会話集/章別会話

ソフィアの港

出入り口

異国の商人と会話

[異国の商人]
私はこのバレンシア大陸の東にある
アカネイア大陸から来た商人です。▼
こちらでの取引が終わったので
アカネイアに帰りたいのですが……▼
どうもまた海賊どもが暴れだしたようで
腕の立つ護衛を探しているのです。▼
どうでしょう、あなたたち。
私の護衛になってもらえませんか?▼

〈護衛を引き受けますか?〉
・はい
・いいえ

(はいを選んだ場合)

[異国の商人]
おお、感謝します。▼
アカネイアへの航路は
この港を出て東へまっすぐです。▼
いつでも出発できますので
なにとぞお願いしますよ。▼

〈アカネイア航路が開きました。〉

〈ソフィアの港を出て東へゆけば
 アカネイア大陸に向かうことができます。〉

(いいえを選んだ場合)

[異国の商人]
そうですか。
困りましたね……▼
私はしばらくここにおりますので
気が変わったらおっしゃってください。▼

(再度話しかける)

[異国の商人]
護衛となって、私をアカネイア大陸に
送り届けてくれませんか?▼

フリアの港

出入り口

[異国の商人]
ここがフリア、
アカネイア大陸最北端の港です。▼
危ないこともありましたが
あなた方のおかげで▼
無事にたどり着くことができました。
ありがとうございます。▼
これは護衛の代金です。▼

〈覇者の金貨を3枚手に入れた!〉

〈バレンシア大陸に名声がとどろいた!〉

[異国の商人]
それでは、私はこれで。
また何かあったらよろしくお願いします。▼

〈異国の商人は去っていった。〉

テーベの地下迷宮

ダンジョン内

(移動中ボイス)

[アルム]
忘れられ、打ち捨てられた
ここは、かつて魔道の力にあふれていた
都市の巨大な骸。人間たちの業の残骸。
数百年にもわたる静寂を破って僕らが目指すその奥には、
なにが待っているのだろう。
[セリカ]
魔道の力に溺れ、そして滅んだ古の都市……
数百年の眠りは、その報いなのかしら。

地下1階

[1]
此処は テーベの地下迷宮
何人たりとも
この地に踏み入れることなかれ
[2]
テーベに 錬金術師フォルネウスあり
はじめは讃えられ
そして 後に恐怖される存在となった

地下2階

[1]
フォルネウスの
生涯にわたる研究は 二つあった
[2]
研究のひとつは
死者の肉体を 意のままに操る兵士とすること

地下3階

[1]
もうひとつの研究は
<完全なる生物> を生み出すこと

地下4階

[1]
我々元老院は フォルネウスに使者を出した
しかし 誰一人戻ることはなかった
[2]
議会により派兵が行われた
しかしこれもまた 誰一人として戻ることはなかった

地下5階

[1]
議会は フォルネウスを
このアトリエごと 封印することとした
[2]
たとえこの都が滅び 砂に埋もれようと
何人とも この封印を破る事なかれ
[3]
悪魔の錬金術師フォルネウスと
そのアトリエを ここに封印する

地下6階

[1]
死者の仮面の 最も重要な要素は
殻をもった虫である

地下7階

[1]
私はこの素晴らしい存在を
屍蟲と 呼ぶことにした
[2]
屍蟲を動物の死骸に乗せると
根を張り 宿主を乗っ取ることができるようだ

地下8階

[1]
ついに神竜の血を手に入れた
恐ろしい力を秘めている 実に素晴らしい

地下9階

[1]
元老院のおかげで 材料が揃う
私は 新たな生命体を生み出すことができた
[2]
始めは 小指の爪のような存在だった
80日目に 自らの血を与えた所 変化が起こった

地下10階

[1]
頭の中にこいつの声が響く
恐ろしく深い闇 破壊の衝動 私は

造られしもの撃破後

[1]
大いなる脅威は去った。▼
しかし、不穏な空気は
未だ周囲を覆っている……▼

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-27 (木) 00:43:10