[広告]

会話集/章別会話/エピローグ

主人公(女性)のエピローグ

称号

【覇王の翼】(紅花の章)
【秩序の守護者】(蒼月の章)
【夜明けの王】(翠風の章)
【よすがを辿りし炎】(銀雪の章)

単独

ベレスはエーデルガルトと共に、人の上に立つ神なる存在を打ち倒した。
その戦いで傷つき、神祖の力を失いはしたが、進むべき道は変わらない。
“闇に蠢く者”討ち滅ぼし、フォドラに真の平和をもたらすため、これからも剣を振るい続けるだろう。

ベレスはディミトリを助け、彼と共に帝国の野望を打ち砕いた。
戦後、大司教の座を降りたレアに代わり、セイロス聖教会を率いることを誓う。
フォドラ統一を成し遂げたファーガス神聖王国の統治を助け、弱者の虐げられることのない泰平の世を創るために。

ベレスはクロードを助け、時を超えて蘇った邪王ネメシスを地獄へと送り返した。
その後クロードはフォドラを去り、後を託されて統一王国の初代王座に就く。
国境や民族の壁を越え、誰もが手を取り合って生きてゆける、そんな世が実現することを願って。

ベレスは“闇に蠢く者”らを討ち、更には正気を失った“白きもの”をも打ち倒した。
その後、大いなる指導者らを失うこととなったフォドラを立て直すべく、統一王国の初代王座に就く。
民の安寧を祈りながら、二度と争いの起こらぬ世界を目指して。

ペアエンド

黒鷲の学級/アドラステア帝国

エーデルガルト

ベレスとエーデルガルトは激戦の末、人の上に立つ神なる存在を打ち倒した。
その戦いで傷つき、神祖の力まで失うこととなった師を、エーデルガルトは自らの伴侶とし、それまで以上に頼りにしたという。
皇帝とその伴侶は、フォドラに真の平和をもたらずべく、共に“闇に蠢く者”と戦った。
また人々が自立できる社会を実現すべく、身分制度の変革をはじめ多くの事績を成した。
二人は時折、宮城を抜け出して蜜月の時間を過ごしたというが、彼らがどのように愛を語らったかは、誰も知らない。

ヒューベルト

ベレスはエーデルガルトと共に、人の上に立つ神なる存在を打ち倒した。その戦いで傷つき、神祖の力を失いはしたが、進むべき道は変わらない。フォドラに真の平和をもたらすため、一心に剣を振るい続けた。
その傍らで彼女を支えた者こそ、皇帝の腹心ヒューベルトだった。彼はかつて約束したとおりに、“闇に蠢く者”との全面対決に踏み出す。夫婦となった二人は、すべての過去に決着をつけるため、手を携えて闇の中の戦いに身を投じた。彼らは比翼の鳥のように、片時も離れなかったという。

フェルディナント

ベレスとフェルディナントの婚儀が盛大に催されたのも束の間、“闇に蠢く者”との戦いが再び幕を開ける。
正式にエーギル公爵位に叙された彼は、自領の旧フリュム家領の改革に着手し、
2つの領地の復興に努めたが、その一方でフォドラに真の平和をもたらすため、伴侶と厳しい戦いを続けた。
フェルディナントは稀代の名領主として歴史に名を残すことになるが、それと同時に歴史の陰で行われた恐るべき戦いの記録は何も残されなかった。
彼と伴侶の偉業の半分は、事績として残らなかったのである。

ベレスは、セイロス聖教会の大司教の座に就くと同時に、フェルディナントとの婚姻を発表した。エーギル公爵位を取り戻した彼は、自領とフリュム領の改革に着手。幾多の困難を乗り越えながら、2つの領地を徐々に復興させていく。一方で彼は大司教の夫として教団運営にも協力したが、地位は持たずあくまで夫婦として助け合うに留めた。
フェルディナントは稀代の名領主として歴史に名を残したが、この大司教の伴侶の名は歴史の波間に消え去り、彼の偉業の半分は、誰にも知られないまま埋もれていった。

ベレスは、フォドラ統一王国の初代王座に就くと同時に、フェルディナントとの婚姻を発表した。エーギル公爵位を取り戻した彼は、自領とフリュム領の改革に着手。幾多の困難を乗り越えながら、2つの領地を徐々に復興させていく。一方で彼は王婿として女王の治世にも協力したが、地位は持たずあくまで夫婦として助け合うに留めた。
フェルディナントは稀代の名領主として歴史に名を残すことになるが、初代女王の伴侶の名は歴史の波間に消え去り、彼の偉業の半分は、誰にも知られないまま埋もれていった。

