[広告]

会話集/章別会話

15章 煉獄の谷

オープニング

ナレーション1

帝国軍の尖兵を退けた王国軍は、乏しい兵力
を増員すべく、王都の東方、フラルダリウス
家領にてコルネリアに交戦中のロドリグに、
援軍を打診した。

援軍を求めて

(玄関ホール 昼)

[ディミトリ]
……来たか。▼

《フェリクスをロストしていない場合》

[フェリクス]
親父殿からの返事だ。
お前も読め。▼

《フェリクスをロストしている場合》

[ディミトリ]
ロドリグからの返信だ。
……お前も目を通しておけ。▼

《共通》

[ロドリグ]
……詳しい事情は、ギルベルト殿から
伺いました。急ぎ兵員が入り用とのこと。▼
すぐに増援の兵を調え、大修道院まで
送り届けたいところではありますが……▼
私も、何の用意もなしに
長く前線を離れるわけにはゆきません。▼
フラルダリウス領の南、煉獄の谷アリルまで
おいでいただくことはできませんか。▼
アリルは修道院と我が領地の中間地点です。
そこで、兵員を引き渡しましょう。▼

《選択》

[ギルベルト]
アリルは、王国領と同盟領の境に位置する、
人の寄りつかぬ深い谷です。▼
[ディミトリ]
……確かにあのアリルならば、
敵に動向を悟られずに合流できるだろう。▼

《フェリクスをロストしていない場合》

[フェリクス]
親父殿から兵員を引き取ったら、いよいよ
帝国との戦いが始まるというわけか。▼

《フェリクスをロストしている場合》

[ギルベルト]
ロドリグ殿から兵員を引き取れば、
いよいよ帝国との戦いが始まります。▼

《共通》

[ギルベルト]
以降の戦いは熾烈なものとなるでしょう。
……良いのですね、殿下。▼
[ディミトリ]
ああ。
今更、何を躊躇う必要がある?▼
父上も、継母上も、グレンもドゥドゥーも、
皆……笑って、頷いてくれるはずだ。▼
エーデルガルトの首を捧げさえすれば、
きっと……きっと、な。▼
(暗転)
[王国兵]
………………。
煉獄の谷アリル……。▼

予定内容

《アリルで援兵との合流》
帝国に悟られないよう煉獄の谷アリ
ルに赴き、王国貴族ロドリグから援
軍となる将兵を預かろう。

進軍

《アリル奇襲戦》
一行は煉獄の谷アリルに向かった。友軍と合
流し、援兵を引き取る……それだけの安全な
行軍のはずであったが、その目論見は儚く崩
れ去ることになる。

ナレーション2

王国軍より援軍の打診を受けたロドリグは
兵員の引き渡しを承諾。
援軍と合流すべく、王国軍の面々は“煉獄の
谷”と呼ばれるアリルを目指す……。

煉獄の谷

(煉獄の谷アリル 昼)

[ギルベルト]
やはり、そう何度も来たいものでは
ありませんな、この谷は……。▼
[イングリット]
ファーガスは元々、寒い土地ですから……。
この暑さには、どうも慣れないというか。▼
[シルヴァン]
歴史には季候が勝敗を分けた戦いもある……
つっても、暑いもんは暑いしなあ……。▼
[イングリット]
そうよねえ……はあ、こればかりは
気合でどうにかなるものでもないし。▼
[ギルベルト]
ベレト殿。
体力は、まだもちそうですかな。▼

《選択》

[ギルベルト]
……あまり無理をなさらぬよう。
まめに休息を取りながら進むべきかと。▼
[ギルベルト]
……この環境ゆえ、かつては修道士の
修行場とされたこともあるそうですよ。▼

《共通》

[ギルベルト]
アリルは、女神様の怒りによって
生まれた土地だとも言われています。▼

《選択》

[ギルベルト]
……この谷は、女神様が堕落した人間たちに
裁きを下した、その名残と言われています。▼
かつてこの周囲に広がっていた森は、
天より降った光の柱によって焼き払われた。▼
その伝承から、炎によって罪を焼き、清める
……煉獄という考えが生まれました。▼
[ディミトリ]
……愚かな話だな。
犯した罪が、そう容易く消えるはずもない。▼
[ギルベルト]
ええ。……それに、聖典にも神話にも、
煉獄の記述はどこにもありません。▼
ですが……縋るしかないのです。
己の罪に向き合えぬ、矮小な人間は。▼
[ディミトリ]
………………。▼

