ミドリコ(白夜)の支援会話

リンカ(親子)

支援C

[ミドリコ]
お母さん。▼
[リンカ]
ミドリコ。 どうした?▼
[ミドリコ]
この間、ひざが痛いって言ってたでしょ?▼ だから、ミドリコ、 お薬を作ってきたの。▼
[リンカ]
あたしのためにか? ありがとう、ミドリコ。▼
[ミドリコ]
えへへ。 今、塗ってあげるね。▼ 痛いの痛いの…飛んでいけー!▼
[リンカ]
さすが、ミドリコ特製の薬だな。 痛みがみるみる引いてきたぞ。▼
[ミドリコ]
本当に? よかったー!▼
[リンカ]
この薬の作り方も、 スズカゼに教えてもらったのか?▼
[ミドリコ]
うん! そうだよ!▼
[リンカ]
ミドリコは本当に研究熱心だな。 スズカゼも鼻が高いだろう。▼
[ミドリコ]
えへへ? そうかな?▼
[リンカ]
ああ。 賢くて、親思いで…▼ お前は、あたしとスズカゼの自慢の娘だ。▼
[ミドリコ]
えへへへへ! 嬉しいなー!▼ ミドリコ、 お母さん大好き!▼
[リンカ]
ああ、 あたしもミドリコが大好きだよ。▼
[ミドリコ]
うん!▼

支援B

[ミドリコ]
うっうぅ… ひっく…▼
[リンカ]
どうした、ミドリコ。 さあ、これで涙を拭け。▼
[ミドリコ]
お母さん… お母さーーーん!▼ うわーん! えーーーん!▼
[リンカ]
何か悲しいことでもあったのか?▼
[ミドリコ]
ミドリコ… さっき森で子どもたちに会ったの…▼ でも、子どもたちだけで… 森の奥の方へ行こうとしてたから…▼ 危ないから家に帰りなさいって注意したの…▼ でもね、その子どもたちが… お前も子どもじゃないか、って…▼ それで… ミドリコのことを…▼ うるさい! うるさい! って、みんなで言ってきて…▼ ううう… うわーーん!▼
[リンカ]
そうか…そんなことが…▼ それで、その子どもたちは 無事に家に帰れたのか?▼
[ミドリコ]
うん… ミドリコ、ちゃんと帰るまで注意したから…▼
[リンカ]
そうか。それは何よりだな。▼
[ミドリコ]
…………▼
[リンカ]
泣くな、ミドリコ。▼ いいことをしても、それが相手に 必ずしも喜ばれるものではない。▼ だからと言って、お前は 人を助けることをやめてしまうのか?▼
[ミドリコ]
…やめない。 …ミドリコはやめないよ。▼
[リンカ]
そうか、偉いぞ。▼ 大丈夫だ、たとえミドリコの行いが 誰にも伝わらなくても…▼ あたしだけはわかってる。 お前を信じてるぞ。▼ だから安心して自分が いいと思ったことをやればいい。▼
[ミドリコ]
ぐすっ… ありがとう、お母さん。▼

支援A

[ミドリコ]
お母さん!▼
[リンカ]
おや、ミドリコ。 今日はずいぶんご機嫌だな。▼
[ミドリコ]
うん! とってもいいことがあったんだ!▼ この間、森に来てた 子どもたちの話をしたでしょ?▼
[リンカ]
ああ。 ミドリコが注意した子たちだな?▼
[ミドリコ]
うん!▼ さっき、その子たちと 街で会ったんだけど。▼ この間のことを、 ミドリコに謝ってくれたの!▼
[リンカ]
おや、 そうなのか?▼
[ミドリコ]
うん!▼ 僕たちのために注意してくれたのに、 意地悪を言ってごめんなさい、って。▼
[リンカ]
そうか。 ミドリコのことをわかってくれたんだな。▼
[ミドリコ]
あの子たち、森から帰った後、 お母さんに怒られたんだって。▼ それで、ミドリコにも謝らないと いけないって思ったんだって。▼
[リンカ]
その子たちも、 本当は優しい子たちだったんだな。▼
[ミドリコ]
うん! もう、友だちになったんだよ!▼
[リンカ]
それはよかった。 あたしも嬉しいぞ。▼
[ミドリコ]
それで…あのね… 今度、一緒に森に行かないか、って…▼
[リンカ]
なに、森へ?▼
[ミドリコ]
ミドリコが一緒なら、 大丈夫だとは思うけど…▼ やっぱり…ダメかな? 誰か大人の人も一緒じゃないと?▼
[リンカ]
そうだな。 本当ならそれが一番だが…▼ 森の奥には行かないこと。 危ないことは絶対にしない。▼ それをちゃんと守れるなら、 あたしはお前に任せるぞ。▼
[ミドリコ]
本当に!? ミドリコ約束する!▼ 森の奥には行きません! 危ないことも絶対にしません!▼
[リンカ]
わかった。 じゃあ、気をつけて行ってこい。▼
[ミドリコ]
うん! ありがとう、お母さん!▼

サクラ(親子)

