ヒサメの親子会話

ヒナタ

[ヒナタ]
よっ。ヒサメ! 元気に戦ってるみてぇだな!▼
[ヒサメ]
父さん…▼
[ヒナタ]
やっぱり祭りってのはいいもんだ。 うまそうなもんがいっぱい並んでるぜ!▼
[ヒサメ]
もう…はしゃぎ過ぎですよ、父さん。▼ もう少し声を潜めないと 敵に狙われてしまいます。▼
[ヒナタ]
ん? 何だ怖いのかよ。 よしよし、安心しろよ、ヒサメ!▼ お前は俺が守る! 賊なんか俺が一瞬でやっつけてやるって!▼
[ヒサメ]
はぁ… そういうことを言っているんじゃありません…▼
[ヒナタ]
そうなのか? まあとにかく、今日はこの雰囲気を楽しもうぜ。▼ ほら、リンゴ飴でも舐めるか? なかなかうまいぞ?▼
[ヒサメ]
あっ! 勝手に取ってはいけませんよ! 屋台のご主人が不在だというのに!▼
[ヒナタ]
堅いこと言うなって! それに金なら置いてきたしな!▼
[ヒサメ]
やれやれ…今日も結局、 父さんに振り回されるのですね…▼
[ヒナタ]
そんなことねえよ! 俺が振り回すのは刀だけだって!▼
[ヒサメ]
…………▼
[ヒナタ]
わ、悪かった、ヒサメ。 少し調子に乗りすぎてたかもしれねえ…▼ 今日は子供の成長を祝う祭りだってのにな。▼ お前にそんな顔させてちゃ、 さすがに親として申し訳ねえと思う。▼ 今日はあくまでお前が主役だ。 だから、お前には笑顔でいてもらいたい。▼ 祭りが再開したら、 やりたいことを言ってみろよ。▼
[ヒサメ]
…………▼ で、では、私は… 父さんと2人で渋いお茶が飲みたいです。▼ お茶をすすりながら、 にぎわう人々を静かに眺める…▼ 私はそれだけで…笑顔になれますから▼
[ヒナタ]
ヒサメ…▼ …お前、そんな退屈そうなことで 笑顔になれるのか?▼
[ヒサメ]
なっ!? 退屈そうとは失礼な!!▼
[ヒナタ]
はっはっは! すまん、冗談だよ。 今日はなんでも付き合うぜ。▼ いや、今日じゃなくても… 俺はお前のためならなんだってする。▼ さっきは冗談交じりだったが、 俺は絶対にお前を守ってみせるからな。▼
[ヒサメ]
…父さん。▼
[ヒナタ]
へへっ! 愛する息子のためなら、 父ちゃんはいくらでも強くなれるぜ!▼ だから、いつでも甘えて来いよな! よーしよしよしよし!▼
[ヒサメ]
ああもう! 父さん!! 髪が乱れるのでやめてください!!▼ でも…その気持ちは嬉しいです。 ありがとうございます…▼
[ヒナタ]
ん? 何か言ったか?▼
[ヒサメ]
いえ、なんにも!▼

