[広告]

会話集/章別会話/エピローグ

リシテアのエピローグ

称号

【薄幸の才媛】

単独

通常

実家に戻ったリシテアは、両親を助けて領内の復興に努めた。
数年が経ち、復興に目処がついたところでコーデリア家の爵位を返上。
領地を近隣諸侯に割譲すると、両親と共に姿を消した。
その後、彼女がどこでどのように暮らしたのはわかっていない。

第一部でロスト時

(称号なし)
ガルグ=マクの戦いののち、自領に戻ったが早世。約束の日の合流は叶わなかった。

ペアエンド

主人公

主人公(男性)

ベレトは、フォドラ統一王国の初代王座に就くと同時に、リシテアとの婚約を発表した。
いったん自領に戻ったリシテアは父を助けて自領の復興に尽くしたのち、領地を統一王国の直轄領として献上。
コーデリア公は爵位を放棄して妻と共に隠棲した。
領地の整理を済ませたリシテアは、ようやく正式に王妃となった。
紋章を失ってもなお、才媛ぶりは健在で、確かな知識と閃きによってフォドラの発展に大いに貢献。
子宝にも恵まれて王宮を盤石にすると、二人は穏やかな余生を送って長寿をまっとうしたという。

ベレトとリシテアが婚姻を交わしたのも束の間、アドラステア帝国軍と共に、再び”闇に蠢く者”との戦いが始まる。
フォドラに真の平和をもらたすべく彼らは戦い抜き、長い戦乱は収拾へと向かっていく。
その後、帝国軍を離れた彼らは、コーデリア領において正式に婚姻。
領地の復興に尽くしたのち、コーデリア公が爵位を返上して隠棲するのと時を同じくして、二人も表舞台から姿を消した。
その後の消息を知る記録は残されていないが、一説にはデアドラに移って菓子作りを生業とし、平穏に暮らしたという。

ベレトは、セイロス聖教会の大司教の座に就くと同時に、リシテアとの婚約を発表した。
いったん自領に戻ったリシテアは父を助けて自領の復興に尽くしたのち、すべての領地を周辺諸侯に割譲。
コーデリア公は爵位を返上して妻と共に隠棲した。
領地の整理を済ませたリシテアは、ようやく大司教の妻となった。
紋章を失ってもなお、才媛ぶりは健在で、確かな知識と閃きによって教団の再建に大いに貢献。
二人は子宝にも恵まれて賑やかな家庭を築き、晩年は穏やかな余生を送って長寿をまっとうしたという。

金鹿の学級/レスター諸侯同盟

クロード

共に戦った仲間に後事を託すと、クロードは故郷パルミラへ旅立った。
やがて王位を継承したクロードは、念願だったフォドラとの国交樹立に花を添えるべく、リシテアを王妃として迎えようとする。
しかし彼女は自身が短命であることを理由に拒絶。
クロードはリシテアへの想いを捨てきれず、早々に王位を譲ると、リシテアを救う道を探す旅に出る。
数年後、突如リシテアの前に現れたクロードは、助かる方法を見つけたからと、強引に彼女を連れ出した。
その後二人は海を渡ったというが、どこへ向かったかは定かではない。

ローレンツ

グロスタール家の新たな当主となったローレンツは、しばらく自領の復興に注力した後、フォドラ全土の統治にも携わるようになった。
優秀な政治家としての評価を得た彼は、突如自身の婚姻を発表する。
その相手は、旧コーデリア公爵家の一人娘リシテア。
彼女はすでに爵位を返上して平民となっていたが、それを気にする者などいなかった。
体調に配慮し、彼女が公の場に姿を見せる機会は稀だったが、ローレンツが打ち出した政策の大半は、実は彼女の頭脳から出たものともいわれている。

ラファエル

故郷に戻ったラファエルは、地元の領主に騎士として仕える傍ら、副業として祖父と妹が開いた宿場を手伝っていた。
その後、祖父の年齢に配慮して騎士を辞すと、宿場の仕事に専念するようになる。
そんなある日、宿場に親子の客が入ってきた。
見覚えのある娘の顔は、まさにリシテア。
爵位を返上して平民になっていた彼女は、近くの村に移り住んできたのだという。
頻繁に店に現れるようになったリシテアは、ラファエルの妹マーヤとも意気投合。
自然と店を手伝うようになり、食堂の女将となって穏やかに暮らしたという。

イグナーツ

実家に戻ったリシテアは、両親に変わって領内の統治に従事。
復興に目処がつくと爵位を返上し、両親と共に表舞台から姿を消した。
一方、イグナーツは父と兄を説得し、画家として身を立てるべく修行の旅に出ていた。
各地で美しい風景や人々の暮らしを書き続けていた彼は、旅先でリシテアと運命的に再会。
独自の境地に達しようとしていた彼の絵に魅入られたリシテアは、長くはない余生を彼の画家としての活動を支えることに捧げた。
彼の代表作とされる『女神の肖像』に描かれる女神は、リシテアによく似ていたという。

