章別会話


ナレーション

<ワールドマップ>

アイクたちは、マレハウト山岳に
囲まれた渓谷で
ガリア王カイネギスと再会する。▼

途中合流した
フェニキス王ティバーンが
もたらした言葉は、▼

もはやアシュナードとの対決の場をもつのに
一刻の猶予もないのだと示していた。▼

国に戻るカイネギスが残したガリア軍、
ティバーン率いるフェニキス部隊が
新たに加わったクリミア軍は▼

ベグニオンを出発した時の
ほぼ三倍近い兵力となっていた。▼

それでも尚、クリミア城を占領する
デイン軍主力はいまだ力を残し、
数的優位は揺らいでいない。▼

さらに、ここから
王都奪還へ至る道には
二つの大きな関門が待っていた。▼

ピネル砦とナドゥス城である。
この拠点をいかに攻略するかが
戦いの行方を左右するのである。▼

オープニング

第26章 激突

(クリミア王城) (背景:クリミア城内、玉座の間)

[アシュナード](左端)
…そうか、クリミア軍が
とうとうガリアと合流したか。▼
[漆黒の騎士](右端)
更に、サギの姫の一件で
フェニキス軍も加わった様子…▼
[アシュナード]
ほう、タカ王が…▼
[漆黒の騎士]
これにより、ここ
クリミア王都に集結しつつある
デイン軍本体との兵力の差は…▼
かなりつまってきたと言えましょう。▼
依然、我がデイン優勢という
事実を覆すほどではありませんが。▼
[アシュナード]
く、くくくくく
面白くなってきたではないか…▼
だが、まだだ。▼
…我が軍の兵を2つに割り、
一方をぶつけよ。▼
[漆黒の騎士]
……指揮は、
誰にとらせましょう?▼
[アシュナード]
ベウフォレスに。▼
[漆黒の騎士]
あの者ですか…▼
[アシュナード]
不満か?▼
そうだな…おまえに任せて
どのような行動にでるか見るのも悪くはないが…▼
くくくくく▼
[漆黒の騎士]
…わたしが裏切るとお思いですか?▼
[アシュナード]
心にないことではあるまい?▼
[漆黒の騎士]
……おたわむれを。▼
では、早急に軍を編成し直し、
ベウフォレス指揮下で
クリミア軍にぶつけるよう手配します。▼
それでよろしいでしょうか?▼
[アシュナード]
まかせる。▼
[漆黒の騎士]
……それから、王よ。
私の留守中に、イナの
始末を命じられたとか?▼
[アシュナード]
……イナか、
すっかり忘れておったわ。▼
デイン王都にて敗れた時点で
興味を失ったからな。▼
確かに、プラハに
そう命じた覚えがあるぞ。▼
手に余るようなら、
捕らえるだけでもよいとな。▼
[漆黒の騎士]
なるほど。▼
[アシュナード]
それが、どうかしたのか?▼
[漆黒の騎士]
プラハ将軍配下の者により、
捕らえられていたようです。▼
が、将軍亡き後、処遇に困ったようで
この私の方へまわされてきましたので……▼
[アシュナード]
くく プラハの良いところは、
我の命令を、忠実にこなすところだったな。▼
で、どうするつもりだ?▼
[漆黒の騎士]
王のご指示を賜りたい。▼
始末するというお気持ちに
変わりないようでしたら、
早速そのように致しますが?▼
[アシュナード]
……好きにせよ。
ただし、我の元には戻らせぬようにな。▼
あやつが近づくと、ラジャイオンの
気が乱れるのでな……▼
[漆黒の騎士]
御意。▼

(暗転)

(背景:天幕内)

(中央左:アイク、中央右:セネリオ)

[アイク]
…みんな集まったな。
よし、セネリオ、
始めてくれ。▼
[セネリオ]
はい。▼

(背景:ワールドマップ)

[セネリオ]
この地図をご覧ください。▼
我が軍の現在いる場所がここ、
マレハウト山岳です。▼
……ここから王都に至る道にある
敵の防御拠点は大きく2つ…
ピネル砦とナドゥス城です。▼

*ルキノ&ユリシーズ&ジョフレが全員生存時

(砦と城に矢印)

