[広告]

会話集/支援会話

主人公(女性)の支援会話

セテス

支援C

[セテス]
……君か。突然、呼びつけてすまない。
そこに、掛けてくれ。▼

(暗転)

[セテス]
君とは一度、話をしなければならないと
思っていたものでね。▼
以前、言ったと思うが、私はここで
大司教の仕事全般を補佐している。▼
布教や啓蒙、儀式の主催、寄進の管理……
その他教団の運営に関わることすべてだ。▼
故に私は、教団に属する聖職者はもとより、
騎士団や士官学校をも統括する立場にある。▼
光栄なことに大司教からも信頼を賜り、
多くを私の裁量に委ねてもらっている。▼
また、大司教自ら決済すべき内容も、
事前に相談されることが多い。▼
……ところがだ。▼
君を士官学校の教師に採用した件に限っては
寝耳に水の話だった。▼

《EP.4 終了以前》

[セテス]
正直、戸惑っているのだよ。本来、経るべき
審査を、君は何もしていないのだからね。▼
戦闘や用兵に関しては腕が立つとしても、
その他のことはほぼ把握できていないのだ。▼

《EP.4 終了以降 EP.6 終了以前》

[セテス]
その上、“天帝の剣”まで託すとは……
いったい大司教は何を考えているのか。▼
正直、戸惑っているのだよ。本来、経るべき
審査を、君は何もしていないのだからね。▼
戦闘や用兵に関しては腕が立つとしても、
その他のことはほぼ把握できていないのだ。▼

《EP.6 終了以降 EP.10 終了以前?》

[セテス]
その上、“天帝の剣”まで託してしまった。
あの時は流石の私も狼狽えたものだ。▼
君の扱いについては、
今でも戸惑っている。▼
大司教を補佐する立場にありながら、
私は君のことを何ら把握できていないのだから。▼

《共通・選択》

[セテス]
有り体に言えば、そういうことになるな。
立場上のことだ、悪く思わないでくれ。▼

《EP.6 終了以降 EP.10 終了以前?》

[セテス]
いや……個人的には君を信頼している。
だが、それだけでは不足だ。▼
何か問題が生じれば、信徒が不利益を被る。
立場上、慎重にならざるを得ないのだよ。▼

《EP.10 終了以降?》

[セテス]
その上、“天帝の剣”まで託してしまった。
あの時は流石の私も狼狽えたものだ。▼
そして今や、君は…
いや、憶測で語るのは控えよう。▼
とにかく、君についてもう少し
知っておくべきだと思ってね。▼
これからする質問は、単なる確認だ。
協力してもらえると助かる。▼

《共通》

[セテス]
さて、早速だが……君が自身のことについて
どれだけ理解しているのか確認したい。▼
君の父親はジェラルト=アイスナーで
間違いないんだろうな?▼

《選択》

[セテス]
頼りない答えだな。今後、誰かに聞かれたら
はっきりと肯定してもらいたい。▼

《EP.10 終了前》

[セテス]
ジェラルトは、元騎士団長として
フォドラ全土に名の知れた勇士だ。▼

《EP.10 終了後》

[セテス]
ジェラルトは、元騎士団長として
フォドラ全土に名の知れた勇士だった。▼

《共通》

[セテス]
その子供ということであれば、教団が君を
採用したことに誰も文句は言わないはずだ。▼
……それで、傭兵として働くようになってからは、
どれくらい経つんだ?▼

《選択》

[セテス]
10年だと?
君の若さで、そんなはずはないだろう。▼
[セテス]
ううむ……まあ、仕方あるまい。▼

《共通》

[セテス]
そもそも年を聞いていなかったな。
君は今、いくつなんだ?▼

《選択》

[セテス]
……本当にわからない、という顔だな。
ジェラルトはどんな育て方を……▼
これ以上、君に話を聞いても、
時を浪費するだけのようだ。▼
ただ、一つだけ言わせてくれ。▼
理由はともかく、
大司教は君に大きな期待を寄せておられる。▼
その期待を裏切らないでもらいたい。
……以上だ。▼

支援B

[セテス]
……先生、少しいいかな?▼
(ベレスが頷く)
[セテス]
以前の私は、君の才に懐疑的だったが、
今は己の見る目のなさを嘆くばかりだ。▼
君が特別な存在であることは
もはや疑うべくもないのだからな。▼

《選択》

[セテス]
この期に及んで、
君はまだ自分の力を疑うのか?▼
いや……
それも無理からぬことかもしれんな。▼
君は君自身について、何一つ
教えられぬまま生きてきたのだからな。▼
父親であるジェラルトすら、君について
すべてを知っていたわけではないだろう。▼
だが、君はそれでいいのか?▼

《選択》

[セテス]
自分が何者なのか。
わからぬままでいいのか、と聞いている。▼

《選択》

[セテス]
……愚問だったな。己の正体がわからず
平気でいられる者などいないだろう。▼
[セテス]
……だとしても、知りたいだろう?
己の正体がわからぬままでいいはずがない。▼

《共通》

[セテス]
しかし、果たして君には、
本当に覚悟があるのだろうか?▼

《選択》

[セテス]
真実を知る覚悟だよ。▼
真実を知ることが、君の人生にどのような
変化をもたらすのか、私にはわからない。▼
知らなければ良かったと後悔することに
なっても、後戻りはできなくなる。▼
それでも、君は真実を知る覚悟はあるか?▼

《選択》

[セテス]
そうか。今日は君に、
そのことを確かめたかったのだ。▼
大司教が君に期待を掛けている以上、
私も君を引き続き支えていくつもりだ。▼
いや……私自身が、君という存在に
何かを期待しているのかもしれないな。▼
いつか君が、真実に辿り着けるよう、
私も力を尽くそう。▼

支援A

[セテス]
ベレス、話があるのだが、
少しいいだろうか。▼
(ベレスが頷く)
[セテス]
以前、私は君を支えると約束した。
真実に……君の正体に、辿り着くために。▼
そう言っておきながら、実は君について、
まだ話していないことがある。▼

《選択》

[セテス]
5年前、レアが姿を消す前に、君について
彼女に問いただしたことがあるのだ。▼
レアは……
君が何者なのかを、すべて知っている。▼
いや、君という存在を作り出したのが
レア本人だと言ってもいいのかもしれん。▼

《共通・選択》

《レア救出後》

[セテス]
レアからは、まだすべては
聞いていないのか?▼

《共通》

[セテス]
ここで今、レアから聞き取った断片的な話を
私なりの解釈をもって話すことはできる。▼
だが、それでは意味がないと思い、今まで
話さなかった。その考えは今も変わらん。▼

《レア救出前》

[セテス]
ただ、レアを救い出しさえすれば、
君は真実に辿り着ける。▼
それだけは、伝えておこうと思ってな。▼

《レア救出後》

[セテス]
隠していたようで、申し訳ない。
今日はそれだけを伝えておきたかった。▼
[セテス]
そうか……恐らくは、
君にとって衝撃的な話だったと思う。▼
予め、レアから聞いていた断片的な話を、
私なりの解釈をもって話すことはできた。▼
だが、それでは意味がないと思い、
これまでずっと話さないでいたのだ。▼
隠していたようで、申し訳ない。
今日はそれだけを伝えておきたかった。▼

《共通・選択》

[セテス]
これだけでは不満か?▼
……ならば、もう一つだけ、
付け加えておこう。▼
君は、私やレアにとって
近しい身内のようなものだ。▼
故に、この先どんな未来が待っていようと、
私は君を見捨てることも裏切ることもない。▼
私はいつまでも、君の味方だ。▼

《選択》

[セテス]
……まあ、そうだな。
歴史上、そういう例も少なくない。▼
だが、私に限っては、あり得ない。
……まあ、信じてもらうほかないが。▼
そもそも、私にとって君はすでに、
欠くべからざる存在になっているのだ。▼
レアの同志だとか、君の身内だとか、
そういった話を抜きにしても、な。▼
この戦争の先に、私が何を目指すのか……
それはすべて、君次第だと考えている。▼

《選択》

[セテス]
さて、なぜだろうな……
我がことながら判じかねている。▼
すべてにおいて特別な存在である君に、
魅了されてしまったのかもしれないな。▼
一方的な話で悪いのだが、
私にはそれ以外の選択肢はないようだ。▼
私はこの未来を、君に委ねる。▼

支援S

(女神の塔)

[セテス]
……流石に疲れたか?▼
戦争が終わってからも仕事は山積み……
むしろ増える一方だからな。▼

《選択》

《銀雪・翠風の章》

[セテス]
そうはいかないぞ、国王陛下。新たな時代を
創る大事業の真っただ中なのだ。▼

《蒼月の章》

[セテス]
そうはいかないぞ、大司教。新たな時代を
創る大事業の真っただ中なのだ。▼
君は神祖ソティスの力を継ぐ者として、
フォドラの民を導く使命がある。▼
レアは、その真実をすべて打ち明けた上で、
セイロス教団を君に委ねたのだ。▼
君も、それを承諾したのだろう?▼

《共通》

[セテス]
フォドラの民は、貴族も平民も一人残らず
君の一挙手一投足に注目している。▼
今、君が仕事を投げ出せば、
多くの者の期待を裏切る結果になるのだ。▼
これまでレアが担ってきた役割を継ぎ、
更に君にしかできないことを成し遂げる……▼
この崇高なる使命から、
逃げ出すなど許されると思うか?▼

《選択》

[セテス]
ああ、言うさ。君を補佐する立場上、
私にとっても他人事ではないのだ。▼
君と同じように、私の部屋にも
仕事がうずたかく積まれているのだから。▼
だが、私は逃げだしたりしないぞ。
どこまでも君と共に励む覚悟だ。▼

《選択》

[セテス]
ああ、この先、何百年でも何千年でも
君の近くで君を支えると誓おう。▼
……おっと。この言葉は、これを渡してから
言おうと思っていたのだが。▼
(指輪の絵)
[セテス]
……私と結婚してほしい。
受け取ってもらえるだろうか。▼
[ベレス]
………………。
(ベレスが頷く)
[セテス]
一蓮托生を誓った時から、いずれ君と
夫婦の契りを交わしたいと思っていた。▼
だが、誤解しないでもらいたい。▼
私がそう思ったのは、我々の使命を果たす
ためでも、我々の血脈を残すためでもない。▼
一人の男として、君を愛しているからだ。▼
もう君のいない世界など考えられない。
この想いを、受け止めてもらえるだろうか?▼
(ベレスが頷く)
[セテス]
そうか……!▼
ならば、改めて誓わせてほしい。この先、
どんな時も、君と共に歩み続けると……。▼
良き時も、悪しき時も、
健やかなる時も、病める時も……▼
仕事が山積みの時も、共にな。▼

《選択》

[セテス]
我々は自己の幸福を犠牲にしても、
公に尽くさねばならない立場にある。▼
故に、我々の結婚を公表するのは、
フォドラが落ち着きを取り戻してからだ。▼
その日に向けて、さあ、仕事に戻るぞ。▼

《選択》

[セテス]
執務室では、君の決裁を待つ者たちが
長蛇の列を成しているのだ。▼
腹をくくれ、行くぞ!▼

フレン

支援C

[フレン]
ね、先生。
少しお時間いただいてもよろしくて?▼

《選択》

[フレン]
嬉しいですわ!
先生にお話を聞かせていただきたくって。▼
わたくしね、先生に興味津々ですのよ?▼

《選択》

[フレン]
だって、あなたって……、
不思議な雰囲気を纏っていらっしゃるから。▼
初めてあなたに会った時から、
気になって仕方なかったんですの。▼
それが、どんな雰囲気かと聞かれると、
言葉にするのは難しいのですけど……▼
たとえるなら、海のような……。
先生、海ってご覧になったことあって?▼