リンハルト

ベレスとリンハルトはフォドラを覆った戦乱の終焉を喜んだが、彼らに昼寝の時間は与えられなかった。
すぐに“闇に蠢く者”との戦いが始まり、領地を出奔したリンハルトは愛する者と二人でフォドラに真の平和をもたらすべく転戦する。
彼は昼寝をして暮らせる世の実現のため、望まぬ戦いと血の日々に身を置いた。
二人でくだらない話をしていれば、どんな苦境も乗り越えられると信じて。
すべてが決着したのち表舞台から姿を消した二人が、どれほど幸せな時間を送ったかは語るまでもないだろう。

ベレスは、セイロス聖教会の大司教の座に就くと同時に、リンハルトを伴侶にすると発表した。
彼は爵位の継承権を放棄し、大司教の教団運営への協力に専念……することもなく、紋章学の研究を進めたり、釣りをしたりと、悠々自適の生活を送る。
しかし大司教が彼の部屋に埋もれていた紋章学の途轍もない大発見を見つけたのを機に彼は歴史の表舞台に引っ張り出され、聖教会の知恵袋として働かされるようになる。
彼がその対価として要求したのは、大司教と二人きりでの長い昼寝の時間だったという。

ベレスは、フォドラ統一王国の初代王座に就くと同時に、リンハルトを伴侶にすると発表した。
彼は新王の配偶者として、献身的にフォドラの復興と発展を支え……ることもなく、紋章学の研究を進めたり、釣りをしたりと、悠々自適の生活を送る。
しかし新王が彼の部屋に埋もれていた紋章学の途轍もない大発見を見つけたのを機に彼は歴史の表舞台に引っ張り出され、統一王国の知恵袋として働かされるようになる。
彼がその対価として要求したのは、新王と二人きりでの長い昼寝の時間だったという。

カスパル

ベレスとカスパルの婚儀が盛大に催されたのも束の間、再び“闇に蠢く者”との戦いが始まる。
帝国の新しい軍務卿となったカスパルは、二人で協力して帝国軍を指揮するとともに、フォドラに真の平和をもたらすべく各地を転戦。
度々暴走しながらも、伴侶の助けもあってついに戦いに勝利した。
自分一人では軍務卿は務まらなかった、という彼の言葉が伝わるとおり、彼らは二人で一つであり、常に一緒に行動した。
彼らが率いる軍は、どんな苦境にあっても諦めず、笑顔を忘れない無敵の軍団であったという。

ベレスは、セイロス聖教会の大司教の座に就くと同時に、カスパルとの婚姻を発表した。しかしカスパルは、ひとところに留まることができず、身一つで放浪の旅に出ることしばしば。時には大司教をも連れ出してフォドラ各地へ足を延ばし、行く先々で問題に首を突っ込んでは事件に巻き込まれた。
大司教の行方を捜す人々や事件に関わる人々が阿鼻叫喚の様相を呈し始めると、大司教は正体を明かして見事に事態を収拾。最後には皆、笑顔になったという。そんな彼らの数々の逸話は、笑い話として後世に伝えられた。

ベレスは、フォドラ統一王国の初代王座に就くと同時に、カスパルとの婚姻を発表した。しかしカスパルは、ひとところに留まることができず、身一つで放浪の旅に出ることしばしば。時には女王をも連れ出してフォドラ各地へ足を延ばし、行く先々で問題に首を突っ込んでは事件に巻き込まれた。
女王の行方を捜す人々や事件に関わる人々が阿鼻叫喚の様相を呈し始めると、女王は正体を明かして見事に事態を収拾。最後には皆、笑顔になったという。そんな彼らの数々の逸話は、笑い話として後世に伝えられた。

ドロテア

ベレスとドロテアのささやかな婚儀が開催されたのも束の間、再び“闇に蠢く者”との戦いが始まる。
しかしドロテアは自ら戦場に立って武器を振るうようなことはせず、フォドラに真の平和をもたらすべく転戦する伴侶の心の支えとなり、家庭を守ってその帰りを待ったという。
のちに発見された彼らの日記には、多くの子を引き取り、最期まで幸せに暮らした二人の様子が記されていたほか、互いに贈り合ったと思われる愛の詩がたくさん残されており、それらは詩集として世に出ることになった。

