会話集/章別会話

オープニング

→4章 悲しみの大地

国境

戦闘前

[ルカ]
アルムくん、
進撃準備が整いました。▼
報告によると、この先の森に
リゲル軍が待ちかまえています。▼
指揮官は、
あのベルクト将軍だそうです。▼
[アルム]
ベルクト将軍……▼
さすが、
国境の守りは万全ってことか。▼
[ルカ]
ええ。
でも、行くしかありません。▼
[アルム]
ああ……▼

(マップ表示)
(視点切り替え:ベルクト軍)

[ベルクト]
待ちかねたぞ、アルム。▼
[アルム]
ベルクト……!▼
[ベルクト]
ほう……
なかなかの兵の数だな。▼
寄せあつめの解放軍ごときが
ずいぶんと立派になったものだ。▼
[アルム]
…………▼
[ベルクト]
だが、少々
思い上りが過ぎるようだな。▼
このリゲルの地を
侵そうなどと……▼
下賤の輩が、
ソフィアの王にでもなったつもりか!?▼
身の程を知るがいい!▼
[クレーベ]
違う!!▼
[フェルナン]
クレーベ?▼
[クレーベ]
私は、ずっとそばで
アルムの行いを見てきた。▼
彼は私たちの王にふさわしい、
勇敢で寛大な戦士だ。▼
私はやっと気づいたのだ。▼
王となる資格は
生まれで決まるものではない。▼
なにを思い、
なにを憂い、▼
そして、なにを行うかで決まるのだ!▼
[フェルナン]
クレーベ、貴様……!▼
ソフィア貴族の誇りを捨て、
平民に屈するというのか!?▼
……もう貴様は
俺の知るクレーベではない。▼
ここで叩き斬ってくれる!▼

ムービー:『英雄たちの戦い』

(解放軍と対峙するリゲル軍)

[解放軍兵士]
準備が整いました。
[アルム]
わかった。

(一呼吸置くアルム)

[解放軍兵士]
アルムさま?
[アルム]
あ、いや。大丈夫だ。
みんな、いこう!
皇帝ルドルフを倒し、この戦いを終わらせるために!
そして、ソフィアを守るために!
[解放軍兵士達]
ソフィアのために!
[アルム]
突撃だー!

(アルムを先頭に、解放軍たち坂を駆け降りる)

[解放軍兵士達]
うおおおおおおお!
[フェルナン]
動きました!
[ベルクト]
ふん……
迎え撃て! やつらにリゲルの大地を踏ませるな!

(リゲル軍突撃)

(解放軍とリゲル軍が激突)
(アルム、リゲル兵を次々となぎ倒す)
(ベルクトとフェルナン、アルムに突撃する)
(決着つかず、再度構える)
(互いに攻撃を仕掛けるカットでムービー終了)

ベルクトと戦闘

[ベルクト]
リゲルの地を汚す
侵略者どもめ……▼
せめてもの情けだ。
ここで散るがいい!!▼

ベルクトを撃破

[ベルクト]
ぐっ……▼
ばかな、
この俺がまたしても……!▼

フェルナンと戦闘

[フェルナン]
ソフィアの面汚しどもめ……
ここで果てるがいい!!▼

フェルナンを撃破

[フェルナン]
ぐあっ……!▼
なぜだ、なぜ俺が
こんなやつらに勝てぬのだ……!▼

戦闘終了後

[ベルクト]
くそっ……▼
[アルム]
ベルクト……
君は強い、それは認めるよ。▼
だからこそ、
いまここで君を討つ!▼
[ベルクト]
……まさか、
これに頼ることになろうとはな……▼

(ベルクト、鏡を割る)

[アルム]
えっ?▼
[ロビン]
う……
うわぁあああっ!!▼
な、なんだよこれ、
アルム――っ!!▼
[アルム]
どうしたんだ?!
みんな!!▼

(一枚絵:解放軍を襲う無数の手)

[解放軍兵士]
ひいぃいいーっ!
た、助けてくれ……!▼
[アルム]
なんだ、これは?!
地中から手が……▼
これも魔道なのか?▼
[ルカ]
いえ、違います。
魔法の攻撃がききません!▼
これは、
われわれの知る魔道とは別の……▼
うわあっ!▼
[アルム]
ルカ!!▼
どうしよう、
このままじゃみんなが……▼
ベルクト!
いったい何をした?!▼
[ベルクト]
……おぞましい……
これがドーマの力か。▼
[アルム]
なんだって……?!▼
[ベルクト]
……いや。
もうじき死ぬお前が知る必要はない。▼
[アルム]
待て、ベルクト!
くっ……▼
こんなところで
僕は終わるのか……?!▼
君にまた会うこともできずに……
……セリカ……!▼

