ディーアの支援会話

リンカ(親子)

支援C

[ディーア]
母さん… 珈琲を入れたぜ…▼
[リンカ]
そうか、ありがとう。 ディーア。▼ …うん。 これは美味いな。▼ ディーアは珈琲を入れるのが 本当に上手なんだな。▼
[ディーア]
そうか? 気に入ってもらえたようでよかった…▼
[リンカ]
ああ、あたしは珈琲のことなんて よく知らないが…本当に美味い。▼ なんなら、ジョーカーが入れた珈琲より こっちの方が美味いくらいだ。▼
[ディーア]
父さんよりもか…? それは嬉しいな。▼ でも、もし今の言葉を父さんが聞いたら… すげえ…怒るだろうな。▼
[リンカ]
そうか? 大の男がこれくらいで怒ったりするものか。▼ …ただ、つまらん嫉妬はしそうだな。 プライドの高いやつだから。▼
[ディーア]
ああ… そっちの方が大変そうだな。▼
[リンカ]
ははは…! 本当だな。▼ おそらく、次の日から 何杯も何杯も▼ ジョーカーが入れた珈琲を 飲まされてしまうぞ。▼ ディーアのより美味いと あたしが認めるまでな。▼
[ディーア]
ふっ… 確かにそうなりそうだな。▼ …珈琲、おかわりもあるから。 遠慮しないで言ってくれよ…▼
[リンカ]
ああ。 ありがとう、ディーア。▼

支援B

[ディーア]
…………▼
[リンカ]
ディーア、 何を悩んでいる?▼
[ディーア]
母さん…▼ 別に… 悩みなんてねえよ。▼
[リンカ]
あたしを甘く見るな。 お前のことならなんでもお見通しだ。▼ あたしはディーアの母親だからな。▼
[ディーア]
…そっか。▼
[リンカ]
さあ、話を聞かせてみろ。▼ 話すだけでも、胸のつかえが 下りることもあるだろう。▼
[ディーア]
…………▼ 俺、戦場に出るの… 向いてないかも…▼
[リンカ]
なぜそう思う?▼
[ディーア]
わかるだろ? 俺は戦い向きの性格じゃないし…▼ そんな奴が戦場にいたら… 仲間に迷惑がかかると思ってさ…▼
[リンカ]
ディーア…▼
[ディーア]
どこか遠くの土地で… 執事でもして暮らした方が合ってるのかも…▼
[リンカ]
…そんなことはない。▼
[ディーア]
…え?▼
[リンカ]
ディーア。 お前の居場所は…ここだ。▼
[ディーア]
…どうしてだ?▼
[リンカ]
それは… お前が優しいからだ。▼
[ディーア]
俺は優しくなんかねえし…▼
[リンカ]
何をいう。 お前は優しい子だ。▼ さっきだって、あたしを気遣って、 悩んでいるのを隠そうとしたんだろう。▼
[ディーア]
…でも、それなら尚更、 俺は戦場には向いてないじゃん。▼ 戦場に優しさは… 必要ないからな…▼
[リンカ]
それは違う。 ディーア。▼ 戦場だからこそ、 優しさが必要なのだ。▼ 仲間同士、互いに思いやる心なくしては 戦を戦い抜くことなどできない…▼ お前にはそれが 誰よりもあるじゃないか。▼ あたしにはちゃんと分かっている。 だから、向いていないなんて思うな。▼
[ディーア]
…………▼ ありがとう、母さん。 俺、ここで頑張ってみるよ。▼
[リンカ]
そうか。 それでいい。▼ あたしはいつだって、 お前を見守っているからな。▼

支援A

[リンカ]
…………▼
[ディーア]
母さん… どうしたんだよ…?▼
[リンカ]
ディーア… な、なんでもない。▼ 少し疲れているだけだ。 お前が気にすることじゃない。▼
[ディーア]
俺は母さんのことなら… なんでもお見通しだ…▼ なぜなら… 俺は母さんの子供なんだから。▼
[リンカ]
ふふふ… そうだったな。▼
[ディーア]
悩みがあるなら話してくれよ… 聞くくらいなら俺にも出来るしさ…▼
[リンカ]
ありがとう…ディーア。▼
[ディーア]
さぁ、話してくれ…▼
[リンカ]
あたしは… 母親失格じゃないか…?▼
[ディーア]
なんでそんなこと言うんだよ。 そんなことある訳ないじゃん…▼
[リンカ]
しかし、あたしは…▼ お前に戦場が居場所だなどと 言ってしまった…▼
[ディーア]
この間… 俺が悩んでた時のことか…▼
[リンカ]
ああ…▼ 母親なら、子の身の安全を 何より考えるべきじゃないのか…?▼ なのにあたしは、ディーアに 戦場で戦い続けろと言ってしまった…▼ これじゃあ 母親失格じゃないか。▼
[ディーア]
…そんなことねえよ。▼
[リンカ]
えっ?▼
[ディーア]
確かに母さんは俺の居場所を示してくれた。▼ でも、ここに残るのを決めたのは俺だ… 母さんが気に病むことはない…▼
[リンカ]
…………▼
[ディーア]
それにもし母さんの助言を聞かずに 迷いながら戦場に出ていたら…▼ 俺は本当に仲間に 迷惑をかけてしまってただろうな…▼
[リンカ]
ディーア…▼
[ディーア]
だから… 母さんは母親失格なんかじゃない…▼ 母さんは… 俺にとって、最高の母さんだ。▼
[リンカ]
ばっ…ばか!言い過ぎだ。 …でも、ありがとう。▼
[ディーア]
さ、あっちで珈琲を入れてあげるよ。 気分が落ち着く珈琲をな…▼
[リンカ]
ディーアは本当に優しい子だな。▼ お前のような息子を持つ事ができて あたしは幸せ者だ…▼

