会話集/章別会話

オープニング

2章 セリカの旅立ち バレンシア暦401年 鳥の節

ムービー:『憎しみの剣』

[アルム]
皇帝! 覚悟!!
[セリカ]
アルム!!
[アルム]
貴様のせいで 僕はすべてを失った! ソフィア王国も 仲間たちも そしてセリカも!
[セリカ]
やめて! 二人とも、私が見えないの? だめよ! お願い、やめて! あっ!
[セリカ]
いやーーーー!! アルム……

修道院

[ボーイ]
なあ、この鐘 なんで鳴らしてるんだ?▼
[メイ]
王さまが死んじゃったんだって。 ノーマさまが言ってた。▼
[ボーイ]
王さま? 王さまって、セリカさまの……▼
[ジェニー]
セリカさま、だいじょうぶかな。 悲しんでないかな……▼
[ノーマ]
セリカよ、 どうしてもゆくのか。▼
[セリカ]
はい。▼ ノーマさま。 このソフィアの大地に実りがなくなってから もう数年がたちました。 やはりこれは、大地母神ミラさまに なにかあったとしか思えません。 大地の渇きだけではなく、 魔物の出現、リゲルの侵略…… 私には、これらが無関係だとは とても思えないのです。▼
[ノーマ]
ふむ…… たしかに、このソフィア王国は 混迷をきわめておる。 飢えた人々が、この修道院にまで 助けを求めてくるほどじゃからのう。▼
[セリカ]
すべての鍵はミラさまです。 私は、ミラの神殿へむかい なにがあったのかをたしかめます。▼
[ノーマ]
しかし、セリカよ。 マイセンどのがお前を わしにあずけた理由はわかっておろう。 リマ四世亡きいま、 お前はソフィア王家最後のひとり。 お前の命をねらうもの、 利用しようとするもの…… それらの脅威が消えたわけではない。 それでもいくと申すか。▼
[セリカ]
……はい。 これが、いままで 私を守ってくださった ノーマさまやマイセンおじいさまの お心にそむくことだとわかっています。 でも、私にはどうしても いかねばならない理由があるのです。 ノーマさま、 どうかお許しください。▼
[ノーマ]
そうか…… そこまでいうのであれば もうとめるまい。 セリカよ、 おのれの信じた道をゆくがよい。▼
[セリカ]
ノーマさま…… ありがとうございます。▼
[ノーマ]
うむ。▼ だが、くれぐれも気をつけるのじゃぞ。 ソフィア王国の荒廃は想像以上じゃ。▼ お前は腕のたつ神官戦士じゃが けっして油断はするなよ。▼ おお、そうじゃ。 『ミラの歯車』も忘れるでないぞ。▼
[セリカ]
はい。 もちろん身につけております。▼
[ノーマ]
うむ。 きっとお前の旅の助けになるじゃろう。▼
[セリカ]
それではノーマさま、 いってまいります。▼
[ノーマ]
おお、もうゆくのか。▼ せめて、この鐘が終わるまで 待ったらどうじゃ?▼ この鐘は、お前の父の弔いの……▼
[セリカ]
……あの人を 父だと思ったことなどありません。▼ では……▼
[ノーマ]
セリカ……▼

(上記イベントの後再び話しかける)

[ノーマ]
そなたに、 ミラのご加護のあらんことを……▼

玄関

[メイ]
セリカさま! 聞きましたよ▼ ミラの神殿へゆかれるんですよね。 私もいきます、おともさせてください!▼
[セリカ]
メイ…… ありがとう、心強いわ。▼
[ボーイ]
セリカさま、俺もいきますよ。 女の子ふたりだとなにかと物騒でしょう。▼
[メイ]
あら、 なあに?▼ 自分が頼りになる みたいなこといっちゃって。▼
[ボーイ]
みたいな、じゃなくてなるんだよ。 少なくともお前よりはな。▼
[メイ]
ちょっと、失礼ね! 私は雷の魔法を使えるのよ?▼ ボーイなんて、 炎の魔法しか使えないじゃない。▼
[セリカ]
ふたりとも、落ち着いて。 私は、どちらも頼りにしてるわ。▼ 大変な旅に なるかもしれないけど……▼ よろしくね。 メイ、ボーイ。▼

〈メイ・ボーイが仲間になりました。〉

ジェニーと会話

[ジェニー]
セリカさま。 あの、わたしもついていっていいですか?▼

〈ジェニーを仲間にしますか?〉 ・はい ・いいえ

(はいを選択)

〈ジェニーが仲間になりました。〉

(いいえを選択)

[ジェニー]
えっ、だめ? そんなあ……▼ あーあ、 いっしょにいきたかったです……▼

(再度話しかける)

[ジェニー]
なんですか?▼ わたし、いっしょにいっても いいんですか?▼

ワールドマップ

[セリカ]
ソフィア本土に渡るために、 まずは港をめざしましょう。▼ でも、そのためには 墓地を通らなければいけないわ。▼ あそこには最近、 魔物がでるという話だから▼ 気をつけていきましょう。▼