ベレスは、セイロス聖教会の大司教の座に就くと同時に、ドロテアを伴侶にすると発表した。
以降ドロテアが公的な場に姿を現すことはなかったが、フォドラの復興と教団の再建に尽力する大司教の家庭を守り、時に孤児という出自ならではの視点で、貴重な助言を伴侶に送ったという。
のちに発見された彼らの日記には、多くの子を引き取り、最期まで幸せに暮らした二人の様子が記されていたほか、互いに贈り合ったと思われる愛の詩がたくさん残されており、それらは詩集として世に出ることになった。

ベレスは、フォドラ統一王国の初代王座に就くと同時に、ドロテアを伴侶にすると発表した。
以降ドロテアが公的な場に姿を現すことはなかったが、フォドラ全土の復興に尽力する新王の家庭を守り、時に孤児という出自ならではの視点で、貴重な助言を伴侶に送ったという。
のちに発見された彼らの日記には、多くの子を引き取り、最期まで幸せに暮らした二人の様子が記されていたほか、互いに贈り合ったと思われる愛の詩がたくさん残されており、それらは詩集として世に出ることになった。

青獅子の学級/ファーガス神聖王国

ディミトリ

新たな大司教の座に就いたベレスと、ファーガス神聖王国の王位を正式に継承したディミトリの婚姻は、終戦に沸く人々を更に喜ばせることになる。
より良いフォドラのあり方を生涯模索し続けた二人は、理想を求め、旧来の政治制度や聖教会の体制を一つずつ変革していった。
彼らは教団と国家の首長としての振る舞いを貫き、激しく議論を戦わせることさえもあった。
だが二人きりで遠乗りや狩猟に出る時の彼らは、大司教と国王の顔ではなく、ありふれた、愛し合う夫婦の顔をしていたという。

ドゥドゥー

ベレスは、レアに代わって新たな大司教に就任し、翌年には国王の従者を辞していたドゥドゥーとの婚姻を発表した。
婚儀の場には美しいダスカーの花が飾られ、二人の門出を彩ったといわれている。
ドゥドゥーは教団とファーガスとの橋渡しを買って出ると、大司教と共にフォドラの復興と発展に尽力。
特にフォドラ内外に暮らす異民族との関係改善に努め、状況を大きく好転させた。
大司教が引退を宣言すると、ドゥドゥーも一線を退き、二人でダスカー半島へと移住。
花を育てながら穏やかな余生を送ったという。

フェリクス

ベレスとフェリクスは、フェルディアの戦いの後すぐに婚約を交わした。“闇に蠢く者”との戦いは、長く熾烈を極めたが、二人は互いの存在を支えに戦い抜く。
すべての戦いが終わった時、彼らは仲間の祝福を受けてささやかな婚儀を行い、ようやく正式に夫婦となった。
その後の彼らの消息を知る者は誰もおらず、得物を片手に漂泊の旅に出たとか、傭兵としてフォドラの各地で続く戦いに身を投じたとか、様々な噂がまことしやかに囁かれたが、真相は全て闇の中である。

ベレスは、レアに代わって新たな大司教に就任すると、フラルダリウス公爵位を継いだフェリクスとの婚姻を発表した。
フェリクスは所領の復興や王国の発展に尽力する一方で、大司教の伴侶として精力的に働き、私生活だけでなく教団の運営においても大司教の最も信頼する相手となった。
互いに忙しい日々を送り、離れて過ごすことも多かった二人は、顔を合わせれば、言葉の代わりに剣を交わした。
のちに側仕えの者は語る。
剣と剣がぶつかる度に、他の者には見せぬような明るい笑顔を見せていた、と。

ベレスは、統一王国の王位に就くと同時に、フェリクスとの婚姻を発表した。
新たな国家を運営する上で、為政者として手を汚さねばならない局面は幾度となく訪れたが、フェリクスはそういった仕事を進んで引き受け、女王の剣としての勇名を轟かせる。
やがて、果たすべき責務は果たしたとして、二人は一線を退くことを決意。
新たな世代に席を譲ると、得物を片手に漂泊の旅に出た。
その後、無双の強さを誇る傭兵夫妻の噂が各地で囁かれるようになるが、果たしてそれが彼らであったのか、知る術はない。

アッシュ

戦争が終結を見た後も、ベレスとアッシュは“闇に蠢く者”と戦い続けた。
愛し合う彼らは、長く厳しい戦いを、互いに支え合って生き抜いてゆく。
やがて、すべての戦いが終わった後、二人は人々の救済と世直しのため旅に出る。
たとえ巨悪を打ち破ろうと、救いを求める者がいなくなるわけではない。
そんな人々を一人でも多く救う、それが二人の信じた正義だった。
彼らの旅路を記した物語は残されていないがフォドラの各地には、仲睦まじい二人の逸話が数多く伝わっているという。

