会話集/章別会話

オープニング

1章 ソフィアへ! バレンシア暦401年 花の節

ラムの村

マイセンの家

(ムービー:剣の訓練をするアルムとマイセン)

[マイセン]
よし、アルム。 今日の修業はここまでだ。▼ ずいぶんと腕を上げたな。 やはりお前は筋がいい。▼
[アルム]
じいさん……▼ 本当に? 本当に、そう思う?▼
[マイセン]
ああ。 わしもいつまで相手をしてやれるか……▼
[アルム]
じゃあ、 あの…………▼ ……そろそろ、 村の外にいってもいいかな?▼
[マイセン]
……!▼ それとこれとは話は別だ。 村を出ることは、一歩たりとも許さん。▼
[アルム]
なんでだよ! もう、僕は子供じゃない。▼ 剣の腕だって 認めてくれるんだろ?▼ 危険な目にあったって、 自分の身くらい自分で守れるさ。▼
[マイセン]
アルム…… そういう問題ではないのだ。▼
[アルム]
じゃあ どういう問題なんだよ?!▼
[マイセン]
それは…………▼
[アルム]
……グレイたちから聞いたんだ。▼ ここ数年の日照り続きで 食べるものに困った人たちが▼ 盗みや略奪に手をそめて、 町や村が荒らされているんだって。▼ 食料目当ての盗賊が この村の近くにまで出るらしいんだ。▼ それに、隣のリゲル帝国は 数年前から国境に兵を進めている。▼ あいつらが『神々の盟約』を破ったせいで 魔物まで出るようになってしまった。▼
[マイセン]
………………▼
[アルム]
今、この国には 困っている人がたくさんいるんだ。▼ ねえ、お願いだよ。 じいさん。▼ 僕は、もっと広い世界で 誰かの役に立ちたい。▼ じいさんやセリカが話してくれた世界を 自分の目で見てみたいんだ。▼ だから……▼
[マイセン]
……お前ひとり、剣を携えて この村を出たところで何ができる。▼
[アルム]
……!!▼
[マイセン]
つまらぬ盗賊相手に おめおめと命を落とすのが関の山だ。▼ 国だ、世界だと夢を語る前に 己の足元を見るがいい。▼ とにかく、村を出ることは許さん。▼

マイセンの足音と扉が閉まる音

[アルム]
…………なんだよ!!▼ じゃあ、何のために 僕に剣を教えたんだよ?!▼ 毎日毎日、 この小さな村で修行ばかり……▼ 僕の剣は 何のための剣なんだよ!!▼ 教えてくれよ、 じいさん…………!▼

突然馬の鳴き声が響く

[アルム]
……なんだろう? 騒がしいな。▼ 村の入口の方だ。 行ってみよう。▼

出入り口

[ロビン]
おっ! きたな、アルム。▼ お前のじいさんにお客さんだぜ。 まずは、話をきいてみたらどうだ?▼

グレイと会話

[グレイ]
どうも騎士って信用できないんだよな。▼ おいアルム、 お前も油断するなよ。▼

ロビンと会話

[ロビン]
こんな田舎の村まで 何の用だろうな?▼ それにしてもさ、 騎士ってかっこいいよな……▼

クリフと会話

[クリフ]
こんな田舎に、 わざわざ何しにきたのかな。▼ やっかいなことに ならなきゃいいけど……▼

エフィと会話

[エフィ]
あっ、アルム! 剣のお稽古は終わったの?▼ マイセンさん、厳しいから…… けがだけはしないでね。▼

ルカと会話

[ルカ]
君が、マイセン卿の孫の アルムくんですか。▼ はじめまして。 私はルカ。▼ ソフィア解放軍のものです。▼
[アルム]
ソフィア…… 解放軍?▼ なんですか、それ? ソフィア騎士団なら知ってるけど……▼
[ルカ]
ああ…… この村には、まだ知らせが届いていないのですね。▼ わかりました。 順をおってお話しましょう。▼ ――先日、国王リマ四世陛下が お亡くなりになりました。 宰相ドゼーによって弑逆されたのです。▼
[アルム]
なんだって?! 王さまがドゼーに殺された……?!▼

(一枚絵:ソフィア城を手中に収めんとするドゼー)

[ルカ]
宰相ドゼーは、このソフィア王国を リゲル帝国に売ったのです。▼ その見返りに、リゲル帝国での地位を 約束されているのでしょう。▼ 今、ソフィア城は ドゼーとリゲル軍に占領され▼ 多くの人々が不当にしいたげられ、 苦しんでいます。▼ ドゼーに反発する ソフィア騎士団のクレーベ卿は▼ 有志と解放軍を結成し抵抗しているのですが 戦況は思わしくありません。▼ そこで、かつてソフィア一の英雄と呼ばれた マイセン卿にお力添え願えないかと▼ 私をこのラムの村につかわしたのです。▼
[ルカ]
――こういう訳です。 アルムくん。▼ 私を、マイセン卿の家へ案内していただけるでしょうか。▼
[アルム]
あ、うん……▼
[グレイ]
おいおい……▼ 最近、物騒だとは思ってたけど これほどとはなあ。▼
[ロビン]
せ、戦争になっちまうのか?!▼
[クリフ]
なるんじゃなくて、 もうなってるんだってば。▼
[エフィ]
そんな…… こわいわ。▼ マイセンさんが戦争にいってしまったら、 アルムはどうなるの?▼
[クリフ]
さあね……▼

(場所がマイセンの家へ変わる)

[ルカ]
……▼
[アルム]
あっ、ルカ! もう話は終わったのか?▼ それで…… じいさん、なんだって?▼
[マイセン]
……だめでした。▼ マイセン卿は、私たち 解放軍に参加する意思はないそうです。▼
[アルム]
そんな……!▼ じいさんは 今でもすごく強いんだ。▼ ドゼーなんて あっという間に倒してくれるさ。▼ なのに、みんなが苦しんでいるのに なにもしないなんて……!▼
[ルカ]
マイセン卿のお考えは分かりませんが、 私たちも期待しすぎたのかもしれません。▼ アジトに戻って、クレーベにはそう報告しましょう。▼ ……マイセン卿も歳をとられた、 ということでしょうか。▼
[アルム]
…………!!▼
[ルカ]
では、アルムくん。 私はこれで。▼ いろいろ ありがとうございました。▼
[アルム]
……じいさん…… ………………▼

(出入り口に場所が変わる)