《選択》

[フレン]
広くて深くて底が見えないですわよね。
水面は静かでも、中は深いんですの。▼
お魚がたくさん泳いでいるけれど、
外から見ても、全然見えなくて……。▼
でも、釣り糸を垂らすと引っかかるから、
見えなくても、確かにいるんですのよ。▼

《選択》

[フレン]
え、お魚の……ううん、違いましたわ。
先生が海みたいってお話でしたわね。▼
いつもは静かですけど、嵐になると
お船もひっくり返すくらい暴れるでしょう?▼
そんなところも……いつも物静かなのに、
いざとなると強いあなたに似ていますわね。▼

《EP.6 終了前》

[フレン]
でも、お兄様は少し不安みたいで、
素性の知れぬ若造が……なんて仰るのです。▼

《EP.6 終了以降》

[フレン]
でも、お兄様は少し不安だったみたいで、
素性の知れぬ若造が、なんて以前は仰って。▼

《共通》

[フレン]
あっ、お兄様に悪気はないんですのよ?
お仕事にとっても真面目な人なんですの。▼
だから、年齢もわからないようなあなたを
不安に思うのも当然のこと……。▼
そうでしょう?
ところで先生って、結局おいくつですの?▼

《選択》

[フレン]
ま! ご自分の年齢をご存じないの?
本当に面白い方ですのね、あなたって。▼
[フレン]
ま! 教えられないということは、
やはり、すっごくお若くてらっしゃるの?▼

《共通》

[フレン]
うーん……どれだけ見ても、
わたくしにはわかりませんけれど。▼
まさか、生徒たちよりも若い、
なんてことも……?▼

《選択》

[フレン]
……え? わたくし?▼
わたくしは……そうですわね、
生徒の皆さんと、同じくらいですわよ。▼

《選択》

[フレン]
そーんなこと、あるはずありませんのよ?
だって、本当に、そうですもの。▼

《EP.6 終了前》

[フレン]
……そうそう、だからわたくしもね、
本当は学校に入りたいんですのよ。▼
でもお兄様が、許してくださらないの。
お兄様の心配性には少し迷惑していて……▼

《EP.6 終了以降》

[フレン]
……そうそう、だからわたくしもね、
本当は学校に入りたかったんですの。▼
怖い思いはしましたけど、おかげで学校に
入れてもらえたのは幸運でしたわ。▼

《共通》

[フレン]
あっ、いけない。お忙しい先生を、
あんまりお引き止めできませんわよね!▼
また、お話しましょうね。
それでは、ご機嫌よう。▼

支援B

[フレン]
……先生、久しぶりに少し、
お話をさせていただいても?▼

《選択》

[フレン]
あのね、わたくし、先生に助けていただいて
先生の学級にも入れていただいたでしょう?▼
それ以来、たくさんのことを学んで、
だいぶ大人になったと思いますの。▼
わたくしが、ここまで大人になれたのは、
先生のおかげと言ってもいいほど。▼
だから、改めてお礼を申し上げたくって。▼

《選択》

[フレン]
ま! 先生は、わたくしがまだ
子供っぽいとでも仰いますの?▼
お友達がたくさんできて、
いろんなことを教えてもらいましたのよ?▼
今では一人で街へお買い物にも行けますし、
あ、値切ることだってできますわ。▼
値切るってご存じ? 安くお買い物が
できるよう、お店の方と交渉するんですの。▼
子供にはちょっとない知恵ですわよね。
うふふ……▼

《選択》

[フレン]
……え? わたくし?▼
えーと……前に申し上げたと思いますわよ?
何度も年齢を聞くなんて失礼じゃなくって?▼

《選択》

[フレン]
そう? 年齢と言えば、あなたこそ、
あやふやなままではありませんこと?▼
……ええ、もう年齢なんかにこだわるのは
やめにしましょう。ええ、そうしましょう。▼
それより、あなたのことで
また一つ気づきましたのよ?▼
あなたって不思議な雰囲気があるって、
申し上げたことがあったでしょう?▼
その時は「ただの海」にたとえましたけど、
今は「昔見た海」みたいって思いますの。▼
わたくしね、小さい頃はお母様によく
海に連れて行ってもらったんですのよ。▼
お母様は釣りが上手で……それで
わたくしね、お魚が好きになったんですの。▼

《選択》

[フレン]
え、お魚の……ううん、違いましたわね。
先生が「昔見た海」みたいってお話ですわ。▼
相変わらず、底の知れない
深さは感じているのですけれど……▼
なぜかしら、あなたといると、
懐かしいような気持ちにもなりますのよ。▼
遠い昔、どこかで会ったような……。▼

《選択》

[フレン]
いえ、それはないと思いますわよ。
だから不思議なんですの。▼
あ、もしかしたら、
遠い親戚だったりするのかしら……?▼
うふふ、それもない気がしますけれど。
だって、わたくしの親戚なら……▼
……でもレア様のなさってきたことを
考えると、案外、その可能性も……?▼
あ、いえ、何でもありませんのよ。
こちらの話、ですの。▼
とにかく、あなたのことは
他人のような気がしませんの。▼
他の仲間よりも、更に親しくなれたら、
わたくし、嬉しいと思っていますのよ?▼

支援A

[フレン]
………………。▼
はあ……。▼

《選択》

[フレン]
まっ、先生!?▼ ご、ご機嫌よう。▼
ちょうど先生のことを考えていましたので、
わたくし、驚いてしまいましたわ。▼

《選択》

[フレン]
あ、いえ、その……
先生のことが、わからなくって。▼
最初に出会った時から、あなたは不思議な
雰囲気の人だと思っていましたけれど……▼
今ではもう、確信しておりますの。
あなたが特別な存在なんだって。▼
だって、そうでしょう?▼
あなたは失われたはずの紋章を宿し、
天帝の剣を自在に操ることができる……。▼
そして5年前のある日、あなたは
髪の色も瞳の色も変わってしまわれました。▼
お兄様やわたくしと、同じような色に……▼

《選択》

[フレン]
わからないんですの。
お兄様は何も話してくれないから。▼
その後、あなたは皆さんを見事に導いて、
ここまで戦い抜いてきました。▼
今ではお仲間の誰しもが、あなたを慕い、
あなたの力を信じていますの……。▼
そんな真似をできる人が、他にいて?
あなた、いったい何者でいらっしゃるの?▼

《選択》

[フレン]
やっぱり、おわかりになりませんのね。▼
けれど、わたくしに似た髪の色になったと
いうことは、あなたが特別な存在である証。▼
だって……
この際、正直に申し上げますけど。▼
わたくしもね、皆さんとは違いますの。▼

《選択》

[フレン]
以前、悪い人たちがわたくしの血を
狙った事件がありましたでしょ?▼
あなたほど特別ではないとはいえ、
わたくしの血も希少ですのよ。▼
つまり、わたくしとあなたは、
お互いに希少な者同士……。▼
しかも、何らかの絆で結ばれていることは、
間違いないと思っておりますのよ。▼
ですから、わたくし、あなたの側で、
あなたを見守っていくつもりですの。▼
あなたは、絶対に守らなければならない……
そう思わずにいられないんですもの。▼

《選択》

[フレン]
まあ! 先生ったら。
かっこいいこと仰って。▼
では、わたくしたちが力を合わせれば、
向かうところ敵なし、ですわよね!▼

ハンネマン

支援C

[ハンネマン]
ふっふっふ……。
先生、少しいいかね?▼

《選択》

[ハンネマン]
そう身構えないでくれたまえ。▼
我輩が君の害となったことがあったか?
いや、ないだろう。▼
紋章学の探求が進めば進むほど、
君は自分の正体に近づけるのだからな。▼
君が失われた“炎の紋章”を持っていたと
知り、少し君の過去を探らせてもらった。▼
君のその血がどこから来て、そして君の
半生にどう影響してきたのか……▼
我輩はそれを知りたいと思ったのだ。▼

《選択》

[ハンネマン]
ああ、そうだとも。
君のかつての傭兵仲間にも当たったよ。▼
[ハンネマン]
害にはならぬと言ったはずだ。
君の傭兵時代の仲間にも当たったよ。▼

《EP.10 終了後》

[ハンネマン]
もちろんジェラルト君にも、
ジェラルト君のかつての仲間たちにもだ。▼

《EP.10 終了後》

[ハンネマン]
もちろん……、君のお父上の
かつての仲間たちにも、だ。▼
ジェラルト君に話を聞ければ、
一番だったのだがね……残念だよ。▼

《共通》

[ハンネマン]
……さて、それでは調査結果を報告する。
間違いがあれば指摘してくれたまえ。▼
ジェラルト君がセイロス騎士団の
騎士団長だった頃……▼
彼には懇意にしている女性がいた。▼
最初は、その女性が君の母かと思ったが、
それでは辻褄が合わない。▼
なぜなら彼女はジェラルト君が修道院を
離れる前に亡くなり……▼
彼が傭兵として放浪していた先で、
君が生まれたのだからな。▼
いや、君が年齢を偽っていれば、
話は変わるのだが……どうだね?▼

《選択》

[ハンネマン]
まあそうだろうな。
君は傭兵のころから年齢不詳だった。▼
[ハンネマン]
そうかもしれないな。
君たちは謎の多い傭兵だったようだ。▼

《共通》

[ハンネマン]
ジェラルト君は元騎士団長という
出自を誰にも明かしていなかったし……▼
君のことも含め、仲間に多くを
語らなかったと聞いたよ。▼
いずこから来たのかも知れぬ、
力だけは確かな傭兵親子……▼
特に君は、“灰色の悪魔”と呼ばれて
恐れられたそうだね。▼
無表情に敵を屠る君の姿を、傭兵たちは
まるで英雄のように語っていたよ。▼
[べレス]
………………。
[ハンネマン]
さて……君の素性については、
これ以上調べようもないようだ。▼
今後は、君の血に聞いてみるほかないな。▼

支援B

(ハンネマンが主人公の向かいに座り、暗転)
[ハンネマン]
調子はどうかね。
良ければ、一杯付き合っていただこう。▼

《選択》

[ハンネマン]
なに、我輩の話をしようかと思ってね。
君といると、君の話ばかりだろう?▼
もちろん研究のためなのだが、
君に飽きられても困るのでな。▼
というわけで、我輩の話でも聞いて、もっと
研究に積極的になってもらえればと……▼

《選択》

[ハンネマン]
今更そんなことを?
当然ではないか。▼
[ハンネマン]
ほう? 予想外の返事だが、
興味を持ってくれて嬉しい限りだ。▼

《選択》

[ハンネマン]
それでは、少しばかり
昔話をさせてもらうとしよう。▼
我輩は帝国貴族の出でな。
大きな家ではないが、当主だったのだよ。▼
所領は小さかったが、
どうやら血の「濃い」家だったらしく……▼
一族には紋章の力を宿す者が多くてね。
かく言う我輩も、小紋章を宿している。▼
その影響もあってか、我輩は若い頃から
紋章に強い興味を抱いていた。▼
やがて紋章学を志し、いつしか帝国の研究
機関で第一人者と呼ばれるまでになった。▼