ノーヴァの墓地

戦闘前

[ボーイ]
セリカさま…… こ、この墓地を通るんですか?▼
[セリカ]
そうよ。 港へ行くには、この道しかないもの。▼
[ボーイ]
でもここ、 魔物が出るって……▼
[セリカ]
そう言われているわね。 気をつけて行きましょう。▼
[ボーイ]
お、俺……▼ 盗賊とかなら平気なんですけど 魔物はちょっと……▼
[メイ]
ぷぷっ、ボーイったら! お化けが怖いなんて子供みたい。▼
[ボーイ]
うるせえ! 怖いもんは仕方ねえだろ!!▼
[セリカ]
うふふ……▼
[ボーイ]
セリカさままで…… 傷つくなあ。▼
[セリカ]
違うの、ごめんなさい。 ちょっと兄を思い出してしまって。▼
[ボーイ]
兄? セリカさま、お兄さんがいたんですか。▼
[セリカ]
ええ。 お母さまは違うのだけれど。▼ とても優しいけれど気が弱くて、 お化けが大嫌いだったの。▼ 子供のころに死んでしまったけれど……▼ もし大きくなっていたら、 ボーイみたいになったのかしらね。▼
[ボーイ]
セリカさま……▼
[メイ]
ほ、ほら!▼ ボーイが大騒ぎするから、セリカさまが 辛いこと思い出しちゃったじゃない。▼
[ボーイ]
えっ、俺のせいかよ?▼
[メイ]
さあ!▼ 悪いと思うんだったら、魔物でもなんでも サクサク倒して進むわよ!!▼

戦闘開始時

[セリカ]
魔力は地形に左右されない…… マイセンおじいさまはそう言っていたわね。▼ みんな!▼ 敵が森の中にいても 魔法なら確実に攻撃できるわ!▼

ノーヴァの港

桟橋

老人と会話

[老人]
これはこれは神官さま。 なにか、ご用ですかな。▼
[セリカ]
船を出してもらえませんか? ソフィアの港へ行きたいのです。▼
[老人]
むう……▼ それは神官さまのお願いでも むずかしいですなあ。▼ このあたりの海は海賊だらけで とても船を出せたものではないんですわ。▼
[セリカ]
そうですか…… 困ったわ。▼
[老人]
そうだ、神官さま!▼ 神官さまのお力で 海賊どもをなんとかしてくれませんかのう。▼
[セリカ]
えっ…… わ、私がですか?▼
[老人]
これだけやつらが 大きな顔をしてるというのに▼ 王さまの軍隊は なにもしてくれんのです。▼ このままじゃあ、わしらも 干からびるしかありません。▼ ほんとうに、このソフィアは どうなってしまったのか……▼
[セリカ]
…………▼
[老人]
どのみち、海賊がいるかぎり 海を渡ることはできません。▼ どうか、 お願いできませんかのう……▼

(暗転)

[ボーイ]
あーあ、 どうすりゃいいんだかなあ……▼
[メイ]
海賊をどうにかしろ、なんて あのおじいさんったら!▼ このか弱い私たちが 目に入らないのかしら?▼
[ボーイ]
ああん?▼
[セリカ]
でも、 おじいさんのいうとおりだわ。▼ 海賊と戦わなくては どこへもいけないということね。▼
[ボーイ]
どうします? セリカさま。▼
[セリカ]
協力してくれる人をさがしましょう。▼ たとえ海を渡れても、ソフィア本土も 内乱と魔物の出没で荒れはてているのよ。▼ 私たちだけで旅ができるとは思えない。 誰かの助けが必要なのよ。▼
[ボーイ]
海賊だらけの海に いっしょに出てくれる人か……▼ そんな物好き、いますかねえ?▼

(セーバーを仲間にする前に再び話しかけた場合)

[老人]
海賊をどうにかしないと 船は出せません。▼ 神官さまたちだけでは無理なら、 誰かをつれてきてはどうでしょう?▼

酒場

セーバーと会話

[セーバー]
なんだ?お嬢ちゃん。 ここは子供のくるような場所じゃないぜ。▼

(桟橋で老人と会話した後) (一枚絵:セーバーと交渉するセリカ)

[セリカ]
あなたが セーバーですね?▼
[セーバー]
そうだが…… あんたは?▼
[セリカ]
私はセリカともうします。▼ あなたはとても腕のたつ傭兵だと ききました。▼ ぜひ、私の護衛を お願いしたいのですが。▼
[セーバー]
護衛? お嬢ちゃん、どこかいくのかい?▼
[セリカ]
はい。 ミラの神殿まで。▼
[セーバー]
ミラの神殿? そいつは遠いな……▼ まず、この海賊だらけの海を こえなきゃならねえぜ。▼
[セリカ]
ですから、 あなたにお願いしたいのです。▼ それとも、あなたでも あの海賊たちは手にあまるのですか?▼
[セーバー]
お嬢ちゃん、そんなにあおらなくても 俺は海賊なんかにおじけづいたりしねえよ。▼ 問題は金だ。 俺は安くないぜ?▼ そんな危険な旅ならなおさらだ。▼
[セリカ]
……お金はありませんが、 これを。▼
[セーバー]
なんだ、短剣か?▼ おい、 こいつは……▼
[セリカ]
どうでしょう。 それでは足りませんか?▼
[セーバー]
………… そうだな。▼ ま、じゅうぶんとはいえないが まけてやろう。▼ いいぜ、契約成立だ。 ミラの神殿まで送ってやるよ。▼
[セリカ]
本当ですか? ありがとうございます……!▼ メイ、ボーイ!▼ セーバーが護衛を 引受けてくれるんですって……!▼
[セーバー]
へへっ、 こいつはうまい話の匂いがするぜ。▼ しかし、これだけのお宝を あっさり手放すとは……▼ あのお嬢ちゃん、何者だ?▼