支援C

[ミドリコ]
お母さん。▼
[サクラ]
ミドリコ。 どうしたんですか?▼
[ミドリコ]
この間、ひざが痛いって言ってたでしょ?▼ だから、ミドリコ、 お薬を作ってきたの。▼
[サクラ]
まあ、私のために? ありがとうございます、ミドリコ。▼
[ミドリコ]
えへへ。 今、塗ってあげるね。▼ 痛いの痛いの…飛んでいけー!▼
[サクラ]
さすが、ミドリコ特製のお薬ですね。▼ 膝がとっても楽になりました!▼
[ミドリコ]
本当に? よかったー!▼
[サクラ]
このお薬の作り方も、 スズカゼさんに教えてもらったんですか?▼
[ミドリコ]
うん! そうだよ!▼
[サクラ]
ミドリコは本当に勉強熱心なんですね。 スズカゼさんも鼻が高いでしょう。▼
[ミドリコ]
えへへ? そうかな?▼
[サクラ]
ええ。だってミドリコは こんなに優しくていい子なんですから…▼ 私もスズカゼさんも、 ミドリコをとても誇りに思います。▼
[ミドリコ]
えへへへへ! 嬉しいなー!▼ ミドリコ、 お母さん大好き!▼
[サクラ]
はい! 私もミドリコが大好きです。▼
[ミドリコ]
うん!▼

支援B

[ミドリコ]
うっうぅ… ひっく…▼
[サクラ]
まあ、ミドリコ…! さあ、これで涙を拭いてください。▼
[ミドリコ]
お母さん… お母さーーーん!▼ うわーん! えーーーん!▼
[サクラ]
どうかしたんですか? 何か悲しいことでもありました?▼
[ミドリコ]
ミドリコ… さっき森で子どもたちに会ったの…▼ でも、子どもたちだけで… 森の奥の方へ行こうとしてたから…▼ 危ないから家に帰りなさいって注意したの…▼ でもね、その子どもたちが… お前も子どもじゃないか、って…▼ それで… ミドリコのことを…▼ うるさい! うるさい! って、みんなで言ってきて…▼ ううう… うわーーん!▼
[サクラ]
…そんなことがあったんですか…▼ それで、その子どもたちは 無事におうちに帰れたんですか?▼
[ミドリコ]
うん… ミドリコ、ちゃんと帰るまで注意したから…▼
[サクラ]
そうですか。それは何よりでしたね。▼
[ミドリコ]
…………▼
[サクラ]
ミドリコ、そんな顔をしないでください。▼ 悲しいけれど、いいことをしてもそれが 相手に伝わらないこともあるんです。▼ だからと言って…ミドリコは、 人を助けることをやめてしまうんですか?▼
[ミドリコ]
…やめない。 …ミドリコはやめないよ。▼
[サクラ]
そうですか、偉いですね。▼ たとえミドリコの行いが 誰にも伝わらなくても…▼ 私だけはわかっています。 何があっても、ミドリコを信じていますよ。▼ だから安心して自分が いいと思ったことをやり続けてください。▼
[ミドリコ]
ぐすっ… ありがとう、お母さん。▼

支援A

[ミドリコ]
お母さん!▼
[サクラ]
ミドリコ。 今日はご機嫌ですね。▼
[ミドリコ]
うん! とってもいいことがあったんだ!▼ この間、森に来てた 子どもたちの話をしたでしょ?▼
[サクラ]
はい。 ミドリコが注意した子たちですね?▼
[ミドリコ]
うん!▼ さっき、その子たちと 街で会ったんだけど。▼ この間のことを、 ミドリコに謝ってくれたの!▼
[サクラ]
まあ、 そうなんですか?▼
[ミドリコ]
うん!▼ 僕たちのために注意してくれたのに、 意地悪を言ってごめんなさい、って。▼
[サクラ]
そうですか。 ミドリコのことをわかってくれたんですね…▼
[ミドリコ]
あの子たち、森から帰った後、 お母さんに怒られたんだって。▼ それで、ミドリコにも謝らないと いけないって思ったんだって。▼
[サクラ]
その子たちも優しい子たちですね。▼
[ミドリコ]
うん! もう、友だちになったんだよ!▼
[サクラ]
そうですか。 それはよかったです!▼
[ミドリコ]
それで…あのね… 今度、一緒に森に行かないか、って…▼
[サクラ]
えっ、森へ?▼
[ミドリコ]
ミドリコが一緒なら、 大丈夫だとは思うけど…▼ やっぱり…ダメかな? 誰か大人の人も一緒じゃないと?▼
[サクラ]
そうですね。 本当ならそれが一番ですが…▼ 森の奥には行かないこと。 危ないことは絶対にしない。▼ それをちゃんと守れるなら、 私はいいと思います。▼
[ミドリコ]
本当に!? ミドリコ約束する!▼ 森の奥には行きません! 危ないことも絶対にしません!▼
[サクラ]
わかりました。 じゃあ、楽しんできてくださいね。▼
[ミドリコ]
うん! ありがとう、お母さん!▼

