[広告]

会話集/修道院会話

12章 争覇の幕開け

仮設陣地

散策開始時

今節は仮設陣地で進軍の準備を整えます。
そのため、使える施設に制限があります。
仮設陣地の出入り口で「戦闘へ」を選ぶと、
戦場へ出撃します。

エーデルガルト

師、信じているから

[エーデルガルト]
私たちは、本軍と合流し、
ガルグ=マクを攻略する。▼
あそこは険峻な地にある要害な上、
一度も戦場になったことがないの。▼
だから、情報が少ないけれど……持て得る
力をすべて費やしても攻め落とすわ。▼

《選択》

[エーデルガルト]
もちろん、数字の上では絶対に勝てるだけの
戦力を用意している。▼
ただ……もし数字を超えるような、
人外の、獣の力との戦いになれば……▼
その時は貴方が頼みの綱になるわ。
(せんせい)、信じているから。▼
もちろん、黒鷲遊撃軍(シュヴァルツァアドラーヴェーア)の指揮のほうも、
頼んだわよ。▼

(2回目以降)

[エーデルガルト]
もちろん、数字の上では絶対に勝てるだけの
戦力を用意している。▼
ただ……もし数字を超えるような、
人外の、獣の力との戦いになれば……▼
その時は貴方が頼みの綱になるわ。
(せんせい)、信じているから。▼
もちろん、黒鷲遊撃軍(シュヴァルツァアドラーヴェーア)の指揮のほうも、
頼んだわよ。▼

ヒューベルト

貴殿が頼りですからな

[ヒューベルト]
生徒をまとめるのは、皇帝ではない。
そう、先生、貴殿が頼りですからな。▼

《青獅子・金鹿の学級からスカウトした生徒がいる時》

[ヒューベルト]
特に、国を離れ帝国に味方しようという
者には、心の支えが必要でしょう。▼

《共通》

[ヒューベルト]
貴殿が、皆の心の支えとなるのです。▼
エーデルガルト様が敷いていく道、
その道を皆が突き進める道しるべに……▼
貴殿にはなってもらいたいものですな。
これは私の、心からの願いです。▼

フェルディナント

先生、教えてくれ……

[フェルディナント]
……エーデルガルトに父のことを聞いた。
宰相を罷免、帝都で軟禁されていると。▼
確かに父は、欲深く強引なところもあった。
あったが……▼
それでも帝国のために尽力してきたはずだ。
この仕打ちは、あまりにも……。▼
先生、教えてくれ。
私はどうすれば良いと言うのだ!▼
次のエーギル公として、ただ彼女に従い、
戦いに身を投じるべきなのか!?▼

リンハルト

はあ……

[リンハルト]
前皇帝は、僕の父をはじめ主要な貴族たちに
権力を奪われてましたから……▼
皇位継承がすんなりいったのが、
信じられませんでしたよ。▼
けど、よくよく聞いたら、カスパルの父も、
僕の父も、エーデルガルト派らしくて。▼
軍務卿と内務卿が味方についたら、
軍事と財政を押さえたも同然ですからね。▼
いつの間にか、しっかり準備を
してたんですねえ……。はあ……。▼

カスパル

危なかったぜ

[カスパル]
危なかったぜ。あそこで修道院に残る
選択をしてたら、親父が敵に回ってた……。▼
いや、親子の絆がとかじゃないんだよ。
本気で恐ろしい相手なんだ、オレの親父。▼
まだ魔物のほうがいいくらいって言うか……▼
……親父はオレたちとは別で、
西側に軍を動かすらしい。▼
王国軍と一戦交えるのか? どこまでの
連中が、教団の味方をするんかな……。▼

ベルナデッタ

あたし、どうすれば……!?

[ベルナデッタ]
引き籠もる部屋がなくなっちゃった……!
お家に帰りたいです!▼
あっ、そういえば、
ヒューベルトさんに聞きました。▼
あたしの父、失脚したらしいです。まあ、
反フレスベルグで好き勝手やってましたし。▼
……あれ? そしたら父はずっと
お家にいるってこと……!?▼
絶対にお家に帰りたくないです!
もうここにいるしかないじゃないですかあ!▼

ドロテア

あのエーデルちゃんがねえ

[ドロテア]
あのエーデルちゃんが、
皇帝になって挙兵、ねえ……。▼
もちろんいつかは皇帝になるとは
思ってましたけど……▼
改めて考えると、驚きですよね。
戦争になって、勝てるのかしら……。▼

《選択》

[ドロテア]
ええ。それに、同じ学校で学んだ人たちと
戦うかもしれないのも……。▼
[ドロテア]
敵はセイロス騎士団なんですよ。
でも、先生なら何とかしちゃいそう……。▼

(2回目以降)

[ドロテア]
あのエーデルちゃんが、
皇帝になって挙兵、ねえ……。▼
もちろんいつかは皇帝になるとは
思ってましたけど……▼

ペトラ

わたし、後悔しません

[ペトラ]
かつて、帝国、ブリギット、
戦争、しました。▼
わたし、今、帝国、協力する、
決めています。▼
皮肉な選択、ですが、
わたし、後悔しません。▼
先生と、エーデルガルト様、
信じる、決意、しましたから。▼

