[広告]

会話集/章別会話

17章 鉄血の鷲獅子

オープニング

ナレーション1

ミルディン大橋を制圧した王国軍は、帝国領
内へ侵攻を開始。対する帝国軍は、メリセウ
ス要塞に兵を入れて、これを迎え撃たんとし
ていた。

因縁の平原

(会議室 昼)

[ギルベルト]
……先程、密偵から報告がありました。▼
どうやら帝国は、
メリセウス要塞に兵を集めているようです。▼
我々がミルディン大橋を攻め落としたのに
対し、早速手を打ってきたのでしょう。▼
その規模は我らの倍以上。
恐らく皇帝自ら軍を率いるのでは、と……▼
[ディミトリ]
………………!▼
[ギルベルト]
また、リーガン家のクロードは早々に
グロスタール家と講和すると……▼
同盟諸侯を糾合して兵員を搔き集め、
帝国領に侵攻する準備を進めているとか。▼
[ロドリグ]
……このまま行けば、3つの勢力が
グロンダーズで衝突することになりますな。▼

《共通》

[ディミトリ]
……感傷に浸りたいなら他所でやれ。▼
[ロドリグ]
しかし、この戦力差は困ったものですな。
我らは精鋭揃いと言えど、少し心許ない。▼
[ギルベルト]
ええ。できることなら、今からでも
援軍を要請したいところですが……▼
王国の主要領主のうち、他に頼れる勢力が
あるとすれば……カロン家でしょうか。▼

《選択》

[ギルベルト]
ええ。カロン家も、帝国への臣従を
表明していない家の一つです。▼

《カトリーヌがいる時》

[カトリーヌ]
……で、そんなカロン家は
アタシの実家でもあるってわけだ。▼
よし、アタシが父様に頼んでくる。
今の状況なら、断られるってことはないさ。▼
アタシを守ってくれた教団の頼みとなりゃ、
力を尽くして応えてくれるはずだ。▼
[ロドリグ]
ええ、頼みましたよ、カトリーヌ殿。▼

《カトリーヌがいない時》

[ギルベルト]
急ぎ書状を届けさせましょう。
きっと協力を表明してくださるはずだ。▼
[ロドリグ]
ええ、頼みます、ギルベルト殿。▼

《共通》

[ギルベルト]
……今の段階でやれることは
この程度でしょうか。▼
[ロドリグ]
そうですなあ……
他に打てる手があるとすれば、それは……。▼

《選択》

[ギルベルト]
……そうですね。
同盟とは、直接ぶつかる理由もありません。▼
[ロドリグ]
仮にカロン伯の協力が得られたとしても、
帝国との兵力差は埋まりようがない。▼
[ギルベルト]
ですが、我々と同盟が手を結べば、
帝国に拮抗し得る勢力となるでしょう。▼

《選択》

[ギルベルト]
……そうですね。
我々に取れる行動はそれだけでしょうから。▼
[ギルベルト]
……そうですね。
ですが、対応が後手に回れば不利になる。▼

《共通》

[ギルベルト]
ひとまず使者を送り、
同盟側の腹を探るとしましょうか。▼
[ロドリグ]
……しかし、決戦の地がグロンダーズとは。
あなた方にも、思い出深い場所でしょうに。▼
[メルセデス]
鷲獅子戦の時は、私たちが勝ったのよね~。
何だか、ずっと昔のことみたい……。▼
[アッシュ]
……どうしても思い出してしまいますね。
思い出したくなんかないのに。▼
[イングリット]
戦いの後の食事……よく覚えています。
本当に美味しくて、楽しかった。▼
[アネット]
だ、駄目だよ。やめてよ。
折角、思い出さないようにしてたのに。▼
……やっぱりこんなの、おかしいよ。
一緒に学んできた仲間と戦うなんて……。▼
[シルヴァン]
皇帝陛下に直接言ってみたらどうだい?
ま、聞いちゃくれねえだろうけど。▼
[ドゥドゥー]
……敵が何であろうと、
おれは殿下のために戦いましょう。▼
[フェリクス]
……おい、猪。
勝てる見込みは。▼
[ディミトリ]
……さあな。▼
[フェリクス]
もし負ければ、
俺たちはお前のために死ぬことになるな。▼
[ディミトリ]
………………。▼
[ロドリグ]
フェリクス、そこまでにしておけ。
勝てばいいだけの話だ。▼
[ディミトリ]
……出立までに心を決めておけ。
殺される覚悟も、殺す覚悟も。▼
帝国は言わずもがな、
同盟と剣を交える可能性も十分にある。▼
[ギルベルト]
……かつての学友を斬ることに、
最早、躊躇はない……と。▼

