会話集/章別会話

EP.9 星辰の節 涙のわけ

オープニング

ナレーション

透き通った冬の空に、星辰が瞬く。
青海の星はその姿を隠し、
女神は遠く天上から、
地上の平穏を祈るという。
ガルグ=マク大修道院では、
落成を記念する周年祭が今年も行われ、
5年後の千年祭に向け、
人々の祈りは大きくなってゆく。

廃墟となった礼拝堂

(謁見の間 昼)

[レア]
今節は舞踏会が予定されています。
生徒たちも楽しみにしていることでしょう。▼
[セテス]
しかし浮ついてばかりいられては困る。
課題にはいつもどおり取り組んでもらう。▼
その課題だが……使われていない礼拝堂に
何者かが侵入した痕跡がある。▼


《選択》

[レア]
かつて大修道院を改修した際に、
仮の聖堂として使われていた建物です。▼
[レア]
いえ、貴重な品など何もない建物です。
侵入した目的はわかっていません。▼


《共通》

[セテス]
そこで、君の学級の今節の課題は、
礼拝堂の警戒及び侵入者の調査とする。▼
聖教会を取り巻く情勢が不穏な昨今、
些細な異常も見逃すわけにはいかないのだ。▼
[レア]
万一の場合に生徒の安全を確保できるよう、
騎士団の実力者にも支援を命じてあります。▼


《選択》

[ジェラルト]
騎士団の実力者ジェラルト=アイスナー、
ただ今、参上しました。▼
[レア]
折角の機会、たまにはゆっくりと親子で
語らってはどうですか、ジェラルト。▼
[ジェラルト]
はは……お気遣いいただき、どうも。▼
[セテス]
ただし、ジェラルトさんには、
別の任務もある。▼
それが片づいてから、君の支援に
回ってもらう予定だ。▼
[ジェラルト]
そういうわけで、しばらく修道院から
離れるが、戻ってきたら……▼
ベレト、お前の仕事ぶり、
じっくり見させてもらうからな。▼

白鷺杯

(大広間 夜)

[アロイス]
……はいッ! お集まりの紳士淑女の皆様、
大変長らくお待たせしました!!▼
これより!
来る舞踏会に先立ちまして……▼
舞踊の学級対抗戦、
“白鷺杯”を開催いたしますぞ!!▼
判定人はこのわたくし!
不肖アロイス=ランゲルトと!▼
ミッテルフランク歌劇団の元歌姫、
マヌエラ=カザグランダ!▼
[マヌエラ]
よろしく。当然だけれど、あたくしは
自分の学級を贔屓したりしないからね?▼
[アロイス]
そして、漆黒の闇に舞う華麗なる刺客、
シャミア=ネーヴラント!!▼
[シャミア]
………………。▼
[アロイス]
以上3名により、
厳正公平に判定いたします!▼
それでは!
各学級の代表者は、壇上へどうぞっ!!▼


(学級の代表者が現れる)

[アロイス]
さあ、お三方! 楽団の方々も!
準備はよろしいですかな?▼
それでは! ……お願いします!!▼


(代表者たちが踊りを披露する)

[アロイス]
終~了~!!▼
お三方とも、素晴らしい踊りでした!!
それでは早速、判定に入りましょう。▼
[マヌエラ]
あたくしは……▼
○○の学級(○○クラッセ)かしら。▼
とっても官能的でドキドキしたわ。 /
とても芸術的で美しかったわ。 /
独創的で驚かされたわ。/
磨けば光りそうね。▼
[シャミア]
私は……▼
○○の学級(○○クラッセ)だ。▼
あの身のこなし、非凡なものを感じた。/
誰よりも個性的だった。/
動きのキレは、たいしたものだ。/
何となく、だが。▼
[アロイス]
なるほど! 更に私アロイスの判定も
加味しまして……はい、決まりました!▼
それでは発表しますぞ!
今年の"白鷺杯"の優勝学級は……▼
○○の学級(○○クラッセ)に決定!!▼
[優勝学級の代表]
優勝時のセリフ
[アロイス]
それでは最後に、参加してくれた
生徒たちに、いま一度、盛大な拍手をー!▼

誓いの夜・青獅子の学級

(青獅子の学級 夜)