〈セーバーが仲間になりました。〉

桟橋(セーバーを仲間にした後)

老人と会話

[老人]
おお、神官さま。 きてくれましたか。▼
[セリカ]
ええ。▼ このセーバーが 協力してくれるそうです。▼ これで、船を出してもらえますよね?▼
[老人]
ええ、もちろん。 それは心強い。▼ さあ、どうぞ。 船にお乗りください。▼
[セリカ]
…………▼
[メイ]
どうしたんですか? セリカさま。▼
[セリカ]
いいえ、なんでもないの。▼ 船に乗るのは 島に来たときいらいだから……▼
[メイ]
あっ、そうですね。▼ 私やボーイは たまに遊びにいったりしましたけど。▼ セリカさまが島から出ることは ありませんでしたね。▼
[ボーイ]
メイ…… お前、ばかか?▼ なんのためにセリカさまが 島にかくれてると思ってるんだよ。▼ ほいほい遊びに行けるわけないだろ。▼
[メイ]
わ、わかってるわよ! それくらい。▼ でも、だからこうして 島からでられてうれしいなって……▼ そういうことですよね、 セリカさま!▼
[ボーイ]
お前、もうしゃべるな。▼
[セリカ]
うふふ…… いいのよ、ボーイ。▼ そうね、 うれしいのは本当だわ。▼ でも、同じくらい不安なの。 ミラさまはどうなさったのか……▼ いえ、その前に私たちは 神殿にたどりつけるのかしら。▼ そして……▼
[メイ]
そして?▼
[セリカ]
ううん、 これはないしょ。▼
[メイ]
えー?!▼

(一枚絵:海を見つめるセリカ)

[セリカ]
アルム……▼ いま、あなたは なにをしているの?▼ あの村で、まだおじいさまと 暮らしているのかしら。▼ ……いいえ、 私にはわかる。▼ あなたはもう あの村にはいないのね。▼ 私、アルムに会いたい。▼ たしかめたいことが たくさんあるの。▼ この旅のどこかで いつかあなたに会えるのかしら―――▼

(マップ切り替え:ドーマの塔)

[ジュダ]
ああ、ドーマさま。 苦しいのでございますか?▼ なんと おいたわしい……!▼ しかし、もうしばらくの 辛抱でございます。▼ あの小娘が 島をでたとの報がはいりました。▼ ドーマさまのために かならずや手に入れてまいりましょう。▼ 聖痕をもつ 運命の子のかたわれを……▼

ソフィア航路1

戦闘前

[海賊]
待ちな、お前ら!▼
[老人]
ひいっ! で、でた!!▼
[海賊]
ここが海賊ダッハさまの海だと わかってんのか?▼ 通行料だ。 積荷と女どもはおいていきな。▼
[セリカ]
そのような取引に 応じることはできません。▼ この海は誰のものでもありません。 ソフィア国民すべてのものです。▼
[海賊]
ああ? なんだ、この女。▼
[セーバー]
おいおい…… 海賊相手に正論いってどうすんだ。▼ いいから、さっさとはじめようぜ。 そのために俺をやとったんだろ?▼
[セリカ]
は、はい。 いきましょう、みんな!▼

ソフィア航路2

戦闘後

[老人]
ああ、あの東の小島を ごらんください。▼ あれがここらの海賊のボス、 ダッハの砦です。▼ 潮の流れのせいで 近くを通らなきゃなりませんが▼ 見つかるとやっかいだ。 さっさと通りすぎましょう。▼
[セリカ]
待ってください。▼ そのダッハを倒すことができれば このあたりの海は平和になるのですか?▼
[老人]
そ、そりゃあ そうですが……▼
[セーバー]
おい、お嬢ちゃん。▼ 俺は護衛を引き受けたんであって 海賊退治まで請け負った覚えはないぜ。▼
[セリカ]
………… そうですか。▼ では、私が砦に斬りこみますから あなたはただ私を守ってください。▼
[セーバー]
おい……▼
[セリカ]
海賊には、島の人たちも みんな困っています。▼ このままでは食料が届かず ますます飢えてしまう……▼
[セーバー]
はあ……▼ 余計なお世話かもしれねえが、 お嬢ちゃんには目的があるんだろう?▼ 無駄なやっかいごとまで引き受けて、 ここで死んじまったら元も子もないぜ。▼
[セリカ]
もちろん、私も無関係な人助けのために 時間を費やすつもりはありません。▼ でも、もう戻れるかどうか わからない旅なんです。▼ せめてその前に、お世話になった 島の人たちを安心させてあげたい……▼ そう願うのは 出すぎたことでしょうか?▼
[セーバー]
…………▼ わかったよ。 どうなっても知らねえぞ。▼
[セリカ]
セーバー……! ありがとう。▼

