章別会話


オープニング-1

【大神殿マナイル】

(背景:神殿玉座前、中央左:サナキ、中央右:エリンシア、右端:アイク)

[サナキ]
よくやってくれた、アイク。▼
そなたたちの働きによって、
我がベグニオンの苦慮する
長年の咎が…僅かなれど解決した。▼
そこで…かねてよりの約束どおり、
ベグニオンの、クリミア再興への支援…
間違いなく行われようぞ。▼
宰相たるセフェランが戻らぬゆえ、
国を挙げてというわけには参らぬが……
わたしの動かせる兵をそなたたちに貸し与える。▼
好きに使うがよいぞ。▼
[アイク]
わかった。
よかったな、エリンシア姫。▼
[エリンシア]
は、はい。▼
[サナキ]
…今回のことで、よく分かった。
やはり、この大地にラグズは必要なのだ。▼
ベオクとラグズは手をとりあって
生きていくべきものなのだろう。▼
先代神使たる我が祖母も…
父母もそれを望んでおられた。▼
エリンシア姫。
そなたの父、クリミア王ラモン殿こそ
親ラグズの先駆者であった。▼
ラグズ共存の道……
わたしも元老院に提案してみようと思う。▼
すぐには聞き入れられぬだろうが、
もう、見て見ぬふりは許さぬ。▼
エリンシア姫、必ずやクリミアを
再興するのじゃ。▼
そして、わたしと手を取り合って
この世界を変えてゆこうぞ。▼
[エリンシア]
サナキ様…▼
なんともったいないお言葉……
亡き父も、どんなに喜ぶことでしょう。▼
[アイク]
…俺は、用済みだな。
話が終わるまで外で待っているぞ。▼

(アイク消える)

[サナキ]
こら、待たぬか。
まだ用は終わっておらん。▼

(右端にアイク現れる)

[アイク]
なんだ?▼
[サナキ]
…相変わらずせっかちな奴じゃの。▼
よいか、アイク。
そなたがクリミア再興軍の一員となるなら、
それなりの身分が必要となる。▼
[アイク]
貴族の仲間になれって話なら、断るぞ。
俺の柄じゃない。▼
[サナキ]
それが、そういうわけにはいかんのじゃ。
我が国が貸し与える軍を率いるのが、
一介の名もない傭兵であっては、困る。▼
第一、兵もまとまらんしな。
観念して、エリンシア姫から
爵位を授かるのじゃ。▼

(サナキ・エリンシア消える)

[アイク]
…ったく。いちいち面倒だな…▼

(中央左にエリンシア現れる)

[エリンシア]
も、申し訳ありません。
どうしてもお嫌でしたら、無理強いはできませんが…▼
[アイク]
いや、必要なことならやらないとな。▼
どうすればいい?▼
[エリンシア]
あの、私に…
アイク様の剣を貸していただけませんか?▼
…ありがとうございます。▼
それから、その…
ひざまずいていただけますか?▼
(アイク消える)
す、すみません。▼
では…始めます。▼
『なんじ、アイク―――▼
クリミア王女の名におき
騎士としての地位と
爵位を与えるものとする』▼

(アイク、ロードにクラスチェンジ)

(背景:同じ、中央左:エリンシア、中央右:アイク)

[エリンシア]
こ、これで終わりです。▼
[アイク]
なんか、妙な感じだな。▼

(左端にサナキ登場)

[サナキ]
ほう、それなりに
様になっておるようじゃな。▼

(右端にシグルーン登場)

[シグルーン]
お似合いですよ。▼
[エリンシア]
ええ、とても…▼
[アイク]
そうか?
まあ、別にどうでもいいけどな。▼

(暗転)

ナレーション

(画面:大陸の地図)

ベグニオン帝国内西方の大森林地帯。*

かつて、そこには
鳥翼族サギの民が暮らす国
セリノス王国があった。*

(画面:地図から暗黒の森の風景に変わる)

セリノス大虐殺―――
その直後より色を失った森は
まるで女神の嘆きそのものに思えた。*

信心深いベグニオンの民は
二十年もの長い歳月の間、
自分たちの犯した罪に怯え震えていた。*

(画面右にサナキの画像)

ベグニオン皇帝たる神使サナキは
民の心情を代弁するべく、*

(画面左上にリュシオン・左下にリアーネの画像)

セリノスの僅かな生き残り
サギの民の王子・王女を前に、その膝を折る。*

国対国ではなく、同じ大陸に暮らす
仲間への心からの謝罪。
あの大虐殺を許す事はできない。*

しかし、憎しみの心は憎しみを生む。
どこかで断ち切らねば、
悲しみの連鎖は永遠に終わらない。*

そう考えたサギの民は、
神使の謝罪を受け入れ……*

(画面:緑の森)

そして
セリノスの森はかつての姿を取り戻した。*

(画面:大陸の地図)

この時のアイクたちの功績により、
王女エリンシアには
ベグニオンより一軍が貸し与えられることとなった。*

(画面左にアイクの画像)

平民の出ながらも
王女より爵位を与えられたアイクが
軍の指揮を任される。*

この年、最初の雪が降り積もる中、
将となったアイクが率いる
一軍―――クリミア正規軍は*

険しい峰を連ねるベグニオン=デイン国境へ
進撃を開始した。*

オープニング-2

(背景:玉座前、左端:漆黒の騎士、中央右:アシュナード)

