[広告]

会話集/章別会話/エピローグ

アネットのエピローグ

称号

【花開く努力】

単独

通常

アネットは故郷フェルディアに戻り、魔道学院の講師として教鞭を執る。のちに彼女は指導者として大成し、後世に名を残すほどの大魔道士を幾人も育て上げた。彼らの誰もが、アネットの明るい人柄と、才能に驕らぬ姿勢を敬い、その教えに感謝していたという。

第一部でロスト時

(称号なし)
ガルグ=マクの戦いののち、王国で病を得て倒れる。約束の日の合流は叶わなかった。

ペアエンド

主人公

主人公(男性)

ベレトは、レアより大司教の座を譲り受けると同時に、アネットとの婚姻を発表した。
アネットは聖教会の運営にも積極的に参与し、その知恵を生かしてフォドラの復興と発展に大きく貢献。
それと並行して士官学校の魔道講師としても教鞭を執り、大魔道士を幾人も育て上げたという。
しかし、努力が空回るアネットの気質は生涯直らず、彼女の失敗談は後世にまで伝わっている。
そのどれもが微笑ましいものであるのは、彼女の夫の見事な助けがあったからだともいわれているが、真相は闇の中である。

すべての戦いが終わり、ベレトは再開された仕官学校の教師に復帰した。そして彼の妻となったアネットも、夫の復職と同時に仕官学校に雇用され、魔道の講師として教鞭を執る。数十年の間、生徒を育て、見守り、送り出してきた二人は、やがて一線を退き、アネットの故郷に程近いある街で慎ましい暮らしを送り始めた。
だが、そんな静かな日々は、彼らにとって退屈だったのかもしれない。二人は街で学校を開くと、老いて亡くなるその日まで、街の子供に学問を授け、教導し続けたという。

ベレトは、フォドラ統一王国の初代王位に就くと同時に、アネットとの婚姻を発表した。アネットは王政に積極的に参与し、その知恵を生かしてフォドラの復興と発展に大きく貢献。そして、王妃の身ながら時には魔道学院の講師として自ら教鞭を執り、大魔道士を幾人も育て上げたという。
しかし、努力が空回るアネットの気質は生涯直らず、彼女の失敗談は後世にまで伝わっている。そのどれもが微笑ましいものであるのは、彼女の夫の見事な助けがあったからだともいわれているが、真相は闇の中である。

青獅子の学級/ファーガス神聖王国

ディミトリ

ディミトリは戴冠を受けて正式に王位を継承し、生涯をフォドラの統治と改革に捧げる。
彼の傍らには、その聡明さで王の統治を助けたという、王妃アネットの姿があった。
彼女は王の良き相談役となっただけでなく、復興のため自ら多くの施策を提案したとされる。
人々と真摯に向き合う施政は、フォドラの民の広い支持を集め、ファーガス神聖王国は数百年続く王朝へと成長していく。
彼らの生活は多忙を極め、仕事漬けの日々が続きはしたものの、どんな時でも二人の間には明るい笑顔が絶えなかったという。

ドゥドゥー

終戦からしばらく経った頃、ドゥドゥーとアネットはささやかな婚儀を催して夫婦の誓いを交わし、王都フェルディアに居を構えた。だが、家庭を持った後も二人の生活は変わらず、ドゥドゥーは王位に就いたディミトリの従者として、アネットは王都の魔道学院の講師として、それぞれの職務に励んだ。彼らにとっては、仕事こそが楽しみであり、人生に欠かせないものだったのだろう。
彼らは互いを何より尊重し、相手の生活に決して口を挟まなかったが、たまの休暇には夫婦二人での料理や家事を楽しんだという。

フェリクス

戦争の終結後、亡父ロドリグの跡を継ぎ、フラルダリウス公爵となったフェリクスは、アネットと婚儀を催した。
父の跡を継いで懸命に領地の復興に取り組む若き公爵と、その明るさで夫を、そして領民たちを励ました公爵夫人は、人々から広く愛されるようになる。
のちにアネットは作曲の才能を開花。
自作の歌を数多く披露していった。
フェリクスが彼女を積極的に支援していたこともあり、アネットの曲は後世に歌い継がれていく。
親しみやすい旋律は人気を博したが、歌詞のほうはどこかの時代で変わってしまったという。

終戦後、フェリクスは貴族の身分を捨て、剣一本で身を立てる道を選ぼうとする……が、彼の旅立ちは、アネットの泣き落としによって阻止されてしまう。
フェリクスは、士官学校が再開次第教鞭を執るつもりだと言うアネットに無理矢理連行される形で、剣術師範を務めることになった。
初めこそ不満を垂れていたフェリクスだったが、次第に剣術指導に楽しみを見出したのか、アネットと共に士官学校に腰を落ち着ける。
生徒は語る。
渋面の剣術師範は、ある魔道の教師の前でのみ笑顔を見せるのだ、と。

アッシュ

戦後、アッシュは騎士の位に叙され、後継者のいなかったガスパール家の家督相続を認められた。
そして彼の妻となったアネットは、夫の施政を懸命に支える。
二人はさまざまな困難に直面するが、互いの勇気と知恵をもって一つずつ乗り越え、やがてガスパール領は驚くほどの発展を遂げた。
孤児の身分から、誰もが認める立派な騎士となったアッシュ。
彼の人生を綴った物語は後の世で強烈な人気を博した。
また、その物語が、アッシュの死後に妻アネットが綴ったものであることもまた、有名な話である。