[アルム]
待ってくれ、ルカ!!▼
[ルカ]
アルムくん…… なんでしょう?▼
[アルム]
じいさんのかわりに、 僕を解放軍に入れてくれないか?▼
[ルカ]
えっ…… 君が?▼
[ロビン]
お、おい、アルム! なに言いだすんだよ!▼ そんなこと、 できるわけないだろ?!▼
[グレイ]
そりゃあ、お前の剣の腕前は たいしたもんだけど……▼ わかってるのか? 戦争に参加するってことなんだぜ。▼
[アルム]
ああ、わかってる。▼ じいさんがやらないっていうなら、 僕がやってやる。▼ じいさんのかわりに、 みんなのために戦うんだ。▼
[ルカ]
アルムくん……▼
[アルム]
ルカ。僕は小さい頃から じいさんに剣を叩きこまれてきた。▼ 剣だけじゃない。 兵法や医学、天気や地形……▼ 戦いに関するいろんなことを 教わったんだ。▼ だから、僕の力がみんなの役に立てれば それはじいさんの力ってことだ。▼ じいさんが臆病な年寄りなんかじゃ ないってことを、僕が証明してみせる!▼
[ルカ]
………………▼ いいかもしれませんね。▼
[アルム]
えっ…… じゃあ……!▼
[クリフ]
ルカ…… それ、本気で言ってるの?▼
[ルカ]
ええ、もちろん。▼ あのマイセン卿の血をひく アルムくんが参加するとなれば▼ 解放軍の兵士たちの士気も あがることでしょう。▼ そこに、そこまで言うのであれば 私も君の力に興味があります。▼ ぜひ、わが解放軍で 存分に力をふるってください。▼
[アルム]
ルカ……! ありがとう!!▼
[グレイ]
うへぇ…… マジかよ。▼
[エフィ]
アルム、 そんな危ないことやめて!▼ アルムになにかあったら 私、私……▼
[アルム]
ごめんよ、エフィ。 もう決めたんだ。▼ ねえ、みんなもいっしょに 行かないか?▼
[エフィ]
え……?▼
[クリフ]
いっしょにって…… 解放軍に入れってこと?▼
[アルム]
うん。 いい考えだと思うんだけど。▼ みんな、僕といっしょに じいさんから剣や弓を習ったじゃないか。▼ じゅうぶん戦えるさ。▼
[ロビン]
で、でも…… あんなのお遊びだろ?!▼ 本物の戦争じゃ、通用しないさ。▼
[グレイ]
――俺、 行ってもいいぜ。▼
[ロビン]
グレイ! 正気か?!▼
[グレイ]
ああ。▼ この村にいても、リゲルに攻めこまれて やられちまうか奴隷にされるかだろ。▼ そんなのを黙って待つのも ごめんだしな。▼
[ロビン]
お、お前…… ええーっ……?▼
[ルカ]
ありがとうございます、みなさん。 大歓迎ですよ。▼ 解放軍は今、ひとりでも多くの戦力を 必要としていますから。▼ 戦い方は実践の中で 私がお教えしましょう。▼ もちろん、 給金もお支払しますよ。▼
[ロビン]
え……給金? お、お金がもらえるのか?▼
[ルカ]
はい。▼ 一兵士として軍で雇用するのですから、 当然です。▼
[ロビン]
そ、そうなんだ…… うち、弟と妹がたくさんいて……▼ 父ちゃんと母ちゃん、 苦労してんだよな……▼ ………………▼
[アルム]
ロビン。 無理に行くことはないよ。▼ みんなも、時間をかけて ゆっくり考えてくれ。▼ 一旦解散して またあとでここに集まろう。▼ 僕もじいさんに あいさつしてくるよ。▼

(上記イベントの後再び話しかける)

[ルカ]
私のことは お気になさらず。▼ マイセン卿に あいさつしてきてください。▼

マイセンの家(上記イベントの後)

[アルム]
じいさん、ただいま! あのさ、話があるんだけど……▼ ……じいさん? いないのかな。▼ じいさん! じいさーん!!▼

出入り口(マイセンの家へ行った後)

[ロビン]
おっ、きたな。 アルム、こっちだ!▼
[アルム]
ロビン……!▼ よかった、 いっしょに行ってくれるんだな。▼
[ロビン]
ああ。 父ちゃんたちは心配してたけど……▼ アルムにだけいい格好、 させられないからな。▼
[グレイ]
なに言ってんだ、 金目当てのくせに。▼
[ルカ]
かまいませんよ。▼ 戦う理由は高潔であらねば、などと 言うつもりはありません。▼ ところで、アルムくん。▼ マイセン卿には ちゃんと挨拶できましたか?▼
[アルム]
それが、その…… 会えなかったんだ。▼
[ルカ]
おや、それは困りましたね。 そろそろ出発したいのですが……▼
[アルム]
いいんだ。 行こう。▼
[ルカ]
え? ですが……▼
[アルム]
じいさんには、あとから手紙でも書くよ。 さあ、早く出発しよう。▼
[ルカ]
……そうですか。 では、行きましょう。▼

〈ルカ・グレイ・ロビンが仲間になりました。〉

クリフと会話

[クリフ]
僕も行ってもいいよ。▼ 解放軍って、ソフィア中で 戦ってるんだろ?▼ 世界を見て回れると思えば 悪くないんじゃない。▼ ま、死ぬかもしれないけど。▼

〈クリフを仲間にしますか?〉 ・はい ・いいえ

(はいを選択)

〈クリフが仲間になりました。〉

(いいえを選択)

[クリフ]
……あっそ。 別にいいよ。どうしても行きたいわけじゃないし。▼

(再度話しかける)

[クリフ]
……なに? いっしょに来いっていうの?▼

エフィと会話

[エフィ]
わ、私も行く!▼ アルムが行くんだったら、 どこにだっていっしょに行くわ!▼

〈エフィを仲間にしますか?〉 ・はい ・いいえ

(はいを選択)

〈エフィが仲間になりました。〉

(いいえを選択)

[エフィ]
そう……▼ アルムがそういうなら 私、ここで待ってるね。▼ アルムが帰ってくるのを、 ずっと待ってるから……▼

(再度話しかける)

[エフィ]
なあに?▼ いっしょに つれていってくれるの?▼

村を出る

[ロビン]
なあ、アルム…… 本当にいいのか?▼
[アルム]
え…… なにが?▼
[ロビン]
マイセンじいさんのことだよ。▼ 俺のうちは 父ちゃんも母ちゃんも弟も妹も……▼ とにかく、たくさんいるから 俺ひとりいなくなったところで▼ まあ、そんなに 寂しくもないだろうけどさ。▼ お前のところは 孫ひとり、じいさんひとりだろ。▼
[アルム]
うん……▼ でも、じいさんはずっと 僕を村から出してくれなかったし、▼ 解放軍に入るのも きっと許してくれないよ。▼ でも、僕は 今度こそ出ていくつもりだった。▼ じいさんの力を証明するためだけじゃなくて 僕自身のために。▼
[グレイ]
お前、村を出たいって ずっと言ってたもんな。▼ やっぱりアレか?▼ 広い世界で 自分の力を試したい、ってやつ?▼
[アルム]
うーん…… そういうのも、ないとは言えないけど……▼ なんだかずっと、誰かに呼ばれているみたいな気がして。▼
[グレイ]
……はあ?▼
[アルム]
あはは……、おかしいだろ? でも本当なんだ。▼
[ロビン]
それって、セリカのことか?▼
[アルム]
え…… セリカ?▼ なんでそこで セリカが出てくるんだよ。▼
[ロビン]
だって、お前ら すごく仲良かったから。▼ ちょっと俺たちが 入りこめないくらいにさ。▼
[アルム]
………………

(一枚絵:お守りを持って遠くを見つめるアルム)

[アルム]
――そうかもしれない。▼ セリカ、君なのか? 僕を呼んでいるのは……▼ 今、どこにいるのかも わからないのに▼ なぜだろう。 いつも君の存在を感じるんだ。▼ セリカ―― この旅で、いつか君に会えるのかな……▼

ワールドマップ

[ルカ]
さて、まずは 南の砦をめざしましょう。▼ あそこは今、 ドゼー軍の手に落ちていますが▼ 私たちの仲間が 取りもどすために戦っているのです。▼ われわれ解放軍の味とは 南の砦のさらに先にあります。▼ さあ、では 気を引きしめていきましょう。▼

ラムの林

戦闘前

[盗賊]
おい、そこのお前ら! ちょっと待ちな。▼ この林を通りたいんなら 出すもん出してもらわねえとなあ?▼ へっへっへ……▼
[ルカ]
おや。 さっそく出ましたね。▼
[アルム]
えっ…… 盗賊?!▼ 村を出てから、まだ少ししか 歩いていないのに……▼
[ルカ]
驚いている場合ではありませんよ。▼ さあ、みなさん。 準備はよろしいですか?▼
[アルム]
う、うん。▼ よし、行くぞ! みんな!▼

戦闘開始時

[アルム]
ようし、僕が道を作る! みんな続け!!▼
[ルカ]
アルムくん、 ひとりで先走ってはいけません。▼ 各々が戦闘の経験を積まないと いつまでたっても未熟なままです。▼ 役割を分担し、 機会を作ってあげましょう。▼
[アルム]
そ、そっか…… うん、わかった!▼

戦闘後 

[アルム]
よし、勝ったぞ!▼
[ルカ]
お見事でした、アルムくん。▼ あの戦いっぷり…… さすが、マイセン卿のお孫さんですね。▼
[アルム]
そ、そうかな? へへっ……▼