(画面が白く光る)

[アルム]
えっ……?▼
[ロビン]
お、おい。
いまなんか光ったぞ?▼
[アルム]
セリカのお守りが……
セリカ、君なのか?▼
お願いだ、セリカ。
僕を、みんなを助けてくれ……!▼

(ホワイトアウト:一枚絵消える)

[ベルクト]
なっ……
ドーマの術が消えただと?!▼
貴様、いったい何をした!さんかく
[アルム]
……わからない。
ただ、大切な人に祈っただけだよ。▼
[ベルクト]
……はっ!
なにを甘いことを。▼
お前のようなやつに
この俺が、俺が……っ!▼
[フェルナン]
ベルクトさま!▼
術は破られましたが
やつらに追撃する力はありません。▼
この隙に撤退するのです!▼
[ベルクト]
フェルナン……
しかし…………!▼
[フェルナン]
命あればこそ、
皇帝陛下への申し開きもできましょう。▼
さあ、お早く!▼
[ベルクト]
……くっ……!▼
[フェルナン]
………………
あれがドーマの力だというのか……?▼
あのようなもの用いたとて、
なんの誇りも持てぬではないか。▼
リゲル帝国……いや、ドーマ教団は
何をするつもりなのだ……▼

(視点切り替え:アルム軍)

[ロビン]
いっちまった……
いいのか? アルム。▼
[アルム]
ああ……▼
これ以上追っても
お互い消耗するだけだ。▼
[ロビン]
しかし、すげえよなあ。
さっきの……▼
アルム、
どうやったんだ?▼
[アルム]
僕にもわからないんだ。▼
夢中で、セリカのお守りに
祈っただけで……▼
だから、きっとセリカが
助けてくれたんだよ。▼
[ロビン]
ふうん……▼
じゃあ、こんど会ったら
お礼言わなきゃな!▼
[アルム]
うん……▼

(マップ切り替え:リゲル城)
(物が割れるSE)

[ベルクト]
ちくしょう!!!▼
なぜだ、
なぜ俺はアルムに勝てないんだ?!▼
あんな平民に
なぜこの俺が二度も……!!▼
[リネア]
ベルクトさま……!▼
落ちついてくださいませ、
ベルクトさま。▼
私は、ベルクトさまがご無事ならば
それで……▼
[ベルクト]
うるさい!
お前になにがわかる?!▼
[リネア]
……っ……
ベルクトさま……▼
[ベルクト]
……俺は、幼いころから
ただ強くなることだけを求めてきた。▼
それが俺の
高貴なる者としての義務だと。▼
そう教えられてきたんだ。
父上にも、母上にも……▼
その俺が寄せあつめの平民どもに
負けるなど、あっていいものか!!▼
あのような卑劣な奴の手まで
借りたというのに……▼
俺はまだ甘いというのか……!?▼
[???]
……われを求めよ……▼
[ベルクト]
!?▼
[???]
力を欲する者よ……
……われを求めるがいい……▼
[ベルクト]
なんだ、この声は……?▼
だれだ、貴様は?!▼
[リネア]
ベルクトさま?!
どうなさったのですか……?▼
[ベルクト]
……お前には
聞こえないのか……?▼
いまの声はいったい……▼

リゲルの森

戦闘前

[アルム]
この森は
どこに通じているんだ?▼
[クレーベ]
ああ、この先は恐山という
ドーマ教団の妖術師、ヌイババの地だ。▼
皇帝の居城、リゲル城へは
西のリゲル平野が本来の道のりなので▼
あえてゆく必要もないのだが……▼
[ルカ]
私は進軍を提言しますよ。
アルムくん。▼
[アルム]
ルカ……
どうして?▼
[ルカ]
情報によると、
恐山のヌイババ……▼
そして、リゲル平野を治める
ジェローム将軍。▼
このふたりは、領民たちに圧政をしき
非常に反感をまねいています。▼
そこで、侵略者である
私たちが彼らを討てば?▼
リゲルの民を味方につけることが
できるかもしれませんよ。▼
[アルム]
なるほど……▼
[ルカ]
まあ、貴重な戦力を
削ぐことにもなりかねません。▼
どうしてもとは言いませんが……
どうか、ご一考を。▼
[アルム]
ああ。
よく考えてみるよ。▼