フェリクス

覚悟はしていた

[フェリクス]
……まあ、こうなる覚悟はしていた。▼
親父殿と……そしてあの猪とも、
いずれ袂を分かつことになるだろう、とな。▼

アッシュ

僕は……真実が知りたい

[アッシュ]
やっぱり僕は、ロナート様や義兄さんを
殺した、セイロス教団を信じられません……▼
……納得できないんです。
僕は……真実が知りたい。▼
たとえ、ファーガスに
剣を向けることになっても……。▼
もしもロナート様が生きていたら、
喜んでくれたはず……。▼

シルヴァン

やっちまった……

[シルヴァン]
ああ、クソッ、やっちまった……。
帝国につくなんて、父上、何て言うかな……▼
それから殿下……絶対怒ってるだろうなあ。
あの人、怒ると滅茶苦茶怖いんだぜ……?▼
俺、どんな殺され方するんだろうなあ……。
想像しただけで足が竦んじまう……。▼
けど……他でもない、あんたの決断だ。
俺はついていきますよ……最後までね。▼
はは、俺、どうしちまったんでしょうねえ。
怖くて怖くて仕方ねえはずなのに……。▼

メルセデス

きっと女神様なら……

[メルセデス]
……きっと女神様なら、
こうしろって仰ったと思うのね~?▼
今のセイロス教団は、女神様が望まれた
ものではない、そんな気がして……。▼

アネット

あの、先生……

[アネット]
あの、先生、あたし……。▼
あたし……他の誰を敵に回しても、
父さんと戦うのだけは、絶対に嫌……。▼
だけど、教団が何か変だっていうのは
何となくだけど……わかる気がするし。▼
それに何より……先生が決めたことだから。
あたしは、先生についていきます。▼

イングリット

父に伝えなければ……

[イングリット]
……私、ガラテア領に戻って、帝国方に
つくよう父を説得してみようと思います。▼
きっと……いえ、絶対に、
父は聞き入れてくれないと思います。▼
それでも、家を存続させるためには
これしかないのだと……伝えなければ。▼

ローレンツ

これでクロードとは……

[ローレンツ]
帝国に味方したことについては、
父も理解を示してくれるだろう。▼
もともと、グロスタール家は、
帝国と敵対する意志はなかったのでね。▼
だが、これでクロードとの対立は
避けられなくなったな。▼
それに関しては残念だよ……
一応は級友だったのでね。▼

ラファエル

オデのことは気にしなくていいぞ

[ラファエル]
別にオデのことは気にしなくていいぞ。
妹の村さえ無事なら文句はねえんだ。▼
オデはさ、同盟領に住んでたってだけで、
同盟諸侯に仕えてたわけじゃねえからなあ。▼
それに、先生が選んだ道なら、
たぶん間違いねえだろ?▼

イグナーツ

ボクも腹をくくりますよ

[イグナーツ]
まさか、こんなことになるなんて……。
数節前までは想像すらしていませんでした。▼
だけど、先生を信じるって決めた以上は
ボクも腹をくくりますよ。▼
どれだけ役に立てるかわかりませんけど、
逃げ出したりはしませんからね。▼

リシテア

頼りにしてますからね、先生

[リシテア]
紋章ばかりを重んじるこの世界を作ったのが
セイロスの教義なら、そんなもの不要です。▼
荒療治でも最短の道を進もうとする、
彼女のやり方に、わたしは賛同します。▼
それに……万一、彼女が道を踏み外しそうに
なっても、きっと先生が止めてくれる。▼
頼りにしてますからね、先生。▼

マリアンヌ

眩しすぎます……

[マリアンヌ]
自分の理想を貫くために、
世界の半分を敵に回すなんて……。▼
今まで逃げてばかりだった私には、
エーデルガルトさんが眩しすぎます……。▼
私も……自分の力で、
少しでも世界を変えられたら……。▼

レオニー

先生も思い切ったもんだね

[レオニー]
教団を裏切って帝国につくなんて、
先生も思い切ったもんだね。▼
……詳しいことは聞いてないけど、
師匠もレア様のことは怪しんでたんだろ?▼
ま、何にせよ、わたしは先生についてくよ。
あんたを支えるって師匠と約束したからね。▼

ユーリス

何だ、不思議か?

