章別会話


ナレーション

(ワールドマップ) デイン王アシュナード腹心の将

【四駿】の1人プラハ将軍を撃破し、*

クリミア軍は

ようやく母国の土を踏むことができた。*

王女の帰還は、

辛くも生き延びていた遺臣たちの

歓呼、感涙をもって迎えられた。*

王女エリンシアあるかぎり

クリミア王国は必ずよみがえる。*

その言葉は

他国の支配に耐え忍んでいた

クリミアの民たちに希望を与え、*

祖国解放を望む声なき声は

徐々に高まりを見せ始めていた。*

まさに、クリミア再興の

機は熟そうとしていたのである。*

オープニング

【デルブレー城】

(背景:城の室内、中央左:ジョフレ、右端:ユリシーズ)

[ジョフレ]
……それは本当か!?▼
[ユリシーズ]
間違いない。
姫はクリミア入りを果たしたぞ!▼
ルキノ殿の案内で
この城へ向かっている途中であるはず。▼
[ジョフレ]
……長かったな。▼
デイン軍の目を盗み、
いつか姫をお迎えできるこの日を支えに……
生きてきたのだ。▼
それも、今日で終わる……▼
[ユリシーズ]
さよう。▼
亡くなられた
国王陛下、妃殿下、そして…
レニング殿下のためにも……▼
我らが一丸となり、
エリンシア様の支えとならん。▼
[ジョフレ]
ああ。
我らが悲願、間もなく成就せり…▼
[ユリシーズ]
さ、のんびりとはしておれんぞ。
姫たちをお迎えするのに、
それなりの支度を整えねば。▼
[ジョフレ]
よし! 皆に知らせてこよう!
手分けして、食料を調達しなければな。▼
[ユリシーズ]
姫の寝室に飾る花も必要だ。
それから、酒も忘れるな。▼
[ジョフレ]
じゃあ、俺はこの日のために
隠しておいた銀器一式を磨くか。▼
[ユリシーズ]
…そんな洒落たものがあるのか?
無骨なおまえのこと、
真っ先に手放したかと思っていたぞ。▼
[ジョフレ]
聖騎士叙任を受けた折、
国王陛下より賜った品だ。
祝杯をあげるため…これだけは残しておいた。▼
[ユリシーズ]
……上出来だ!
さあ、忙しくなるぞ!▼

(暗転)

(背景:王女の天幕内、中央左:ルキノ、中央右:エリンシア、右端:アイク)

[アイク]
……じゃあ、
これから向かうデルブレーって城に
クリミアの遺臣たちがいるんだな?▼
[ルキノ]
はい。▼
城の地下に、密かに仲間を集め…▼
各地方に潜伏する遺臣たちと
連絡を取り合っていました。▼
[アイク]
よく、今まで
見つからなかったな?▼
[ルキノ]
みな、商人や農民の格好をして
敵の目を欺きましたから。▼
でも、姫がお戻りになると聞いてからは、
みな隠していたクリミアの鎧兜を持ち出し…
必死になって磨いていたりして……▼

(アイク消える)

[エリンシア]
ジョフレはともかく、
ユリシーズの商人というのは
想像がつかないわ。▼
[ルキノ]
そうなんですよ。
ですから、彼だけは
大道芸人の格好をして…▼
[エリンシア]
そ、それなら分かるわ。
すごく似合っているもの…!▼
[ルキノ]
それから、ジョフレの商人は
いやに背筋が伸びていて…▼
[エリンシア]
フフ… ジョフレらしい。▼

(暗転)

(背景:同じ、中央右:アイク、右端:ミスト)

[ミスト]
エリンシア様、
すごく、楽しそうだね。
ずっと笑ってる。▼

(中央左にライ登場)

[ライ]
あのルキノさんは、
エリンシア姫の乳兄弟らしいからな。
心を許せるんだろう。▼
[アイク]
俺たちといる時も、
明るくふるまっていたが……
やはり、無理してたんだな。▼

(左端にティアマト登場)

