フェリシアの支援会話

マイユニット男性

マイユニット女性

ジョーカー

支援C

[ジョーカー]
遅いぞ、フェリシア!▼ ちんたら用意していたら、 紅茶が冷めるだろうが!▼
[フェリシア]
はわわっ! すみませ~ん!▼ えっと…えっと… お茶菓子は並べたから、次は…▼ あっ!? きゃああああ!▼
[ジョーカー]
…見事なまでに、 全てをひっくり返したな。▼
[フェリシア]
ご、ご、ご、ごめんなさい!▼
[ジョーカー]
菓子を並べて人数分の紅茶を入れる… お前はこの程度のこともできないのか?▼
[フェリシア]
うぅぅ… ちょっと慌ててしまいました…▼
[ジョーカー]
もういい。 あとは俺がやる。▼
[フェリシア]
あの…でも… 私もお手伝いさせてください…▼
[ジョーカー]
いらん。 余計な手間が増えるだけだ。▼ 学ぶ気があるんなら、 そこで俺の仕事ぶりをよく見ておけ。▼
[フェリシア]
…はい。 …わかりました。▼

支援B

[フェリシア]
えっと… 茶葉はこれぐらいの量で…▼
[ジョーカー]
ほう。 紅茶を入れているのか。▼
[フェリシア]
ジョーカーさん!?▼ あの、私も… ジョーカーさんみたいに…▼ 美味しい紅茶を… 入れられるようになりたくて…▼
[ジョーカー]
お前には無理だな。▼
[フェリシア]
はぅぅ…そんな笑顔で ひどいこと言わないでください~…▼
[ジョーカー]
だが事実だ。▼ 俺はギュンターのジジイに 鬼のような指導を受けてきた。▼ その厳しさに耐え忍んだことで、 執事としての技術を身につけたんだ。▼
[フェリシア]
で、でも、私も…▼ ギュンターさんとジョーカーさんから… 厳しい指導をしていただいていました。▼
[ジョーカー]
確かにそうだな。▼ なら、後百年もしたら 使い物になるかもしれんな。▼
[フェリシア]
あぅぅ… 長い道のりですね…▼
[ジョーカー]
そもそも、 お前に紅茶の味の良し悪しがわかるのか?▼
[フェリシア]
そ、それは…▼
[ジョーカー]
紅茶は繊細な飲み物だ。▼ お前にそれを 判断できるのか?▼
[フェリシア]
正直に申し上げると… よく…わからないかもしれません…▼
[ジョーカー]
やはりな。▼ どうりでいつまでたっても 不味い紅茶しか入れないはずだ。▼
[フェリシア]
でも、でも…私…▼ 美味しい紅茶を… 入れられるようになりたいです…▼
[ジョーカー]
…仕方がない。 俺が判断してやろう。▼
[フェリシア]
ほ、本当ですか?▼
[ジョーカー]
さっさと入れろ。 ただし、不味かったら容赦しないからな。▼
[フェリシア]
は、はい! がんばります!▼

支援A

[フェリシア]
ジョーカーさん!▼
[ジョーカー]
なんだ、フェリシア。 騒々しいぞ。▼
[フェリシア]
あ、あの! この紅茶を飲んでみてください!▼
[ジョーカー]
紅茶? フェリシアが入れたのか?▼
[フェリシア]
は、はい! そうです!▼ と、とにかく飲んでいただけませんか!? 冷めないうちにお願いします!▼
[ジョーカー]
…そこまで言うなら飲んでやる。▼
[フェリシア]
ど、どうでしょうか?▼
[ジョーカー]
…美味い。▼
[フェリシア]
や、やっぱり! 美味しいですよね!?▼
[ジョーカー]
信じられん…▼ まさか、フェリシアが こんなに美味い紅茶を入れられるとは…▼
[フェリシア]
わ、私も信じられません。 でも、本当に私が入れたんです。▼
[ジョーカー]
…おかわり。▼
[フェリシア]
…え?▼
[ジョーカー]
もう一杯、飲みたい。 すぐに入れろ。▼
[フェリシア]
は、はい!▼ でも、作った分は それで最後だったので…▼ すぐに新しく作りますね。 少しだけお待ちください。▼

