章別会話


ナレーション

<ワールドマップ>

ピネル砦を巡る攻防は
一連の戦いの中でも最大の激戦となった。*

まさに総力戦と言うにふさわしいこの戦いに
辛くも勝利したのはクリミア軍だった。*

その代償は、
決して小さなものではなかったが、*

ガリア軍、そして、デイン王宮に駐屯する
ベグニオン軍からの増援を期待できるため、
クリミア軍にとって致命傷とはならなかった。*

一方、旧クリミア王都防衛における
デイン軍のもう一つの要、
ナドゥス城に配されたデイン兵は少ない。*

日暮れ間近、
遊撃隊として先発したティバーン率いる
タカと獣の混成部隊が本営に引き上げてきた。*

オープニング

(背景:夕暮れの天幕前、中央左:ティバーン、中央右:アイク)

[ティバーン]
よお、おつかれさん。
その様子じゃ、うまくいったようだな?▼
[アイク]
なんとかな。
だが、思った以上に兵が多くて苦戦した。▼
[ティバーン]
…こっちも、あんまり
いい状態とは言えんな。▼
[アイク]
どういうことだ?▼
[ティバーン]
日が暮れてきたんで
とりあえず兵を引き上げたが……▼
さっきから、ぞろぞろ
王都から援軍が送り込まれてきている。▼
[アイク]
そうか…▼
[ティバーン]
元々この城を守ってる奴は
たいしたことなさそうだが…▼
途中で参戦して来た1人に
…部隊を1つ潰された。▼
……あいつだけは、
他の奴らとは一線を画す強さだ。▼
[アイク]
どんな奴だ?▼
[ティバーン]
全身を黒い鎧で固めた奴だ。
鎧の分もあるだろうが、
たぶん俺よりもでかいな。▼
……俺の勘が確かなら、
あれがおまえたちの言ってた
野郎だと思うぜ。▼
[アイク]
…漆黒の騎士が……
あの城にいるのか………!!▼

(暗転)

(戦績表示及び講評)

(拠点メニュー)

【情報】

<ティアマト ☆☆>

(背景:天幕内、中央左:ティアマト、中央右:アイク)