[ティアマト]
ああやっていると、
年相応の少女に見えるわね。▼
あれが…デインの襲撃を受ける以前の…
エリンシア姫、本来の姿なんでしょうね。▼
[ライ]
戻ってきてよかっただろ?▼
戦いはこれからだが、
今夜ぐらいは、みんなで
パーッと羽根を伸ばすといい。▼
張り詰めっぱなしじゃ、続かないぜ?▼
[アイク]
……そうだな。▼

(暗転)

(戦績表示及び講評)

(拠点メニュー)

【情報】

<仲間 ☆>

(背景:夜の天幕前、右端:マーシャ)

[マーシャ]
あ! アイクさん!
その天幕の影に隠れてるの、
捕まえてください!▼

(中央左にアイク登場)

[アイク]
? 何だ?▼

(アイク左端に移動、中央左にマカロフ登場)

[マカロフ]
う、うわあぁ!
なんだよ、捕まえないでくれよ~!▼
[マーシャ]
バカ言ってないで、こっちに来て!▼

(マカロフ中央右に移動し、アイクの方を振り向く)

[マーシャ]
まったく! ほんっと懲りないんだから!▼
[アイク]
どうしたんだ?▼
[マーシャ]
聞いてくださいよ、アイクさん!
兄さんったら、私が着替えてる隙に
また私の財布盗もうとしたんですよ!▼
[マカロフ]
おまえさぁ~、そんな身内の恥を
堂々とさらすなよ~。▼
[マーシャ]
その原因を作ってるのは誰なのよ!
ちょっとはまじめに働くように
なってきたかなって思ったのに……▼
故郷の母さんが泣いてるわよ、もう!▼
[マカロフ]
だ~いじょうぶだって!▼
母さんは、父さんですっかり慣れっこだから!▼
[マーシャ]
こ い つ はぁ~… !!▼
[マカロフ]
マ、マーシャ! 痛い痛い!
足! あし踏んでる!!▼
[マーシャ]
知らない!▼
[アイク]
おいおい、その辺にしとけよ。▼
[マーシャ]
……もう!▼
兄さんがいつまでたっても
そんなんだから……▼
いっつも怖い人に追われて…
それを私が探し回って…
離れている間、私がどんなに心配してるか……▼
少しぐらい考えてくれたって、いいじゃない…
兄…なんだから……▼
[マカロフ]
……マーシャ……▼
[アイク]
………▼

(マカロフ中央左に移動し、マーシャの方を振り向く)

[マカロフ]
……ごめんっ!!
もう、賭け事はやめる。▼
まじめに働いて、借金も全部返すからっ!
だから、このとーり!!▼

(マカロフ消える)

[マーシャ]
………▼
[アイク]
…許してやったらどうだ?
たった2人きりの兄妹なんだろ。▼
[マーシャ]
………アイクさんが、そう言うなら……▼

(中央左にマカロフ現れる)

[マカロフ]
ほ、本当に!?
許してくれるのか?▼
[マーシャ]
そのかわり、さっきの約束。
今度こそ守ってよ。▼
[マカロフ]
誓う! 父さんの墓に誓う。▼
[マーシャ]
それじゃあんまり意味ないよぉ。▼
[マカロフ]
お、やっと笑った。▼
[アイク]
もう泣かすなよ。▼

(アイク消える)

[マカロフ]
…なあ、マーシャ。▼
[マーシャ]
なあに、兄さん。▼
[マカロフ]
おれの約束、いつまで続くか賭けないか?▼
[マーシャ]
!!▼

進撃前

【デルブレー城】

(背景:城の室内、中央右:ジョフレ、右の窓を見ている)

[ジョフレ]
……姫がお戻りになる
喜びの日だというのに、朝から雨か…▼

(中央左にユリシーズ登場)

[ユリシーズ]
まぁ、雨の再会というのも
趣があって悪くはあるまい。▼

(ジョフレ、ユリシーズの方を振り返る)