新たな大司教となったベレスの傍らには、常に一人の騎士が控えていた。
大司教より側近に取り立てられ、のちに彼女の配偶者となったアッシュである。
聖教会は、フォドラを統一したファーガスと歩調を揃え、孤児の救済事業に尽力。
貧しい子供たちに寝床と食事、そして学問を与え、幸福な生を歩めるようにと手厚い支援を行なった。
この事績は、大司教の夫であるアッシュの助言あってこそといわれているが、本人はそれを鼻にかけることもなく、愛する伴侶と共に過ごす日々を楽しんでいたという。

統一王国の玉座に座ったベレスの傍らには、常に一人の騎士が控えていた。
女王の側近の任を与えられ、のちに彼女の配偶者となったアッシュである。
統一王国はセイロス聖教会と歩調を揃え、孤児の救済事業に尽力する。
貧しい子供たちに寝床と食事を、必要であれば学問を与えて、幸福な生を歩めるようにと手厚く支援した。
この事績は、王婿アッシュの助言あってこそといわれているが、本人はそれを鼻にかけることもなく、愛する伴侶の傍らで、彼女に仕える日々を楽しんでいたという。

シルヴァン

すべての戦いが終わり、ベレスとシルヴァンは婚約。
二人は新たなゴーティエ辺境伯と辺境伯夫人として、深く戦禍の爪痕が残るフォドラ北部の復興に尽力した。
復興の目処が立ち、次に彼らが着手したのは北部の民が紋章を求める理由の排除……すなわちスレン族との関係改善であった。
成し遂げるためには多大な労を伴ったが、彼らは理想のため、決して屈しなかったという。
そんな彼らの間には、紋章を持つ子も持たぬ子も生まれたが、二人はそんな子供たちを分け隔てなく愛し、幸せな生活を送った。

ベレスは、聖教会の新たな大司教に就任すると、ゴーティエ辺境伯の嫡子シルヴァンとの婚姻を発表した。
シルヴァンは陰になり日向になり、大司教の公務を献身的に支える。
ファーガスとの渉外や教団の組織改革に取り組むなど、多くの功績の残した。
若い頃には浮名を流したシルヴァンも、結婚を機に落ち着き、父親からゴーティエ辺境伯の位を継ぐ頃には穏やかな愛妻家となった。
ファーガス国王をはじめとして、かつての彼を知る者たちは、一様に、大司教はどんな魔法を使ったのだろうと首をひねったという。

ベレスは、統一王国の王位に就くと、新たなゴーティエ辺境伯となったシルヴァンとの婚姻を発表した。
シルヴァンは陰になり日向になり、新たな女王の政務を献身的に補佐する。
とりわけ彼の巧みな弁舌はセイロス聖教会やフォドラ外の諸国家との渉外において、大いに役に立ったといわれる。
若い頃には浮名を流したシルヴァンも、結婚を機に落ち着き、穏やかな愛妻家となった。
そんな彼らの間には、紋章を持つ子も持たぬ子も生まれたが、二人はそんな子供たちを分け隔てなく愛し、幸せな生活を送った。

メルセデス

ベレスとメルセデスの婚儀が催されたのも束の間、再び“闇に蠢く者”との戦いが始まる。
戦いは熾烈を極めたが、二人は互いに支え合い、戦い抜いた。
すべての戦いが終わると、彼らはファーガス地方の小さな村に移り住み、そこに小さな孤児院を開く。
そこでは戦争で家を失った子供たちを出身や身分を問わず保護し、分け隔てなく育てた。
子供たちの屈託のない笑顔に囲まれたメルセデスは、伴侶に対して、まるで口癖のようにこう言っていたという。
「この道を選んでよかった」と。

ベレスは聖教会の新たな大司教に就任すると、修道士として働き始めていたメルセデスを伴侶とすることを発表する。
聖教会は戦災で職を失った者や、家を失った子供たちへの積極的な支援を行ったが、これはメルセデスの発案であったともいわれている。
二人は公務の合間を縫って街へと出かけては人々に交じって復興を手伝った。
民と共に汗を流す大司教とその伴侶の姿に、民衆は新たな時代の到来を実感したという。
二人は命の尽きるその日まで、どんな時も支え合い、仲睦まじく暮らしたのだった。