海賊の砦

戦闘開始時

[ダッハ]
なんだ? そうぞうしい。▼ またうるさい子ネズミどもが 砦にはいりこんだか。▼
[セリカ]
あなたがダッハですね?▼ いますぐ、この海での 海賊行為をやめなさい!▼
[ダッハ]
ああん? なんだ、このえらそうな小娘は。▼ なんの権利があって 俺に指図してやがる。▼
[セーバー]
お嬢ちゃん…… だから、正論いっても無駄だって。▼
[ダッハ]
やめてほしけりゃ、 腕ずくでとめてみるんだな。▼ おい、お前ら!▼ 女は生けどりにしろ。 男は始末してかまわん。▼ 高く売れそうな女だ、傷をつけるなよ。 くっくっく……▼
[セーバー]
ほらな。▼
[セリカ]
あなたという人は……!▼ もう許しません、 覚悟しなさい!!▼

(視点移動)

[バルボ]
なんだ? やつら、動きが変だな。▼
[レオ]
なんだか 新手がきたみたいよ。▼
[バルボ]
おお、そいつはありがたい。▼ 敵があちらに分かれてくれれば ダッハを倒しやすくなるってもんだ。▼
[カムイ]
そううまくいきますかねえ。▼ いま、俺たちけっこう 絶体絶命じゃないですか?▼
[レオ]
そうよねえ、 多勢に無勢もいいとこだわ。▼
[バルボ]
うるさい、お前たち! いいから死ぬ気で戦うんだよ。▼ ダッハさえ倒せば 手下どもは逃げだすはずだ。▼ いいか、ダッハを狙え!▼

(視点移動)

[セリカ]
あの人たちは、港で聞いた 仇討ちの……?▼ 助けることができるかもしれないわ。 慎重にいきましょう。▼

ダッハと戦闘

[ダッハ]
うるさい子ネズミどもめ、 海の藻屑にしてくれるわ……!▼

ダッハを撃破

[ダッハ]
ば……ばかな……!▼ 俺は……海賊の王…… ……だぞ…………▼

戦闘終了後(バルボ達生存時)

[セリカ]
よかった…… あの人たち、助かったみたいね。▼

海賊の砦内部

玄関

バルボと会話

[バルボ]
おお、あんたたち! 俺の名はバルボだ。▼ さっきは、危ないところを 助かったよ。▼ ダッハの野郎がくたばって、 これで俺の家族もきっと……▼ おっと、 湿っぽくなっちまうな。▼ そうだ、神官さま。 助けてくれた礼をさせてくれよ。▼ といっても、俺には 腕っぷしくらいしかないがな。▼ 護衛でもなんでもするぜ。 つれていってくれないか?▼

〈バルボを仲間にしますか?〉 ・はい ・いいえ

(はいを選択)

〈バルボが仲間になりました。〉

(いいえを選択)

[バルボ]
そうかい、 残念だな……▼ まあ、またいつでも 声をかけてくれ。▼

(再度話しかける)

[バルボ]
おお、なんだ。▼ 俺もつれていってくれるのか?▼

カムイと会話

(バルボを仲間にする前)

[カムイ]
俺はバルボさんに 金でやとわれているもんでね。▼ 俺と交渉したいんなら まずバルボさんと話をつけてくれないか?▼

(バルボを仲間にした後)

[カムイ]
バルボさん、 そいつらといっしょにいくのかい?▼ ふーん……俺はどっちでもいいぜ。 あんたが決めてくれよ▼ ああでも、あんたエンジェルの魔法は 覚えているのか?▼ 覚えてないんなら 海のほこらには寄らないでくれよ。▼ 俺はドラゴンゾンビだけは苦手なんでね。▼

〈カムイを仲間にしますか?〉 ・はい ・いいえ

(はいを選択)

〈カムイが仲間になりました。〉

(いいえを選択)

[カムイ]
ああ、そうかい。▼ じゃあ、ここでさよならだ。 元気でな。▼

(再度話しかける)

[カムイ]
ん? なんだよ。▼ 俺についてきてほしいのか?▼

レオと会話

(バルボを仲間にする前)

[レオ]
えっ、なに?▼ アタシは兄貴がいなけりゃ、 どこにもいかないわよ。▼ 先に兄貴をさそってみたら?▼

(バルボを仲間にした後)

[レオ]
なによお、兄貴。 そいつらといっしょにいくの?▼ じゃあアタシもいく! ねえねえ、いいでしょ?▼ おねがーい、つれてってよお。▼

〈レオを仲間にしますか?〉 ・はい ・いいえ

(はいを選択)

〈レオが仲間になりました。〉

(いいえを選択)

[レオ]
なんでよお、ケチ!▼ ちょっとかわいいからって 調子のっちゃってさ。▼ ふーんだ、もう知らない!▼

(再度話しかける)

[レオ]
あら、なあに?▼ やっぱりアタシの力が 必要ってわけ?▼

バルボ、カムイ、レオ全員を仲間にした後

(一枚絵:バルボたちとセリカ)