[アシュナード]
…そうか、やつらが
ベグニオンを発ったか。▼
[漆黒の騎士]
【虫】のもたらした情報では、
ベグニオンの一軍を借り受け、▼
クリミア再興軍として、陸路
デインを抜け、クリミアへ
攻め上るつもりであるとか。▼
[アシュナード]
ほう、デインを横切るというのか。▼
たかが一軍を擁したところで、
核となるのは、たった十余の
傭兵どもであろうにな。▼
ガウェインの息子か…
あやつに匹敵する力を持つのか?▼
[漆黒の騎士]
いえ…まだ若く、
足元にも及ばぬでしょう。▼
[アシュナード]
フン、つまらぬな。▼
[漆黒の騎士]
剣の腕は未熟ながら、不思議と…
人をひきつける才があるようです。▼
その証拠に、ベグニオン神使だけではなく
セリノスの生き残り、そして
フェニキス王の信頼までも得たとか。▼
[アシュナード]
セリノスの…?
まだ生き残りがいたのか?▼
[漆黒の騎士]
どうやら王族が2人いる様子です。▼
[アシュナード]
フ……
これは、また上手くお膳立てされたものだ。▼
どちらか片方でよい、手に入れろ。
そして、メダリオンと共に我が手に戻せ。▼
[漆黒の騎士]
……御意。▼

(暗転)

(背景:雪原、左端:アイク、中央左:タニス)

[タニス]
あの長城をこえれば
いよいよデイン王国だ。▼
建物の上部を見ろ。
デイン側の竜騎士数隊が、
偵察のため出撃している。▼
(タニス中央右に移動し、アイクの方を振り向く)
アイク将軍、おぬしたちは
竜騎士と相対したことがあるか?▼
[アイク]
回数は、あまりないな。▼
だが、キルヴァスのカラスたちの方が
やっかいだったように思う。▼
[タニス]
…では、まだ真の竜騎士とは
戦ったことがないのだな。▼
[アイク]
…どういう意味だ?▼
[タニス]
今、見えている奴らがそうなのかはわからんが…
デインには、元ベグニオンの
宮廷騎士団に所属した部隊がいるはずだ。▼
訳あってたもとを分かったが……
彼らは相当、強いぞ。▼
[アイク]
神使があんたを遣わしてくれたのは、
そのためだったのか…▼
[タニス]
そうだ。聖天馬騎士であれば、
竜騎士にもひけをとることはない。
空には…空の戦い方があるからな。▼
[アイク]
俺たちは陸専門だからな。
その辺はまかせていいか?▼
[タニス]
うむ。神使親衛隊の
名に恥じぬ戦いをお目にかけよう。▼

(暗転)

(戦績表示及び講評)

(拠点メニュー)

情報

<兵士 ☆☆>

(背景:天幕内、左端:ベグニオン兵、中央右:アイク)

[ベグニオン兵]
アイク将軍。
全兵、準備完了しております。▼
[アイク]
…そのまま、待機しててもらえるか?▼
[ベグニオン兵]
集合がかかるまで、
天幕に控えて待機でしょうか。▼
それとも、整列し陣形を整えた上で、
待機していればよろしいでしょうか。▼
[アイク]
……天幕で控えててくれればいい。
用意ができたら声をかける。▼
[ベグニオン兵]
はっ!▼

(ベグニオン兵消える)

[アイク]
………▼

(左端に別のベグニオン兵登場)

[ベグニオン兵]
失礼します!▼
全軍待機の指令を受けましたが、
タニス将軍の天馬部隊も
待機でよろしいのでしょうか?▼
[アイク]
…それも、俺が決めるのか?▼
[ベグニオン兵]
……アイク将軍が、
全軍の指揮をとられると
うかがっております。▼
我々は、将軍の指令に従います。▼
[アイク]
…………
タニス将軍の部隊は、
タニス将軍の自由にしてよし。▼
[ベグニオン兵]
了解しました!▼
タニス将軍の天馬部隊は、
タニス将軍の『援軍』要請によってのみ
出動するようにという指令、▼
確かに承りました!▼
失礼します!▼

(ベグニオン兵消える)

[アイク]
………▼

<タニス ☆>

(背景:降雪中の天幕前、中央左:タニス、中央右:アイク)