マイユニット

+  マイユニット女性・私

フェリシア

[ヒサメ]
母さん、しっかりしてください。▼
[フェリシア]
なんですか、突然。▼ 私は別に おっちょこちょいなことはしてませんよ?▼
[ヒサメ]
いいえ、してますって。 ほら、靴が左右逆じゃないですか。▼
[フェリシア]
はわわわわわわわーっ!▼ 全然、気付きませんでした… ありがとうございます…▼ ほんと、私ってダメですね…▼
[ヒサメ]
お祭りで気が緩むのはわかりますが、 今は戦闘中です。▼ 落ち着いて行きましょう。▼
[フェリシア]
そうですね。 わかりましたっ!▼ あれ、ヒサメ… あなた、それ本物ですか?▼
[ヒサメ]
何の話ですか?▼
[フェリシア]
刀ですよ。▼ 本物のようにも見えますけど、 でも、いつものとはどこか違うような…▼
[ヒサメ]
…あああ。▼ 実はさっき、屋台で おもちゃの刀をいじくっていたのですが…▼ 間違えて、おもちゃのほうを 持ってきてしまいました…▼ うう…私としたことが…▼
[フェリシア]
もしかしたら… あなた、私に似ているのかも…▼ ごめんなさい…▼
[ヒサメ]
いやいや、謝らないでください。▼
[フェリシア]
…謝りますよ…▼ だって、おっちょこちょいでいいことなんて、 何一つないと思いますし…▼
[ヒサメ]
そんなことないですよ、母さん。▼ まじめすぎる。頑固すぎる。 慎重すぎる。▼ そんなことを言われていた私が、 最近はみんなにこう言われるのです。▼ 「隙があることがわかって、  親しみやすくなった」と。▼ これが母さんから受け継いだものなら、 心から感謝します。▼
[フェリシア]
ヒサメ… あなた、大人になりましたね…▼ 今日は子どもの成長を願うお祭りらしいですが、 あなたの成長は願う必要もなさそうです…▼
[ヒサメ]
あはは、そんなことないですよ。 私はまだまだ子どもです。▼ …あ、そろそろ戦闘に戻らないと。 その前に私は、刀を交換してきますね。▼ ではまた、後ほど。▼
[フェリシア]
あ、ヒサメ! 行く方向が逆ですよ!▼

リンカ

[リンカ]
よく聞け、祭りを荒らす賊どもめ! あたしは炎の部族の戦士、リンカだ!▼ あたしはここにいるぞ! 誰からでもかかってこい!▼
[ヒサメ]
か、母さん、とても勇ましいと思いますが… 敵に自分の居場所を教えなくても…▼
[リンカ]
どうしてだ? 探す手間がはぶけるじゃないか。▼
[ヒサメ]
でも、自分の居場所が知られたら 敵に囲まれてしまう可能性もあるし…▼
[リンカ]
敵に囲まれる… それは燃えるな。▼ 逆境の場こそ 戦士の居場所としてふさわしい。▼
[ヒサメ]
そ、そうなのですか? 私にはよく理解できません…▼
[リンカ]
…すまないな、ヒサメ。 それはあたしのせいだ。▼
[ヒサメ]
どういうことですか?▼
[リンカ]
お前には炎の部族の魂を きちんと伝える時間を作ってやれなかった。▼ 秘境に預け、 離れ離れに暮らす時間が長かったからな…▼
[ヒサメ]
母さん…▼
[リンカ]
寂しい思いもたくさんしただろう… 本当にすまない…▼ これからはできるだけ、 お前と共に過ごす時間を増やすからな。▼
[ヒサメ]
事情は理解してましたから。 私はもうなんとも思っていませんよ。▼
[リンカ]
ありがとう、ヒサメ…▼ では、早速だが… 炎の部族の魂をお前に伝えていこうと思う。▼
[ヒサメ]
い、今からですか?▼
[リンカ]
とりあえず敵に囲まれるところから始めよう。 戦士の魂は死地にて輝き、燃え上がるものだ。▼
[ヒサメ]
ええっ!?▼
[リンカ]
安心しろ! お前はあたしが必ず守る!▼ では、行くぞ! うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!▼
[ヒサメ]
ちょ、ちょっと待ってください! 母さん、母さーーーーーん!▼

サクラ

[サクラ]
ヒサメ、気をつけてくださいね。▼ 賊はどこに潜んでいるかわかりませんから。▼
[ヒサメ]
はい、母さん。▼
[サクラ]
そうだ。私の後ろにいてください。▼ こんな私でも盾くらいにはなりますから。▼
[ヒサメ]
…それはできません。▼ むしろ、母さんが私の後ろにいてください。▼
[サクラ]
だ、ダメです! 私があなたを守るんです!▼ 私はあなたの母親なんですから!▼
[ヒサメ]
母さんが倒れてしまったら、▼ 癒し手が一人、減ることになりますよ。▼ それは私たちにとって▼ あまりにも大きな損失になります。▼
[サクラ]
そ、それは…▼
[ヒサメ]
母さんの命は一人のものではありません。▼ だからどうか、私に守らせてください。▼
[サクラ]
…………▼ ヒサメも同じです。▼
[ヒサメ]
えっ?▼
[サクラ]
いいえ、ヒサメだけではありません。▼ 人は誰しも誰かの支えになっているのですから。▼ 命に優劣などないはずです。▼
[ヒサメ]
母さん…▼
[サクラ]
甘いと思うかもしれませんが…▼ 私はそう思っています。▼
[ヒサメ]
母さんはとても強い人です。▼ その甘さを戦場でも貫いているのですから。▼ 私も母さんに負けないように強くありたい。▼
[サクラ]
ヒサメ…▼
[ヒサメ]
母さん、共に戦いましょう。▼ みんなで生きて帰れるように。▼
[サクラ]
えぇ、ヒサメ。▼ あなたと一緒なら百人力です。▼