[バルボ]
なんだ、お前らも ついてくるのか?▼
[レオ]
当然でしょ?▼ アタシは兄貴がいくなら どこへでもついてくわよお。▼
[カムイ]
俺はまあ、やとってくれるんなら 誰でもいいしな。▼
[バルボ]
まったく……▼ そんな調子で、神官さまに 面目ないと思わないのか?▼ 神官さまはなあ、まあよくわからんが 崇高な使命をもって旅をしてるんだぞ。▼
[セリカ]
いえ、あの…… 私、うれしいです!▼ みなさんに ついてきてもらえて。▼ とても心強いし、 にぎやかで楽しいし……▼ だから、どうか よろしくおねがいしますね。▼
[バルボ]
神官さま……▼ こちらこそ、 よろしく頼むぜ。▼
[レオ]
ふーん……▼ そこまでいうなら、少しは がんばってあげちゃおっかしら。▼
[カムイ]
俺は もらえる金次第だね。▼
[バルボ]
まったく、またお前は……!▼
[セリカ]
うふふ……▼

ソフィア航路3

戦闘開始時

[セリカ]
敵がひとりだけ…… どういうことなの?▼
[祈祷師]
くくく…… お前が例の小娘か。▼ お前をあのお方の元につれてゆけば、 わしの教団での地位もあがるというもの。▼ 邪魔な海賊どもは片づけてやったぞ。 さあ、わしと来るがいい。▼
[ボーイ]
おいおい、 なにわかんないこと言ってんだよ?▼ 俺たちは急いでるんだ。 邪魔だからどいてくれよ。▼
[祈祷師]
生意気な小僧じゃのう…… 少々、痛い目を見てもらうことになるぞ。▼
[ボーイ]
へっ、 たったひとりでなにができるってんだよ。▼
[セリカ]
あれは……▼ みんな、気をつけて! あの人は祈祷師だわ。▼ 魔物を召喚する気よ!▼
[ボーイ]
え………… ええーーーっ?!▼

戦闘終了後

[ボーイ]
お、終わった……▼ セリカさま。 あいつ、なんなんです?▼ セリカさまを連れていくとか なんとか……▼
[セリカ]
……わからないわ。▼ いままで、私の命を狙ってきた人たちとは 明らかに違う……▼ 嫌な胸騒ぎがするわ。 この先も、慎重に行きましょう。▼

海のほこら

戦闘前

+  カムイが加入かつ生存している場合
+  カムイが未加入または死亡している場合

戦闘開始時(セリカがエンジェルを習得している場合)

[セリカ]
なんて恐ろしい化けものなの……▼ でも、いまの私には エンジェルの魔法があるわ。▼ この魔法で、あなたの迷える魂を 導いてあげる……!▼

海のほこら内部

ダンジョン内

(移動中ボイス)

[セリカ]
潮の香りに満ちた、冷たく湿っぽい洞窟…… ドラゴンゾンビに守られていたせいで、 人が立ち入ることはないみたいね。

ソフィアの港

桟橋

[セリカ]
ふう…… やっとついたわ。▼ ここがソフィアの港ね。▼
[おじさん]
あっ、 おいでなさったぞ!▼
[セリカ]
えっ?▼
[おじさん]
ようこそ、神官さま!▼ きけば、あのダッハを倒し 海賊を退治してくれたそうで……▼ いやあ、助かりました。 ありがとうございます。▼
[セリカ]
ああ……▼ そんな、お礼をいわれるような ことではありません。▼ 私が、 自分のためにやったことですから。▼
[おじさん]
ははあ……▼ さすが神官さまは つつましくていらっしゃる。▼ でも、私たちも海賊どもには ほとほと困っていたんです。▼ 助けられたことにはかわりありません。 どうぞ、お礼をさせてください。▼
[セリカ]
いいえ、そんな……▼
[セーバー]
へへっ、俺は遠慮なくいただくぜ。 おやじ、酒場はどこだ?▼
[おじさん]
はい、こちらでございます。 どうぞどうぞ……▼
[セリカ]
ちょ、ちょっと…… 待ってください、セーバー!▼
[女性]
あの…… 神官さま、ありがとうございました。▼ これで、うちの人も 安心して海にでることができます。▼
[セリカ]
あ……▼ そうですか、それは…… よかったですね。▼
[女性]
はい!▼
[セリカ]
…………▼
[メイ]
えへへっ、セリカさま!▼ 私もいっぱいお礼お礼言われちゃいました。 がんばったかいがありましたね!▼
[ボーイ]
へっ。 単純だな、お前。▼ 船の上じゃあ酔うとか髪が傷むとか、 文句ばっかり言ってたじゃないか。▼
[メイ]
な、なによ! ボーイこそ。▼ さっき、女の人にお礼言われて でれでれしてたくせに!▼
[ボーイ]
はあ? してねえよ!▼
[セリカ]
うふふ……▼
[メイ]
ほら! またセリカさまに笑われちゃったじゃない。▼
[セリカ]
いいのよ、ふたりとも。 とてもがんばってくれたもの。▼ それに…… 私、はじめて知ったわ。▼ だれかを助けられるって、 うれしいものなのね。▼