盗賊の森

戦闘前

[ルカ]
おっと…… みなさん、静かに!▼
[アルム]
ルカ、どうしたんだ?▼
[盗賊]
…………▼
[アルム]
あっ、また盗賊……?! こんなにたくさんいるのか?▼
[ルカ]
恐らく、この付近に 盗賊たちのアジトでもあるのでしょう。▼ いちいち相手をしていては きりがありませんね。▼ 見つからないよう、ここに隠れて やり過ごしましょう。▼
[盗賊(左)]
……しかし、さっき捕まえたのは なかなかいい女だったな。▼
[盗賊(右)]
今ごろアジトでお楽しみか。 お頭がうらやましいぜ。▼
[盗賊(左)]
へへへ……▼
[アルム]
なんだって?! 誰か捕まっているのか?▼
[ルカ]
あっ、待ちなさい! アルムくん……!!▼
[アルム]
おい、待て。 お前たち!▼
[盗賊(右)]
ああ? なんだ、てめえ。▼
[アルム]
捕まえた人はどこにいる?! 今すぐ解放しろ!!▼
[盗賊(左)]
何をえらそうに……▼
[盗賊(右)]
俺たちにけんか売ろうってのか?! いい度胸だな。▼
[ルカ]
はあ…… 仕方ありません。▼ いきますよ、みなさん!▼

戦闘開始時

[ルカ]
見てください。 やつはアーチャーです。▼ 離れた敵を攻撃することが可能なので、 うかつに近づくと危険ですよ。▼ やつを倒そうと思うのなら 相応の傷を覚悟しなければなりません。▼ 体力に自信のない者は 避けたほうが賢明でしょう。▼

戦闘終了後 

[ルカ]
ふう…… なんとか片づきましたね。▼
[アルム]
ごめんよ、ルカ。 思わず飛び出しちゃって……▼
[ルカ]
あやまることはありませんよ。▼ それより 捕まった人をさがさなければ。▼ やつらの話していたアジトが この近くにあるはずです。▼

盗賊のほこら

ワールドマップ

[アルム]
あのほこらは……?▼
[グレイ]
ああ、アルムは 村から出たことがないから知らないのか。▼ あのほこらは 大地母神ミラをまつってたんだけど▼ ここんとこの飢饉やらなんやらで 誰もお参りなんてしなくなっちまったんだ。▼ 盗賊たちが住みつくには ちょうどいいだろうな。▼
[アルム]
じゃあ、 捕まった人もあそこにいるのかな……▼

入り口

[盗賊]
な、なんだ?! ひいっ、勘弁してくれ!▼ 俺はただの見張りだよう!!▼

〈盗賊は逃げていった……〉

(2回目以降)

[盗賊]
て、てめえら、 またきたのか?!▼ だから俺は、ただの見張りだって!!▼

〈盗賊は再び逃げていった……〉

ダンジョン内

[アルム]
敵がどこに進んでいるかわからないな…… 慎重に進もう。▼

(移動中ボイス)

[アルム]
洞窟のなかに充満するものは うごめく人の気配と、かびの匂いだ。 女神を祀るために造られたこの場所も 今ではすっかり盗賊たちの 居心地のいいねぐらになってしまっているようだ。

ミラ神像

戦闘前

[盗賊頭]
ああ? なんだ、てめえら。▼ これからお楽しみだってのに 野暮な真似しやがって……▼ おい、お前ら! とっとと片づけちまいな!!▼

盗賊頭と戦闘

[盗賊頭]
ちっ、 調子に乗りやがって……▼ 正義の味方気取りか? うっとうしんだよ!!▼

盗賊頭を撃破

[盗賊頭]
ぐあぁあああっ……! ちきしょうっ…………▼

シルクと会話

(一枚絵:シルクを助けるアルム)

[アルム]
おい、大丈夫か? しっかりしろ!▼
[???]
……う……▼ あ、あなたは誰です……? 私は……いったい……▼
[アルム]
君は、盗賊につかまって このアジトに捕えられていたんだ。▼ でも、もう大丈夫だよ。▼ 盗賊たちは みんな僕らがやっつけたから。▼
[???]
そ、そうだったのですか……▼ 私、盗賊にかこまれて 気を失ってしまって……▼ 助けてくださって ありがとうございます。▼
[アルム]
君…… 名前は?▼
[シルク]
はい。 シルクと申します。▼ ここからはるか東、 ノーヴァ島の修道院からまいりました。▼

(暗転)

[グレイ]
それで、シルクさんよお。▼ あんた、いったい何の用があって そんな遠くからわざわざ来たんだ?▼
[シルク]
!! そ、そうです!▼ 私には、 大切な使命があるのです!▼ ラムの村の、マイセンさまに お会いしなければ……▼
[アルム]
うちのじいさんに? マイセンは、僕の祖父なんだ。▼
[シルク]
えっ……▼ では、あなたが マイセンさまのお孫さんなのですか?▼ …………!!▼ その、左手のあざは……▼
[アルム]
ああ、これかい?▼ めずらしいだろう? 生まれつきなんだ。▼ 昔、同じようなあざがある女の子が 村にいたんだよ。▼
[シルク]
……そうですか。 あなたが……▼
[アルム]
……? どうしたんだい、シルク。▼
[シルク]
……アルムさま。 あなたにお渡ししたいものがあります。▼ どうぞ、これを お受け取りください。▼

(表示:ミラの歯車)

[アルム]
え…… これは?▼
[シルク]
『ミラの歯車』……▼ 大地母神ミラさまのお力を 封じこめた宝具です。▼ きっと、アルムさまの お役に立ちますよ。▼
[アルム]
でも、いいのかい? これは、じいさんに渡すものじゃ……▼
[シルク]
いいえ。 あなたがお使いください。▼ アルムさまは、すでに村を出て 旅をされているのでしょう?▼ これは、あなたにこそ 必要なものなのです。▼
[アルム]
そうなのか…… じゃあ、ありがたく受け取るよ。▼ これは、どうやって使うんだい?▼
[シルク]
『ミラの歯車』は こちらの意思で使えるものではありません。▼ 使うべきときがきたら、 歯車が教えてくれます。▼
[アルム]
えっ、歯車が? それはどういう……▼
[シルク]
あ……▼ さっそく、ミラさまがあなたに なにか伝えたいようですよ。▼

(ミラの歯車が光る)

[アルム]
……っ! 歯車が光ってる……▼ これは……?!▼ (一枚絵:荒廃したソフィア王国) ……ここは…… どこだ?▼ ……!! あれは……ソフィア城?!▼ じゃあここが ソフィアだというのか?▼ いったいどうして…… なぜこんなことに…………!▼

(シルクとの会話画面に)

[アルム]
……うわあああーっ!!!▼
[シルク]
アルムさま…… なにが見えました?▼
[アルム]
い、いま、頭の中に……!▼ シルク、 これはいったい……?!▼
[シルク]
落ちついてください、アルムさま。 それは現実ではありません。▼ ですが、これから起こりえること…… あるいは、かつて起こったこと。▼ それらをミラさまのお力を通じて 見ることができるのです。▼
[アルム]
いま見た光景が これから起こると……?▼
[シルク]
まだ決まったわけではありません。▼ もし不吉なものを見たのであれば そうならないように努めよと……▼ それがきっと、 ミラさまの思し召しなのです。▼
[アルム]
…………▼

〈ミラの歯車を手に入れた。〉

[シルク]
アルムさま……▼ 私はここにたどりつくまで、 ソフィアの荒廃を見てきました。▼ 神の恵みも、導いてくれるはずの王も失い 人々はみな途方に暮れています。▼ こんな有様をほうってはおけません。▼ どうか私も アルムさまと共にゆかせてください。▼

〈シルクを仲間にしますか?〉 ・はい ・いいえ

(はいを選択)

〈シルクが仲間になりました。〉

(いいえを選択)

[シルク]
そうですか……▼ ごいっしょできないのは残念ですが、 アルムさまがそう言われるのなら……▼

(再度話しかける)