[ティアマト]
アイク、ちょっといいかしら。▼
[アイク]
ティアマト。▼
[ティアマト]
あなたに…
大事なお願いがあって来たわ。▼
[アイク]
…どうしたんだ? あらたまって。▼
[ティアマト]
グレイル団長の最期を…話して欲しいの。
あなたにとって…辛いことなのは……
わかってる。▼
だけど…1度でいいから…
きちんと聞かせて欲しいの。▼
でないと……私は…
あの人の死を…いつまでも……▼
[アイク]
……あんたには、
すまないと思ってた。▼
だが、俺自身…色々と整理がつかなくてな。
ずいぶん待たせてしまった。▼
[ティアマト]
聞かせて…くれるの?▼
[アイク]
ああ。やっと向き合えるところまで
もってこられたようだからな。▼
[ティアマト]
………じゃあ、始めて。▼
[アイク]
―――あの夜…
森に向かった経緯は話したよな。▼
俺は親父に、森の入口で
追い払われたが…嫌な予感がして
結局、後を追っていった。▼
森の奥に…開けた場所があって
そこで親父は、漆黒の騎士と対決していた。▼
俺の目には最初、2人は
互角に戦ってるように見えた。▼
何度か攻防があった後……
…途中で親父が吹っ飛ばされた。▼
その時、あいつとなにか
話していたみたいだったが…
離れた位置にいた俺には聞きとれなかった。▼
とにかく、あいつは親父に…
自分の持っている剣を投げ渡し、
それを使って相手をしろと促しているように見えた。▼
[ティアマト]
………▼
[アイク]
親父は…その剣を受け取らなかった。
もう1度、戦斧を握りなおすと…
あいつに襲い掛かった。▼
………………………▼
…………次の勝負は一瞬だった。▼
…俺は自分の目が信じられなかった。
親父と奴は…まるで抱き合ってる
ような状態のまま…動かず……▼
けど、親父の背中には…
あいつの剣の刃が…突き抜けてて……▼
[ティアマト]
………▼
[アイク]
…あいつが剣を抜いた衝撃で、
親父はよろめいて後退り…▼
それを俺が受け止めようとして…
受け止めきれずに…2人して地面に倒れこんだ。▼
親父の受けた傷は深かった。
けど、その時はまだ…生きていた。▼
[ティアマト]
……▼
[アイク]
あいつが近寄ってきて、
『あれを渡せ』と言った。▼
あの時は、わからなかったが…
今なら…もう、わかる。▼
あいつは…デイン王のために
メダリオンを取り返しに来たんだ。▼
親父はメダリオンを捨てたと言ったが、
あいつがそれを信じるわけがなかった。▼
今度は、俺の命を餌に…
親父に口を割らせようとした。▼
頭に血の上った俺は、
あいつに襲い掛かったが…無駄だった。▼
それでも、諦めきれず
もうどうなってもいいと…奴に向かっていった。▼
[ティアマト]
なんて無茶なことを…▼
[アイク]
ガリア王の助けがなければ、
俺はあの場で死んでいただろう。▼
[ティアマト]
………………▼
[アイク]
あいつが姿を消した後は…
ただもう…親父を……
死なせたくない一心で歩いた。▼
親父は…生きていた。
だから…城にたどり着きさえすれば
救えるんだって……▼
……ありもしない考えにすがって…
城の明かりを目指して…歩いた…
……………………▼
[ティアマト]
……………ありがとうアイク。
1人で…辛かったわね。▼
[アイク]
ティアマト…▼
[ティアマト]
グレイル団長は、
あなたの背で亡くなった。▼
想像していたより……
……ずっと幸せな最期だったわ。▼
…ありがとう……
………これで…やっと…
あの人の死の哀しみから…解放された………▼
[アイク]
………ティアマト。▼
[ティアマト]
なに?▼
[アイク]
俺は、まだ…
あんたに話してないことがある。▼
[ティアマト]
………▼
[アイク]
…俺は、もうあいつと……
漆黒の騎士と再会した。▼
[ティアマト]
!!▼
[アイク]
…戦い、剣もかわした。▼
[ティアマト]
……それでよく…生きて………▼
[アイク]
俺だって、あの夜とは
比べ物にならんほど自分を鍛えたつもりだ。▼
だが…それでも
あいつには通用しなかった。▼
[ティアマト]
仕方ないわ。
グレイル団長ですらかなわない相手だもの…
あなたにはまだ……▼
[アイク]
そうじゃない。
俺の剣技自体が、あいつに
通用しなかったわけじゃない。▼
[ティアマト]
? …それは、どういう意味?▼
[アイク]
ティアマト、あいつの鎧は…
一切の攻撃を受け付けない。▼
[ティアマト]
まさか…そんな……▼
[アイク]
女神に祝福された鎧だと言っていた。
そして…それにダメージを与えられるのは
同じく女神に祝福された武器だけだと。▼
[ティアマト]
だけど、そんなもの……
どこで手に入れるっていうの?▼
[アイク]
ここにある。▼
[ティアマト]
!!
アイク…!
この剣を、どこで!?▼
[アイク]
親父が死んだ次の夜……
1人でまた、あの場所に戻ったんだ。▼
なにか…あの騎士を追うための
手がかりが残ってないかと思ってな。▼
剣はそこにあった。
俺はそれを城に持ち帰り…
これまでずっと隠し持っていた。▼
使おうと思っていたわけじゃない。
この剣を持っていれば、
あいつに再びあえると信じていた。▼
――そしてその通りになった。▼
[ティアマト]
この剣なら…
あいつに通用するのね?▼
[アイク]
そのはずだ。
神剣ラグネル…あいつの持っている剣と
対になっている。▼
[ティアマト]
……少しでも勝てる気はする?▼
[アイク]
………勝つ。▼
[ティアマト]
じゃあ、私は止めない。
その剣で…グレイル団長の仇を討って。▼
だけど、アイク……
1つだけ約束して欲しいの。▼
[アイク]
なんだ?▼
[ティアマト]
やつと対峙して…剣を交わして…
少しでも勝てないと思ったら
迷わず逃げなさい。▼
時には逃げることだって…
負けにならないことがあるわ。▼
[アイク]
ティアマトは、
俺が信じられないのか?▼
[ティアマト]
信じてるわ。
あなたなら…いつか必ず、
漆黒の騎士に勝ってくれるって。▼
だからこそ…
1度の戦いで…命を失わないで欲しい。▼
いざ、その時が来たら…
私は絶対…
あなたたちの勝負の邪魔はしない。▼
もちろん、他の誰にも
邪魔はさせないつもりよ。▼
1対1であいつに向かって…
そして…自分の目で冷静に判断して。▼
時には逃げることが
後の勝利を生むことがある。
それを忘れないでいて。▼
[アイク]
…………わかった。▼