カザハナ(親子)

支援C

[ミドリコ]
お母さん。▼
[カザハナ]
あら、ミドリコ。 どうしたの?▼
[ミドリコ]
この間、ひざが痛いって言ってたでしょ?▼ だから、ミドリコ、 お薬を作ってきたの。▼
[カザハナ]
まあ、あたしのために? ありがとう、ミドリコ!▼
[ミドリコ]
えへへ。 今、塗ってあげるね。▼ 痛いの痛いの…飛んでいけー!▼
[カザハナ]
わあ…、さすがミドリコ特製のお薬ね。 痛みがみるみる引いてきたわ!▼
[ミドリコ]
本当に? よかったー!▼
[カザハナ]
この薬の作り方も、 スズカゼに教えてもらったの?▼
[ミドリコ]
うん! そうだよ!▼
[カザハナ]
ミドリコは本当に研究熱心なのね。 スズカゼも鼻が高いでしょうね。▼
[ミドリコ]
えへへ? そうかな?▼
[カザハナ]
もちろん! こんなにいい子に育ってくれたんだもの。▼ ミドリコは、あたしとスズカゼの 自慢の娘だわ!▼
[ミドリコ]
えへへへへ! 嬉しいなー!▼ ミドリコ、 お母さん大好き!▼
[カザハナ]
うふふっ、 あたしもミドリコが大好きよ!▼
[ミドリコ]
うん!▼

支援B

[ミドリコ]
うっうぅ… ひっく…▼
[カザハナ]
どうしたの、ミドリコ?! はい、これで涙を拭いなさい。▼
[ミドリコ]
お母さん… お母さーーーん!▼ うわーん! えーーーん!▼
[カザハナ]
何か悲しいことでもあった?▼
[ミドリコ]
ミドリコ… さっき森で子どもたちに会ったの…▼ でも、子どもたちだけで… 森の奥の方へ行こうとしてたから…▼ 危ないから家に帰りなさいって注意したの…▼ でもね、その子どもたちが… お前も子どもじゃないか、って…▼ それで… ミドリコのことを…▼ うるさい! うるさい! って、みんなで言ってきて…▼ ううう… うわーーん!▼
[カザハナ]
そう…そんなことがあったの…▼ それで、子どもたちは無事に家に帰れた?▼
[ミドリコ]
うん… ミドリコ、ちゃんと帰るまで注意したから…▼
[カザハナ]
それはよかったわね。▼
[ミドリコ]
…………▼
[カザハナ]
ミドリコ、そんな顔をしないの。▼ たとえ本当はいいことでも、 相手には伝わらないことってあるのよ。▼ ミドリコは、伝わらないからと言って 人を助けるのをやめてしまうの?▼
[ミドリコ]
…やめない。 …ミドリコはやめないよ。▼
[カザハナ]
そう!偉いわ。▼ 大丈夫、たとえミドリコの行いが 誰にも伝わらなくても…▼ あたしだけはわかってるから。 いつも見守っているからね。▼ だから、安心して自分が 正しいと思ったことをやっていいのよ。▼
[ミドリコ]
ぐすっ… ありがとう、お母さん。▼

支援A

[ミドリコ]
お母さん!▼
[カザハナ]
あら、ミドリコ。 今日はご機嫌なのね!▼
[ミドリコ]
うん! とってもいいことがあったんだ!▼ この間、森に来てた 子どもたちの話をしたでしょ?▼
[カザハナ]
ええ。 ミドリコが注意した子供たちのことね?▼
[ミドリコ]
うん!▼ さっき、その子たちと 街で会ったんだけど。▼ この間のことを、 ミドリコに謝ってくれたの!▼
[カザハナ]
まあ、 そうなの?▼
[ミドリコ]
うん!▼ 僕たちのために注意してくれたのに、 意地悪を言ってごめんなさい、って。▼
[カザハナ]
ミドリコのことをわかってくれたのね! よかった!!▼
[ミドリコ]
あの子たち、森から帰った後、 お母さんに怒られたんだって。▼ それで、ミドリコにも謝らないと いけないって思ったんだって。▼
[カザハナ]
その子たちも、本当は優しい子たちなのね。▼
[ミドリコ]
うん! もう、友だちになったんだよ!▼
[カザハナ]
よかったわね。 あたしも嬉しいわ。▼
[ミドリコ]
それで…あのね… 今度、一緒に森に行かないか、って…▼
[カザハナ]
えっ、森へ?▼
[ミドリコ]
ミドリコが一緒なら、 大丈夫だとは思うけど…▼ やっぱり…ダメかな? 誰か大人の人も一緒じゃないと?▼
[カザハナ]
う〜ん… 本当ならそれが一番だけど…▼ 森の奥には行かないこと。 危ないことは絶対にしない。▼ それをちゃんと守れるなら、 あたしはいいと思うわ。▼
[ミドリコ]
本当に!? ミドリコ約束する!▼ 森の奥には行きません! 危ないことも絶対にしません!▼
[カザハナ]
よし、約束よ! じゃあ、楽しんでいらっしゃい。▼
[ミドリコ]
うん! ありがとう、お母さん!▼

