会話集/章別会話

オープニング

[フェルナン]
………………▼
[クレーベ]
いい加減、機嫌を直さないか。
フェルナン。▼
もうじきソフィアの港だぞ。▼
[フェルナン]
これが怒らずにいられるか!▼
なぜ、俺たちソフィア騎士団が▼
スレイダーなんぞの尻拭いを
せねばならんのだ。▼
[クレーベ]
仕方ないだろう。ソフィアの港は
我が国の流通の要だ。▼
そこを貿易商人たちの反乱で
何か月も止められてしまっては▼
国民たちの生活にも支障が出てしまう。▼
現に城下では、食料品の高騰に
不満の声が上がっているそうだ。▼
[フェルナン]
ああ、そうだな。
それは大問題だ!▼
だからこそ、
われわれ騎士団が出向いて▼
早急に平定する必要があったのだ。▼
それを横から出しゃばって
自分が行くといったのは▼
あのスレイダーではないか!▼
やつめ、おおかた
自力で平定したあかつきには▼
これを大義名分に、港の利権を
いただくつもりだったんだろうさ。▼
それがなんだ!▼
商人たちの雇った傭兵軍団に苦戦し、
われわれに援軍をよこせだと?!▼
いっそ傭兵どもに切り刻まれて
魚の餌にでもなればよいものを。▼
[クレーベ]
言い過ぎだ、フェルナン。▼
その傭兵たちのせいで
港の周辺では略奪が絶えないそうだ。▼
スレイダーの行いに、私とて
思うところがないわけではないが▼
これ以上、苦しむ民たちを
捨て置くわけにはいかないだろう。▼
ここはこらえてくれないか。▼
[フェルナン]
くそっ……、わかっているさ。▼
所詮、俺たち騎士は
王の命令には逆らえないからな。▼
しかし、あいつを連れてこなかったのは
正解だぞ、クレーベ。▼
[クレーベ]
あいつ?▼
[フェルナン]
クレアのことさ。
俺以上におかんむりだ。▼
もし連れてきていたら
真っ先にスレイダーの元へ飛んで行って▼
串刺しにしかねないぞ。▼
[クレーベ]
恐ろしいことを言わないでくれ。▼
あいつが騎士団に入っただけでも
胃が痛くてたまらないんだ。▼
あの跳ねっかえりがいつ、
なにを起こすかと思うと……▼
[フェルナン]
ははっ、天下の騎士団長も
妹には形無しだな。▼
でもまあ、今となっては
俺も気持ちはわかる。▼
[クレーベ]
そういえば……
お前の妹はいくつになった。▼
[フェルナン]
ようやく四つだ。
弟は五つになる。▼
母上が亡くなって
十数年も経った今さら▼
父上が後妻をとると
言ったときには複雑だったが……▼
年の離れた兄弟というのは
可愛いものだな。▼
次の休暇が待ち遠しいよ。▼
[クレーベ]
そうか……。
私もぜひ会ってみたいな。▼
[フェルナン]
ああ、いつでも来るといい。
クレアもいっしょに。▼
きっといい遊び相手になるだろう。
中身は似たようなものだからな。▼
[クレーベ]
ははは……
それはクレアには言ってくれるなよ。▼
さあ、海が見えてきたぞ。
休暇の前に一仕事だ。▼