オープニング-2

(背景:夕暮れの天幕前、中央左:アイク、右端:ユリシーズ)

[ユリシーズ]
アイク将軍!
どうか、あちらに集まって下さい。▼
明日の進軍について
至急、軍議をおこないますので。▼

(暗転)


*ユリシーズ死亡時

(背景:夕暮れの天幕前、中央左:アイク、右端:クリミア兵)

[クリミア兵]
アイク将軍!
どうか、あちらの天幕にお越し下さい。▼
明日の進軍について
軍議がおこなわれるとのことです。▼

(暗転)


(背景:王女の天幕内、中央右:アイク、右端:ティアマト)

[ティアマト]
あの城に…
漆黒の騎士がいるというのね?▼
[アイク]
多分、間違いないだろう。▼

(中央左にライ登場)

[ライ]
……そいつはやっかいだな。
あいつ、化身したオレの一撃でも
ほとんどダメージを与えられなかったぞ。▼
[アイク]
……あいつの鎧は
女神の祝福を受けているらしい。
普通の攻撃はきかない。▼
[ライ]
じゃあ、どうやって倒すんだ?▼
[アイク]
…俺にまかせてくれ。
俺は、あいつの鎧に有効な剣を
持っている……▼

(左端にティバーン登場)

[ティバーン]
……不本意だが、仕方ねえか。
俺たちには武器とやらは使えん。
武器も防具もベオクのものだからな。▼

(ティアマト消え、右端にユリシーズ登場)

[ユリシーズ]
では、件の騎士が現れた場合は、
アイク将軍におまかせするとして…▼
城内に突入する部隊の選出を……▼

*ユリシーズ死亡時

(ティバーン、ライ、アイク、ティアマトの順に並ぶ)

[ライ]
じゃあ、あの騎士を倒す
主役はアイクにゆずるってことで。▼
あとは城内に突入する部隊を……▼

(ティバーン・ライ消え、中央左にミスト登場)

[ミスト]
お兄ちゃん…
ちょっといいかな?▼
[アイク]
ミスト?
今はだめだ。
軍議の最中なんだぞ。▼
[ミスト]
わかってる。
だけど、お願い!
ほんのちょっとでいいから…▼
[アイク]
ミスト…
後で必ず時間をつくる。▼
だからおとなしく待って…▼

(左端にエリンシア登場)

[エリンシア]
……あ、あの…っ!▼

(ミスト・アイク消える)

[ユリシーズ]
どうされましたかな?
麗しの我が君。▼
[エリンシア]
少し…めまいがします。
半刻ほど、休んでもいいでしょうか?▼
[ユリシーズ]
ああ! なんたることだ。▼
我輩ともあろうものが、
報告に逸るあまり
姫君のご様子に気付かないなどと…▼
平にご容赦下さいませ。▼

(ユリシーズ、中央左に移動)

[ユリシーズ]
ささ、お手をどうぞ。
よいですな、諸君。▼

*ユリシーズ死亡時

(左端にエリンシア登場)

[エリンシア]
……あ、あの…っ!▼
少し…めまいがします。
半刻ほど、休んでもいいでしょうか?▼

(ティアマト消え、右端にライ登場)

[ライ]
ああ!そりゃ大変だ!
姫に万一のことがあったら
戦どころの話じゃなくなる。▼
ここは一息いれるってことで
どうですか?▼

(ライ消える)


(右端にジョフレ登場)

[ジョフレ]
もちろんだ。
姫、どうかごゆっくりお休み下さい。
我々は個々の準備を進めておきますから。▼
[エリンシア]
は…はい……
ごめんなさい……▼

(暗転)

(背景:夕暮れの天幕前、中央左:ミスト、中央右:アイク)