戦後、ベレスはフォドラ統一王国の王位に就くと同時に、メルセデスを伴侶とすることを発表した。
統一王国は戦災で職を失った者や、家を失った子供たちへの積極的な支援を行ったが、これは王妃メルセデスの発案であったともいわれている。
二人は公務の合間を縫って街へと出かけては人々に交じって復興を手伝った。
民と共に汗を流す新王とその伴侶の姿に、民衆は新たな時代の到来を実感したという。
二人は命の尽きるその日まで、どんな時も支え合い、仲睦まじく暮らしたのだった。

金鹿の学級/レスター諸侯同盟

クロード

ベレスは、新たに建てられたフォドラ統一王国の初代王座に就くと、戦災で荒れた街や村の再建と、セイロス聖教会の改革支援に着手した。
しかし数節が経った頃、旧帝国軍の一部と“闇に蠢く者”の残党が結託して蜂起、反乱軍が王都デアドラに迫る。
建国間もない統一王国に迎え撃つだけの戦力はなく、あわや陥落かと思われたその時、東方よりにわかに鬨の声が上がった。
それは新パルミラ王クロードが率いる援軍だった。
精強なパルミラ勢は瞬く間に反乱軍を粉砕。
この瞬間、両国の新たな歴史が幕を開けた。

ローレンツ

ベレスとローレンツの婚儀が盛大に催されたのも束の間、再び“闇に蠢く者”との戦いが始まる。
フォドラに真の平和をもたらすべく転戦する一方、すでにグロスタール家の当主になっていたローレンツは自領の復興にも尽力。
遠征と内政に忙殺される日々を、二人は力を合わせて乗り越えていった。
年を重ね、体力の落ちたローレンツが隠居を決めると、彼女もそれに従う。
グロスタール家の家督は息子の一人が継いだが、新たな当主の髪型は若き日のローレンツそっくりだったという。

ベレスは、セイロス聖教会の大司教の座に就くと同時に、ローレンツとの婚姻を発表した。ローレンツはグロスタール家の新たな当主として自領の復興に尽力すると共に、大司教の伴侶として教会の慈善事業も積極的に支援、フォドラ全土の復興に寄与する。特に平民に配慮した施策で大いに成果を上げ、教会の権威回復に大きく貢献した。
年を重ね、ローレンツが当主の座を辞すと、大司教も早々に引退を表明。グロスタール家は息子の一人が継いだが、新当主の髪型は若き日のローレンツそっくりだったという。

ベレスは、フォドラ統一王国の初代王座に就くと同時に、ローレンツとの婚姻を発表した。
ローレンツはグロスタール家の新たな当主として自領の復興に尽力すると共に、女王の伴侶として王政にも積極的に参加し、フォドラ全土の発展に寄与する。
特に平民に配慮した政策で成果を上げ、人々から“薔薇の殿下”と呼ばれて親しまれた。
年を重ね、ローレンツが病を得て表舞台から退くと、女王も早々に引退を宣言。
王子の一人に王位を譲ったが、新王の髪型は若き日のローレンツそっくりだったという。

ラファエル

ベレスとラファエルの婚儀が慎ましくも賑やかに催されたのも束の間、アドラステア帝国軍と共に、再び“闇に蠢く者”との戦いが始まる。
フォドラに真の平和をもたらすべく戦う彼女を、ラファエルは献身的に支え、やがて戦乱は収拾へと向かっていく。
公私を通じて常に支え合う二人の姿は、フォドラの人々の心を癒し、平穏な時代の象徴として語られることになる。
やがて彼らは表舞台から姿を消したが、画家として大成したラファエルの妹マーヤの作による二人の肖像画を通じて、フォドラの象徴であり続けた。

ベレスは、セイロス聖教会の大司教の座に就くと同時に、ラファエルとの婚姻を発表した。
ラファエルは新たな大司教の配偶者として、また再編されたセイロス騎士団の騎士として、戦災に喘ぐ人々の救済に当たり、フォドラの復興と発展に大いに寄与した。
公私を通じて常に支え合う二人の姿は、フォドラの人々の心を癒やし、平穏な時代の象徴として語られることになる。
のちに彼らが表舞台から姿を消しても、画家として大成したラファエルの妹マーヤの作による二人の肖像画を通じて、フォドラの象徴であり続けた。