[アイク]
タニス、ちょっといいか。▼
[タニス]
…アイク将軍。
どうした。何か問題でも?▼
[アイク]
あんたなら
知っているかと思ってな。▼
[タニス]
?▼
[アイク]
この先、戦うことになる…
デイン王とは、どんな奴なんだ?▼
[タニス]
私も、直に戦ったことはない。
だから具体的な強さなどは語れないが、
それでも構わないか?▼
[アイク]
ああ。とりあえず、
なんでも聞かせてくれ。▼
[タニス]
……アシュナードが即位したのは、
確か…18年前のはずだ。▼
デイン王都ネヴァサ周辺で
ひどい流行り病があって…
人が大勢死んだ翌年だったと記憶している。▼
テリウス大陸史においても、▼
戦以外で、あれほど多く
立て続けにベオクやラグズが死んだのは……
創始の大洪水以来だったろうな。▼
20年前のベグニオンでは、
セリノス王国の民がほぼ失われ…▼
19年前のデインでは、
王族を含め1000に届く数の
ベオクが死んだと言うのだからな。▼
[アイク]
デインの王族も死んでいたのか。▼
[タニス]
…当時の国王、妃、20人近くいたはずの
王子、王女が…ことごとく亡くなった。▼
ベグニオンでも、デイン王家は
血の断絶がおきるのではないかとの噂が
ひっきりなしに流れていた。▼
[アイク]
だが、アシュナードは生き残った。▼
[タニス]
そうだ。だがそれまでは…▼
王位継承には名の挙がることがなかったほど、
王位には遠い存在だったようだ。
別のところで、名だけは、よく知られていたがね。▼
[アイク]
どこだ?▼
[タニス]
戦場だ。▼
―――デインに猛将あり。
王子アシュナードの前では、
聖騎士一兵団でも霞む…とね。▼
ベグニオンとデインは、
互いに領土拡大を巡り何度も
ぶつかっていたからな。▼
比較的温厚な性質を持っていた
デイン前国王の時代に、▼
彼らが僅かながらも、我が
ベグニオンの領地を削り取ったのは…▼
ひとえにアシュナードの
力があったからと言っても
過言ではなかったようだ。▼
[アイク]
…………▼
[タニス]
すまんな、思ったより
長話をしてしまったようだ。▼
そろそろ、出撃の準備に
戻ったほうがいいだろう。▼
[アイク]
参考になった。
機会があればまた話してくれ。▼
[タニス]
わかった。▼

<トパック ☆>

(背景:降雪中の天幕前、中央左:アイク、中央右:トパック、右端:ムワリム)

[トパック]
アイク!
おいらたち、どの部隊に入ればいいんだ?
まだ指示をもらってないぜ?▼
[アイク]
トパック、ムワリム。
何度も言うようだが…
本当によかったんだな?▼
[トパック]
そう何度も言われるおいらたちって……
もしかしてお荷物なのか?
とか、かんぐっちまいそう。▼
[アイク]
いや、そうじゃないが。
…はっきり言って、
無謀な戦いを仕掛けようとしている。▼
クリミアに縁のない者は
なるべく関わらないほうがいい。▼
[トパック]
無謀な戦いなら、
おいらたちの奴隷解放運動だって
ずっとそうだったぜ。▼
な、ムワリム?▼
[ムワリム]
そうです。▼
ですが…アイク殿たちが
ベグニオンを訪れたことによって
事態は一変しました。▼
[アイク]
確かに、神使が…ラグズ奴隷の件は
徹底的に調べて、奴隷が1人もいなくなるまで
責任を持つと確約してくれた。▼
だから、おまえたちは、
もう戦わなくていいんだぞ?
それをわざわざ…▼
[トパック]
アイクたちと、いっしょに
戦いたいんだよ。
助けになりたいんだって!▼
[ムワリム]
この戦いに加わることを希望するのは、
坊ちゃんと私の自由です。▼
…それを、はね付けるかどうかは、
アイク殿の自由であるように。▼
[アイク]
…本音を言うと、
こちらから頭を下げてでも
力を貸して欲しい。2人とも、な。▼
[ムワリム]
はい。▼
[トパック]
へへ まかせときなって!▼

進撃前

トレガレン長城1

(背景:雪原、中央左:エリンシア、中央右:アイク)

[エリンシア]
アイク様…
ご出陣なさるのですか?▼
[アイク]
そうだ。
敵はまだ、俺たちが動き出したことを
知らないはずだ。▼
奇襲をかけて、一気に長城を陥落させる。
姫は本営で待機していてくれ。▼
[エリンシア]
はい……▼
[アイク]
そんな不安そうな顔しないで、
どっしり構えてろ。
あんたはこの軍の旗印なんだ。▼
[エリンシア]
それは分かっています。
でも…アイク様……▼
[アイク]
軍としてぶつかるのは初めてでも、
デイン軍とは何度かやりあっている。▼
…勝ってくるさ。
初戦から負けるわけにはいかないからな。▼
[エリンシア]
・・・信じてお待ちしています。
どうか、お気をつけて……▼

(暗転)

(マップ画面:長城前)

[アイク](上段)
じゃあ、行くか。
全軍出陣…▼
[エリンシア](中段)
待ってください、アイク様!▼
…上空に何か……!▼
[アイク](上段)
あれは…▼

(マップ画面、南方向から鳥翼族飛来)

[ティバーン](上段)
よぉ。いよいよクリミア軍として
デインに向かうんだってな。▼
[アイク](下段)
そっちも、国に帰るんだろう?
白サギの兄妹もいっしょに。▼
[ティバーン](上段)
俺は、そのつもりだったんだが…▼
どうしても、おまえたちに
ついて行きたいって、
だだをこねる奴がいてな。▼
[リュシオン](上段)
…ベオクが礼をつくしたのです。
我らも、義に背くわけにはいきません。▼
そうだろう、リアーネ?▼
[リアーネ](中段)
(ウン、ニイサマ。)▼
[リュシオン](上段)
アイク、といったな。▼
[アイク](下段)
ああ。▼
[リュシオン](上段)
私も妹も…おまえに危機を救われた。
我らサギの民は、義と礼を重んじる。▼
おまえに恩を返さなくてはならない。▼
[アイク](下段)
別に無理をしなくてもいい。▼
[リュシオン](上段)
私たちは【呪歌謡い】…
戦うことはできないが、
相手に力を与えることができる。▼
おまえが望むのであれば…
私は、おまえと共に行く。
妹の分も、恩に報いよう。▼
[アイク](下段)
……▼