サイゾーと戦闘

[サイゾー]
わが名はサイゾー。▼
貴様らに恨みはないが
これもわが主の命、悪く思うな。▼

サイゾーを撃破

[サイゾー]
わが命運、
ここに尽きたか……▼
申し訳ありませぬ……
ルドルフ……さま…………▼

戦闘終了後

[クレーベ]
アルム、どちらへ進むか決めたのか?▼
[アルム]
うーん、そうだな……▼
[セリカ]
……アルム…………▼
[アルム]
えっ?▼
[クレーベ]
どうしたんだ、アルム?▼
[アルム]
いま、セリカの声が
聞こえたような……▼
[クレーベ]
セリカ?
城で会った、あの神官の少女のことか。▼
いや、なにも聞こえないが……▼
[セリカ]
アルム…………
ここにきて、アルム……▼
[アルム]
やっぱり、セリカの声だ!
あっちか?▼
[クレーベ]
あっ……▼
待ちたまえ、アルム!▼~
(暗転)
[アルム]
セリカ!
どこだい、セリカ!!▼
[セリカ]
……アルム……
うれしい、来てくれたのね……▼~
(画面中央にセリカ?が現れる)
[アルム]
セリカ?!▼
なんだこれは……
幻……?▼
[セリカ]
そう……▼
私はいま、ヌイババの館に
捕えられているの。▼
[アルム]
なんだって?!
ヌイババに……?▼
[セリカ]
助けて、アルム。
私、待ってるから……▼
ずっと、ずっと……
あなたが来てくれるのを…………▼
[アルム]
あっ……
待ってくれ、セリカ!▼
…………▼
いまのは……
本物のセリカなのか……?▼

(マップ切り替え:ヌイババ館)
(一枚絵:水晶玉を持つヌイババ)

[ヌイババ]
うふふ……▼
さあ、どうするの?
運命の子。▼
国境では捕まえそこねたけど、
今度こそ手にいれるわ。▼
まったく、あのベルクトときたら……
使えない王子さまだこと。▼
まあいいわ。
もうじきすべて私のものになるのだから。▼
聖痕をもつ運命の子……
ジュダなんかに渡すものですか。▼
あの魂さえあれば、
私は不老不死も夢ではないわ。▼
うふっ、
うふふふふっ………!▼

恐山

戦闘前

[マーラ]
まあ……▼
ドーマさまに逆らうなんて
なんて悪い子なんでしょう。▼
おしおきしなくちゃね……▼
[アルム]
あなたも魔女なのか……▼
目を覚ましてください!
あなたは操られているんです。▼
[ルカ]
無駄です、アルムくん。▼
ドーマに魂を捧げた魔女は
死ぬまで正気にもどることはありません。▼
[アルム]
そんな……!▼
[マーラ]
…………▼

マーラと戦闘

[マーラ]
うふふ……
お姉さまが子守唄を歌ってあげる。▼
いい子でおやすみなさい……▼

マーラを撃破

[マーラ]
あら……▼
どうしていうことを聞かないの?
困った子ね……▼

恐山のほこら

ダンジョン内

(移動中ボイス)

[アルム]
奥から吹き付けてくる生暖かい風と、不気味なうなり。
死者の国から響くのは、生をもとめるものたちの声だろうか。
ここは恐山のはらわた。バレンシアでもっとも深い場所。

ヌイババ館

戦闘前

[ナレーション]
深き漆黒の闇の中に
彼らを見下ろす不気味な顔がある。
恐山の主と呼ばれ誰もが恐れおののく
伝説の妖術師ヌイババ……
魂と引きかえに得たその暗黒の呪文が
ひとたび彼女の口から発せられれば
生きとし生けるものすべてに
確実な死がおとずれる。
アルムよ、なぜ行く?
この恐ろしい山に
いったいなにがあるというのだ――


[ヌイババ]
うふふ……▼
いらっしゃい、解放軍のみなさま。
歓迎いたしますわ。▼
[アルム]
お前がヌイババか?
セリカはどこだ!▼
[ヌイババ]
セリカ?
なんのことかしら。▼
私はあなたが心に思う者の姿を見せて
この館に導いただけよ。▼
[アルム]
なんだと……
やっぱり、罠だったのか!▼
[ヌイババ]
おほほほほ……!
ああ、滑稽だこと。▼
だれもかれも、愛という幻想に惑わされ
花に群がる蝶のように私の館をおとずれる。▼
この私に、魂まで
喰い尽されるとも知らずにね……!▼
[アルム]
くっ……▼
みんな、来るぞ!!▼