[ジョフレ]
………なあ、ユリシーズ…
姫のご一行は、どのあたりまで
来られただろうな?▼
[ユリシーズ]
…よいか、我が友よ。
君が我輩にその質問を投げるのは、
実に50と8回めだ。▼
そして、我輩が君にこう答えるのも
50と2回めになるわけだが……▼
少し、落ち着きたまえ。▼
[ジョフレ]
だが…!▼
[ユリシーズ]
あと少しの辛抱だ。
姫が今日中に到着されるのは
間違いないのだからな。▼
……逸る気持ちは分かるが、
この軍の将たる君がそんなでは…
下の者たちに示しがつかんぞ。▼
[ジョフレ]
そ、そうだな……▼
[ユリシーズ]
うむ。
騎士たるもの、
落ち着きが肝要であるぞ。▼
[ジョフレ]
………………………
………………………▼
[ユリシーズ]
………………▼
[ジョフレ]
………………………
…………………だめだ……!
少し、外を確認してこよう。▼

(ジョフレ消える)

[ユリシーズ]
やれやれ、仕方のない奴め。▼

(暗転)

(背景:マップ画面、城の入り口前にジョフレとユリシーズ現れる)

[ジョフレ](上段)
来た!▼
[ユリシーズ](中段)
ほ、本当かっ!?▼
[ジョフレ](上段)
あれではないか!?
あの軍が、姫の……▼

(消える)

[ユリシーズ](上段)
どれ、我輩にも
見せてみ…▼
ジョフレ、あれは違う…
あれは…デイン軍だ………▼
[ジョフレ](中段)
……嘘だと言ってくれ。▼

(マップ画面全体が映し出され、右方向にデイン軍の一団)

(暗転)

(背景:雨の草原、中央右:ルキノ、右端:エリンシア)

[ルキノ]
前方に見える丘を越えれば
デルブレー領です。▼
姫のことは、先に戻った
ユリシーズ伯が知らせて…▼
あら、噂をすれば
本物が現れましたよ。▼
あの人ったら、待ちきれずに
姫を迎えに来たのね。▼
[???](声のみ)
エリンシア姫!
ルキノ殿!!▼
[エリンシア]
ユリシーズ!
そんなに走らないで下さい!▼
私、すぐそちらに参りますから…▼

(エリンシア消え、左端にユリシーズ登場)

[ユリシーズ]
敵襲ですっ!
デルブレー城は、
敵の部隊によって包囲されました!!▼

(右端にエリンシア現れる)

[エリンシア]
え!?▼
[ルキノ]
まさか…!▼
[ユリシーズ]
ジョフレが、囮となっています!
どうか姫とご一行は、このまま進路を南西へ。▼
[ルキノ]
……敵に気取られてしまったようですね。▼

(ルキノ中央左に移動し、エリンシアの方を振り返る) 仕方ありません。…進路を変更しましょう。
別の隠れ家へご案内します。▼

[エリンシア]
ど、どういうことなの… ルキノ!!
ジョフレたちを助けないと! ユリシーズ!?▼
[ルキノ]
……運がなかったのです。
デルブレー城の仲間は……諦めましょう。▼
[エリンシア]
そ、そんな……できないわ!▼
ジョフレと…クリミアの忠臣たち……
生き残ったみんなを…見捨てるなんて……
そんなこと…できるはずがない…!▼
[ルキノ]
…姫、ご理解下さい。
……姫の危険を回避できるなら……
私たちは、喜んで命を差し出します。▼
[エリンシア]
……いやです…
お願い、ルキノ…! 城へ連れて行って!▼
ユリシーズっ!!▼
[ユリシーズ]
……ジョフレは騎士です。
我が親友の誇りのためにも、
姫…ここは何卒、お逃げ下さい。▼
[エリンシア]
……いや… いや…!▼
せっかく生きていたのに……っ!
みんな… 生き…て……っ▼
いや………っ!!▼

(エリンシア消え、中央右にアイク登場)

[ルキノ]
……アイク将軍、時間がありません。▼
こうしている間にも…
いつデインの輩に見つかるかも知れません。
どうか軍を指揮して進路を南西へ……▼
[アイク]
…断る。▼
[ルキノ]
!?
今、なんと言いました?▼
[アイク]
予定通り、城に向かう。▼
デイン兵に囲まれているなら、
そいつらを倒して騎士たちと合流する。
それで、問題はないだろう。▼
[ルキノ]
何を聞いていたんです!?
彼らのことは、
もう諦めると言ったでしょう。▼
敵に見つかり、包囲された時点で
作戦は失敗したんです…!▼
[アイク]
…失敗したなら、とりかえせばいい。▼
[ルキノ]
…あなたは、仮にも
クリミア軍を率いる将軍でしょう!?▼
もっと自覚をもった行動を
とっていただきたい。▼
[アイク]
……俺はなりゆきで、
クリミア軍の将軍なんてものに
祀り上げられている。▼
だがな、傭兵として
エリンシアと交わした契約は
今も継続しているんだ。▼
依頼主が、城にいる連中を
助けに行きたいと言っている。
そうだな、エリンシア?▼