《通常・下記パターン以外》

[ディミトリ]
……もう、慣れた。▼

《フェルディナント、ローレンツの両方をスカウトしている、かつミルディン大橋でローレンツを説得している時》

[ディミトリ]
斬らねばならないなら、斬る。
……それだけだ。▼

着陣

(ミルディン大橋 昼)

[ギルベルト]
……霧が出てきましたな。
これでは進軍もままなりません。▼
[ロドリグ]
まあ、どのみち霧が晴れるまでは
動けんのです。気長に待つとしましょうよ。▼
………………。▼
ギルベルト殿……いや、ギュスタヴ殿。
この機に、話しておきたいことが。▼
「ダスカーの悲劇」と呼ばれたあの事件。
あのことで、腑に落ちぬことがありまして。▼
[ギルベルト]
……お聞きしましょう。▼
[ロドリグ]
私もあの日、ダスカーで倅を失った身。
あの事件については、手を尽くして調べた。▼
驚いたのですが……パトリシア様の馬車には
争ったような形跡すらなかったとか。▼
[ギルベルト]
……はい。▼
[ロドリグ]
瀕死の重傷で済んだ殿下を除いて、他の者は
全員その場で惨殺されていたというのに……▼
陛下の後妻であるパトリシア様のご遺体
だけが、見つからなかったんですよね?▼
[ギルベルト]
……連れ去られたということでしょう。
争った跡がなかったのは脅されたからで……▼
[ロドリグ]
なぜ、連れ去る必要があったんです?
殺してしまえば済む話ではありませんか。▼
[ギルベルト]
……外交上、利用価値があったのでは?▼
[ロドリグ]
これまで、パトリシア様の存在が
外交の場で利用されたことはありましたか?▼
[ギルベルト]
……いえ、私の知る限りでは。……ならば、
帝国内の政争に利用されたのでは?▼
[ロドリグ]
実の娘が皇帝となった今、
その存在を隠す必要がどこにあるんです。▼
[ギルベルト]
………………。それは、帝国に
戻られてから亡くなられた、とか……。▼
[ロドリグ]
ギュスタヴ殿。もし、パトリシア様が
あの事件の根幹に関わっているとすれば……▼
[ギルベルト]
……ロドリグ殿。あのお方への侮辱は、
いくらあなたとて、許されることではない。▼
[ロドリグ]
いえ、何も、あの方が裏で糸を引き、陛下を
謀殺したとまで言うつもりはありません。▼
ですがギュスタヴ殿……私には、あの事件が
何か大きな陰謀の一端であるような……▼
……何か、きな臭さのようなものを
感じてならんのですよ。▼
[王国兵]
失礼します! ロドリグ様、ギルベルト殿!
すぐにこちらへ!▼

(暗転)

[ギルベルト]
これは……。
……随分と惨い殺し方をする。▼
[ロドリグ]
レスターの盟主に派遣した騎士の一人だな。
いつ、どこで見つかった?▼
[王国兵]
は、先ほど哨戒に出た兵士が、
近くの岩場で発見したそうです。▼
恐らくは、
同盟の者が打ち捨てていったものかと……▼
[ギルベルト]
……我々と共闘する気はない、という
同盟側の意思表示でしょか?▼