戦闘開始時

[ヌイババ]
さあ、おいでなさい。
メデューサ……▼
いまこそ
私との契約を果たすときよ!▼

ヌイババと戦闘

[ヌイババ]
いらっしゃい。
可愛がってあげるわ……!▼

ヌイババを撃破

[ヌイババ]
ああ……うそよ……
この私が……!!▼

ヌイババ館内部

牢獄1

ティータと会話

[アルム]
君、大丈夫かい?▼
ヌイババはもういないよ。
僕たちが倒したんだ。▼
[ティータ]
本当ですか?
ありがとうございます……!▼
私、ジークの姿を追ってきたら
いつのまにかここに来ちゃって……▼
あの、あなたたちは?▼
[アルム]
僕たちは
ソフィア解放軍だよ。▼
[ティータ]
ソフィア解放軍?!▼
じゃあ、ソフィアが攻めてきたという話は
本当だったのね。▼
ああ、どうしよう……
助けて、ジーク!▼
[アルム]
あ、あの、
誤解しないで。▼
僕たちは、リゲルの人たちに
危害をあたえる気はないんだ。▼
もちろん、戦場で会えば
そういうわけにもいかないけど……▼
[ティータ]
えっ、そうなの?▼
……そ、そうよね。
ヌイババから私を助けてくれたんだし。▼
勘違いしてごめんなさい。
あなたたちのこと、信用します。▼
[アルム]
いや、無理もないよ。▼
君たちから見れば、
僕たちは侵略者だ。▼
[ティータ]
でも、村でいばっている兵隊たちより
ずっと感じがいいわ。▼
……そうだ!▼
[アルム]
えっ?▼
[ティータ]
あなたが、
この解放軍のリーダーですね?▼
わかります、
そんな感じです!▼
お願いがあるんです。
私の恋人のジークを助けてくださいっ!▼
[クレーベ]
いや……
すまない、お嬢さん。▼
私はリーダーではないんだ。▼
[ティータ]
えっ、
そうなんですか?▼
あ、じゃあ、あなたですね?
なんか落ちついてるし!▼
[ルカ]
ははは……
あいにく、私でもありません。▼
あのアルムくんですよ。▼
[ティータ]
えっ……▼
[アルム]
…………▼
[ティータ]
ご、ごめんなさい……▼
だって、すごく若いから
そんなわけないって思っちゃって……▼
[アルム]
い、いや。
いいんだよ。▼
それで、その恋人っていうのは……?▼
[ティータ]
はっ、そうだった!▼
あなたたち、ここから
リゲル城へむかうんでしょう?▼
リゲル平野には
きっとジークがいるわ。▼
でも、お願いだから
彼を殺さないで!▼
ジークの上官のジェロームは
すっごく嫌なやつで▼
ヌイババといっしょになって
このあたりの人々を苦しめていたの。▼
ジークは、そんなジェロームに
必死で抵抗していたわ。▼
でも、私を人質にとられて
いまはおとなしく従っているの……▼
私が助かったと知ったら、
きっとジークも自由になれるわ。▼
[アルム]
でも、そのジークもリゲル軍であることに
変わりはないだろう?▼
僕たちを攻撃してきたら
戦わないわけには……▼
[ティータ]
ジークはそんな人じゃないわ!▼
私を助けてくれたのが
あなたたちだと知ったら▼
きっとなにか、
協力してくれるはずよ。▼
[アルム]
そ、そう……▼
君がいうんだったら、
そうなんだろうな。▼
[ティータ]
ありがとう!
信じてくれて。▼
ジークのこと、
くれぐれもよろしくね。▼
そうだわ!
私もいっしょにいっていい?▼
一刻も早く
ジークに会いたいの。▼

〈ティータを仲間にしますか?〉
・はい
・いいえ

(はいを選択)

〈ティータが仲間になりました。〉

(いいえを選択)

[ティータ]
そう……
残念だけど、しかたないわね。▼
じゃあ、
ここで大人しく待ってるわ。▼
うろうろしたら、またジークに
迷惑かけちゃいそうだから……▼

(再度話しかける)

[ティータ]
えっ、なあに?▼
私もいっしょに
連れていってくれるの?▼

リゲル平野

戦闘前

[リゲル兵]
ジェロームさま、▼
間もなくソフィア解放軍が
この平野に到着します!▼
[ジェローム]
フン、来おったか。
ソフィアの田舎者どもが。▼
おい、ジーク!
ジークはどこだ!!▼
[ジーク]
お呼びですか、
ジェロームさま。▼
[ジェローム]
まもなくソフィアの連中が
この平野にやってくる。▼
迎え撃つ準備をしろ。
くれぐれも、変な気をおこすなよ。▼
わしに逆らったら……
わかっておろうな?▼
[ジーク]
…………▼