《選択》

[ハンネマン]
帝国での研究に、限界が来ていた。
新たな情報が必要だったのだよ。▼
[ハンネマン]
ふ……帝国での地位になど、
何の意味もなかったよ。▼

《共通》

[ハンネマン]
だからこそ我輩はガルグ=マクを訪れ、
教師をしながら研究に没頭した。▼
少しずつだが、答えに近づいている。
我輩の求めるものへと。▼
“炎の紋章”を持つ君の協力があれば、
研究は更に進むであろう。▼
我輩は目的の成就まで、
止まることはない。▼
君もできる限り力を貸してくれたまえ。
必要なのだ、君が。▼

《選択》

[ハンネマン]
君の存在は、我輩にとって格別なのだ。
頼んだぞ。▼
……さて、そうと決まれば
早速、我輩の部屋に行こう。▼
行いたい実験が山積みなのだ。
なに、痛くはしないから安心したまえ。▼

支援A

[ハンネマン]
……そういうわけで、君の力には、どうやら
現状の理論では説明し切れない部分がある。▼
これは今までの仮説を覆すような、
大発見へと繋がる可能性が……▼
……む、すまんな。
話が長くなってしまったようだ。▼
今日のところは、ここまでとしよう。▼

《選択》

[ハンネマン]
いや、無理は禁物だぞ。戦いの合間に
こうして時間を割かせているのだ。▼
君から得られる刺激が格別で、
ついつい夢中になってしまう。▼
[ハンネマン]
また夢中になりすぎたな。
君も忙しいのに、申し訳ない。▼
君から得られる刺激は格別なのだ。
年甲斐もなく熱くなってしまうよ。▼

《共通》

[ハンネマン]
……ふむ、そうだな。
たまには別の話でもしようか。▼
他愛のない……浮いて流れていくような
ごく軽い話題が良かろう。▼

《選択》

[ハンネマン]
うむ……自分から言い出しておいて何だが、
我輩は他愛もない雑談というのが苦手でね。▼
……いや、一つ思いついたぞ。
好きな料理の話はどうかね?▼
例えば、君は甘いものと辛いもの、
どちらを好む?▼

《選択》

[ハンネマン]
ほう、甘いもの好きか。
我輩と同じだな。▼
[ハンネマン]
ほう、辛いもの好きか。
我輩とは好みが逆であるな。▼
しかし、君だからこそ例外として
あり得ない話ではない。▼

《共通》

[ハンネマン]
実は、紋章を宿す者は、辛いものより
甘いものを好むという仮説があるのだ。▼
紋章の力が血に宿るとすれば、
甘いものに含まれる何かが……▼
……はっ、これは面目ない。
紋章の話は終わりだった。▼
何にでも紋章を結びつけて
考えてしまうのが、我輩の悪い癖でね……。▼
どうにかせねばとは思っているのだが……。▼

《選択》

[ハンネマン]
いや、そうもいかん。▼
君に愛想を尽かされてしまったら、
研究への影響は計り知れない。▼
今までも似たようなことがあったのだ。
まだ帝国にいた頃の話が……▼
我輩が付き合った女性は皆、最初のうちは
紋章の話をしても構わないと笑ってくれた。▼
しかし、いつからかうんざりして、
我輩の話など聞かなくなってしまう。▼
やがて我輩が研究に没頭するうちに、
お別れの手紙が届く、と、こうだ。▼
そうならないよう、精一杯の努力を
させてもらうよ。▼

支援S

(女神の塔)

[ハンネマン]
戦乱の時代は幕を下ろした。
だが、すべてが終わったわけではない。▼
君がなすべきことは多く……
我輩の夢もまだまだこれからだ。▼
我輩は共に前途多難である。
君もそう思わないかね?▼

《選択》

[ハンネマン]
[ハンネマン]
そう言われると困ってしまうが……
まずは我輩の提案を聞いてほしい。▼

《共通》

[ハンネマン]
前途多難の道のりは、
一人で行くより二人で行くほうが良い。▼
我が研究には君の協力が不可欠だし……▼
……いや、そのような建前はよそう。▼
我が研究に、ではない。
我輩の人生に、君が不可欠なのだ。▼
女性の扱いには自信がない。
生涯、独り身であろうと思っていた我輩だ。▼
しかし、君に出会ってしまった。
君とすべてを分かち合いたいと願った。▼

《共通》

(指輪の絵)
[ハンネマン]
ああ、どうか我輩と同じ想いがあるならば、
この指輪を受け取ってほしい。▼

《選択》

[ハンネマン]
待たれていた!?
ふむ……想定外の反応だ。▼
とはいえ相思相愛ということであれば、
もはや遠慮は無用であるな。▼
ならば、行こう。
ベレス。▼
君のすべてを明らかにするため、
まずは我輩の部屋で、今後の計画を……▼

《紅花の章》

《選択》

[ハンネマン]
なに?紋章の力を失った?
だからどうしたというのだね?▼
吾輩は君自身を欲したのだ。
紋章の力などそれに付随するものに過ぎん。▼
それに、紋章を失った体というのも、
研究対象としては面白いかもしれんしな。▼

《共通》

《選択》

[ハンネマン]
覚悟? そのようなもの、不要だ。
何も君を実験台にしようというのではない。▼
我輩は君の紋章の力を欲したのではなく、
君を欲したのだから。▼
まずは君自身のことをじっくりと
研究させてもらうよ。▼

《共通》

[ハンネマン]
……そうだな。何だったら、
君が我輩を研究してくれても良いのだぞ?▼
他人に研究されるという経験は、
実は我輩はまだない。▼
我輩の初めてを、君に捧げよう。▼
ふうむ……実に楽しそうな未来ではないか。
君と、我輩のな。▼

マヌエラ

支援C

[マヌエラ]
……もう、誰よ。
はいはい、いるわよ。▼

《選択》

[マヌエラ]
……あ、あら。
センセイ?▼
………………。
……ちょっと、ちょーっと待ってて。▼
どうすんのよ!
この状況で開けられるわけないじゃない!▼
もう、何でこんな時間まで
寝ちゃってるわけ、あたくし?▼
はあ……服! どこよ!
肌着がない! んもう!▼

(物音)

[マヌエラ]
ああっ!?
服の紐が、引っかかって……!▼
む、結べない……チッ……胸が……
あーもう適当でいいわよ!▼

《選択》

[マヌエラ]
だ、大丈夫よ。
大丈夫だから、待っていて。▼
[マヌエラ]
うえっ……。▼
……そういう時は、黙って聞こえないふりを
するのが大人の対応でしょ、センセイ!?▼
とにかく待っていて。
お願い。▼

《共通》
(マヌエラが出てくる)

[マヌエラ]
ふう……待たせちゃったかしら。
ごめんなさい、センセ。▼
それで、何のご用?▼

《選択》

[マヌエラ]
そんなこと、いいじゃないの。
早く話があるならしてくれない?▼
あたくしだって、必死な思いで
ここまで出てきたんだから……。▼

《選択》

[マヌエラ]
いえ、あなたは悪くないわ。
ただ今日は良くなかったというか……▼
昨夜が良くなかったというか……
はあ……。▼
……じゃなくて。
結局、用があるの? ないの?▼

《選択》

[マヌエラ]
昨夜の人から!?
な、何て言ってたのかしら。▼

《選択》

[マヌエラ]
……でしょうね。
あたくし、わかっていたわ。あたくし。▼
どうせそうなるだろうと思って、
不貞寝していたんだもの。▼
わざわざありがとう、センセイ。
もう用は終わりね?▼
それじゃ、おやすみなさい。▼

《選択》

支援B

[マヌエラ]
あら、センセイ……
ちょうどいいところに。▼

《選択》

[マヌエラ]
懺悔していたの。
あたくしの愚行をね。▼
[マヌエラ]
いえ、これは祈りではなく懺悔。
あたくしの愚行を悔いていたの。▼

《共通》

[マヌエラ]
それで、あなたにも懺悔したかったから……
いいかしら?

《選択・1つのみ》

[マヌエラ]
あなたには、これまでも散々、
迷惑をかけてきたわよね?▼
男に振られる度に仕事はすっぽかすわ、
あなたにも当たってしまうわ……▼
あたくしって、どうしようもない女なのよ。▼
はあ……
このままじゃ一生、独り身だわ、あたくし。▼
センセイもそう思うでしょ?▼

《選択》

[マヌエラ]
同性のあなたから見てもそうなのよね……。
あたくし、もうダメだわ……。▼
[マヌエラ]
本当に?
あなたに言われると、少しだけ希望が……。▼
でも、そう思ってやってきた結果が、
今のあたくしなのよね……。▼

《共通》

[マヌエラ]
はあ……。
あたくしの何がいけないって言うのかしら。▼
もしかして顔?
女は顔が命っていうものね?▼
歌姫として一世を風靡したあたくしの顔が、
ダメってことはない気がするけれど……。▼

《選択》

[マヌエラ]
そうよね! 問題ないって言い方は
ちょっとどうかと思うけど。▼
[マヌエラ]
そうよね! このあたくしの美貌に
問題があったら大変なことよ。▼

《共通》

[マヌエラ]
それなら……まさか、性格?
あたくしの性格に何か問題が……!?▼

《選択》

[マヌエラ]
沈黙は肯定の意、よね。
そう、センセイもそう思っていたの。▼
[マヌエラ]
随分な棒読みね。
そう、センセイもそう思っていたの。▼

《共通》

[マヌエラ]
確かに、ちょっとだけだらしないかも
しれないわね、あたくしって。▼
ちょっとだけ怒りっぽいし、
ちょっとだけものぐさだし。▼
でも、そういうちょっとだけダメなところが
あったほうが、男に受けるって聞いたわ。▼
実際、そういう子ほど、
良い男を捕まえてる気がするし。▼
ダメなところが、まだ足りないのかしら。
もっとダメにした方がいい? あたくし。▼

《選択・1つのみ》

[マヌエラ]
な、何よそんな、急に真顔になって。
あたくしって、そんなにダメ……?▼

支援A

[マヌエラ]
……でね、そうしたら、あたくしも
こう言うしかないじゃない。▼
あんたみたいに器が極小の男、
あたくしのほうから願い下げよ!!▼
ってね。売り言葉に買い言葉ってやつ?
はあ……。嫌になっちゃうわ。▼
あたくしに優しくしてくれる男、
どこかに転がってないかしら……。▼
……あなたが男なら良かったのにね。
あたくしにとっても優しいもの。▼
こうやって、あたくしの愚痴に
付き合ってくれるし……▼
何だかんだ見捨てずに、
逆に頼ってくれることだってあるし。▼

《選択》

[マヌエラ]
ええ……返す返すも惜しいわ。
本当に残念。▼
これも主の定めたことだと思って、
諦めるわ、あたくし。▼
……いいわ!
気分を入れ替えていきましょ、センセイ。▼
あたくしたちにはまだ
やらなければならないことがあるものね。▼
その重大さを思えば、
男の一人や二人……▼
………………。▼

《選択》

[マヌエラ]
これが落ち着いていられるわけないでしょ!▼

《共通》

[マヌエラ]
何が男の一人や二人よ!
もう100人200人の世界なのよ!▼
あたくしなんて、あたくしなんて……!▼
……ダメね。
まったく気分を入れ替えられなかった。▼
こういう時は、体を動かすしかないわ。▼
センセイ、ちょっと手伝って。
訓練場に行くわよ。▼
100本でも200本でも、
男の数だけ打ち込んでやるわ!▼