黒鷲の学級/アドラステア帝国

エーデルガルト

戦後、エーデルガルトとリシテアは“闇に蠢く者”との戦いに身を投じた。
長きにわたる死闘に勝利した二人は、“闇に蠢く者”が使う古の術を解析。
紋章の力と引き換えに、失われた寿命を取り戻す方法を発見する。
以降、エーデルガルトは皇帝として、リシテアはその参謀として、生涯をフォドラの統治に捧げた。
身分制度を変革し、人々が自立する社会を目指した皇帝に、リシテアは卓抜した献策を行い続け、“帝国の叡知”と称される。
二人の才媛による革新的な統治は、フォドラの繁栄を確固たるものにしていった。

リンハルト

リンハルトは、リシテアの短命を救うべく宿した紋章を消し去る研究を続けていたが、確かな結論を出せぬまま戦争は終結を迎えた。
リシテアは父母の待つコーデリア家に戻らねばならず、リンハルトにこれまでの感謝と別れを告げて大修道院を退去する。
しかし諦めるつもりのないリンハルトは身辺整理を済ませると、コーデリア家に押しかけて研究続行を宣言。
数年を費やして、ついにリシテアの体から紋章を消すことに成功する。
これを契機に二人はようやく結婚、共に爵位を返上して平民となり、幸せな家庭を築いたという。

青獅子の学級/ファーガス神聖王国

フェリクス

終戦後、フェリクスは貴族の身分を捨て、剣一本で身を立てる道を選ぶ。
死に場所を求めるかのように各地を転戦していたフェリクスだったが、ある日、人里離れた小さな家で静かに暮らすリシテアと偶然の再会を果たす。
短命を宣告されていた彼女は、爵位を放棄して父母と共に穏やかな余生を過ごしていた。
健気に笑うリシテアに命の尊さを知ったフェリクスは、剣を捨てリシテアと共に暮らし始める。
二人が生業として作っていたという素朴な焼き菓子は、この地域の伝統菓子として後世の人々にも広く愛されたという。

フラルダリウス公爵となったフェリクスは、リシテアを妻として迎え、領地の復興と王国の発展のため力を尽くす。
聡明なリシテアは夫に数々の献策をするだけでなく、自ら領地を回り、人々に多くの知識や技術を伝えた。
リシテアの死後、フェリクスは城下の職人からある焼き菓子を献上される。
リシテアが焼き方を伝えたのだろう、それは亡き妻が、かつて彼のために作った菓子と、まったく同じ味がしたという。
フェリクスは生涯その味を愛し、やがてそれは北部の伝統菓子として、人々にも広く愛されるようになった。

セイロス聖教会

ハンネマン

戦いが終わり、父母の待つコーデリア家へ戻るリシテアの隣には、ハンネマンの姿があった。
二人は大修道院から場所を変えて研究を続け、彼女の命短き運命を変えるべく知恵と力を合わせた。
数年を経てその研究はついに実り、リシテアは体から紋章を消すことで、かつて有していたはずの寿命を取り戻す。
その後、彼女は爵位を返上して平民になった上で、ハンネマンと共に紋章の研究を続行。
ハンネマンが没しても彼の後を引き継ぎ、紋章学の分野で様々な功績を成して、“紋章学の申し子”と呼ばれるまでとなる。

ツィリル

自領に戻ったリシテアは、父母を助けて領地の復興に努めた。
一方、ツィリルは周囲の勧めで士官学校に入学、やがてセイロス騎士団の一員となる。
数年後、コーデリア家の爵位を返上したリシテアは、教団への報告のため久しぶりに大修道院を訪れ、そこでツィリルと再会。
リシテアに想いを寄せていたツィリルは求婚したが、彼女は自身の短命を告白して受けようとしなかった。
しかし、ツィリルは諦めず、根負けしたリシテアは余生を共に生きる道を選ぶ。
その後の消息は定かではないが、幸福なまま生涯を終えたと伝わる。

アップデート/DLC

バルタザール

実家に戻ったリシテアは、両親を助けて領内の復興に努めた。バルタザールも近隣の領主の一人である弟に繋ぎをつけるなどリシテアを助け、数年ののち復興に目処がつく。コーデリア家の爵位を返上し、領地を近隣諸侯に割譲したリシテアとその両親は、バルタザールに連れられて姿を消した。
向かった先はフォドラの喉元、“山の民”の暮らすクパーラである。外界との交流は乏しいものの、穏やかな暮らしを得たリシテアとバルタザールは、互いの家族とも親交を深めながらも愛を育んでいったという。

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-29 (土) 19:24:53
[広告] Amazon.co.jp