[ディミトリ]
年に一度の舞踏会とあって、どの学級の者も
皆、凄まじい気合の入りようだな……。▼
[ドゥドゥー]
……殿下。他人事のように仰いますが、
明日の舞踏会は……全員参加とのことです。▼
[ディミトリ]
……そう、だったな。
……気が重い。▼
[フェリクス]
フン……こんなところで
お前と意見が合うとはな。▼
舞踏会で女と踊るよりも、
訓練場で剣を振っていたほうがずっと良い。▼
[シルヴァン]
え、殿下もフェリクスも冗談でしょう……?
学校じゅうの女の子と踊り放題なんですよ?▼
そんな最高の日に野郎同士で剣の稽古……?
正気の沙汰とは思えませんね!▼
[アッシュ]
僕は舞踏会、結構楽しみですよ。
こんな機会、滅多にないですから。▼
[シルヴァン]
よし、よく言ったアッシュ! 明日までに
女の子の口説き方をみっちり仕込んでやる。▼
[アッシュ]
いやあの、僕はどちらかといえば
踊りのほうを教わりたいんですけど……。▼
[アネット]
踊りなら心配ご無用!
あたしが教えてあげるよ、アッシュ!▼
[メルセデス]
折角の舞踏会だもの~。お化粧くらいは
しなきゃ、よね。イングリット?▼
[イングリット]
そ、そうですね……。
努力だけは……しましょう。▼
[アネット]
よしっ、それじゃあ明日の朝は、
イングリットの部屋で集合ね、メーチェ!▼
[ディミトリ]
………………。▼
いつかまた、全員で、
こうして集まれたらいいんだがな……。▼
[ドゥドゥー]
……良い案ですね、殿下。
でしたら、5年後はいかがです。▼
[ディミトリ]
5年後?
ああ、ガルグ=マクの千年祭の年か。▼


《イングリットをロストしていない場合》

[イングリット]
その頃にはもう、殿下のことは陛下と
お呼びしなくてはならないのでしょうね。▼
[シルヴァン]
ああ、そっか。わかってはいたが、
なーんか遠い人になっちまうんですね。▼
[ディミトリ]
……勘弁してくれ。
立場が変わろうと、俺は俺のままだ。▼
俺だけじゃない。きっとその頃には皆、
それぞれ窮屈な身の上になっていると思う。▼


《イングリットをロストしている場合》

[ディミトリ]
きっとその頃には皆、それぞれ
窮屈な身の上になっているとは思う。▼


《共通》

[ディミトリ]
だが千年祭は、これまでにない規模の
祝祭だと聞いているし……▼
ここを訪れるのには、ちょうど良い
口実になるのかもしれないな。▼
[アネット]
それって、同窓会ってやつですよね?
楽しそう! あたし大賛成です!▼
[ディミトリ]
もちろんその時には、先生にも来てほしい。
先生あっての青獅子の学級(ルーヴェンクラッセ)、だからな。▼


《選択》

[ディミトリ]
良かった。
それじゃあ、決まりだな。▼


《共通》

[ディミトリ]
だが……万一、俺がここに来られない時には
まとめ役は先生に任せたい。▼


《選択》

[メルセデス]
そうよ~。王様の仕事が大変なのはわかる
けれど、諦めるのが早すぎるんじゃない?▼
[ディミトリ]
……そう、だな。▼
すまない。……約束する。
俺も、必ずここに戻ってこよう。▼

ムービー「舞踏会」

(大広間での舞踏会の様子が映される)


(エーデルガルトとディミトリがそれぞれ学生と踊る様子)


(主人公が大広間の端から踊る学生たちを眺めていると
クロードに声をかけられ、誘われる)

幼き思い出・青獅子の学級

(中庭 夜)

[ソティス]
何じゃ、逃げ出してきたのか。▼
まあ、随分と揉みくちゃに
されておったからな。▼
人気者の先生はつらいのう。
ほっほっほ。▼


《選択》

[ソティス]
次から次へと踊りたいという生徒が
現れたではないか、まったく。▼
[ソティス]
人気者ということは否定せんのじゃな。
流石はおぬしよ。▼


(ベレトがディミトリに気づく)