※<仲間に入れる><断る>の選択肢が発生

<仲間に入れる>を選択の場合

[アイク](下段)
…せっかく会えた
妹の傍にいてやらなくていいのか?▼
[リュシオン](上段)
リアーネも、承知している。▼
[アイク](下段)
そうか。
だったら、頼む。▼
[リュシオン](上段)
わかった。▼
我が民の誇りにかけて、
おまえの力になることを誓う。▼
[ティバーン](下段)
決まりだな。
俺からも、護衛をつけよう。
ヤナフ!▼
[ヤナフ](中段)
はい、はーい!▼
[ティバーン](下段)
クリミア軍に同行し、
リュシオンを守れ。▼
[ヤナフ](中段)
おまかせください!▼
[ティバーン](下段)
ウルキ、おまえもだ。
いいな?▼
[ウルキ](中段)
…もちろんです。▼
[リュシオン](上段)
ティバーン!
そんなことまでは、
してもらえない…!!▼
リアーネと…父上のことも
お願いしているのに……▼
[ティバーン](下段)
この20年…
おまえがどんな気持ちで
フェニキスにいたか知っている。▼
こんなことしか
してやれなくて、悪い。▼
[リュシオン](上段)
…ティバーン。
感謝します。心から…
あなたに。▼
[アイク](上段)
フェニキス王、
リュシオンのことは任せてくれ。▼
クリミアを取り戻したら、
必ず無事、フェニキスに帰す。▼
[ティバーン](下段)
その言葉を信じよう。▼
これで、おまえたちと
タカの民、サギの民の間には
深いきずなができた。▼
もし、困った事態に陥った時は
俺を呼ぶがいい。▼
なにがあっても飛んでいこう。
文字通りな。▼

(マップ画面、ティバーンとリアーネ飛び去る)

<断る>を選択の場合

[アイク](下段)
せっかくだが、遠慮しておく。▼
[リュシオン](上段)
何故だ?▼
私では…役に立たないということか?▼
[アイク](下段)
そうじゃない。▼
リュシオン、あんた…
せっかく妹に会えたんだろ。
側にいてやるほうがいい。▼

(注:仲間にする場合の“傍”と使い分けしているらしい?)

[リュシオン](上段)
! …だが……▼
[ティバーン](中段)
リュシオン。
俺もそのほうがいいと思うぞ。▼
リアーネとともに、
ロライゼ様の側にいてやれ。▼
[リュシオン](上段)
はい…▼
[アイク](下段)
申し出には感謝している。
気持ちだけ、受け取っておくさ。▼
[ティバーン](中段)
…今回のことで、おまえたちと
タカの民、サギの民の間には
深いきずなができた。▼
もし、困った事態に陥った時は
俺を呼ぶがいい。▼
なにがあっても飛んでいこう。
文字通りな。▼
[リュシオン](上段)
…せめて、これを受け取ってくれ。▼
[アイク](下段)
なんだ?▼
[リュシオン](上段)
一族の宝だ。
…おまえたちの助けとなるだろう。▼
[アイク](下段)
わかった。
ありがとうな。▼
[リュシオン](上段)
………では。▼

<回復の書を手に入れた>

(鳥翼族全員飛び去る)

トレガレン長城2(共通会話)

[エリンシア](上段)
思いがけず、強い味方が
できたようですね。▼
[アイク](下段)
ああ。
ベオクとラグズ…▼
獣牙族も鳥翼族も、
俺たちと何ら変わりない。
分かり合うことができる。▼
[エリンシア](上段)
はい。
…私も、そう思います。▼
[アイク](下段)
じゃあ、今度こそ出発だ!
全軍、出撃!!▼

(出撃開始)

進撃後

1ターン目開始前

(マップ画面:長城内で敵兵が動く)

(背景:雪原、中央左:ネサラ、右端:カヤッチェ)

[カヤッチェ]
クリミア軍がきたようだな。▼
では、手はずどおり頼むぞ。▼
[ネサラ]
…俺のキルヴァス軍本隊は、
西山上にて待機。▼
別働隊をここに残し、あんたらに協力させる。
これで間違いないだろう?▼
[カヤッチェ]
う、うむ。▼

(マップ画面、ネサラ飛び去る)

(背景:雪原、中央左:カヤッチェ、右端:デイン兵)

[デイン兵]
…国王陛下は、いったい
何をお考えなのでしょう……▼
あんな、得体の知れない
半獣の国と手を組むだなどと…▼
[カヤッチェ]
……わからん。
陛下の崇高なお考えが、
我々に分かろうはずもない。▼
ただ、確実なことは
我らは陛下のお望みどおり動く。
それが全てなのだ。▼
[デイン兵]
もちろんでございます!▼
[カヤッチェ]
クリミア軍は、自分達の動きが全て
こちら側に漏れていることを知らん。▼
ふん! 急ごしらえの…
ろくに訓練も受けておらぬ
寄せ集め軍ごときに、何ができるというのだ。▼
どれほど腕がたつか知らんが…
たかが傭兵あがりの若造が指揮を
とっておるような集団だ。▼
恐るるにたりん。▼
[デイン兵]
本物の戦というものを、
教えてやりましょうぞ!▼
それで…キルヴァスのカラスどもは
いかがいたしますか?▼
[カヤッチェ]
半獣どもなど、おとりに使えばよい。
やつらを犠牲にすることで、
こちら兵の消耗を防ぐのだ。▼