ギルベルト

支援C

[ギルベルト]
……買いつけに付き合わせてしまい、
申し訳ありませんでした。▼
わざわざ手伝いを申し出てくれるとは。
私の職務でしたのに。▼

《選択》

[ギルベルト]
……いいえ。
この礼は、何らかの形で、必ず。▼
[ギルベルト]
……そうですね。ではいずれ、
あなたが困った時には力になりましょう。▼

《共通》

[ギルベルト]
とは言っても、私にできることなど
そう多くはありませんが……。▼

《選択》

[ギルベルト]
……釣り、ですか。
ええ、無論、構いませんよ。▼
ああ、釣りと言えば、ジェラルト殿も
素晴らしい腕前だと耳にしました。▼
[ギルベルト]
……ええ、喜んで。私こそ、
あなたの剣技には学ぶところも多い。▼

《選択》

[ギルベルト]
あなたはジェラルト殿の下で、傭兵として
生計を立てていたと聞いています。▼
私は、セイロス騎士団の中でも新参者。
あの方の業績は、詳しく存じませんが……▼
数度打ち合っただけで、その力量の
素晴らしさに感服するほどでした。▼
そして、その教えを受けて育った
あなたの腕前も、また同様に。▼
長く騎士を勤めてきた私にとって、
傭兵として経験を積んだあなたの……▼
[ベレス]
……?
[街の子供]
あはは、待って待ってー!▼
[街の子供]
待つもんかー!
こっちこっちー!▼
[ギルベルト]
ふ……子供が笑顔で居られるのは、
たいへん良いことですね。▼

《選択》

[ギルベルト]
………………。
……笑っていましたか、私は。▼
(主人公がうなずく)
[ギルベルト]
では……その笑顔は忘れてください。
私には、そのような権利などないのです。▼

《選択》

[ギルベルト]
ええ……死んでしまった者は、笑顔を
浮かべることさえできないのですから。▼
ああ、いえ。すみません、つまらぬ話を……
……さあ、早く戻りましょう。▼

支援B

[ギルベルト]
……主よ。
どうか、陛下の魂を……▼
(主人公が現れる)
[ギルベルト]
あなたは……
……どうしました、このような夜分に。▼

《選択》

[ギルベルト]
……それは、申し訳ありません。
ですが……▼

《共通》

[ギルベルト]
もう、夜も遅い。
明日に備え、休まれたほうが良いかと。▼

《選択》

[ギルベルト]
見てのとおりです。
……主に祈りを捧げていました。▼
私には、こうすることしかできませんので。▼
……すでに、伝えましたね。
私が、王家に仕える騎士であったのは。▼
一介の兵士に過ぎなかった若い私を、
当時の王は騎士に取り立ててくださった。▼
そして私には、王族の守護と、
教導の任が与えられました。▼

《選択》

[ギルベルト]
は……あなたと同じ、教師のようなものと
考えていただいて差し支えないでしょう。▼
[ギルベルト]
そのとおりです。
もう40年近く、勤め上げてきました。▼

《共通》

[ギルベルト]
ランベール陛下やディミトリ殿下に
武芸や兵法、学問を指南する傍ら……▼
その御身を守り続けてきました。
……あの日までは。▼
私は、職責を全うできなかった。
……無力だったのです。▼

《選択》

[ギルベルト]
……はい。▼
襲撃の報を受けた際には、時すでに遅く。
騎士や兵士を死なせ、陛下も……▼
私があの日、もっと早くダスカーに
辿り着けていれば良かったのです。▼
今の殿下をあのようにしてしまったのは……
他でもない、私なのかもしれません。▼
そして、私は妻子を捨てて国を逃げ出した。
……罪に罪を重ねたのです。▼
国も、家族も……本当に守るべきものの
すべてを放り捨てて、私は逃げた……。▼
……一生を懸けて、
私は、私の罪と向き合わねばならない。▼

《選択》

[ギルベルト]
ですが……私が、すでに亡い陛下や
あの日死んでいった者たちにできるのは……▼
[ギルベルト]
娘と妻に詫びることや、殿下に尽くすことが
私にとっての贖罪です。ですが……▼
生者への贖罪を果たせても、死者への贖罪は
こうして祈ることでしか果たされない……▼

《選択》

[ギルベルト]
………………。▼
昔……あなたと同じようなことを
言った方がおりました。▼
……いけませんね。
こう年を食うと、思い出話ばかり。▼
さて、やはりもう戻りましょう。
……祈りは、もう済みましたから。▼

支援A

[ギルベルト]
……廃墟のようだったこの街も、徐々に
活気を取り戻してきたように思います。▼
ですが、やはり物資の買いつけとなると
まだまだ苦労を強いられる……。▼
民の暮らしも苦しいものでしょう。早く
この戦乱が終わる日が来れば良いのですが。▼

《選択》

[ギルベルト]
……ええ、そうでしたね。
我々の手で掴み取らねばなりません。▼
[ギルベルト]
共に勝利を掴み取りましょう。
そして、平和な世界を築くのです。▼

《共通》

[ギルベルト]
ふ……しかし、いずれ平和な世が訪れたらば
私はどうすべきなのでしょうね。▼

《選択》

[ギルベルト]
……無論、そのつもりではありました。
ですが、今となっては、こうも思うのです。▼
私の役目は、終わったのではないか……と。▼
新たな時代に、私のような古い人間が
居座り続けるわけにはいきません。▼
[ギルベルト]
……無論、そのつもりではありましたが。
娘にも、娘の選んだ道があるでしょうから。▼
私と共に暮らすことだけが、アネットの
幸福ではないのだ、とも思うのです。▼
娘が望むのならば、私は喜んで帰ります。
ですが、彼女が望まないのであれば……▼

《共通》

[ギルベルト]
兄の元から妻を呼び寄せ、
修道院で暮らすというのも……▼
悪くない選択……なのかもしれません。▼
……昨晩、酒を呷ったからかもしれません。
このような夢を見てしまうのは。▼

《選択》

[ギルベルト]
……そうですね。未来を見据えることで、
得られる力もあるのかもしれません。▼
[ギルベルト]
本当に……まずは次の戦いを生き延びる
ことを考えねばならないというのに。▼

《共通》

[ギルベルト]
……む。▼
[街の子供]
あ、釣りのおじさん!
こんにちはー!▼

《選択》

[ギルベルト]
……実は以前、彼らに
釣りを教えてやったことがありまして。▼
[ギルベルト]
近くの川でおっきな魚が釣れたんだよ!
おじさんのおかげだよ!▼
[ギルベルト]
……そうか。
ならば、家族にも食べさせてやるといい。▼
[街の子供]
はーい!▼

《選択》

[ギルベルト]
……ああ。確かに以前、言いましたね。
私の笑顔など忘れてくれ、と。▼
今は……忘れてくれ、とまでは言いません。
あなたの言葉が、響いたのです。▼
……私を取り立ててくださった彼の王は、
使者を想い過ぎるな、と仰いました。▼
死者は死者だ、と。今を生きる者が
死者に束縛される必要はないのだ、と……▼
……私は、私の人生を生きようと思います。▼

《選択》

[ギルベルト]
……今のあなたも、良い顔をしていますよ。
出会った頃には、見られなかった顔です。▼
どのように肩書きや立場がかわろうと……
あなたは、そのままであってください。▼

支援S

(女神の塔)

[ギルベルト]
……ここは、変わりませんね。▼
レア様が一線を退かれ、
あなたが新たな大司教となっても……。▼
今や廃墟であった大修道院は再建され、
フォドラも、王の下で1つにまとまった。▼
ふ……新たな時代が、来るのですね。▼

《選択》

[ギルベルト]
……はい、前々から考えていたことです。▼
無論、陛下にもご理解いただきました。
お前の望むままに生きよ、と……。▼
老兵の役目は、終わったのです。
少し寂しいですが、喜ぶべきなのでしょう。▼

《アネットがロストしていない時》

[ギルベルト]
それに……私が修道院にいるからと言って、
娘との繋がりが切れるわけではありません。▼
たまには、妻子の元にも
顔を出すつもりでいます。▼

《共通》

[ギルベルト]
老い先の短い我が身ではありますが。
この槍……次は、あなたに預けましょう。▼

《選択》

[ギルベルト]
何を仰るのです。
……あなただからこそ、お仕えしたい。▼

《共通》

[ギルベルト]
……戦争は終わったとは言え、
フォドラの動乱はもうしばらく続くでしょう。▼
全土を統一したファーガスと、我々教団は
手を取り合って事に当たらねばなりません。▼
私にできることなど、
そう多くはありませんが……▼
教団と王国の架け橋ならば、
きっと私にもできるでしょうからね。▼
ふ……あとはせいぜい、修道院の孤児たちに
釣りを教えてやるくらいでしょうか。▼
……そうだ、大切なことを忘れていました。▼

《選択》

[ギルベルト]
はい。
私は、私の人生を生きると決めました。▼
ですから……自分を偽るのは、
もう、今日限りにしようと思います。▼
……大司教猊下。
どうか、私の本当の名をお呼びください。▼
ギュスタヴ=エディ=ドミニク。
それが、私の名です。▼

《選択》

[ギルベルト]
……は!▼
このギュスタヴ、
あなたに揺るがぬ忠誠を誓います。▼
騎士の誇りに懸けて、
あらゆる苦難から猊下をお守りしましょう。▼
その命も……その笑顔も。▼

アロイス

支援C

[アロイス]
おや、先生! 今日も仕事に励んでいるな!
精の出ることだ。感心、感心。▼
このアロイスに手伝えることがあれば、
何でも頼ってくれ! 何かあるだろう?▼

《選択》

[アロイス]
むむ? そう言わずとも!
さあ、何でも言ってくれ!▼
何しろ私にとって貴殿は、
兄妹も同然の相手なのだからな。▼
同じくジェラルト殿に育てられた者同士、
仲良くやろうではないか。▼

《選択》

[アロイス]
むむ、話していなかったか?
私としたことが、何たる失態!▼
[アロイス]
はっはっは、まあ、それにしては
年が離れすぎている気もするがな!▼

《共通》

[アロイス]
実はな、私は幼くして両親を亡くし、
王国の修道院で暮らしていたのだが……▼
何の希望もない日々を過ごす私の前に、
たまたま立派な風体の騎士が現れてな。▼
その騎士……そう、ジェラルト殿は、何を思ったか、
思ったか、私を一目見て従者としたのだ!