[ユリシーズ]
これらは、我がクリミアが対外防御のために
備えたものですが…▼
こうして敵の手に渡ってしまうと、
やっかいなことこの上ございませんな。▼
しかも、デインの方が有効かつ
理想的な布陣をしいているとは…
いやはや、まいりますな。▼
[ジョフレ]
おい、ユリシーズ!
敵を褒めてどうする。▼
[ユリシーズ]
本当のことなのだから
仕方なかろう?▼
[ルキノ]
2人とも、うるさいわ。
黙ってて。▼
[ジョフレ]
…………▼

*ルキノ&ユリシーズ&ジョフレのいずれかが死亡時

(砦と城に矢印)

[セネリオ]
これらは、クリミアが対外防衛のために
備えたものですが…▼
こうして敵の手に渡ってしまうと、
少々、やっかいです。▼

[アイク]
この2つは距離が近い。
1度に攻めることができれば
いいんだろうが……▼
[ティアマト]
今の兵力では、もたないでしょうね。
といって、一方に攻め込んだ途端、
挟み撃ちになるというのも困るし……▼
[セネリオ]
軍を2つに分けることはできませんが、
敵の守りの薄いほうに、ある程度の兵力を割き、
牽制するだけでも効果があるでしょう。▼
その間に、本軍はもう一方を徹底的に攻め、
これを落としてしまいます。▼

(背景:天幕内)

(中央右:アイク、右端・:セネリオ)

[アイク]
なるほど…▼
で、兵が多いのはどっちだ?▼
[セネリオ]
ピネル砦ですね。▼

`(左端にティバーン現れる)

[ティバーン]
じゃあ、本軍が攻めるのは
ピネル砦ってことになるな。▼
俺のフェニキス軍に
ガリアの一部隊を貸してくれたら、▼
ナドゥス城に出向いてって
適当に攻撃を仕掛けとくぜ。▼
相手が出てきたら、退く…を
繰り返せば、牽制にはなるだろう。▼
[アイク]
そうしてもらえると助かる。
日暮れまでに決着をつけておく。
ピネル砦で落ち合おう。▼
[ティバーン]
決まりだな。▼

(戦況報告画面へ)

【情報】

<兵士 ☆☆>

(背景:天幕内)

(左端:兵士、中央右:アイク)

[クリミア兵]
将軍、少しよろしいでしょうか?▼
[アイク]
なんだ?▼
[クリミア兵]
どうしても勝てない敵が
目の前にいるとします。▼
その場合… 戦闘力の低い我らは
どう対処すればよろしいでしょうか?▼
せめて、将軍たちの
足手まといにならぬよう、
退いたほうがよいのでしょうか?▼
それとも…命を賭しても、
相手に一撃なりを加えるべきでしょうか?▼
[アイク]
……圧倒的に力差のある敵将なら、
無理をしてぶつかる必要はない。
ただ、はなからあきらめないで、▼
相手の特徴を見極め、
本当に逃げるしか手はないのか
確かめるくらいはしたほうがいい。▼
[クリミア兵]
特徴を…ですか。▼
[アイク]
そうだ。例えば…
相手がどんな兵種で、
どんな武器を装備しているか、とかな。▼
そうすれば有効な攻撃法が
見つかるだろう?▼
[クリミア兵]
戦術の、基本中の基本ですね。▼
……でも、確かに……
戦いをこなすほど…基本が
ないがしろになっていたかもしれません。▼
…少し、希望が見えました。
どうもありがとうございました!!▼
[アイク]
……ああ。▼

(暗転)

<ティバーン ☆>

(背景:天幕の外、夜間)

(中央左:ティバーン、中央右:リュシオン、右端:アイク)