[フェリシア]
もうすぐできあがります。▼
[ジョーカー]
遅い。 待ちくたびれた。▼
[フェリシア]
ふふふ。 申し訳ありません。▼ …でも、ジョーカーさんのおかげですよね。▼ 私が美味しい紅茶を 入れられるようになったのは。▼ こんな私を見捨てずに… ずっとずっと指導をしてくれて…▼ 本当に感謝しています、 ありがとうございました。▼
[ジョーカー]
…無駄口はいらん。 さっさと紅茶を入れろ。▼
[フェリシア]
ふふふ。 できあがりました。▼ どうぞ。 お飲みください。▼
[ジョーカー]
…不味い。▼
[フェリシア]
…え? ええええ!?▼
[ジョーカー]
どうやら、 さっきのは偶然の産物だったようだな。▼
[フェリシア]
そ、そんな… はぅぅ…▼
[ジョーカー]
まだまだお前には指導が足りないようだ。 …これからも厳しくいくからな。▼
[フェリシア]
…はい。 これからもよろしくおねがいしますね。▼

支援S

[フェリシア]
はわわ!? きゃああああ!▼
[ジョーカー]
…またか。
[フェリシア]
す、すみません! 全部、こぼしちゃいました…▼
[ジョーカー]
これだけ指導しても、 お前のドジは直らないようだな。▼
[フェリシア]
うぅぅ… 本当に申し訳ありません…▼
[ジョーカー]
情けない…▼
[フェリシア]
……………▼
[ジョーカー]
本当に情けない。 指導者としての己の力量がな。▼
[フェリシア]
そ、そんな! ジョーカーさんは悪くありません!▼
[ジョーカー]
いや。 そろそろ責任を取る頃合だ。▼
[フェリシア]
や、やめちゃうってことですか? 私の指導役を?▼ い、嫌です! 私を見捨てないでください!▼
[ジョーカー]
誰が辞めると言った。 俺は責任を取ると言ったのだ。▼
[フェリシア]
で、でも… 責任ってどうやって…▼
[ジョーカー]
フェリシア。 お前は一生、俺の側にいろ。▼
[フェリシア]
…え?▼
[ジョーカー]
お前を一生かけて指導してやる。 それが俺の責任の取り方だ。▼
[フェリシア]
そ、それは嬉しいですけど… でも、一生一緒なんて…▼
[ジョーカー]
…俺と結婚しろ。 フェリシア。▼
[フェリシア]
ええっ!? ジョーカーさんと結婚ですか!?▼
[ジョーカー]
結婚をすれば、 俺はお前を一生、指導できる。▼
[フェリシア]
そ、そんなことできません!▼ 私を指導するために、 私と嫌々、結婚をするなんて…▼ そんなこと… ジョーカーさんに申し訳なくて…▼
[ジョーカー]
…誰が嫌々と言った?▼
[フェリシア]
…え?▼
[ジョーカー]
…嫌々じゃない。▼ これ以上は… 言わなくてもわかるだろう。▼
[フェリシア]
…わ、わかりません! 私、人より鈍いですから!▼ だから…だから… ちゃんと言って欲しいです…▼
[ジョーカー]
…仕方ないな。▼ フェリシア。 俺はお前を愛している。▼
[フェリシア]
ジョーカーさん…▼
[ジョーカー]
だから、俺と結婚しろ。 そして、一生、俺の側にいろ。▼
[フェリシア]
…はい。 喜んでお受けいたします。▼