[アイク]
……どうした?▼
[ミスト]
………▼
[アイク]
せっかく、姫が
作ってくれた時間だ。
わかってるだろう?▼
[ミスト]
……あの…ね。
後でもいいかなって
思ったけど……▼
やっぱり早く言っておきたくて。▼
[アイク]
……俺もずっと、
おまえと話をしたかった。▼
あの時以来、ほとんど
口をきかなかっただろ、おまえ。▼
[ミスト]
……えっと…
ご、ごめんね……▼
聞かされたことに…
…すごく驚いたから……
それで……▼
[アイク]
母さんが死んだ原因が……
…親父だったってことか?▼
[ミスト]
う、うん……▼
[アイク]
…仕方ないさ。▼
それで、話す気になったってことは
何か答えが出たのか?▼
[ミスト]
わたし、最初は
全然信じられなくて…▼
メダリオンのこととか、
邪神の復活とかは、なんていうか…
わたしにはあんまり…ぴんとこなくて……▼
……それより全然、
お父さんたちの話で…いっぱいで……▼
ずっとずーっと……
考えてたけど…でも…▼
頭が考えること、
すごく嫌がってて……▼
どうしていいかわかんなくて……
……ずっと眠れなかった。▼
[アイク]
…ああ、俺もそうだった。▼
[ミスト]
体力の…限界だったのかな。
昨日の晩、やっと眠れて…▼
今朝、目が覚めたら……
……なんか、ぽかんと
色々抜け落ちちゃってて……▼
心の中には、1個しか気持ち…
残ってなかった。▼
[アイク]
気持ち? どんな?▼
[ミスト]
可哀想…かな。▼
[アイク]
…母さんが、か?▼
[ミスト]
ううん。
お父さんがね、1番、可哀想……▼
お父さんとお母さんは
愛し合ってたんでしょ?▼
それなのに、お父さんは
メダリオンのせいで……▼
意識がその…暴走?…
しちゃって……▼
気がついたら、
お母さんを……▼
わたし、お父さんが死んだ時、
もう世界が終わっちゃうってくらい…
本当に…辛かった……▼
だからお父さんも…▼
ちがう…お父さんは……
きっと……もっと…………▼
[アイク]
そうだな…親父は
全部1人で抱え込んでたんだ。▼
母さんのことも、メダリオンのことも、
……追っ手のことも。▼
俺たちには何も知らせず、
1人で戦ってたんだ。▼
[ミスト]
……お父さんの仇って、
あの港町トハで見かけた…
真っ黒な鎧の騎士…なんだよね?▼
[アイク]
ああ。▼
[ミスト]
…お兄ちゃんは、
あの人と戦うんでしょう?
お父さんのために……▼
[アイク]
そうだな。
あいつのことだけは…
誰にも譲る気はない。▼
[ミスト]
………止めてもムダだよね。▼
わたしが男だったら…
もっとちゃんと、剣が使えるなら…
同じこと考えるもん……▼
[アイク]
ミスト……▼
[ミスト]
でも…約束は守ってよ。▼
お兄ちゃんは、お父さんのかわりに
傭兵団と…それから
わたしを守るって言ったんだから。▼
……勝手に死んだりしたら、
許さないんだから……▼
[アイク]
わかってる…
…俺は絶対に負けない。▼
[ミスト]
…………うん!▼

(暗転)

*ユリシーズ生存時のみ追加

(背景:王女の天幕内、中央左:ユリシーズ、中央右:エリンシア)

[ユリシーズ]
お加減はいかがですかな、
姫……▼
[エリンシア]
……嘘です。
本当は気分なんて悪くありません。
だまして…ごめんなさい。▼
[ユリシーズ]
わかっております。
あの兄妹のため、でしょう?▼
我が君は、ことのほか
あの者たちが大切なご様子。▼
[エリンシア]
……お父様とお母様を
目の前で亡くし……▼
次々に兵が倒れてゆき…
ジョフレたちとも…はぐれて……▼
そんな時に、助けてくれたのが
アイク様たちでした。▼
あの人たちがいてくれなかったら、
私は…とっくに死んでいたでしょう。▼
アイク様も、ミストちゃんも
私と同じ痛みを持っていました。
戦いによって親を失ったという……▼
そのせいかもしれません……
2人とも、さりげなく
だけどとても暖かく、私に接して…▼
心の支えとなって下さいました。▼
ミストちゃんとは、いつも
励ましあっていたように思います。▼
ですから……▼
[ユリシーズ]
姫を救ってくれた恩人です。▼
兵の中には、アイク将軍に嫉妬して
彼の身分についてとやかく
言うものもいるようですが……▼
些細なことです。▼
我らクリミア臣下は、
あの将軍を好いておりますよ。▼
[エリンシア]
……ユリシーズ。▼
[ユリシーズ]
さて、では、
そろそろ戻りましょうか。▼
[エリンシア]
はい。▼

(暗転)

進撃前

【ナドゥス城】

(マップ画面:左方向から1人の兵士が現れ画面上側の漆黒の騎士の前まで進む)