[ディミトリ]
……ああ、先生。
どうしたんだ、こんなところで。▼


《選択》

[ディミトリ]
……やめておく。▼
[ディミトリ]
はは、先生は冗談が上手いな。
エーデルガルトならともかく、クロードか。▼
……まあ、どちらにしても
踊るつもりはないんだがな。▼


《共通》

[ディミトリ]
俺は、子供の頃にエーデルガルトから
踊り方を教わった。……気まずいだろ。▼


《選択》

[ディミトリ]
……先生。以前、彼女と俺が
義理の姉弟だという話をしたな。▼
彼女の実母と俺の継母は同じ女性だが、
子供の頃の俺は、それを知らなかった。▼
継母上は、俺をまるで本当の息子のように
大切にしてくださったが……▼
……いや。だからこそ、彼女の存在を
俺に仄めかすようなことはしなかった。▼
俺たちは違う国で生まれ、違う国で、
互いの存在を知らずに育ったんだ。▼
……だが、幼い頃の1年と少し、
俺と彼女は友人だったことがある。▼


《選択》

[ディミトリ]
ああ。俺たちは、互いの身分も素性も
知らないまま出会い、親しくなった。▼
彼女とアランデル公が、
まだ王国で暮らしていた頃の話だ。▼


《選択》

[ディミトリ]
……亡命してきたんだよ。帝国内でも
揉め事が続いていた時期だったからな。▼
父についてアランデル公の屋敷を訪れた時、
俺は、退屈そうにしている彼女と出会った。▼
最初は気難しくてわがままな奴だと
思ったが、すぐに打ち解けたよ。▼
踊り方を教わったのもその頃だ。
彼女の指導は……何と言うか、厳しかった。▼


(回想)

[エーデルガルト]
ほら、足が違うわ!
そこで出すのは右足でしょう?▼
[ディミトリ]
……エル、もう日が暮れるよ。おれ、
そろそろ帰らなきゃいけないんだけど……。▼


(回想終わり)

[ディミトリ]
……彼女が国に帰るまでの1年は、
本当に……楽しかった。▼
なあ先生。今考えても情けない話なんだが、
俺は彼女への餞別に、何を渡したと思う?▼


《選択》

[ディミトリ]
……そちらのほうが、ずっとまともだ。
短剣だぞ、短剣。彼女も困っていた。▼
[ディミトリ]
……よくわかったな。
一応、意味もあったんだぞ。▼


《共通》

[ディミトリ]
昔からファーガスでは、
剣を、未来を切り拓くもの、と考える。▼
彼女は不自由な生活を強いられていたから。
望む未来を切り拓けるように、と。▼
……まあ、それもこれも昔の話だ。あの時の
少年のことなど、彼女はもう忘れただろう。▼


《選択》

[ディミトリ]
もう遅いさ。何もかも、あの頃とは違う。
……彼女も、俺もな。▼
……それにしても肩が凝るな。
こういう催しは、やっぱり性に合わない。▼


[ディミトリ]
だが、そろそろ会場に戻らないとな。
じゃあ、先生。また後で。▼
[ソティス]
……して、どこへ逃げ出すつもりじゃ?
修道院の中はどこも浮かれた生徒で……▼
なるほど、女神の塔というわけじゃな。▼


[ディミトリ]
少し付き合ってくれ、先生。
そろそろ、舞踏会にも飽きただろう?▼


《共通》
イベント「女神の塔にて」のページへ
[黒鷲] [青獅子] [金鹿] [その他]

レアとソティス

(大広間 夜)

[ソティス]
皆、楽しそうじゃのう。
おぬしはもう踊らぬのか?▼


《選択》

[ソティス]
そうか……つまらぬ奴じゃ。わしに体が
あれば限界まで歌って踊るというのにな。▼
おや、おぬしと同じく見守るだけで
良い者があそこにもおるのう。▼
[レア]
………………。▼
[ソティス]
ふむ、わしは退屈じゃ。
後を追わぬか。▼


《選択》

[ソティス]
ええい、さっさと行け!▼
おぬしもあの者の真意が気になると
言うておったではないか!▼
む、かすかに歌が聞こえるような……。
あちらからじゃな。▼
[レア]
時のよすがに……灯る炎……
河面にたゆたう……記憶の欠片……▼
[ソティス]
この歌……聞き覚えがあるのう……。▼
いや聞いたのではないな……。
わしが誰かに歌って聞かせていた……?▼
これは……わしが、作った歌……
いや、そのようなことあるはずが……▼
仮にそうだとして、なぜあの者が
知っておる……まさか……▼
……いかん、急に眠気が……。
何じゃ、おぬしもか? 疾く寝床へ……▼