[アイク]
もう、出発するのか?▼
[ティバーン]
ああ。まずは偵察がてら、
デインの奴らと遊んでやるぜ。▼
[アイク]
頼む。▼
[ティバーン]
まかせておけ。▼
[リュシオン]
ティバーン…▼
[ティバーン]
すまんな、リュシオン。
リアーネのことは、完全に俺の失態だ。▼
[リュシオン]
…あなたのせいじゃない。
謝らないで下さい…▼
……リアーネはきっと大丈夫。▼
【負】の気に満たされた戦場でも…
ほんの、かすかにですが……
リアーネの気配を感じます。▼
[ティバーン]
それなら、尚更…▼
一刻も早く助けてやらんとな。
別の手も打ってはいるが…
デインをぶっ潰せば確実だ。▼
[リュシオン]
ええ。▼
[アイク]
…リュシオンの▼
リアーネの気配を感じるっていう、
その不思議な力は…
サギの民、特有のものなのか?▼
[ティバーン]
少なくとも、
俺たちタカの民にはないようだがな▼
[リュシオン]
ティバーン。種族による差があるだけで…
ラグズなら誰でも少なからず
もっているはずの能力です。▼
[ティバーン]
…じゃ、俺が鈍いだけか。▼
[リュシオン]
強い力を持つのは……
鳥翼族では、私たちサギの民。▼
獣牙族なら…サギほどではないにしろ、
猫の民が長けていると聞きます。▼
そして、竜鱗族は…
恐らく私たち同等、もしくはそれ以上の
能力を持つという話です。▼
[アイク]
ひとくくりにラグズといっても、
思った以上に、差があるんだな。▼
[ティバーン]
見たまんまってことだ。
化身した姿は、どの種族も似ていないだろ?▼
[アイク]
なるほど…▼
[ティバーン]
じゃあ、俺の部隊はもう行くぜ。▼
[アイク]
ああ、また後でな。▼
[リュシオン]
ティバーン、
武運を祈っています。▼
[ティバーン]
そっちもな。
無理はすんなよ。▼

(ティバーン消える)

[リュシオン]
………………▼
[アイク]
……リュシオン。▼

(リュシオン、画面左に移動)

[リュシオン]
すまない、アイク。
これからという時に……
こんなことに…なって………▼
[アイク]
あんたが謝ることじゃない。
…………無理をするな。▼
[リュシオン]
………ああ……▼
……………………▼
[アイク]
…………▼

(暗転)

進撃前

(背景:天幕の外、昼間、中央左:アイク、右端:エリンシア)

[エリンシア]
アイク様。▼
[アイク]
エリンシア姫…
!?▼

(暗転)

(背景:一枚絵、アイクと向かい合うエリンシア、天馬)

[アイク]
どうしたんだ、その格好?▼
[エリンシア]
私も戦列に加えていただこうと
思いまして…▼
[アイク]
それ、天馬か?▼

*ルキノ&ユリシーズ&ジョフレが全員生存時

[エリンシア]
はい。
私の曾お婆様の形見なのです。▼
私にうまく扱えるか不安ですが…
とにかく、やってみます。▼
[アイク]
だが、そんな危険なことを
あんたのお付きたちは
許さないんじゃないか?▼
[エリンシア]
それは……▼
[アイク]
いいのか、ジョフレ?▼
[ジョフレ]
……わたしの個人的な気持ちでは
反対なのだが、▼
姫のたっての
ご希望でもあることだし……▼
[ルキノ]
それに、姫の曾祖母たるお方は、
ベグニオンよりお輿入れされた
立派な聖天馬騎士であったと伺います。▼
エリンシア様は、
乗馬も剣もお上手でしたし…▼
いざという時に、
ご自身でも、戦えるほうがよいのでは
ないかという結論に達しました。▼
[ユリシーズ]
クリミア王家が所有していた
聖天馬と装身具一式……▼
これまで、お使いになられる方は
いらっしゃらなかったのですが…▼
いやはや、我が姫が
これほど似合われるとは!▼
まるで、姫のためにあつらえたようでは
ありませんかな。▼

(暗転)

(背景:天幕の外)

(中央左:アイク、中央右:エリンシア、右端:ユリシーズ)

[アイク]
よく、敵の手に渡らなかったな…▼
[ユリシーズ]
……レニング様が、姫のために
必要になるだろうとおっしゃられ、
吾輩が王宮より連れ出しました▼
レニング様は、最期のその時まで
姫のことをお気にかけておいででした。▼
『自分の信ずるままに進め』と、
そうおっしゃられて……▼
[エリンシア]
……叔父様はいつでも、
私の一番の理解者でした…▼
こんな格好をしたからといって、▼
経験のない私が、いきなり
みなさまと同じように戦えるとは
思っておりません……▼
ですが…後方で何もせず
じっとしているのは……
不安で胸が押しつぶされそうです。▼
戦いで役に立てなかったとしても…
回復の杖をもって……▼
傷ついた兵士を1人でも多く
救うことができたらと……▼
お願いですアイク様。
私、ぜったいに無理はしません。▼
[ジョフレ]
アイク殿、姫は私たちが
責任をもってお守りします。▼
[ルキノ]
姫のお心をどうか……▼
[アイク]
……俺が許すとか
許さないとか言う問題じゃないだろ?▼
姫がそうすると決めたなら、
俺はそれに従うまでだ。▼
くれぐれも気をつけてな。▼
[エリンシア]
あ、ありがとうございます!!▼
[ユリシーズ]
ささ、では参りますかな。
姫の初陣にございますぞ!▼