《選択》

[ロドリグ]
さて……同盟諸侯の思惑も様々ですし、
誰の仕業やら何とも判断し難いですな。▼
[ディミトリ]
……ああ、奴らの考えそうなことだな。▼

《共通》

[ロドリグ]
事の真相はわかりませんが、いずれにせよ、
派遣した他の騎士も無事ではありますまい。▼
これで、同盟との連合は難しくなったと
考えるべきでしょう。▼
[ギルベルト]
カロン伯から助力を得られたとはいえ、
厳しい状況になりましたね……。▼
[ディミトリ]
……同盟の助けなど、
端から期待していなかった。▼
立ち塞がる者は、まとめて轢き潰すまでだ。▼

(暗転)

[村娘]
……兄さん。▼

予定内容

《グロンダーズ平原への進軍》
ついに帝国領内へ進軍開始。帝国軍
は迎撃の構えを見せており、グロン
ダーズ平原での激突が予想される。

進軍

《グロンダーズの会戦》
それぞれの思惑を胸に、5年前の級長3人が
一堂に会そうとしていた。かつて鷲獅子戦が
行われたグロンダーズの野で、帝国軍、王国
軍、同盟軍による三つ巴戦が、始まる。

ナレーション2

ミルディン大橋を発した王国軍は、帝都アン
ヴァルを目指して南進。
その後方より同盟軍も帝国領内に向け進発、
一方、帝国軍はすでにメリセウス要塞から迎
撃軍を出陣させていた。
かつて鷲獅子戦が行われた平原で三勢力が一
堂に会し、後世に、“グロンダーズの会戦”と
呼ばれる戦いが幕を開けようとしていた。

戦闘マップ

ムービー「再戦」

[ディミトリ]
……貴様らの首を残らず捩じ切り、
死者への手向けとしよう
[クロード]
酒の代わりに血を浴びるとは、
とんだ同窓会があったもんだな
[エーデルガルト]
まったく、懐かしい顔ぶれね
……残念だわ
[ディミトリ]
殺し尽くしてやる……!
[エーデルガルト]
この戦いで……

戦闘開始前

[ディミトリ]
ついに現れたか、エーデルガルト……。
貴様は……俺の獲物だ……!▼
[クロード]
王国軍に俺たちと組む気はないらしいな。
仕方ない、少し様子を見させてもらうか。▼
[エーデルガルト]
ニ対一にするのは得策ではないわね。
王国と同盟に連携させないためにも……▼
敵も味方もわからぬほどの乱戦に
持ちこんであげる。▼

1ターン目敵フェーズ開始時

[エーデルガルト]
騎馬隊、進軍なさい!▼

西側から進軍

[ヒューベルト]
ほう、中央の丘を放置して、こちらから
攻めてきますか。随分と悠長ですな。▼

同盟軍の侵攻開始

[ヒューベルト]
我々を捨て置いて潰し合いとは恐れ入る。
ですが、脇が隙だらけですよ……くくく。▼
[クロード]
帝国軍より先に俺たちを潰そうってのか?
なら、こっちも札を切らせてもらうぜ……!▼
[クロード]
チッ……帝国も王国も入り交じって、
狙いどおりに攻撃するのも骨が折れるな。▼
……乱戦の定めだ、許せ。
味方以外はまとめて叩き潰すぞ!▼
[レオニー]
よしっ! 紋章なんかなくたって、
戦えるってところを見せてやる!▼
[ヒルダ]
あたしも、引けないんだよねー。頼りない
盟主様を助けてあげなきゃいけないからー。▼