[シルク]
なんでしょう?▼ 私の力を 必要としてくださるのですか?▼

ラムの谷

戦闘前

[ルカ]
…………!▼ アルムくん、あれをごらんなさい。▼
[アルム]
えっ?▼ あ、あれは……!▼
[ドゼー軍兵士]
…………▼
[アルム]
ソフィア軍の兵士だ……▼ じゃあ、あいつらはドゼー軍ってこと?▼
[ルカ]
そうです。▼ いよいよ、南の砦が近づいてきましたからね。▼ ぞうやら盗賊たちを雇い、 このあたりを守らせているようです。▼ 油断してはいけませんよ。▼
[アルム]
う、うん……!▼

戦闘開始時

[ルカ]
アルムくん。 あの兵士を見てください。▼ 皮の盾を装備しています。 これは少々やっかいですね。▼ やつを倒せば 奪うことができるのですが……▼

戦闘終了後

[アルム]
よし、なんとか片づいたかな。▼
[ルカ]
ありがとうございます、みなさん。▼ さあ、仲間のいる南の砦は すぐそこです。▼ 合流できれば この先の戦いも楽になりますよ。▼
[アルム]
ルカの仲間か……▼ どんな人たちなんだろう? 楽しみだな。▼
[解放軍兵士]
ああっ?! ル、ルカさま……!▼ もう、ここまで いらしていたのですね。▼
[ルカ]
あなたは解放軍の……!▼ どうしました。 南の砦で、何かあったのですか?▼
[解放軍兵士]
ううっ…… 申し訳ありません、ルカさま。▼ ルカさまが旅立たれてから、戦況が悪化し 砦の解放軍はやむなく撤退……▼ 指揮をとられていたクレアさまは 敵に捕らえられてしまいました……!▼
[ルカ]
クレアが?! そんな……!▼
[アルム]
ルカ……▼
[ルカ]
……私の責任です。▼ 不慣れなクレアに指揮をまかせ、 戦場をはなれてしまった私の……▼
[アルム]
それは違うよ。▼ ルカは、クレーベって人の指示で じいさんを訪ねてきたんだろ?▼ だったら、責任はその人のものだ。 ルカのせいじゃない。▼
[ルカ]
アルムくん……▼
[アルム]
それより、 今できることを考えよう。▼ そのクレアって人は まだ生きてるんだろう?▼ だったら、僕たちで 南の砦を取り戻せばいいんだ。▼
[ロビン]
え…… 俺たちだけで?!▼ 砦にいるのは、れっきとした 王さまの軍隊だった連中だぞ?▼
[アルム]
それでも戦わなくちゃ 先にすすめないだろ。▼ みんな、覚悟を決めよう。▼ 僕たちはもう、 解放軍の一員なんだ。▼
[ロビン]
アルム……▼
[グレイ]
しょーがねえ、 やってやるか。▼ クレアって、女の子だろ?▼ きっと助けてあげたらさあ…… ひひ……▼
[ロビン]
お前…… そんな理由かよ。▼
[グレイ]
なんだよ、興味ねえのか?▼
[ロビン]
……ないとは言わない。▼
[グレイ]
だろ? じゃあ決まりだな。▼
[ルカ]
みなさん……▼ ありがとうございます、 みなさん。▼ あなたたちを解放軍にむかえられて 本当によかった……▼
[アルム]
ルカ……▼
[ルカ]
それと、アルムくん。▼ たしかに、この事態の責任は クレーベにあるのかもしれません。▼ でも、どうか 彼を責めないでやってください。▼ 捕えられているクレアは クレーベの妹なのです。▼ いちばん胸を痛めているのは きっと彼なのでしょうから……▼
[アルム]
妹……▼ そうか。 うん、わかったよ。▼

南の砦

戦闘前

[ドゼー軍兵士]
なんだ、お前ら?!▼ しょうこりもなくまた来たか。 反乱軍どもめ!!▼
[アルム]
反乱軍じゃない、 解放軍だ!▼ いくぞ、みんな!▼

戦闘開始時

[ルカ]
気をつけてください。 やつは強力な弓を持っています。▼ 相当の実力者が 慎重に近づかないと危険ですよ。▼

戦闘終了後

[アルム]
やった……! 砦を取り戻したぞ!▼
[ルカ]
ありがとうございます、 みなさん……!▼ 敗れた仲間たちも、 きっとこれで……▼
[アルム]
ルカ…… さあ、クレアをさがそう。▼

南の砦内部

ワールドマップ(クレアを仲間にせず進もうとした場合)

[ルカ]
ちょ、ちょっと待ってください。▼ 先に進むのなら、まず砦の中から クレアを助け出しましょう。▼

牢獄

[ルカ]
クレア!▼
[クレア]
まあ、ルカ! 助けにきてくださったのね。▼ 早くここから 出してくださいまし!▼

クレアと会話

(牢屋の鍵を取る前)

[クレア]
まず、わたくしを ここから出してくださいまし!▼

(牢獄の鍵を取った後)

[アルム]
よし、開いた!

(クレアの一枚絵)

[クレア]
ねえ、あなた。 手を貸してくださらない?▼
[アルム]
えっ? あ、うん……▼
[アルム]
ごめんあそばせ。 ……ふう。▼ やっとこのせまくて汚いところから 出られましたわ!▼ ありがとうございます。 ええと……▼
[ルカ]
彼はアルムくん。 われわれのあたらしい仲間です。▼
[クレア]
まあ、そうでしたの! 歓迎いたしますわ。▼ わたくしはクレア。 仲良くしてさしあげてもよろしくってよ。▼
[アルム]
えっと……▼ こ、こちらこそよろしく。 クレア。▼
[クレア]
それで、アルムは どちらのご出身ですの?▼
[アルム]
えっ、出身? 僕はラムの村からきたんだけど……▼
[クレア]
村?▼ 村っていうのは、あの 畑を耕したり牛を飼ったりする……▼
[アルム]
ああ、うん。 そうだね。▼
[クレア]
まあ!▼ わたくし、村のかたと お話するなんて初めてですわ!▼ じゃあ、アルムも 牛を追ったりなさいますの?▼ うーん、とてもそうは 見えませんけれど……▼
[アルム]
ええと…… その……▼
[ルカ]
クレア。 アルムくんが困っていますよ。▼
[クレア]
あら……▼ そうでしたわ、わたくしったら。 また忘れていました。▼ お兄さまに、わが解放軍は ソフィア騎士団とはちがう。▼ 貴族ばかりではないのだから 気をつけなさいと言われましたのに……▼ ごめんなさいね、アルム。 どうかお気を悪くなさらないで。▼
[アルム]
ううん、全然。 気にしてないよ。▼
[クレア]
まあ…… アルムはお優しいのね。▼ わたくし、また村のことを お聞きしてもよろしいかしら?▼
[アルム]
うん、もちろん。▼
[クレア]
うれしい!▼ じゃあ、これからも牛や豚の話を たくさん聞かせてくださいませね!▼
[アルム]
う、うん……▼

〈クレアが仲間になりました。〉

[ロビン]
……なんか すげえ女だな。▼
[グレイ]
お、おう。 でも美人だぜ?▼
[ロビン]
…………▼
[グレイ]
……おい。 なに考えてるんだよ。▼
[ロビン]
えっ? いや、別に。▼
[グレイ]
ふーん……▼