オロチ(親子)

支援C

[ミドリコ]
お母さん。▼
[オロチ]
おや、ミドリコ。 どうしたのじゃ?▼
[ミドリコ]
この間、ひざが痛いって言ってたでしょ?▼ だから、ミドリコ、 お薬を作ってきたの。▼
[オロチ]
わらわの為にか? それはかたじけないのう。▼
[ミドリコ]
えへへ。 今、塗ってあげるね。▼ 痛いの痛いの…飛んでいけー!▼
[オロチ]
さすが、ミドリコ特製の薬じゃな。 痛みがみるみる引いてきたぞ。▼
[ミドリコ]
本当に? よかったー!▼
[オロチ]
この薬の作り方も、 スズカゼに教えてもらったのかえ?▼
[ミドリコ]
うん! そうだよ!▼
[オロチ]
ミドリコは本当に研究熱心じゃな。 スズカゼも鼻が高かろう。▼
[ミドリコ]
えへへ? そうかな?▼
[オロチ]
ああ。 こんなにいい子に育ってくれたのじゃからな。▼ わらわもスズカゼも、 ミドリコを誇りに思うぞ。▼
[ミドリコ]
えへへへへ! 嬉しいなー!▼ ミドリコ、 お母さん大好き!▼
[オロチ]
おやおや… わらわもミドリコが大好きじゃ。▼
[ミドリコ]
うん!▼

支援B

[ミドリコ]
うっうぅ… ひっく…▼
[オロチ]
どうした、ミドリコ。 さあ、これで涙を拭くがよい。▼
[ミドリコ]
お母さん… お母さーーーん!▼ うわーん! えーーーん!▼
[オロチ]
何ぞ悲しいことでもあったのか?▼
[ミドリコ]
ミドリコ… さっき森で子どもたちに会ったの…▼ でも、子どもたちだけで… 森の奥の方へ行こうとしてたから…▼ 危ないから家に帰りなさいって注意したの…▼ でもね、その子どもたちが… お前も子どもじゃないか、って…▼ それで… ミドリコのことを…▼ うるさい! うるさい! って、みんなで言ってきて…▼ ううう… うわーーん!▼
[オロチ]
…そんなことが…▼ それで、その子どもたちは 無事に家に帰れたのか?▼
[ミドリコ]
うん… ミドリコ、ちゃんと帰るまで注意したから…▼
[オロチ]
そうか。それは何よりじゃのう。▼
[ミドリコ]
…………▼
[オロチ]
ミドリコよ、そんな顔をするでない。▼ よいことをしても、相手にそうと伝わらぬことは 往々にしてあることじゃ。▼ ミドリコは、伝わらぬからと言って 己がいいと思う行いをやめるのか?▼
[ミドリコ]
…やめない。 …ミドリコはやめないよ。▼
[オロチ]
そうか、そなたは立派じゃの。▼ 案ずるな、たとえミドリコの行いが 誰にも伝わらずとも…▼ この母だけはわかっておるからな。 いつでもそなたを見守っておる。▼ だから安心して、己がよかれと思ったことを やるがよいぞ。▼
[ミドリコ]
ぐすっ… ありがとう、お母さん。▼

支援A

[ミドリコ]
お母さん!▼
[オロチ]
おや、ミドリコ。 今日はご機嫌じゃのう。▼
[ミドリコ]
うん! とってもいいことがあったんだ!▼ この間、森に来てた 子どもたちの話をしたでしょ?▼
[オロチ]
ああ。 そなたが注意した子供たちのことか?▼
[ミドリコ]
うん!▼ さっき、その子たちと 街で会ったんだけど。▼ この間のことを、 ミドリコに謝ってくれたの!▼
[オロチ]
ほう、 そうであったか。▼
[ミドリコ]
うん!▼ 僕たちのために注意してくれたのに、 意地悪を言ってごめんなさい、って。▼
[オロチ]
それは何よりじゃ。 ミドリコのことをわかってくれたのじゃのう。▼
[ミドリコ]
あの子たち、森から帰った後、 お母さんに怒られたんだって。▼ それで、ミドリコにも謝らないと いけないって思ったんだって。▼
[オロチ]
その子たちも、優しい子たちじゃの。▼
[ミドリコ]
うん! もう、友だちになったんだよ!▼
[オロチ]
そうか。 それはよかったのう。▼
[ミドリコ]
それで…あのね… 今度、一緒に森に行かないか、って…▼
[オロチ]
森へ?▼
[ミドリコ]
ミドリコが一緒なら、 大丈夫だとは思うけど…▼ やっぱり…ダメかな? 誰か大人の人も一緒じゃないと?▼
[オロチ]
ふむ… 本当ならそれが一番であろうが…▼ 森の奥には行かぬこと。 危ないことは絶対にせぬこと。▼ それをきちんと守れるなら、 わらわはよいと思うぞ。▼
[ミドリコ]
本当に!? ミドリコ約束する!▼ 森の奥には行きません! 危ないことも絶対にしません!▼
[オロチ]
そうか。 ならば、楽しんでくるがよい。▼
[ミドリコ]
うん! ありがとう、お母さん!▼