[ハフェド](下段)
騎士殿。
まもなく、クリミア軍が
再攻撃を仕掛けて参りますぞ……▼
編成は先日の半獣混成部隊とは異なり、
あのベウフォレス将軍を討った
クリミア軍の主力である模様……▼
容易ならざる相手と言えましょうな……▼
[漆黒の騎士](上段)
……そうか。▼
フッ ここが
決着の場となるか……▼
[ハフェド](下段)
騎士殿……?▼
[漆黒の騎士](上段)
ハフェド、おまえが指揮をとれ。
城の守りはおまえに任せよう。▼
私は奥でイナ将軍に用がある。▼
[ハフェド](下段)
承知致しました……▼

(漆黒の騎士扉の奥に消える)

(マップ画面:城内を映し出す)

[アイク](上段)
全員、用意はいいな?▼
城内の兵力はデイン王都からの
援軍でさらに増強されているらしい。▼
これ以上、敵が増えないうちに
一刻も早くこの城を落とす。▼
もし【漆黒の騎士】が現れたら……
無理に手を出すな。俺に任せてくれ。▼
奴は、俺が倒す!▼

(出撃開始)

ハフェド初戦時

[ハフェド](上段)
……陛下の気まぐれがなければ
貴殿らと、こうして相対することはなかった。▼
……武人にとって、強敵を得ることこそ
最上の喜びなれば……
陛下には御礼申し上げねばならぬ。▼
では……つつしんで
御相手いたしましょう。▼

アイクで攻撃時

[アイク](上段)
…漆黒の騎士はこの奥だな?▼
[ハフェド](下段)
左様…▼
[アイク](上段)
……そこをどいてもらおうか。
俺はあいつに用がある。▼
[ハフェド](下段)
ほう…貴殿と騎士殿には
なにやら因縁がある様子。
興味の尽きぬところではありますが……▼
騎士殿の前に
私を倒さねばならぬこと……
お忘れなきよう!▼

タウロニオで攻撃時

[ハフェド](上段)
デインを離れ、▼
クリミア側につかれたとか……
軍人とて人間……
それもまたよろしいでしょう。▼
ですがその報いは……
受けていただかねばなりませんな。▼

鳥翼族(タカ)で攻撃時

[ハフェド](上段)
タカ型の鳥……
すなわち、フェニキスの御仁か。▼
……昨日は、貴殿らの王によって
沢山の兵を失いましたぞ。▼
さて…その配下の力は如何ほどか…
……お手柔らかに願いたいところだ。▼

獣牙族で攻撃時

[ハフェド](上段)
獣牙族……
いささか荷が重い相手ですな。▼
とはいえ、私も負けるわけには
いかぬ身…… いざ!▼

リュシオンとの対戦会話

[ハフェド](上段)
ほう、貴殿が噂に聞く
セリノスの王族ですな……▼
戦でさえなければ、
その歌をお聞かせ願いたい
ところですが…残念ですな…▼

ハフェド撃破時

[ハフェド](上段)
これまでの……ようですな……
私は…己が分を…わきまえている……▼

クリア後

[アイク](上段)
この奥に、あいつがいる…
誰も来るな!
俺が1人で行く!!▼

(マップ画面:アイク、扉の向こうに行く)

(背景:マップ画面、中央右:セネリオ)

[セネリオ]
アイク!!
待ってください!
僕もいっしょに…!▼

(右端にティアマト登場)

[ティアマト]
だめよ、セネリオ!
アイク1人で行かせるの。▼
漆黒の騎士は、彼の標的…▼
あいつを倒すということは、▼
グレイル団長の死を
本当に乗り越えるために
必要な儀式なのよ。▼

(セネリオ中央左に移動し、ティアマトの方を振り返る)

[セネリオ]
…また、そんな綺麗事を!!▼
アイクに、
もしものことがあったら…!▼
[ティアマト]
…今のアイクなら……
自分の力でかなう相手かどうかは、
冷静に見極められるはず……▼
もし、それができないようなら……
彼はそこまでの器だったということ。
……あきらめるしかないわ。▼
でも…私はアイクを信じている。
彼の命はもう…彼1人のものじゃない。▼
…仲間を…みんな残して……
無謀な戦いでの死を選ぶなんて…
そんな無責任なことはしないわ。きっと。▼
セネリオだって、そう思うでしょう?▼
[セネリオ]
…………▼
[ティアマト]
グレイル団長……
あなたの息子をお守りください…▼

(暗転)



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-01-25 (火) 04:16:06