(暗転)


*ルキノ&ユリシーズ&ジョフレのいずれかが死亡時

[エリンシア]
はい。▼
…この天馬と、鎧と剣…
これらは全て、
私の曾お婆様の形見なのです。▼
臣下たちが王宮より落ち延びる際、
連れて逃げることに成功したそうです。▼
私に上手く扱えるか不安ですが…
とにかく、やってみます。▼
[アイク]
…あんたはこの戦いの旗印だ。
あんたが戦死するということが何を意味するか…
考えなかったわけじゃないよな?▼
[エリンシア]
…………私が死ねば…
クリミア再興の望みは完全に断たれる。
それはもちろん、わかっています。▼
[アイク]
じゃあ、どうして…▼

(暗転)

(背景:天幕の外)

(中央左:アイク、中央右:エリンシア)

[エリンシア]
この天馬と装備一式は…
レニング叔父様が、私のために
用意してくれたものです…▼
……叔父様はいつでも、
私の一番の理解者でした…▼
『自分の信ずるままに進め』と、
いつも私にそうおっしゃられて……▼
こんな格好をしたからといって、
経験のない私が、いきなり
みなさまと同じように戦えるとは思いません……▼
ですが…後方で何もせず
じっとしているのは……
不安で胸が押しつぶされそうです。▼
戦いで役に立てなかったとしても…
回復の杖をもって……▼
傷ついた兵士を1人でも多く
救うことができたらと……▼
ですから…お願いです、アイク様!▼
[アイク]
……雇い主の決定に、
俺がどうこう言うつもりはない。▼
あんたが戦場に出るというなら
俺は全力でそれを守る。
それだけのことだ。▼
ただ、いつでも
俺の見えるところにいるよう
心がけてくれ。頼む。▼
[エリンシア]
わかりました!
約束は必ず守ります。▼
[アイク]
じゃあ、出撃しよう。▼
[エリンシア]
はい!▼

(暗転)


(背景:マップ画面、ピネル砦前)

[ベウフォレス](下段)
…………▼

(背景:マップ画面、砦南東)

[ティアマト](上段)
…アイク、思った以上に
敵兵の数が多いわ。▼
今見えているだけでも、
この軍の倍近くいるようね。▼
[セネリオ](下段)
……砦の中にも
かなりの数がいるでしょうし……
この戦いは長引くかもしれません。▼
[アイク](上段)
それでも、前に進むには
どんな障害も、乗り越えるしかない。▼
……俺たちの戦いに退路はない!▼

(戦闘メニュー画面へ)

進撃後

(デイン側陣営)

[デイン兵](上段)
ベウフォレス将軍!
クリミア軍が、
誘いにのって攻めて参りました。▼
[ベウフォレス](下段)
…………▼
[デイン兵](上段)
いかがいたしましょうか!?▼
[ベウフォレス](下段)
…………▼
[デイン兵](上段)
将軍…?
あの…我々は、
どう動けば……▼
[ベウフォレス](下段)
……潰せ。
一兵たりと、生きて帰すな……▼
[デイン兵](上段)
は…はいっ!▼

(アイク陣営)