ヒノカ(親子)

支援C

[ミドリコ]
お母さん。▼
[ヒノカ]
ミドリコか。 どうした?▼
[ミドリコ]
この間、ひざが痛いって言ってたでしょ?▼ だから、ミドリコ、 お薬を作ってきたの。▼
[ヒノカ]
わざわざ私のために? それはありがたいな。▼
[ミドリコ]
えへへ。 今、塗ってあげるね。▼ 痛いの痛いの…飛んでいけー!▼
[ヒノカ]
ふむ…さすが、ミドリコ特製の薬だな。 痛みがみるみる引いていくぞ。▼
[ミドリコ]
本当に? よかったー!▼
[ヒノカ]
この薬の作り方も、 スズカゼに教えてもらったものなのか?▼
[ミドリコ]
うん! そうだよ!▼
[ヒノカ]
ミドリコは本当に勉強熱心だな。 スズカゼもさぞ鼻が高いことだろう。▼
[ミドリコ]
えへへ? そうかな?▼
[ヒノカ]
ああ。 真面目で勉強家で、その上親思いで…▼ お前は私とスズカゼの自慢の娘だよ、 ミドリコ。▼
[ミドリコ]
えへへへへ! 嬉しいなー!▼ ミドリコ、 お母さん大好き!▼
[ヒノカ]
ああ、 私もミドリコが大好きだ。▼
[ミドリコ]
うん!▼

支援B

[ミドリコ]
うっうぅ… ひっく…▼
[ヒノカ]
どうしたミドリコ。 さあ、これで涙を拭け。▼
[ミドリコ]
お母さん… お母さーーーん!▼ うわーん! えーーーん!▼
[ヒノカ]
何か悲しいことがあったか? 泣いていては分からんぞ。▼
[ミドリコ]
ミドリコ… さっき森で子どもたちに会ったの…▼ でも、子どもたちだけで… 森の奥の方へ行こうとしてたから…▼ 危ないから家に帰りなさいって注意したの…▼ でもね、その子どもたちが… お前も子どもじゃないか、って…▼ それで… ミドリコのことを…▼ うるさい! うるさい! って、みんなで言ってきて…▼ ううう… うわーーん!▼
[ヒノカ]
そうか…そんなことが…▼ それで、その子供たちは 無事に家に帰れたのか?▼
[ミドリコ]
うん… ミドリコ、ちゃんと帰るまで注意したから…▼
[ヒノカ]
それは何よりだったな。▼
[ミドリコ]
…………▼
[ヒノカ]
泣くな、ミドリコ。▼ たとえよい行いだとしても、 それが相手に喜ばれるとは限らないものだ。▼ だからと言って、お前は 人を助けることを止めてしまうのか?▼
[ミドリコ]
…やめない。 …ミドリコはやめないよ。▼
[ヒノカ]
そうか、それでいい。▼ たとえミドリコの行いが 誰にも伝わらなくても…▼ 私だけはわかっている。 いつもお前を見守っているぞ。▼ だから安心して自分が よいと思った行いをすればいい。▼
[ミドリコ]
ぐすっ… ありがとう、お母さん。▼

支援A

[ミドリコ]
お母さん!▼
[ヒノカ]
何だ、ミドリコ。 今日はご機嫌じゃないか。▼
[ミドリコ]
うん! とってもいいことがあったんだ!▼ この間、森に来てた 子どもたちの話をしたでしょ?▼
[ヒノカ]
ああ。 ミドリコが注意した子たちだな?▼
[ミドリコ]
うん!▼ さっき、その子たちと 街で会ったんだけど。▼ この間のことを、 ミドリコに謝ってくれたの!▼
[ヒノカ]
おや。 そうなのか?▼
[ミドリコ]
うん!▼ 僕たちのために注意してくれたのに、 意地悪を言ってごめんなさい、って。▼
[ヒノカ]
そうか。 ミドリコのことをわかってくれたんだな。▼
[ミドリコ]
あの子たち、森から帰った後、 お母さんに怒られたんだって。▼ それで、ミドリコにも謝らないと いけないって思ったんだって。▼
[ヒノカ]
その子たちも、本来は優しい子たちなんだろう。▼
[ミドリコ]
うん! もう、友だちになったんだよ!▼
[ヒノカ]
そうか。 それはよかった。▼
[ミドリコ]
それで…あのね… 今度、一緒に森に行かないか、って…▼
[ヒノカ]
森へ?▼
[ミドリコ]
ミドリコが一緒なら、 大丈夫だとは思うけど…▼ やっぱり…ダメかな? 誰か大人の人も一緒じゃないと?▼
[ヒノカ]
そうだな。 本当ならそれが一番だが…▼ 森の奥には行かないこと。 危ないことは絶対にしない。▼ それをきちんと守れるなら、 私はお前に任せたいと思う。▼
[ミドリコ]
本当に!? ミドリコ約束する!▼ 森の奥には行きません! 危ないことも絶対にしません!▼
[ヒノカ]
わかった。 じゃあ、楽しんでくるといい。▼
[ミドリコ]
うん! ありがとう、お母さん!▼

