[広告]

会話集/章別会話/エピローグ

ヒルダのエピローグ

称号

【自由人】

単独

通常

戦後、暇を持て余していたヒルダは趣味の装飾品作りに没頭。
独創的な作品を次々と生み出して名を馳せるようになる。
その後、兄の支援を得てフォドラ初となる職人養成学校を設立。
彼女は初代校長に就任すると共に自ら教壇に立ち、職人育成に貢献したという。

第一部でロスト時

(称号なし)
ガルグ=マクの戦いののち、謎の病にかかり倒れる。約束の日の合流は叶わなかった。

ペアエンド

主人公

主人公(男性)

ベレトは、フォドラ統一王国の初代王座に就くと同時に、ヒルダとの婚姻を発表した。
王妃となったヒルダが政務に口を出すことは稀だったが、人事においては生来の才能を発揮し、適材適所で最大限の成果を得ることで、フォドラの発展に貢献した。
また、趣味の装飾品作りが高じて王立の職人養成学校を創設。
フォドラ各地から才能のある若者が集まり、大勢の優秀な職人を輩出した。
なお、王妃自らの発案により、校内の広場には「王妃に装飾品を贈られ歓喜する国王の像」が建てられていたという。

ベレトは、セイロス聖教会の大司教の座に就くと同時に、ヒルダとの婚姻を発表した。
妻となったヒルダが教団の運営に関与することは稀だったが、人事においては生来の才能を発揮し、適材適所で最大限の成果を得ることで、教団の再建に貢献した。
また、趣味の装飾品作りが高じてガルグ=マクに職人養成学校を創設。
フォドラ各地から才能のある若者が集まり、大勢の優秀な職人を輩出した。
なお、彼女の発案により、校内の広場には「妻に装飾品を贈られ歓喜する大司教の像」が建てられていたという。

金鹿の学級/レスター諸侯同盟

クロード

共に戦った仲間に後事を託すと、クロードは故郷パルミラへ旅立った。
フォドラでは一貴族に過ぎなかった彼も、故郷パルミラに戻れば一国の王子である。
逞しく成長した彼は王族たちにも認められ、やがて国政にも影響力を持つに至った。
数年後、パルミラ国王は引退し、クロードが王位を継承。
同時に王妃も披露される。
その王妃こそ、ヒルダ。
兄の支援を取りつけた彼女は、意外な外交力を発揮してパルミラとフォドラの国交樹立に貢献。
更に、フォドラ出身の王妃が二代続いたことで、パルミラの価値観も変化していくことになる。

ローレンツ

グロスタール家の新たな当主となったローレンツは、しばらく自領の復興に注力した後、フォドラ全土の統治にも携わるようになっていた。
政治家としての名声を得た彼は、突如自身の婚姻を発表する。
その相手とは、ゴリネル公爵家の一人娘ヒルダだった。
ローレンツはヒルダの発案を受けてフォドラ各地に装飾品の職人養成学校を創設。
職人が増え、品質の高い装飾品が大量に生産されるようになると、フォドラの重要な交易品となった。
彼らの功績を讃え、すべての職人養成学校には、二人の銅像が建てられている。

ラファエル

ラファエルは、地元の領主に騎士として仕えた後、妹マーヤと宿場を開いて忙しく働いていた。そんなある日、ヒルダがふらりと現れた。かつて彼女に作ってもらった首飾りを今も大事にしているというマーヤに、ヒルダは新作の髪飾りを贈る。ヒルダに心酔したマーヤが装飾品職人になりたいと言い出すと、ラファエルは宿場を装飾品店に改装しようと提案。ヒルダも協力を申し入れ、工房を併設した装飾品店が完成した。その店を気に入ったヒルダはそのまま居座り、職人兼女将としてラファエルと共に幸せに暮らしたという。

イグナーツ

自領に戻ったヒルダは、趣味が高じて装飾品の職人養成学校を設立し、その運営に熱中していた。一方、イグナーツは父と兄を説得すると、画家として身を立てるべく修業の旅へ出る。各地で美しい風景や人々の暮らしを描き続けた彼は、旅先で装飾品の材料の仕入れに来ていたヒルダと運命的に再会。ヒルダがイグナーツを自校の講師として招いたことで活動を共にするようになると、二人は自ずと愛を育むことになった。後年、フォドラに新たな芸術様式が生まれることになるが、彼らの結婚がその契機となったともいわれる。