《選択》

[アロイス]
であろう、であろう?
団長は本当によくわからん方でなあ。▼
後から聞けば、元々従者にしていた少年が
流行り病で死んでしまい……▼
何となーく年が近く、何となーく風貌の
似ていた私を、従者にしたのだとか。▼
いやあ、本当に無茶苦茶もいいところ!
だが、そこが団長らしさと言うべきか。▼
しかしそれも、もう30年以上も昔の話だ。
いやあ……時が経つのは早いものだな。▼

《選択》

[アロイス]
ああそうだ、あれは確か私が
まだ15歳にもならん頃の話だったはず……▼
[アロイス]
実は私も、はっきりとは知らんのだ。
貴殿こそ聞いたことはないのか?▼
(主人公が首を横に振る)

《共通》

[アロイス]
むむ……とにかくジェラルト殿が、当時から
ほとんど老けておらんのは確かだな。▼
そういえば昔、酒の席で……
いや、この話はまたの機会にしようか。▼
とにかく、あの方が何者であろうと、
ジェラルト殿はジェラルト殿……であろう?▼

《選択》

[アロイス]
うむ。……さて。
何はともあれ、これでわかっただろうか?▼
私が貴殿に対して、
いかに親しみを覚えているか!▼
さあ、何か困り事を言うがいい! 先生!
何でも力になろう! さあ!!▼

《選択》

[アロイス]
ぬっ……。そ、そうか。
ならば今日のところは諦めるとしよう……。 もし何かあれば、
何でも気兼ねなく私を頼ってくれ!▼

支援B

[アロイス]
おお、先生。
貴殿も釣りをしにきたのか?▼

《選択》

[アロイス]
おお! 何か困ったことでも……
……むむ。その様子では、違うようだな。▼

《共通》

[アロイス]
いやあ、しかし、
釣りと言えば、ジェラルト殿だな。▼
私もかつてはジェラルト殿と共に、
度々こうして釣り糸を垂れたものだが……▼
これが、今でもさっぱり上達しない!
魚がまったく食いつかんのだ。▼

《選択》

[アロイス]
むむ……流石はジェラルト殿の子、
釣りには心得があるというわけか……。▼
[アロイス]
くっ……やはり貴殿はジェラルト殿の子!
かつて、まったく同じことを言われたぞ!▼

《共通》

[アロイス]
しかし、私が釣り下手なのはさておき、
団長は本当に釣りが上手くてな。▼
私が魚を1尾釣り上げる間に、あの方は、
籠いっぱいに魚を釣っていたものだ。▼
はっはっは、貴殿と話しているうち
何だか懐かしくなってきたぞ!▼
どうだ、先生、釣り糸を垂れつつ、
団長の思い出話に花を咲かそうではないか!▼
(暗転)
[アロイス]
……そう言えば以前、ジェラルト殿には
老けた様子がなかった、という話をしたな?▼
昔、酒場で酔っ払ってジェラルト殿が
ぽろりと漏らしたことがあるのだ。▼
自分はかつて紋章を宿す血をその体にいれ、
紋章の力で寿命が延びたのだ……とな。▼

《選択》

[アロイス]
その時は、私も酒の席の冗談だと思って
笑って聞いていただけだった。▼
年齢を聞いたら、100歳を越えてから
数えていないなどと言うのだからな。▼
だが……事実、あの方は20年前と
何も変わらぬ姿で、私の前に現れた。▼
ジェラルト殿は不思議なお方だ。
あの方のことは、私にもよくわからん。▼
むしろ、私が先生から
ジェラルト殿のことを聞きたいくらいだ。▼
そうだ、大修道院を離れていた間の
ジェラルト殿は、どんな様子だったのだ?▼

《選択》

[アロイス]
はっはっは、それは昔からずっと
変わっていなかったのだな。▼
任務の合間に、少しでも時間ができると、
がっつり釣りを楽しんでいた。釣りだけに。▼
釣った魚にかぶりつきながら飲む酒は
最高の贅沢だ、などとよく言っていたな。▼
[アロイス]
はっはっは、それは昔からずっと
変わっていなかったのだな。▼
私と出会った当時から、事あるごとに
酒を飲みたいと叫んでいた。酒だけに。▼
それでも戦場に立てば敵なし、
“壊刃”の名に相応しい活躍ぶりだったぞ。▼

《共通》

[アロイス]
しかし……こうして先生と共に
釣り糸を垂れていると……▼
ジェラルト殿と並んで釣りをした、
あの頃を思い出すな……。▼

支援A

[アロイス]
………………。▼
……ああ、貴殿か。
どうした、何か用でもあるのか?▼

《選択》

[アロイス]
むむ……すまん、少しばかり
厄介な任務に出てきたところでな。▼
戦争が始まってから、私はこれまで以上に
多くの者を手に掛けてきた……。▼
……そして、貴殿やかつての生徒たちにも
手を汚させてしまった。▼
ああ、無論、貴殿らは自らの意志で
戦うことを選んだのだろう。▼
だが、時折思うのだ……子供たちが戦いを
選ばねばならん世界など、間違っている。▼

《選択》

[アロイス]
むむっ、それはそうだが……やはり、
そう簡単に割り切れるものでもないのだ。▼
まったく、貴殿の前で、このような辛気臭い
顔をするわけにはいかぬというのに……▼

《選択》

[アロイス]
………………。
……ぷっ、はっはっはっは!▼
よく言うわ! 私がどんな顔をしたって、
男前には程遠いだろうが!▼
……そういえば団長も、私が落ち込む度、
くだらん冗談で励ましてくださったな。▼
そして、その冗談は私に受け継がれ!
……私は、失笑を買うばかりなのだが。▼
団長の冗談の才は、むしろ貴殿が
受け継いでいるのかもしれんなあ?▼
しかし……はっはっは、このアロイス、
貴殿のおかげで元気が湧いてきたぞ。▼
そうだな、いくら私が落ち込んだところで、
この戦争が終わってくれるわけではない。▼
ならば、前を向いて進み続けるのみ!
そうであろう、なあ!▼

《選択》

[アロイス]
ま、実を言うと、この台詞も
ジェラルト殿の受け売りなのだがな。▼
私にとってジェラルト殿は人生の師……
とにかく、誰よりも大切なお方なのだ。▼
そして……今となっては、貴殿もな。▼

《選択》

[アロイス]
もちろん、そのこともあるが、
今は、それだけではない。▼
[アロイス]
はっはっは、そう照れずともいい。
むしろ、当然だ、と受け止めてくれ。▼

《共通》

[アロイス]
これまで貴殿の姿を見、共に戦う中で、
貴殿を兄妹のように思うと同時に……▼
全霊を持って支え、守り、仕えるべき
器の持ち主だと感じているのだ、私は。▼
貴殿はもはや、フォドラにとって……
そして私にとっても、なくてはならん存在。▼
これからも私は騎士として、そして貴殿の
「兄」として、その身を守り続けよう!▼

《選択》

[アロイス]
た、確かに年を考えればそうなのだが……
むむむ、団長との間柄を考えると……・むむ。▼
まあ良い。このアロイス、ジェラルト殿の
名に懸けて、貴殿を守り通してみせよう!▼
[アロイス]
うむ! このアロイス、ジェラルト殿の
名に懸けて、貴殿を守り通してみせよう!▼
はっはっは、どうか今後も頼むぞ!▼

支援S

(女神の塔)

[ベレス]
………………。▼
[アロイス]
むむっ、こんなところでどうしたのだ。
誰かを待っているのか?▼

《選択》

[アロイス]
はっはっは、貴殿はやはり冗談が上手い!
私とは、約束もしていないではないか。▼
[アロイス]
おっと、それは失礼したな。
私の用は後で……む、それは私のことか?▼

《共通》

[アロイス]
しかし……長い戦いだったな。
ようやくフォドラも落ち着いてきた。▼
だが!
まだまだ気を抜いてはおられん!▼
我々の仕事はまだ始まったばかり!
むしろこれからのほうが忙しくなるぞ!▼

《選択》

[アロイス]
はっはっは……。
ま、それもそうであろうな。▼
[アロイス]
うむ。
私も貴殿の力となれるよう努めよう。▼

《共通》

[アロイス]
……まあ、いろいろと片づいた頃にでも
またゆっくりと釣りでもしよう。▼
再び貴殿と並んで釣り糸を垂らす日を、
心待ちにしているからな。▼
あー……ところで、コホン。
本当に、誰かと逢引きの予定は……?▼

《選択》

[アロイス]
……何っ、それは誰だ!?
私の知る相手か! そうなのか!?▼
ぐぬぬ……!
ジェラルト殿ー! 見ていてください!▼
このアロイス、ジェラルト殿に代わり
ご息女の相手を見定めてみせますぞ!▼
[アロイス]
むむっ、本当か?
ははは、まあ、そういうこともあろう。▼
今は気ままに過ごせば良いのだ。
貴殿には、婿などまだ早いからな!▼
はっはっはっは!▼

《選択》

[アロイス]
すまん、すまん。貴殿のこととなると、
ついつい気持ちが入ってしまってな。▼
しかし、本当に……
よくぞ、ここまで頑張ってきたものだ。▼
幾たびの困難にもくじけず、
貴殿は戦い続けてきた……▼
きっとジェラルト殿も、
天上で喜んでおられるに違いない。▼
本当に……私は貴殿を誇りに思うぞ。
これからも私のことは本当の兄と思って……▼

《選択》

[アロイス]
むっ……そこは聞き流してくれても
良いではないか。▼
ま、何はともあれだ。
今後も共に頑張って行こうではないか。▼
このフォドラのため……
そして、亡き団長のためにも。▼

《選択》

[アロイス]
はっはっは、ああ、何でも頼ってくれ!
私はいつでも貴殿の味方でいよう!▼

カトリーヌ

支援C

[カトリーヌ]
……なんだかねえ。▼

《選択》

[カトリーヌ]
何でレア様は、アンタなんかを
特別扱いするんだろうな?▼
体格も平凡だし、特別美形でもないし、
どこにでもいそうな若造じゃん。▼
ま、アンタが腕の良い傭兵だったってのは、
疑っちゃいないけどさ。▼
それはシャミアの奴だって同じだ。
けど、アンタほど気に掛けられてないよな?▼
そもそもだ。騎士団じゃなく教師に
抜擢された時点で特例すぎるしな。▼

《選択》

[カトリーヌ]
わからん。レア様のお考えが、
アタシには、まったくもってわからんね。▼
[カトリーヌ]
あー、別に責めてるんじゃないよ。
ただ、レア様のお考えが見えなくてさ。▼

《共通》

[カトリーヌ]
やっぱりアレか?
ジェラルトさんの子供だからか?▼

《~EP.9》

[カトリーヌ]
セイロス騎士団の元団長にして、
フォドラで随一の傭兵……だもんな。▼
アタシが入団した頃には、もう抜けてたから
よくは知らないけど……強いんだろ?▼

《EP.10~》

[カトリーヌ]
セイロス騎士団の元団長にして、
フォドラで随一の傭兵だった人だ。▼
短い間しか一緒に働けなかったから、実力を
見る機会がなかったが……強かったんだろ?▼

《選択》

[カトリーヌ]
おいおい……
アンタがわかってないだけじゃないのか?▼
“壊刃”ジェラルトと言やあ、
フォドラで知らない者はいないんだぞ?▼
もしもアンタが、単なる親の七光りで
幅を利かせてんなら納得いかないが……▼
レア様に限っては、そんな理由で
アンタを優遇はしないはずだ。▼
うーん……。▼
……アンタ、何か隠し事があるんだろ。
そうじゃなきゃ説明がつかない。▼
決めた。アタシはアンタを監視して
レア様が気に入ってる理由を探る。▼
それが、アタシにも真似できることなら、
アンタの真似をすりゃアタシも……▼
万が一、あくどいことをしてたんなら、
アンタを消せる。それはそれで良しだ。▼
[ベレス]
………………。▼

支援B

(剣が弾かれる音)
[カトリーヌ]
……はは、ちょっと脅かしてやるつもりが、
弾かれちまったか!▼
先生も、なかなかやるもんだね。▼

《選択》

[カトリーヌ]
まあまあ。アンタが弾き飛ばした剣を
よく見てみろよ。ほら、訓練用の木剣だ。▼
当たったところで、せいぜい
でかいコブが出来るだけだ。笑って許せ。▼

《選択》

[カトリーヌ]
泣きごと言うなって。
痛みには慣れてんだろ?
[カトリーヌ]
よっぽど当たりどころが悪くなきゃ、
死にゃしないって。▼

《共通》

[カトリーヌ]
それに、アンタなら避けられるって
わかってたからな。▼
……前に、アンタを監視させてもらうって
言ったの、覚えてるか?▼
あれ以来、ずーっとアンタを見てたからね。
実力の程は、すっかり把握済みさ。▼