(“こちらの兵の”の脱字と思われるが原文どおり記載)

[デイン兵]
それは名案ですな。▼
[カヤッチェ]
よし、では
全兵に徹底させるのだ。▼
[デイン兵]
はっ!▼

(マップ画面:カヤッチェ階段を駆け上がり、長城内の兵士に話しかける)

[カヤッチェ](上段)
…貴様、見ない顔だな?▼
[シノン](中段)
………▼
[デイン兵](下段)
こ、こら!
こやつめ…
閣下に頭を下げぬか!!▼
[シノン](中段)
……▼
[カヤッチェ](上段)
…ずいぶん
ふてぶてしい態度だな。
貴様の配下か?▼
[デイン兵](下段)
はっ!
本日付で配属になったばかりの
新参者で…▼
なにぶん教育が行き届いておらず、
誠に申し訳ございません……!!▼
[カヤッチェ](上段)
腕が確かだというなら、
愛想のないことぐらいは目をつぶろう。▼
私の手柄になるよう、1人でも多く
クリミア勢を潰してくれたまえ。▼
[デイン兵](下段)
はっ!▼
[シノン](下段)
…ケッ▼

(マップ画面、シノン移動)

[カヤッチェ](上段)
さあ来い、クリミアの生き残りども!
デインに逆らうということが
どういうことか…思い知らせてやろう。▼

キルヴァス兵の増援出現ターン

[ヤナフ](上段)
…おいおい、なにやってんだ
あの馬鹿ガラスども。▼
[ウルキ](中段)
……デインについたのか?
…信じられん……。▼
[リュシオン](下段)
……私だけでなく、
ラグズをも裏切ったのか…
ネサラめ……▼

*リュシオン、ウルキ、ヤナフの中の出撃しているメンバーで、上の台詞が発生します。
(例えば、ヤナフが出撃していなければ、ウルキの台詞がいきなり中段に出てきます。)

会話・ヨファ⇔シノン

[ヨファ]
シノンさん!?▼
[シノン]
…ヨファ。▼
[ヨファ]
やっぱり、シノンさんだ!▼
[シノン]
いっちょまえに、弓構えた格好が
さまになってんじゃねぇか。▼
[ヨファ]
そ、そう? えへへ▼
[シノン]
おまえは昔から、筋が良かった。▼
オレの言ったとおりだったろ。
鍛え方を考えれば、
2人の兄貴どもより伸びるってな。▼
[ヨファ]
先生が、よかったからだよ。▼
[シノン]
そりゃ、そうだ。
おまえ、そのことを他の奴に
ばらしてねえだろうな?▼
[ヨファ]
うん、言ってない。
ぼく、約束はちゃんと守るよ。▼
[シノン]
そっか。えらいぞ。▼
[ヨファ]
へへ
……ねえ、シノンさん。▼
[シノン]
なんだ?▼
[ヨファ]
シノンさんは…敵?▼
[シノン]
ああ。▼
[ヨファ]
………ぅ…っく…▼
[シノン]
……泣くな。
こういうこともあるって
教えてやったこと、忘れたのか?▼
[ヨファ]
…って …だって…
……ひっ…く…▼
[シノン]
……さぁて。師弟対決といくか。▼

会話・ミスト⇔シノン

[ミスト]
シ、シノン!?
どうしてデイン軍にいるの…?▼
[シノン]
…チッ おまえには
関係ないだろ。▼
[ミスト]
そんな…どうしよう。
仲間だったシノンと…
戦えるわけないじゃない……▼
[シノン]
甘いこと言ってんじゃねえよ。
傭兵ってのは、元来、そういう稼業だ。▼
今のおまえとオレは敵同士。
やるんなら、やるで
さっさと始めようぜ?▼
[ミスト]
…………▼
[シノン]
………▼
[ミスト]
やだ。 …やっぱり戦えない。▼
[シノン]
チッ じゃあ、どうすんだよ?▼
[ミスト]
グレイル傭兵団に戻って。▼
[シノン]
はぁぁ!?▼
[ミスト]
それがダメなら、クリミア軍に
雇われて! お願い!!▼
[シノン]
ふざけんじゃねえ。
…どっちにしても、アイクが頭
やってんじゃねえか。▼
[ミスト]
そ、そうだけど…▼
[シノン]
何があろうと…
オレが奴の下につくことはねぇ。▼
昔のよしみで、今回だけは
見逃してやるから
ガキはとっとと戦場から消えな。▼
[ミスト]
シノン…▼
[シノン]
オレに泣き落としはきかねえぞ。
いいか、誰が来てもいっしょだからな。▼
[ミスト]
…ヨファでも?▼
[シノン]
…あぁ。
じゃあな。次に近くで見かけたら
遠慮なく、やるからな。▼

