[広告]

会話集/章別会話/エピローグ

紅花の章 単独エピローグ

主人公(男性・女性)

ベレトはエーデルガルトと共に、人の上に立つ神なる存在を打ち倒した。
その戦いで傷つき、神祖の力を失いはしたが、進むべき道は変わらない。
“闇に蠢く者”討ち滅ぼし、フォドラに真の平和をもたらすため、これからも剣を振るい続けるだろう。

エーデルガルト

エーデルガルトは新生アドラステア帝国の皇帝として、生涯をフォドラの統治に捧げた。
身分制度を変革し、人々が自立した社会を実現するため、骨身を惜しまず働いた彼女は、晩年、すべきことは終わったと、優秀な後継者を見つけて後を託し、姿を消したという。

ヒューベルト

ヒューベルトは皇帝エーデルガルトの懐刀として、生涯を彼女に捧げた。装いも腹の内も真っ黒な彼は、皇帝の治世を表から陰から支え、そのためには手段を選ばなかった。
皆からは酷く恐れられたが、気に留めることなくただ己の役目を果たし続けたという。

フェルディナント

フェルディナントは正式にエーギル公爵位を継ぐと、領内の改革に着手。幾多の困難を乗り越えながら、エーギル公爵領は徐々に復興を遂げた。
皇帝エーデルガルトは、その功績をもって彼を宰相に抜擢。以降は皇帝の右腕として、帝国繁栄のため全力を尽くした。

リンハルト

リンハルトは爵位の継承権を放棄し、領地を出てガルグ=マク大修道院に居着くと、紋章学の研究を進めたり、釣りをしたり、悠々自適の生活を送った。
彼の部屋には紋章学上の途轍もない大発見が埋もれていたが、彼の存命中に世に出ることは、ついになかった。

カスパル

カスパルは戦争での功績が認められ、新生アドラステア帝国の軍務卿となる。
軍の全権を委任されると、度々暴走しながらも数々な困難な事態を解決に導いた。
残る逸話のほとんどが笑い話であることが示すとおり、彼の行く先には常に笑顔が絶えなかったという。

ベルナデッタ

ベルナデッタは父に代わってヴァーリ伯爵位を継いだものの、領内に引き籠もり、決して国政に関わろうとはしなかった。
好きなことをしながら、のんびりと自領の統治のみを行うその姿勢は代々の当主に受け継がれ、“穴熊ヴァーリ”として名を残すことになる。

ドロテア

戦後すぐにミッテルフランク歌劇団に復帰したドロテアは、その復興に尽力した。
やがて歌劇団が活気を取り戻すと、彼女は再び歌姫の座を後進に譲り表舞台から姿を消してしまう。
名もなき愛しき人と出会い、ひっそりと穏やかに暮らしたのだという。

ペトラ

故郷のブリギット諸島に戻ったペトラは、祖父から王位を継ぐと、フォドラへの従属状態の解消を宣言。
以後はフォドラやダグザとの友好的な交流に尽力した。
平和を保ち、繁栄を続けるブリギットを、彼女とその子孫たちは、長きにわたって守り続けたという。

フェリクス

終戦後もフォドラ各地では小競り合いが続いていた。戦いの場が残っていると知ったフェリクスは、貴族の身分を捨て、剣一本で身を立てる道を選ぶ。
その後の消息は不明だが、戦場にふらりと現れては敵に死を振りまく剣士の噂が、人々を震え上がらせたという。

アッシュ

戦後、アッシュは騎士の叙任を受け、後継者のいなかったガスパール家の家督相続を認められた。
領民に寄り添う真摯な姿勢は、フォドラ全土で評価され、理想の騎士と讃えられるまでになる。
その功績や人柄は、数多くの物語の中に残されているという。

シルヴァン

シルヴァンは新たなゴーティエ辺境伯としてその生涯をスレン族との関係改善に捧げた。
遺産と紋章を必要としない貴族の在り方を、その弁舌のみで築いた彼は、稀代の名領主として名を残す。
一方で、浮気者を“ゴーティエの放蕩息子”と呼ぶ習慣も後世に残した。

メルセデス

家を出たメルセデスは、母と共に、ファーガス地方の小さな村に孤児院を開く。そして戦争で家を失った子供たちを、出身や身分を問わず保護し、分け隔てなく育てた。
時を経て彼女が孤児院を開いた村は、子供の笑顔の絶えない美しい街になったという。