アクア

[アクア]
ヒサメ、賊を倒したら予定通り、 のど自慢大会が開かれるそうよ。▼ よかったわね。 あなたの美声の初披露よ。▼
[ヒサメ]
そ、それが…▼
[アクア]
どうしたの? 緊張しているの?▼
[ヒサメ]
はい…私なんかが… 皆さんの前で歌ってもいいのか心配に…▼
[アクア]
もう… そんなこと気にしてるの?▼ あなたはいい声を持っているし、 歌に対する思いは本物だわ。▼ 正々堂々と歌えばいいの。 みんな、あなたの歌に酔いしれるはずよ。▼
[ヒサメ]
で、でも、歌なら母さんのほうが 絶対にうまいですし…▼ 自信がなくなってきました… もし、音を外したら…▼
[アクア]
大丈夫よ。 そんなときは父さんの歌を思い出して。▼ 何があっても、音を外したとしても、 あれよりはマシよ。絶対に。▼
[ヒサメ]
ああ…確かに、 父さんの歌は個性的ですものね…▼ ありがとう、母さん。 ちょっと落ち着いてきました。▼ あっ、でも…▼
[アクア]
今度は何よ?▼
[ヒサメ]
あの歌でいいのかな…と心配に…▼
[アクア]
ええっ? 今さら選曲の心配?▼
[ヒサメ]
だって、あの歌は恋愛の歌…▼ ただでさえ緊張しているのに、 恋愛の歌なんかうたったら、私は…▼
[アクア]
もう、仕方ない子ね… じゃあ変えるとして、どの曲にする?▼ …あ、あれなんてどう? 「光の王城 私の愛情」とか。▼
[ヒサメ]
…あ、あれも結局は 恋愛の歌ではありませんか…▼
[アクア]
まあ…でも、二番にちょっとだけ 濃いのが入ってるだけじゃない。▼
[ヒサメ]
十分に問題ですよ…▼ 「白夜のすきま風」なんてどうでしょうか? こぶしを回すのは得意なので。▼
[アクア]
ダメ、渋すぎるわ。▼
[ヒサメ]
では「白夜の焼きいも三姉妹」とか…▼
[アクア]
あんな子ども向けの歌をうたうっていうの?▼
[ヒサメ]
はい、あれなら…▼
[アクア]
はぁ… でもまあいいわ。▼ 曲が何にせよ、みんなの前で 美声を披露することに変わりはないものね。▼ わかったわ。 じゃ、焼いも三姉妹で。▼ 賊を倒したら、焼いもの屋台の前で 待ち合わせしましょう。▼ 大会前に焼いもを食べて、げんかつぎよ。▼
[ヒサメ]
いい考えですね。 たくさん食べて、この緊張を吹き飛ばします。▼