マリアンヌ

ヒルダとマリアンヌは実家に戻っても頻繁に手紙を交わし、友情を深めていた。
装飾品作りに熱中するヒルダが職人養成学校の創設に着手すると、マリアンヌはその活動を支援。
エドマンド辺境伯家の潤沢な財源が注がれ、フォドラ各地にも同様の学校が建てられるほどになる。
数多の優秀な職人が育っていったフォドラでは、品質の高い装飾品が大量に生産され出し、重要な交易品としてフォドラに富みをもたらす結果ともなった。
なお、当時ヒルダがマリアンヌに贈った装飾品は、フォドラの至宝として後世に受け継がれている。

黒鷲の学級/アドラステア帝国

フェルディナント

エーギル公爵位を取り戻したフェルディナントと、ゴネリル公爵家の息女ヒルダの結婚は復興を願う領民にも期待と共に歓迎された。
二人はすぐに領内の改革に着手。
ヒルダが政務に口を出すことは稀だったが、臣下や領民の労働意欲を高めるに当たっては大いに才能を発揮させ、領内の復興に寄与した。
また彼女は趣味の装飾品作りが高じて領内に職人養成学校を創設。
各地から才能がある若者が集まり、大勢の優秀な職人を輩出した。
何よりフェルディナントが率先して学んでいたようで、妻に贈った装飾品が残っている。

カスパル

互いに家を継ぐ必要のないカスパルとヒルダは、平和な時代を満喫すべく放浪の旅へ。
行く先を決めずに各地を巡り、時にはフォドラの外へも足を延ばした。
行く先々でカスパルは喧嘩騒ぎを起こしたが、ヒルダは一切止めようとせず、笑って眺めていたという。
そんな自由すぎる旅が終わりを迎えたのは、ヒルダの兄ホルストが二人を呼びつけたからであった。
ホルストはカスパルの人柄を見極めると、ヒルダとの結婚を認めてゴネリル家の騎士として登用。
子供も次々と誕生し、賑やかな家庭が築かれることとなった。

セイロス聖教会

セテス

戦後、セテスは教団の再建に努める一方で、子供向けの寓話を書き続けていた。
しかし彼が望む挿し絵を描ける者が見つからず、世に出さぬまま書き留める日々を送る。
そんなある日、自領に戻っていたはずのヒルダが、ガルグ=マクに現れる。
セテスの寓話が埋もれている現状を嘆いた彼女は、セテスに請われるまま挿し絵の制作に没頭。
そうして完成した寓話は、セテスとヒルダの連名で各地の教会に次々と提供された。
フォドラ中の子供たちが夢中になって読んだそれらの作品は、その子や孫の代まで親しまれる名作となった。

ツィリル

自領に戻ったヒルダは、趣味が高じて装飾品の職人養成学校を設立し、その運営に専念していた。
一方、ツィリルは周囲の勧めもあって士官学校に入学、騎士となる道を歩む。
数年が過ぎ、寄進のため久しぶりに大修道院を訪れたヒルダは、セイロス騎士団に加わっていたツィリルと再会。
お互いの成長した姿に心奪われた二人はごく自然な流れで愛を育むこととなった。
やがてヒルダの兄ホルストに招かれたツィリルは、ゴネリル家の騎士に転身。
当主の義弟として、隣国パルミラとの折衝役を担い、大いに活躍することとなる。

アップデート/DLC

バルタザール

バルタザールが抱えていた借金は、戦争の混乱で大半が有耶無耶となり、残りも戦功として受け取った金をすべて返済に回すことで完済。晴れて自由の身となったのである。
身綺麗になったバルタザールは、ヒルダに声をかけて諸国放浪の旅に出る。二人は喉元を越え、パルミラを抜け、遥か東方にある黄金の国へと辿り着いたという。旅の顛末は断片的にしか伝わっていないが、旅路の始まりだけは、しっかりと記録が残っている。ヒルダの去就を賭けてバルタザールとホルストが激闘を繰り広げ、バルタザールが勝利したと。

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-29 (土) 19:25:09
[広告] Amazon.co.jp