《メルセデスがいる時》

[メルセデス]
……それにしても、暑くてもう駄目かも~。
さっきから、おかしなものが見えるわ~。▼
ほら、あの岩山の辺り。何だか、たくさん
人がいるみたいに見えるけれど~……?▼
[ギルベルト]
……いえ、お待ちください。
どうやら、幻の類いではないようです。▼

《メルセデスがいない時》

[ギルベルト]
……!
皆様、あの岩山の辺りに人の群れが。▼

《共通》

[ギルベルト]
あれは……ロドリグ殿の兵か……?
いや、だがあの旗は……まさか……!▼
[ディミトリ]
……ローベの旗だな。女狐にへつらい、
ファーガスを帝国に売った……。▼
[ギルベルト]
……抜かりました。
間者が潜んでいたのでしょう。▼
迎え撃つか、ロドリグ殿の到着を待つか……
ご判断を。▼
[ディミトリ]
……判断も何もない。
殺しに行く手間が省けただけだ。▼

《選択》

[ディミトリ]
……二度と奴らを仲間などと呼ぶな。▼
[ディミトリ]
……言葉のとおりだ。▼

《共通》

[ディミトリ]
それに、あそこに見える獅子の旗。あの男と
言葉を交わそうなどと考えるな。無駄だ。▼
[ギルベルト]
……ええ、こればかりは殿下の言うとおり、
対話でどうにかなる相手ではありません。▼
皆様、すぐに迎撃準備を!▼

戦闘マップ

戦闘開始前

[グェンダル]
煉獄の谷……騎士としての人生を
締めくくるには格好の土地かもしれんのう。▼
まあ、あの若造ばかりの小勢に、
わしを殺せればの話だが……。▼
[ギルベルト]
獅子の旗を掲げるあの将は、グェンダル殿。
ローベ家に仕える老騎士です。▼
主命ならば、無意味な戦さえ厭わない男……
交渉の余地は皆無でしょうね。▼

戦闘開始時

[ギルベルト]
アリルは本来、人の寄りつかぬ危険な土地。
あちこちから炎が噴き出してきます。▼
[ディミトリ]
……煉獄の炎は、命ごと罪を焼くわけか。
女神に裁かれたくなくば、注意することだ。▼

6ターン開始時

[ロドリグ]
コルネリアめ、ガルグ=マクにまで
間者を潜ませていたか……!▼
[グェンダル]
ほう、“ファーガスの盾”が現れおったか!
若造どもより期待できそうじゃな。▼

(敗北条件に「ロドリグの敗走」が追加)

敵増援出現

(難易度ハード以上。ノーマルでは増援無し)

[王国兵]
出るぞ!
あいつらを挟み撃ちにしてやれ!▼

会話

主人公⇔ロドリグ

[ロドリグ]
おお、こんな場所で貴殿に会えるとは!
……いえいえ、話は戦いの後にゆっくりと。▼
これはほんの手土産ですが……
何か役に立ててください。▼

(モラルタの剣を獲得)

vs グェンダル

[グェンダル]
はっははは!
おぬしのような若造に、わしを殺せるかっ!▼
ローベ伯が騎士、
“灰色の獅子”グェンダル……参る!▼

ディミトリ vs グェンダル

[ディミトリ]
はッ、かつて獅子と讃えられた男が、
国賊どもの手先に成り下がるとはな。▼
[グェンダル]
国賊の手先とは心外ですな、殿下。
わしは今も昔も、ローベ家の騎士です。▼
[ディミトリ]
笑わせるなよ……騎士の矜持も忘れて
死肉を食い漁る卑しい獣が、何をぬかすか。▼
[グェンダル]
たとえ卑しくあろうとも、
獣は主君に尽くすものですぞ。▼
[ディミトリ]
そうか……ならば打ち殺して、
飼い主に首を届けてやるとしよう。▼

ユーリス vs グェンダル

[グェンダル]
伯爵への忠誠も忘れ、剣を向けるか。
はっは、これは立派になったものよ、小僧。▼
[ユーリス]
昔から、あんたはそうして悪態つきながらも
甲斐甲斐しく俺の世話を焼いてくれた。▼
……伯爵の命令とはいえ、あんただけは
俺を一人の人間として扱ってくれたっけな。▼
[グェンダル]
……過去の話よ。戦に情など無用……
……ただ、君命を果たすのみ!▼

グェンダル撃破

[グェンダル]
ようやく死に場所を得たか……
若造ども……礼を言うぞ……▼

ロドリグが倒された時

[ロドリグ]
皆、すまん……
ここまでのようだ……▼

戦闘勝利後

[ギルベルト]
君命に是非を論じず従うは騎士の鑑……
グェンダル殿……立派な男でした。▼
[ディミトリ]
……もう、ただの死体だ。
行くぞ、ロドリグが待っている。▼