火攻め

[エーデルガルト]
愚かにも丘に上った者たちに、命の代償を
払わせてあげる……紅蓮の炎よ!▼
[エーデルガルト]
想定と違う相手だけれど……致し方ない。
中央の丘を焼き尽くしなさい!▼
[ヒューベルト]
中央の丘は燃え上がった……次は私が、
冷やしてやりましょう。敵を殺し尽くして。▼

vs クロード

[クロード]
はは、久々の再会が戦場とは泣けるねえ。▼

主人公 vs クロード

[クロード]
先生、本当に生きてたんだな!
あんたが俺たちの仲間じゃなくて惜しいよ。▼
それに、あんたの敵は帝国軍じゃないのか?
この乱戦じゃあ仕方ない気もするがな。▼

ディミトリ vs クロード

[クロード]
ディミトリ、冷静になれ! 今ここで
俺たちが潰し合って、喜ぶのは誰だ!?▼
[ディミトリ]
どけ、クロード……
貴様と言葉を交わしている暇はない……!▼
[クロード]
今のお前には、何を言っても届かないか。
……けど、俺も退くことはできないんでね。▼

クロード撃破

[クロード]
ぐっ……勝算はあったが……
王国軍の動きに予想を外されたか。▼
[クロード]
ここで死んじまうわけにもいかないよな。
俺は退かせてもらうぜ。▼

vs リシテア

[リシテア]
知った顔でも手加減はしませんよ。
この戦い、勝たないといけないので。▼

リシテア撃破

[リシテア]
う……おかしいですね……
もう少し生きられるはずだったのに……▼
[クロード]
リシテア……!
あいつ、生き急ぎやがって……▼

vs ラファエル

[ラファエル]
お前じゃ、オデは倒せねえだろ。
逃げたほうがいいと思うけどなあ。▼

主人公 vs ラファエル

[ラファエル]
おお、久しぶりじゃねえか!
先生なら相手に不足はねえぞ!▼

ラファエル撃破

[ラファエル]
クロードくん……妹を……
それに、同盟も……▼
[クロード]
ラファエル!
安心しろ、お前の妹も、同盟も、俺が……!▼

vs イグナーツ

[イグナーツ]
ボクは、クロードくんたちと一緒に、
フォドラの未来を作るって決めたんだ!▼

イグナーツ撃破

[イグナーツ]
ボクにしては……
頑張ったほうかな……と……▼
[クロード]
すまない、イグナーツ……!
助けてやれなかったな……。▼

vs レオニー

[レオニー]
顔見知りでも、容赦しないよ。
ここは、そういう場所だからな。▼

レオニー撃破

[レオニー]
ここで……終わりかよ……
師匠、わたし頑張ったんだけどな……▼
[クロード]
レオニーがやられちまっただと……?
俺は敵を侮っていたのか……?▼

vs ヒルダ

[ヒルダ]
あたしのこと、忘れたわけじゃないでしょ?
見逃してくれないかなー。▼

ヒルダ撃破

[ヒルダ]
このままじゃ死んじゃうし……
ごめん、先に抜けさせてもらうね……!▼
[クロード]
ああ、ヒルダにしてはよくやったよ。
後は任せといてくれ。▼

vs エーデルガルト

[エーデルガルト]
王国だろうと同盟だろうと、
まとめて撫で斬りにしてあげる!▼

主人公 vs エーデルガルト

[エーデルガルト]
……次に会った時が、どちらかの道が
途絶える時だと思っていたわ。▼
先生の歩み、ここで止めてあげる。
……永遠にね。▼

ディミトリ vs エーデルガルト

[ディミトリ]
胸を抉るか、首を折るか、頭を潰すか……
死に方は選ばせてやる……。▼
[エーデルガルト]
死に方になんて興味がないわ。
重要なのはいつ死ぬか……▼
そして私には、
ここで死ぬ気など微塵もない!▼
[ディミトリ]
これまで貴様が殺してきた者たちも……
皆、そう思っていただろうよ!▼

