会話集/章別会話

オープニング

5章 再会、そして… バレンシア暦402年 花の節
[ベルクト]
………… あいつが……▼ アルムが、 皇帝陛下の息子……?▼ リゲル帝国の 正当なる後継者?▼ ……じゃあ、俺は…… なんのためにいままで……▼ ……嘘だ……… こんなの…………▼ 嘘だ、嘘だ嘘だ嘘だ――っ!!!▼ ……っ?!▼ ここは……祭壇? 俺は、いつのまにこんなところへ……▼
[ドーマ]
……欲する者よ……▼
[ベルクト]
?!▼
[ドーマ]
力を欲する者よ……▼ ……われを求め…… 受けいれるがいい……▼
[ベルクト]
……この声は……!▼ ドーマ…… あなたがドーマ神なのか……?▼
[ドーマ]
…………▼
[ベルクト]
え…………?▼
[リネア]
ベルクトさま!▼
[ベルクト]
……リネア……▼
[リネア]
お探ししました、 ベルクトさま。▼ まさか、 こんなところにいらっしゃるなんて……▼ ベルクトさまは 教団がお嫌いでしたのに。▼
[ベルクト]
……そうだな。▼ いきなり現れた後継者に 皇帝の座を奪われ、▼ 神にでもすがりたい気分なのは たしかだな。▼
[リネア]
あ……▼ すみません、 よけいなことを……▼
[ベルクト]
…………▼
[リネア]
ベルクトさま、 どうかお気を落とさないで。▼ アルムさまは、お優しそうな方です。 きっとベルクトさまを悪いようには……▼
[ベルクト]
それがなんだというんだ!!▼
[リネア]
…………!▼
[ベルクト]
俺はアルムに勝ちたかったんだよ。 勝って、皇帝になりたかった!▼ お前を皇妃にして、 このバレンシアを手にいれたかった!▼ ……それがどうだ。▼ もはやこのリゲルすら 永遠に俺のものにはならない。▼ あいつの情けにすがって 生き延びるくらいなら、▼ 潔く処刑されたほうが まだましだ!▼
[リネア]
ベルクトさま……!▼ どうか、そんなことを おっしゃらないでください。▼ 私は……▼ 本当は、皇妃になんて なれなくてよかったんです。▼
[ベルクト]
……なんだと?▼
[リネア]
私はベルクトさまのおそばに いられれば、それでじゅうぶんなんです。▼ だから、ベルクトさまが 皇帝になれなくても、私は……▼
[ベルクト]
……リネア…… お前まで…………!▼
[リネア]
えっ?▼
[ベルクト]
そうやって笑っていたのか。 ルドルフやマッセナのように。▼ なにも知らぬ俺を 皇帝になれるはずもないと!▼ 憐れんで笑っていたのか??!!▼
[リネア]
ベルクトさま?! なにを……!▼
[ベルクト]
……ドーマよ、神よ…………▼ お望みどおり求めてやろう。 俺に力を!!▼ すべてを壊す力を俺に!! いかなる対価でももってゆくがいい!!!▼
[リネア]
きゃあぁあああああ――!!!▼

ムービー:『力の代償』

[フェルナン]
ベルクトさま! ベルクトさま……? えっ?! あ……あなたは…… まさか、リネアさまを……?! うっ! うう……ぐっ…… う……うわぁああああああ――!
[ベルクト]
クク……ハハハ…… ファーッハッハッハッハ! ファーッハッハッハッハ……

リゲル城内部

巨大な扉

[アルム]
じいさん、この扉は?▼
[マイセン]
この先は、ドーマの塔の地下にある 祭壇へとつながっておる。▼ 一度入れば、 安易に引き返すことはできぬぞ。▼ よく準備を整えておくがいい。▼

ドーマ神殿へ

[マイセン]
この先は、ドーマの塔の地下にある 祭壇へとつながっておる。▼ 一度入れば、 安易に引き返すことはできぬぞ。▼

〈この先に進むと、戻ることはできません。  先に進みますか?〉 ・はい ・いいえ

(はいを選択)

(場面切り替え:ドーマ神殿)

[セーバー]
ちっ! 魔物だらけじゃねえか。▼ あのタコ坊主、帰れっつっといて どうやって帰れってんだよ!▼
[ボーイ]
なんだと? おっさん!▼ あんた、セリカさまをおいて 本気で帰る気かよ?!▼
[セーバー]
……んなわけねえだろ!▼ 言葉のあやってやつだよ。 ガキが!▼
[コンラート]
無駄口を叩くひまがあるのなら 本気で戦え!▼ でないと、本当に ここで命を落とすことになるぞ!▼

ドーマ神殿

ダンジョン内

(移動中ボイス)

[アルム]
通路の先から、ただならぬ雰囲気が漂ってくるのがわかる。 うなじの毛が逆立つ感覚がする。 僕はこの先にあるドーマ神殿の主を恐れている。 だけど、僕たちはすすまなければならない。 この戦いを終わらせるために。

通路

[アルム]
!! みんな、とまれ!▼
[クレーベ]
どうした、アルム?▼
[アルム]
前から誰かが…… …………!▼ あれは………… フェルナン?!▼
[クレーベ]
なんだって?▼
[フェルナン]
……その声は…… クレーベか……?▼
[クレーベ]
フェルナン!!▼