《選択》

[カトリーヌ]
ああ。じーっくり観察させてもらったよ。
気配を消してたから気づかなかったろ?▼
で、結論としては、
アンタはやっぱり優秀だった。▼
指揮能力も剣の腕も非の打ちどころがない。
そのうえ、ガキどもにも慕われてるし……▼
天帝の剣を使えるってのを差し引いても、
アンタほどの奴は、そうはいないだろうね。▼
最初は親の七光りを疑ったが、
そうじゃなかった。▼
レア様の目に狂いはなかったってわけだ。
うんうん、流石はレア様だ。▼
……しかし、アンタの人望やら、天帝の剣を
使う力やらは、真似のしようもない。▼
アンタを観察してレア様の気に入る理由を
探るって作戦は、失敗みたいだな。▼

《選択》

[カトリーヌ]
何、ホッとした顔してんだよ。
アンタの観察はこれからも続けるぞ。▼

《第一部》

[カトリーヌ]
レア様が見てないところで、アンタが何を
しているか、逐一、報告しなきゃならん。▼

《第二部》

[カトリーヌ]
いずれレア様を救い出せたら、アンタが何を
してきたか、余さず報告しなきゃならん。▼

《共通》

[カトリーヌ]
そうすりゃたぶん、
レア様も喜んでくれんだろ?▼
アタシから逃げようったって、
そうはいかないさ……ふっふっふ。▼
[ベレス]
………………。▼

支援A

(剣戟の音)

[カトリーヌ]
っりゃあああ!▼
消えな、うらああああ!
……ぐわっ!▼
[カトリーヌ]
あー、久々に死ぬかと思ったよ……。
いや、先生が来てくれなきゃ死んでたかな。▼
まさか偵察任務で、
あんな大軍にぶち当たるとはね……。▼

≪選択≫

[カトリーヌ]
ははは、任務のことより、
アタシの体の心配をしてくれるのか?▼
[カトリーヌ]
いや、威力偵察のつもりだったからね。
敵の戦力がわかりゃ任務は成功だよ。▼

≪共通≫

[カトリーヌ]
……あれ、先生。
そういや、何でここにいるんだ?▼

≪選択≫

[カトリーヌ]
ふうん……そういうとこだよな、
アンタが仲間に慕われてんのはさ。▼
このご時世、誰しもが自分の事で
手一杯だってのに……。▼
アンタのそういう優しいとこ、
レア様と重ね合わせて見そうになるよ。▼

≪選択≫

[カトリーヌ]
ああ、もちろん。レア様の優しさのおかげで
アタシはここにいるんだから。▼
王国のお尋ね者だったアタシが、ここまで
生きてこられたのはレア様のおかげさ。▼

≪選択≫

[カトリーヌ]
先生には話したことなかったか?
アタシは王国貴族カロン家の生まれでね。▼
その頃は“雷獄のカサンドラ”なんて名で
呼ばれて、それなりに名も売れてたんだ。▼
それが、国王殺しに絡むゴタゴタで、
あらぬ罪を着せられちまって……。▼
王国から逃げ出してきたアタシを、
レア様が匿ってくれたんだよ。▼

≪選択≫

[カトリーヌ]
昔はアタシも士官学校の生徒でさ。
そん時の縁を頼ったっていうか……。▼
生徒時代にもレア様に助けられてね。
まあ、たいした話じゃないんだが……。▼

《カトリーヌ×セテス支援C未満》

[カトリーヌ]
何があったのかよく覚えてないんだが、
とにかく瀕死の大怪我を負っちまってさ。▼

《カトリーヌ×セテス支援C達成後》

[カトリーヌ]
課題で魔物退治に出たはいいが、
返り討ちにあって死にかけてさ。▼

《共通》

[カトリーヌ]
そん時に、レア様がアタシのことを
介抱してくれたんだ。▼
自分が汚れるのも構わず、血と泥にまみれて
倒れてたアタシを抱き起してくれてね……▼
それ以来、アタシにとってレア様は、
女神様も同然になったってわけ。▼
その想いは今も変わらないんだが……▼
レア様の事を考えてると、なぜだか
アンタの顔も浮かぶようになってね。▼
困ったことに、アタシの中でアンタの存在が
日に日に膨らんでいるらしいんだよ。▼

≪選択≫

[カトリーヌ]
おや、そう思ってくれるのか?
なら、アタシもこの現状を受け入れるか。▼
これからもアンタを観察しといてやるよ。
レア様に報告するためじゃなくて……▼
アタシが、アンタを見ていたいから、ね。

シャミア

支援C

[シャミア]
よ、先生。
調子はどうだ。▼
随分、生徒にも慕われているな。▼

《選択》

[シャミア]
そう愛想が良くも見えないのに意外だよ。▼
[シャミア]
フ……その自信ありげな態度も、
様になっているよ。▼

《共通》

[シャミア]
ま、あんたの実力は確かだし、
不思議というほどほどじゃないか。▼
最初は懐疑的だったが、教師に抜擢した
上の判断は間違っていなかったんだろ。▼

《選択》

[シャミア]
私があんたの立場なら、
相手の正気を疑うな。▼
ま、結果良ければすべて良し、だ。▼
[シャミア]
そこまで言うか。
底が見えん奴だな、あんたは。▼
ま、結果良ければすべて良し、か。▼
[シャミア]
間違いだったとしても、
結果良ければすべて良しだ。

《共通》

[シャミア]
……しかし、あんたが傭兵上がりなのは、
いまだ信じられん。▼
私も子供の頃から傭兵だったが、
あんたみたいに軍師の真似はできないし……▼
王族や貴族と付き合うなんて、
肩が凝りそうでご免だ。▼

《選択》

[シャミア]
ああ、そうだ。
家が貧しくてな。▼
口減らしのため家を出た。
傭兵を選んだのは、実入りが良いからだ。▼
自分に向いた仕事ではあったが、
偉そうな貴族に雇われる必要があるのがな。▼
[シャミア]
ああ、傭兵をやっていると、
たいていの雇い主は貴族だ。▼
命を懸ける分、実入りは良いが、偉そうな
連中の相手は勘弁してほしかったな。▼

《共通》

[シャミア]
その点、セイロス騎士団はいい。
偉そうな貴族を殴っても問題にならん。▼
……冗談だ。
だが良い契約相手なのは確かだよ。▼

《選択》

[シャミア]
私はセイロス教徒じゃない。
騎士団の中じゃ、例外中の例外だ。▼
レアさんに拾われたから、
その恩に報いるために騎士でいる。▼
やっていることは、
傭兵の延長みたいなもんだが……。▼

《外伝「剣であり盾たる騎士団」クリア前》

[シャミア]
ま、もしかしたら、
あんたと仕事することもあるかもな。▼

《外伝「剣であり盾たる騎士団」クリア後》

[シャミア]
この前、デアドラに行ったように、
あんたと仕事することも増えるかもな。▼

《共通》

[シャミア]
騎士団には風変わりで、
えらく強い連中が揃っているが……▼
あんたはすぐに抜きん出てくるだろ。▼
恐ろしくもあるが、興味も湧く。
あんたのその行く末に、な。▼

支援B

[シャミア]
この前の戦い、助かったよ。
あんたがいると楽だ。▼

《選択》

[シャミア]
私のほうが助かっているぞ。
全部あんた任せでいいからな。▼
[シャミア]
ああ、楽だ。
全部あんた任せでいいからな。▼

《共通》

[シャミア]
戦場に立つ身として、
どうなんだそれはとも思うが……▼
あんたの判断に間違いはないと、
不思議と信じられる。▼

《選択》

[シャミア]
わからん。▼
心当たりがないわけじゃないが……
いや、気のせいだな。▼
[シャミア]
それは私が判断しても同じだ。▼
結果の成否はともかく、その時点では
あんたの判断が最善だと思えるって話さ。▼

《共通》

[シャミア]
それに最近は、あんただって、
私が迷いなく従う前提で指示しているだろ。▼
この状況でそれを言うか、みたいな
無茶な指示を平気でしてくるからな。▼

《選択》

[シャミア]
謝る必要はない。
頼られるのは嬉しいさ。▼
[シャミア]
言うな、あんた……。
まあいい、頼られるのは嬉しいさ。▼

《共通》

[シャミア]
しかし、私の見立てどおりだったな。▼

《紅花の章》

[シャミア]
あんたは今じゃ皇帝直属軍の指揮官として、
最も重要な軍を預かる身だ。▼

《紅花の章以外》

[シャミア]
あんたは今じゃ対帝国の指揮官として、
大軍を動かす立場だ。▼

《共通》

[シャミア]
士官学校で生徒たち相手に、
教師をやっていた日々が懐かしい。▼
くくっ……そのせいで、
今もあんたは皆から「先生」呼びだからな。▼
いったいどこに指揮官のことを先生と
呼ぶ軍があるんだか……くふふふっ!▼

《選択》

[シャミア]
悪い、少しつぼに入った。▼
[シャミア]
あんたは根っからの先生、か。▼

《共通》

[シャミア]
いや、あんたといると
退屈しないでいい。▼
戦争に負けてフォドラに取り残されたが……
あんたと出会えただけで釣りが来る。▼
おや、何だ、その顔。
言っていなかったか?▼
私は10年前に帝国軍に敗れた、
ダグザの傭兵だ。▼
傭兵にとっちゃ、敵も味方もない。
今はこうしてあんたらに雇われる身さ。▼
変わらず頼ってくれよ。
いいな?▼

支援A

[シャミア]
もう10年になる……。
そろそろ吹っ切れてもいいか?▼
いや、愚問だった。
お前の答えはわかっている……。▼

《選択》

[シャミア]
誰かと……まあそうだ。
ずっと昔に死んだ奴とな。▼
[シャミア]
少し、想っていただけだ。
ずっと昔に死んだ奴をな。▼

《共通》

[シャミア]
気になるか?
まあ、戦友だよ。ダグザの傭兵時代の。▼
10年前の帝国軍との戦争で、
あえなく死んだ奴さ。▼
最近、よく思い出すんだ。▼

《選択》

[シャミア]
ああ、あんたのせいだ。▼
いや、厳密にはあんたのせいじゃないが……
あんたがあいつに似ているからだ、な。▼
何というか、雰囲気がそっくりなんだよ。▼
喋り方も、あんたはフォドラ、あいつは
ダグザの言葉を話していたってのに……▼
不思議と同じに感じる。
なぜかは知らんが。▼
おかげで私はいつも、
失った過去を懐かしんでいるよ。▼

《選択》

[シャミア]
謝るな。
あなたは悪くないだろ。▼
[シャミア]
まあ、そうだろ。
あんたが悪いわけじゃない。▼

《共通》

[シャミア]
いい年して乙女みたいに
想い出に浸っている私のほうが問題だ。▼
……だが、何事も初めては
記憶に残りやすいもんだろ?▼
やれやれ……
この話はやめよう。▼

《選択》

[シャミア]
過去じゃなく、未来の話でもするか。▼
[シャミア]
さあな。
私には多くの場所がある。▼

《共通》

[シャミア]
あんたの居場所は、
すでにそこと定まっている気がするが……▼
私はどこで何をするやら。▼
[シャミア]
そろそろただの仕事じゃなく、
これと居場所を決めるべきなのかもな。▼
少なくとも、私は自分で……
そうしたがっている気がするよ。▼
ま、ダグザを出て、ブリギットを辿り、
フォドラを渡り歩いて、ここまで来た。▼
どこへ行こうと、それなりに
やっていける気がするよ。▼