エーデルガルト撃破

[エーデルガルト]
くっ……、この私が負ける……!?
やはり貴方がいては……この道は……。▼
[エーデルガルト]
……ここは退かせてもらうわ。
いずれまた、戦場で会いましょう。▼

vs ヒューベルト

[ヒューベルト]
作戦の障害……
取り除かせてもらいますかな。▼

ヒューベルト撃破

[ヒューベルト]
これ以上の戦闘継続は、命に関わります。
陛下……先に退かせてもらいますよ。▼
[エーデルガルト]
気にしないで、まだ戦力は残っている。
ペトラ、すぐにあちらに援護に向かって。▼
[ペトラ]
はい、エーデルガルト様の陣、守る、
何人、たりとも、立ち入らせません。▼
[エーデルガルト]
気にしないで、まだ戦力は残っている。
私が戦場に立つ限り、負けはしない!▼
[帝国将]
陛下、あたしがそちらに回ります、
ご安心を!▼

vs ペトラ

[ペトラ]
アドラステアとブリギットの盟約、従い、
あなたたち、倒す、必ず!▼

ペトラ撃破

[ペトラ]
これ以上、戦う、できません……。
わたし、退く、謝罪します……▼
[エーデルガルト]
いいのよ、貴方もまた王位を継ぐ者……
退く余裕があるのなら退きなさい。▼

vs ベルナデッタ

[ベルナデッタ]
来ないでええええ!
近づくと、近づくと、撃ちますよ!▼

主人公 vs ベルナデッタ

[ベルナデッタ]
だ、誰!?
あっ……先生じゃないですかああ!▼
あれ!? 敵なんですか!?
ってことは、殺し合うんですかああ!?▼

ベルナデッタ撃破

[ベルナデッタ]
死ぬなら……部屋の中が……良かった……
こんな、平原の……ど真ん中でえ……▼
[エーデルガルト]
ベルナデッタ……ありがとう。
貴方の命、決して無駄にはしない。▼
[ペトラ]
中央、奪われる、危機です。
わたしたち、駆けつけ、守ります!▼

戦闘勝利後

[ディミトリ]
………………!
逃げるか、エーデルガルト……!▼
[ロドリグ]
……殿下、ご無事ですか!
とにかく今はミルディン大橋へ退却を……▼
[ディミトリ]
あの女を……あの女を、仕留め損なった。
俺は奴を追う。お前たちは戻っていろ!▼
[ロドリグ]
……なりません。心中お察ししますが、
今は帝国軍の後詰が迫っているのです!▼
[ディミトリ]
そんなものは俺が全員、叩き殺してやる!
何百だろうと何千だろうとなッ!▼
[村娘]
………………。▼
[ロドリグ]
……? お前は確か……
なぜ、ここに……ここは危険だ! 下がれ!▼
[村娘]
……ふふ。▼
[ロドリグ]
……殿下ッ!▼
[ディミトリ]
っ……!
貴様、は……!▼

クリア後

兄の仇

(帝国領・グロンダーズ平原 昼)

[村娘]
ふふ……ふっ、あははははは!
少しは後ろに注意されたらどうです、殿下?▼
ねえ、痛いですか。痛いでしょうね?
でも、兄さんは……もっと……▼
……許さない。
絶対に……許さないッ!!▼
[ディミトリ]
………………。
……ああ、そうか。お前は……▼
[村娘]
このおぞましい化け物が……!
死ねッ! 死んでしまええええッ!!▼
[ロドリグ]
……殿下ッ!▼
がっ……
……ベレト殿! やれ!▼

(斬撃)

[村娘]
あ……▼
ああっ……
にいさ……けて……兄さん……▼
[ディミトリ]
……ロドリグ!▼
[ロドリグ]
……ご無事でしたか、殿下。……なんだ、
もしや、余計なお世話、でしたかな……?▼
[ディミトリ]
あれは……
あれは、俺が受けるべき報いだった。▼
[ロドリグ]
戦場に……
罪も報いも、ありませんよ……。▼
[ディミトリ]
……死ぬな。▼