ベレスは、フォドラ統一王国の初代王座に就くと同時に、ラファエルとの婚姻を発表した。
ラファエルは女王の配偶者として、また新設された近衛騎士団の騎士として、新国家成立による混乱の収拾に尽力し、フォドラの復興と発展に大いに寄与した。
公私を通じて常に支え合う二人の姿は、フォドラの人々の心を癒やし、平穏な時代の象徴として語られることになった。
のちに彼らが表舞台から姿を消しても、宮廷画家となったラファエルの妹マーヤの作による二人の肖像画を通じて、フォドラの象徴であり続けた。

イグナーツ

ベレスとイグナーツの婚儀が慎ましくも和やかに催されたのも束の間、アドラステア帝国軍と共に、再び”闇に蠢く者”との戦いが始まる。
イグナーツは将として彼女を支える一方、寝る間も惜しんで絵筆を振るい、皇帝と共に困難な戦いに立ち向かう彼女の姿を、克明に描き続けた。
一連の作品群は『英雄の戦記』と呼ばれ、後世の芸術家たちに多大な影響を与えたが、彼自身が最も大切にしい*1たのは初期の作品である『女神降臨』で、そこに描かれる美しい女神は、最愛の妻の面影を映したものとされている。

ベレスは、セイロス聖教会の大司教の座に就くと同時に、イグナーツとの婚姻を発表した。イグナーツは大司教の配偶者としてフォドラの復興と発展を支える傍ら、画家としても絵筆を振るい続ける。彼の描く美しい絵画は各地の教会に寄贈され、戦争で荒んだ人々の心を癒やした。
イグナーツは、その生涯で多くの名画を残したが、特に高い評価を得たのは、初期に描かれた『女神降臨』である。天上より降り立った女神が人々を導く様子が描かれているが、女神の顔は大司教とよく似てたという。

ベレスは、フォドラ統一王国の初代女王の座に就くと同時に、イグナーツとの婚姻を発表した。
イグナーツは女王の配偶者としてフォドラの復興と発展を支える傍ら、画家としても絵筆を振るい続ける。
彼の描く美しい絵画は各地の教会に寄贈され、戦争で荒んだ人々の心を癒やした。
イグナーツは、その生涯で多くの名画を残したが、特に高い評価を得たのは、初期に描かれた『女神降臨』である。
天上より降り立った女神が人々を導く様子が描かれているが、女神の顔は女王とよく似ていたという。

セイロス聖教会

セテス

ベレスは、セイロス聖教会の大司教の座に就き、セテスは引き続き大司教補佐として、共にフォドラの復興と教団の再建に取り組むことになった。厳格なセテスの存在は、大らかな大司教の魅力を際立たせ、たちまち信徒の心を掌握していく。また二人の性格は時に“飴と鞭”として機能し、これが教団運営を円滑に進める一助となったという。
やがてフォドラが落ち着きを取り戻した頃、二人はついに婚姻を発表。民衆は寝耳に水と驚いたが、彼らの功績に皆が感謝しており、フォドラは温かな祝福に包まれたのだった。

ベレスは、フォドラ統一王国の初代女王となると、セテスは宰相に任じられ、共にフォドラ再建の大事業に取り組むことになった。厳格な宰相の存在は、大らかな女王の魅力を際立たせ、たちまち民衆の心を掌握していく。また二人の性格は時に“飴と鞭”として機能し、扱いづらい諸侯をも容易に動かすことができたという。
やがてフォドラが飛躍的な発展を遂げるに至って、ついに彼らは婚姻を発表。民衆は寝耳に水と驚いたが、二人に感謝していない者など一人としておらず、フォドラは温かな祝福に包まれたのだった。

ハンネマン

ベレスとハンネマンの婚儀が慎ましくも厳かに催されたのも束の間、再び”闇に蠢く者”との戦いが始まる。
二人はフォドラの各地を転戦し、真の平和をもたらすべく戦った。
すべてに片がついた後、彼らは今度は協力してハンネマンの夢を追いかける。
紋章の仕組みを解明し、紋章による社会の不平等を解消するために。
やがて彼の研究は実を結び、紋章を持たずとも同等の力を使える「魔道具」を発明。
紋章学の父とその伴侶は、魔道具の父母とも呼べる存在になったのであった。

ベレスは、セイロス聖教会の大司教の座に就くと同時に、ハンネマンとの婚姻を発表した。ハンネマンは配偶者として大司教を補佐し、教団再建のため協力を惜しまなかったが、一方でかねてからの研究もやめなかった。紋章による社会の不平等を解消することこそが、彼の夢だったからである。
やがて彼の研究は実を結び、紋章を持たずとも同等の力を使える「魔法具」を発明するに至る。大司教がこれをフォドラの復興に活用したことで大いに普及し、魔法具はフォドラ発展の礎となったのである。

