特徴

クロードHP魔力速さ守備魔防個人スキル
初期値(Lv.20)3402114159520
期待値(Lv.30)41125161814723
成長率70%10%40%20%30%50%20%50%

※期待値でカンストするものは太字で示す。

ブラギ直系なので、魔防の成長率がディアドラに次いで高い。更に魔力・運も上がり易くなる。
息子が杖を扱える場合、神器バルキリーの杖を使用出来るものの、プレイングによっては役立たない。それよりも杖のレベルが上昇することが有難いだろう。

クロードを父親にするにあたって、メインの目的となるのは伸びにくい魔防の成長を補う目的でカップリングすることだろう。(魔防が低い味方が殆どの中、終盤は状態異常杖の使い手が無視できないほど存在するため)
ただ、個人スキルが何一つ無いのでスキルが豊富な相手と恋愛させたい。
終盤のスリープ対策として魔防目当てのカップリングをする場合、子供の職業毎の上限を把握する必要がある。
変動ユニットの半数(下記)は魔防18を超えるが、残りの半数は魔防18が上限(ダンサーのリーンもこの値)になっている。
なお、息子と娘の魔防上限が18を超える母親は、フュリーとティルテュのみ

×エーディン

ラナがレベルAの杖を継承でき、六章開始時点からレスキューによって進軍を大幅に早められるカップリング。
レスキューは進軍や攻撃の退避に極めて有用で、本来なら十章で手に入れられる杖を四章分も前倒しで使うことができるのが最大のメリット。 攻略を楽にできるだけでなくターン数を大幅に短縮可能な点は、攻略評価Aを取るのに非常に大きな助けとなる。
またリザーブの杖を扱うこともでき、複数人を子世代の序盤から回復可能な点も良い。
継承できるスキルこそないものの、杖を振る仕事がメインなのであまり問題ではない。レスキューの修理代がお高いのが課題か。

一方、レスターは「追撃」がない上に弓兵に必要な力・技の成長が芳しくない。特に力はかなり物足りない可能性が高い。
力の低さから決め手に欠けるため、育成に手間がかかる点もツラい。普通の敵を倒すよりも、八章と九章に大量に現れるドラゴンナイト達を撃ち落として経験値を稼ごう。
幸い魔防が伸びるので、追撃リングと勇者の弓を回せれば、最終的に守備が比較的低いマージ系を相手に仕事ができるだろう。
バリアリングも持たせればよりマージ系に対して盤石となり、敵のスリープ地帯も気にせずに進入可能となる。

×アイラ

通称「眠らない双子」が誕生するカップル。スカサハは魔法剣で魔法攻撃すれば、ある程度活躍できる。
ただし、終盤のダークマージは魔力が18(双子の限界値)を超えるため、バリアリングがないと眠らされる。

×ラケシス

移動力の高いナンナが有用なリブロー、レスト、ワープを使えるようになり、杖役としては非常に優秀。
但しナンナの魔力は25%どまりなので、期待値がそこまで高くないのは覚えておこう。(回復量はリカバーの杖があるので問題ない)
アタッカーとしては兄妹ともに「追撃」がなく、スキルが乏しいのでイマイチ。
ただ、デルムッドには追撃リングとバリアリングを持たせることで、眠らない騎兵アタッカーとして運用可能。

×シルヴィア

子供の兵種が同じなので、武器継承はスムーズ。魔力が良く伸びるのも良い。
スキルは「連続」と「祈り」だけだが、姉弟ともに前線で戦うクラスではないため気にすることはないだろう。
ただ、クロードとカップルにならずとも魔防は伸びてくれる上、コープルの杖レベルは元々Aのため、ブラギの血統補正は殆ど活きない。

×フュリー

父方からの高い魔力と母方からの「追撃」で最低限の火力は保証されている。加えて兵種スキルの「連続」もあるので、スキルは十分。
更にセティもフィーも杖の武器レベルが上がり、武器継承も無駄にならないのも幸い。
ブラギ直系のセティは当然ながら、フィーも魔防の上限値の高さからバリアリングなしで、終盤のスリープ密集地帯を気にせず進入できる可能性が高い。

なお、このカップリングのセティのHP最大値は57、魔防上限値が27のため、バリアリング(魔防+5)込みで終章イシュタルの攻撃力60の攻撃を最大で2回耐えることも可能。
それを実現する必要最低限の値は以下の通り。(HP成長率と初期レベルの高いクロードが最大値となったパターンを示した)

HP期待値HP最大値HP必要最低値HP成長率
クロード41444470%
フュリー44565250%

フュリーのHP吟味がかなり必要のため、真っ向勝負を挑みたい場合以外はセティを魔力29以上にしてマジックリングを持たせ、状態異常杖を使う方が容易。

×ティルテュ

成立させやすく成長率も申し分ないものの、子供達のスキルが「怒り」だけになるのが残念。
ただし、アーサーは追撃リングを持たせれば、アゼル父のステータスに高い魔防が追加されるような形となるので、魔法受けも可能な眠らない騎兵アタッカーとなる。
CC後のティニーは杖Aになるので、移動力6のハイプリーストのような立ち回りが出来る。

×ブリギッド

パティは魔法剣を有効に使えるようになるが、ファバルは力不足になる。(イチイバルの火力で補うことは可能)
また、終盤のダークマージは魔力が18(兄妹の限界値)を超えるため、バリアリングがないと眠らされる。

総評

結婚させるなら、高い魔防や武器継承、杖の武器レベル上昇(息子はバルキリーも使用可)などクロードの長所をすべて発揮し、優秀なスキルによって子供がアタッカーとしても十分活躍できるフュリーが最善。
他には娘の杖レベルを上昇させつつ、息子(追撃リングなど込み)が優秀な騎兵となるラケシスやティルテュ、フュリーには及ばないものの、杖を継承できるシルヴィアがおすすめ。
味方唯一の弓騎兵であるレスターの戦闘能力が著しく低くなるが、レスキューを子世代序盤から使用できるエーディンとの組み合わせも良い。

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-07-22 (金) 15:02:01