戦闘開始時

+  ティータが加入している場合
+  ヌイババの館でティータと会話をして、ティータを加入させていない場合

ジークと戦闘

[ジーク]
私とて、お前たちと戦いたくはない。
しかし……▼
……すまぬ。
悪く思わないでくれ。▼

ジークを撃破

[ジーク]
すまない、ティータ……
…………あ……▼
あなたは…………
……そうか…………▼

ジークが同盟で撃破された時

[ジーク]
すまない、ティータ……▼
……ああ、あなたは……
……そうか……▼

ジェロームと戦闘

[ジェローム]
貴様ら、いい気になるなよ……!▼

ジェロームを撃破

[ジェローム]
な、なぜだ……▼
私は貴族だ、将軍だ!
なのになぜ……お前らなどに……!▼

戦闘終了後(ジーク生存時)

[ジーク]
君がアルムか。▼
ティータのこと、
改めて礼を言おう。▼
[アルム]
ジーク将軍……▼
あなたは、この戦争に
反対していると聞きました。▼
どうか、僕たちに
協力してくれませんか?▼
僕たちは、いたずらに
戦火を広げたいわけじゃないんです。▼
[ジーク]
…………▼
その問いには、
ここでは答えられない。▼
この先に村がある。
そこで君たちを待とう。▼
では、失礼する。▼

(ジーク退場)

[アルム]
あ……▼

リゲルの村

民家1

[ジーク]
きたか、アルム。▼
[アルム]
ジーク将軍……▼
先ほどの話、
やはり難しいのですか?▼
[ジーク]
…………▼
ジェロームを討ってしまった以上、
私はもうリゲル軍にはいられないだろう。▼
しかし、だからといって
君たちに力を貸すわけにもいかない。▼
……私は、自分が何者か知らない。
過去の記憶がないのだ。▼
[アルム]
えっ……
記憶が?▼
[ジーク]
ああ。▼
わかっているのは、ひどい傷を負って
この国に流れついたということだけだ。▼
しかし、そんな私を救ってくださったのが
ルドルフ陛下だった。▼
素姓をあやしまれ投獄された私に
名前を与え、取り立ててくださった。▼
私にとっては
父親にも等しいお方だ。▼
結果的に裏切るような真似を
してしまったが……▼
君たちにつき、
陛下に仇をなすようなことはできない。▼
[アルム]
そうですか。
ルドルフ皇帝がそんなことを……▼
わかりました。
無理なことを言って、すみません。▼
[ジーク]
いや……▼
…………?!▼
ま、待ってくれ、アルム!▼
[アルム]
えっ?▼

(一枚絵表示:ジークと聖痕)

[ジーク]
アルム……
君のその、左手のあざは……?!▼
[アルム]
これですか?▼
なにかはわかりません。
子供の頃からあるんです。▼
[ジーク]
そうか……▼
ルドルフ陛下は、かつて
私にこう言われたことがある。▼
左の手に十字のあざを持つ者あらば
その者にすべてを捧げよ。▼
その者こそリゲルを……▼
そして、このバレンシアを救う
選ばれし者なり、と。▼
[アルム」]
えっ……
それは、どういう意味ですか?▼
[ジーク]
私にもわからない……▼
だが、君がそのあざを持つ者ならば
これは陛下のご意思だ。▼
アルム、
私は君に従おう。▼

〈ジークを仲間にしますか?〉
・はい
・いいえ

(はいを選択)

〈ジークが仲間になりました。〉

(いいえを選択)

[ジーク]
そうか……▼
陛下のご意思を遂行したい思いはあるが、
君がそう言うのならしかたないな。▼

(再度話しかける)

[ジーク]
私の力を君のために
使わせてくれないだろうか。▼
これは、陛下のご意思なのだ。▼

村を出る(ジークと会話した後。仲間にしていなくてもよい)

[アルム]
………………▼
[グレイ]
どうしたんだ?
アルム。▼
[アルム]
あ……うん。▼
僕のこの、左手のあざって
なんなんだろうって思って……▼
[グレイ]
ああ、あのジークが言ってた
バレンシアを救うってやつ?▼
また、すげえ使命背負わされちまったなあ。
ははっ……▼
[アルム]
そうだね……▼
[グレイ]
……え、もしかして本気にしてるのか?▼
[アルム]
いや、ええと……
信じてるわけじゃないけど……▼
でも、少なくともいまの僕らは
ソフィアを救うためには戦ってる。▼
それが、バレンシアを救うことに
つながるのかなって思ってさ。▼
[グレイ]
うーん……
まあ、そう考えりゃそのとおりかもな。▼
そういえば、セリカにもあったな。
そのあざ。▼
[アルム]
あ……▼
[グレイ]
じゃあ、セリカもこの世界を救う
選ばれし者ってことか。▼
お前たちが出会ったのも、
運命なのかもしれねえな。▼
[アルム]
運命……▼
[グレイ]
だーかーら、
いちいち本気にすんなって。▼
言った俺が恥ずかしくなるだろ!▼
[アルム]
……あっ、ごめん。
そうだよね。▼
でも、
僕とセリカの出会いが運命か……▼
それは信じたい気がするな。▼