クリア後

合流

[ロドリグ]
お久しぶりです、殿下。
なんだ、存外元気そうではありませんか。▼
[ディミトリ]
……その言い草。
お前も変わりないようだな。▼
[ロドリグ]
いや、これでも大変だったのですよ?
王都でも逆賊どもと一戦交えましたしね。▼
殿下が処刑されたって聞いたものですから、
王都まですっ飛んでいってみれば……▼
刎ねた首も遺体も見せない、などと
ふざけたことをぬかすもので、つい。▼
ギルベルト殿。
本当に、よく殿下を見つけてくださった。▼
そして、ベレト殿。
貴殿にも、礼を言わなくてはなりませんね。▼

《選択》

[ロドリグ]
いずれにせよ、あなたは我々の恩人だ。
この礼は、いつか必ず。▼

《フェリクスをロストしていない場合》

[ロドリグ]
それから……その、フェリクス。お前も、
よく殿下をここまで連れてきてくれたな。▼
[フェリクス]
チッ……。▼

《共通》

[ディミトリ]
……まずはそちらの状況を聞かせろ、
ロドリグ。▼
[ロドリグ]
……ろくな話はありませんよ。王国の西側が
帝国に盗られたってのは、ご存知ですよね?▼
[ディミトリ]
……ああ、聞いている。
ファーガス公国とやらの話もな。▼
[ロドリグ]
なら、話は早い。▼
コルネリアの手際は敵ながら見事でしてね。
あの政変で実権を握るや否や……▼
早々に王都に帝国軍を受け入れ、
軍を再編してこちらに兵を向けた。▼
おかげで、後手を踏んだ我々は防戦一方、
厳しい戦いを強いられているのが現状です。▼
[ディミトリ]
元々あの女狐はそのつもりだったのだろう。
……もっと早く殺しておくべきだった。▼
[ロドリグ]
殿下……フェルディアは、
そりゃもうひどい有様だそうですよ。▼
苛政に耐えかね、暴動は絶えない。
逃げ出した民は食うに困って野垂れ死ぬ。▼
……で、
ここからは私の意見なんですがね、殿下。▼
帝都ではなく王都に向かい、いっちょ
逆賊をぶっ飛ばしてやるってのはどうです?▼
[ディミトリ]
……そんなことをしている暇はない。
帝都を落とし、攻め滅ぼすのが先だ。▼
[ロドリグ]
いやいや、帝国や皇帝を討ちたい気持ちは
私にもわかりますよ。痛いほどにね。▼
ですが死んでしまった者と、今を生きる民。
大事なのはどちらだとお思いで?▼
[ディミトリ]
……黙れ。▼
[ロドリグ]
いいや、黙れませんね。▼
[ディミトリ]
俺に……いや、死んでいった者たちに、
あの女を許せと言うのか、お前は。▼
[ロドリグ]
いえ、許せとまでは言いません。ただ、
帝都よりも王都を優先すべきという話です。▼
きっと、陛下もそうしろと仰るはず……
私の悪友だった、あのランベールならば。▼
[ディミトリ]
……死者の言葉を安易に語るな。それは
彼らの口を借りただけの、お前の言葉だ。▼
父上は、あの女の首を捧げるその時まで、
無念と憎悪とに囚われたままだ……▼
……そして今なお、苦しみ続けている。
こうして問答している間にも、ずっと!▼
[ロドリグ]
………………。▼
……我々はあなたを王に戴く民。あなたの
決断に従いましょう。……ですがね、殿下。▼
世の中には、復讐のために剣を取る、
その力も余裕もない者たちがいることを……▼
頭の片隅に、置いておいてください。▼
[ディミトリ]
………………。▼
[ロドリグ]
……ああ、そうだ。殿下、こちらを。
これは正しき主の手に握られるべきものだ。▼
[ディミトリ]
……“アラドヴァル”。
かつて父上の振るった、英雄の遺産……。▼
[ロドリグ]
ええ。王都でコルネリアの部下から
取り戻してきたものです。▼
[フェリクス]
親父殿は軽く言うが、これを取り戻すのに
どれだけの苦労があったか……▼
[ディミトリ]
……ありがたく、使わせてもらう。▼
[ロドリグ]
……ギルベルト殿、ベレト殿。
一つ、頼みを聞いてはもらえまいか。▼
私も、この軍の陣列に加えていただきたい。▼