メルセデス

アネットは故郷フェルディアに戻り、魔道学院の講師として教鞭を執る。
一方、メルセデスは家を飛び出し、ガルグ=マクの修道士となった。
二人は毎日のように手紙を交わし、嬉しいことも悲しいことも、自らの身に起きた出来事のように喜び、悲しんだという。
数十年の後、アネットは教職を辞してガルグ=マクへと移り住む。
メルセデスは親友との再会を喜び、アネットと二人、城郭都市の小さな家で、気ままに晩年を過ごす。
それは決して裕福な暮らしではなかったが、二人の間には最後まで明るい笑顔が絶えなかった。

アネットはフェルディアに戻り、魔道学院の講師となる。一方、メルセデスは家を飛び出し、ファーガス地方の小さな村で孤児院を開いた。二人は毎日のように手紙を交わし、嬉しいことも悲しいことも、自らの身に起きた出来事のように喜び、悲しんだという。
数十年の後、アネットは教職を辞してメルセデスの暮らす村へと移り住み、彼女の孤児院を手伝い始める。決して裕福な暮らしではなかったが、二人と、そして子供たちの間には常に明るい笑顔が絶えなかった。

黒鷲の学級/アドラステア帝国

リンハルト

戦後、閉校していた士官学校が再開されると爵位の継承権を放棄したリンハルトと、その妻アネットは、共に教師として働き始めた。
精力的に生徒たちの指導にあたるアネットに対して、リンハルトは紋章学の研究に日夜没頭し、講義の最中に眠ってしまうことも一度や二度の話ではなかったという。
初めこそアネットは夫の生活習慣を正そうと奮闘するが、次第に、眠っているリンハルトを起こすこと自体に楽しみを見出し始める。
そしてリンハルトもまた、彼女と送る騒がしくも愉快な日々を楽しんでいたようだ。

カスパル

カスパルは戦争での功績が認められ、新生アドラステア帝国の軍務卿となる。
その妻となり、暴走しがちなカスパルの手綱を握って帝国軍を差配したのが、のちに“帝国軍の母”とまで称されるアネットであった。
彼女は労を厭わず、一兵卒の気持ちまで推し測ってカスパルの軍務を支え続け、帝国軍は史上例を見ないほど規律正しく精強なものとなった。
カスパルとアネットは家庭においてもよく協力し合ったが、アネットがたまにする大失敗をカスパルが挽回するなど、
公務とは逆の関係性になりがちだったという。

アネットはフェルディアの魔道学院で教鞭を執り、教え子たちを立派に育て上げる。
だが彼女の空回る性分は一向に直らず、ある日の課題中には山で生徒たちからはぐれ、遭難してしまう。
途方に暮れるアネットを救出したのは、気ままに諸国を遍歴する途中、フェルディアに立ち寄ったというカスパルだった。
思いがけずアネットと再会した彼は、彼女を放っておけずにフェルディアに居着くようになり、やがて自然と二人は結ばれる。
運命的な再会を果たして結ばれた彼らに、憧れる生徒たちも多かったという。

金鹿の学級/レスター諸侯同盟

クロード

共に戦った仲間に後事を託すと、クロードは故郷パルミラへ旅立った。
帰国したクロードは、父であるパルミラ国王に謁見してアネットとの結婚を報告。
逞しく成長したクロードと、聡明なアネットを見た国王は、二人に王政を委ねることを決める。
やがて国王となったクロードは、パルミラとフォドラの壁を崩す一手段として魔道学院を創設。
その初代学長に就任したアネットは、異国の留学生を積極的に受け入れるなどしてクロードの要望に応え、フォドラとパルミラの新たな関係構築に大きく寄与した。

セイロス聖教会

ハンネマン

戦いの終結後、アネットはハンネマンと共にフェルディアの魔道学院へと赴いた。そして二人は、魔道の講師として教え子たちを教導する傍ら、魔道と紋章学の研究に没頭する。師弟として、同僚として、また志を同じくする無二の相棒として、二人はいかなる時も共に歩み、共に学び続けた。
やがて、魔道の歴史に名を残す数々の偉業を成すに至った彼らの元には、共同研究を申し込む者や教えを乞う者たちが訪れて後を絶たなかったという。そんな二人の研究室は、常に塵一つなく磨き上げられていたという。

ギルベルト

偽りの名を捨てたギルベルトは、王家の騎士ギュスタヴとして、再び国王ディミトリに忠誠を誓った。
王都フェルディアに戻ったギュスタヴは、ドミニク男爵の元に身を寄せていた妻と、そして王都の魔道学院で教師として働き始めた愛娘アネットと、かつてのように3人で暮らすようになる。
初めこそ、どこかぎこちなかった家族の会話にも、時と共に笑顔と朗らかさが戻っていった。
戦乱の影が去った王国で、3人はこれまでの日々を取り戻すように、穏やかで幸福な日々を送ったという。

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-16 (木) 23:27:16
[広告] Amazon.co.jp