章別会話


オープニング

(森の中、稽古をしている二人)

[アイク]
たぁー!くっ て、てやー!

(グレイルが突き出した攻撃をかわし、仰向けに倒れるアイク)

[グレイル]
どうしたアイク、もう終わりか?

(起き上がるアイクと再びやりあうグレイル)

[アイク]
ぐ・・・、はぁー!あっ、がぁー!はっ!

(アイクが振り下ろした攻撃を受け止めたところにミストが駆け寄ってくる)

[ミスト]
お父さーん!お兄ちゃーん!
[グレイル]
おお、ミスト…

(よそ見をしたグレイルにアイクが攻撃)

[アイク]
たぁー!(かわされて背中を強打される)あー…

(倒れるアイクに駆け寄るミスト)

[ミスト]
お兄ちゃん!お兄ちゃーん!

(気絶したアイクの夢の中、メロディーが流れ、一人の女性が微笑む)

[アイク]
母さん…。あっ

(アイクが目覚めて上体を起こすと額にのっていたハンカチが落ちる)
(メロディーを口ずさみながら花を摘むミスト)
(起き上がってミストの傍に行くアイク)

[アイク]
ミスト…、その歌…。
[ミスト]
あっ、お兄ちゃん。気が付いた?

(言って微笑むミストの顔に夢の中の母が重なる)

:ムービー終了、以後会話イベント

[ミスト]
大丈夫?▼
[アイク]
あ、ああ…▼
[グレイル]
気がついたか。▼
[ミスト]
もう! お父さん、やりすぎだよ!▼
いくら訓練用の武器だからって、
本気で殴ることないじゃない。▼
[グレイル]
このくらいで音を上げているようでは、
傭兵として生き抜いてはいけん。▼
[ミスト]
でも!▼
[アイク]
ミスト、俺なら大丈夫だ。▼
[グレイル]
フン そうでなくてはな。 さあ、構えろ!▼
[ミスト]
え、ちょっと、まだやるの?▼
[アイク]
せめて一撃… 親父に、くらわすまでは
やめるわけにはいかない。▼
[グレイル]
いい覚悟だ。だが、今のままでは
何度やっても同じ…ん?▼
[ボーレ]
お、やってるやってる。▼
[ミスト]
あれ、ボーレ、
どうしたの?▼
[ボーレ]
どうしたもなにも。▼
団長たちを呼びに出てった
おまえが戻ってこねえからさ。
副長が見てこいって。▼
[ミスト]
あ、そっか。 ごめんごめん。▼
[ボーレ]
ま、団長にボコボコにされてる
アイクを笑ってやろうかと思ったんだが…
意外と元気じゃねえか。つまんねえの。▼
[アイク]
悪かったな。▼
[ミスト]
一足遅かったね。
ついさっきまでのびてたんだけど。▼
[アイク]
ミスト!▼
[ミスト]
えへへ…ごめんなさい。▼
[グレイル]
ちょうどいいところに来た。▼
ボーレ、おまえがアイクの
相手をしてやれ。▼
[ボーレ]
え? おれがですか?▼
[グレイル]
まずは腕の近いものと戦って
コツをつかんだ方がいいだろう。▼
[アイク]
わかった。▼ ボーレ、よろしく頼む。▼
[ボーレ]
へっ
腕が近いってのは気にくわねえが
仕方ねえ、相手をしてやるぜ!▼
さあ、どっからでもいいぜ!
かかってこい!!▼

進撃後

[ボーレ]
おーい、どうしたんだ?
早くかかってこいよ。▼
[アイク]
今行く、そこで待ってろ!▼
[ボーレ]
早くかかってこいって。
それとも、おれが怖いのか?▼
[ボーレ]
おいおい、なにしてんだ?
ちゃんとやる気あんのか?▼
[ボーレ]
ふあぁ…
なんか眠くなってきたぜ。▼
[ボーレ]
わっ! …とと。
いきなり何しやがんだ!
いま、やることじゃねえだろ?▼
[ミスト]
お兄ちゃん、
そっちじゃないよ!▼
[ミスト]
だから、
そっちじゃないってば!▼
[ミスト]
もうっ!
わたしの言ってること、
聞く気ある?▼
[ミスト]
あーっ!!▼

(ミスト、アイクの側に移動)

[ミスト]
信じらんない!
武器を捨てたら戦えないじゃない。▼
よいしょっと…
はいっ!お兄ちゃんの剣。▼
[アイク]
ああ…すまん。▼
[ミスト]
これからは気をつけてね。▼

(訓練用の剣を手に入れた)

[ボーレ]
や、やるじゃねえか。▼
[ミスト]
ボーレ、
かっこわる~い。▼
[ボーレ]
るせえ!▼
[グレイル]
ボーレ、ご苦労だったな。
もういいぞ。▼
[ボーレ]
あ、はい!▼
[グレイル]
ボーレの油断があったにしろ、
今の動きは、まずまずだった。
それを覚えておくがいい。▼
[アイク]
わかった。▼
[グレイル]
さあ、次はまた俺が相手だ。▼
[アイク]
望むところだ!▼
[グレイル]
だが、その前に…
ミスト!▼
[ミスト]
は~い。▼
はい、お兄ちゃん!
きずぐすり。▼
お父さんと戦う前に
ちゃんと使ってね。▼
[グレイル]
小さなケガでも、余裕のあるうちに 治すよう心がけろ。▼
やばいと思った時には
もう手遅れだった…
ということのないようにな。▼
[グレイル]
アイク、
こちらからも行くぞ!▼
[グレイル]
ほう、少しは、ねばるか。▼
[アイク]
……▼

戦闘会話

[ミスト]
がんばれ~!
ボーレなんか、やっつけちゃえ!▼
[ボーレ]
『なんか』はねえだろう。
『なんか』は。▼
[グレイル]
全力でかかって来い!▼
[グレイル]
…む!▼

クリア後

(ミスト、二人のそばに来る。)

[ミスト]
お兄ちゃん、すっごーい!▼
[アイク]
…親父、本気じゃなかっただろう?▼
[ミスト]
え、そうなの?▼
[グレイル]
…それに気付けたなら、
おまえも少しは成長したということだ。▼

(ボーレ、三人のそばに来る。)

[ボーレ]
そうそう、おれだって
実は本気じゃなかった…▼
[ミスト]
それはウソ。▼
[ボーレ]
ちぇっ。▼
[アイク]
…じゃあ、俺ももう一人前だって
認めてくれるよな?▼
[グレイル]
仕事に出る話か?
[アイク]
ああ。ボーレだって戦場に出ているんだ。
俺もいいかげん、見習いは卒業したい。▼
[ボーレ]
そりゃ、おまえとちがって
おれは腕が立つからよ。▼
[ミスト]
さっきは負けたくせに~。▼
[ボーレ]
あれは、たまたまだよ。
た・ま・た・ま。▼
[グレイル]
そうだな…まあ、いいだろう。
おまえも明日から傭兵団に参加しろ。▼  
[アイク]
本当か!?▼
[グレイル]
ただし、無理だと思ったら、
すぐ訓練に逆戻りさせるからな。
せいぜい頑張ることだ。▼
[アイク]
大丈夫だ。
すぐ…みんなに追いついてみせる。▼
[グレイル]
どうだかな。
さあ、そろそろ砦に戻るぞ。
みんなが待っている。▼

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-15 (木) 01:14:05