[広告]

会話集/章別会話/エピローグ

アッシュのエピローグ

称号

【正義の一矢】

単独

通常

戦後、アッシュは騎士の叙任を受け、後継者のいなかったガスパール家の家督相続を認められた。
領民に寄り添う真摯な姿勢は、フォドラ全土で評価され、理想の騎士と讃えられるまでになる。
その功績や人柄は、数多くの物語の中に残されているという。

第一部でロスト時

ガルグ=マクの戦いののち故郷に戻るも、行方不明に。約束の日の合流は叶わなかった。

ペアエンド

主人公

主人公(女性)

新たな大司教となったベレスの傍らには、常に一人の騎士が控えていた。
大司教より側近に取り立てられ、のちに彼女の配偶者となったアッシュである。
聖教会は、フォドラを統一したファーガスと歩調を揃え、孤児の救済事業に尽力。
貧しい子供たちに寝床と食事、そして学問を与え、幸福な生を歩めるようにと手厚い支援を行なった。
この事績は、大司教の夫であるアッシュの助言あってこそといわれているが、本人はそれを鼻にかけることもなく、愛する伴侶と共に過ごす日々を楽しんでいたという。

戦争が終結を見た後も、ベレスとアッシュは“闇に蠢く者”と戦い続けた。
愛し合う彼らは、長く厳しい戦いを、互いに支え合って生き抜いてゆく。
やがて、すべての戦いが終わった後、二人は人々の救済と世直しのため旅に出る。
たとえ巨悪を打ち破ろうと、救いを求める者がいなくなるわけではない。
そんな人々を一人でも多く救う、それが二人の信じた正義だった。
彼らの旅路を記した物語は残されていないがフォドラの各地には、仲睦まじい二人の逸話が数多く伝わっているという。

統一王国の玉座に座ったベレスの傍らには、常に一人の騎士が控えていた。
女王の側近の任を与えられ、のちに彼女の配偶者となったアッシュである。
統一王国はセイロス聖教会と歩調を揃え、孤児の救済事業に尽力する。
貧しい子供たちに寝床と食事を、必要であれば学問を与えて、幸福な生を歩めるようにと手厚く支援した。
この事績は、王婿アッシュの助言あってこそといわれているが、本人はそれを鼻にかけることもなく、愛する伴侶の傍らで、彼女に仕える日々を楽しんでいたという。

青獅子の学級/ファーガス神聖王国

ドゥドゥー

ダスカー人の潔白が証明されてなお、王都には彼らへの偏見が残っていた。
騎士への叙任を打診されていたアッシュは、周囲の制止も聞かず叙任を辞退。
家族と共に王都へ移住しダスカー料理を専門に出す宿場を開いた。
ドゥドゥーは、王の従者として勤める傍ら、アッシュに料理を指南。
アッシュの宿場は味の良い料理で人気を高め、それに伴って王都の人々の考え方も少しずつ変わっていった。
それから数年。
ダスカーとファーガスは、当初想定されていたよりもはるかに早く、融和を成し遂げたのだった。

メルセデス

戦後、アッシュは騎士の位に叙され、後継者のいなかったガスパール家の家督相続を認められた。
メルセデスはそんなアッシュの元に嫁ぎ、彼の政務を傍らで支え続ける。
若く、経験も浅い領主を認めぬ者が多かったこともあり、アッシュには試練が次々と降りかかる。
しかし如何なる逆境の中でも、アッシュは挫けなかった。
妻の献身的な支えと励ましが、彼を奮い立たせたのだろう。
メルセデスが夫を励ますために作ったという甘い焼き菓子は、慶事の日に夫婦が贈り合う菓子として後世に伝わっている。

アネット

戦後、アッシュは騎士の位に叙され、後継者のいなかったガスパール家の家督相続を認められた。
そして彼の妻となったアネットは、夫の施政を懸命に支える。
二人はさまざまな困難に直面するが、互いの勇気と知恵をもって一つずつ乗り越え、やがてガスパール領は驚くほどの発展を遂げた。
孤児の身分から、誰もが認める立派な騎士となったアッシュ。
彼の人生を綴った物語は後の世で強烈な人気を博した。
また、その物語が、アッシュの死後に妻アネットが綴ったものであることもまた、有名な話である。

イングリット

戦後、ファーガスに新たな王が立つと、イングリットはガラテア家を飛び出して王都フェルディアに参じ、王家に騎士として仕えた。
そしてアッシュもまた、故郷のガスパール領を離れ、王家の騎士となる道を選ぶ。
王国の未来のため、いかなる任をも厭わず王を守護した二人は、やがて“双璧の騎士”と讃えられ、多くの騎士道物語に名を遺した。
ある物語では、彼らは愛し合う夫婦として描かれている。
真実を知る術はないが、彼らが命の限り共に戦ったこと、そして互いに無二の存在であったこと、それは確かである。