(右端にエリンシア現れる)

[エリンシア]
は、はい。
私は、もう誰にも……
犠牲になってほしくないのです…!▼
[アイク]
だったら、助けに行く。▼
姫が心配だというなら、
ここに置いて行くから
おまえたちが、しっかり守れ!▼
[エリンシア]
アイク様……▼

(暗転)

(マップ画面:城の中からジョフレと数名のクリミア兵が現れる)

[ジョフレ](上段)
…敵を引きつけろ!
姫たちの軍が遠のくまで…
決して、敵に気取られるな!!▼
[クリミア兵](下段)
はっ!!▼

(マップ画面:真上から全体を映し出す)

[アイク](下段)
見えてきたぞ!
隊列を整えろ!!▼

(出撃開始)

進撃後

1ターン目開始前

(マップ画面:デイン軍陣営)

[リヒトル](上段)
…なかなか、しぶといようだな。
クリミアの残党め。
後から後からわいてでおって。▼
[デイン兵](下段)
リ、リヒトル将軍っ!!
東方に敵の増援部隊出現っ!▼
[リヒトル](上段)
なにっ!?▼
[デイン兵](下段)
例のクリミア王女の率いる
軍勢かと思われますっ!!▼
[リヒトル](上段)
……では、デイン本国において
名だたる将軍たちを一蹴し、
国境を繋ぐオルリベス大橋にて、
あのプラハ将軍をも打ち破ったという
軍が来たというのか。▼
おもしろい!
残党狩りには飽きてきたところだ。▼
ここで奴らを討ち果たし
名を上げるとしようか…▼

(マップ画面:ジョフレ陣営)

[クリミア兵](下段)
ジョ、ジョフレ将軍!
クリミア軍が……▼
エリンシア様の軍が
こちらに向かって来ています!!▼
[ジョフレ](上段)
ばかな…!
ユリシーズは
何をやっているのだ!!▼
姫よ…
今からでもいい……
……どうかお逃げください…!▼

(マップ画面:アイクたちの陣営)

[アイク](下段)
なんとしても、
城の騎士たちを救う!
全軍、突撃!!▼

1ターン目終了後

(マップ画面右方向のエリンシアの陣営)

[エリンシア](下段)
ルキノ、ユリシーズ…
良いのですか?▼
[ユリシーズ](上段)
……あのアイクという
将軍の言葉が、
耳に堪えましたからな。▼

(消える)

[ルキノ](上段)
私たちは…自分たちの思いに
ばかり囚われて……▼
エリンシア様のお気持ちを
察することができませんでした。
申し訳ありません……▼
[エリンシア](下段)
……あなたたちは
私を一番に思えばこそ、
自らを犠牲にすると言ってくれる。▼
だけど……
私がアイク様のお力を借りて
国を取り戻したとしても……▼
それが、あなたたちの犠牲の上に
あるとするならば……▼
2度と笑うことなどできないでしょう。
幸せを…
感じることなどできないでしょう……▼
[ルキノ](上段)
エリンシア様……▼
[エリンシア](下段)
アイク様とともに、
ジョフレたちを助けて下さい。▼
[ユリシーズ](上段)
もちろんですとも!▼
[ルキノ](下段)
ルキノ、参ります!▼

(マップ画面、ルキノとユリシーズ参戦)

6ターン目

[漆黒の騎士](上段)
……クリミア軍か!?▼
…ガウェインの息子は……
……ほぅ、かなり腕をあげたな……▼
やはり血は争えぬのか、
いい動きをする……▼
存外、あいつは化けるかもしれん。▼
[アイク](上段)
!?
あいつ…
あいつは……!!▼

建物訪問(画面上側)

(背景:室内、中央左:女性、右端:訪問者)