出入り口

[男性]
ああ、めでたいなあ。▼ 海賊はいなくなるし、 ソフィア城は解放されるし……▼
[セリカ]
ソフィア城が解放された? それは、どういう意味ですか。▼
[男性]
ソフィア解放軍が ドゼーを城から追い出したんですよ。▼ なんでも解放軍のリーダーが かわったそうで。▼ クレーベさまから、マイセン将軍の 孫だという少年になったんです。▼ 彼が、劣勢だった解放軍を 立て直したそうです。▼
[セリカ]
マイセン将軍…… おじいさまの?!▼ それは、本当なのですか?▼
[男性]
ええ。▼ あの英雄の孫だって、 国中で評判になっているんですから。▼
[セリカ]
そんな……▼ じゃあ、 解放軍のリーダーというのは……▼
[男性]
いやあ、頼もしいなあ。 いまや彼こそが英雄ですよ。▼ 解放軍は、いまは ソフィア城にとどまっていますが▼ 近いうちに また進軍するそうです。▼ きっと、このソフィアから リゲル軍を追い出してくれますよ。▼
[セリカ]
解放軍がリゲル軍と……▼ アルム……▼ 本当にあなただとしたら、 なんて危険なことを……!▼
[メイ]
セリカさま、 大丈夫ですか?▼ 顔がまっさおですよ。▼
[セリカ]
……ええ、平気よ。▼ それより、ミラさまの神殿へむかう前に ソフィア城へ行ってもいいかしら。▼ どうしても、 たしかめたいことがあるの。▼
[ボーイ]
えっ、お城に?▼ でも、セリカさま…… いいんですか?▼
[セリカ]
ええ。 もう何年もたっているもの。▼ いまの私を見ても わかる人はいないわ。▼
[セーバー]
ん? なんの話だ。▼
[ボーイ]
ああ、いやいや…… えーと、そうだ!▼ セーバー、あっちの酒場で お姉さんが呼んでたぜ。▼ 海賊退治の英雄さまに もっとお礼がしたいんじゃない?▼
[セーバー]
おっ、そうか?▼ そいつはありがたく こたえてやらねえとな……▼
[セリカ]
アルム……▼ ずっと会いたいと 願っていたけれど▼ まさか、こんなかたちで 会うことになるなんて。▼ 解放軍のリーダーだなんて うそであってほしいけど、でも……▼ とにかく、早く会って たしかめなきゃ。▼

解放軍のアジト

入り口

パイソンと会話

(1章でアルム軍が仲間にしていない場合、入り口で会話できる)

[パイソン]
ああ? なに、お前ら。▼ ここは解放軍のアジトだ。 でも、いまは誰もいないぜ。▼ 俺は気楽な留守番さ。▼

(2回目以降)

[パイソン]
なんだよ……▼ 用がないならあっちいって。 昼寝のじゃまだよ。▼

ミラ神像

フォルスと会話

(1章でアルム軍が仲間にしていない場合、ミラ神像で会話できる)

[フォルス]
やあ、こんなところにまで よく来たね。▼ ここは 解放軍のアジトなんだが……▼ みんなはいま 出はらっているんだ。▼ 僕? 僕は…… 留守をあずかっているのさ。▼

(2回目以降)

[フォルス]
リーダーに用があるのなら、 ソフィア城にいくといいよ。▼

盗賊のほこら

ミラ神像

シルクと会話

(1章でアルム軍が仲間にしていない場合、ミラ神像で会話できる)

[セリカ]
あなたは……▼ シルク? シルクなの?▼
[シルク]
まあ、セリカさま……!▼ こんなところで お会いするなんて。▼
[セリカ]
ノーヴァの修道院を出てから なんの音沙汰もないんですもの。▼ ずっと、心配していたのよ。▼
[シルク]
申しわけありません、セリカさま。▼ でも、私はここで 自分の役目を果たそうと思います。▼ セリカさまも、 とうとう島を出られたのですね。▼ どうぞ、ご自分の道を 迷わずに進んでください。▼ セリカさまの旅に ミラさまのご加護がありますように……▼

(2回目以降)

[シルク]
ミラさまのご加護が ありますように……▼

ラムの村

出入り口

[セリカ]
ラムの村だわ。 なつかしい……▼ みんなは どうしているかしら。▼

エフィと会話

(1章でアルム軍が仲間にしていない場合、出入り口で会話できる)

[エフィ]
えっ……▼ セリカ? セリカなの?!▼ うわあ、久しぶり……! 会いたかったわ。▼ アルムはね、 いまこの村にはいないの。▼ 私、さびしくって……▼ 追いかけていこうって 何度も思ったわ。▼ でも、ひとりじゃ とても無理よね……▼ セリカ、あなた 旅をしているんでしょう?▼ お願い、私もつれていって!

〈エフィを仲間にしますか?〉 ・はい ・いいえ

(はいを選択)

〈エフィが仲間になりました。〉

(いいえを選択)

[エフィ]
そう……▼ ごめんね、 無茶なことをいって。▼ ……もし、もしもだけど アルムに会ったら▼ 私、ずっと待ってるって伝えてね。▼

(再度話しかける)

[エフィ]
なあに?▼ いっしょに つれていってくれるの?▼

クリフと会話

(1章でアルム軍が仲間にしていない場合、出入り口で会話できる)

[クリフ]
……おどろいた。 セリカだろ?▼ 久しぶりだね。 もどってこられたんだ。▼ アルムたちは…… いろいろあってさ、村にはいないよ。▼ マイセンさんも どこかにいっちゃった。▼ はあ……▼ もともとなんにもない村だけど ますます退屈だよ。▼ セリカは どこかにいく途中なの?▼ よかったら、 僕もつれていってよ。▼

〈クリフを仲間にしますか?〉 ・はい ・いいえ

(はいを選択)

〈クリフが仲間になりました。〉

(いいえを選択)