予定内容

《古い礼拝堂の調査》
ガルグ=マクの廃区画にある古い礼拝堂で侵
入者の痕跡が確認された。ジェラルトと共に
調査に当たろう。

課題

《旧礼拝堂救出戦》
ジェラルトと共に調査にあたるはずだったガ
ルグ=マクの廃区画。そこに魔獣が出現した
との急報が入った。予期せぬ事態に、一行は
急ぎ駆けつける。

危急の報

(玄関ホール 昼)

[アロイス]
団長、どこです!?
ベレト、団長を見なかったか?▼

(ベレトが首を横に振る)

[アロイス]
仕方ない、貴殿だけでも……▼


(ジェラルトが現れる)

[ジェラルト]
戻ったぞ、ベレト。
悪い、前の任務が長引いてな。▼
[アロイス]
おお、団長! 大変です! 礼拝堂の辺りに
魔獣の群れが現れたと知らせが……!▼
[ジェラルト]
そんな馬鹿な話があるか。
城郭が破られたって報告は聞いてねえぞ。▼
[アロイス]
だから、急ぎ確認に向かおうと!
団長も行きますよね!?▼
[ジェラルト]
当たり前だ。礼拝堂は、俺とこいつが
警戒と調査を命じられてた場所なんだよ。▼


《選択》

[アロイス]
妙な話だが……その前に複数の生徒が
礼拝堂のほうに行くのを見た者がいるのだ。▼
どうも様子がおかしかったらしいから、
正気ではなかったのかもしれん。▼
で、それより数刻のち、
魔獣がぞろぞろ現れたという話なのだ。▼


《選択》

[ジェラルト]
……魔獣が侵入したはずはねえ。
もしかすると……▼
ま、今は考えるよりも行動だ。
お前はすぐに学校のガキどもを招集しろ。▼


(ベレトが頷く)

[ジェラルト]
……ったく、お前に話があったんだが、
落ち着く暇もねえな。▼
ま、別に急ぐ話でもねえ。
俺は先に行ってるぞ!▼

戦闘マップ

戦闘開始時

[ジェラルト]
確かに魔獣どもがいやがる……。
出どころは礼拝堂と見て間違いねえだろう。▼
俺は礼拝堂に向かう! お前らは、
逃げ遅れた生徒たちを保護してやれ!▼
[生徒(左下)]
た、助けてくれえ!
魔獣が、魔獣が……!▼
[生徒(左上)]
きゃあああ!
誰かきてえええ!▼
[生徒(右上)]
魔獣め……!
こ、こっちに来るなああ!▼

魔獣初撃破時

[生徒]
………………。▼
[ジェラルト]
やっぱり、魔獣の正体は生徒だったか。
しかし、何だってこんなことが……?▼

1ターン目友軍フェイズ

[ジェラルト]
あの魔獣……
額に石みてえなもんが……▼
[モニカ]
………………。▼

生徒を保護した時

左下の生徒

[生徒]
ありがとうございました!
逃げ遅れた友達も、無事でしょうか……?▼

左上の生徒

[生徒]
怖かったよお……。
絶対、お礼しますから……!▼

右上の生徒

[生徒]
すみません。
危ないところでした……。▼

会話

主人公⇔ジェラルト

[ジェラルト]
まだ行けるか?
無理はすんなよ。▼
ルミール村の時も思ったが、
随分と指揮が上手くなってるじゃねえか。▼
俺も指示してもらえば良かったかもな。
はっはっは!▼