《ドゥドゥーが自軍にいる時》
父上も、継母上も、グレンも
皆、俺を置いて死んでいった。▼

《ドゥドゥーが自軍にいない時》
父上も、継母上も、グレンも、ドゥドゥーも
皆、俺を置いて死んでいった。▼

《共通》
ロドリグ……お前も、
あの亡霊の群れの中へ行くのか。▼
お前も、俺のせいで……
俺が……俺が、殺した……!▼
[ロドリグ]
……ふ。▼
殿下……
あなたは一つ……思い違いをしている。▼
誰も……あなたのために死んだのではない。
私は、私の信念のために……死ぬのです。▼
あなたの命は……
他でもない、あなたのものだ。▼
それは……
あなたの信念のために、お使いなさい。▼
ああ……あなたは陛下に……
本当に、よく似ておられる……▼

(1176年 王都フェルディア 昼)

[ロドリグ]
……何を言っている、ランベール!▼
[ランベール]
俺はダスカーへ向かう、と言った。
お前が何と言おうが、その意志は変わらん。▼
昔からお前は心配性だな……これまでも、
ダスカーとは仲良くやってきただろう?▼
ロドリグ、お前もわかっているはずだ。
今回の会談がどれだけの重要性を持つか。▼
[ロドリグ]
それは、そうだが……やはり、
国王であるお前自ら出向くなど……。▼
それに殿下はまだ幼い。
もし万が一、お前の身に何かあれば……!▼
[ランベール]
……たとえ万が一があっても、大丈夫さ。▼
ロドリグ。あいつは聡い。たとえ父親(おれ)
いなくとも、きっと真っ当に育つだろう。▼
[ロドリグ]
……ランベール。▼
[ランベール]
だが……もしいつか、あいつが道を
誤ったなら、その時はロドリグ、お前が……▼

(グロンダーズに戻る)

[ロドリグ]
……ランベール。
俺は……あの日の、約束を……▼

生きる理由

(厩舎前 深夜)

[ディミトリ]
……何の用だ。▼

《選択》

[ディミトリ]
お前には、関係のない話だ。▼

《選択》

[ディミトリ]
……邪魔だ。そこをどけ。▼

《選択》

[ディミトリ]
………………。▼

《選択》

[ディミトリ]
黙れ。
貴様に、彼らの何がわかる……。▼
……死ねば、人はそこで終わりだ。▼
たとえどれほど無念であっても、
彼らは復讐を望むことさえできない。▼
生き残った者が、彼らの意志を……
無念と憎悪とを、背負わねばならない。▼
……いつか言ったな。
それが、俺のなすべきことだ、と。▼

《選択》

[ディミトリ]
まさか、彼らのためにも前に進め、などと
ふざけた台詞を吐くつもりか?▼
……綺麗事だな。
それは生ある者の論理だ。▼
無念の中で死んでいった者たちは、
誰も……そんなことを望みはしない。▼
……なあ、教えてくれ、先生。▼
どうしたら彼らの嘆きは止む?
どうしたら……俺は、彼らを救ってやれる?▼
9年前のあの日から……俺はずっと、
彼らに報いるためだけに生きてきた。▼
士官学校での日々も、すべては復讐を果たし
彼らの無念を晴らすためのものだった。▼
……生きている理由など、
それしかなかった。▼

《選択》

[ディミトリ]
……ッ。▼
なら……俺は、誰のために……
何のために、生きていけばいい……。▼

《選択》

[ディミトリ]
俺の、信念……。▼
……ロドリグも、そう言っていたな。
だが……そんな生き方が……▼
本当に……そんな生き方が許されるのか?
人殺しの化け物に成り下がった俺に……。▼
あの日、生き残ってしまった俺にも……
自分のために生きる権利が、あるのか……?▼
(主人公が手を差し伸べる)
[ディミトリ]
………………。▼
お前の手は……
こんなにも、温かかったんだな。▼

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-12-03 (日) 18:35:07
[広告] Amazon.co.jp