[女性]
ああ、女神様……
クリミア軍がきてくれました……▼
デインの支配に苦しめられた
私たちもようやく解放される……
そう信じても、いいんですね……▼
私たちにできる手助けは
なんでもさせていただきます。
どうか、私たちのクリミアを……!▼

<護り手の書を手に入れた>

建物訪問(画面下側)

(背景:降雨中の建物前、中央左:青年、右端:訪問者)

[青年]
あんたたち、王女の連れてきた軍だろ?
…よくぞ、来てくれたな!▼
この書を…あんたたちに渡そうと思ってさ
ずっと隠し持ってたんだ。▼
これを使って… 俺たちの国から
デインを追い出してくれ! 頼んだぞ!!▼

<見切りの書を手に入れた>

NPCジョフレの敗北

[ジョフレ]
クリミア万歳…!▼
姉さん…ユリシーズ……
…姫を…頼んだ…ぞ……▼

会話(ユリシーズ→アイク)

[ユリシーズ](上段)
ま、待たれよ!
勇敢なる将軍殿…!▼
[アイク](下段)
あんたは、さっきの…▼
[ユリシーズ](上段)
我輩は、亡き王弟殿下の
文官を勤めておりました――▼
フェール伯爵
ユリシーズと申します。▼
まずは
アイク将軍にご挨拶を述べ、▼
しかるのち、この部隊にて
戦うための許可をいただきたいと…▼
[アイク](下段)
うるさい!▼
ここは戦場だ!
ごたくを述べるより先に
さっさと敵を攻撃しろ!▼

(消える)

[ユリシーズ](上段)
…ごもっとも。▼
……………
これはまた、ずいぶん
楽しそうな方だ…… ふむ▼

会話(ルキノ→アイク)

[ルキノ](上段)
アイク将軍!
先ほどは失礼しました。▼
虫のいい話ですが…
どうか、私も…救援部隊に
加えていただきたいと…▼
[アイク](下段)
遅い!▼
[ルキノ](上段)
!!▼
[アイク](下段)
謝ってる暇があるなら、
1人でも多く、敵を倒せ。▼
[ルキノ](上段)
は、はい…!
仲間を救うため……
私も全力を尽くします!▼
[アイク](下段)
それでいい。▼

会話(アイク→ジョフレ)

[アイク](上段)
あんたが、ジョフレ殿か!?▼
[ジョフレ](下段)
…!
君は!?▼
[アイク](上段)
アイクだ!
エリンシア姫の元で
クリミア軍を率いている!!▼
[ジョフレ](下段)
姫は
どちらにおられるのだ!?▼
[アイク](上段)
心配するな。
戦場には連れてきていない。▼
[ジョフレ](下段)
そうか…よかった……
心遣い、感謝する!!▼
[アイク](上段)
他の兵は、城の中か!?▼
[ジョフレ](下段)
そうだ!
城内に潜入しようとしている
敵兵をしのいでいるはずだ。▼
[アイク](上段)
よし… 間に合いそうだな。
このまま合流し、
一気に敵を叩くぞ!▼

会話(ケビン⇔ジョフレ)

[ケビン](上段)
将軍!
ジョフレ将軍っ!▼
[ジョフレ](下段)
ケビン…!
おまえ、生きていたのか!?▼
[ケビン](上段)
はいっ!▼
カントゥスにて、
デインの捕虜に
なっていたところを…▼
エリンシア様の雇われた
傭兵団に助けられました!▼
それからは、ずっと…
姫のお側に仕え、
お守り申し上げております!!▼
[ジョフレ](下段)
姫は…お元気なのだな?▼
[ケビン](上段)
はい!▼
ジョフレ将軍に…
生きて再会されることを
強く望まれておいでです!▼
[ジョフレ](下段)
………そう…か…▼
よし!
そうと聞いたからには
なんとしても死ぬわけには参らん。▼
いくぞ、クリミアの遺臣たちよ!!
戦いに勝利し…この城に
姫をお迎えするのだ!▼

会話(ルキノ⇔ジョフレ)