セツナ(親子)

支援C

[ミドリコ]
お母さん。▼
[セツナ]
あら、ミドリコ。 どうしたの…?▼
[ミドリコ]
この間、ひざが痛いって言ってたでしょ?▼ だから、ミドリコ、 お薬を作ってきたの。▼
[セツナ]
私のために? ありがとう、ミドリコ…▼
[ミドリコ]
えへへ。 今、塗ってあげるね。▼ 痛いの痛いの…飛んでいけー!▼
[セツナ]
さすが、ミドリコ特製の薬… 痛みがあっという間に引いてきたわ。▼
[ミドリコ]
本当に? よかったー!▼
[セツナ]
この薬の作り方も、 スズカゼに教えてもらったの?▼
[ミドリコ]
うん! そうだよ!▼
[セツナ]
ミドリコは本当に勉強熱心… スズカゼもきっと鼻が高いでしょうね。▼
[ミドリコ]
えへへ? そうかな?▼
[セツナ]
ええ… 真面目で親思いのいい子で…▼ ミドリコは、私とスズカゼの 自慢の娘よ…▼
[ミドリコ]
えへへへへ! 嬉しいなー!▼ ミドリコ、 お母さん大好き!▼
[セツナ]
ええ… 私もミドリコが大好き…▼
[ミドリコ]
うん!▼

支援B

[ミドリコ]
うっうぅ… ひっく…▼
[セツナ]
どうしたの、ミドリコ… これで涙を拭いて。▼
[ミドリコ]
お母さん… お母さーーーん!▼ うわーん! えーーーん!▼
[セツナ]
何か悲しいことがあったの…?▼
[ミドリコ]
ミドリコ… さっき森で子どもたちに会ったの…▼ でも、子どもたちだけで… 森の奥の方へ行こうとしてたから…▼ 危ないから家に帰りなさいって注意したの…▼ でもね、その子どもたちが… お前も子どもじゃないか、って…▼ それで… ミドリコのことを…▼ うるさい! うるさい! って、みんなで言ってきて…▼ ううう… うわーーん!▼
[セツナ]
…そう…そんなことが…▼ それで、その子どもたちは 無事に家に帰れた…?▼
[ミドリコ]
うん… ミドリコ、ちゃんと帰るまで注意したから…▼
[セツナ]
それはよかった…▼
[ミドリコ]
…………▼
[セツナ]
ミドリコ、そんな顔をしないで。▼ いいことをしても、必ずしも相手に 喜ばれるとは限らない…そういうもの…▼ ミドリコは、だからと言って 人を助けるのを止めてしまうの…?▼
[ミドリコ]
…やめない。 …ミドリコはやめないよ。▼
[セツナ]
そう…それでいい…▼ たとえミドリコの行いが 誰にも伝わらなくても…▼ 私はちゃんと見ている。 ミドリコのことを信じてる。▼ だから安心して自分が いいと思ったことをやりなさい…▼
[ミドリコ]
ぐすっ… ありがとう、お母さん。▼

支援A

[ミドリコ]
お母さん!▼
[セツナ]
あら、ミドリコ。 今日は元気ね…▼
[ミドリコ]
うん! とってもいいことがあったんだ!▼ この間、森に来てた 子どもたちの話をしたでしょ?▼
[セツナ]
ええ。 ミドリコが注意した子たち…?▼
[ミドリコ]
うん!▼ さっき、その子たちと 街で会ったんだけど。▼ この間のことを、 ミドリコに謝ってくれたの!▼
[セツナ]
あら… そうなの?▼
[ミドリコ]
うん!▼ 僕たちのために注意してくれたのに、 意地悪を言ってごめんなさい、って。▼
[セツナ]
そう。 ミドリコのことをわかってくれたのね…▼
[ミドリコ]
あの子たち、森から帰った後、 お母さんに怒られたんだって。▼ それで、ミドリコにも謝らないと いけないって思ったんだって。▼
[セツナ]
その子たちも、本当はいい子たちなのね…▼
[ミドリコ]
うん! もう、友だちになったんだよ!▼
[セツナ]
そう。 それはよかった…▼
[ミドリコ]
それで…あのね… 今度、一緒に森に行かないか、って…▼
[セツナ]
森へ…?▼
[ミドリコ]
ミドリコが一緒なら、 大丈夫だとは思うけど…▼ やっぱり…ダメかな? 誰か大人の人も一緒じゃないと?▼
[セツナ]
そうね… 本当ならそれが一番だけど…▼ 森の奥には行かないこと。 危ないことは絶対にしない。▼ それをちゃんと守れるなら、 私はいいと思う…▼
[ミドリコ]
本当に!? ミドリコ約束する!▼ 森の奥には行きません! 危ないことも絶対にしません!▼
[セツナ]
そう。 じゃあ、行ってらっしゃい。▼
[ミドリコ]
うん! ありがとう、お母さん!▼