スズカゼ

支援C

[フェリシア]
ふんふ~ん♪ お天気もいいですし、 これなら洗濯物も早く乾きそうです~!▼ あとは… このシーツを干せば完了です!▼ はわわぁ! 急に風がっ! 待ってください、シーツさ~ん!▼ ああっ!! …あっ。▼
[スズカゼ]
フェリシアさん。▼ この飛んできた 洗濯物の持ち主はあなたですか?▼
[フェリシア]
スズカゼさん! シーツを受け止めてくれたんですね!▼ ありがとうございます~!▼
[スズカゼ]
いいえ、お役に立てたならいいんです。 礼には及びませんよ。▼
[フェリシア]
本当に助かりました~!▼ スズカゼさんのおかげで、 今日は失敗せずにお仕事が終わりそうです。▼
[スズカゼ]
失敗せずに…とは?▼
[フェリシア]
あ…ええと私、メイドなのに 家事で失敗ばかりしちゃうんです。▼ いつも迷惑かけちゃわないように 頑張ってるんですけど…▼
[スズカゼ]
なるほど…そういうことですか。▼ …では、フェリシアさん。 よろしければ私もお手伝いしましょう。▼
[フェリシア]
え? いいです、そんなの! スズカゼさんに悪いです~!▼
[スズカゼ]
そういった事情があるのなら、 助け合うのが仲間というものでしょう。▼ それに私は仲間の力になりたいのです。 皆で助け合っていかなければ。▼
[フェリシア]
な、なんだかスズカゼさんが カッコ良いことを言っています~!▼
[スズカゼ]
では、早速洗濯物を干す お手伝いをいたします。▼
[フェリシア]
い、いえ… ちょうど終わるタイミングだったので…▼
[スズカゼ]
左様ですか。 ではまた何かありましたら参ります。▼
[フェリシア]
はわわ… 一瞬でいなくなっちゃいました…▼ スズカゼさん… さすが白夜王国の忍びです…▼ わ、私も頑張らないといけませんね!▼

支援B

[スズカゼ]
買い物は以上で終わりですね。▼
[フェリシア]
はい…▼
[スズカゼ]
…どうしたんですか? もしや、買い忘れでも?▼
[フェリシア]
あ、ええと… 買い物はちゃんと終わりました。▼ こんなにきちんと済ませられて 怖いぐらいです…▼
[スズカゼ]
なら良かったではありませんか。 さすがはフェリシアさんです。▼
[フェリシア]
いえ…お買い物が成功したのは、 スズカゼさんがいるからです…▼ 今日はお買い物メモをなくした途端に お会いしたのでびっくりしました。▼
[スズカゼ]
私はあなたを手伝うとお約束しましたから、 定期的に様子をおうかがいしているのです。▼
[フェリシア]
ええっ! き、気づきませんでした~! でもそれならなおさらです…▼ ここまでやっていただくのは、 さすがに申し訳ないです!▼
[スズカゼ]
そのようなことは言わないでください。 私が好きでやっているのですから。▼ まぁそれだけではありませんが…▼
[フェリシア]
えっ…?▼
[スズカゼ]
っと…これは失言でした。 今の発言は忘れてください。▼
[フェリシア]
とっても気になります! 忘れられるわけないですよ~!▼
[スズカゼ]
ふふっ、私はフェリシアさんの お役に立てて嬉しいですよ。▼ それだけでは駄目でしょうか?▼
[フェリシア]
ご、誤魔化してもダメです~!▼
[スズカゼ]
ははは、まぁそういわずに水に流してください。▼
[フェリシア]
あっ! スズカゼさん! 逃げるなんてヒドイです~!!▼ もう~~~!▼ うぅ…さっきのお話、 とっても気になります…▼