サクラ(親子)

支援C

[ディーア]
母さん… 珈琲を入れたぜ…▼
[サクラ]
わあ、ありがとうございます! ディーア。▼ …美味しい…!▼ ディーアは珈琲を入れるのが 本当に上手なんですね。▼
[ディーア]
そうか? 気に入ってもらえたようでよかった…▼
[サクラ]
はあ… 本当に美味しいです。▼ もしかしたら、ジョーカーさんの入れた 珈琲より美味しいかもしれませんね。▼
[ディーア]
父さんよりもか…? それは嬉しいな。▼ でも、もし今の言葉を父さんが聞いたら… すげえ…怒るだろうな。▼
[サクラ]
えっ、そっ、そうですか? 怒ったりはしないと思いますけど…▼ ああ、でも焼きもちは焼いちゃうかもしれません。 どうしましょう…▼
[ディーア]
ああ… そっちの方が大変そうだな。▼
[サクラ]
ふふふっ。 本当にそうですね。▼ きっと、 次の日から何度も何度も▼ ジョーカーさんが入れた珈琲を 飲まされちゃいますね。▼ ディーアのより美味しいです!って 私が降参するまで…▼
[ディーア]
ふっ… 確かにそうなりそうだな。▼ …珈琲、おかわりもあるから。 遠慮しないで言ってくれよ…▼
[サクラ]
はい! ありがとうございます、ディーア。▼

支援B

[ディーア]
…………▼
[サクラ]
ディーア… 何か悩みでもあるんですか?▼
[ディーア]
母さん…▼ 別に… 悩みなんてねえよ。▼
[サクラ]
…隠さないでください。 ディーアのことならなんでも分かります。▼ 私は、ディーアのお母さんなんですから。▼
[ディーア]
…そっか。▼
[サクラ]
よかったら聞かせてくれませんか?▼ 私にも、何か力になれるかもしれません。 話すだけでも…ね?▼
[ディーア]
…………▼ 俺、戦場に出るの… 向いてないかも…▼
[サクラ]
えっ… どうしてそう思うんですか?▼
[ディーア]
わかるだろ? 俺は戦い向きの性格じゃないし…▼ そんな奴が戦場にいたら… 仲間に迷惑がかかると思ってさ…▼
[サクラ]
ディーア…▼
[ディーア]
どこか遠くの土地で… 執事でもして暮らした方が合ってるのかも…▼
[サクラ]
…そんなことありません。▼
[ディーア]
…え?▼
[サクラ]
ディーアが、戦いに向いていないなんて 思いません。▼
[ディーア]
…どうしてだ?▼
[サクラ]
だって、ディーアはとても優しいから。▼
[ディーア]
俺は優しくなんかねえし…▼
[サクラ]
そんなことないです! ディーアは優しい人です。▼ さっきだって、私を気遣って、 悩んでいるのを隠そうとしたじゃないですか。▼
[ディーア]
…でも、それなら尚更、 俺は戦場には向いてないじゃん。▼ 戦場に優しさは… 必要ないからな…▼
[サクラ]
それは違います。 ディーア。▼ 戦場だからこそ、 きっと優しさが必要なんです。▼ どんなに危険な場面でも、 自分より仲間を思いやる優しさが…▼ それはとても難しいけれど とても大切なことです。▼ ディーア。 あなたになら分かるでしょう?▼
[ディーア]
…………▼ ありがとう、母さん。 俺、ここで頑張ってみるよ。▼
[サクラ]
はい!その意気です。▼ 皆さんをお守りできるよう 一緒にがんばりましょう!▼ 私も、微力ですが いつもディーアを見守っていますからね。▼