[クリフ]
……あっそ。▼ 別にいいよ。 どうしてもいきたいわけじゃないし。▼

(再度話しかける)

[クリフ]
……なに? いっしょに来いっていうの?▼

マイセンの家

[セリカ]
おじいさま、 マイセンおじいさま!▼ ……いないわ。 どうしたのかしら。▼

ソフィア城

戦闘前

[メイ]
わあ、お城だ―!▼ すごーい! 大きーい!、きれーい!!▼
[ボーイ]
メイ…… はしゃぐなって。▼ 遊びにきたんじゃないんだぞ。▼
[メイ]
だって、こんなに立派な建物 はじめて見たんだもん。▼
[セーバー]
ま、たしかに。▼ 島の漁師の子の俺たちには 一生縁のない場所だしな。▼
[メイ]
すごいなー……▼ こんなお城で暮らすなんて どんな気分がするんだろ?▼
[ボーイ]
おい……▼
[セリカ]
…………▼
[メイ]
あ……▼ す、すみません。 セリカさま。▼ 私たち、先にいってますね!▼
[セリカ]
あ……▼
[セーバー]
どうしたんだい? お嬢ちゃん。▼
[セリカ]
セーバー…… いえ、なんでもありません。▼
[セーバー]
あんたは、あいつらみたいに はしゃいだりしないんだな。▼
[セリカ]
えっ? そ、そんなことはありません。▼ おどろいて、 言葉が出ないだけです。▼
[セーバー]
へえ……▼ まあ、いっか。 俺たちもさっさと入ろうぜ。▼
[セリカ]
…………▼ またこの城に 足を踏みいれる日がくるなんて……▼ でも、 アルムに会えるかもしれないんだもの。▼ 早くいかなきゃ……▼

(戦闘マップに移行)

[セリカ]
きゃあっ!!▼
[セーバー]
どうした、お嬢ちゃん?!▼
[祈祷師]
運命の子よ、 さあドーマさまのもとへ……▼
[セーバー]
ぐあっ!▼ なんだこいつら、 ドゼーとやらの残党か?!▼ おいおい、 俺たちは解放軍じゃねえぞ!▼
[セリカ]
いいえ、違います。 この人たちの狙いは……▼ ……私……?▼
[セーバー]
とにかく、このままじゃ やられちまうぞ。▼ くそっあのガキどもめ!▼ 浮かれてさっさと 先にいきやがって……▼
[セリカ]
きゃああっ!▼
[セーバー]
お嬢ちゃん!!▼

(一枚絵:駆けつける仮面の騎士)

[セリカ]
えっ……?▼
[仮面の騎士]
下衆どもめ……▼ 汚い手で この娘にさわるな。▼
[祈祷師]
な、なんだ きさまは?!▼
[仮面の騎士]
お前ごときの問いに こたえる口を私はもたぬ。▼ 命が惜しければ 早々に立ち去るがいい。▼
[祈祷師]
なにを……!▼ 構わん、 力づくで娘を奪いとれ!▼
[セリカ]
あの、あなたは……?▼
[仮面の騎士]
…………▼ 私の正体など いま知るべきことではない。▼ 黙って戦え。 あいつらに連れ去られたいのか?▼
[セリカ]
は、はい……▼

戦闘終了後

[祈祷師]
くそっ……、退け! 退却だ!▼ おのれ小娘め。 われわれはあきらめんぞ……!▼
[セリカ]
敵が去っていくわ…… 助かったみたいね。▼ ありがとうございます。 あの、あなたは……▼ ……あら?▼
[セーバー]
あのキザな仮面男なら とっくにどこかへ行ったぜ。▼ なんだあいつ? お嬢ちゃんの知り合いか。▼
[セリカ]
いいえ。 誰なのかしら……?▼
[セーバー]
やれやれ。▼ あの襲ってきたやつらといい、 わからないことだらけだな。▼
[セリカ]
そうですね……▼ あの人たちは 多分ドゼーの手下ではありません。▼ そうだわ、海の上で私を連れ去ろうとした あの人ときっと同じ……!▼ いったい誰が、なんのために私を……?▼

(場面切り替え:森の中)

[祈祷師]
くそっ。 なんだ、あの仮面の男は?!▼ いや、それよりも娘を奪えなかったこと、 ジュダさまになんと報告すればよいのか……▼
[スレイダー]
――おい。 お前ら、リゲル軍の者か?▼
[祈祷師]
むっ…… なんだ、貴様?▼
[スレイダー]
ま、待て。 私は敵じゃない。▼ ドゼーの手下だったのだが 反乱軍に城を追われてな。▼ リゲルに亡命したいのだ。 もちろん、ただでとは言わん。▼
[祈祷師]
なにをしらじらしい…… 信用できるものか。▼
[スレイダー]
ふーん…… いいのか?▼ さきほど、 小娘をさらおうとして失敗しただろう。▼ 誰に命じられたのかは知らんが かわりになる手柄がほしくないか?▼
[祈祷師]
…………▼
[スレイダー]
いいか。 ソフィア城の北西に森がある。▼ その中に村があってな――……▼