[アイク](上段)
セネリオ、
ここの敵将について
情報はあるか?▼
[セネリオ](下段)
はい。調べてあります。
【四駿】の1人…
ベウフォレス将軍です。▼
[アイク](上段)
【四駿】というからには、
あのプラハって女将軍と
同等の力だということか?▼
[セネリオ](下段)
……いえ、そういう
わけではないようです。▼
そもそも【四駿】の称号は、
デイン王の側近のうち、▼
実力の高い者4名に
与えられるものらしいですね。▼
[ティアマト](中段)
じゃあ、入れ替わりが
あるということね?
今はどんな人物がいるの?▼
[セネリオ](下段)
まず、オルリベス大橋で
我々が討ち取ったプラハ将軍、▼
先ほど名のあがった
ベウフォレス将軍…▼
先王の代から定席として
君臨するプライス将軍…▼
そして…『漆黒の騎士』と
呼ばれる謎の将軍……
この4名になります。▼
[ティアマト](中段)
その漆黒の騎士が…
団長の仇なの?▼
[セネリオ](下段)
まず、間違いないようです。▼
[アイク](上段)
……………▼
[ティアマト](中段)
……ねえ、セネリオ。
ベウフォレス将軍について
もっと詳しく聞かせて?▼
[セネリオ](下段)
…そうですね……▼
後は…デインの将軍に
取り立てられたのは
つい先ごろだという話ぐらいで…▼
[ティアマト](中段)
じゃあ、余程の
実力者ということね…▼
[セネリオ](下段)
漆黒の騎士同様、
常に鎧兜を身につけ…
素顔を見せることはなく――▼
鎧の中に人は入っておらず…
太古の亡霊が操っているとか
異界の魔物であるとか……▼
入ってくるのは迷信じみた、
くだらない噂ばかりです。▼
[アイク](上段)
……まあいい。
剣を交えれば
いやでもわかる。▼
ただのこけおどしか、
それとも本物の化け物か……▼
どちらにせよ、剣の
通用する相手ならいいがな。▼
よし、行くぞ!▼

ベウフォレス初戦時

[ベウフォレス](上段)
……滅びよ……
……滅……▼

エリンシアVSベウフォレス  [#fc1032ff]

[ベウフォレス]
……
……グ…グォォ……▼
[エリンシア]
…ひ……▼
[ベウフォレス]
…グ…ォ…
オ……▼

アイクVSベウフォレス

[ベウフォレス]
……
滅びよ……滅……▼
[アイク]
…おまえがベウフォレスか。
悪いが、殺されてやるわけにはいかん。▼
[ベウフォレス]
…私…
…を…▼
[アイク]
何?▼
[ベウフォレス]
私を…
…殺せ……
…私……を…▼
[アイク]
どういうことだ…?
正気を失っているのか?▼
[ベウフォレス]
…グ、グ…
グアァアアア!!▼
[アイク]
!!▼ 

リュシオンVSベウフォレス

[ベウフォレス](左上)
…………▼

鳥翼族(タカ)VSベウフォレス

[ベウフォレス](左上)
…………▼

獣牙族VSベウフォレス

[ベウフォレス](左上)
…………▼

ジル、タウロニオ、ハールVSベウフォレス

[ベウフォレス](左上)
…………▼

ベウフォレス撃破時

[ベウフォレス](上段)
………ガ…ァ……▼

クリア後

(マップ画面:砦周辺)

[クリミア兵](上段)
敵軍が、次々と
退却していきます!
追撃しますか!▼
[アイク](下段)
いや、ほうっておけ。▼
……今日はもう、じゅうぶん戦った。
砦に荷物を運び込み、
全員ゆっくり休息をとらせるんだ。▼
[クリミア兵](上段)
はっ!▼

(暗転)

【クリミア王城】

(背景:玉座前、左端:アシュナード、右端:ブライス)

[アシュナード]
そうか、またクリミア軍は
勝利したのか。
くくくく▼
では、残りをナドゥス城へ
援軍として向かわせろ。▼
城を守る将、ハフェドの指揮下におき、
そこでまたやつらにぶつけるのだ。▼
[ブライス]
しかし、それでは
王都に残る兵の数が
近衛だけとなってしまいますが?▼
[アシュナード]
ここには我がおる。▼
もし、ハフェドを破り、
なおもここにこれるのであれば
我と戦う資格があると認めよう。▼
[ブライス]
……王に問いたい。
何故、このように兵を分散し、
敵へ有利となるようなことをなさるのか。▼
王はまるで……▼
[アシュナード]
まるで?
なんだ? 申してみよ。▼
[ブライス]
…クリミア軍が勝ち抜き、
王の前に現れることを
望んでおられるように見えます。▼
[アシュナード]
……否定はせん。▼
[ブライス]
デインの敗北を…
望まれるとおおせか?▼
[アシュナード]
それは違う。
まともに考えれば
我がデインは敗れぬ。▼
兵力を初めとする様々な
条件から照らし合わせてもな……▼
だが、ことごとく
その予想を覆された。▼
これは運なのか?
それとも個々の兵に差が?▼
ならば、どこまでこれるものか
興味深いではないか。▼
[ブライス]
……私には
わかりかねます……▼

(ブライス消える)

[アシュナード]
くくくくく
実に愉快だ。▼
戦ほど、我の気持ちを
昂らせるものはない……▼


トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-01-22 (土) 12:57:27