会話・シノン⇔キルロイ

[キルロイ]
シノン……!▼
[シノン]
……キルロイか。
チッ 面倒くせえ奴に会っちまったぜ。▼
[キルロイ]
よかった……
帰ってきてくれたんだね!▼
出て行ったって聞いた時は…
どうしようかと思ったけど……▼
[シノン]
……おいキルロイ、
何寝惚けてやがる。▼
オレはな、デインに雇われてんだぜ。
クリミア側のおまえらは敵なんだよ。▼
[キルロイ]
え……?▼
そ、そんな……まさか……▼
[シノン]
考えもしなかったって面だな。
まったく、お人好しもそこまでいくと
ただの間抜けだぜ。▼
[キルロイ]
シノン……嘘だろう?
君はそんなことばかり言うけど……
でも本当は……▼
[シノン]
おまえがお人好しなのは
今に始まったことじゃねえが……▼
他人までみんなそうだとは、
思わねえこったな。▼
オレは
かつての仲間だろうがなんだろうが
金になるなら喜んで始末するさ。▼
[キルロイ]
シノン……▼
もしかして、何か僕たちに
言えない事情があるのか……?▼
誰かを庇っているとか……
大切な人を人質にされていて、
それで仕方なく……とか……▼
[シノン]
ねえよそんな事情は!
おまえはオレを買いかぶりすぎだ。▼
さっさと失せなキルロイ、
もたもたしてるとてめえから消すぜ!▼

シノン初戦時

[シノン]
……オレの矢は、
てめえを逃しはしねえぜ?▼

アイクvsシノン

[シノン]
やっぱりな……
てめえとはいつかこうなる
気がしてたぜ、アイク。▼
[アイク]
シノン……▼
[シノン]
行くぜ!▼

ティアマトvsシノン

[ティアマト]
シノン! あなた…
よりによってデインにつくなんて……▼
[シノン]
ひさしぶりだな副長さんよ。
あんたとはいっつも
そりが合わなかったが……▼
オレはあんたの下で働くの、
嫌いじゃなかったぜ?▼
[ティアマト]
私も…あなたの
その憎まれ口を聞くのは……
嫌いじゃなかった。▼
全力を尽くしましょう。
……お互いに、敬意を払って。▼
[シノン]
賛成だ。
最後にはじめて…意見が合ったな。▼

オスカーvsシノン

[オスカー]
どうして、デインについたんです?▼
シノンほどの腕なら…
ベグニオンに仕官する道だって
当然、あったはずだ。▼
それを……なぜ?▼
[シノン]
ヘッ
あんな貴族社会でガッチガチの国に
仕えてどうするよ?▼
平民出のオレが、
どんに戦功あげたところで
せいぜい、中隊長どまりってとこだろ。▼
デインは違う。
実力さえありゃあ、どこまでだって
登りつめていけるんだからな。▼
[オスカー]
出世が、そんなに大事ですか?▼
[シノン]
オレにとっちゃあ、全てだ。▼
さぁて、楽しいお喋りはここまでだ。
いくぜ?▼
[オスカー]
………▼

ボーレvsシノン

[ボーレ]
シノン!
あんたがどこにつこうが
おれの知ったこったゃねえ。
…けど、いくらなんでも
デインはねえだろうがっ!
なに考えてんだよ!?▼
[シノン]
……ったく、
相変わらずやかましい野郎だな。
いいか、今のデインはなぁ、
仕えるにゃ最高の国だぜ?
金払いはいいし…なんたって
力で身分の壁ってのが越えられる。
なんなら、おまえもこっち来るか?▼
[ボーレ]
っざけんなっ!!▼
[シノン]
じゃあ、仕方ねえな。
昔のよしみで、オレ直々に
大人の戦い方ってのを教えてやるよー
授業料には、命賭けてもらうけどな。▼
[ボーレ]
言ってろ!
その曲がった根性…
おれがたたき直してやる!!▼

キルロイvsシノン

[キルロイ](上)
もうやめよう、シノン!
……グレイル団長だって、
こんなことを望んではいな……▼
[シノン](下)
黙れよ、キルロイ。
説教を聞く気分じゃねえ。▼
オレのことより…
てめえの命を心配してな。▼
[キルロイ]
シノン……▼

ガトリーvsシノン

[ガトリー]
シ、シノンさ~ん…
勘弁してくださいよ?▼
やっぱ、シノンさんと戦うの…
かなりキツいっすよ………▼
[シノン]
ガトリー、おまえも
いつまでもオレのことなんざ
気にしてんじゃねえ。▼
傭兵ってのは、てめえのことだけ
考えてちゃそれでいいんだ。
……だろ?▼
[ガトリー]
そう…っすね……
ははは ………
…わかっちゃいるんすけど…ね……▼

セネリオvsシノン

[シノン]
これはこれは…
すっかり一人前の兵士きどりか?▼
貧相なおまえは、
頭を使うのが仕事なんだから…
前線なんかにゃ出てこねえで
アイクの後ろに隠れてろよ。
なぁ、セネリオ。▼
[セネリオ]
…あなたは知性の欠片も
ないような人でしたが……
弓の腕だけは一流だった。▼
それは認めます。▼
ですが…今の僕の実力も……
あなたが知る程度のものだと、
思わないほうが身のためですよ?▼
[シノン]
へっ……相変わらず
かわいげのねえガキだぜ!▼