クレアを助けずに部屋を出ようとした場合

[クレア]
ちょっと、お待ちなさい! どこへ行かれるおつもり?▼ まず、わたくしを ここから出してくださいまし!▼

ソフィアの南1

戦闘終了後

[フェルナン]
クレア! 無事だったのか?!▼
[クレア]
まあ、フェルナン。▼ どして あなたがここに?▼
[フェルナン]
どうしてもなにも……▼ 君が敵にとらえられたと聞いて 助けにむかっていたんだ。▼ クレーベはアジトを 動けないからな。▼ だが、これは一体…… なんだ、こいつらは?▼
[アルム]
えっ…… 僕らのこと?▼
[クレア]
こいつじゃありませんわ。 アルムです!▼ アルムは、マイセン卿の お孫さんですのよ。▼
[フェルナン]
マイセン卿の…… 孫?▼ おい、ルカ! どういうことだ。▼ マイセン卿を迎えにいったのでは なかったのか?▼
[ルカ]
残念ながら、マイセン卿は おつれできませんでした。▼ ですが、アルムくんとその友人達が 力を貸してくれることになりました。▼
[フェルナン]
孫と、その友人だと?▼ こんな連中、 ただの平民ではないか!▼ 解放軍は 子供の遊び場ではないのだぞ?!▼
[ルカ]
フェルナン……▼ 彼らは、真剣に 戦ってくれています。▼ 現に、われわれが撤退せざるをえなかった 南の砦を、取り戻してくれたのですよ。▼ 彼らの力は、私が保証します。▼
[フェルナン]
ふん、どうだか……▼ 騎士団にも所属していない 田舎貴族のお前になにがわかる。▼
[ルカ]
…………▼
[アルム]
……おい! いいかげんにしろよ!▼ 僕になら なにを言ってもかまわない。▼ でも、 ルカまで悪く言わないでくれ。▼
[フェルナン]
なんだと?▼ 平民が…… この俺に指図するつもりか。▼
[クレア]
アルムのいうとおりですわ。 いいかげんになさいまし!▼ フェルナン、お兄さまのいわれたことを お忘れですの?▼
[フェルナン]
クレーベが……?▼
[クレア]
貴族も平民も関係ない。▼ 共に力をあわせて戦わないと ドゼーを倒すことなどできないと……▼ あれほど、おっしゃっていたでは ありませんか。▼ ただでさえ解放軍はドゼー軍に押され、 危機的な状況ですのよ?▼
[フェルナン]
…………▼ おい、お前たち。▼
[アルム]
……なんだい?▼
[フェルナン]
クレーベに免じて 解放軍への参加は認めてやろう。▼ だが、くれぐれも 分をわきまえろよ。▼ さあ、クレア。 君が無事ならもうこいつらに用はない。▼ 共に帰って クレーベに報告しよう。▼
[クレア]
いやです! わたくしはアルムといっしょに行きますわ。▼
[フェルナン]
……そうか。 では、好きにするといい。▼

(フェルナン退場)

[ロビン]
……な、なんだあいつ?!▼ あんなに失礼なやつ はじめて見たぞ!!▼
[グレイ]
ルカのおかげで、 騎士も嫌なやつばかりじゃないって▼ わかったつもりだったけど……▼ やっぱりいるんだな、 ああいうの。▼
[クレア]
ごめんなさい……▼ 不愉快な思いをさせて しまいましたわね。▼
[グレイ]
やめろよ。▼ あんなやつのために、 あんたが謝らないでくれ。▼
[クレア]
グレイ……
[ロビン]
お前…… いいかっこしやがって。▼
[グレイ]
ん? なにが?▼
[クレア]
あの……▼ どうか、フェルナンを 悪く思わないでくださいませね。▼ 以前は、あんな人では ありませんでしたのよ。▼
[グレイ]
以前はって…… なにかあったのか?▼
[クレア]
それは……▼
[ルカ]
こんな時代ですからね。▼ いろいろ、言いづらいことも 起こるのですよ。▼ さあ、いきましょう。▼

ソフィアの南2

戦闘終了後

[ルカ]
みなさん、 お疲れさまでした。▼ さあ、解放軍のアジトは すぐそこです。▼ みなさんのことは、一足先に使いを出して、 クレーベに報告してあります。▼ きっと待ちかねていますよ。 早くむかいましょう。▼

解放軍のアジト

ワールドマップ(クレーベを仲間にせず進もうとした場合)

[クレア]
まあ、アルム。 どこへ行くおつもりですの?▼ まずはアジトで お兄さまに会ってくださいな。▼

入り口

[パイソン]
待ちな。▼ ここは解放軍のアジトだ。 あやしいやつは通さないぞ。▼
[アルム]
えっ? あの、僕らは……▼
[ルカ]
パイソン……▼ ふざけないでください。 アルムくんたちが驚いていますよ。▼
[パイソン]
へへっ…… ああルカ、生きてたんだ。▼ 南の砦で くたばったかと思ったぜ。▼ そいつが、うわさの 英雄マイセンの孫?▼
[ルカ]
ええ。 クレーベは奥に?▼
[パイソン]
ああ。 さっさと行きなよ、お待ちかねだぜ。▼
[パイソン]
――あ、ちょっと!▼
[アルム]
えっ…… なに?▼
[パイソン]
奥は魔物が出るから気をつけなよ。▼
[アルム]
ええっ?!▼ アジトなのに、 魔物が出るのかい?▼
[パイソン]
アジトっつっても、 ここはさびれた地下墓地を▼ 勝手に使ってるだけなんでね。▼ どうも、ミラの力の近くには 魔物がわきやすいらしい。▼ いくら倒してもきりがないんで 最近はほっといてんのよ。▼ ま、ここの魔物に やられるくらいなら▼ 解放軍で戦うなんて 無理ってことさ。▼ せいぜいがんばれよ。▼
[アルム]
な、なんだか……▼ とんでもないところに きちゃったな……

(パイソンに再度話しかける)

[パイソン]
クレーベさまなら奥だよ。 早く行けば?▼

ダンジョン内

(移動中ボイス)