[ルキノ](上段)
ジョフレ…!
間に合ってよかったわ!▼
[ジョフレ](下段)
ルキノ姉さん…
姫の側を離れるなんて
どういうつもりなんだ!?▼
[ルキノ](上段)
詳しく話している暇はないの。▼
とにかく、姫は無事よ。
お会いしたければ…
なんとしても、生き残りなさい!▼

(消える)

[ジョフレ](下段)
…姉さん!
…………▼

会話(ユリシーズ⇔ジョフレ)

[ユリシーズ](上段)
無事か!? 我が友よ!▼
[ジョフレ](下段)
ユリシーズ…
なぜ、戻った!?▼
[ユリシーズ](上段)
詳しい話は後だ…!
姫のために……
生き延びる努力をせよ!▼
[ジョフレ](下段)
…わかった…!▼

リヒトル初戦時

[リヒトル]
我が名はリヒトル!
貴様も我が武名の糧となれ!▼

リヒトルvsアイク初戦時

[リヒトル]
あのプラハ将軍を討った
クリミア軍の将とは貴様か?▼
名は!▼
[アイク]
…アイク。▼
[リヒトル]
アイク! 貴様との戦いは
我が名を高めるまたとない好機!
行くぞ!▼

タウロニオvsリヒトル

[リヒトル](上段)
裏切り者をこの手で粛清し、
陛下への忠誠を示さん!▼

リヒトルvs獣牙族

[リヒトル]
獣牙族とは懐かしい。
昔はよく狩ったものよ!▼

鳥翼族(タカ)vsリヒトル

[リヒトル](上段)
南海の鳥翼族か!
果たして噂ほどの力か…
確かめてくれようぞ!▼

リュシオンvsリヒトル

[リヒトル](上段)
戦えぬ者を倒したとて、
我が武名の足しにはならんというのに!▼

リヒトル撃破

[リヒトル]
いかに武勲を重ねたとて……
一敗地にまみれれば……
それまでか……▼

漆黒の騎士初戦時

[漆黒の騎士]
……愚かな。
すぐに逃げれば、見逃したものを。▼

漆黒の騎士vsアイク初戦時

[アイク]
……やっと会えたな。▼
[漆黒の騎士]
…フッ
私の姿を見て、逃げ出さずに
向かってくるとはな。▼
[アイク]
親父の仇を討つまで、
俺は何度でもおまえに挑む!▼
[漆黒の騎士]
…次はない。
ここで、息の根を止めてやろう。▼
[アイク]
俺は、絶対に負けん!
いくぞっ!!▼

アイクが漆黒の騎士に敗れた時

[アイク]
ぐっうっ…
……俺の…力では………
…………ま………だ………▼
[漆黒の騎士]
……所詮、ここどまりか。
父親の剣技を凌駕するほどの才には
恵まれなかったらしい…▼

アイクが漆黒の騎士の攻撃に耐えた時

[漆黒の騎士]
動きは悪くない。
…惜しむらくは、武器の貧相さか。▼
[アイク]
どうして攻撃がきかない…!?▼
[漆黒の騎士]
…この鎧は女神の祝福を
与えられしもの……▼
よって、これに傷を負わせられるのもまた
女神の祝福を与えられし武器のみ。▼
[アイク]
くっ…普通の武器では
かなわないというのか……?▼
[漆黒の騎士]
……おまえには、
神剣ラグネルを預けているだろう。▼
[アイク]
!?▼
[漆黒の騎士]
我が剣、エタルドと対をなすものだ。
…あの場には残っていなかった。▼
おまえが持ち帰ったのだろう?
父親の亡骸とともに…▼
[アイク]
あの時の…剣…
おまえが、ほどこしのように投げつけて…▼
親父が受け取らなかった……
剣のことか……?▼
[漆黒の騎士]
この勝負は預けよう。▼
…次に会うときは、
神剣ラグネルを忘れるな。▼
まともな武器でなくては、私がつまらん。▼
[アイク]
…▼

*この場合、クリア後のアイクvs漆黒の騎士のシーン及びクリア後冒頭の漆黒の騎士の台詞がカットされます。

15ターン経過or拠点を敵に制圧された場合

[ティアマト]
アイク!
…城が…敵の手に!!▼
[アイク]
くそっ、間に合わなかったか……!!▼

(Game Over)