(一枚絵:フェルナンを抱きかかえるクレーベ)

[クレーベ]
どうしたというのだ、 その姿は……!▼
[フェルナン]
……いいんだ。 自業自得というやつさ……▼ それより…… とうとう、ここまで来たのだな……▼ やはり、ドーマを……?▼
[クレーベ]
ああ…… それが、先代皇帝ルドルフの遺言だ。▼
[フェルナン]
そうか……▼ 皇帝は、ドーマの狂気に 気づいていたのだな……▼
[クレーベ]
狂気?▼
[フェルナン]
そうだ……▼ ドーマは、もはや神ではない。▼ ……お前…… アルム、といったな……▼
[アルム]
えっ…… 僕になにか?▼
[フェルナン]
ああ……▼ いいか、ベルクトさまに気をつけろ…… あの方はもう……▼ ……うっ……!▼
[アルム]
フェルナン!▼
[フェルナン]
アルム…… ドーマを倒してくれ……▼ 頼めるすじ合いではないのは わかっている。▼ だが、もうお前しかいないのだ……▼ これ以上、人々がドーマの力に狂わされ 悲劇をくり返さないために……▼
[アルム]
……わかった。 ドーマは、僕がかならず倒すよ。▼
[フェルナン]
ああ……頼んだぞ………… ……っ……!▼
[クレーベ]
フェルナン! 大丈夫か?▼
[フェルナン]
は…はは……おかしなものだな。 俺が、お前たちに頼みごとなど……▼
[クレーベ]
なにを言う。 私はいまでも、お前の友のつもりだ。▼
[フェルナン]
……まったく、お前は…… どこまで人がよいのだ。▼ いつもそうやって、 お前が許してしまうから▼ 俺は、謝りかたを忘れてしまった……▼
[クレーベ]
フェルナン?▼
[フェルナン]
本当はわかっていた。▼ 俺の身におきた不幸は 誰のせいでもないのだと……▼ 世が悪いというのならば、 それを許していたのは誰だ?▼ ほかならぬ自分ではないか。▼ それを俺は……自身にむけるべき怒りを 弱き平民たちにむけてしまった…………▼ 貴族として、恥じねばならんな……▼
[クレーベ]
もういい、フェルナン。▼ お前はもう じゅうぶん苦しんだではないか。▼ これ以上、自分を責めることはない。▼
[フェルナン]
そうだな…… 俺も、もう疲れてしまった。▼ 嘆くことにも、怒ることにも……▼ だが、最期にクレーベ…… お前に会えてよかった。▼ お前も、お前の選んだ王も 正しかったのだな……▼ やはりお前は…… 俺の……自慢の…………▼ ……………………▼
[クレーベ]
……フェルナン?▼ おい…… 冗談はやめてくれ。▼ 目をあけろ、フェルナン! フェルナン―――……!!▼
[クレア]
フェルナン……! 嘘ですわ、こんなの!!▼ 起きてくださいまし! いっしょにソフィアへ帰りましょう?▼ ねえ、フェルナン! なんとか言いなさいな……!▼
[クレーベ]
……クレア、もうよせ。 眠らせてやろう。▼
[クレア]
……お兄さま………… うっ……ううっ…………!▼
[アルム]
……大丈夫? クレア、クレーベ……▼
[クレーベ]
……ああ。▼ いまは感傷にひたっている場合ではない。 先を急ごう、アルム。▼
[アルム]
そうだね……▼ フェルナン、君の作った解放軍で 君といっしょに戦えたらよかった。▼ 本当に、心からそう思っていたよ。 ……さようなら……▼

セリカと再会

(一枚絵:石化したミラ)