[アルム]
地下に広がる巨大な墓地。 身分ある人々の眠る由緒正しき墓地だ。 しかしいまは魔物となって蘇った 死者の腐臭に満ちている。

ミラ神像

[クレーベ]
クレア!!▼
[クレア]
お兄さま▼
[クレーベ]
ああ、よかった…… クレア……!▼ お前にまでなにかあったら 私は……▼
[クレア]
お兄さま……顔色が悪いわ。 ごめんなさい、心配させてしまって。▼ でも、もう大丈夫ですわ。 アルムたちが助けてくれましたの。▼
[クレーベ]
ああ…… 君がアルムだね。▼
[アルム]
あっ…… は、はい。▼
[クレーベ]
はは…… かしこまることはないさ。▼ 君は妹の恩人だ。 楽にしてくれ。▼ 私はクレーべ。 この解放軍のリーダーをつとめている者だ。▼ よろしく頼むよ、アルム。▼
[アルム]
よ、よろしく。 クレーべ。▼
[グレイ]
すげー…… 本物のクレーベだぜ。
[ロビン]
えっ? あの人、有名なのか?▼
[グレイ]
ロビン…… お前、知らないのかよ。▼ クレーベっつったら ソフィア騎士団の指揮官で▼ 王国一の騎士とまで 言われてるんだぜ。▼
[ロビン]
へ、へえ…… すごい人なんだなあ。▼ でも、そんな人がいるのに ドゼーに負けてるのか?▼
[グレイ]
それは…… 言ってやるなよ。▼
[ルカ]
クレーべ。 それで、戦況のほうは?▼
[クレーベ]
いいとは言えないな。▼ 南の砦の敗北で、 また多くの仲間を失った。▼ 兵たちの士気も、すっかり 下がってしまっている。▼ だからこそ、マイセン卿を お迎えしたかったのだが……▼
[アルム]
……じいさんは、 きっと考えがあるんだよ。▼ それがなんなのか、 僕にはわからないけど……▼ でも、僕がじいさんの分も戦って 役に立ってみせるよ。▼ だから……!▼
[クレーベ]
アルム。 わかっているとも。▼ マイセン卿がおじけづいたなどと われわれも思ってはいないさ。▼ それより……▼ 君に、マイセン卿のかわりに 頼みたいことがあるんだ。▼
[アルム]
えっ…… なに?▼ 僕にできることなら なんでもするよ。▼
[クレーベ]
そうかい? じゃあ言わせてもらおう。▼ この解放軍の あらたなリーダーになってもらいたい。▼
[アルム]
…………ええっ?!▼ ぼ、僕がリーダー?! 無理だよ、そんなこと……!▼
[フェルナン]
クレーべ!▼ なにを言いだすんだ?! ふざけるのもいいかげんにしろ!▼
[クレーベ]
私は真剣だ。▼ フェルナン。 お前もわかっているだろう。▼ ソフィア騎士団を元としたこの解放軍も、 いまや大半は平民出身の志願兵たちだ。▼ いくら志を同じにしても、貴族である私に 彼らの心をつかむのは難しい。▼ マイセン卿は一兵士から騎士となり 伯爵にまでなったお方。▼ だからこそ、ここまで国民に 慕われているのだ。▼ その孫であるアルムこそ、この解放軍の 旗印としてふさわしいと思わないか?▼
[フェルナン]
ああ、思うものか!▼ 平民どもがいうことを聞かぬのであれば 放逐すればよいだけのこと。▼
[クレーベ]
フェルナン……▼ そんなことをできる余裕が いまの解放軍にあると思うか?▼
[フェルナン]
…………
[ルカ]
私は賛成です。▼
[フェルナン]
ルカ?!
[ルカ]
アルムくんの実力は騎士団出身の あなたがたと比べても遜色ありません。▼ クレーベの統率力に 限界がきているいま、▼ あらたなリーダーとなりうるのは 彼しかいないでしょう。▼
[フェルナン]
貴様…… 口をつつしめ!▼
[ルカ]
私は真実を述べたまでです。▼ 南の砦には、 長く共に戦った仲間たちもいました。▼ このまま戦いつづけることが 最善だとは思えません。▼
[アルム]
ま……、待って! 待ってくれよ。▼ そりゃ、できることなら なんでもするっていったけど……▼
[クレーベ]
もちろん、 そこまで多くのものは求めない。▼ 実質的な軍務は 今までどおりわれわれが行おう。▼ 君はただ、リーダーの座に ついてくれるだけでいいんだ。▼ それで兵士たちの士気があがり 統率がとれるなら、安いものだろう?▼ これこそ、マイセン卿の孫である 君にしかできないことだ。▼
[アルム]
そ、そうかな……
[クレア]
アルム…… わたくしからもお願いします。▼ お兄さまのご心労は 誰よりもわたくしが知っております。▼ お願いです。 お兄さまを助けてさしあげて……▼
[アルム]
クレア……▼ ……………… ………………▼ ……わかった。 僕でよければ、やってみるよ。▼
[クレーベ]
本当かい? アルム!▼ ありがとう、助かるよ。▼
[アルム]
で、でも あんまり期待はしないでよ?▼
[クレーベ]
ははっ…… ああ、わかっているさ。▼
[クレア]
ああ、よかった……▼ 大丈夫、アルムなら きっと立派なリーダーになりますわ。▼
[ルカ]
ええ。 私もそう思います。▼

(一枚絵:フェルナンがクレーベの胸ぐらを掴む)

[フェルナン]
……いいかげんにしろ! クレーベ!!▼
[クレーベ]
フェルナン……▼
[フェルナン]
俺は、お前がリーダーだからこそ この解放軍に参加したんだ!▼ それがなんだ、 こんな平民の小僧がリーダーだと?!▼
[クレーベ]
平民ではない。 彼はマイセン卿の血をひいている!▼
[フェルナン]
そのマイセンだとて、 英雄だなんだともてはやされてはいるが▼ もとの素性は 知れたものではないではないか。▼ あのような者、名誉あるソフィア貴族の 風上にもおけぬわ!▼ あんな老いぼれの名にすがるとは…… 堕ちたものだな、クレーべ。▼
[クレーベ]
フェルナン……!▼
[フェルナン]
俺は、 前々から不満だったのだ。▼ もともと、この解放軍の目的は 伝統ある貴族の名において▼ このソフィアにあらたな秩序を 作りあげることではなかったのか?▼ それが、最近では軍の中枢にまで 平民たちが大きな顔でのさばっている。▼ お前の副官のフォルスや、 あのパイソンもそうだ。▼
[クレーベ]
彼らは戦場で それだけの功績を上げている!▼ 手柄をたてた者に 相応の立場を与えなければ▼ 兵たちの不満がつのり、 解放軍など立ちゆかないだろう。▼ フェルナン……▼ お前が平民たちに 寛容になれないことはわかっている。▼ だが、われわれの理想のためにも 現実を見てくれないか。▼
[フェルナン]
……無理だ、クレーべ。▼ 平民の小僧にひざまづくくらいなら 俺は死んだほうがましだ。▼ どうやら、共に歩めるのも ここまでのようだな。▼ 俺は 解放軍をぬけさせてもらう。▼ ……さよなら、クレーベ。▼
[クレーベ]
フェルナン……!▼

(フェルナン退場)

[アルム]
い、いいのかい? クレーベ!▼
[クレーベ]
……ああ。▼ 最近、フェルナンとは衝突が絶えなかった。 いつかはこうなると思っていたよ。▼ 私の理想に、彼が無理をしてまで つきあうことはない。▼ これでよかったんだ。▼
[アルム]
クレーベ……▼ あの、僕…… うまくいえないけど、がんばるよ。▼
[クレーベ]
アルム…… ありがとう。▼ 準備がととのったら いよいよソフィア城にむかうことになる。▼ まだまだ、解放軍について わからないことも多いだろう?▼ ここにいるやつらに 聞いてみるといい。▼

〈クレーベが仲間になりました。〉

フォルスと会話

[フォルス]
やあ、はじめまして。 君たちを歓迎するよ。▼ 僕はフォルス。 クレーべさまの副官をつとめている。▼ ソフィア城には、もちろん僕も つれていってくれるんだろう?▼

〈フォルスを仲間にしますか?〉 ・はい ・いいえ

(はいを選択)

〈フォルスが仲間になりました。〉

(いいえを選択)

[フォルス]
そ、そうか…… いや、気にしないでくれ。▼ 留守を守るのも りっぱな任務だからな。▼

(再度話しかける)

[フォルス]
どうしたんだい。 僕の手助けが必要なのかな?▼

入り口(クレーベを仲間にした後)

パイソンと会話

[パイソン]
なんだ、 いよいよ出発か。▼ えっ、俺? 俺はどっちでもいいぜ。▼ ついていっても、いかなくても…… あんたが決めなよ。▼

〈パイソンを仲間にしますか?〉 ・はい ・いいえ

(はいを選択)

〈パイソンが仲間になりました。〉

(いいえを選択)

[パイソン]
あっそ。 じゃ、お前らだけでがんばってね。▼

(再度話しかける)

[パイソン]
……なによ。▼ 俺についてきてほしいんなら 素直に言えば?▼

ソフィアの門

ワールドマップ

[クレーベ]
さあ、目指すはソフィア城だ。▼ われわれは、なんとしてもあの城を ドゼーから取り戻さねばならない。▼ 頼りにしているぞ、リーダーどの。▼
[アルム]
う、うん……!▼

戦闘前

(リゲル城内)

[ドゼー]
はーっはっはっは!▼ まったく、 なんと座り心地のよい玉座だ。▼ あの無能なリマ四世に座らせておくなど つくづく惜しいことをした。▼ リゲル王国がこのバレンシアを 支配したあかつきには▼ わしはソフィア王として この城に君臨できるのだ。▼ そのためには、なんとしても 反乱軍どもを叩きつぶさねば……▼ 一時は壊滅寸前まで追いつめたというのに。 あやつらめ、また息を吹き返しおった。▼ もうじき、この城まで 迫ってくるというではないか。▼ いったい なにがあったのだ……?▼
[ドゼー軍兵士]
申しあげます、ドゼーさま!▼ ソフィアの森で 反乱軍のフェルナンをとらえました!▼
[ドゼー]
なんだと?▼ フェルナンといえば、 あのクレーベの右腕ではないか。▼ その男が、 なぜそんなところにいる?▼
[ドゼー軍兵士]
さあ、さっさと歩け!▼
[フェルナン]
離せ! 俺はもう、解放軍ではない!!
[ドゼー]
なに? お前、反乱軍を離脱したというのか。▼
[フェルナン]
……っ!▼
[ドゼー]
どうやら、 くわしく話を聞かねばならぬようだな。▼