支援A

[フェリシア]
ええっと…あとは煮込むだけですね~。 まずはお塩を入れて~。▼
[スズカゼ]
…フェリシアさん。それはお砂糖です。▼
[フェリシア]
はわぁっ! スズカゼさん!▼
[スズカゼ]
こんにちは、フェリシアさん。 ちゃんと調味料は確認してください。▼
[フェリシア]
す、すみません… あの助けてもらっておいてなんですが…▼ 今日はちゃんと教えてください! この間、スズカゼさんが言いかけた話の続きを!▼
[スズカゼ]
まだ覚えていらっしゃいましたか…▼
[フェリシア]
当たり前です! 言ってくださるまで私、諦めませんよ!▼ 最近、そのことが気がかりで 前以上にお仕事ができなくなってるんですから!▼
[スズカゼ]
ま、前以上に!? それは困りましたね…▼ ……………▼ わかりました。 ですが、一つお約束を。▼ カムイ様には、決して言わないでください。▼
[フェリシア]
カムイ様に…?▼ …わかりました。お約束します。▼
[スズカゼ]
実は…カムイ様から フェリシアさんをご紹介いただいた時に、▼ 困っていたら助けてあげてほしいと 頼まれていたのです。▼
[フェリシア]
ええっ! そうだったんですね…▼ ならどうして、 もっと早く言ってくれなかったんですか?▼ 陰ながら見てほしいと頼まれるなんて… 私、信用されていないってことですよね…▼
[スズカゼ]
いえ、そういうつもりではないのですよ。▼ カムイ様はあなたを大事にされている。 だからこそ私に話されたのでしょう。▼ あの方は家族や仲間を 大事になさる方だということ…▼ フェリシアさんは私以上にご存知でしょう?▼
[フェリシア]
はい…▼ 私…カムイ様とスズカゼさんの 優しさを実感しました。▼ お役に立ちたいと思っていたのに、 お二人に助けられてばっかりだったんですね。▼
[スズカゼ]
いいえ。フェリシアさんは がんばっていますよ。▼ だから、カムイ様も私も あなたに手を貸したくなるんです。▼ だからもっと自信を持ってください。▼
[フェリシア]
…ありがとうございます。 私、失敗ばかりですけど、▼ スズカゼさんと仲良くなれて よかったと思っています!▼
[スズカゼ]
はい、私もそう思いますよ。▼
[フェリシア]
じゃあこれからも仲良くしてくれますか?▼
[スズカゼ]
ええ、もちろん。命令などなくても、 あなたと仲良くさせてください。▼
[フェリシア]
ありがとうございます~!▼

支援S

[フェリシア]
あの…スズカゼさん。▼
[スズカゼ]
なんですか? フェリシアさん。▼
[フェリシア]
私のお手伝いをしてくれるのは とっても嬉しいんですけど…▼ 最近、困ってなくてもお手伝いに 来てくれていませんか?
[スズカゼ]
そうですか?▼
[フェリシア]
そうです! もしかして私の失敗に あらかじめ備えておこうとか思ってますか?▼ ヒ、ヒドイですっ! 失敗しない時だって時々はあります~!▼
[スズカゼ]
すみません、フェリシアさん。 そういう意味で手伝っているわけでは…▼
[フェリシア]
…じゃあ、どういう意味なんですか?▼
[スズカゼ]
最近の私は、あなたのためなら 何でもしたいと思っているからです。▼
[フェリシア]
…えっ?▼
[スズカゼ]
最初はカムイ様のご意向が あったからお手伝いをしていましたが…▼ …今は少し違うのです。▼ 私は、フェリシアさんのことを お慕いしています。▼
[フェリシア]
ええっ!? ど、どういうことですか!?▼
[スズカゼ]
フェリシアさんは何事も真摯に向き合う、 とても実直な方…▼ そして、皆さんのために働き続けることを 全く厭わない優しい方でもあります…▼ そんなあなたの姿を見て、 私があなたを支えたいと思いました。▼ だからどうか私の恋人になってください。▼
[フェリシア]
え、ええと…▼ 急にそんなことを言われて… びっくりしてしまいました…▼ でも、でも…▼ うれしいです、スズカゼさん…▼
[スズカゼ]
フェリシアさん…!▼
[フェリシア]
そのお申し出… 喜んで受けさせていただきますね…▼
[スズカゼ]
ありがとうございます、フェリシアさん。▼ あなたは、私が幸せにいたします。▼
[フェリシア]
はいっ、私は失敗ばかりしちゃいますけど… これからはもっと頑張りますね!▼
[スズカゼ]
はい、よろしくお願いいたします。 愛していますよ、フェリシアさん。▼
[フェリシア]
はぅっ! スズカゼさん、 突然そんなことを言うのは反則です~!▼