《フェリクスをロストしていない場合》

[フェリクス]
待て……耄碌するには早いだろう、親父殿。
家は、領地は、どうするつもりだ?▼

《フェリクスをロストしている場合》

[ギルベルト]
突然何を言い出される、ロドリグ殿。
貴殿は、前線に戻られるはずでは……。▼

《共通》

[ロドリグ]
ま、こんなこともあろうかと、領内のことは
弟に託してきた。信頼のおける男です。▼
私は、陛下との……亡き友との約束を、
果たさなければならないのでね。

《選択》

[ロドリグ]
ええ。10年近く前に交わした、
古い約束ですが。▼
さあ殿下、共に帝国を討ち滅ぼしましょう。
我々も協力は惜しみません。▼
それが、王国を救う方法だと……
あなたがそう仰るのならば。▼

軍議・天馬の節

(大広間 昼)

[ロドリグ]
我々の目的は、帝都アンヴァルの制圧。
敵の本拠を直接狙う、というわけですな。▼
……ところでベレト殿、
あなたはフォドラの地理に詳しいほうで?▼

《選択》

[ロドリグ]
では、王国と帝国が険しいオグマ山脈で
隔たれていることも?▼
(主人公が頷く)
[ロドリグ]
王国と帝国は、険しいオグマ山脈で
隔てられているんですよ。▼

《共通》

[ロドリグ]
かつて、聖者セイロスが山脈を越え、
邪王ネメシスと争った伝承がありますが……▼
大軍を率い、あの切り立った山を越えるのは
容易なことではないんです。▼
[ギルベルト]
我々が帝国へと攻め入るには、
山脈の東西、どちらかを回るしかない。▼

《選択》

[ロドリグ]
ええ、ご明察。▼
[ロドリグ]
……それは難しいかと。何せ、王国西部は
すでに帝国の支配下に置かれていますから。▼
そうなれば、やはり通るべきは東……
同盟領を通過する経路でしょう。▼

《共通》

[ロドリグ]
同盟は今、帝国につくか否かをめぐり、
その勢力を二分した内紛状態にある。▼
親帝国派の筆頭はグロスタール家、
抗戦派の筆頭は盟主を務めるリーガン家……▼
彼らの内輪揉めに乗じ、我々は山脈伝いに
同盟領、ミルディン大橋まで東進します。▼

《選択》

[ギルベルト]
同盟領と帝国を分かつアミッド大河には、
大きな橋がいくつか架かっていますが……▼
そのうち最も修道院に近く、規模も大きい
橋が、ミルディン大橋ですね。▼
5年前、グロンダーズ鷲獅子戦の時に
あなた方はこの橋を通過しているはずです。▼

《選択》

[ロドリグ]
……できる、できない、ではない。
やるしかないんです、ベレト殿。▼
[ギルベルト]
……そうでしょうね。ですが、
西側を通過するよりは、まだ現実的です。▼

《共通》

[ロドリグ]
となると今、我々がすべきことは……
リーガン家に協力を求めることでしょうか。▼

《共通》

[ロドリグ]
抗戦派の筆頭、リーガン家の盟主クロード。
敵の敵は味方、と言うではありませんか。▼
[ディミトリ]
……リーガンに、グロスタールの兵を
引きつけてもらうということか。▼
[ギルベルト]
ええ。橋を落とすことで、グロスタールは
帝国からの支援を受けられなくなる……▼
クロードのような知恵の回る男であれば、
此度の要請に応えぬことはないでしょう。▼
[ロドリグ]
で、上手くミルディン大橋を制圧し、
帝国侵攻の足掛かりを得た後は……▼
[ディミトリ]
グロンダーズ平原を通過し、
帝都へ向けて南下する……。▼
[アッシュ]
あの、もし挟撃されたら……その時は同盟の
人たちとも戦わなきゃいけないんですよね。▼

《ローレンツをスカウトしている場合?》

[ロドリグ]
もちろん、同盟軍に挟まれれば戦闘になる。
……学友と剣を交えることもあるでしょう。▼

《ローレンツをスカウトしていない場合?》

[メルセデス]
グロスタールといえば……
あっ、ローレンツは元気かしら?▼
[アネット]
……会えるとしても、たぶん敵同士だよ。
あたしは正直、会いたくないな……。▼

《共通》

[ディミトリ]
……顔見知りを斬りたくないのなら、
その顔を見ずに斬ればいい。そうだろう?▼
[フェリクス]
チッ……ああ、そうだな。▼
[ディミトリ]
覚悟を決めろ。……殺す覚悟を。▼

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-01-25 (木) 01:26:15
[広告] Amazon.co.jp