竜の火口

ワールドマップ(ドーマの塔をクリアしていない場合)

[クレア]
あら……
なんですの、この音▼
[アルム]
これは……▼
地震だ!
みんな、気をつけろ!!▼

ワールドマップ(上記イベントの後ドーマの塔をクリアした場合)

[アルム]
道が……!▼
また崖が崩れて、
こんどは通れるようになってる……▼
[クレア]
まあ!
なんて幸運なのかしら。▼
さあ、アルム。
崩れないうちに急いで山を下りましょう。▼
[アルム]
あ、ああ……▼
[クレア]
あら、どうかしまして?▼
[アルム]
いや……▼
なんだか、できすぎのような気がして
不気味なんだ。▼
まるで、
誰かの意思のような……▼
[クレア]
ふうん……
アルムは心配性ですのね。▼
では、お先に失礼!▼
[アルム]
…………▼
なんだか、嫌な予感がする。▼
セリカ、
君は無事でいるのかい……?▼

リゲルの滝

マグナムと戦闘

[マグナム]
わが忠義にかけて
ここは通さん!!▼

マグナムを撃破

[マグナム]
……この私を倒すとは……
ほめてやろう……▼

ヘステと戦闘

[ヘステ]
なぜドーマさまに逆らうの?
わからない人たちね……▼

ヘステを撃破

[ヘステ]
……どうして……?
私はなにも悪くないわ……▼

秘密のほこら

ダンジョン内

(移動中ボイス)

[アルム]
人目をさけるかのように隠された不思議な空間。
封印された、秘密のほこら。
この場所は何のために造られたのだろう。

要塞

戦闘前

[クレーベ]
この要塞を落とせば
とうとうリゲル城だ。▼
いわば、ここはリゲル軍にとって
最後の砦……▼
死にものぐるいで
抵抗してくることだろう。▼
気をひきしめていこう、アルム。▼
[アルム]
ああ……
そうだね。▼

(戦闘マップに移行)

[スレイダー]
はっはっはぁ!
すばらしい!!▼
よくきたな、
ソフィア解放軍の諸君!▼
[アルム]
お、お前は……
スレイダー?!▼
[スレイダー]
その通り!
歓迎するぞ、アルム。▼
まったくお前には驚かされる。▼
あの田舎の村の小僧が
解放軍のリーダーとなり、▼
とうとうこのリゲル帝国まで
手に入れんとするとは……▼
いやあ、すばらしい!
これぞ英雄譚だ。▼
[アルム]
そんなことより、
なぜお前がそこにいる?▼
お前はドゼーの手下だったはずだろう。▼
[スレイダー]
それは、いまの私が
ソフィアの騎士ではないからだ。▼
[アルム]
なんだって?▼
[スレイダー]
あの腰ぬけのドゼーのせいで
お前たちに城を追われたあと▼
私はリゲルに亡命したのだ。▼
腐ってもソフィア貴族なものでね。
私の情報をリゲルは高く買ってくれた。▼
おかげでこうして、
いまや要塞の守備をまかされている。▼
[クレーベ]
スレイダー、貴様……
恥を知れ!!▼
それでも誇りある
ソフィア貴族の一員か?!▼
[スレイダー]
はっ!
誇りで腹がふくれるものか。▼
そうだ、クレーベ。
私は昔からお前が気にいらなかったんだ。▼
誇りだなんだ、
きれいごとばかりを並べやがって……▼
この世はな、正しさだけで
どうにかなるほど甘くはないんだよ!▼
[クレーベ]
なんだと……?▼
甘いのはどちらだ。
そんなことは百も承知している。▼
だが不条理にくじけ、理想を求めぬ者に
勝利などあるものか!▼
スレイダー、私たちは
決してお前に負けたりはしない。▼
確たる理想も持たず、目の前の困難から
ただ逃げ続けるお前などにな!▼
[アルム]
クレーベ……▼
[スレイダー]
うっ……▼
うるさい、
うるさいうるさいうるさいっ!!▼
この期に及んで
まだそのような……▼
いけ、お前たち!
ソフィアの連中を皆殺しにしろ!!▼
二度とあのような世迷い言を吐けぬよう、
口を切り裂いてやるがいい!!!▼