階段前

[セリカ]
お…… おじいさま?!▼ マイセンおじいさまが どうしてここに……?▼
[マイセン]
やはり来たか…… 久しいな、セリカ。▼
[セリカ]
おじいさま……!▼ もう二度とお会いできないかもと 思っていました。▼
[マイセン]
ああ。 お前もずいぶんと美しくなった。▼ しかし、ゆっくりと再会をよろこぶ時間も なさそうだな。▼ お前が島を出たのは、 なにか目的があってのことだろう?▼
[セリカ]
はい……▼ おじいさま、私は ミラさまの神殿へむかいます。▼ 私には、いまソフィアでおこっている すべてのことの鍵が▼ ミラさまにあるように思えて ならなないのです。▼ 敵と戦うばかりが やるべきことではありません。▼ 私は ミラさまのお考えが知りたい。▼ そして、できることならば みんなをお救いくださるよう……▼ そうお願いするつもりです。▼
[マイセン]
そうか……▼ アルムがおのれの道を進んだように お前もまた、選んだのだな。▼
[セリカ]
アルム……! そうだわ、おじいさま。▼ おじいさまが ここにいるということは▼ やはり、解放軍のリーダーは……▼
[マイセン]
それは自分でたしかめるといい。 この階段をのぼってみろ。▼ お前が一番会いたい者が 待っているはずだ。▼

ムービー:『運命の子供たち』

[アルム]
ん?
[セリカ]
アルム!
[アルム]
え?! うわっ とっ……と…… あっ! あああ……! いたたたた…… き、君は……セリカ? もしかして、セリカなの?
[セリカ]
アルム! よかった、本当にまた会えた……! 私がラムの村を出てから7年間も…… ずっと会えなかったもの……!
[アルム]
セリカ……僕もずっと会いたかったんだ……!

バルコニー

[アルム]
そうだったんだ…… すごいな。▼ セリカが海賊退治なんて、 想像できないよ。▼
[セリカ]
退治なんて…… ただのなりゆきよ。▼ それより、ねえアルム。▼ リゲル帝国と戦争なんて しないわよね……?▼
[アルム]
それは……▼ しかたないよ。 攻めてきたのはあいつらのほうだ。▼
[セリカ]
でも、戦う以外の方法で 解決できるかもしれないじゃない。▼
[アルム]
かんたんに言わないでくれよ。▼ そんなものがあるなら、 みんな命をかけて戦場に出たりしないさ。▼
[セリカ]
そうかしら。▼ ソフィアもリゲルも、もとは同じ バレンシアの人間でしょう?▼ わかりあうことができるはずだわ。▼ それに……▼ 私には、ルドルフ皇帝が そんなに悪い人だとは思えないの。▼
[アルム]
皇帝がどんな人間かなんて関係ない。▼ リゲル帝国がソフィアを侵略しようと していることは事実なんだよ。▼ 僕らは、それを止めるだけだ。▼
[セリカ]
だからって、どうしてアルムが 先頭に立つの?▼ おじいさまの孫だからって、 貴族でも騎士でもないのに。▼ どうしてそんな危険なことを アルムが……!▼
[アルム]
……っ!▼ ……セリカまで、まるで 貴族みたいなことをいうんだな。▼ 身分なんて関係ない。 僕は、選ばれてここにいる。▼ だから、やるべきことをやるだけだよ。▼
[セリカ]
アルム……▼
[アルム]
それに、僕だって好きで 戦っているわけじゃない。▼ もとはと言えば リマ四世がリゲル帝国を怒らせたからだ。▼ この国を統べるべき人たちが 義務を果たさないのが悪いんだよ。▼ だから、こんなことに なっているんじゃないか。▼
[セリカ]
そ、それは…………▼ ……なによ。▼ じゃあ、アルムが 王さまになればいいじゃない。▼
[アルム]
えっ?
[セリカ]
王族がどんなものかも知らないくせに。 勝手なことばかり言わないで!▼ アルムは英雄になったから、 次は王さまになりたいの?▼
[アルム]
ちがう! 僕はただ、ソフィアを守りたいんだ。▼ それに、王家にはひとりだけ 生きている王女さまがいるらしいんだ。▼ その王女さまが見つかれば、 僕はよろこんで村に帰るよ。▼ そうだ、 そのときはセリカもいっしょに……▼
[セリカ]
王女なんていないわ、 ソフィア王家は滅んだのよ!!▼
[アルム]
セリカ……?▼
[セリカ]
……もういい。▼ アルム、あなたはそうやって 戦いつづければいい。▼ 私はミラさまの神殿にいくわ。▼ さようなら、アルム……▼

(一枚絵)

[セリカ]
……アルムのばか…………!
[アルム]
セリカ……▼ なんだよ、 あんな言いかたしなくたって……▼ ……………… ……あ……▼ そういえば聞けなかったな。▼ なんであのとき 村を出ていったのか……▼ ………… セリカ……▼ 話したいことがたくさんあったのに、 こんな別れになるなんて……▼

エンディング

[ナレーション]
念願の再会を果たしたアルムとセリカ。 しかしそれは 悲しい物別れに終わってしまう。 一方は戦うことで、 また一方は神の力によって…… 違うかたちで 共に平和を求めるふたり。 彼らが再び手を取りあう日は 来るのであろうか――

コメント

  • アルムとセリカの再会の会話はリゲル城ではなくソフィア城では? -- 2017-09-11 (月) 02:41:52


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-08 (水) 10:19:03