[広告]

会話集/章別会話/エピローグ

ベルナデッタのエピローグ

称号

【永遠の引き籠もり】

単独

通常

ベルナデッタは父に代わってヴァーリ伯爵位を継いだものの、領内に引き籠もり、決して国政に関わろうとはしなかった。
好きなことをしながら、のんびりと自領の統治のみを行うその姿勢は代々の当主に受け継がれ、“穴熊ヴァーリ”として名を残すことになる。

第一部でロスト時

(称号なし)
ガルグ=マクの戦いののち、重病を患い引き篭もりに。約束の日の合流は叶わなかった。

ペアエンド

主人公

主人公(男性)

ベレトとベルナデッタの婚儀が盛大に開催されたのも束の間、再び“闇に蠢く者”との戦いが始まる。
ヴァーリ伯爵位を継いでいたベルナデッタは当初、自領に引き籠もって出てこないのではという懸念を皆から抱かれてたが、フォドラに真の平和をもたらすべく転戦する夫に従い、彼が行くところどこへでもついていった。
不本意にも恐ろしい戦いに身を投じ続けることになったベルナデッタは、徐々に物騒な性格に変貌。
何事にも動じなくなり、立派に夫を支えられるようになったという。

ベレトは、セイロス聖教会の大司教の座に就くと同時に、ベルナデッタとの婚姻を発表した。
ヴァーリ伯爵位を継いでいたベルナデッタは当初、自領に引き籠もって出てこないのではという懸念を皆から抱かれたが、実際には彼女は大司教と共に暮らし、彼が行くところどこへでもついていった。
一方でベルナデッタの人見知りは生涯改善せず、彼女が怖がらないという理由だけで教団に登用された者もいた。
ところが彼らはその後、予想外の大活躍で教団運営を助け、彼女の思わぬ鑑識眼が明らかになったという。

ベレトは、フォドラ統一王国の初代王座に就くと同時に、ベルナデッタとの婚姻を発表した。
ヴァーリ伯爵位を継いでいたベルナデッタは当初、自領に引き籠もって出てこないのではという懸念を皆から抱かれたが、実際には彼女は新王と共に暮らし、彼が行くところどこへでもついていった。
一方でベルナデッタの人見知りは生涯改善せず、彼女が怖がらないという理由だけで新王に仕えた者もいた。
ところが彼らはその後、予想外の働きを見せて新王の統治を助け、彼女の思わぬ鑑識眼が明らかになったという。

黒鷲の学級/アドラステア帝国

エーデルガルト

父に代わって伯爵位を継ぎ、全力で領内に引き籠もろうとしたベルナデッタだったが、その夢は儚く潰えた。
新生アドラステア皇帝のエーデルガルトがそれを許さなかったのだ。
その生涯をフォドラの統治に捧げた彼女は、自らの側にベルナデッタを置き続けた。
それは時に冷徹すぎる自分への戒めのためでもあったようだが、ベルナデッタの方もその役割を楽しんでいたという記録が残っている。
アンヴァルの宮城に毎日のように響きわたる彼女の喜怒哀楽の叫びに、人々は泰平の時代の到来を実感したという。

ヒューベルト

新生アドラステア帝国の新たな宮内卿ヒューベルトと、新たなヴァーリ伯爵ベルナデッタの婚姻は、その意外な取り合わせから帝都のみならず広く民の話題に上った。
ヒューベルトは皇帝エーデルガルトの右腕として働く傍ら、ヴァーリ領の経営に携わることになり、結婚を機に開き直ったベルナデッタは帝国そのものが自領になったとばかりに各地に出向き、そこそこの活躍を見せる。
フォドラを陰から守るための戦いに明け暮れる二人の胸元には、揃いの精緻な刺繍が花を咲かせていたという。

フェルディナント

戦後すぐにベルナデッタはヴァーリ伯爵位の継承権を放棄。
正式にエーギル公爵位を継いだフェルディナントの元へと嫁いだ。
エーギル公爵領の改革に着手した二人は、協力して幾多の困難を乗り越え、領内は徐々に復興を遂げていく。
その功績をもって宰相の地位に上ったフェルディナントは、領内を妻に任せて帝国全土の改革にも駆り出された。
領内から一歩も出ない甘えたがりの妻のために、彼は頻繁に帝都と自領とを行き来する羽目になったが、その顔は幸せそうだったという。

戦後すぐにベルナデッタはヴァーリ伯爵位の継承権を放棄。
エーギル公爵位を取り戻したフェルディナントの元へと嫁いだ。
エーギル公爵領の改革に着手した二人は、協力して幾多の困難を乗り越え、領内は徐々に復興を遂げていく。
その功績によりフォドラ全土の統治にも携わることになったフェルディナントは、領内を妻に任せてフォドラの発展に貢献した。
領内から一歩も出ない甘えたがりの妻のために、彼は頻繁に中央と自領とを行き来する羽目になったが、その顔は幸せそうだったという。

リンハルト

戦後、リンハルトとベルナデッタは共に爵位の継承権を放棄。二人して領地を出奔する。
事実上の駆け落ちとなったこの出来事は、世間にささやかな騒ぎを巻き起こしたが、当事者たちはどこ吹く風、ガルグ=マク大修道院に居着いて、悠々自適な生活を送っていた。
帝国の管理下で教団の変革と再建が進むと、大修道院でも士官学校が再開。奇妙奇天烈な夫婦の教師が教鞭を執ることになる。
片方は眠りながら歩き、食べ、本を読む教師で、もう片方は講義以外の場には一切姿を見せない引き籠もり教師だったという。