オボロ(親子)

支援C

[ミドリコ]
お母さん。▼
[オボロ]
あら、ミドリコ。 何か用?▼
[ミドリコ]
この間、ひざが痛いって言ってたでしょ?▼ だから、ミドリコ、 お薬を作ってきたの。▼
[オボロ]
えっ、私のために? ありがとう!▼
[ミドリコ]
えへへ。 今、塗ってあげるね。▼ 痛いの痛いの…飛んでいけー!▼
[オボロ]
さっすが、ミドリコ特製のお薬ね。 あっという間に痛くなくなっちゃった!▼
[ミドリコ]
本当に? よかったー!▼
[オボロ]
ひょっとして、この薬の作り方も、 スズカゼに教えてもらったの?▼
[ミドリコ]
うん! そうだよ!▼
[オボロ]
ミドリコは本当に勉強熱心だね。 スズカゼもきっと喜んでるよ。▼
[ミドリコ]
えへへ? そうかな?▼
[オボロ]
うん! こんなにいい子に育ってくれたんだもん。▼ ミドリコは、私とスズカゼの 自慢の娘だわ。▼
[ミドリコ]
えへへへへ! 嬉しいなー!▼ ミドリコ、 お母さん大好き!▼
[オボロ]
あははっ、 私もミドリコが大好きだよ。▼
[ミドリコ]
うん!▼

支援B

[ミドリコ]
うっうぅ… ひっく…▼
[オボロ]
どうしたの、ミドリコ?! ほら、これで涙を拭いて。▼
[ミドリコ]
お母さん… お母さーーーん!▼ うわーん! えーーーん!▼
[オボロ]
何か悲しいことでもあったの?▼
[ミドリコ]
ミドリコ… さっき森で子どもたちに会ったの…▼ でも、子どもたちだけで… 森の奥の方へ行こうとしてたから…▼ 危ないから家に帰りなさいって注意したの…▼ でもね、その子どもたちが… お前も子どもじゃないか、って…▼ それで… ミドリコのことを…▼ うるさい! うるさい! って、みんなで言ってきて…▼ ううう… うわーーん!▼
[オボロ]
…そっか、そんなことがあったんだ。▼ それで、子どもたちは無事に家に帰れた?▼
[ミドリコ]
うん… ミドリコ、ちゃんと帰るまで注意したから…▼
[オボロ]
そう。それはよかったね。▼
[ミドリコ]
…………▼
[オボロ]
ミドリコ、そんな顔をしないの。▼ たとえいいことでも、それが 相手に伝わらないことだってあるわ。▼ ミドリコは、伝わらなければ いいことをするのをやめてしまうの?▼
[ミドリコ]
…やめない。 …ミドリコはやめないよ。▼
[オボロ]
そう。それでいいんだよ。▼ 大丈夫、たとえミドリコの行いが 誰にも伝わらなくても…▼ 私はちゃんと見ててあげる。 ミドリコを信じてるよ。▼ だから安心して、ミドリコが いいと思ったことをしていいんだからね。▼
[ミドリコ]
ぐすっ… ありがとう、お母さん。▼

支援A

[ミドリコ]
お母さん!▼
[オボロ]
あれ、ミドリコ。 今日はご機嫌だね。▼
[ミドリコ]
うん! とってもいいことがあったんだ!▼ この間、森に来てた 子どもたちの話をしたでしょ?▼
[オボロ]
うん。 ミドリコが注意した子たちでしょ?▼
[ミドリコ]
うん!▼ さっき、その子たちと 街で会ったんだけど。▼ この間のことを、 ミドリコに謝ってくれたの!▼
[オボロ]
へえ、 そうなんだ。▼
[ミドリコ]
うん!▼ 僕たちのために注意してくれたのに、 意地悪を言ってごめんなさい、って。▼
[オボロ]
そっか。 ミドリコのことをわかってくれたんだね。▼
[ミドリコ]
あの子たち、森から帰った後、 お母さんに怒られたんだって。▼ それで、ミドリコにも謝らないと いけないって思ったんだって。▼
[オボロ]
その子たちも、みんないい子だね。▼
[ミドリコ]
うん! もう、友だちになったんだよ!▼
[オボロ]
よかった。私も嬉しいよ。▼
[ミドリコ]
それで…あのね… 今度、一緒に森に行かないか、って…▼
[オボロ]
森へ?▼
[ミドリコ]
ミドリコが一緒なら、 大丈夫だとは思うけど…▼ やっぱり…ダメかな? 誰か大人の人も一緒じゃないと?▼
[オボロ]
う〜ん… 本当ならそれが一番だけど…▼ 森の奥には行かないこと。 危ないことは絶対にしない。▼ それをちゃんと守れるなら、 私はいいと思うよ。▼
[ミドリコ]
本当に!? ミドリコ約束する!▼ 森の奥には行きません! 危ないことも絶対にしません!▼
[オボロ]
わかった! じゃあ、楽しんでおいで。▼
[ミドリコ]
うん! ありがとう、お母さん!▼