ベレスは、フォドラ統一王国の初代王座に就くと同時に、ハンネマンとの婚姻を発表した。ハンネマンは王婿として女王を補佐し、フォドラ復興のため協力を惜しまなかったが、一方でかねてからの研究もやめなかった。紋章による社会の不平等を解消することこそが、彼の夢だったからである。
やがて彼の研究は実を結び、紋章を持たずとも同等の力を使える「魔道具」を発明するに至る。女王がこれをフォドラの統治に活用したことで大いに普及し、魔道具は統一王国の発展の礎となったのである。

ギルベルト

ベレスはレアより大司教の座を譲られると、セイロス聖教会の新たなる指導者として公務に打ち込んだ。
王国と足並みを揃え、フォドラ全土の復興と発展のために力を尽くす。
その業績の裏には、大司教の側に仕え、支え続けたという騎士ギュスタヴ……かつてセイロス騎士団でギルベルトと名乗っていた騎士の多大な功績があった。
大司教は、いかなる時もギュスタヴを頼りにした。
ギュスタヴが老いて一線を退いた後も度々彼の元に顔を出しては助言を求め、教えを乞うていたという。

アロイス

すべての戦いが終わり、ベレスは傭兵として、再び放浪の旅を始めた。
父との旅路をなぞるようにフォドラ各地を巡り、最後に流れ着いたルミール村で、家族と共に畑を耕して暮らすアロイスと再会する。
アロイスに勧められるがまま、村に一時の居を構えて農耕を営むうちに、気がつけば5年近くの歳月が過ぎ去っていた。
やがて彼女は、村で出会った優しい青年と愛を育み、慎ましやかな婚儀を催すに至った。
その婚儀の場で、感極まったアロイスは、人目もはばからず号泣したという。

ベレスは、レアから大司教の座を譲られると、聖教会の体制を少しずつ整備、改革していった。その一環として行われたのが、セイロス騎士団の再編である。
新たな騎士団長にはアロイスが就任し、大司教の手足となって各地を西へ東へ奔走。快活な人柄は多くの部下に愛され、セイロス騎士団はかつてないほど強い結束を見せる。
大司教はそんな彼を父親のように頼り、彼もまた大司教を我が子のように見守った。大司教が想い人と婚儀を催した際には、感極まって人目もはばからず号泣したという。

戦後、ベレスが統一王国の王位に就くと、アロイスはセイロス騎士の職を辞してその麾下に入った。その後、彼は新王の手足となり、配下の騎士を率いてフォドラ各地を西へ東へ奔走。新王の治世を、持てる力のすべてを尽くして支えたとされる。
アロイスの快活な人柄は、多くの部下に愛され、騎士たちは強い結束を見せる。気づけば彼の率いる騎士団は、統一王国で最も規模の大きな騎士団になっていた。
そんなアロイスを、新王はまるで自分の父親のように頼りにしていたという。

ツィリル

ベレスは、セイロス聖教会の大司教の座を継ぎ、ツィリルはレアの時代と同様に大司教の側近くに仕えて、大修道院の庶務全般を総括した。
やがてフォドラの復興と教団の再建が一段落すると、休校となっていた士官学校も再開。
その際、ツィリルは大司教より入学を命じられ、士官学校の生徒としてフォドラの若者と共に学び始めた。
1年後、多くを学んで成長したツィリルを見た大司教は、ツィリルとの婚姻を宣言。
突然のことに周囲は戸惑ったが、誰よりも戸惑っていたのはツィリル本人だったという。

ベレスは、ガルグ=マクにおいてフォドラ統一王国の建国を宣言すると、初代女王の座に就任。
ツィリルは侍従として側近くに仕え、庶務全般を統括した。
やがて新たな王都に女王が移ることが決まると、ツィリルも共に行こうとしたが、女王より再び開校した士官学校への入学を命じられ、渋々ながらも大修道院に留まることになった。
1年後、多くを学んで成長したツィリルを迎えた女王は、ツィリルとの婚姻を宣言。
突然のことに周囲は戸惑ったが、誰よりも戸惑っていたのはツィリル本人だったという。

レア

ベレスは、暴走したレアを鎮めてフォドラの危機を救うと、統一王国の初代王座に就いた。
以降、ガルグ=マク大修道院を仮の王城としてフォドラ全土の復興と発展のために力を尽くすことになる。
一方、一命を取り留めたレアは、体力の回復を待って大司教の職務に復帰すると、統一王国と足並みを揃え、教団の再建と戦災に喘ぐ人々の救済に努めた。
以降、新王と大司教は両輪となって施策を推し進め、フォドラは目覚しい発展を遂げる。
人々は二人の功績を“フォドラの奇跡”と呼んで讃えたという。