[ユーリス]
何だ、俺がこっちについたのは不思議か?
別に無謀な賭けをしたつもりはねえぞ。▼
俺についてきてくれる大事な部下たちを、
敗戦に付き合わせるわけにはいかねえしな。▼

《選択》

[ユーリス]
……俺の読みが当たるも外れるも
俺たちや、あんたの戦いぶりにかかってる。▼
[ユーリス]
ははは、俺の読みが間違ってたら、お前が
負けるってことだぜ。……わかってんのか?▼

《共通》

[ユーリス]
まあ、騎士団が相手だろうと何とかなるさ。
ここには他でもねえ、あんたがいるからな。▼

(2回目以降)

[ユーリス]
何だ、俺がこっちについたのは不思議か?
別に無謀な賭けをしたつもりはねえぞ。▼
俺についてきてくれる大事な部下たちを、
敗戦に付き合わせるわけにはいかねえしな。▼

バルタザール

戦いに備えないとな

[バルタザール]
どうした、おれがいちゃまずいのか?
こっちのほうが面白そうだからな。▼
……いや、正直に言やあ皇帝陛下に
野望を叶えてほしいのよ。▼
そうすれば、おれの母も……▼
何でもねえ、今はこの話はよそう。
戦いにしっかり備えないといけねえしな。▼

《ユーリスがいる時》

[バルタザール]
けど、ユーリスの奴がいるってことは、
こっちが勝つのは間違いねえと思うぜ。▼

コンスタンツェ

私は……

[コンスタンツェ]
私は……何も知りませんでしたわ。
エーデルガルト様の過去も、想いも……。▼
ですが、今は違いますの。
教えていただきましたのよ。▼
激しく問い詰めたりなどしておりませんわ!
……いえ、実はしてしまいましたの。▼
そ、その……
おーっほっほっほっほっほ!▼

ハピ

どーするつもりかな

[ハピ]
ガルグ=マクを陥落させるって……
アビスをどーするつもりかな。▼
あそこでしか暮らしてけない人もいるし、
踏み荒らさないでほしいんだけど。▼

《選択》

[ハピ]
そーだよね。ガーティ……じゃなくて
陛下に頼むしかないじゃん。▼
[ハピ]
ありがと。キミからもガーティ……
じゃなくて陛下に頼んどいてよ。▼

《共通》

[ハピ]
ハピの場所も、残ってるといーな。▼

(2回目以降)

[ハピ]
ガルグ=マクを陥落させるって……
アビスをどーするつもりかな。▼
あそこでしか暮らしてけない人もいるし、
踏み荒らさないでほしいんだけど。▼

ランドルフ

武功を上げてみせる……!

[ランドルフ]
俺はランドルフ=フォン=ベルグリーズ。
まだ下級だが……一応、将の身にある。▼
わかると思うが、カスパルと同じ、
ベルグリーズ家に連なる者だ。▼
しかし、後妻の連れ子である俺の地位は、
家の中ではとても低く……▼
この戦いで何としても武功を上げ、
母や妹のために分家を興さねばならん……!▼

ラディスラヴァ

よろしくお願いいたします

[ラディスラヴァ]
初めてお目にかかります。
私の名は、ラディスラヴァ。▼
エーデルガルト様の近衛兵長を
務めさせていただいております。▼
我が主は、自分にも他人にも厳しいお方。
冷徹に見えて激情を秘めておられます。▼
それ故、誤解されることもありますが、
あなたのような方が側にいてくだされば……▼
私としても心強いです。
今後とも、よろしくお願いいたします。▼

兵士(女性)

悩みましたが……

[兵士]
……私は一介の兵士に過ぎませんが、
それでも今回の件は悩みました。▼
生まれた時から、セイロス教の教えを
当たり前のように信じてきたのですから。▼
ですが、陛下の言葉は本当でした。
大司教が、あんな姿になるなんて……。▼

兵士(男性)

誇らしい気分です

[兵士]
黒鷲遊撃軍(シュヴァルツァアドラーヴェーア)かあ……。
ちょっとかっこいい名前ですよね。▼
僕は成り行きで組み込まれただけですが、
なんとなく、誇らしい気分です。▼

兵士(男性)

ここだけの話ですが……

[兵士]
粛清された帝国貴族の中には、
ベストラ侯の名もあったと聞きます。▼
ベストラ侯はヒューベルト殿の父親です。
なのにヒューベルト殿は涼しい顔のまま……▼
ここだけの話、兵士はみんな、
ヒューベルト殿を怖がっていますよ。▼

生徒(女性)

これで良かったのかしら……

[生徒]
つい勢いでついてきちゃったけど、
本当にこれでよかったのかしら……。▼
ねえ……大丈夫よね、先生?
私、間違ってないですよね?▼
……先生が大丈夫って言ってくれたら、私、
自分を信じられるような気がするんです。▼

生徒(男性)

もう決めたよ……

[生徒]
……エーデルガルトの言うことは、
正直、どこまで信じていいのかわからない。▼
だけど、もし彼女の言葉が確かなら……
味方すべきは彼女だと、そう思ったんだ。▼
だから、僕はここで戦う。
不安だけれど……もう、そう決めたよ。▼

武器屋

武器はいらないか?

道具屋

道具は足りていますか?

鍛冶屋

武器を鍛えていくかい?

騎士団ギルド長

騎士団を雇うか?

台詞無しモブ

出撃はまだでしょうか
陛下についていきます!
負けませんよ……!

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-07-09 (土) 02:55:58
[広告] Amazon.co.jp