[広告]

会話集/章別会話

12章 争覇の幕開け

オープニング

ナレーション1

月明かりのさやけさを共に感じながら、
人は一年の終わりを思い偲ぶ。
別れを惜しみ、出会いに胸を膨らませ、
それぞれの道を歩いてゆく。
徐々に濃くなっていく春の気配をよそに、
空にはただ孤月が浮かんでいる。
何かを象徴するように……

茨の道

[エーデルガルト]
ふう……追っ手は、まいたようね。▼
[ヒューベルト]
ここは帝国軍の仮説陣地の一つ。
軍勢を整えるくらいはできましょう。▼

《黒鷲の学級生徒を全員ロストしている場合、以下の会話は省略される》

[エーデルガルト]
それで……確認しておきたいのだけれど、
貴方たちは本当についてきて良かったの?▼
流石にフレンは……いないみたいだけれど。▼
[カスパル]
やべっ、先生が駆け出したから、
つい全力で追っちまったぜ……。▼
[ペトラ]
カスパル、判断できない者、死にます。
戦場の露ですから。▼
わたし、帝国、共にある。
同盟する、ブリギット王の孫、です。▼
[ベルナデッタ]
や、やっぱり、ついてきたら
まずかったですかね? 失敗でしたか!?▼
でも、あたしの家、帝国にありますし、
先生も一緒だし……どうすればいいんです?▼
[カスパル]
オレはそれでいいと思うけどなあ!
ただ反皇女派だった家もあるしな!▼
[フェルディナント]
……私のことか。私は……自分の判断が
間違っていないと信じたい。▼
君が皇帝なのだ。それに君を諫められるのは
私くらいのものなのでは、ないかな?▼
[リンハルト]
はあ……僕は知ってますからね。
貴方と戦うのが一番、面倒だと……。▼
[ドロテア]
私はエーデルちゃんというより、
先生についてきたのよ。▼
当然だけど領地なんてないし……
ヒューくんは不本意かもしれませんけど。▼
[ヒューベルト]
戦力は多いほど良いですからな。
この際、理由など何でも構いませんが。▼
[エーデルガルト]
皆の考えはわかったわ……。
ならばいま一度、覚悟を問わせてもらう。▼
私は起った。
進む道をこれと決め、歩み始めた。▼
この道は、女神に剣を向けるも等しい
茨の道。一つ間違えば、我々は滅ぶ。▼
だけど、貴方たちも見たはずよ。
大司教が獣の姿になったのを。▼
彼らは獣の力で奇跡を起こし、
女神の存在を信じさせて人心を操ってきた。▼
刃向かう者を無慈悲に殲滅し、歴史の真実を
覆い隠して私たち貴族の子弟に教育を施す。▼
私たちはそれを、身をもって知っているわ。
そうではないかしら?▼
セイロス教団の勢力は強大な上、王国や
同盟の諸侯をも動かそうとするでしょう。▼
その難敵に、我々は打ち克たねばならない。
人々のために! フォドラのために!▼
私と共にこの道を歩めるという者だけが、
今ここで一歩を踏み出しなさい!▼
(靴音が響く)
[エーデルガルト]
皆の意志に、感謝するわ。
我ら帝国に勝利あれ!▼

黒鷲遊撃軍

《黒鷲の学級生徒を全員ロストしている場合、以下の会話は省略される》

[ヒューベルト]
お見事でした、エーデルガルト様。▼
[エーデルガルト]
ありがとう。▼
……正直に言って、ほっとしているわ。
皆が私についてきてくれて。▼
たとえ独りになっても進むと決めたけれど、
独りになりたいわけではない。▼
[ヒューベルト]
私がいる限り、決して独りにはなりません。
その点はお忘れなく。▼
それに……やはり、先生の存在は
大きかったですな。▼
[エーデルガルト]
そう、ね。
少し(せんせい)と話してくるわ。▼
貴方は準備をお願い。
伝令が来る頃でしょう。▼
[ヒューベルト]
はっ、お任せを。
(暗転)

《共通》

[エーデルガルト]
……(せんせい)
少し話してもいいかしら。▼

《選択》

[エーデルガルト]
ありがとう……。▼
私は……。
………………。▼

《選択》

[エーデルガルト]
……私は、不安なの。
不安で押し潰されそう……。▼
今まさに、私の言葉一つで、
戦争が始まろうとしている。▼
前節の聖墓への襲撃……それが児戯に思える
ほどの大軍が、戦場へと向かっている。▼
各地で策謀が蠢き、決断を迫り、
開戦の準備が進められている。▼
多くの将兵が死ぬでしょう。
戦乱に巻き込まれる民も少なくない。▼
戦の炎は飛び火し、フォドラ全土で
犠牲者を生むに違いないわ。▼
そんな命令を、私は出しているの。
後は号令一つで、戦火は燃え上がる。▼