ミストvsシノン

[ミスト](上)
もう、やめてよシノン!
なんで仲間同士で戦いなんて……
こんなの、ひどすぎるよ……▼
[シノン](下)
……戦いってのなぁ、こういうもんだ。
戦場に出てきたからには……
泣き言は通用しねえ。覚えとけよ。▼

※ゲーム中のテキストが「戦いってのなぁ」になっています。

ヨファvsシノン

[ヨファ]
シノンさん……▼
[シノン]
情けねえツラしてんじゃねえよ。
ほら、弓を構えな。▼
情なんざ戦場じゃクソの役にも立たねえ。
オレが、そう教えてやったろ?▼
[ヨファ]
う……う……
シノンさ……ん………▼

シノン撃破時(通常)

[シノン](上)
ぐ… ……
ヘッ …ったく……
つまんねぇ…生き方だった…な……▼

シノン撃破時(ヨファ)

[シノン]
ぐ… ………▼
[ヨファ]
シノンさん! シノンさん…!!▼
[シノン]
…だから…泣くなって…
いってんだろ?▼
[ヨファ]
………▼
[シノン]
……これで…いいんだ…
…こ…れ……で……… ……▼
[ヨファ]
シノンさ…っ…!▼
うえっ うっく… ……▼

シノン撃破時(アイク)

[シノン]
ぐ… ……▼
[アイク]
動くな、傷口が広がる。▼
[シノン]
…なんのつもり…だ?
はや…く……やれ……▼
[アイク]
………▼
[シノン]
……ヘッ ………▼

カヤッチェ初戦時

[カヤッチェ](上段)
思い知るがよい。
これが、デインの力だ!▼

アイクvsカヤッチェ初戦時

[カヤッチェ](上段)
貴様らが…これまでいかに
強運に恵まれたか知らぬ。▼
だが…運だけで
この長城を越えることはできぬわ!▼

リュシオンで戦闘

[カヤッチェ](上段)
白い…羽……!?
まさかあれが…
絶滅したはずのセリノスのサギか。▼
……特別な力があるときくが、
敵に属するなら始末せねばなるまい。▼

獣牙族で戦闘

[カヤッチェ](上段)
邪悪なる獣どもよ…
我が国とおまえたちガリアは、
長い戦いの歴史を持つ。▼
そろそろ…決着をつけるには
いい頃合であろうか。▼

鳥翼族で戦闘

[カヤッチェ](上段)
フェニキスのタカども…!
その戦闘力は獣にわずかに劣るらしいが… 空を飛ぶだけ、始末におえぬか……▼

カヤッチェ撃破

[カヤッチェ](上段)
近づかせ……すぎたか……▼

クリア後

*ヨファでシノンと話し、その後アイクでシノンを撃破している場合、追加

(背景:雪原、中央左:シノン)

[シノン]
あーあ…負け戦か。
成り上がる好機だったってのにな。▼

(中央右にアイク登場)

[アイク]
シノン。▼
[シノン]
ヘッ アイクぼうやごときに
やられちまうとはなぁ?
オレもやきがまわったもんだぜ。▼
覚悟はできてるぜ、
きっちりケジメつけてくれよ。▼
[アイク]
傭兵団に戻って来い。▼
[シノン]
やだね。▼
[アイク]
…あんたは、昔から
俺を気に入らないって態度だったな。▼
[シノン]
あぁ、気に入らないねぇ。▼
[アイク]
俺が…実力もないガキで、
親父の威光だけの役立たずだったから…
だから気に入らない。▼
あんたは、いつも、そう言ってた。▼
[シノン]
かもな。▼
[アイク]
だが俺は、あんたに勝った。
もう、その理由は
通用しないんじゃないのか?▼
[シノン]
……チッ 妙な知恵、つけやがった。▼
[アイク]
もう1度、言う。
傭兵団に戻って来い。▼
俺はあんたの腕を認めてる。
団長として、あんたを仲間にしたい。▼
[シノン]
………▼
…次に勝負して、オレが勝ったら
団長の座はもらうぜ?
それでもいいんってんなら…▼

(原文ママ。“それでもいいって”の誤りと思われる)

[アイク]
かまわん。▼
[シノン]
じゃあ、手打ちだな。▼
[アイク]
ああ。▼

(暗転)

(背景:長城門前、左端:ベグニオン兵、中央右:アイク)

[ベグニオン兵]
将軍! 付近の制圧は終了しました。
残ったデイン軍も退却を始めています。
…将軍?▼
[アイク]
あ、ああ。わかった。▼
[ベグニオン兵]
では、失礼します!▼

(ベグニオン兵消える)

[アイク]
…将軍、なぁ。▼

(中央左にナーシル登場)