[アルム]
あの石像は…… ミラ?!▼ 大地母神ミラなのか……?▼
[ルカ]
どういうことです? ミラが石に……▼ 神竜であるミラとドーマは ファルシオンでしか封じられないはず。▼ すると、あの額に刺さってる剣が ファルシオンなのでしょうか。▼ しかし、あれでは……▼
[セリカ]
……っ、 アルム……?!▼ そこにいるのは アルムなの?▼
[アルム]
セリカ!▼ よかった、 無事だったんだね。▼ ……セリカ、ひとりなのかい? みんなは?▼
[セリカ]
…………▼
[ジュダ]
ほう…… お前がアルムか。▼
[アルム]
お前は……?▼
[ジュダ]
わしの名はジュダ。▼ 皇帝ルドルフを倒してくれたこと、 礼をいうぞ。▼
[アルム]
お前がジュダ……!▼ 待ってろ。 お前もドーマも必ず倒してやる!▼ そして、セリカのソフィア王国を 取り戻すんだ!!▼
[セリカ]
だめよ、アルム…… そんなことをしてはだめ!▼
[アルム]
セリカ?▼
[セリカ]
ドーマがいなくなったら、 リゲルの大地も枯れてしまうのよ。▼ ソフィアと同じように 多くの人が飢えてしまう……▼
[アルム]
……! それは…でも……▼
[セリカ]
……それに……▼ もう、ドーマを倒すことは できないの。▼ ファルシオンは、ミラさまが みずからと共に封印してしまった……▼
[アルム]
なんだって……?!▼ ……それじゃあ、 僕はなんのために……▼ …………っ…… ……父さん……っ!!▼
[セリカ]
……アルム……▼
[ジュダ]
はーっはっはっはっは!!▼ アルム、アンテーゼ…… ふたつの王国の頂点に立つ者よ。▼ 人の世は終り、このバレンシアを 神の手に還すときがきたのだ!!▼ ドーマさまの統べる、 恐怖と渾沌の世界へとな!!!▼
[アルム]
そんな…… そんなことは……っ!▼
[ジュダ]
喜ぶがいい、アンテーゼ! お前はその誉れある礎となるのだからな。▼
[アルム]
?! どういう意味だ、セリカ?▼
[セリカ]
ごめんなさい、アルム……▼ もう、こうするしかないの。 仕方ないの……▼
[ジュダ]
この娘は、狂気に病めるドーマさまに その魂を捧げるのだ。▼ リゲルとソフィア、 すべての民のためにな。▼
[アルム]
なんだって?!▼ そんな……セリカ! 嘘だといってくれ!!▼
[セリカ]
アルム……!▼
[ジュダ]
ふむ…… わしとて鬼ではない。▼ 別れを惜しむ時間くらいは くれてやろう。▼ さあ、いけ!▼

(一枚絵:アルムとセリカ)

[アルム]
セリカ!!▼
[セリカ]
アルム…… ごめんなさい……!▼
[アルム]
ばかなことはやめてくれ! 君は僕が必ず助けるから……▼ だから……!▼
[セリカ]
違うの、私…… こうなることを知っていたの。▼
[アルム]
え……?▼
[セリカ]
島にいるとき、 夢を見たの。▼ アルムに、 とても辛いことがおこる夢……▼ だから私、ミラさまのお力をかりて アルムを助けたかった。▼ なのに、アルムは たくさん危険な目にあって▼ とうとうお父さままで その手で……▼ 全部知っていたのに、 なにも止められなかった。▼ アルム、あなたに なにもしてあげられなかった……!▼
[アルム]
そんな…… そんなの、セリカのせいじゃない。▼ 君が自分を責めることなんて なにもないよ!▼
[セリカ]
でも私、みんなに…… ううん、アルムに生きていてほしいの。▼ ドーマと戦ってほしくない。 死なないでほしい。▼ 私の本当の望みは、それだけ。▼
[アルム]
セリカ……!▼
[セリカ]
もう、私にできることは これしかないの。▼ ごめんなさい、アルム。▼ でもね。 私、本当はずっとね……▼ あなたのいるあの村へ 帰りたかった……!▼
[アルム]
セリカ! 待ってくれ、セリカ――!!▼

(暗転)

[アルム]
…………▼
[クレア]
アルム…… わたくしたち、 どうすればよろしいんですの?▼ 皇帝ルドルフはドーマを倒せといい、 王女アンテーゼは倒すなという……▼ それでは、わたくしたちは なんのためにここへ来たのでしょう……▼
[ルカ]
現時点でわかることが ひとつだけあるとすれば、▼ ソフィアの復興は 絶望的だということです。▼ 肝心のミラがあの様子では……▼
[ロビン]
そんな……▼ ミラもドーマも、 セリカがどうにかしてくれんだろ?▼
[グレイ]
おい!▼ じゃあお前、 セリカに死ねっていうのかよ?!▼
[ロビン]
そ、そんなつもりじゃねえよ!▼ でも、じゃあ どうしろっていうんだよ?!▼ 俺たちにできることなんて、 もうなにもないじゃないか!!▼
[グレイ]
……っ……!▼
[アルム]
……あきらめるもんか。▼
[ロビン]
えっ?▼
[アルム]
あきらめるもんか!!▼ こんなの、 僕は絶対に嫌だ。▼ ドーマを倒して、 セリカをつれて帰る!▼
[ロビン]
アルム……! で、でもさ……▼
[クレーベ]
いまの君は、ソフィア解放軍の リーダーというだけではない。▼ リゲル帝国の次期皇帝なんだ。▼ 個人的な感情ではなく、 リゲルの……▼ いや、このバレンシア全体のことを考えて 判断しなければ。▼
[アルム]
じゃあ、次期皇帝として 先代皇帝ルドルフの命にしたがうさ。▼
[クレーベ]
アルム!▼
[アルム]
個人的な感情の なにがいけない?!▼ みんな、この世界をどうにかしたくて 戦ってきたんじゃないか。▼ ひとりひとりの思いがあつまって、 世界を作り、動かす。▼ それがあるべき姿なんだ。 僕はそう思う。▼ 神の不在や気まぐれで、 たやすく崩れてしまっていいものじゃない!▼
[クレーベ]
……たしかにそうだ。 だが……▼
[アルム]
僕はもう、大事な人を失いたくはない。▼ ドーマのせいで失う人も見たくない。▼ クレーベ、君は違うのか?▼
[クレーベ]
…………▼ ドーマの支配から逃れても、 民が飢えれば世は荒れる。▼ 悪党が跋扈し、 弱い者から死んでゆくだろう。▼ それでも、それをなす覚悟が 君にはあるということか?▼
[アルム]
そうならないように、 皇帝として力を尽くす。▼ ……もちろん、まったく犠牲が 出ないという訳にはいかないだろう。▼ それくらい、 僕にももうわかるつもりだよ。▼ でも、僕はこの世界が 千年先までつづいていくのなら▼ 人が人の力で 生きてゆける世界を残したい。▼ たとえ道を誤ることがあっても、 それを自分たちの手で正してゆける。▼ そんな世界を。▼
[クレーベ]
……そうか……▼ そこまでいうのであれば、 私にも異存はない。▼ あなたに従おう、 ルドルフ二世陛下。▼
[グレイ]
まあ俺も、ドーマやさっきのタコ坊主に へつらって生きていくくらいなら▼ 腹が減ってるほうがましだな。▼
[ロビン]
俺は…… どっちだろう。▼
[グレイ]
お前、そこはそうだっつっとけよ!▼
[ロビン]
だって、俺はいいけど 弟や妹がさあ……!▼
[ルカ]
そうなったら、 私も畑を耕しますよ。▼
[ロビン]
ええっ?! ルカは貴族さまじゃないか。▼
[ルカ]
そのような世で 貴族も平民もありません。▼ 私は、ドーマに支配されるのも 飢えるのも、まっぴらごめんです。▼ 枯れた大地を耕せといわれれば 耕しましょう。▼
[クレア]
わたくしもやりますわ! 前からやってみたかったんですの。▼ みんなでがんばれば、 生きていけるくらいの糧はできますわよ。▼ 絶望するには まだ早いのではなくて?▼
[アルム]
そうだね…… 僕もやるよ!▼ 畑仕事はけっこう得意なんだ、 まかせてくれ!▼
[クレーベ]
やれやれ…… 鍬をもつ皇帝か、前代未聞だな。▼