イングリットは接収されたガラテア領の存続を嘆願し、その新たな領主に任じられた。 そんな彼女を支えようと、アッシュはガラテア領へと赴く。 そこで彼が直面したのは、かつてガラテア領を出奔したイングリットに向けられる、民の冷ややかな視線だった。
アッシュはイングリットを献身的に支え、手を携えて領内の改革と農業技術の向上に尽力する。 彼らの姿を見て、徐々に領民の態度も軟化していった。 やがて愛し合うようになって二人は、領民の盛大な祝福を受けて、素朴ながらも賑やかな婚儀を催したという。

黒鷲の学級/アドラステア帝国

カスパル

戦後、カスパルとアッシュは、二人で放浪の旅に出た。彼らはフォドラ各地を巡り、時にはフォドラの外にまで足を延ばしたという。そんな彼らの旅の目的はただ一つ、強きを挫き弱きを助く、いわゆる世直しである。
行く先々で事件に首を突っ込んでは大騒ぎに発展させるカスパルと、何事も穏やかに事を収めようとするアッシュは、何かと正反対の性格ではあったが、正義を信じる者同士、生涯良い相棒であり続けたといわれている。
そんな二人の旅路は、笑いあり涙ありの物語となって後世の人々に愛されることとなる。

ペトラ

戦後、ペトラはアッシュを伴って故郷のブリギットへ戻った。
祖父から王位を継いだ彼女は、アッシュの協力を得て騎士団を創設。
フォドラへの従属状態を解消し、対等で友好的な関係を築くため、自国の騎士団を活用した人材交流や軍制改革などを推し進めた。
その後、ペトラとアッシュは結婚。
彼がブリギットのため尽力し、成果を出したことは周知の事実で、民はこぞって二人を祝福した。
アッシュのために作られた騎士団は名を「青き太陽の騎士団」といい、二人が海に出て泳ぐことを好んだのがその名の由来とされる。

金鹿の学級/レスター諸侯同盟

マリアンヌ

アッシュは騎士に叙され、ガスパール家の相続を認められる。
だが、若く経験の浅い城主を認めぬ民も多く、統治は難航していた。
そんなある日、アッシュの元を訪れたのはマリアンヌだった。
彼女は義父より学んだ知識を活かし、彼の統治を盤石のものとしてみせる。
これを契機に、ガスパール家とエドマンド家は強い信頼で結ばれることとなった。
アッシュはある時、なぜ見返りもなく助けてくれたのかとマリアンヌに尋ねた。
すると彼女は微笑み、アッシュを支えることが今の自分の夢なのだ、と語ったという。

セイロス聖教会

カトリーヌ

アッシュは騎士の位に叙され、ガスパール家の家督相続を認められた。一方でカトリーヌはセイロス騎士を辞し、大司教の座を退いたレアと共に、赤き谷で暮らすようになる。
ある若く賢明な城主の噂がカトリーヌの耳に届き始めた頃、一人の青年が彼女を尋ねて赤き谷に現れる。今や立派なガスパール城主へと成長したアッシュであった。彼はカトリーヌの前に跪き、結婚を申し込んだ。
カトリーヌは躊躇するが、他ならぬレアの後押しもあって結婚を承諾。赤き谷を旅立ち、アッシュと共に歩み始める。

戦後、アッシュは騎士の位に叙され、後継者のいなかったガスパール家の家督相続を認められた。彼はセイロス騎士団を辞したカトリーヌに結婚を申し込むが、彼女は領民の心情を思えばこそ無理な相談だと拒絶する。
アッシュはカトリーヌへの想いを捨てきれず執念とも呼べる情熱を傾け、セイロス聖教会の協力を得て西方教会の陰謀と真実を暴く。
彼の情熱に根負けし、カトリーヌはとうとうアッシュと結婚。ガスパール領の民は初めこそ戸惑ったが、カトリーヌの気さくな人柄を見て、徐々に彼女を受け入れていった。

ツィリル

戦後、アッシュは騎士の位に叙され、後継者のいなかったガスパール家の家督相続を認められた。
だが、若く経験の浅い城主を認めぬ民も多く、統治は難航していた。
そんな中で彼を助けたのは、士官学校を卒業し、立派な青年に成長したツィリルだった。
ツィリルは、独自の視点からアッシュに数々の助言を与え、彼を立派な城主へと成長させる。
徐々に領民もアッシュを認め、ガスパール領は繁栄を極めていった。
その後も、二人は生涯を通じて親友であり続け、互いの危地には必ず駆けつけたといわれている。

アップデート/DLC

ハピ

戦後、アッシュは騎士の位に叙され、後継者のいなかったガスパール家の家督相続を認められた。その後すぐに、アッシュはハピと結婚。領民たちと真摯に向き合いながら、民のための堅実な統治を推し進めていった。
二人は子宝にも恵まれ、溜め息をつく暇もないほど賑やかで明るい家庭を築いていく。かつてアッシュが語った騎士道物語や彼の騎士としての働きを、面白おかしく子供たちに語り聞かせるハピの表情は、明るく幸せに満ちたものであり、そこに騎士嫌いの少女の面影はなかったという。

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-12-07 (木) 22:28:32
[広告] Amazon.co.jp