到達後

[漆黒の騎士]
またしても
デインの将が敗れたか……▼
さて、どこまで強大に膨れあがる
クリミア軍よ。
今後が、楽しみだ…▼

(暗転)

(背景:城門前、中央左:エリンシア、中央右:アイク)

[エリンシア]
アイク様っ!▼
[アイク]
エリンシア姫。
…結局、来たんだな。▼
[エリンシア]
アイク様のお陰で、
2人とも、わかってくれました。▼
[アイク]
俺には、騎士の
気持ちとかは分からん。▼
だが、あんたにとって
元の忠臣たちが、
どんなに大事な存在で、▼
心の強い支えになっているのかが
わかったからな……▼
助けられて、よかったな。▼
[エリンシア]
……はい!▼
[アイク]
じゃあ、戻るか。
これから一緒に戦うんだ。
ちゃんと挨拶しとかないとな。▼
[エリンシア]
あ、アイク様!▼
[アイク]
なんだ?▼
[エリンシア]
…アイク様のおっしゃるとおり、
ルキノたちは、私にとって
とても大切な…家族同然の者たちです。▼
ですが、その……
私だけの勝手な思い込みかも
しれませんが…その……▼
アイク様たちも、かけがえのない
方々なので…つまり……▼
…こ、これからも
よろしくお願いします!▼
[アイク]
ああ、こちらこそ。▼

(暗転)

(背景:城門前、中央左:ジョフレ、中央右:エリンシア)

[ジョフレ]
姫っ!▼
[エリンシア]
ジョフレ…!▼
[ジョフレ]
姫……
まだお目にかかることができ…
……私は……▼
[エリンシア]
……あのまま
命を落としていたら、
もう会えなかったのですよ?▼
ジョフレ、わかっていますか?▼
[ジョフレ]
は…っ!
ルキノたちから……
聞かされました。▼
国と姫は、共にあるもの、▼
国の為に姫のお気持ちを犠牲にすること、
これも私たちの本意ではありません。
……どうかお許し下さい。▼

(左端にユリシーズ登場)

[ユリシーズ]
嗚呼、この運命の瞬間!▼
暗雲は去り、雨も止み…
天までもが正統なる統治者のお戻りを知り、
祝福しているかのようですな。▼
姫…! 我等はこの先、
貴方のお気持ちを優先し、
お心のままに動くことを誓いますぞ。▼

(右端にルキノ登場)

[ルキノ]
私たちはもう…
自ら死のうなどとはしません。▼
どんな苦難なことであったとしても……
姫と共に、生き残る道を選びます。▼

(暗転)

(背景:一枚絵、ユリシーズ・ジョフレ・ルキノがエリンシアの前で跪く)

[エリンシア](上段)
ジョフレ、ユリシーズ、ルキノ……
ありがとう…ありがとう……
私…とても……嬉しい。▼
あなたたちとともに、
クリミア王国を取り戻したいと思います。
…力を貸してください。▼
[ジョフレ](下段)
はっ!!▼

(消える)

[ユリシーズ](下段)
麗しの我が君のためなれば…▼

(消える)

[ルキノ](下段)
我ら3人…エリンシア様に
永久の忠誠を誓います。▼

(暗転)

女神の祝福

(マップ画面、アイクが漆黒の騎士の面前まで歩み寄る)

[アイク](上段)
……今頃、現れたのは…
戦いが終わるのを、わざわざ
待っていてくれたということか?▼
[漆黒の騎士](下段)
…フッ おまえのことだから
私の姿を見れば、▼
すぐにかかってくるものだと
思ったのだが…▼
少しは状況判断ができるように
なったようだな。▼
[アイク](上段)
…ああ。傭兵にとって
依頼主との契約は絶対だからな。▼
[漆黒の騎士](下段)
では、私との勝負はやめておくか?
ここで死んでしまっては
契約不履行となるぞ。▼
[アイク](上段)
それは問題ない。
俺が勝てばいいことだ…
行くぞ!▼
[漆黒の騎士](下段)
フッ▼

(戦闘シーン:アイクが漆黒の騎士に斬りかかる:必殺モーション)