アネット

アネットは故郷フェルディアに戻り、魔道学院の講師として教鞭を執る。のちに彼女は指導者として大成し、後世に名を残すほどの大魔道士を幾人も育て上げた。
彼らの誰もが、アネットの明るい人柄と、才能に驕らぬ姿勢を敬い、その教えに感謝していたという。

イングリット

イングリットは接収されたガラテア領の存続を嘆願し、新たな領主に任じられた。その後は、領民が豊かで穏やかに暮らせるよう尽力し、その情熱は農業技術の革新へと繋がっていく。
やがて彼女の思いは結実し、領内の食糧事情は劇的に改善。民も歓喜したという。

ローレンツ

戦後まもなくしてグロスタール家の当主の座を譲られたローレンツは、旧同盟諸侯の代表としてフォドラ全土の統治にも参画。
やがて、政治家としての才能に目覚めると、革新的な政策を次々と打ち出した。
特に平民に配慮した政策で多くの功績をのこしている。

ラファエル

戦後、故郷に戻ったラファエルは、地元の領主に騎士として仕える傍ら、副業として祖父と妹が開いた宿場を手伝った。
その後、騎士を辞して宿場の経営に専念することを決意。
意外にも料理人としての才能を開花させ、忙しくも充実した毎日を送ったという。

イグナーツ

故郷に戻ったイグナーツは、父と兄を説得して、画家として身を立てるべく修行の旅へ出る。
フォドラの国境をも越えて美しい風景や人々の暮らしを描き続け、ついに独自の画風を確立。
時代を代表する画家の一人として、フォドラの美術史にその名を刻んだという。

リシテア

実家に戻ったリシテアは、両親を助けて領内の復興に努めた。
数年が経ち、復興に目処がついたところでコーデリア家の爵位を返上。
領地を近隣諸侯に割譲すると、両親と共に姿を消した。
その後、彼女がどこでどのように暮らしたのはわかっていない。

マリアンヌ

自領に戻ったマリアンヌは、フォドラの危機を救った英雄として領民から熱烈に迎えられた。
義父も彼女の才能を認めて次期領主として再教育。
武器よりも言葉こそが力となる、という義父の薫陶を受けた彼女は、フォドラ屈指の弁論家へと変貌を遂げることになる。

レオニー

レオニーは、かつてジェラルトが率いていた傭兵団と合流、一番弟子として傭兵団長の座と“壊刃”の異名を継ぐことになる。
成長したレオニーは大酒飲みとしても名を馳せ、各地の酒場にツケを作り続けた結果、“女ジェラルト”として恐れられるようになった。

ハンネマン

フォドラの形が変わっても、ハンネマンのやるべきことは変わらなかった。
紋章の仕組みを解明し、紋章による社会の不平等を解消する。
やがて彼の研究は実を結び、紋章を持たずとも同等の力を使える「魔道具」を発明。
紋章学の父は、魔道具の父になった。

マヌエラ

ガルグ=マクを出たマヌエラは、多大な戦禍を被ったとある街に移り住み、そこで学校を開く。
街の復興に尽力しつつ、子供らが生きる術を得るために教鞭を執り続けた。
彼女は生涯独身を貫いたが、多くの子供に囲まれ、騒がしくも幸せな晩年を過ごしたという。

アロイス

“闇に蠢くもの”との長い戦いが終わった後、アロイスは家族と共にルミール村へと移り住み、畑を耕して暮らすようになる。
彼はそのささやかで幸福な暮らしを愛した。剣を鍬に持ち替え、もう二度と騎士として剣を振るうことはなかったという。

シャミア

戦後ほどなくして、シャミアは軍中から姿を消し、その行方はようとして知れなかった。
時を同じくして、とある義賊が世間を騒がせるようになる。
新しい指導者に従わず私腹を肥やす者、民を虐げる者らのみを狙ったその義賊は、凄腕の射手だったという。

イエリッツァ

終戦後、イエリッツァは“闇に蠢く者”たちとの戦いに身を投じた。
素顔を死神の兜で隠し、大鎌で戦場を蹂躙する様は、敵味方を問わず恐れられたという。
戦いに決着がついた後、彼は人知れず姿を消した。
彼の行方には諸説あるものの、真実を知る者は誰もいない。

アンナ

終戦後、アンナはガルグ=マクの街に残り、商売を通じて復興に助力した。
復興を見届けた彼女は街から姿を消したが、謎めいた行商人が各地で残した逸話の数々は数百年にもわたり語り継がれる。
次なる商機を求め、彼女は今日も、旅を続けているのかもしれない。

ユーリス

バルタザール

コンスタンツェ

ハピ

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-22 (土) 13:25:05
[広告] Amazon.co.jp