《選択》

[エーデルガルト]
ええ、そうよ。
もはや後戻りはできないわ。▼
[エーデルガルト]
いいえ。
もはや後戻りはできないわ。▼

《共通》

[エーデルガルト]
私の足元に、どれほどの血が流れようと、
歪んだ教団の支配を打ち砕かねばならない。▼
犠牲のない未来を創るための、犠牲。
矛盾のようだけれど、必要なものよ。▼
ふふ……答えなどとうに決まっているのに、
ただ貴方に肯定してほしいだけね。▼
……(せんせい)
私の手を取って、本当に良かったの?▼
私と違って、貴方には
まだ後戻りできる道がある。▼
このまま進めば、大司教や教団の人たちと
殺し合うことになるわ。それでいいの?▼

《選択》

[エーデルガルト]
本当に、貴方は……▼
……ごめんなさい。
愚問だったわね。▼
私は(せんせい)を信じている。
(せんせい)も私を信じてくれた。▼
今は、それだけでいい。
それだけで、私は戦ってゆける。▼
……行きましょう。
ヒューベルトと話があるわ。▼
(暗転)
[ヒューベルト]
陛下、本軍から予定どおりに進軍中との
報告がありました。▼
それと、檄文の手はずも整っています。▼

《選択》

[エーデルガルト]
帝国は、まもなくフォドラ全土の諸侯に
檄文を発するの。▼
セイロス教団の暗部を暴き、フォドラの民に
王国や同盟の貴族の不正を突きつけて……▼
彼らが一致団結して帝国と戦わないように
揺さぶり、働きかけるのよ。▼
もちろん帝国への協力を取りつけてある
貴族たちもいるわ。▼
[ヒューベルト]
教団との敵対を選ぶ貴族も、いるのです。
断ずるべきは断じ、許すべきは許す……▼
すでに帝国貴族の一部、腐敗した輩の
粛清は済んでおります。▼
中には我が父も……くく、
まったく仕方がないことです。▼
[エーデルガルト]
そして、それに合わせて
ガルグ=マク大修道院を攻め落とす。▼
すでに本軍は帝都を進発しているわ。
あと2週間ほどで到着する。▼
私たちもそれに合流するのだけれど……▼
軍での貴方たちの立ち位置を、
どうしようかと思って。▼

《共通》

[ヒューベルト]
そうですな。どうせ陛下も先生の軍に
加わるおつもりでしょう。▼
となると帝国の本軍に組み込むわけには
いきません。▼
皇帝直属で、戦場を自由に移動できる
遊撃軍……といったところが妥当かと。▼
[エーデルガルト]
ええ……(せんせい)が皇帝である私を指揮する
なんて、表立ってはできないから。▼
[ヒューベルト]
そもそも前線に出ることすら、
私は反対ですがね。▼
[エーデルガルト]
ヒューベルト。
それについては議論を尽くしたはずよ。▼
[ヒューベルト]
これはこれは。
失礼を致しました。▼
[エーデルガルト]
さて、そうと決まれば、
私たちの新たな軍に名をつけるわ。▼
我らが黒鷲の学級(アドラークラッセ)にちなんで、
黒鷲遊撃軍(シュヴァルツァアドラーヴェーア)”というのはどうかしら?▼

《選択》

[エーデルガルト]
(せんせい)にそう言ってもらえて良かったわ。
一晩かけて考えたの。▼
[エーデルガルト]
貴方が率いるのに、それはないわ。鷲の
ように大きく自由に羽ばたくことでしょう。▼
[エーデルガルト]
………………。
貴方とは、いささか感性が違いそうね。▼

《共通》

[エーデルガルト]
(せんせい)、貴方は“黒鷲遊撃軍(シュヴァルツァアドラーヴェーア)”の出撃準備を
進めてくれる? 頼んだわ。▼

課題

《ガルグ=マクの戦い》
教団に宣戦布告した新皇帝エーデルガルト。
紋章の支配する世の終焉を目指す彼女は、セ
イロス教の象徴たるガルグ=マクの陥落を目
指す。新たな戦乱の世の幕が上がったのだ。

世界を敵に回す

(大修道院近郊 昼)

