーワ生存の場合)

[ダッコーワ](下段)
くっ…ここまで粘るとは…
こやつら、いったい何者だ…!?▼
…相手の力量を知るも、
戦略の1つなれば…▼
退け! 兵たちよ!!
ここはひとまず退くのだ!▼

(暗転)

マップクリア後

脱出

(背景:夜の砦)

(中央左:セネリオ 中央右:アイク)

[セネリオ]
付近から、敵の姿がなくなりました。▼
[アイク]
これで完全に、デイン王国を
敵にまわしたというわけだな。▼

(セネリオ・アイク消え、左端にグレイル登場)

[グレイル]
休んでる暇はないぞ。
全員、荷物をまとめろ!
敵の増援が来ないうちに脱出する!▼


(中央右にオスカー登場)

[オスカー]
了解しました!
ボーレ、こっちだ。▼

(右端にボーレ登場)

[ボーレ]
あいよ、兄貴!▼

(オスカー・ボーレ消える)

___________________________________

(中央右にミスト登場)

[ミスト]
わわっ、わたしたちも急がなきゃ!
行こ、ヨファ!
日持ちする食べ物、いっぱい詰めこまないと!▼

(右端にヨファ登場)

[ヨファ]
う、うん。
ミストちゃん!▼

(ミスト・ヨファ消える)

___________________________________

(右端にティアマト登場)


[グレイル]
ティアマト!
おまえはシノンとガトリーを連れて先行し、▼
この砦から、ガリアへ続く樹海までの
安全路を確保してくれ。▼


[グレイル]
ティアマト!
おまえはシノン(ガトリー)を連れて先行し、▼
この砦から、ガリアへ続く樹海までの
安全路を確保してくれ。▼


[グレイル]
ティアマト!おまえは先行し、▼
この砦から、ガリアへ続く樹海までの
安全路を確保してくれ。▼

___________________________________

[ティアマト]
了解しました!▼

(ティアマト消える)


(右端にキルロイ登場)

[グレイル]
キルロイは、こっちだ。▼
書棚から、必要な書類を
選り分けるのを手伝ってくれ。
残りは全て燃やすぞ。▼
[キルロイ]
は、はい!▼

(キルロイ消える)

___________________________________

(中央右にアイク登場)

[グレイル]
アイク! 王女のことは
おまえにまかせるぞ。▼
[アイク]
わかった。▼

(グレイル消え、中央左にエリンシア登場)

[アイク]
エリンシア姫!
俺は、あんたの分の馬を用意してくる。
あんたは… そうだな、倉庫に行ってくれ。▼
[エリンシア]
え……▼
[アイク]
ミストたちの手伝いをしていれば…
ただ待ってるより、
気がまぎれるんじゃないか?▼
[エリンシア]
! はい!
わかりました!▼

(画面暗転)

母の形見

(背景;倉庫内、中央左:エリンシア、中央右:ミスト)

[ミスト]
うーん なんか申し訳ないなぁ。
エリンシアさまにまで手伝わせるなんて。▼
[エリンシア]
気にしないで、ミストちゃん。
それより、かえって足手まといに
なっていないといいんだけど……▼
[ミスト]
全っ然!
わたしなんかより、
よっぽどテキパキしてて助かります!!▼
でも…お姫様って、こんなに何でも
できるものなんですか?▼
[エリンシア]
フフ 私は離宮育ちだから、
普通のお姫様の生活とは違ったのかも。
お料理、お洗濯、お裁縫…なんでもしたのよ。▼
[ミスト]
へぇ~ 意外だなあ。
そんな風には見えないです。▼
[エリンシア]
他にも、乗馬や剣の稽古だって……▼
あら、ミストちゃん。
その胸元は……?▼
[ミスト]
え!? あ、えと…▼
[エリンシア]
?▼
[ミスト]
……エリンシアさまになら、
見せてもいいかな……▼

(暗転、ミストが両手の上にメダリオンをのせて見せる)

[エリンシア]
まぁ…
青銅の…メダリオンね?
この光は何かしら。▼
[ミスト]
お母さんの形見なんですけど。
うーん、…なんだろ、この光?▼
今までこんなことなかったのになぁ。
このあいだ、とつぜん光りだして…▼
[エリンシア]
不思議なこともあるのね。
だけど…… とてもきれいな光。▼
[ミスト]
ほんと、なんなんでしょう?▼ (暗転)

デインの軍規

(背景:城内、中央左:プラハ、中央右:黒衣のデイン兵)

[プラハ]
はぁ!? 今なんて言ったんだい?
あたしの耳はおかしくなったのかねぇ、
『逃げられた』って、そう聞こえたよ。▼
[黒衣のデイン兵]
…どうやら、たかが傭兵ごときと
甘く見すぎたようです。▼
ダッコーワ将軍を討ち取るほどの、
強敵に対し、我ら一兵卒では、
かなうべくもなく……▼
[プラハ]
で? おめおめ尻尾を巻いて
敵前逃亡してきたってわけだね?▼
デイン軍規を忘れたとは言わせないよ。▼
成功か失敗。生か死。
おい、おまえ、こいつを連れて行きな!▼

(右端に緑衣のデイン兵登場)

[緑衣のデイン兵]
はっ!
さあ、来い。▼
[黒衣のデイン兵]
うわあぁぁ!
い、いやだ! 
死にたくないっ!!▼

(2人のデイン兵消える)

_____________________________________

(背景:城内、中央左:プラハ、中央右:ダッコーワ)

[プラハ]
はぁ!? 今なんて言ったんだい?
あたしの耳はおかしくなったのかねぇ、
『逃げられた』って、そう聞こえたよ。▼
[ダッコーワ]
プ、プラハ将軍。
まことに面目なく……▼
[プラハ]
面目? そんなのどうだっていいんだよ。
デイン軍規を忘れたとは言わせないよ。▼
成功か失敗。生か死。
おい、おまえ、こいつを連れて行きな!▼

(右端にデイン兵登場)

[デイン兵]
はっ!
さあ、来い。▼
[ダッコーワ]
お、お待ちください!
プラハ将軍、お慈悲を……!!▼

(ダッコーワとデイン兵消える)

___________________________________

(以下の会話は共通)

[プラハ]
ったく。どいつもこいつも、
まともに使えないねぇ。▼
イナ!▼
(右端にイナ登場)
小娘と傭兵団を追うには
どっちに向かえばいいか考えな。▼
[イナ]
………クリミア王都メリオルは
既にアシュナード様の手中……
クリミア軍残党も残りわずか…▼
…すなわち、王女の逃亡先は、
南のガリア王国しか考えられません。▼
[プラハ]
ハッ 亡き国王ともども
親子そろって、あの毛だらけ“半獣”と
慣れあおうってわけかい。▼
まったく物好きにも
限度ってもんがあるだろうに。▼
[イナ]
ガリア領内に逃げこまれると…
王女を捕らえることは、困難になります。▼
…護衛についたという傭兵団は…
あなどれない相手のようです。▼
至急、情報を集めて…▼
[プラハ]
その必要はない。
王女追跡には、あたしがでる。▼
[イナ]
プラハ将軍、御自ら…ですか?▼
[プラハ]
王女の行き先がわかってんなら、
小細工は不要だ。追いかけて潰せばいい。▼
傭兵団? ハッ それがどうしたってんだい。
このプラハ様が出向くんだ。▼
どんな相手だろうと、しくじりようがないさ。
ククク……▼

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-16 (木) 19:11:54