(ホワイトアウト)

[アルム]
?! なんだ……?▼

(一枚絵:光るミラの石像)

[アルム]
ミラの石像が光ってる……▼
[クレーベ]
どういうことだ? ミラは封印されたのではなかったのか?▼
[アルム]
……僕を…… 呼んでいるのか……?▼
[クレーベ]
アルム?▼
[アルム]
いこう! みんな。▼ ミラが僕を呼んでいるんだ。 なにか手があるのかもしれない。▼ どこか、この祭壇に 入れる場所をさがすんだ!!▼

ドーマへの生け贄

[セリカ]
…………▼
[ジュダ]
さあ、アンテーゼよ。 ドーマさまがお待ちだ。▼
[セリカ]
待って。▼ その前に、ミラさまを解放して。 約束でしょう?▼
[ジュダ]
ミラを解放? どうやって。▼ ファルシオンはミラが自ら封印した。 われわれに解くことはできぬ。▼
[セリカ]
なんですって……?!▼ あなた…… 私をだましたのね?!▼
[ジュダ]
恨むなら ミラを恨むがよい。▼ ソフィアの民を捨てた 無慈悲なミラをな!!▼
[セリカ]
ミラさま……!! ……なんてことを……▼
[ジュダ]
さあ、さっさと来い!▼ なあに、嘆く必要はない。 あの小僧もすぐお前の元におくってやる。▼
[セリカ]
アルムを?!▼ やめて!! 彼にはなにもしないって 言ったじゃない……!▼
[ジュダ]
くっくっく……▼ まったく、どこまでも 愚かなやつよの。▼ さあ、ドーマさま! あなたを脅かす聖痕の運命をもつ娘です。▼ どうぞ、その魂を ドーマさまの御手に…………!!▼
[セリカ]
やめて! はなして……!▼ ……アルム……!!▼

(ムービー:セリカを生け贄に捧げるジュダ)

[ジュダ]
おお…… なんという活気……!!▼ ハーッハッハッハッハ! ドーマさまはお喜びだ!!▼ いましばらく お待ちください。▼ もうひとつの聖痕の魂も まもなくお持ちしますゆえ……!▼
[セリカ]
…………▼
[ジュダ]
アンテーゼ…… これでお前はドーマさまの 忠実な傀儡……▼ さあ、ゆけ。▼ お前の大事なミラと共に 光の届かぬ地下で朽ち果てるがよいわ!▼

ベルクト戦(祭壇の戦場)

