会話集/章別会話

オープニング

4章 悲しみの大地 バレンシア暦401年 竜の節
[アルム]
…………▼
[クレーベ]
少しいいか、アルム。▼
[アルム]
クレーベ! 親書の返事がきたのかい?▼
[クレーベ]
残念ながら……▼ もう、あきらめたほうが賢明だろう。 これはリゲル帝国の無言の回答だ。▼ 皇帝ルドルフは、 停戦の交渉に応じる気は一切ない。▼ ソフィアへの侵略を続けるつもりだ。▼
[アルム]
そうか……▼
[クレーベ]
兵たちもそろそろ限界だろう。▼ なにしろ、リゲルはソフィアに比べて ずいぶんと気温が低い。▼ これ以上ここで待たせても 無駄に消耗するだけだ。▼
[アルム]
わかったよ、クレーベ。 ……出発しよう。▼
[クレーベ]
では、そのように みなに伝えてこよう。▼ いよいよ リゲル帝国領に進軍だ、とな。▼
[アルム]
…………▼ 僕は、いったい どこまで行くんだろう……▼
[グレイ]
おお、アルム!▼ 聞いたぜ、 とうとう出発だってな。▼
[アルム]
ああ。 ここからはリゲル領だ▼ いままで以上に 気をひきしめていかないと……▼
[グレイ]
…………▼ おいおい、 なに辛気くさい顔してんだよ。▼ まあ、どーんと任せとけって!▼ 俺たちだって、 ラムの村にいたころとは違うんだぜ?▼ あーあ、俺が華麗に活躍したら クレアがほれちまうかもなあ。▼ ロビンが泣いて村に帰るっつったら どうするよ?▼
[アルム]
ははは…… それは困るな。▼ ありがとう、グレイ。 期待してるよ。▼
[グレイ]
おう!▼ ……それにしてもリゲルってのは 風の冷てえところだな。▼ 戦う前に心が折れそうだぜ。▼
[アルム]
えっ? そうかな。▼
[グレイ]
お前、平気なのかよ? すげえな。▼
[アルム]
平気っていうか……▼ なんだろう、僕はこの空気を 知っている気がする……▼
[グレイ]
は? なんだそりゃ。▼
[アルム]
……気がするだけだよ。 さあ、行こう。▼

国境

→4章 悲しみの大地 アルム軍

ミラ神殿内部

→4章 悲しみの大地 アルム軍

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-08 (水) 10:19:33