ジェラルト

ジェラルトのHPが半分以下になった時

[ジェラルト]
これだけの魔獣を相手にするとは……。
礼拝堂に行くのも簡単じゃねえな。▼

ジェラルトのHPが1/4以下になった時

[ジェラルト]
こいつは厳しいな……。
誰か、援護してくれ!▼

ジェラルトが倒された時

[ジェラルト]
こんなところで、魔獣ども……相手に……
せめて、お前だけでも逃げろ……!▼

戦闘勝利後

《生徒が一人でも生存している場合》

[生徒]
はあ……助かったあ……。
あ、ありがとうございました!▼


《生徒を全員保護した場合》

力のしずくを獲得しました!
ダークメタルを1個、獲得しました


《共通》

[ジェラルト]
チッ……。
礼拝堂には何の痕跡もねえか……。▼
だが、ルミール村の件と無関係とは
思えねえ。恐らく、奴らが……。▼
[モニカ]
待ってくださあい!▼
[ジェラルト]
あん……?
まだ逃げ遅れた生徒が残ってたか。▼

ムービー「死の運命」

[ジェラルト]
……さっさと戻んな
[モニカ]
はーい


(ジェラルトが後ろからモニカに刺される)

[モニカ]
ウザいんだよね、おっさん
あたしのステキな計画を邪魔してくれちゃってさー


(ジェラルトがモニカに刺される)
(主人公が天刻の拍動を発動し、
ジェラルトが刺される前に時間が巻き戻る)

[ジェラルト]
……さっさと戻んな
[モニカ]
はーい


(天帝の剣でモニカに攻撃を繰り出すも、
突如、敵が現れ主人公の攻撃を妨害する)
(再び、ジェラルトがモニカに刺される)


(モニカが自分の味方の存在に気付く)

[モニカ]
何でここに!?
[???]
……お前には、
果たしてもらわねばならぬ役目があるのでな


(モニカと???が消える)
(主人公が天帝の剣を投げ出し、倒れたジェラルトに駆け寄る)

[ジェラルト]
すまんな……
これ以上、一緒にいてやれそうにない


(ジェラルトの頬に一滴の雫が垂れる)
(ジェラルトが見上げると、主人公が涙している)

[ジェラルト]
初めて見るお前の涙が、
俺への手向けとは、
嬉しいやら、悲しいやら……
……ありがと……な……


(雨に降られながら、ジェラルトを抱えた主人公が啜り泣く)

クリア後

父の日記・青獅子の学級

(騎士団長の部屋 昼)

[ソティス]
……ここは、ジェラルトの部屋か。▼
おぬし、まだ泣いておるのか……?▼
時を戻す力をもってしても、救えなかったと
あらば、もはや運命と諦めるほかない。▼


《選択》

[ソティス]
さもあらん……あの邪悪なる者たちの手で
ジェラルトの運命は曲げられたのじゃ。▼
[ソティス]
うむ……あの邪悪なる者たちを、
このまま野放しにしておくわけにはいかぬ。▼


《共通》

[ソティス]
……そうじゃ! ジェラルトが探せと
言うておったのは、その棚の裏ではないか?▼
これは……ジェラルトの日記のようじゃ。
顔に似合わずチマチマとした字を書きおる。▼
見よ、これはおぬしが生まれる前じゃろう。
随分と前から書いておったのじゃな。▼
……ふむ? そこを読んでみよ。
1159年、角弓の節──▼

[ジェラルト]
角弓の節、20の日、曇り。
あいつの死がまだ現実のこととは思えない。▼
子を産む際にあいつは命を落としたと
レア様は言っていたが、本当にそうなのか?▼
そして、あいつが自分の命と引き換えに
生んだ赤子は、産声さえ上げようとしない。▼

角弓の節、25の日、雨。
相変わらず、赤子は泣きも笑いもしない。▼
レア様は心配ないと言っているが、
泣かない赤子なんて普通じゃないだろう?▼
こっそり医者に診せると、脈は正常だが
心音が聞こえないなどとぬかしやがった!▼

飛竜の節、2の日、晴れ。
赤子を連れてここを出ようと思う。▼
だが、赤子には教団の監視がついている。
レア様が何を考えているのかわからない。▼
あれだけ素晴らしい方だと思ったレア様が、
今では恐ろしい。▼

飛竜の節、8の日、雨。昨日の火災を
利用して、赤子が死んだことにした。▼
レア様は異様なまでに焦っている。だが、
後戻りはできない。俺がこいつを連れ……。▼

[ソティス]
赤子とは、おぬしのことか。
とすると……む? 誰か来たようじゃ。▼


(ディミトリが現れる)