戦闘マップ

戦闘開始時

[スレイダー]
おお、すばらしい!
よくぞ来てくれた!!▼
さすがわが盟友、クレーベ卿よ。▼
さあ、早くこの野蛮な傭兵どもを
蹴散らしてくれ!▼
[フェルナン]
まったく……
厚顔無恥とはこのことだな。▼
[クレーベ]
商人たちよ、兵を退け!▼
訴えたいことがあるのなら
正当な手立てをもって訴えるがいい。▼
大人しく撤退すれば、私たちも
手荒な真似はしないと約束しよう。▼
今ならまだ間に合う。
さあ、港を解放するのだ。▼
[港の商人]
そんなの、今さら信用できるもんか!▼
何度訴えても、国は海賊を
捕まえてくれなかったじゃねえか。▼
ただでさえ日照り続きで
作物が採れねえってのに▼
届いたわずかな食糧さえ、
王都の連中がみんな持ってっちまう。▼
その上、税ばかり増やしやがって……
俺たちに飢え死にしろってのか?!▼
[クレーベ]
それは…………▼
[港の商人]
だいたい、話も聞かずに
斬りかかってきたのはそっちだろうが!▼
もうお前たちの言うことなんて
聞いてられるか。▼
みんな、構うことはねえ!
こいつら全員ぶっ倒しちまえ!!▼
[スレイダー]
ひいぃっ?!
お前たち、なにをしている!!▼
早く私を助けないか!!▼
[フェルナン]
まったく、スレイダーめ……
よくよく悪手しか打たないやつだ。▼
どうする、クレーベ?▼
[クレーベ]
……仕方ない。
いくぞ!▼
スレイダー卿を救出するのだ!!▼

会話(クレーベ⇒スレイダー)

[スレイダー]
はあ、助かった……▼
さすが国王陛下の信頼も篤い
ソフィア騎士団の精鋭たちだ!▼
この借りはいつか必ずお返ししますぞ、
クレーベ卿。▼
[フェルナン]
なにが借りだ、この痴れ者が!▼
ここに至るまで、どれだけ同胞の
屍を踏んだと思っている?!▼
部下を見捨て、自分だけ砦に立てこもり
命乞いとは……▼
それでも誇りあるソフィア貴族の一員か?
恥を知れ!!▼
[スレイダー]
なっ…………
こ、この私に痴れ者だと……?!▼
フェルナン、貴様…………
下手に出れば調子に乗りおって▼
この、クレーベの腰巾着が!▼
[フェルナン]
なんだと?!▼
[クレーベ]
いい加減にしないか、ふたりとも!!▼
彼らはまだ兵力を温存している。
早くこの場を離れないと……!▼

(増援出現)

[港の商人]
まだ終わっちゃいねえぞ。
逃がすものか!▼
[クレーベ]
くっ……
もう援軍が到着したのか。▼
立て、スレイダー。
突破するぞ!▼
散った同胞たちのためにも
一矢くらい報いてみせろ!!▼
[スレイダー]
へっ?!
あ、あの数相手に…………?▼
…………ぐあっ!
痛てててて…………!!▼
どうやら傷を負っていたようだ。
痛くて動けん…………っ!▼
[フェルナン]
はあ?!
貴様、なにを言っている。▼
今の今まで
怒鳴り散らしていたではないか!!▼
[スレイダー]
う……うるさいうるさいうるさい!!
とにかく私は戦えんのだ!▼
それに、お前たちの任務は
私の救出であろう?▼
お前たちがやつらを引き付けている間に
離脱させてもらうとしよう。▼
どうだ、なにもおかしくはない!▼
まあ、案ずるな。▼
国王陛下には、ソフィア騎士団は
立派に任務を果たしたと報告してやる。▼
では、あとは頼んだぞ。
誇り高き騎士団長どの!!▼

スレイダー離脱時

[スレイダー]
くっくっく…………
これはこれは。▼
すばらしい!!
災い転じてなんとやらだ。▼
お前たちなど、傭兵どもに切り刻まれて
魚の餌になるがいい。▼
高尚気取りのクレーベめは
昔から気に入らなかったが▼
それよりもフェルナンだ。
あの生意気な小僧が…………▼
私を侮辱したこと、
せいぜい地獄で悔やむのだな。▼
ハーッハッハッハッハ…………!▼
[フェルナン]
スレイダー、
あいつ…………!!▼
卑劣にもほどがあるぞ。 どこまで見下げればいいんだ?!▼
[クレーベ]
さあな。私の視界からは
小さすぎてとっくに消えている。▼
[フェルナン]
えっ…………▼
[クレーベ]
どうした?▼
[フェルナン]
いや…………
お前でも、そういうこと言うんだな。▼
[クレーベ]
ははっ……
たまにはな。▼
さあ、足手まといが失せたところで
もうひと暴れしようじゃないか。▼
可愛い妹君に、兄上の武勇伝を
聞かせてやりたいだろう?▼
[フェルナン]
……ああ、そうだな。
ようし、やってやる!▼