アップデート/DLC

イエリッツァ

戦後まもなくベレスとイエリッツァは皇帝エーデルガルトの指揮の下で“闇に蠢く者”たちとの戦いに身を投じる。
戦いは熾烈を極めたが、閃く剣と死神の鎌の前に敵はなく、彼らの名は新しき英雄としてアドラステアの史書に刻まれることになる。
しかしある時を最後に、2人の英雄は歴史の表舞台から忽然と姿を消してしまった。
もう二度と、フォドラの地の底に蠢く脅威がよみがえることはない。
だが、真の平和を求めて戦い抜いた英雄の行方を知るものもまた、この世界のどこにもいないのである。

ユーリス

ベレスとユーリスのささやかな婚儀が
催されたのも束の間、再び“闇に蠢く者”との戦いが始まる。戦いは熾烈を極め、時に民衆に被害が及ぶこともあったが、二人は常に人々の生活を案じ、その暮らしを守るために力を尽くしたといわれる。
長い戦いに終止符が打たれた後、二人は歴史の表舞台からひっそりと姿を消した。それから数年、ならず者たちの抗争を制し、暗黒街に秩序をもたらした一人の青年と、彼の側を離れず共に戦った女傑の噂が立つことになるのだが、それはまた別の物語である。

戦後、ベレスは新たな大司教として、
教団の改革とフォドラの復興のために尽力する。その夫となったユーリスは、民の実情に即した献策で、彼女の事業を支えたという。そして二人の間に生まれた子供たちも、聖教会と貧しい者たちの架け橋となることを望み人々から広く愛されたと言われている。
後年発見された大司教の手記には、夫婦の微笑ましいやりとりが残されていた。その記述によると、彼女は私的な場では夫をユーリスとはまったく異なる名で呼んでいたという。彼女のための、特別な愛称だったのだろう。

戦後、ベレスは統一王として、教団と
国家の改革のために尽力する。その夫となったユーリスは、民の実情に即した多くの献策をし、舞台の裏で彼女の事業を支え続けた。 そして二人の間に生まれた子供たちも、国や教団と貧しい者たちの架け橋となることを望み、人々から広く愛されたと言われている。
後年発見された女王の手記には、夫婦の微笑ましいやりとりが残されていた。その記述によると、彼女は私的な場では夫をユーリスとはまったく異なる名前で呼んでいたという。彼女のための、特別な愛称だったのだろう。

バルタザール

ベレスとバルタザールの婚儀と盛大な
祝宴が開催されたのも束の間、再び“闇に蠢く者”との戦いが始まる。過酷な戦場に身を投じた二人は、常に帝国軍の陣頭に立って敵を圧倒し続け、積み上げられた戦果は見方にも畏怖されるほどであったという。
その後の二人の足跡を帝国の公的な記録から辿ることはできないが、苛烈な剣と剽悍な拳を振るった二人組の物語は、様々な形でフォドラ各地に伝わっている。中でも「妻を人質に取られた風来坊、妻より犯人の命を心配する」という題目が特に有名である。

ベレスは、セイロス聖教会の大司教の
座に就くと同時に、バルタザールとの婚姻を発表した。これには彼の性格を知る多くの者から反発があったが、大司教は自身の行くところどこへでも彼を随伴し、彼もまた周囲の予想を遥かに超える立派な言動で大司教に応えてみせたため、やがて二人を祝福する声が世間に溢れるようになったという。
バルタザールは、大司教の身辺を警護する役を担いながら政務をも助け、特にフォドラに住まう少数民族の保護や諸外国との交流において、多くの功績を残している。

ベレスは、フォドラ統一王国の初代王
座に就くと同時に、バルタザールとの婚姻を発表した。これには彼の性格を知る多くの者から反発があったが、女王は自身の行くところどこへでも彼を随伴し、彼もまた周囲の予想を遥かに超える立派な言動で女王に応えてみせたため、やがて二人を祝福する声が世間に溢れるようになったという。
バルタザールは、女王の身辺を警護する役を担いながら政務をも助け、特にフォドラに住まう少数民族の保護や諸外国との交流において、多くの功績を残している。

コメント



*1 原文ママ

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-03 (月) 10:36:35
[広告] Amazon.co.jp