戦後、リンハルトとベルナデッタは共に爵位の継承権を放棄。二人して領地を出奔する。
事実上の駆け落ちとなったこの出来事は、世間にささやかな騒ぎを巻き起こしたが、当事者たちはどこ吹く風、ガルグ=マク大修道院に居着いて、誰にも邪魔されない悠々自適な生活を、二人きりで送っていた。
大修道院の再建が進み、士官学校が再開されると、奇妙奇天烈な夫婦の教師の存在が明らかになる。
片方は眠りながら歩き、食べ、本を読む教師で、もう片方は講義以外では一切姿を見せない引き籠もり教師だったという。

カスパル

カスパルとベルナデッタは、紆余曲折、二転三転あった結果、ヴァーリ伯爵位を継ぐベルナデッタにカスパルが婿入りをする形で結ばれることになった。
カスパルが何かをやらかす度に、ベルナデッタは彼に約束を突きつけ、やがて積み重ねられた約束の数々は『ベルナデッタの四十七箇条』として後世まで残っている。その中の一つ、「子供の人数を数える時に、絶対にあたしを間違って数えないこと」という約束を読むに、子供の数は多く、二人の仲も非常に良いものであったと推測される。

青獅子の学級/ファーガス神聖王国

フェリクス

戦後、フェリクスは亡父ロドリグの跡を継ぎフラルダリウス公爵となった。
ベルナデッタはヴァーリ伯爵位の継承権を放棄してフェリクスと結婚、二人は共に暮らし始める。
領地が復興を遂げた後も、フェリクスは王の右腕として各地を奔走。
彼が城を空ける間、ベルナデッタは夫に代わって、自室に籠もりながらも懸命に机仕事に励んだという。
ファーガス北部の寒冷な気候は、ベルナデッタの引き籠もりに拍車をかけた。
だが、フェリクスが帰還したと聞けば途端に部屋を飛び出し、彼のそばを離れなかった。

戦後、一人で旅に出ようとしたフェリクスであったが、ベルナデッタに懇願されて引き留められ、彼女の継いだヴァーリ伯爵家に婿入りすることになった。
夫婦仲は円満であり、フェリクスがオグマ山脈に籠もって修行したいと言い出した時には、ベルナデッタは泣いて止め、彼を掴んで離さなかったという。
なおベルナデッタが屋敷に引き籠もり、ほとんど姿を見せなかったため、領民はフェリクスのことを新しい領主だと思っていたといわれており、
後世に残った書物の中にはヴァーリ伯爵フェリクスの名を見ることができる。

金鹿の学級/レスター諸侯同盟

ラファエル

ベルナデッタは父に代わってヴァーリ伯爵位を継いだものの、領内に引き籠もり、決して国政に関わろうとはしなかった。
そこへ現れたのがラファエルである。
彼はベルナデッタが他人と交流できるよう、様々に尽力した。
ベルナデッタの残した手記によると、それは「市中引き回しの刑のごとしだった」というが、荒療治が功を奏したのか、
彼女は領主として領民と交流を持つようになり、やがて中央の政策にも参画していく。
盛大に開かれた彼らの結婚式には、人見知りしない花嫁と、筋肉を見せて回る花婿がいたとか。

セイロス聖教会

セテス

戦後、セテスは大修道院に留まり、引き続き教団の再建に努めた。
一方、ヴァーリ伯爵位の継承権を放棄したベルナデッタは、大修道院に居着いて引き籠もり生活に入った。
セテスは職務の合間に寓話を創作して教会に提供していた、それが好評を博して手応えを感じた彼は、教団の再建が一段落すると職務を辞し、寓話作家に転身。
フォドラの未来を担う子供たちに向けた寓話を何作も生み出した。
なお、彼の作品は挿し絵も評価されているが、その作者について聞かれても「引き籠もりの妻が」としか答えなかったという。

アップデート/DLC

イエリッツァ

終戦後、イエリッツァは“闇に蠢く者”との死闘に身を投じた。素顔を死神の兜で隠し、大鎌で戦場を蹂躙する様は、敵味方を問わず恐れられたという。戦いに決着がついた後、彼は人知れず姿を消した。
それと時を同じくして、ヴァーリ領を一人の客人が訪れたとの記録がある。父に代わって伯爵位を継いだベルナデッタは、屋敷に引き籠もる日々を送っていたが、客人の来訪を機に二人で領内を歩き回る姿が見られるようになったという。その光景を描いた、彼女自身の作ともいわれる絵が、今でも残っている。

ユーリス

ヴァーリ伯爵位を継いだベルナデッタだったが、引き籠もり続きで領内の統治は難航。そんな時、ヴァーリ領を訪れたユーリスに再会した。ベルナデッタは彼を掴んで離さず、ついには彼と夫婦になる。この結婚に領民たちは困惑したが、最も困惑したのは他でもないユーリス本人であったという。
この結婚を機に、夫に引きずられて街に姿を現すヴァーリ伯の姿が見られるようになり、民衆との距離が縮まったことで状況は好転。ベルナデッタは領内経営の才能を開花させ、そこそこの名領主として名を残した。

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-29 (土) 19:06:36
[広告] Amazon.co.jp