[エーデルガルト]
まもなくガルグ=マク大修道院ね。▼
ここを陥落させることは、軍略的にも、
象徴的にも、非常に意味があるわ。▼

《黒鷲の学級生徒を全員ロストしている場合、以下の会話は省略される》

[エーデルガルト]
皆にとっては、共に学んだ場所でもある。▼
学友を盾にするような真似はしないと
信じたいけれど……覚悟はしておいて。▼
[リンハルト]
学友に思うところはないけど、
同様に覚悟もないね。▼
[カスパル]
お前なあ、しょっぱなから士気が
下がるようなこと言うなよ!▼
オレはバッチリだからな!
いつでも戦ってやるぜ!▼
[ドロテア]
私には、今ここにいる仲間以外に
失うものはない……それで十分でしょう?▼
[ペトラ]
故郷離れた時、覚悟、済ませました。
わたし……戦います。▼
[ベルナデッタ]
戦う覚悟って、どうやってするんですか!
覚悟を決める覚悟ならできてますよおお!▼
[フェルディナント]
ああ、覚悟できないはずもない。
私にとて負って立つものがあるのだから!▼
[エーデルガルト]
皆、ありがとう。
それでは、作戦を説明するわ。▼

《共通》

[ヒューベルト]
我々は遊撃軍として、ガルグ=マクの中でも
最も修道院に近い地区を攻撃します。▼
エーデルガルト様や先生の顔を見れば、
セイロス騎士団も黙っていないでしょう。▼
その間に、残りの地区を本軍が全速力で
攻囲、殲滅する。▼
言わば、私たちは囮であり、同時に敵の
重要戦力を押さえる役割も求められます。▼
[エーデルガルト]
修道院周辺に最も詳しいのが私たちだから、
という理由もあるわ。▼
ただ、大司教がまた“白きもの”の
姿になる可能性も考えられる。▼
皆、決して無理をせずに戦って。戦場での
指揮は、言ったとおり(せんせい)に任せるから。▼

《選択》

[ヒューベルト]
無論です。陛下と先生が揃っていて、
負けるはずもありません。▼
[ヒューベルト]
誰も死なないということこそ、
我らの勝利でしょうな、先生。▼

《共通》

[エーデルガルト]
黒鷲遊撃軍(シュヴァルツァアドラーヴェーア)”の初陣……
必ずや勝利で飾りましょう!▼

戦闘マップ

戦闘開始前

[セテス]
諸君! 勝機は必ず訪れる!
今は専守に務めよ!▼
[ヒューベルト]
城郭の外に防衛の陣……時間稼ぎですな。
直ちに除ける必要があるでしょう。▼
しかし、備えがそれだけのはずもない……
伏兵も警戒したほうがよいかと。▼

戦闘開始後

[エーデルガルト]
左翼のラディスラヴァが押されているわ。
ある程度の戦力を集めて押し返さなくては。▼

会話

エーデルガルト以外の自軍キャラクター⇔ラディスラヴァ

[ラディスラヴァ]
助かりました!
流石は陛下のお味方です。▼

エーデルガルト⇔ラディスラヴァ

[ラディスラヴァ]
陛下のお手を煩わせてしまい、
申し訳ありません!▼

マップ中央に入った時

[セイロス騎士]
今だ!
伏せていた兵で攻撃せよ!▼

vs セテス

[セテス]
許さぬ。レアを傷つける者は、
誰であろうと私が排除する!▼

主人公 vs セテス

[セテス]
ベレト、貴様……!
レアを裏切ったこと、断じて許さんぞ!▼

セテス撃破

[セテス]
ここで私が退くわけには……!▼

セテス撃破後(フレン撃破前)

[フレン]
お兄様! 無理は禁物です!
まだ、わたくしもいますから!▼
[セテス]
わかった……すまん!
お前も無理せず退くんだぞ、フレン!▼

vs フレン

[フレン]
ここは通しませんわ!
ガルグ=マクは、わたくしがお守りします!▼

主人公 vs フレン

[フレン]
先生、どうして……!
あまりに酷い仕打ちではなくって!?▼

フレン撃破

[フレン]
ガルグ=マクを……皆様を……
お守りしなくては……!▼

フレン撃破後

《セテスを撃破する前》

[セテス]
フレン! 無理は許さんぞ!
頼むから退いてくれ!▼
[フレン]
わかりましたわ……。
おと……お兄様もどうかご無事で……!▼

《共通》
(死神騎士登場)

[死神騎士]
帝国に、力を貸そう……。▼
[主人公]
……!?▼
[エーデルガルト]
心配しないで。今は味方よ。聞きたいことも
あるでしょうけれど、戦いの後にして。▼

vs ギルベルト

[ギルベルト]
……残念だが、ここで死んでもらおう。
女神に弓を引いた罪を悔いるのだな。▼

主人公 vs ギルベルト

[ギルベルト]
帝国に与し、教団に……
そして、王国に刃を向けるならば……▼
たとえあなたであろうと、
生かしておく理由はありません。▼

アネット vs ギルベルト

[ギルベルト]
こちらへ戻れ、アネット。
それができないと言うならば、退け。▼
[アネット]
父さん……ごめんなさい。
でも、あたしはもう決めたの。▼
あたしはもう、大修道院にも、王国にも、
父さんのところにも……戻らない!▼
[ギルベルト]
……そうか。許せよ、アネット。
帝国に与するならば……討たねばならん。▼