カザハナ

[ヒサメ]
母さん、ちょっといいですか? はちまきが少し破れていますよ。▼
[カザハナ]
え、あ、そう?▼
[ヒサメ]
サッ…サササッ…▼ はい。縫い終わりました。 これで万全ですね。▼
[カザハナ]
ありがとう。▼ …っていうか。あなた、 いつも針と糸を持ち歩いているの?▼
[ヒサメ]
…………▼ 確かに、そうですよね…▼ 私は男なのに… 針と糸なんか持ち歩いているのは…▼
[カザハナ]
あはは、そういう意味じゃないよ。 あたしはただびっくりしただけ。▼ ほら、見て? あたしも針と糸はいつも持ってるんだけど…▼
[ヒサメ]
あ、それは…▼ 針も糸も、糸巻きの色も、 みんな私のと同じ…▼
[カザハナ]
そうなの。▼
[ヒサメ]
すごい偶然ですね。▼
[カザハナ]
親子だもん。好みが似て、 同じ色を選んじゃったのかもしれないね。▼ …この針と糸には思い出があってね。▼ 結婚前、これであなたの父さんの 腕甲の紐を繕ってあげたことがあるんだ。▼ そうこうしているうちに 仲良くなって…▼ その後、ほとんどもうあたしのほうから 求婚したようなものだったわ。▼
[ヒサメ]
そうだったのですか…▼ うまく言えませんが、 そういうお話には興味があります…▼
[カザハナ]
ほんと? 聞きたいの? だったらいっぱい話してあげるけど。▼
[ヒサメ]
本当ですか? ぜひお願いしたいです!▼
[カザハナ]
じゃあ、お祭りが終わったら、どう? 屋台をまわりながらとか…▼
[ヒサメ]
はい、楽しみにしています!▼
[カザハナ]
じゃ、とりあえず戦闘に戻ろっか!▼
[ヒサメ]
…あ、母さん、待ってください。▼ …こっちの紐が千切れそうです。 繕っておきますね。▼
[カザハナ]
あ、ありがとう。▼
[ヒサメ]
…しかし、こうして改めて見ると、 他にも繕うべきところがありますね。▼
[カザハナ]
…もう、慎重な性格を出し過ぎだって…▼ 今そんなことしてたら、 賊がやりたい放題になっちゃうよ?▼
[ヒサメ]
…た、確かにそうですね…▼
[カザハナ]
とりあえず戦闘! 残りはあとで、一緒に繕おう!▼
[ヒサメ]
はいっ! わかりました!▼

オロチ

[オロチ]
ヒサメ… 前から言おうと思っていたのじゃが…▼ そなた、疲れんか?▼
[ヒサメ]
えっ? なんですか、いきなり…▼
[オロチ]
そなたは石橋を叩いて渡るような慎重な性格じゃ。▼ そんな生き方をしていたら、疲れはしないかと 心配しておるのじゃよ。▼
[ヒサメ]
そう言われましても… 性格は変わらないものですし…▼
[オロチ]
普通は、その通りじゃ。 ただし、そなたの場合は解決策がある。▼
[ヒサメ]
…解決策…ですか?▼
[オロチ]
簡単じゃ。 まじないを身につければいいのじゃ。▼ まじないで未来を予測できれば、 あとはそこに向かって突き進むだけ。▼ 慎重になりすぎる必要もなく、 もっと気楽に生きられると思うのじゃ。▼ そなたにはわらわの血も流れておる。 ならば、少しの訓練でまじないができるはずじゃ。▼
[ヒサメ]
…………▼ 誰にも言わないでくださいね。 実は…私、昔からまじないができるのです。▼
[オロチ]
なんじゃと!?▼
[ヒサメ]
…母さんの血が私の中で変異したのでしょう。 特に何もしなくても、淡く未来が見えるのです。▼ ただ、まだ未熟だからでしょうか… 一度に複数の未来が見えてしまいます。▼ どうすれば最善の未来にたどり着くか… コツがなかなかわからず…それで私は…▼
[オロチ]
それで慎重な生き方をしている、と…▼
[ヒサメ]
はい。▼
[オロチ]
そうじゃったのか…すまんのう… わらわの血のせいで、生きづらかったとは…▼
[ヒサメ]
そんなことはありません。 むしろ私は誇らしいです。▼
[オロチ]
えっ?▼
[ヒサメ]
こんな機会は滅多にないと思いますので、 今日ははっきり言わせてください。▼ 私は母さんを尊敬しています。▼ こんな稀有な力を持ち、それをみなさんのために 使ってこられた母さんを…▼ 嫌な未来が見えてしまったり、 つらいこともたくさんあったと思います。▼ それなのに母さんはいつも笑顔で…▼ 私もいつか、まじないの勉強をまじめに やってみたいと思っています。▼ 尊敬する母さんに、一歩でも近づけるように…▼
[オロチ]
そうか…そうかそうか… わらわはうれしい…うれしいぞ…▼
[ヒサメ]
実は、今日のお祭りの未来も見えています。▼ 私たちは賊を排除し、そのあと私たち家族は 三人揃ってお祭りを楽しみます。▼ そのときの私の顔が、とても幸せそうです。 これは、唯一の未来としてはっきり見えます。▼
[オロチ]
そうか、そうか。 では、そなたのまじない通りにしよう。▼ 今日は格別な一日になりそうじゃ。 思い切り、かわいがってやるからのう。▼

