会話集/章別会話

オープニング

3章 解放戦争 バレンシア暦401年 天馬の節
[アルム]
――よし。 みんなそろったね。▼ じゃあ、そろそろ出発しようか。▼
[ロビン]
うん……▼ でも、本当にいいのか? アルム。▼
[アルム]
いいって…… なにが?▼
[ロビン]
とぼけるなよ、 セリカのことだよ。▼ せっかく久しぶりに会えたのに けんかしたんだろ?▼ セリカ、怒って さっさと出発しちまったし。▼ お前たち、あんなに仲良かったのに…… なにがあったんだよ。▼
[アルム]
………… あれから何年もたったんだ。▼ 僕にもセリカにも、 いろいろあったってことだよ。▼
[ロビン]
うーん……▼ よくわかんないけどさ、 謝ったほうがいいんじゃないか?▼ まだ、そんなに遠くへは いってないはずだぜ。▼
[グレイ]
おい、ロビン。 アルムの言い分もきいてやれよ。▼ けんかなんて、どちらかだけが 悪いってもんでもないだろ。▼
[ロビン]
でも……▼ もう二度と会えないかも しれないんだぜ?▼ けんかしたままなんて いやじゃないかと思ってさ。▼
[アルム]
ロビン…… ありがとう。▼ でも、これは 僕のセリカの問題なんだ。▼ それに、いまの僕は この解放軍のリーダーだ。▼ 僕ひとりの都合で みんなを待たせるわけにはいかないよ。▼
[ロビン]
アルム……▼

(場面切り替え:セリカ軍)

[セリカ]
…………▼
[メイ]
セリカさま、セリカさま!▼
[セリカ]
……あ……▼ ごめんなさい。 メイ、なにか用?▼
[メイ]
用っていうか……▼ あの解放軍のリーダーの男の子、 セリカさまのお友達だったんでしょう?▼ 急いでお城を出てきちゃったけど あいさつ、しなくてよかったんですか?▼
[セリカ]
……ええ、 もういいの。▼
[メイ]
でも……▼
[セリカ]
私は一刻も早く ミラさまの神殿にいきたいの。▼ ミラさまなら、きっと争いに頼らずに ソフィアを救う方法を示してくださるわ。▼
[メイ]
……うーん。▼ セリカさま、なんか変。 どうしたんだろ?▼
[ボーイ]
しかたないよ。 セリカさまも複雑なのさ。▼ もしこのまま解放軍が ドゼーやリゲルに勝てば、▼ 次のソフィア王になるのは あのリーダーだろうしな。▼
[メイ]
えーっ! セリカさまがいるのに?!▼
[ボーイ]
だからって、いま正体を明かすわけには いかないだろ。▼ ばれたら、今度はきっとセリカさまが リーダーにまつり上げられるぞ?▼ そんなの、セリカさまがいちばん 望んでいないことだ。▼
[メイ]
そ、そっか…… よおし!▼ こうなったら、 早くミラさまの神殿にいって▼ なんとかしてもらわなくっちゃね!▼
[ボーイ]
……まあ、 そううまくいけばいいけどな。▼

(暗転)

[セリカ]
この山をこえれば ソフィアの海岸に出られるのね。▼ がんばりましょう、みんな。▼
[仮面の騎士]
――待て、セリカ。▼
[セリカ]
えっ?▼
[仮面の騎士]
…………▼
[セリカ]
あなたは、 あのときの仮面の……!▼ よかった、また会えて。▼ 助けていただいた お礼がいいたかったんです。▼
[仮面の騎士]
そんなものは必要ない。▼ それより、この先にはいくな。▼
[セリカ]
えっ…… なぜですか?▼
[仮面の騎士]
このあたりは地盤がゆるい。 それに……▼ どうやら、またよからぬことを 企んでいる連中もいるようだ。▼ ミラの神殿をめざすなら、 西から山脈を迂回していけ。▼
[セリカ]
西から? でも、西にはアルムたちが……▼
[仮面の騎士]
忠告はしたぞ。▼
[セリカ]
あっ…… 待ってください!▼
[メイ]
……いっちゃいましたね。▼ 誰ですか? あの仮面の人。▼
[セリカ]
私にもわからないの。 でも、以前も助けてくれて……▼
[ボーイ]
……で、どうします? セリカさま。▼ あの仮面野郎のいうとおり 西からいくんですか?▼ そうとう遠回りに なりますけど……▼
[セーバー]
そもそも、あいつのいうことを 信じていいのか?▼ たしかに以前は助けてもらったが、 やつが敵じゃないとはまだ言いきれないぜ。▼
[メイ]
で、でも…… よからぬことってなんでしょう?▼ また、セリカさまが 襲われちゃったりするんですか?▼
[セリカ]
…………▼ 私たちはこのまま、 この道をゆきましょう。▼ あの人のいうことは気になるけれど いまは先を急ぎたいの。▼ たとえ襲われても、 みんながいるし……▼ それに、何かが起こるときには かならず前兆があるものよ。▼ 気をつけていれば、きっと大丈夫よ。▼