カゲロウ(親子)

支援C

[ミドリコ]
お母さん。▼
[カゲロウ]
ミドリコ… どうした?▼
[ミドリコ]
この間、ひざが痛いって言ってたでしょ?▼ だから、ミドリコ、 お薬を作ってきたの。▼
[カゲロウ]
そうか、それはすまぬな。▼
[ミドリコ]
えへへ。 今、塗ってあげるね。▼ 痛いの痛いの…飛んでいけー!▼
[カゲロウ]
ああ、痛みが引いてきた… さすがミドリコ特製の薬だな。▼
[ミドリコ]
本当に? よかったー!▼
[カゲロウ]
この薬の作り方も、 スズカゼに教えてもらったのか?▼
[ミドリコ]
うん! そうだよ!▼
[カゲロウ]
ミドリコは本当に研究熱心だな。 スズカゼも鼻が高かろう。▼
[ミドリコ]
えへへ? そうかな?▼
[カゲロウ]
ああ。 こんなによい子に育ってくれたんだ。▼ 私もスズカゼも、 お前を誇りに思うぞ。▼
[ミドリコ]
えへへへへ! 嬉しいなー!▼ ミドリコ、 お母さん大好き!▼
[カゲロウ]
そうか… 私もミドリコが大好きだよ。▼
[ミドリコ]
うん!▼

支援B

[ミドリコ]
うっうぅ… ひっく…▼
[カゲロウ]
どうした、ミドリコ。 さあ、これで涙を拭け。▼
[ミドリコ]
お母さん… お母さーーーん!▼ うわーん! えーーーん!▼
[カゲロウ]
何か悲しいことでもあったのか?▼
[ミドリコ]
ミドリコ… さっき森で子どもたちに会ったの…▼ でも、子どもたちだけで… 森の奥の方へ行こうとしてたから…▼ 危ないから家に帰りなさいって注意したの…▼ でもね、その子どもたちが… お前も子どもじゃないか、って…▼ それで… ミドリコのことを…▼ うるさい! うるさい! って、みんなで言ってきて…▼ ううう… うわーーん!▼
[カゲロウ]
そうか、そんなことが…▼ それで、子どもたちは無事に家に帰れたのか?▼
[ミドリコ]
うん… ミドリコ、ちゃんと帰るまで注意したから…▼
[カゲロウ]
それは何よりだったな。▼
[ミドリコ]
…………▼
[カゲロウ]
泣くな、ミドリコ。▼ 正しい行いが、相手にこころよく 受け入れられるとは限らぬものだ。▼ ミドリコは、だからと言って 自分が正しいと思う行いをやめるのか?▼
[ミドリコ]
…やめない。 …ミドリコはやめないよ。▼
[カゲロウ]
そうか、偉いぞ。▼ たとえミドリコの行いが 誰にも上手く伝わらなくても…▼ 私だけはわかっている。 何があってもお前を信じているぞ。▼ だから、安心して自分が よいと思ったことをやればいい。▼
[ミドリコ]
ぐすっ… ありがとう、お母さん。▼

支援A

[ミドリコ]
お母さん!▼
[カゲロウ]
ミドリコ… 今日は上機嫌だな。▼
[ミドリコ]
うん! とってもいいことがあったんだ!▼ この間、森に来てた 子どもたちの話をしたでしょ?▼
[カゲロウ]
ああ。 お前が注意した子供たちか?▼
[ミドリコ]
うん!▼ さっき、その子たちと 街で会ったんだけど。▼ この間のことを、 ミドリコに謝ってくれたの!▼
[カゲロウ]
ほう… そうなのか。▼
[ミドリコ]
うん!▼ 僕たちのために注意してくれたのに、 意地悪を言ってごめんなさい、って。▼
[カゲロウ]
そうか。 お前のことをわかってくれたんだな。▼
[ミドリコ]
あの子たち、森から帰った後、 お母さんに怒られたんだって。▼ それで、ミドリコにも謝らないと いけないって思ったんだって。▼
[カゲロウ]
その子たちも、よい子たちなのだな。▼
[ミドリコ]
うん! もう、友だちになったんだよ!▼
[カゲロウ]
そうか… よかったな。▼
[ミドリコ]
それで…あのね… 今度、一緒に森に行かないか、って…▼
[カゲロウ]
森へ?▼
[ミドリコ]
ミドリコが一緒なら、 大丈夫だとは思うけど…▼ やっぱり…ダメかな? 誰か大人の人も一緒じゃないと?▼
[カゲロウ]
そうだな。 本来ならそれが一番だが…▼ 森の奥には行かない。 危ないことは絶対にしない。▼ それをちゃんと守れるなら、 私はよいと思うぞ。▼
[ミドリコ]
本当に!? ミドリコ約束する!▼ 森の奥には行きません! 危ないことも絶対にしません!▼
[カゲロウ]
わかった。 では、楽しんでくるといい。▼
[ミドリコ]
うん! ありがとう、お母さん!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-03 (土) 03:35:35