[ディミトリ]
……ここにいたのか。
レア様が先生を探しておられたぞ。▼
そうだ、謁見の後、食堂に行かないか?
あれからろくに食べてないだろう、先生。▼
[ベレト]
………………。▼
[ディミトリ]
……なんて、
まだ、そんな気分になれるわけがないか。▼
……ジェラルト殿のこと、
力になれなくてすまなかった。▼
落ち着くまで、ここにいればいい。
皆やレア様には、適当に言っておく。▼


《選択》

[ディミトリ]
ああ。
俺たちはずっと、先生を待っているから。▼
[ディミトリ]
無理して気丈に振る舞うことはない。
誰も、先生を責めはしないさ。▼


《共通》

[ディミトリ]
……俺はな、先生。立ち止まらずにいられる
者だけが、強い人間だとは思わない。▼
立ち止まって、死者を悼むことができるのも
人間の強さの一つだと……俺はそう思う。▼
……だがな、先生。どんなに悲しくても、
涙はいつか枯れてしまうし、腹は減る。▼
自分は何をするために生きているのか……
その目的に縋って、歩き出すしかないんだ。▼


《選択》

[ディミトリ]
4年前、あの忌まわしいダスカーの地で、
俺もお前と同じ思いを味わった。▼
誰よりも強かった父は、
俺の眼前で首を落とされて死んだ。▼
誰よりも優しかった継母は、
俺を残して炎の中に消えた。▼
大事な仲間も、かけがえのない友も、
俺は、誰一人として救えなかった。▼
……死者の無念を張らす。それが、あの日
ただ独り生き残った俺の、なすべきことだ。▼
その意思が、再び立ち上がり
歩き出す力を、俺に与えてくれた。▼
ジェラルト殿が亡くなった今、
先生がなすべきことは何だ?▼
先生の中では
もう心は決まっているんじゃないのか?▼
……一つだけ、先生に伝えておく。
先程セテス殿が、騎士団を招集し、
大規模な捜索を始めると仰っていた。▼
すぐに、とはいかないだろうが、
近いうち敵の足取りも掴めるだろう。▼
誰が何と言おうと、俺は先生に
付き合うつもりだ。……最後まで、な。▼


(ディミトリが立ち去る)

[ソティス]
さあて、あやつの言うように心が決まって
おるのか? のう、ベレト。▼
ここに来れば、日記はいつでも読める。
残りは後で読むがよかろう。▼
じゃが……そうか。
わしには1つわかったことがある。▼
わしが、おぬしと共にあるのは……
恐らくは……▼

ゆるりと読むがよかろう。▼
じゃが……そうか。
わしには一つわかったことがある。▼
わしが、おぬしと共にあるのは……
恐らくは……▼

報告・星辰の節

[レア]
ベレト……待っていましたよ。▼
誇り高き騎士を失ったこと、
私も哀惜の念に堪えません。▼
私にとって、ジェラルトは……
長年の同志であり、友でもありました。▼

《選択》

[レア]
とても昔……とだけ、言っておきましょう。
その頃、ジェラルトは王国の兵士でした。▼
戦場で傷つき、命の灯が消えかけていた彼を
私が助けたのが、最初の出会いです。▼
以来、セイロス騎士団の一員として、
聖教会のために尽くしてくれました。▼


《選択》


《選択》


《共通》

[レア]
……彼は、ガルグ=マクで一人の修道女に
出会い、やがて2人は愛を育みました。▼
しかし彼らの子が生まれるのと引き換えに、
修道女は命を落としてしまったのです。▼
彼女は、我が子と自分の命を天秤にかけ、
子供の命を救うように私に託しました……。▼
彼はその事実を受け入れられず、赤子を……
あなたを連れて、突然出ていったのです。▼


《選択》

[レア]
それは……。
あなたの母親は……私の……。▼


(アロイスが現れる)

[アロイス]
お話し中のところ失礼いたします。
レア様、急ぎお耳に入れたきことが。▼
周辺を張っていた騎士団からの
報告になります……。▼
[レア]
……ベレト、
今日はもう下がりなさい。▼
今は体を休め、心を鎮めることのみに
専念するのです。いいですね?▼

コメント



*1 本ルートのみ好感度上昇なし

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-22 (水) 23:07:53