ジャッハと戦闘

[ジャッハ]
俺たちは金がもらえりゃあ
それでいいんでね。▼
あんたらに恨みはねえが
悪く思わないでくれよ。▼

ジャッハを撃破

[ジャッハ]
ぐあっ……
ちくしょう…………!▼

クレーベ敗走時

[クレーベ]
……まだだ……まだ……
私には…………!▼

フェルナン敗走時

[フェルナン]
う、嘘だ……!
こんな……ところで……▼

スレイダー敗走時

[スレイダー]
ぐあ……っ……!▼
い、いやだ……この私が……
こんな連中に…………!!▼

クリア後

クリア後1

[港の商人]
ううっ……
なんてことだ…………▼
あれだけいた傭兵たちが
みんなやられるなんて……!▼
[クレーベ]
さあ、港を解放してもらおう。▼
この港はソフィア国民すべての生活に
奉仕するためのものだ。▼
それを不当に占拠した罪の重さは
わかっているな。▼
[港の商人]
へっ……
そんなことは百も承知ですよ。▼
こんなことしなくたって
いずれ飢えて死ぬ命だ。▼
さあ、騎士さま。さっさと
首でもなんでもおはねください。▼
[クレーベ]
……たしかにお前たちの行いは
許されるものではない。▼
首謀者は捕らえられ
然るべき処分が下るだろう。▼
[港の商人]
……………………▼
[クレーベ]
だが、お前たちの訴えは
必ず私が王に届けよう。▼
海賊の盗伐も、早急に
わが騎士団に一任してもらえるよう▼
お願いしてみるつもりだ。▼
[フェルナン]
クレーベ…………▼
[港の商人]
ほ、本当ですか?!
騎士さま…………!▼
[クレーベ]
ああ。約束しよう。▼
[港の商人]
あ……ありがとうございます!
ありがとうございます…………!!▼

クリア後2

[フェルナン]
クレーベ…………▼
いいのか、
あのような約束をして。▼
[クレーベ]
なにがだ?
偽りは言っていないつもりだが。▼
[フェルナン]
たしかにな。▼
だが、海賊の盗伐を止めているのは
あの宰相ドゼーだ。▼
表向きはリゲルとの摩擦がどうだと
言ってはいるが▼
あいつめ、裏では海賊どもとも
繋がっているらしい。▼
お前の言葉とドゼーと、
いまの国王陛下がどちらを取るか……▼
わからぬお前ではないだろう。▼
[クレーベ]
……それでも人には希望が必要だ。▼
陛下には、商人たちへの寛大な沙汰も
お願いするつもりだよ。▼
[フェルナン]
クレーベ…………▼
そうか、そうだな。
俺もいっしょに膝を折ろう。▼
[クレーベ]
ああ、ありがとう。
フェルナン。▼
[フェルナン]
それにしても
スレイダーのやつめ……▼
今頃は、まんまと城へ
逃げおおせたところだろうが▼
出迎えたクレアに
追い回されているかもしれないぞ。▼
[クレーベ]
……笑えない冗談だな。
マチルダが止めてくれればいいんだが……▼
[フェルナン]
ははは……▼
そのマチルダもクレアも、
きっとお前を待ちかねている。▼
さあ、早く行くぞ。▼
[クレーベ]
フェルナン……▼
そうだな、帰るとしよう。
私たちの城へ—

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-15 (火) 21:31:46