戦闘前

[アルム]
……! あれは……▼
[ベルクト]
………… ふ…ふふふ……▼ 待ちかねたぞ、 アルム……▼ いや…… いまはリゲル皇帝、ルドルフ2世か。▼
[アルム]
ベルクト……▼
[ベルクト]
どうだ、ソフィアとリゲル ふたつの国を手にした気分は。▼ さぞかしいいものだろうな。 俺には知るよしもない……▼
[アルム]
ベルクト。 僕はそんなふうには思っていない。▼ リゲルの人たちも、いきなり僕が 皇帝だなんて認めてくれないよ。▼ でも僕は、 父さんに託されたこの国を……▼ いや、このバレンシアを守るためなら どんな苦労もいとわない。▼
[ベルクト]
…………▼
[アルム]
これから、このバレンシアは 困難な道を歩むことになる。▼ だから、ベルクト。 君も力を貸してくれ。▼ 僕よりずっと、リゲルの人たちから 信頼されているじゃないか。▼ それに…… 君は、僕のいとこなんだろう?▼ 僕に血の繋がったいとこがいたなんて 夢みたいだ!▼ 僕たち、きっと仲良くなれるよ。▼ いっしょに力をあわせて このバレンシアを――……▼
[ベルクト]
……黙れ。▼
[アルム]
えっ?▼
[ベルクト]
大人しく聞いていればよくもまあ…… 高いところから、えらそうに。▼ 力をあわせる? 笑わせるな。▼ 力はな、競うものだ! 戦わせるものなんだよ!!▼
[アルム]
……っ?! ベルクト、その姿は……!▼
[クレーベ]
フェルナンが言っていたのは このことだったのか……!▼ アルム、ベルクトはおそらく ドーマの力を得たのだ。▼ もう、われわれの知る 彼ではない!▼
[アルム]
そんな……!▼

戦闘開始時

[ベルクト]
どうだ、美しいだろう……? 俺の愛するリネアは……▼
[アルム]
……っ! なんだって?!▼ 君は…… 恋人をドーマに捧げたというのか?!▼
[ベルクト]
………………▼
[アルム]
なんてことを……▼ そこまでして、 力を得てなんになる?!▼
[ベルクト]
……俺はようやく 気づいたのだ。▼ 力は俺を裏切らない、 あざむかない……▼ 血の繋がりも、共にすごした日々も なんの意味も持たぬ。▼ この世で信じるに値するのは おのれの力だけだとな!!▼
[アルム]
…………!▼ 父さんが 君を裏切ったとでも言うのか?!▼ 違う! 父さんは、君のことを案じていた。▼ 僕よりそばにいたのに、 なぜわからないんだ!!▼
[ベルクト]
うるさい、黙れ!!▼ お前のきれいごとは 聞き飽きたんだよ。▼ さあ、リネア。 いっしょにいこう。▼ あいつを片づけたら 結婚式だ……!▼
[アルム]
ベルクト……!▼

ベルクトと戦闘

[ベルクト]
お前が……お前のせいで、 俺のすべてが……▼ ……お前なんかにっ…………!▼

ベルクトを撃破

[ベルクト]
ぐは……っ……!!▼

戦闘終了後

[ベルクト]
くっ……!▼
[アルム]
ベルクト…… 君はもう終わりだ。▼ せっかく出会えた、 僕のたったひとりのいとこ……▼ こんなことになるなんて……!▼
[ベルクト]
……はっ……▼ なにがいとこだ。 鬱陶しい……▼ さあ、 ひと思いにやるがいい。▼ これでお前は、 唯一無二のリゲル王家の末裔だ……▼
[アルム]
ベルクト……! まだそんなことを……▼
[リネア]
……ベルクトさま……▼

(一枚絵:ベルクトとリネア)

[ベルクト]
……?!▼ リネア…… リネアなのか……?▼
[リネア]
ベルクトさま……▼ たとえ王冠がなくても、 玉座や城がなくても……▼ 誇り高いあなたは いつでも私の皇帝でした……▼
[ベルクト]
……リネア……!▼
[リネア]
ただ…… そう。▼ ここが、 あなたの国ではなかっただけ……▼ さあ、いきましょう、 私たちの王国へ。▼ 私を皇妃に してくださるんでしょう……?▼
[ベルクト]
ああ……そうか。 そうだな、リネア…………▼ 神の力などに縋りついたあの時、 リネアの愛した俺は死んでしまったんだ……▼ すまない、リネア…… ……さあ、今度こそいっしょに……▼
[アルム]
ベルクト……!▼
[ベルクト]
……アルムか…… これを……▼
[アルム]
これは…… 指輪?▼
[ベルクト]
俺の母の形見だ…… なにかの役には立つだろう……▼ ……ぐっ……!▼
[アルム]
ベルクト……!▼ 嫌だよ、こんなの。 僕をひとりにしないでくれ!!▼ いっしょにリゲルを立て直そう。 父さんの話も聞かせてくれよ……!▼
[ベルクト]
……まったく…… どこまでも甘いやつだ……▼ ……アルム……▼ どうかこのバレンシアを…… 神の地ではなく……人の地に……▼ 人が……もう二度と…… 神の力に踊らされることのない世界に……▼ お前なら……きっと………… ………………▼
[アルム]
……ベルクト…… ベルクト!!▼ なんでだよ、 どうしてこんな……▼ 父さんも、君も…… せっかく会えたのに…………!▼ うっ……ううっ…… ………………▼

ドーマ神殿(ベルクト戦後)

宝物庫到着時

[アルム]
ここは……?▼
[クレア]
ええと…… 宝物庫のようですわね。▼ ”王家の者以外、立ち入るべからず” ですって。▼
[アルム]
宝物庫……▼ そういえば、ファルシオンは本来 ここに安置されていたんだったね。▼
[クレア]
そうですわね。▼ まあ、いまはミラさまの 額の上ですけど……▼ いずれにせよ、 もう用はありませんわね。▼
[グレイ]
そんなのわからないだろ。▼ お宝っつったって、 ファルシオンだけじゃないだろうしさ。▼ なんか残ってるかもしれないぜ。▼ なあ、アルム?▼
[アルム]
そうだな……▼