ヒノカ

[ヒノカ]
民が心待ちにしていた祭りを荒らす賊め…▼ この私が成敗してくれる。▼
[ヒサメ]
母さん、猛る気持ちは理解出来ますが、▼ ここは慎重に進むのが得策です。▼ 死角も多い戦場ですから。▼ どこから奇襲されてもおかしくありません。▼
[ヒノカ]
さすがヒサメだな。▼ 戦場をよく見ている。▼ しかし、私が声を上げることで、▼ 敵の気を民からそらすことができる。▼
[ヒサメ]
それはそうかもしれませんが…▼ 母さんにとっては危険な策となります。▼ 私は母さんに無事でいてもらいたいです。▼
[ヒノカ]
安心しろ。▼ 私はまだ死ぬつもりはない。▼ ヒサメの成長していく姿も▼ まだまだ見守りたいしな。▼
[ヒサメ]
ならばもう少し、▼ 自身の身も案じてください。▼
[ヒノカ]
ふふふ。なかなか難しいことだな。▼ 母であることと、戦士であることの両立は。▼
[ヒサメ]
それが難しいというのなら、▼ 私が母さんを守ります。▼ この命に代えてでも…▼
[ヒノカ]
それはダメだ。▼ お前の命と引き換えに助かったのなら、▼ 私は生きながら地獄をさまようことになる。▼
[ヒサメ]
では、二人で強くなるしかありませんね。▼ どちらも死なずに、生き延びれるように。▼
[ヒノカ]
ふっ。▼ そういうことになるな。▼
[ヒサメ]
母さん、帰ったら私に▼ 稽古をつけてくれませんか?▼
[ヒノカ]
あぁ。▼ もちろんいいとも。▼ 今まであまり稽古をつけてやれなかった分…▼ 厳しくいくから、覚悟をしておけ。▼
[ヒサメ]
はい。▼ お願いします、母さん。▼

セツナ

[ヒサメ]
トントン…▼ トントントン…▼
[セツナ]
ヒサメ… トンカチなんか持って、何をしているの…▼
[ヒサメ]
ああ、母さん。▼ 実は昨日、いいことを思いつきまして。 その検証をしているところです。▼
[セツナ]
いいこと…?▼
[ヒサメ]
私たち親子はなぜかいつも 落とし穴や罠にかかってしまいます。▼ そこでこうして、 木槌で地面を叩き…トントン。▼ 天敵である落とし穴や罠がないか、 確認しながら移動してはどうかと思いまして。▼
[セツナ]
…………▼ 検証の結果は…?▼
[ヒサメ]
今のところ、 落とし穴も罠も全て発見できています。▼ 大成功といっても良いのではないでしょうか。▼
[セツナ]
すごいすごい… ヒサメ、私の子なのに天才…▼
[ヒサメ]
ふふ。 母さんもやりますか?▼ 実は念のため、予備の木槌を 持ってきているのです。▼
[セツナ]
わーい…やってみたーい…▼
[ヒサメ]
ではそうぞ。▼
[セツナ]
トントン…▼ トントントン…▼ 大丈夫そう… 落とし穴も罠もない…▼ さすが、慎重なヒサメ… これ、とってもいい方法…▼ これなら私たち… 落とし穴や罠と無縁の生活を送れそう…▼
[ヒサメ]
ですよね、ですよね! そうやって慎重に歩を進めていけば…▼ …あ。 …でも、か、母さん…▼ 私いま…すごく当たり前のことに 気付いてしまいました…▼
[セツナ]
何…▼
[ヒサメ]
こんなゆっくり移動していて… 戦闘の足手まといにならないでしょうか…▼
[セツナ]
…………▼ ヒノカ様に怒られるのは間違いない… いい発想だったのに、残念…▼
[ヒサメ]
いえ、私はあきらめませんよ。▼ うまく改良すれば、 早く移動しながらでもいけるはず。▼ …母さん、お祭りが再開したら、 この件を一緒に考えませんか?▼
[セツナ]
わかった…▼ おいしいものでも食べながら… 二人でトントンしましょう…▼