サイラス

支援C

[フェリシア]
おろおろ… おろおろ…▼ あわわわわわわーっ!!▼
[サイラス]
フェリシア。 紅茶運びの練習中か。▼
[フェリシア]
あ、サイラスさん…ごめんなさい… みっともないところをお見せしてしまって…▼
[サイラス]
いや、お前は毎日、がんばっているな。 本当に頭が下がるよ。▼
[フェリシア]
…そんなことを言いにきてくれたんですか? うぅ…ありがとうございます…▼
[サイラス]
…いや、実はそうでもなくて…▼
[フェリシア]
えっ?▼
[サイラス]
その逆で… 隊の中によくない噂が出回っていてな。▼
[フェリシア]
よくない…噂ですか?▼
[サイラス]
ああ、最近、カムイの調子が 優れないことには気付いているか?▼
[フェリシア]
はい…確かにちょっと ぼんやりされている感じはしますね…▼
[サイラス]
それで噂っていうのが… 言いにくいんだが…▼ カムイの不調の原因は お前なのでは、というのだ。▼
[フェリシア]
えっ?▼
[サイラス]
お前が、その… カムイに紅茶をかけたり、▼ カムイの洗濯物を破いたり…▼ そういうお前の失態が、カムイを 疲れさせてるんじゃないかってな…▼
[フェリシア]
そんな…▼
[サイラス]
いや、俺はそうは思っていないぞ。▼ ただ、そういう噂があるということを、 お前の耳にも入れといたほうがいいと思ってな。▼
[フェリシア]
……………▼ わかりました… わざわざありがとうございます…

支援B

[フェリシア]
おろおろ… おろおろ…▼ ひゃーっ!▼ うう… いくら練習してもうまくいかないです…▼ こんな自分が本当に嫌になります… カムイ様…ごめんなさい…▼
[サイラス]
フェリシア。▼
[フェリシア]
サイラスさん…▼
[サイラス]
すまない。▼ カムイの調子が優れない件だが… お前のせいじゃなかった。▼
[フェリシア]
…えっ?▼
[サイラス]
カムイの話す限りでは、 調子が出ないのは睡眠不足のせいだ。▼ カムイはいろいろと やるべきことが多い。▼ 寝るのが遅くなるのも、 仕方がないのだろう。▼
[フェリシア]
そうだったんですか…▼
[サイラス]
それなのに俺は…▼ 人々の取るに足らない妄言をお前に伝えて、 無駄に傷つけてしまった。▼ 本当にすまない…▼
[フェリシア]
いいんですよ。▼ 私のドジがカムイ様に 迷惑なのは間違いないですし…▼
[サイラス]
いや、そういう問題じゃない。▼ 俺がみんなの前で噂を否定しておけば、 こんな話にはならなかったはずだ。▼ それなのに俺は…▼ どうすればお前に償えるのか…▼
[フェリシア]
償いって… 私はもう許してますし…▼
[サイラス]
いや、許されないんだ。 お前が許しても、俺が許さないんだ…▼
[フェリシア]
えっ…▼
[サイラス]
何か… 何か償いの方法を見つけたいが…▼
[フェリシア]
そ…そうですか… ど、どうすればいいんですかね…▼