(ホワイトアウト)

[アルム]
……っ?!▼ 聖痕が…… 光ってる?▼
[グレイ]
アルム?▼
[アルム]
……なんだか胸騒ぎがする。 いってみるよ。▼
[グレイ]
あっ、おい! 待てって……▼ うわあっ!▼ な、なんだこれ? 入れないぞ?!▼
[クレア]
……どうやら、本当に王家の者しか 入れないみたいですわね。▼ アルム…… ひとりで大丈夫かしら?▼

ミラと対面

[アルム]
あれは……!▼ どうしてミラとファルシオンがここに…… それに、この姿は?!▼

ムービー:『死闘A』

[アルム]
!! セリカ! 無事だったのか!
[セリカ]
ぬあああああ!

セリカとの死闘

[アルム]
うわあっ……!▼ セリカ?!▼ なにをするんだ、セリカ!▼
[セリカ]
…………▼
[アルム]
セリカ……?!▼
[ジュダ]
くっくっく…… いくら語りかけても無駄だ。▼
[アルム]
ジュダ!▼
[ジュダ]
この娘はすでに、偉大なるドーマさまに 魂を捧げたのだ。▼ 己の意思を持たぬ魔女…… 忠実なるわが傀儡よ。▼
[アルム]
な…… なんだって……?!▼ そんな…… 目を覚ましてくれ、セリカ!!
[ジュダ]
もうひとつの聖痕の魂を ドーマさまのもとへ捧げるのだ!!▼ ふたつの聖痕を持つ者が殺し合う……▼ 素晴らしい! まさにドーマとミラの神話の再現だ!!

ムービー:『死闘B』

[セリカ]
ぬあああああああ!
[アルム]
セリカ、やめてくれ!
[セリカ]
アルム……
[アルム]
!!
[セリカ]
このままじゃ私、あなたを殺してしまう だから お願い、アルム 私を殺して!
[アルム]
うわあああ……! そんなこと…… できるわけないだろう!
[ミラ]
ドーマの聖痕を持つものよ ファルシオンをその手に取りなさい
[ジュダ]
!! なんだ、いったいどうなっているのだ! ばかな! まさか封印が解けるなどと……! ひいい…… ひい! ひいいい……!!
[セリカ]
でぇええええい!
[ミラ]
ファルシオンを信じなさい
[アルム]
でやあああ! うそだろ…… こんなことってないだろう? セリカ、セリカ! しっかりしてくれ! セリカ―――!! うう……ううう…… えっ?
[セリカ]
……アルム?
[アルム]
セリカ……!

ミラの願い

[アルム]
セリカ……!!▼ よかった、セリカ…… 本当によかった……!▼ でも、どうして……?▼
[セリカ]
私にもわからないわ。▼ でも、どこからか 優しい声が聞こえたの。▼ 大丈夫、ファルシオンを信じなさいって……▼ あれは……?▼
[ミラ]
……アルム…… アンテーゼ……▼ 聖痕をもつ、運命の子らよ……▼
[アルム]
……! この声は……▼

(ミラの一枚絵)

[ミラ]
私はミラ、 あなたたちが神と呼ぶもの……▼ 兄、ドーマとともに この大地を創りしものです。▼
[アルム]
あなたがミラ…… 大地母神ミラなのか……▼
[ミラ]
そう呼ぶものもありましたね……▼ しかし、いまの私にそのような力は もう残されていません。▼
[アルム]
なんだって……?▼
[ミラ]
あなたが手にするファルシオン……▼ それは、竜の王ナーガの牙より 削りだされた、ただひとつの神殺しの剣……▼ ナーガは知っていたのです。▼ 永遠ともいえる長い歳月の果てに、 われら竜族に待つものがなんであるか……▼ それは、すべての竜族がさけられぬ狂気。 滅びゆくさだめ……▼ ゆえに、ナーガはこのファルシオンを ドーマに与えたのです。▼ いつかわれわれが狂気にとらわれ この地に大きな災厄をふりまくとき▼ 人々に、われわれを滅ぼす術を 与えるために……▼ 牙を持たぬ人々の希望となるように。▼ なのに私は……▼ 兄を守るために ファルシオンを封じてしまった……▼ 私は兄を愛していました。 兄と同じように人を愛していました。▼ どこで道をあやまったのか もう思い出せない……▼
[アルム]
ミラ……▼
[ミラ]
アルム、アンテーゼ…… 運命の子たちよ。▼ 幾多の困難を乗り越え ここへ来てくれてありがとう……▼ あなたたちのおかげで 私は人の強さを知りました。▼ 人がすでに神の手を離れ、 ひとりで歩いていることを▼ 私は認めたくなかったのかもしれません。▼ そしてそれはドーマも同じ……▼ あなたたちにファルシオンを託します。▼ 願わくはドーマがそのファルシオンにより 苦しみの淵から解き放たれんことを……▼