ツィリル

支援C

[ツィリル]
……あ、いた。▼
先生って、いつもウロウロ歩いてるから
捜すのが大変なんですよね。▼

《選択》

[ツィリル]
いえ、別にアナタは悪くないけど。
今日はたまたま用事があったから。▼
[ツィリル]
はい、用がなければ、
わざわざ捜したりしません。▼

《共通》

[ツィリル]
今日の夕方、執務室に来るように
レアさまから言われていたでしょう?▼
レアさまの言伝で、今日は都合が
悪くなったから、明日にしたいって。▼
じゃ、伝えましたからね。
……あ、セテスさんを見ませんでした?▼

《選択》

[ツィリル]
困ったな。セテスさんにも、同じ話を
伝えなきゃいけないんだけど……。▼

《選択》

[ツィリル]
ううん、ボクが自分で伝えます。
見かけたら、ボクに教えてください。▼
[ツィリル]
ううん。でも、見かけたら、
ボクに教えてくれると助かります。▼

《共通》

[ツィリル]
ボクは厩舎にいますから。当番の子が
来る前に、飼い葉の準備をしないと。▼
厩舎にいなければ、北の森の入り口かな。
丸太を置きっ放しにしてるんです。▼
早く運んで薪割りをしとかないと、
そろそろ足りなくなる頃だから……。▼
で、それが終わったら、回廊の掃除が
あるから、その辺を捜してくれれば……▼

《選択》

[ツィリル]
ダメだよ。これはボクの仕事なんだから。
他の人にはやらせたくないんです。▼
それに、先生なんかに手伝わせたら、
レアさまに叱られるかもしれないし……。▼
……何でかは知らないけど、レアさま、
先生のことを気に入ってるみたいだから。▼

《選択》

[ツィリル]
そうだよ。
……別にいいけどさ。▼
とにかくボクは、レアさまがくれた仕事を
自分でちゃんと全部やりたいってだけ。▼
じゃ、セテスさんを見かけたら、
ボクに教えてくださいね。▼

《選択》

[ツィリル]
え?
……それもそうか。▼
じゃあ、セテスさんに会ったら、
ボクが捜してたって伝えてください。▼
そしたら、ボクを捜すのは先生じゃなくて
セテスさんになるでしょ?▼
うん、良い考え。じゃ、そういうことで。
よろしくね、先生。▼
[ベレス]
………………。

支援B

[ツィリル]
綺麗に、綺麗に……。▼
あ、ここにもゴミ……。▼

《選択》

[ツィリル]
……先生か。大聖堂はセイロス教にとって
大事な場所だから、念入りに掃除しないと。▼
修道士の人たちも掃除はしてるけど、
目立つところしか綺麗にしないんです。▼
細かいところは、
ボクが目を光らせておかないとね……。▼

《選択》

[ツィリル]
え? 別に信じてませんよ。
女神さまのこともよく知らないし。▼
レアさまも、いつか興味を持ったらでいい
って言ってたから。▼
でも、レアさまが大事にしてるものは、
ボクも大事にしたいし……。▼
レアさまが綺麗にしておきたいって場所は、
ちゃんと綺麗にしてあげたいんです。▼
先生だって、そう思わないの?
あんなにレアさまに気に入られてたのに。▼

《選択》

[ツィリル]
先生、レアさまがどれだけ偉い人か、
ちゃんとわかってますか?▼
フォドラ中のたっくさんの信徒のために、
毎日、一生懸命、お祈りしてたし……▼
すっごく忙しいのに、信徒の相談も
できるだけ聞いてあげてたし……▼
ルミール村で親を亡くした子供たちだって、
ほっとけないからって教団で引き取って……▼
とにかく、レアさまは優しいんです。▼
信徒の人たちみんなのお母さんみたいな。
だから、みんなにも慕われてて……。▼

《選択》

[ツィリル]
……やっぱり、知らなかったんですね?▼
[ツィリル]
……先生がレアさまのことを、
どれだけ知ってると言うんですか?▼

《共通》

[ツィリル]
先生はボクなんかよりも、レアさまに
気に入られてたかもしれないけど……▼
レアさまのことは、ボクのほうが
たくさん知ってるんですからね。▼
ここでは、ボクのほうが先輩なんですから。
偉そうにしないでほしいな。▼

《選択》

[ツィリル]
え? ……そっか、偉そうにはしてないか。
じゃあ、いいですけど。▼

支援A

[ツィリル]
……ふう、今日は忙しかったな。
やっと休める……▼
……あ、先生。▼

《選択》

[ツィリル]
先生も。今日はみんな忙しそうでしたね。
流石にボクもちょっと疲れたかも。▼
そういえば、食事もまだなんだった。
まだ料理は残ってるかな……。▼

《選択》

[ツィリル]
わ! いいの?
ありがとう、先生!▼
もぐもぐ……美味しいね、これ!▼
[ツィリル]
何でこんなもの持ってるの?
……遠慮なくもらっとくけど。▼
もぐもぐ……
お腹空いてると、何でも美味しいね。▼

《共通》

[ツィリル]
……ふう、お腹が落ち着いたら
眠くなってきちゃった。▼
もう食堂寄らないで寝ようかな……。▼

《選択》

[ツィリル]
他人のこと言えないでしょ、先生は。
誰より頑張ってるくせに。▼
それにボクは、
これくらい全然苦じゃないですから。▼

《銀雪の章EP.19 終了以前》

[ツィリル]
いつかレアさまが戻ってきた時、5年前と
変わらない修道院で出迎えてあげたいんだ。▼
ボクの仕事は、全部そのためだから……
忙しいほど、やりがいがあるんです。▼

《銀雪の章EP.19 終了後》

[ツィリル]
むしろ、忙しいのが嬉しいんです。
ボクの仕事は全部、レアさまのためだから。▼
働いた分だけ、レアさまの役に立てる。
役に立てれば恩返しになるでしょ?▼

《共通》

[ツィリル]
だから、もっと働きたいくらいです。
……まあ、今日はもう寝たいけど。▼
あ……先生、もしかして
ボクのこと変な奴だって思ってますか?▼
いっつも、レアさまレアさまって。
フォドラの人でもないのに。▼
他の人たちからも、そんなふうに
思われてるかもしれないなあ。▼
でも、ボクは別にパルミラに未練はないし、
レアさまには本当に感謝していて……▼

《選択》

[ツィリル]
……え?
そう思ってくれるの?▼
……そっか。
ありがとう、先生。▼
ボクはここしか居場所がないから、
認めてもらえると、凄く安心します。▼
あ……先生みたいな人を、
「うつわがおおきい」って言うのかな?▼
いつも周りのみんなを気にかけてるし、
ボクみたいな奴まで認めてくれて……▼
レアさまも凄いけど、先生も凄いよ。▼
良かったら、また話し相手になってね。
今日はもうダメ……眠くて……ふああ。▼
おやすみなさい、先生……。▼

支援S

(女神の塔)

[ツィリル]
先生……?▼

《選択》

[ツィリル]
星を……見てたんです。今までは忙しくて、
夜空を眺めたりとかしてなかったんですけど。▼
もう、やることもないし……。
ボクは、これからどうしたらいいのかな。▼

《蒼月の章・銀雪の章(レア支援A以上)*1

[ツィリル]
もっとレアさまのために働きたかったけど、
レアさまが許してくれなかったんです。▼
もう恩返しは十分だから、これからは
自分のために生きなさいって……。▼

《翠風の章・銀雪の章(レア支援A未満)》

[ツィリル]
レアさまが死んじゃったから……、
ボク、ここにいる理由がもうない気がして。▼

《選択》

[ツィリル]
レアさまがボクに居場所をくれて、
レアさまのために働いてきて……▼
それがずっと続くと、思ってたから、
今更、どうしたいって言われても……。▼
他に帰る場所もないし……
もちろんパルミラにも……▼

《選択》

[ツィリル]
……でも、何をすればいいんでしょうか。
やることもないのに、いられません。▼
[ツィリル]
……どこに行って、何をすればいいのか、
ボクにはまったく見当もつきません。▼

《選択》

[ツィリル]
やりたいこと……。▼
レアさまのために働くことが、
ボクのやりたいことの全部だったから……▼
そうやって、誰かのために働くことしか、
ボクにはやっぱり、できそうにありません。▼
ねえ、先生……。もし、先生が
許してくれるなら、これからは……▼

《選択》

(ベレスが指輪を出す)
[ツィリル]
え……何、これ? 指に、はめるの?▼

《選択》

[ツィリル]
うん……。
ピッタリ、だけど。▼
何で、これをボクに?▼

《選択》

[ツィリル]
え!? 逃げられないって……
これ、呪術の道具か何かなの?▼
逃げ出したら……ボク、死んじゃう?
何で、そんな……。▼
じゃあもう、ここにいるしか……。
……ここにいて、いいんですか?
(ベレスが頷く)
[ツィリル]
じゃあ、ここにいます!
先生の役に立てるように頑張って働きます!▼
やっぱりボク、そういう生き方が
性に合ってると思うし……。▼
逃げたら、死んじゃうし……?▼
(ベレスが頷く)
[ツィリル]
でも、この指輪、簡単に外せそう……。▼

《選択》

[ツィリル]
ううん、外しません。これを付けていれば、
ここにいる理由になる……そうでしょ?▼
(ベレスが頷く)
[ツィリル]
……ありがとう、先生。ボク、アナタのこと
大好きになっちゃったみたいです。▼
……ずっと前から、好きだったけど。▼
ふふ、明日もここにいられると思ったら、
安心して眠くなってきちゃった……ふああ。▼
今日はもう寝ます。
先生も、ゆっくり休んでくださいね。▼
おやすみなさい、先生!
また、明日ね!▼

レア

支援C

[レア]
あなたをここに招き入れるのは、
初めてだったでしょうか。▼
……緊張する必要はありません。
さあ、もっと近くへいらっしゃい。▼
この部屋にいるのは大司教ではなく、
ただのレアなのですから。▼

《選択》

[レア]
ふふ……良い子ですね。▼
[レア]
まあ、可愛い子ですね。▼

《共通》

[レア]
あ、ごめんなさい。
つい子供扱いしてしまって……。▼
あのジェラルトの子供だから、
他人のような気がしないのです。▼
ねえ、あなたはジェラルトから、
私の話をどんなふうに聞いていましたか?▼

《選択》

[レア]
まあ……薄情なジェラルト。▼
では、これから深く
知り合っていくことにしましょう。▼
[レア]
ジェラルトの言いそうなことですね。
けれど、必要に迫られて、なのですよ。▼
大司教という地位に求められるのは、
冷徹な判断や、厳格な言動なのですから。▼
今の私は怖くはない……と思うのですが。▼
[レア]
それは本当ですか? ジェラルトの口から
そんな言葉が出るとは思えませんけど。▼
私に対して気遣う必要はないのですよ、
ベレス。▼

《共通》

[レア]
ふふ、折角なので、あなたにも私の知る
ジェラルトのことを教えましょうか。▼
その様子では、彼が修道院にいた頃の
話はほとんど聞いていないのでしょう?▼
ジェラルトと出会ったのは、彼がまだ若く、
髭も生えていない頃でした……。▼
とある戦地で、セイロス騎士団と共に
彼が所属する傭兵団も戦っていました。▼
その時、騎士団に同行していた私を庇って、
彼は瀕死の重傷を負ってしまったのです。▼
必死に治療したかいもあって、
ジェラルトは一命を取り留めました。▼
私は彼をガルグ=マクで療養させ、
回復したのちに騎士団へ誘ったのです。▼