オボロ

[オボロ]
賊ってば本当に野暮ね! なんでわざわざ今日を狙ってくるのかしら?▼
[ヒサメ]
何もない日よりも お祭りを狙った方が稼ぎがあるからでしょうね。▼
[オボロ]
そ、そんなことはわかってるわよ!▼
[ヒサメ]
す、すみません、母さん…▼
[オボロ]
あなたって本当に真面目ね。 それじゃあ疲れることも多いんじゃない?▼
[ヒサメ]
どうでしょうか… 自分ではよくわかりません。▼
[オボロ]
少しだけヒナタを見習って ガサツな考え方とかしてみたらどう?▼ 人生がもうちょっと、 楽になるかもしれないわよ?▼
[ヒサメ]
父さんのことは、 もう充分、見習っていますから。▼ …反面教師として。▼
[オボロ]
ふふふ。 確かにそっちの方がためになりそうね。▼
[ヒサメ]
見習うというのなら、 私はもっと母さんから学びたいです。▼
[オボロ]
えっ? 私から何を学びたいっていうのよ?▼
[ヒサメ]
ふ、服を見立てるコツとか…▼
[オボロ]
…ヒサメ、それ本心?▼
[ヒサメ]
…す、すみません。 本当はなんでもいいんです。▼ ただ、私は… もっと母さんと一緒にいたいというか…▼
[オボロ]
ヒサメ…▼ そ、そんな嬉しいこと言われたら… 断れないでしょ!▼ わかったわよ! 服の見立てでもなんでも教えてあげる!▼ というか、毎晩一緒に 横で寝てあげてもいいくらいの気持ちよ!▼
[ヒサメ]
そ、それはさすがに… 私もそこまで子供ではないので…▼
[オボロ]
わ、わかってるわよ! ほ、ほんの冗談に決まってるじゃない!▼ でも、これからはなるべくそばにいるからね! うざいとか言ったら…泣いちゃうんだから!▼
[ヒサメ]
ははは。 ありがとうございます、母さん。▼

カゲロウ

[ヒサメ]
母さん、何をしているのですか?▼
[カゲロウ]
!?▼ ヒ、ヒサメか… 驚いたではないか…▼
[ヒサメ]
母さん…今、何か隠しましたね? 何を隠したのですか?▼
[カゲロウ]
嫌だ。 見せたくない…▼
[ヒサメ]
母さん…私に隠しごとなんて… 悲しいです…▼
[カゲロウ]
…………▼ 確かに隠しごとはよくないな。 すまぬ。見せよう。▼ …これだ。▼
[ヒサメ]
それは…絵ですか?▼
[カゲロウ]
そうだ。 私はこの祭りの風景の絵を描いていたのだ。▼ だが描いているうちに賊が来てしまって… やむを得ず持ち歩くことに…▼
[ヒサメ]
そうだったのですか。 祭りの絵…▼
[カゲロウ]
ああ。通行人たちからは、 とてもつもなくまがまがしいと称された…▼ こんなものを描いていると知れて、 息子に軽蔑されたくなかった。▼ だから隠したんだ。▼
[ヒサメ]
まがまがしい? 軽蔑? まったくそんなことありません!▼
[カゲロウ]
気を遣わなくていい。▼
[ヒサメ]
実は私、母さんが絵を描いていることは 知っていました。▼ うまく言えませんが…簡単に言うと… 私、母さんの絵の愛好者なんです。▼
[カゲロウ]
えっ? そ、そうだったのか?▼ …………▼ …ふっ…▼
[ヒサメ]
な、何がおかしいのですか?▼
[カゲロウ]
その言葉が嬉しかったのと同時に、 懐かしい思い出が蘇ってしまってな。▼ 実は結婚前…お前の父さんとも、 今のようなやりとりをしたことがあるのだ。▼ 私が絵を描いていて、彼がやってきて… 私は絵を隠した。▼ 何を隠したと、しつこく追い回されてな。 そんなことを思い出してしまった。▼
[ヒサメ]
あはは、そうなんですね。 さすが親子。似てしまうのでしょうか…▼
[カゲロウ]
あ、そうだ。 この絵にお前を描いてもいいだろうか。▼
[ヒサメ]
私を?▼
[カゲロウ]
お前は日に日に大人になっていく。 その成長の記録として、残しておけたらと思う。▼ どうだ。 祭りが再開したら、屋台の前に立ってくれぬか。▼
[ヒサメ]
もちろんです!▼ 母さんが私を描いてくださるなんて、 光栄この上ありません!▼
[カゲロウ]
よかった。 では、またあとで。▼
[ヒサメ]
はい、楽しみにしています!▼