[漆黒の騎士]
動きは悪くない。
…惜しむらくは、武器の貧相さか。▼
[アイク]
どうして攻撃がきかない…!?▼
[漆黒の騎士]
…この鎧は女神の祝福を
与えられしもの……▼
よって、これに傷を負わせられるのもまた
女神の祝福を与えられし武器のみ。▼
[アイク]
くっ…普通の武器では
かなわないというのか……?▼
[漆黒の騎士]
……おまえには、
神剣ラグネルを預けているだろう。▼
[アイク]
!?▼
[漆黒の騎士]
我が剣、エタルドと対をなすものだ。
…あの場には残っていなかった。▼
おまえが持ち帰ったのだろう?
父親の亡骸とともに…▼
[アイク]
あの時の…剣…
おまえが、ほどこしのように投げつけて…▼
親父が受け取らなかった……
剣のことか……?▼
[漆黒の騎士]
この勝負は預けよう。▼
…次に会うときは、
神剣ラグネルを忘れるな。▼
まともな武器でなくては、私がつまらん。▼
[アイク]
…▼

(マップ画面:漆黒の騎士、魔方陣から消える)

NPCジョフレの戦死にともなうイベントの変化

■到達後

(背景:城門前、中央左:エリンシア、中央右:アイク)

[エリンシア]
アイク様っ!▼
[アイク]
エリンシア姫。
…結局、来たんだな。▼
[エリンシア]
アイク様のお陰で、
2人とも、わかってくれました。▼
[アイク]
俺には、騎士の
気持ちとかは分からん。▼
だが、あんたにとって
元の忠臣たちが、
どんなに大事な存在で、▼
心の強い支えになっているのかが
わかったからな……▼
ジョフレという騎士も
助けられれば、よかったんだが…▼
[エリンシア]
……はい…▼

*以下、アイクと漆黒の騎士との決闘シーンに続く

ジョフレ生存、ルキノ&ユリシーズ死亡時におけるイベントの変化

■到達後

(マップ画面)

[漆黒の騎士](上段)
またしても
デインの将が敗れたか……▼
さて、どこまで強大に膨れあがる
クリミア軍よ。
今後が、楽しみだ…▼

(暗転)

(背景:城門前、中央左:エリンシア、中央右:アイク)

[エリンシア]
アイク様っ!▼
[アイク]
エリンシア姫。
…結局、来たんだな。▼
[エリンシア]
アイク様のお陰で、
2人とも、わかってくれました。▼
[アイク]
俺には、騎士の
気持ちとかは分からん。▼
だが、あんたにとって
元の忠臣たちが、
どんなに大事な存在で、▼
心の強い支えになっているのかが
わかったからな……▼
助けられて、よかったな。▼

*ルキノ死亡時

[エリンシア]
…ですが…ルキノを
失ってしまいました…▼

*ユリシーズ死亡時

[エリンシア]
…ですが…ユリシーズを
失ってしまいました…▼

*ルキノ&ユリシーズ死亡時

[エリンシア]
…ですが……
ルキノとユリシーズを
失ってしまいました…▼

[アイク]
みんな助かれば。
それに越したことはないが…
…残念だった。▼
[エリンシア]
…はい……▼

*以下、アイクと漆黒の騎士との決闘シーンに続く

ジョフレ&ルキノ&ユリシーズ死亡時におけるイベントの変化

■到達後

(背景:城門前、中央左:エリンシア、中央右:アイク)

[エリンシア]
アイク様っ!▼
[アイク]
エリンシア姫。
…結局、来たんだな。▼
[エリンシア]
アイク様のお陰で、
2人とも、わかってくれました。▼
[アイク]
俺には、騎士の
気持ちとかは分からん。▼
だが、あんたにとって
元の忠臣たちが、
どんなに大事な存在で、▼
心の強い支えになっているのかが
わかったからな……▼
城の内部にいた連中だけでも
助かってよかった。▼
…ジョフレという騎士も
助けられれば、よかったんだが…▼
[エリンシア]
ルキノもユリシーズも
失ってしまいました…▼
[アイク]
みんな助かれば。
それに越したことはないが…▼
…残念だった。▼
[エリンシア]
…はい……▼

*以下、アイクと漆黒の騎士との決闘シーンに続く

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-01-21 (金) 23:33:40