(暗転)

[ドゼー]
なんだと、 マイセンの孫を……?▼
[フェルナン]
ああ。▼ クレーベは 当初の理想を見失ってしまった。▼ 老いぼれた英雄の名にすがり その孫をリーダーにまつりあげたのだ。▼ あのような解放軍など もうどうなろうと知ったことではない。▼ さあ、殺すならさっさと殺せ。▼
[ドゼー]
孫……孫だと……?▼ ……そうか、そういうことか。 ルドルフめ……!▼
[フェルナン]
えっ?▼
[ドゼー]
……ああ、お前には関係ない。 こちらの話だ。▼ そうだな。▼ フェルナン、お前は ここで殺すには惜しい男だ。▼ ――来るがいい。▼ お前にふさわしい、 新しい主を紹介してやろう。▼
[フェルナン]
新しい主……? おい、どういう意味だ!▼

(ムービー:『黒の貴公子』) (暗転:ソフィアの門)

[アルム]
ここがソフィア城…… とうとうここまできたんだ……▼
[クレーベ]
ああ。 やったな、アルム。▼ さあ、胸をはって堂々と みなに命じてくれ。▼
[アルム]
さあ、いこう! みんな。▼ ソフィアの城を 僕たちの手に取りもどすんだ!!▼

(兵士たちの鬨の声) (暗転:ソフィア城ベランダ)

[ベルクト]
あれが解放軍?▼ なんだ、田舎者の集まりではないか。▼
[ドゼー]
ええ、 おっしゃるとおりでございます。▼ あのような輩、 リゲル帝国随一の将軍である▼ ベルクトさまの手をわずらわせるまでも ございません。▼ わが親衛隊の戦いを、 どうぞ高みからお楽しみください。▼
[ベルクト]
そうさせてもらおう。 なあ、リネア?▼
[リネア]
私は、 戦などとても……!▼ おそろしくて 見ていることはできません。▼
[ベルクト]
ははっ、 冗談だよ。▼
[ドゼー]
では、私はこれで……▼
[ベルクト]
ああ。▼ お前に貸しあたえた 『竜の盾』の力、見せてもらうぞ。▼
[ドゼー]
はっ! おまかせください。▼

(ドゼー退場)

[ベルクト]
…………▼ おい、お前。 フェルナンといったな。▼
[フェルナン]
……はい。▼
[ベルクト]
解放軍の新たなリーダーは アルムというそうだな。▼ そいつが平民だという話は本当か。▼
[フェルナン]
本当です。▼ クレーベをはじめ、みな 英雄マイセンの孫だと信じていますが……▼
[ベルクト]
ふん、愚かなことを。▼ 貴族は貴族に、 平民は平民に生まれつくものだ。▼ 羊は獅子の王になれはしない。▼
[フェルナン]
…………!▼ ええ、ええ!▼ そのとおりです。 ベルクトさま……!▼
[ベルクト]
ソフィア騎士団のクレーベか……▼ わがリゲル帝国にも名を響かせる 猛将であったはずだが▼ そのようなあやまちを犯すとは。▼ 解放軍の終焉も そう遠くはなさそうだ。▼ そうなれば、このソフィアは われわれリゲル帝国のもの……▼ リネア!▼
[リネア]
はい、なんでしょう。 ベルクトさま。▼
[ベルクト]
待っていろ、リネア。▼ 俺は、ルドルフ陛下のあとを継いで 皇帝となり▼ やがてこのバレンシア大陸 すべての王になる。▼ そしてお前は、その皇紀だ。 楽しみだろう?▼
[リネア]
……ベルクトさま、私は……▼
[ベルクト]
――どうやら始まるようだ。▼ せいぜい、楽しませてもらうぞ。 アルムとやら。▼

戦闘開始時

[ドゼー]
反乱軍の虫けらどもめ。 よくぞここまでこられたものだ。▼ だが、お前たちに このわしが倒せるものか。▼ ゆけ、スレイダー!▼ 騎兵隊をひきいて やつらをけちらすのだ!▼

スレイダーと戦闘

[スレイダー]
お前たち……!▼ 思いだしたぞ、 あの田舎の村のガキどもか。▼
[アルム]
えっ……?▼ お前は、 セリカをつれていこうとした……!?▼
[スレイダー]
ああ、そうだ。 まんまと逃げられてしまったがな。▼ 私の名はスレイダー。▼ ちょうどいい、 あのときの借りを返してもらおう!▼

スレイダーを撃破

[スレイダー]
くっ……! 冗談ではない。▼ こんなところで 死んでたまるものか……!▼
[ドゼー]
なに?! スレイダーがやられただと?▼ くそっ…… 反乱軍どもめ、おぼえておれ。▼ わしは退却する! お前たち、あとはまかせたぞ。▼

ドゼーと戦闘

[ドゼー]
くそっ、反乱軍どもめ……▼ だが、ベルクトさまから お借りしたこの『竜の盾』があれば▼ 貴様らなどに負けるはずもない!▼

ドゼーを撃破

[ドゼー]
ぐうっ……!!▼ ち、ちがう……! わしは……▼
[スレイダー]
くっ……! いい気になるなよ。▼ いいことを教えてやろう。 お前らが倒したドゼーは替え玉だ。▼ ほんものはとっくに 自分の砦へ退却した。▼ 私も失礼させてもらうぞ。 こんな戦で死んでたまるものか!▼

戦闘終了後

[ベルクト]
ちっ…… ドゼーめ、口ほどにもない。▼
[フェルナン]
ベルクトさま、いかがなされます?▼
[ベルクト]
この城にいるわが手勢では相手にならん。 撤退だ。▼ ソフィアの森の本隊と合流する。 お前もこい、フェルナン。▼
[フェルナン]
はっ!▼
[ベルクト]
アルムか…… 覚えておいてやろう。▼
[アルム]
ドゼーの軍勢が撤退してゆく……▼ えっと…… 僕たち、勝ったのかな?▼
[クレーベ]
ああ! そうとも、アルム。▼ とうとう、ソフィア城を 私たちの手に取り戻したのだ……!!▼
[アルム]
本当に?▼ やった…… やったぞ!!▼
[クレア]
うふふっ!▼ これもすべてわたくしの活躍のおかげ…… と、言いたいところですけど。▼ お礼をいわせてくださいな、アルム。▼ この勝利は、新たなリーダーとして みなを率いてくれたあなたのおかげですわ。▼
[ロビン]
うーん…… でもさあ。▼ 結局、ドゼーもスレイダーも 逃げちまったな。▼
[グレイ]
ロビン、お前…… 空気ぶちこわす天才だな。▼ いいじゃねえか、 とりあえず喜ぼうぜ。▼
[ルカ]
グレイくんの いうとおりですよ。▼ たしかに、あのふたりを逃したことは 痛恨の極みです。▼ でも、ソフィア王国の象徴たる この城を取りもどすことは▼ われわれ解放軍の 第一の目標だったのですから。▼
[クレーベ]
そうだな。▼ リゲル帝国が介入してきたいま、 これで戦いが終わるわけではないが……▼ いまはただ、 この勝利に酔うことにしよう。▼
[アルム]
クレーベ…… うん、僕もそう思うよ。▼ みんな、本当に がんばったんだから。▼
[クレーベ]
よし! ではいこうか。▼ 城の人々も、 解放軍の英雄をお待ちかねだぞ。▼
[アルム]
えっ!?▼ 英雄って、僕のこと? ちょ、ちょっと待ってよ……!▼