ミューラーと戦闘

[ミューラー]
これ以上、ルドルフ陛下に
近づくことはまかりならん。▼

ミューラーを撃破

[ミューラー]
……陛下……
申し訳ありませぬ……▼

スレイダーと戦闘

[スレイダー]
お前らなんか…
お前らなんかに……!!▼

スレイダーを撃破

[スレイダー]
…ちくしょうっ……
ちくしょぉおおっ……!▼

リゲル城

戦闘前

[ルドルフ]
そうか……
要塞が破られたか。▼
[マッセナ]
はい。▼
解放軍がこの城に押しよせるのも
時間の問題かと……▼
[ルドルフ]
よかろう。
ならば迎え討つまで。▼
……後のことは頼んだぞ、
マッセナ。▼
[マッセナ]
はい。
すべて陛下のお心のままに……▼
[ルドルフ]
うむ。▼

(暗転)

[ベルクト]
お待ちください、陛下!▼
[ルドルフ]
――ベルクトか。▼
[ベルクト]
陛下、なぜ私には出陣を
お許しくださらないのです?!▼
たしかに、国境では失態を演じました。
ですが、今度こそ……!▼
[ルドルフ]
……二度も同じ敵に敗れた者が
世迷い言を。▼
[ベルクト]
……っ!▼
[ルドルフ]
わがリゲル軍に無能の輩はいらぬ。
おとなしく見ておるがいい。▼
[ルドルフ]
そんな……▼
陛下、どうかご慈悲を……
陛下…………!▼
…………伯父上っ……!!▼

戦闘開始時

(視点:リゲル軍)

[ルドルフ]
リゲルの勇敢なる兵士たちよ。▼
よくぞ、ここまで
私と共に戦ってきた。▼
だが……時、すでに遅く
リゲル帝国の命運は尽きんとしておる。▼
聞け、みなのもの!▼
私が倒れることあらば
その時は、いさぎよく降伏せよ。▼
ソフィアの若き将軍は
情けあるものと聞く。▼
よいな。
命をむだにするでないぞ。▼

(視点:アルム軍)

[ルドルフ]
…………▼
[アルム]
あの人が、
皇帝ルドルフ……▼
……なぜだろう。▼
みんなを苦しめた敵のはずなのに、
憎いとは思えない。▼
むしろ、懐かしいような……
この感覚はなんなんだ?▼
[グレイ]
おい。
どうしたんだよ、アルム!▼
とうとうリゲル城に攻めこむってのに、
ぼーっとして。▼
気合いいれろよ!
そんなんじゃ、負けちまうだろ。▼
[アルム]
あ、ああ。
そうだね。▼
――よし!
いこう、みんな!▼

ルドルフと戦闘

[ルドルフ]
さあ、来るがいい……▼

ルドルフと戦闘(VSアルム)

〈ルドルフは、なぜか攻撃してこない!〉

アルムとルドルフ戦闘後

[アルム]
なぜだ……
なぜ攻撃してこない?!▼
なにを考えている、皇帝ルドルフ!!▼
[ルドルフ]
…………▼

戦闘終了後

(一枚絵:アルムとルドルフ)

[ルドルフ]
……見事だ……
わが息子よ……▼
[アルム]
なに……?!▼
[ルドルフ]
わが友、マイセンに託したのは
やはり、間違いではなかったな……▼
[アルム]
息子……
友……?▼
いったい、なんの話だ?!▼
[ルドルフ]
もはや、気づいておろう。
お前の本当の名は……▼
アルバイン・アルム・ルドルフ。▼
私の……
ただひとりの息子なのだ……▼
[アルム]
…………っ?!
僕が、あなたの息子……?!▼
う、うそだ!
なにを根拠にそんな……▼
[ルドルフ]
ぐふっ……!▼
うろたえるな、アルムよ。
いまはもう、多くを語れぬ……▼
ただ、最期にひとつだけ……
お前に頼みがある……▼
[アルム]
頼み……?▼
[ルドルフ]
ミラを封じた……
あの、聖剣ファルシオンで……▼
ドーマを……
邪神となり果てたドーマを倒すのだ……▼
……頼んだぞ、息子よ……
…………▼
[アルム]
ま、待ってくれ!
皇帝ルドルフ!!▼
あなたは本当に……
僕の、父さんだったのか……?▼
だとしたら、
……僕は……なんてことを……!▼
あ……ああ……
うわぁあああああ―――っ!!!▼

(マップ切り替え:ドーマの塔)

[セリカ]
やめて、
もうやめて……!▼
アルム……
どうしてこんなことに……▼
[ジュダ]
あの小僧は、もうじきここへ
ドーマさまを討ちにやってくる。▼
ファルシオンもないというのに
ご苦労なことだ。▼
[セリカ]
アルムがここに……?▼
お願い、アルムには
なにもしないで!▼
私の魂があれば
じゅうぶんなんでしょう?!▼
[ジュダ]
おお、ではドーマさまに
魂を捧げるというのだな。▼
[セリカ]
……はい、捧げます。▼
ドーマに、私の魂を捧げます。
だから……!▼
[ジュダ]
くっくっく……
よかろう。▼
では、来るがいい――▼