ルーナ

[ヒサメ]
ああ、よかった。 珍しいものをたくさん買えました。▼ このお茶碗なんて最高です。 つい色違いまで買い占めてしまいました…▼
[ルーナ]
ちょっとヒサメ。 そんなに雑貨を買い込んでどうしたのよ。▼
[ヒサメ]
母さん…!▼ べ、別にいいではないですか。 私の勝手です。▼ …か、母さんにとやかく言われる 筋合いはありません。▼
[ルーナ]
…………▼ …何よそれ。▼ あなた最近… たまに、かわいげのない態度を取るわよね。▼
[ヒサメ]
…え、あ…ごめんなさい。 どうしても、つい…▼
[ルーナ]
ああ、わかったわ。 反抗期ってやつね?▼
[ヒサメ]
い、いえ…反抗期ではないと思います… そうではなくて…▼ 多分ですけど…母さんの気質が たまに出るようになったのではないかと…▼
[ルーナ]
はぁ? 何、言ってるのよ!?▼ あたしの気質が出ると、 反抗期みたいな態度になるってわけ?▼ それじゃまるで、 あたしが年がら年中、反抗期みたいじゃない!▼ …ま、まぁ…否定はしないけど…▼
[ヒサメ]
…でも、私… 本当に母さんに似てきたと思うんです。▼ 昔は買い物などなんとも思わなかったのに、 最近はとても楽しいですし…▼ 賊が来るまでは、目に付くものを 片っ端から買い漁ってしまって。▼
[ルーナ]
た、確かに… その雑貨の山にはびっくりしたけど…▼ ま、あたしに似てきてるっていうならいいわ。 ひろーい心で受け止めてあげる。▼
[ヒサメ]
ほ、本当ですか… よかった…▼
[ルーナ]
そ、それに…▼ なんか、愛しい我が子って感じで… より可愛く思えちゃうし…▼
[ヒサメ]
えっ… 何か言いましたか?▼
[ルーナ]
べ、別に!? こっちの話よ!▼ それよりそんなに買い物がしたいなら、 賊を倒したあと、付き合ってあげるわ。▼ 今日は子どものためのお祭りだから お金はあたし持ちってことで。▼
[ヒサメ]
えーっ! ほんとですか! ぜひお願いします!▼
[ルーナ]
な、何よ? 今のは流れ的に、 あたしっぽく返すところでしょう?▼
[ヒサメ]
ご、ごめんなさい… なかなか難しいですね…▼ えーと…ど、どうしてもって言うなら 付き合ってあげなくもないですよ?▼ こんな感じでしょうか?▼
[ルーナ]
うふふ。上出来だわ。 でも、あんたらしく言えば何でもいいのよ。▼ これからはあなたの言葉、 たくさん聞かせてちょうだい。▼ お祭りを回りながら色々話せるの、 楽しみにしてるんだから。▼
[ヒサメ]
は、はい! よろしくお願いします!▼