《選択》

[レア]
この話はほとんどしたことが
ありませんから……▼
大修道院でも知る者はごくわずかですよ。▼
私にとって、あなたは……
命の恩人の子。▼
それと同時に……▼

《選択》

[レア]
……いえ、たいした話ではありません。私は
あなた自身をも信頼しているということ。▼
あなたがこうして私に
会いに来てくれるだけで……▼
私の気分も晴れやかになるのですから。▼

支援B

[レア]
ベレス……!
よく来てくれました。▼
あなたが私のもとを訪れてくれたこと、
本当に嬉しく思います。▼
このところ、あなたに避けられているような
気がしていたので……▼

《選択》

[レア]
それを聞いて、安心しました。▼
[レア]
やはり、そうでしたか。▼

《共通》

[レア]
今、こうして二人で話す機会を得られて、
少し気持ちが軽くなった気がします。▼
うふふ、大司教ともあろう者が、
と笑ってくれていいのですよ。▼

《選択》

[レア]
存外、意地の悪いところがあるのですね。
そういえば、ジェラルトもそうでした……。▼
[レア]
まあ……! いいのですよ、私が勝手に
気にしていただけのことですから。▼
ですが……ありがとう。
あなたは優しい子ですね。▼

《共通》

[レア]
ところで、体の調子はどうですか。▼
天帝の剣を持つようになってから、
何か困ったことなど起きていませんか?▼

《選択》

[レア]
良かった……伝承の多い遺産ですから、
あなたに何か変調がないかと心配でした。▼
[レア]
いえ、伝承の多い遺産ですから、
あなたに何か変調があってはと思って。▼

《共通》

[レア]
……本当に、何もありませんか?
胸が苦しいとか、夢見がおかしいとか……▼

《選択》

[レア]
もし何かあれば、すぐに教えてください。
英雄の遺産に関わることかもしれません。▼
[レア]
不思議な夢を……?
英雄の遺産に関わる何かかもしれません。▼
[レア]
奔放で乱暴なところのある幼い少女の、
幻を見る、と……?▼
……心当たりはありませんが、もしかしたら
英雄の遺産に関わる何かかもしれません。▼

《共通》

[レア]
何かあれば遠慮なく相談に来てください。
私はあなたの支えになりたいのですから。▼
ふふ……あなたが教師として
皆を立派に導いているのを見ると……▼
自分のことのように嬉しいのです。▼

支援A

[レア]
待っていましたよ、ベレス!▼
さあ、あなたの顔をもっと見せて。
美しく煌めくその瞳を。▼
私とよく似た、
風薫る空のような髪を……。▼
[ベレス]
……!?▼
[レア]
ああ……ごめんなさい。
私としたことが、我を忘れてしまうなんて。▼
あなたが女神の力を授かったあの時以来、
二人になる機会がなかったものですから。▼
……気を悪くしましたか?▼

《選択》

[レア]
それならば、また次の機会も、
同じようにさせてください。▼
そうして、私たちの絆を、
もっと強くしていきましょう。▼
[レア]
ベレス!?
いったいどうしたのですか?▼
私は嬉しいのですが……
あなたらしくないのではありませんか?▼
いくら私たちの絆が強くなっていても、
節度を持って付き合わなくては……。▼
[レア]
そ、そんな!?
……いえ、ごめんなさい。▼
いくら私たちの絆が強くなっていても、
節度を持って付き合うべきでしたね……。▼

《共通》
《選択》

[レア]
ええ、そうです。
神祖に連なる者としての絆です。▼
ベレス、
あなたが女神から力を授かったように……▼
私もまた女神から加護を受けました。
遠い遠い、過去のことです。▼
あなたと私は異なる存在ですが、
その根源では、繋がっているのですよ。▼

《選択》

[レア]
ふふ……そうは言っても
わからないことも多いでしょう。▼
ですが、真実は自ずと明らかになります。▼
[レア]
今はまだわからぬことも多いでしょう。
ですが、真実は自ずと明らかになります。▼

《共通》

[レア]
また新たな変化があれば、
私を頼ってください。▼
それに……セテスやフレンも、
必ずあなたの力になってくれるはずです。▼
ベレス、あなたに……
女神ソティスの加護があらんことを。▼

支援S

(女神の塔)

[レア]
……空の上にいる母と、話していました。▼
こうして一命をとりとめたことを、
果たして喜んで良いのか、と……。▼

《選択》

[レア]
私のあの姿を見ても、
あなたはそう言ってくれるのですか……?▼
ありがとう……。あなたのその言葉だけで、
救われたような心地です。▼
ベレス……、
フォドラの未来は、あなたに委ねます。▼
あなたが新たな指導者として立つことを、
皆も望んでいることでしょう。▼

《選択》

[レア]
私にはもう、
人々を導く資格などありません。▼
私は、フォドラの平穏を守るためとはいえ、
偽りの歴史を語り、信徒を欺いてきました。▼
そのうえ、母に会いたいという個人的な
願望のために大司教の地位を利用した……。▼
こうした私の愚かな行いが、先の戦争に
繋がったのだとすれば、私は……▼

《選択》

[レア]
………………。▼
私は、生きていても良いのでしょうか。▼
ベレス、あなたに過酷な運命を
強いたのも、私なのですよ……?▼
大きな手……いつの間にか、
こんなにも逞しくなっていたなんて……▼
時のよすがが私の下にあなたを手繰り寄せ、
運命があなたと私を結びつけた。▼
私が、あなたを教師として迎え、
あなたがそれに応えてくれた時から……▼
この結末は、決まっていたのでしょう。▼
いえ……このような言い方は、
あなたに失礼ですね。▼

《選択》

[レア]
ええ、あなた自身が下した数多の決断が、
今という時を形作っているのですから。▼
本当に、感謝しています。▼
赤き谷の惨劇以来、
私は孤独の中で生きてきました。▼
その孤独を埋めたくて……
神祖復活という忌避に手を染めてしまった。▼
私は、あなたに神祖となってほしかった。
お母様に、抱き締めてほしかった。▼
ですが、もういいのです。
あなたさえ、側にいてくれるのなら……。▼
(指輪の絵)
[レア]
ベレス、これを……
この指輪を、受け取ってくれますか。▼
私と、これからの生涯を、
共に歩んでほしいのです……。▼

《選択》

(ジェラルトの指輪)
[レア]
ベレス、
あなたも指輪を……?▼
嬉しい……。
こんなにも幸福な日が訪れるなんて。▼
これも、神祖ソティスの……
お母様のお導きなのでしょうか。▼
あなたがフォドラの新たな指導者として、
安寧の世の永続を望むならば……。▼
私も、この命が続く限り、
あなたの治世を支える覚悟です。▼
この先どんな困難が待ち受けていようとも、
私たちの絆が……いえ、愛があれば……▼
必ず、乗り越えられると信じています。▼
私たちの愛で、
フォドラの未来を、光あるものに……▼

ソティス

支援S

[ベレス]
………………。▼

《選択》

[ベレス]
………………。▼

《選択》

[ベレス]
………………。▼
(ソティスが現れる)
[ソティス]
……なーにが、すべてはこれからだ、じゃ!▼
[ベレス]
……!?▼
[ソティス]
おぬし! おぬしおぬしおぬし!
独りで格好つけて黄昏おって!▼
どうせわしの存在なぞ、
すっかり忘れておったのであろう!▼

《選択》

[ソティス]
じゃが、いつでもおぬしと共におる、
とも言うたぞ?▼
それとも欠片も残さず消えてなくなって
しまったほうが良かったか?▼
ふん、おぬしが寂しそうにしておるから、
こうして戻ってきてやったのじゃ!▼

《選択》

[ソティス]
痩せ我慢するでないわ、おぬし!
素直に甘えればいいものを……。▼
[ソティス]
そうじゃろう、そうじゃろう。
ま、わしがおるから泣くでないぞ。▼

《共通》

[ソティス]
しかし、良くやったのう。▼
もちろん、おぬしを信じて、
おぬしと一つになったわけじゃが……▼
ここまでのことを成すとは、
まったく予想外じゃったわ。▼
一度、死にかけたしのう。▼

《選択》

[ソティス]
さあ、どうかのう?
わしもよく覚えておらぬわ。▼
[ソティス]
危なかった、ではないわ。
ほんにおぬしはのん気なのじゃから……。▼

《共通》

[ソティス]
ま、終わり良ければすべて良し、
ということじゃな! はっはっは!▼

《選択》

(ベレスが指輪を出す)
[ソティス]
!?
何じゃ、それは。▼
いや指輪なのはわかっておるが、
誰に渡すつもりで用意したんじゃ、おぬし。▼

《選択》

[ソティス]
ほほう……って、そんなわけがあるか!▼
(ソティスが後ろを向く)
[ソティス]
……いや、まさか、わしの想いが深層で
こやつの行動に影響して……ううむ……。▼
これでは……わしがこやつと
契りたいと思うほど……▼
……こやつのことを好いておる
ということになるではないか!▼

《選択》

(ソティスが振り返る)
[ソティス]
お、おぬし!?
聞いておったのか!?▼
……そう、じゃ。
ああ、そうじゃ!▼
わしはおぬしを好いておる!
恋い焦がれて、心を燃して、想うておる!▼
じゃから、まあ……
この指輪はわしが受け取ってやろう。▼

《選択》

[ソティス]
そうじゃ。何しろ、わしとおぬしは
心の奥深くで一つに繋がっておる。▼
これはもう、一生を添い遂げる相手、
みたいなものじゃろう。▼

《紅花の章以外》

[ソティス]
おぬしの胸のうちにある石は、
もはや飾りじゃ。▼

《紅花の章》

[ソティス]
おぬしの胸のうちにある石は、
もはや砕け散った。▼

《共通》

[ソティス]
わしはおぬしの本当の心の中に、
存在しておるのじゃ。▼
[ベレス]
………………。▼
[ソティス]
ほれ、疾くせんか。▼

《選択》

[ソティス]
うむ? わしに渡したつもりで、
自分の指にでもつけておけばよかろう。▼
わしとおぬしは離れようがないからのう。
わかっておるか?▼
いついかなる時も、何が起ころうとも、
誰よりもおぬしの近くに、おるのじゃ。▼
わしはおぬしを想うておる。
おぬしがわしを想うておるのもわかる。▼

《選択》

(一枚絵:ソティス)

[ソティス]
そうじゃな。
もはやわしらの間で隠し事はできん。▼
おぬしが滅びる時が、わしの滅びる時。
世の終わりまで、共に旅しようぞ。▼
ふふふ、楽しいのう、おぬし。▼
ずっと話せなんだから、言いたいことが
溜まっておるのじゃ。▼
(暗転)
[ソティス]
まずはあれじゃ、おぬし。
わしが前に言うておったじゃろう……▼
あれほど……らぬと……
……ったく……いつまで……▼

(最後の台詞のボイスがフェードアウト「あれほど油断してはならぬと言ったのに、まったくおぬしという奴はいつまで経っても成長……」)

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



*1 エクストラから銀雪の章の会話を見た場合、レア支援A未満扱いになるので注意。

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-01-06 (土) 12:25:05
[広告] Amazon.co.jp