ギルベルト撃破

[ギルベルト]
主君のため……ここで倒れるわけには……
……撤退させていただく。▼

ギルベルト撃破後(セテス撃破前)

[セテス]
……苦しくなってきたな。
だが、何としても持ちこたえねば……!▼

セテス・フレン・ギルベルト撃破

[レア]
セテス、フレン、ギルベルト……。
身を呈して守ってくれたのですね。▼
もう少し時間が欲しかったところですが……
もはや猶予はないようです。▼
皆、出なさい! 忌まわしき叛徒の手より、
ガルグ=マク大修道院を守るのです!!▼
[カトリーヌ]
立ち塞がる者はみんな、ぶっ倒す!▼
[ツィリル]
レアさまの敵は、ボクの敵だから……!▼

勝利条件が[敵将の撃破]に変更

自軍11ターン目(セテス・フレン・ギルベルト未撃破時)

[レア]
セテス、フレン、ギルベルト……。
よくぞ持ちこたえてくれました。▼
今、動かせる最大限の戦力を揃えました。
さあ、反撃の時です……!▼
皆、出なさい! 忌まわしき叛徒の手より、
ガルグ=マク大修道院を守るのです!!▼
[カトリーヌ]
立ち塞がる者はみんな、ぶっ倒す!▼
[ツィリル]
レアさまの敵は、ボクの敵だから……!▼

vs カトリーヌ

[カトリーヌ]
レア様の敵は、この雷霆でぶった斬るのみ!▼

主人公 vs カトリーヌ

[カトリーヌ]
レア様も、アタシも、
アンタを見誤ってたみたいだね。▼
こんなことを仕出かしといて、
まさか生きて帰れると思ってないよな!▼

カトリーヌ撃破

[カトリーヌ]
レア様……すみません。
どうか、ご無事で……!▼
[レア]
……カトリーヌ、いいのです。
ここで命を落としてはなりません。▼

vs ツィリル

[ツィリル]
アナタは、ボクが殺さなきゃ……!▼

主人公 vs ツィリル

[ツィリル]
ボクがレアさまを守るんだ……!
アナタが相手でも、逃げたりしない!▼

ツィリル撃破

[ツィリル]
レアさま……ごめんなさい……!▼
[レア]
……ツィリル、
あなたの働きを無駄にはしません。▼

vs レア

[レア]
あなたも叛徒の一味に成り下がりましたか。
相応の覚悟はしてもらいますよ……!▼

主人公 vs レア

[レア]
ベレト……
よくも裏切ってくれましたね……。▼
あなたは完全なる失敗作……
私の手で、処分しなくては……!▼

エーデルガルト vs レア

[レア]
何の理由があろうとも、あなたを赦し、
生き長らえさせることなどできません!▼
[エーデルガルト]
それはこちらも同じこと。
貴方を最後には討たねばならない……!▼
[レア]
ならば知りなさい、己の愚かさを。
我ら女神の徒を敵に回す罪業の深さを!▼
[エーデルガルト]
私が敵に回すのは教団だけ……
すべてを否定するわけではない!▼

レア撃破

[レア]
ううっ……ああああ!▼

戦闘勝利後

[レア]
絶対に……絶対に、奪わせません……!
ガルグ=マクも……お母様も……!▼

クリア後

白きもの

[レア]
うああ……ガアアアアア!▼

(レアが変身する)

(一枚絵が表示)

[白きもの]
許しませんよ、ベレト!▼
[エーデルガルト]
(せんせい)! 危ない!▼
[帝国兵]
うおお!?
城郭が崩れるぞ……! 逃げろおおお!▼
[ヒューベルト]
先生が……崖下に!▼
[エーデルガルト]
(せんせい)ーーーッ!▼

ナレーション2

帝国暦1181年初頭、新アドラステア皇帝
エーデルガルト率いる帝国軍が、ガルグ=マ
ク大修道院を攻囲。多くの犠牲を出しながら
も、これを陥落せしめた。
時の大司教レアは、セイロス騎士団を率いて
帝国軍を迎え撃ち、自ら陣頭に立って戦うも
苦戦、ファーガス神聖王国の王都フェルディ
アへと撤退し、再起を図る。
この一戦を機にアドラステア帝国はファーガ
ス神聖王国ならびにレスター諸侯同盟領への
侵攻を本格化。フォドラ統一に動き始めたの
である。

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-07-14 (木) 12:01:41
[広告] Amazon.co.jp