ソフィア城

中央ホール

[クレーベ]
みんな、聞いてくれ。▼ ここに、われわれ解放軍の目標であった ソフィア城の奪還は達成された。▼ だが、首謀者であるドゼーは 自分の砦へと逃れ……▼ リゲル軍も あいかわらず国内にとどまっている。▼ 真にソフィアを解放するには、ドゼーを討ち リゲル軍を撤退させることが必要だ。▼ ――そこで、アルム。▼
[アルム]
えっ、なんだい?▼
[クレーベ]
この解放軍のリーダーは君だ。 アルム、君の意見を聞かせてくれ。▼
[アルム]
僕の意見? それは、ええっと……▼
[ルカ]
このまま城にとどまり 防戦に徹するのもひとつの手でしょう。▼ それとも、こちらから 打って出るのか。▼ どちらでも、私たちは 君の意見に従いますよ。▼
[アルム]
ルカ……▼ …………▼ 僕は、いままで ラムの村から出たことがなかったんだ。▼ だから、この戦いで初めて 自分の住んでいる国が▼ どういうことになっているのか知った。▼ うわさ話で聞くのとは ぜんぜん違う……▼ 本当に苦しんでいる人がいて、 傷ついている人がいる。▼ でも、 みんなと戦っていくうちに▼ 自分の手で、そういう人たちを 助けられることも知ったんだ。▼ ――僕は、前に進みたい。▼ ひとりでも多くの人を 少しでも早く助けたい。▼ 浅はかな、 考えなしな意見かもしれない。▼ でも、僕は戦いたいんだ。 ソフィアを取りもどすために。▼ みんな…… ついてきてくれるかな。▼
[ルカ]
アルムくん……▼
[クレア]
ええ、ええ! もちろんですわ、アルム……▼
[クレーベ]
――では、決まりだな。▼ 諸君!▼ われわれ解放軍はこれより北へ進軍し ドゼー、およびリゲル軍を撃退する!▼

(兵士たちの鬨の声)

[ロビン]
なんか…… かっこいいな、アルム。▼
[グレイ]
のんきなこと いってんじゃねえよ!▼ アルムのやつ、 リゲル帝国と戦争するっつってんだぜ?▼
[ロビン]
あ、え…… ええーっ?!▼ で、でも、 ソフィアから出ていってもらうだけだろ?▼
[グレイ]
そんだけですめば世話ねえよ。▼ あーあ、どんどんとんでもねえことになってくなあ……▼
[ロビン]
…………▼
[グレイ]
なんだよ? 俺の顔になんかついてるのか。▼
[ロビン]
いや…… グレイ。▼ お前、こうなることを わかってたんじゃないか?▼
[グレイ]
はあ? なんだそりゃ。▼
[ロビン]
だって、昔からよく言ってたじゃないか。 アルムは俺たちとはちがうって。▼ あれって、もしかして こういうことかと思ってさ。▼
[グレイ]
あれは…… そんな、深い意味はねえよ。▼
[ロビン]
そうか? 俺は、いまはそう思う。▼ やっぱり、アルムは 俺たちとは違うんだな。▼ 誇らしいけど、 なんだかくやしいな……▼
[グレイ]
ロビン……▼

謁見の間

[老人]
おお、お待ちしておりました。 解放軍のみなさま。▼ わしはソフィア国王に 長くお仕えしていたものです。▼ どうぞ、この城のことなら なんなりとお聞きください。▼
[アルム]
ありがとう、助かるよ。▼ 城にきたのは初めてで なにもわからないんだ。▼ マイセンじいさんから、 いろいろ話は聞いてるけど……▼
[老人]
マイセンとは…… あのマイセン将軍のことで?▼
[アルム]
うん。 僕は孫のアルム。▼ じいさんはむかし、 城に仕えていたんだよね?▼
[老人]
そうですが…… 妙ですな。▼ 将軍のことはよく存じておりますが ご家族などいらっしゃらなかったと……▼
[アルム]
えっ……?▼
[クレーベ]
ご老人、 なにを言うのだ。▼ このアルムは、 れっきとしたマイセン卿の孫で……▼
[老人]
いいえ、わしはたしかに ご本人からお聞きしました。▼ わしには妻も子もおらぬ、と。▼
[アルム]
そんな…… じゃあ、僕は……?▼
[クレーベ]
――アルム。 気にすることはない。▼ このご老人は なにか思いちがいをしているのだ。▼
[アルム]
う、うん……▼
[クレーベ]
………………▼

(↑のイベント後)

[老人]
うーん…… 妙ですのう……▼

階段前

(謁見の間に入る前)

[ソフィア兵]
こちらにはまだ お入りいただくことはできません。▼ どうぞ、ほかの場所を ご覧ください。▼

(謁見の間に入った後)

[ソフィア兵]
お待ちしておりました。 アルムさま。▼ どうぞ この階段をおあがりください。▼ バルコニーで あるお方がお待ちです。▼
[アルム]
えっ? あるお方って……▼
[ソフィア兵]
それは申しあげられません。▼ さあ、早く。▼
[アルム]
……? 誰だろう。▼

バルコニー

[マイセン]
――きたか、アルム。▼
[アルム]
じいさん?! どうしてここに……▼
[マイセン]
さあ、どうしてであろうな。▼ ……アルム、 ずいぶんと立派になった。▼ 村を出て、いろいろなものを 見たのであろう。▼
[アルム]
あ……▼ 僕、あいさつもせずに 村を出てしまって、その……▼ 悪いとは思ってるよ。 でも、後悔はしていないんだ。▼ いま、解放軍のリーダーを まかせてもらっててさ。 南の砦も、この城も 僕たちが取りもどしたんだよ。▼ だから……▼
[マイセン]
アルム。 今さら、お前のしたことを責めはしない。▼ わしが聞きたいのはただひとつ。 お前に覚悟があるかどうかだ。▼
[アルム]
覚悟……?
[マイセン]
そうだ。▼ 歩みだした以上 お前の運命はとめられはしない。▼ しかし、誰もがお前のゆく道を 祝福するわけではないだろう。▼ 立ちふさがる幾多の困難や 思いもかけぬ悲劇……▼ 人がなにかを為そうとするとき、 これらは避けられないものだ。▼
[アルム]
…………
[マイセン]
多くのものの命を背負い 思いを受けとめ▼ それでもソフィアを…… いや、この世界を救うために▼ 戦いつづける覚悟が、お前にはあるのか?▼
[アルム]
……ああ!▼ じいさん、僕は難しいことは まだよくわからない。▼ でも、たとえ誰になにを言われても 自分の力でソフィアを取りもどしたい。▼ 僕がなにを、どこまでできるのか 精一杯やりきってみたいんだ。▼
[マイセン]
そうか……▼ あいつと同じ目をしている。 血は争えんな。▼
[アルム]
えっ? あいつって……▼
[マイセン]
それは じきにわかることだ。▼
[アルム]
じいさん……▼ あのさ、さっき 変な話をきいたんだけど……▼ うわっ?! な、なんだ?▼
[マイセン]
おお……▼ 民衆たちが、英雄の姿を 一目見ようと集まってきておる。▼ アルム、こちらへきなさい。▼
[アルム]
わあ……▼
[マイセン]
よく見ておくがいい。▼ この人々の思いを背負い、 お前はこの先も歩いてゆくのだ。▼ それを決して忘れるでないぞ。▼

エンディング

(一枚絵)

[ナレーション]
こうして、ソフィア城は ドゼーの手から解放され 人々は若き英雄の登場に 歓喜した。 しかし、それはさらに辛く苦しい戦いの 序曲にすぎないことを このときのアルムは まだ知るよしもないのであった――

(リゲル城)

[リゲル兵]
申しあげます!▼ ソフィア城が解放軍の手により 奪還されました!▼
[ルドルフ]
…………▼ ソフィア城にいた ベルクトはどうした。▼
[リゲル兵]
撤退し、本隊と合流されたと 聞いております。▼
[ジュダ]
おお、情けない……▼ 皇帝陛下直属の リゲル騎士団ともあろうお方が。▼ わしの妖術軍団なら このような有様にはならぬものを。▼
[マッセナ]
ジュダどの、 無礼であろう!▼
[ジュダ]
いえ、そのような……▼ わしは 真実を述べたまでのこと。▼
[ルドルフ]
その、解放軍のリーダーは アルムといったか。▼
[リゲル兵]
はい。▼ ソフィア騎士団のクレーベにかわり 最近就任したと聞いております。▼
[ルドルフ]
そうか……

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-08 (水) 10:18:50