(ホワイトアウト)

[セリカ]
ミラさま……!▼
[アルム]
……いこう、セリカ。▼ ドーマを、僕らの手で救うんだ。▼
[セリカ]
アルム……▼
[アルム]
セリカ……▼ 君が命をかけて、僕やみんなを 守ろうとしてくれたことはわかっているよ。▼ ……でも、僕はそんなのは嫌だ。▼ 君ひとりを犠牲にした世界で 僕が幸せになれるわけないだろう?▼
[セリカ]
……アルム……!▼ ごめんね、 ……ごめんなさい……▼
[アルム]
あやまらないで、セリカ。▼ 僕には君が必要なんだ。 君のその優しさが。▼ 戦うことでしか前に進めない僕に 大事なことを教えてくれる。▼ だから 僕といっしょに戦ってくれないか?▼ 僕の、僕たちの力を信じてほしいんだ。▼
[セリカ]
……アルム……▼ そうね、 ミラさまのおっしゃったとおり▼ 私たちには生きる力、 そのために戦う力があるはずだわ。▼ 私も、それをどこかで 信じることができなかった……▼ でもいまは信じられる。▼ アルムを信じるように、 人を……みんなを信じるわ。▼
[アルム]
うん。 僕も信じてる。▼ 僕たちはこんなところで 終わったりはしない。▼ この大地から神が去っても、 世界が千年の先まで続くことを……▼ さあ、いっしょにいこう!▼

最後の扉

セリカと会話

[セリカ]
気をつけていきましょう。▼

ドーマの祭壇

戦闘前

[メイ]
ああっ、 セリカさま?!▼
[セリカ]
みんな……!▼ よかった、 無事だったのね。▼
[メイ]
セリカさま……! よかった、また会えて。▼ ジュダの魔法で 変なところに飛ばされちゃって▼ 魔物に囲まれて 大変だったんですよ!▼ でも、どこからか 不思議な声がして……▼ その声を追いかけてきたら ここについたんです。▼
[セリカ]
そう…… きっと、ミラさまだわ。▼
[ジュダ]
こんな…… こんなことがあっていいものか。▼ ファルシオンの封印が 解かれるなどと……▼ ミラめ、兄であるドーマさまを 裏切るというのか……!▼
[アルム]
見つけたぞ、 ジュダ!▼ もうお前の好きにはさせない。 覚悟しろ!!▼
[ジュダ]
アルム…… この、ルドルフの小倅め。▼ 親子そろって、 ドーマさまに仇なす痴れ者どもが!▼
[セリカ]
ジュダ! どうしてわからないの?▼ ドーマは狂っている。 もう人々に害しか与えないのよ。▼ それが、神竜のさだめなの。▼
[ジュダ]
黙れ、小娘! 知ったような口をきくでない。▼ 人に害をなすからとて それがなんだというのだ。▼ 神の力なくして バレンシアの民は生きてはゆけぬ。▼
[アルム]
ちがう!▼ もう僕たちは、 神の手を離れて歩いていけるんだ。▼
[ジュダ]
愚かな…… そのようなことができると思うか。▼
[セリカ]
できます!▼ 私たちは、それを証明するために ここまで来たのです。▼
[ジュダ]
たかが人の子が 思いあがりおって……!▼ おもしろい、 ならば示してみよ。▼ 人の子の力とやらをな!!!▼

ユニットセレクト時セリフ

  • アルムとセリカ以外のユニットの最初の選択時にそれぞれ以下のセリフを発言する。

アルム軍セリフ

[ルカ]
人と神との戦いですか…… おや、なかなか燃えますね。▼
[グレイ]
俺がなにをどうするかは 俺に決めさせてくれってこった。▼
[ロビン]
俺には友達がいるから…… 神さまなんていなくても、きっと平気だ。▼
[クリフ]
力、力ってうるさいな……▼ そんなに好きなら、 あんたに食らわしてやるよ。▼
[エフィ]
私とアルムが住む世界に、 あなたなんていらない……▼ あなたなんていらないのよ!!▼
[シルク]
ミラさま……▼ あなたの思いは、私の中に。 必ずドーマを解放します!▼
[クレア]
神の力にすがって生きるなど わたくしの美学に反します。▼ お引き取りくださいませ!▼
[クレーベ]
狂った神に頭を垂れて生き永らえるのなら 私は人として、誇りある死を選ぼう!▼
[フォルス]
弱き民を不当に支配する力なんて、 僕は崇めない。▼ そんなものは、神でもなんでもない!▼
[パイソン]
力がすべてとか、そういう暑っ苦しいの 俺いっちばん嫌いだわ。▼
[リュート]
お前の精霊の声は禍々しい…… こんな魔道なら、俺はいらない。▼
[マチルダ]
なにを神と崇めるかは 私が決めること。▼ 少なくとも、お前たちではないな。▼
[デューテ]
神さまなんていらないよお。 ボク、強いもーん!▼
[ティータ]
私とジークが生きてゆく世界…… あなたの好きにはさせないわ!▼
[ジーク]
ルドルフ陛下……▼ 陛下の本懐、このジークが 必ずや遂げてみせます!▼
[マイセン]
わが友、ルドルフの名にかけて…… この戦い、負けるわけにはいかん!▼