リゲル城内部

中央ホール

マッセナと会話

[マッセナ]
おかえりなさいませ、
アルバイン王子。▼
私は、ルドルフ皇帝の親衛隊長
マッセナ。▼
陛下からは、
すべてをお聞きしております。▼
敗残の兵をまとめて
お待ちしておりました。▼
[アルム]
すべて……?▼
すべてってなんだよ?
僕がルドルフ皇帝を……▼
自分の父親を討つことも、
すべて決まっていたとでも言うのか?!▼
[マッセナ]
……その問いに、
私がお答えすることはできません。▼
どうか、あちらの王座で
マイセンさまのお話をお聞きください。▼
[アルム]
マイセン?!
じいさんがここにいるのか……?▼
[マッセナ]
どうか、あちらの王座で
マイセンさまのお話をお聞きください。▼

(再度話しかける)

[マッセナ]
どうか、あちらの王座で
マイセンさまのお話をお聞きください。▼

謁見の間

マイセンと会話

[マイセン]
――来たか、アルムよ。▼
[アルム]
じいさん……
これはどういうことだよ!▼
ルドルフ皇帝が
僕の父さんだなんて……▼
[マイセン]
アルムよ……
驚くのも無理はない。▼
だが、たしかにお前は
皇帝ルドルフのひとり息子。▼
リゲル王家の血をひく
正統な後継者なのだ。▼
[アルム]
……ひどいよ。▼
じいさんは
なにもかも知っていたんだろう?▼
知っていて、
僕に父さんを……っ!▼
[マイセン]
落ちつくのだ、アルム。▼
そうだな……
どこから話せばよいものか。▼
お前も知ってのとおり、
このバレンシアは▼
ミラとドーマという神々によって
北と南にわけられておる。▼
だが、彼らはあまりにも
人に深く関わりすぎた……▼
神が狂えば人も狂い、
神が滅べば人もまた滅ぶ。▼
それが、いまのこの
バレンシアの姿だ。▼
[アルム]
なんだって?
神が……滅ぶ……?▼
[マイセン]
ああ。▼
ルドルフは、それを以前から
察知しておった。▼
ドーマの狂気は、
その滅びの前ぶれだと……▼
しかし、そこにアルム。
お前が生まれた。▼
[アルム]
!!▼
[マイセン]
聖痕をもつ者が、
バレンシアを救う勇者になる。▼
そう予言をうけたルドルフは
ドーマ教団の手からお前を守るため……▼
その存在を隠し、
ソフィアに住む私に託したのだ。▼
そのときのルドルフの顔は
いまでも忘れられぬ……▼
[アルム]
…………▼
[マイセン]
それからだ。
ルドルフが変わったのは。▼
人が神の力によらず
みずから生きる力を取りもどすため……▼
神の秩序の破壊者となり
憎しみをその身にあつめようとした。▼
やがて人々は
彼を倒すために立ち上がるだろう。▼
それが愛するわが子であれば
これ以上の喜びはない……▼
ルドルフは、
そう言っておった。▼
[アルム]
そんな……
父さん、父さんっ……!!▼
[マイセン]
泣くな、アルムよ。▼
お前は、ルドルフに託された使命を
なしとげねばならん。▼
お前が倒すべき真の敵は
ドーマ……▼
そして、その狂気に支配され
バレンシアを手中に収めようとしている▼
ジュダ率いるドーマ教団だ。▼
急がなければ、セリカの身にも
危険が及ぶかもしれぬのだぞ。▼
[アルム]
……!
そうだ、セリカ……!▼
セリカは、ミラを救うために
ドーマのもとへ行ったんだ。▼
[マイセン]
この城の地下通路は
ドーマの神殿へとつながっておる。▼
さあゆけ、アルム。▼
邪神と化したドーマを
闇へと戻すのだ。▼

〈マイセンが仲間になりました。〉

エンディング

(アルムの一枚絵)

[ナレーション]
おのれの生い立ち、
マイセンとの修行の日々……
すべては父、皇帝ルドルフの
遠大な計画であったことを知ったアルム。
しかし、聖痕の子の宿命は
彼に立ち止まることを許さない。
父を手にかけた悲しみを胸に
アルムは最後の戦いへ身を投じてゆく。
すべての元凶、邪神ドーマを倒し
バレンシアをその手に取りもどすために。
そして、いままさにドーマに
身を捧げんとするセリカを救うために――

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-27 (木) 00:36:53