支援A

[サイラス]
フェリシア… あれからいろいろ考えた。▼ どうしたら俺の無礼を償えるのか…▼
[フェリシア]
私はもう別に…▼
[サイラス]
何度も言わせないでくれ。 仮にお前がよくても、俺が許せないんだ。▼
[フェリシア]
はぁ…▼
[サイラス]
で、こういうのはどうだろう。 二人で一緒にお前のドジを直すんだ。▼
[フェリシア]
えっ? ドジを直すって…▼ そんなことができれば 嬉しいですけど…▼ ドジは生まれつきのものなので… なかなか簡単には…▼
[サイラス]
フェリシア、諦めちゃだめだ。 お前が諦めても、俺は諦めないぞ。▼
[フェリシア]
わ、わかりました… では、よろしくお願いします…▼
[サイラス]
よかった。▼ 手はもう考えてあるんだ。 まず俺に紅茶を入れてみて欲しい。▼ ただし俺は瀕死という設定だ。 俺は戦闘で傷ついて、今まさに死のうとしている。▼
[フェリシア]
え…▼
[サイラス]
そんな俺に紅茶を入れると思って運ぶんだ。▼ それくらいの覚悟で運べば、 絶対に転ばないはずだ。▼ どうだ、さっそく始めてみないか?▼
[フェリシア]
な、なるほど… わかりました…▼

[サイラス]
うっ…死にそうだ… 最期にフェリシアの紅茶が飲みたいなぁ…▼
[フェリシア]
…では運びますね。▼ うぅ… 緊張する…▼ でもここで失敗したら サイラスさんは死んでしまう…▼ サイラスさんは瀕死… サイラスさんは瀕死…▼
[サイラス]
……………▼
[フェリシア]
……………▼ …………… で、できました…!▼
[サイラス]
よくやった、フェリシア! やればできるじゃないか!▼ その感覚を忘れずにいるんだぞ!▼
[フェリシア]
わ、わかりました! ありがとうございます!▼ これで許すとか許さないとかの お話は終わりになるんですよね?▼
[サイラス]
…ああ。▼ お前の成長に貢献できたことで 俺の罪も償えたはずだ。▼ 俺はそう思うんだが… お前はどう思う?▼
[フェリシア]
も、もちろん償えたと思います!▼
[サイラス]
そうか、よかった… 本当によかった…▼

支援S

[サイラス]
フェリシア。 よく来てくれたな。▼
[フェリシア]
なんのご用でしょうか?▼
[サイラス]
その後はどうだ? 紅茶をこぼさずに運べているか?▼
[フェリシア]
それが実は…▼ あのやり方は、誰々が瀕死って… つぶやきながらじゃないと効果がなくて…▼ そんなこと言われながら お茶を運ばれたら嫌じゃないですか?▼
[サイラス]
ああ!? そんな盲点が!▼
[フェリシア]
だからなかなか活用できないんですよ…▼
[サイラス]
す、すまない。 そこまで気がまわらなかった…▼
[フェリシア]
あ、で…でも、別にいいんですよ?▼ サイラスさんの償いは なかったことにはなりませんから。▼
[サイラス]
そうか。 なら安心だな…▼ だが、あれは熱い経験だった。▼ お前と二人で一つの目標に向かう… 俺はまたあんな気持ちを味わいたい。▼
[フェリシア]
…はあ。▼
[サイラス]
だから、これを受け取って欲しい。▼
[フェリシア]
これは…▼
[サイラス]
結婚指輪だ。 お前に結婚を申し込みたい。▼
[フェリシア]
…え?▼ ええええ、え?▼
[サイラス]
お前に惚れてしまったんだ。 よかったら受け取ってもらいたい。▼
[フェリシア]
そんな…▼
[サイラス]
お前のドジなところも… ひたむきにがんばる姿も…▼ 全てに惚れた。▼
[フェリシア]
……………▼ わ、わかりました… こんな私でよければ、よろしくお願いします。▼
[サイラス]
本当に?▼
[フェリシア]
はい… でも、浮気とかしたら許しませんからねっ。▼
[サイラス]
はは、もし浮気なんかしたら 沸騰した紅茶をかけてくれ。▼ まさに瀕死になるまでな。▼

白夜ユニット

フェリシア(白夜)のページへ

暗夜ユニット

フェリシア(暗夜)のページへ

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-09 (日) 00:17:17