[ナーシル]
どうにも、落ち着かないという顔だね。▼
[アイク]
ナーシル。▼
どうしたんだ?
最近、姿を見せなかったようだが。▼
[ナーシル]
少し、ごたごたしていてね。▼
ベグニオンを発つにあたり、
船を売ったり、乗組員を解雇したり…
片付けることが色々あったんだ。▼
[アイク]
そうか。
結局、俺たちの戦いに
巻き込んでしまったな。▼
いいのか?
あんたはあんたで、
やることがあるだろう?▼
[ナーシル]
……別に自分の利を放棄して
クリミア軍にいるわけじゃないよ。▼
私なりに、ここにいる価値があると
判断したから…
だから気にしないでくれ。▼
[アイク]
だったらいいが。
あんたは何かと物知りだからな。
いてくれると助かる。▼
[ナーシル]
ふふ それはお互いさまだよ。▼
それより、朗報を持ってきたんだ。▼
[アイク]
なんだ?▼
[ナーシル]
ガリア上層部が、にわかに動き始めた。▼
これまで決して防戦の姿勢を
崩さなかったんだが…▼
いつまでたっても動かない戦況に、
業を煮やしたようだね。▼
アイク、今日の勝利は…
とても価値があるものだよ。▼
デインの牙城を崩す、決定的な
一手となるかもしれない。▼
『クリミア軍がデインを切り崩しにかかった』
…その報は、瞬く間に大陸中に響き渡り、
和を乱したデインへ、一斉に非難が集中する。▼
クリミアを旗印に、ガリアの参戦も夢じゃない。▼
このまま勝ち続けるんだ。
そうすれば、自然と道は開けるだろう。▼
[アイク]
歴史が大きく動く…
デインを、俺たちの手で滅ぼす……▼
できるだろうか、俺に?▼
[ナーシル]
人は与えられた器に従い
大きくなるもの。▼
君は将の器だよ、アイク。
今はまだ、鳥翼族の一部だけど…
ラグズとの信頼関係を築いたんだ。▼
それは、君の決断によって
成し遂げられた成果だよ。▼
[アイク]
…親父のおかげだ。▼
もし、俺の選んできた行動が
正しいといえる道だとすれば、
それは、親父がそう育てたからだ。▼
自分に正直に生きていれば、
自ずと人はついてくると……
そう教わった。▼
[ナーシル]
…素晴らしい人だったんだね。▼
[アイク]
……いつか、親父のように
強くなって……▼
それから追い抜くっていうのが
俺の目標だったんだけどな。▼
…結局、果たせないものに
なっちまった……▼
[ナーシル]
……▼

(暗転)

(背景:雪原、中央左:ネサラ、右端:キルヴァス兵)

[ネサラ]
なんだと?
国境が突破された!?▼
[キルヴァス兵]
…デイン兵はおろか、
我がキルヴァスの小隊も
全て潰されました。▼
[ネサラ]
……やるじゃないか。
寄せ集めの軍にしてはな。▼
仕方ない、デイン軍へ急使を送れ。
『敵は意外にやるようだ』ってな。▼
[キルヴァス兵]
ただちに。▼

(キルヴァス兵消える)

[ネサラ]
おい、ちょっと待て。▼

(キルヴァス兵戻る)

[キルヴァス兵]
は?▼
[ネサラ]
デインのニンゲン兵を
選んで行かせるんだぞ。
間違っても、仲間を使うな。▼
[キルヴァス兵]
ですが、翼を持たない
ニンゲンでは時間が……▼
[ネサラ]
次の防衛線にいるプラハ将軍ってのは、
気のきっつい女だ。▼
キルヴァス兵が負けの報告なんか
持ってってみろ、その場で
ケシズミにされかねんさ。▼
[キルヴァス兵]
わ、わかりました!▼

(暗転)

(背景:天幕前、中央左:ナーシル)

[ナーシル]
……誰だ?▼

(右端にセネリオ登場)

[セネリオ]
…………▼
[ナーシル]
セネリオ…?
こんなところで、どうしたんだい?▼
[セネリオ]
…なにを企んでいるんですか?▼
[ナーシル]
…急になんの話かな?
さっぱり訳がわからな……▼
[セネリオ]
…とぼけても無駄です。▼
ガリアに動きがあったのは、
誰かが特別な情報をもたらしたから…
ではないですか?▼
[ナーシル]
………▼
[セネリオ]
あなたの役目は…▼
クリミア王女が、うまく
ベグニオンにたどり着き、
その後ろ盾を得られるかどうか…▼
そして、それが思いがけず
うまくことが運んだとしても、▼
ラグズと共闘するに、
値する人物たるか否か…▼
その2つを見極めることだった。
違いますか?▼
[ナーシル]
……そこまで分かっていながら、
どうして黙っていたんだい?▼
[セネリオ]
あなたの行動は、
クリミア王女にとって…
好意的なものでしたから。▼
放っておいても、
害はないと判断していました。▼
[ナーシル]
…今は違う、とでも
いいたそうな口ぶりだね?▼
[セネリオ]
任務を完了したはずのあなたが、
のこのこと戻ってきた……
いったい何のために?▼
[ナーシル]
……君に説明しなくてはならない
義務はないと思うけど?▼
[セネリオ]
…では、あなたの正体を
アイクたちに言うまでです。▼
[ナーシル]
…誰にだって隠しておきたい
秘密の1つや2つあるだろう?
……君も例外でないように、ね。▼
[セネリオ]
!!▼
[ナーシル]
…そういうことだ。▼
さあ、明日も早いんだ。
もう寝よう。▼
[セネリオ]
今日の奇襲を…
敵は事前に知っているようでした。▼
[ナーシル]
……私の仕業だと思うのかい?▼
[セネリオ]
ええ…▼
[ナーシル]
やれやれ…
嫌われたものだ。▼
おやすみ。▼

(ナーシル消える)

[セネリオ]
…………▼

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-01 (月) 12:31:29