セリカ軍セリフ

[メイ]
セリカさまをひどい目にあわせて…… もう許さないんだからね!!▼
[ボーイ]
あんたたちのやり方、 気に入らねえんだよ。▼ 理由なんて、それでじゅうぶんだ!▼
[ジェニー]
わたし…… こんな怖い神さま、いや。▼
[セーバー]
そりゃあ成りゆきだけどよ、 ここまで来たんだ。▼ お嬢ちゃんの願い、 最後まで果たさせてやるぜ。▼
[バルボ]
力でこの世を支配だと……? お前ら、海賊と変わらねえよ。▼ そんなもん、許しちゃおけねえな!▼
[カムイ]
あんたらに関わっちまったのが 運の尽きだったのかねえ……▼ まあいいや。 最後まで付き合うぜ。▼
[レオ]
やあねえ。 力、力って、野蛮なんだから。▼ そんな世界、なんの潤いもないじゃない。 つまんないわ。▼
[パオラ]
偉大な神竜の力でも ひとつあやまれば悲劇になるわ。▼ 私たちはそれを知っている…… 見過ごすわけにはいかないのよ!▼
[カチュア]
この世界は、竜の力に 翻弄されるためにあるんじゃないわ!▼
[アトラス]
俺は、こんな世界のために 戦ってきたわけじゃねえんだよ!▼ お前ら……まとめてぶっ倒してやる!!▼
[ジェシー]
力と恐怖でこの世を支配って…… いまどき流行らないよ、そんなの。▼ 楽しく生きなきゃ意味ないでしょ?▼
[ディーン]
力と恐怖の支配する世界……▼ 興味がないわけではないが、 お前たちに従うのはごめんだな。▼
[ソニア]
ああもう…… あんたってやつはどこまで……▼ どこまで、 なにもわかっていないのよ……!!▼
[エスト]
私たちの世界は私たちが作るの。 アカネイアでも、バレンシアでもね!▼
[ノーマ]
ドーマ神よ、 あなたはもうじゅうぶん生きた……▼ 若い者には、希望ある世界を 残したいのじゃ。▼
[コンラート]
ドーマ神……われらの始祖よ。 これは慈悲だ。▼ 偉大な神にふさわしい 誇りある最期を!▼

DLCキャラセリフ

[エマ]
難しいことはよくわかりませんけど……▼ あたしたちは絶対にあなたには負けません!▼
[ランド]
誰が世界を支配しようと、 俺には関係ない話なんだが……▼ あんたらの下じゃあ楽しく無さそうだ。 だから、邪魔させて貰うぜ。▼
[ユズ]
世界を支配するなど……傲慢な。▼ 高潔な精神を伴わぬ力など愚の骨頂! 今から私たちがそれを教えてやる。▼
[シェイド]
私たちは成り行きで仲間になった 異邦人ですけれど……▼ あなたたちがいない方がいいってことは、 はっきりわかりますわ。▼

マーラと戦闘

[マーラ]
悪い子ね……▼ どうしてお父さまのいうことを 聞かないの……?▼

マーラを撃破

[マーラ]
そんなに…… お父さまが……きらい……?▼ そう…… しかたのない子…………▼

ヘステと戦闘

[ヘステ]
ずるいわ……ソニア……▼ あなたばっかり、 好きなようにして……▼

ヘステを撃破

[ヘステ]
ああ…… ……そうね……▼ 私も、好きなように 生きれば……よかった…………▼

ジュダと戦闘

[ジュダ]
ドーマさまに従え!! その力にひざまづくのだ!!!▼

ジュダを撃破

[ジュダ]
ああ…… ……こんな……ばかな……▼ ドーマさま…… ……ドーマさま…………!!▼

ドーマと戦闘

[ドーマ]
力こそすべて…… 力こそ……力こそが…………▼ われを求めよ…… 力を求めるのだ…………!!▼

ドーマを撃破

[アルム]
ここまでだ、ドーマ……!▼ ベルクト、フェルナン、ミラ。 そして父さん……▼ ほかにもたくさん、 お前の力に翻弄され、消えた人たちがいる。▼ もう悲劇を繰り返したりはしない!▼
[セリカ]
神竜、ドーマよ。 あなたには感謝しています。▼ あなたとミラさまがなければ、 このバレンシアはなかった。▼ 私たちがこの世に生まれ、 喜びや悲しみを知ることもなかったわ。▼ だからこそ、もうこれ以上 自分も私たちも傷つけないで。▼ 偉大な魂に安らかな眠りを……!▼
[アルム]
うおおおおおおお!
[ドーマ]
もう、よかろう…… 勇者アルムよ、すべてをお前に託す…… われら兄妹の意思を受けつぎ このバレンシアを治めるのだ…… ドーマの強さと ミラの愛をもって人を正しく導け。 われらのあやまちを ふたたび犯してはならぬ。 そしてもう二度と われらの眠りを妨げてはならぬぞ……

エピローグ

→エピローグ

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-08 (水) 10:19:48