ピエリ

[ピエリ]
ヒサメ、こんなことろにいたのね。▼
[ヒサメ]
母さん、どうしたんですか?▼
[ピエリ]
ヒサメはこれからピエリと一緒に、 屋台を見てまわるの!▼
[ヒサメ]
屋台を見てまわる? どういうことですか?▼ ああ、なるほど。 屋台に潜む賊を探し出すのですね…▼
[ピエリ]
違うのよ。▼ ピエリ、誰もいない隙に、 屋台でたくさん買い物したいの。▼ リンゴ飴も、たこ焼きも、焼きそばも おもちゃも、金魚すくいも、みんなやるの!▼ もちろんお金はちゃんと払うの。 店先にお手紙と一緒に置いておくのよ。▼
[ヒサメ]
ちょ、ちょっと待ってください…▼ 私は母さんの自由奔放な姿は好きです。▼ ですが今の話には、 見過ごせない問題点があります。▼
[ピエリ]
なんなの? 親子で楽しんじゃいけないの?▼
[ヒサメ]
そうではありませんが、今は戦闘中です。 買い物をしている場合ではありません。▼ まずは賊を倒しましょう。 そのあとで、一緒に屋台をまわりますよ。▼ 荷物持ちでもなんでもしますから。▼
[ピエリ]
そんなのいやなの! ピエリは今すぐお祭りを楽しみたいの!▼ ふ… ふ…ふ…▼ ふえーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん なのーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!▼
[ヒサメ]
わーっ!母さん! 母さん! わかりました!▼ じゃあ、こうしましょう! 賊を倒すまで我慢してくれたら…▼ 今日こそリボンをつけます! それでどうですか!?▼
[ピエリ]
…え?▼
[ヒサメ]
母さんがくれた、 ヒラヒラのついた真っ赤なリボンです!▼ それを頭に巻いて、屋台をまわります!▼
[ピエリ]
…ほんとなの?▼
[ヒサメ]
うん、本当なの! 約束なの!▼ …いや、違う違う! 感情が高ぶって、つい母さんの口調に…▼
[ピエリ]
…………▼ わかったの。 ヒサメ…ありがとうなの。▼ お母さん想いの子に育ってくれて ピエリとっても嬉しいのよ。▼ …そうよね、ピエリはお母さんだもの。 お買い物は戦闘が終わるまで我慢するの。▼
[ヒサメ]
よかった…▼
[ピエリ]
そうと決まれば賊を倒すの。 一瞬で皆殺しにしてやるのよっ!▼ ヒサメのことも、 絶対にピエリが守るのよ!▼
[ヒサメ]
…父さん。父さんは恥ずかしがって 母さんに返したリボンは…▼ 結局、私がつけることになりそうです。▼ …ああ… 想像するだけで恥ずかしい…▼

モズメ

[モズメ]
ヒサメ、ちょっとあれ見てみ! おいしそうなものがたくさん売ってるわ!▼
[ヒサメ]
そ、そうですね、母さん。 ですが、もう少し声を潜めないと危険ですよ。▼
[モズメ]
あはは。ごめんごめん。 まだ戦闘中やったね。少しはしゃぎ過ぎたわ。▼
[ヒサメ]
まあ、その気持ちは私にもわかります。▼ こうしてお祭りで一緒に過ごすなど ほとんど初めての経験ですからね。▼
[モズメ]
せやな。 だからあたい、ほんま楽しみやわ。▼ 早く賊を倒して、 お祭りを再開させなな!▼
[ヒサメ]
ええ、母さん。▼
[モズメ]
ヒサメはお祭りで何か欲しいものとかあるん?▼ 今日は子供の成長を願い、祝うお祭りやから、 なんでも好きなもん買うてあげるよ。▼
[ヒサメ]
ははは。 なんでもですか?▼
[モズメ]
なんでもや! あたいがなんでも値切って買うてあげる!▼
[ヒサメ]
そ、そういえば父さんが言っていました。 母さんは…値切りの鬼だと。▼
[モズメ]
お、鬼やなんて失礼やね。 ただちょっとだけ…激しいだけやよ。▼
[ヒサメ]
ははは。母さんの鬼の交渉術、 間近で見れるのが楽しみです。▼
[モズメ]
い、いややわぁ… そんなん言われたらようできなくなるわ…▼
[ヒサメ]
ですが、正確に言うと、 欲しいものがあまり思い浮かびません。▼
[モズメ]
せやの? こんなに色々あるのに。▼
[ヒサメ]
わ、私はただ母さんと一緒にいれるだけで… すごく楽しいし、幸せを感じていますから…▼
[モズメ]
ヒサメ…ありがとうな。 あたいも同じ気持ちやで。▼ でもな、こんだけたくさん屋台が並んでると… 衝動が抑えきれへんわ。▼ あれもそれもこれもどれも… 値切りたいんよ!▼
[ヒサメ]
ははは。 ではあとで、欲しいものを探しますね。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-01 (月) 18:40:51