(暗転)

[妖術師]
――フン。 きおったな。▼ 前にしむけた連中はしくじったが この私はそうはいかんぞ。▼ ジュダさま直々に お力をお借りしてきたのだからな。▼ さあ、あの小娘のまわりの うるさいハエどもを踏みつぶすがいい……!▼

(一枚絵:崩れる崖)

[セーバー]
うわっ……!▼ なんだ、地震か?!▼
[メイ]
わわっ、 た、立っていられないよ…!▼
[セーバー]
危ない、 崖が崩れるぞ!!▼
[ボーイ]
うそだろ?!▼ なんだって、 こんないきなり……!!▼
[セリカ]
あぶない、みんな……!▼
[ボーイ]
セ、セリカさま?! こっちにきちゃだめです!!▼

(SE:崖の崩れる音)

[ボーイ]
セリカさまーーーっ!!▼

(一枚絵:仮面の騎士に抱きかかえられるセリカ)

[メイ]
セリカさま、ご無事ですか?!▼
[セリカ]
…………っ……!!▼ ………… え……?▼
[仮面の騎士]
…………▼
[セリカ]
あ…… あなた……!▼
[仮面の騎士]
……無事か? セリカ。▼
[セリカ]
は、はい……! ありがとうございます。▼ ……あの、すみません。 せっかく忠告してくださったのに……▼
[仮面の騎士]
悪いと思うのなら、 つまらぬ私情で判断をあやまるな。▼ お前はいま、ここにいる人々の命を 預かる立場にあるのだろう。▼
[セリカ]
……はい。▼ 本当に…… そのとおりです。▼
[仮面の騎士]
……来てしまったものは しかたない。▼ ソフィアの海岸はすぐそこだ。▼ ここからは もう危険なこともないだろう。▼
[セリカ]
えっ…… なぜわかるのですか?▼
[仮面の騎士]
強力な魔道を使ってくれたおかげで ネズミがどこにいるか知れたのでな。▼

(SE:馬の嘶き)

[セリカ]
……また いってしまったわ。▼ せめて、お名前だけでも 知ることはできないかしら。▼
[メイ]
うーん、あやしい…… 一体何者なんでしょうね?▼ 悪い人ではなさそうですけど。▼
[セーバー]
まあ、どうせまた会えるさ。▼ お嬢ちゃん、本当にあいつの正体に 心当たりはないのか?▼
[セリカ]
……ありません。▼ 私には身内とよべる人は もう、ひとりもいませんから。▼
[セーバー]
おっと、悪いことを聞いたな。 忘れてくれ。▼
[セリカ]
いえ……▼ それより、道が完全に ふさがってしまったわ。▼ もうあちらには いけそうにないわね。▼
[ボーイ]
そうですね…… まあ、いく用事もなさそうですけど。▼
[セリカ]
……アルムになにかあっても もう、助けにはいけないのね。▼
[ボーイ]
セリカさま?
[セリカ]
なんでもないわ。▼ 時間をとられてしまったわね。 さあ、急ぎましょう。▼

(場面切り替え:アルム軍)

[アルム]
な、なんだ? この音……▼
[クレーベ]
ああ、このあたりは地盤がゆるいんだ。▼ どこかでまた 崖崩れがおこっているのだろう。▼ この音の様子ならかなりの遠さだ。 われわれの軍に被害はないさ。▼
[アルム]
うん。 でも……▼
[解放軍兵士]
申し上げます。▼ 東の山脈で崖崩れがおこり、▼ ソフィアの海岸への道が 閉ざされたもようです。▼
[アルム]
東の山脈? セリカたちがいった方向だ。▼ セリカ…… 大丈夫かな……▼

(シルクからミラの歯車をもらっていない場合追加)

[旅の商人]
お待ちください。 あなたがアルムさんですね?▼ 私は旅の商人です。▼ とあるシスターに頼まれて これを届けにきました。▼ 『ミラの歯車』というそうです。▼ くわしいことは ご自分でお調べになってください。▼ では、確かにお渡ししましたよ。▼

〈ミラの歯車を手に入れた。〉

ソフィアの北

→3章 解放戦争 アルム軍

ソフィア海岸

→3章 解放戦争 セリカ軍

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-08 (水) 10:19:22