支援A

[サクラ]
…………▼
[ディーア]
母さん… どうしたんだよ…?▼
[サクラ]
ディーア… な、なんでもありません!▼ 少し疲れてしまっただけです。 心配しないでください。▼
[ディーア]
俺は母さんのことなら… なんでもお見通しだ…▼ なぜなら… 俺は母さんの子供なんだから。▼
[サクラ]
ディーア…▼
[ディーア]
悩みがあるなら話してくれよ… 聞くくらいなら俺にも出来るしさ…▼
[サクラ]
はい… ありがとうございます、ディーア。▼
[ディーア]
さぁ、話してくれ…▼
[サクラ]
私… 母親失格ではないでしょうか。▼
[ディーア]
なんでそんなこと言うんだよ。 そんなことある訳ないじゃん…▼
[サクラ]
でも、私…▼ ディーアに戦場で戦うべきだ、なんて 言ってしまいました…▼
[ディーア]
この間… 俺が悩んでた時のことか…▼
[サクラ]
はい…▼ 母親だったら、我が子の安全を 一番に考えるべきなのに…▼ 私はディーアに 一緒に戦おうだなんて言ってしまいました…▼ こんなの… 母親失格じゃないですか…▼
[ディーア]
…そんなことねえよ。▼
[サクラ]
えっ…▼
[ディーア]
確かに母さんは俺の居場所を示してくれた。▼ でも、ここに残るのを決めたのは俺だ… 母さんが気に病むことはない…▼
[サクラ]
…………▼
[ディーア]
それにもし母さんの助言を聞かずに 迷いながら戦場に出ていたら…▼ 俺は本当に仲間に 迷惑をかけてしまってただろうな…▼
[サクラ]
ディーア…▼
[ディーア]
だから… 母さんは母親失格なんかじゃない…▼ 母さんは… 俺にとって、最高の母さんだ。▼
[サクラ]
……! ありがとうございます、ディーア…▼
[ディーア]
さ、あっちで珈琲を入れてあげるよ。 気分が落ち着く珈琲をな…▼
[サクラ]
はい…私、幸せです。 こんなに優しい息子を持てたのですから…▼

カザハナ(親子)

支援C

[ディーア]
母さん… 珈琲を入れたぜ…▼
[カザハナ]
わ~っ! ありがとう、ディーア。▼ …ん~、美味しい!▼ ディーアは珈琲を入れるのが 本当に上手なんだね。▼
[ディーア]
そうか? 気に入ってもらえたようでよかった…▼
[カザハナ]
はー、いい香り… 本当に美味しいよ。▼ もしかしたら、ジョーカーが入れたのより 美味しいかもね!▼
[ディーア]
父さんよりもか…? それは嬉しいな。▼ でも、もし今の言葉を父さんが聞いたら… すげえ…怒るだろうな。▼
[カザハナ]
えー、そう? 怒ったりするかなあ。▼ あ、焼きもちは焼くかも。 ねちねち嫌み言われちゃいそう。▼
[ディーア]
ああ… そっちの方が大変そうだな。▼
[カザハナ]
あははっ! 本当だ。▼ きっと、 次の日からいっぱいいーっぱい、▼ ジョーカーが入れた珈琲を 飲まされちゃうんだわ。▼ ディーアのより美味しい、って あたしが言うまで、ずーっと!▼
[ディーア]
ふっ… 確かにそうなりそうだな。▼ …珈琲、おかわりもあるから。 遠慮しないで言ってくれよ…▼
[カザハナ]
うん! ありがとう、ディーア。▼

支援B

[ディーア]
…………▼
[カザハナ]
ディーア… 何か悩みでもあるの?▼
[ディーア]
母さん…▼ 別に… 悩みなんてねえよ。▼
[カザハナ]
隠してもムダよ。ディーアのことなら なんでもお見通しなんだから。▼ なんたってあたしは、 あなたのお母さんだもの!▼
[ディーア]
…そっか。▼
[カザハナ]
ほらほら、聞かせてみてよ。▼ 何か助けてあげられるかもしれないじゃない。 ね?▼
[ディーア]
…………▼ 俺、戦場に出るの… 向いてないかも…▼
[カザハナ]
…どうしてそんな風に思うの?▼
[ディーア]
わかるだろ? 俺は戦い向きの性格じゃないし…▼ そんな奴が戦場にいたら… 仲間に迷惑がかかると思ってさ…▼
[カザハナ]
ディーア…▼
[ディーア]
どこか遠くの土地で… 執事でもして暮らした方が合ってるのかも…▼
[カザハナ]
そんなことないよ!▼
[ディーア]
…え?▼
[カザハナ]
ディーアの居場所はここだよ。 ここに居るべきだよ!▼
[ディーア]
…どうしてだ?▼
[カザハナ]
だって…だってディーアは、 とっても優しい子だから。▼
[ディーア]
俺は優しくなんかねえし…▼
[カザハナ]
ううん! ディーアは優しい子だよ。▼ さっきだって、あたしに心配かけたくなくて、 悩んでいるのを隠そうとしたんでしょ?▼
[ディーア]
…でも、それなら尚更、 俺は戦場には向いてないじゃん。▼ 戦場に優しさは… 必要ないからな…▼
[カザハナ]
違うよ、ディーア。▼ 戦場だからだよ。 みんな戦ってるから、優しさが必要なの。▼ 苦しい時も、辛い時も お互いを思いやる優しさが…▼ それは時に、とても難しいことだけれど ディーア…あなたはそれができる子でしょ?▼
[ディーア]
…………▼ ありがとう、母さん。 俺、ここで頑張ってみるよ。▼
[カザハナ]
うん! 一緒に頑張ろう!▼ あたしはいつだってディーアの味方よ。 傍にいるからね。▼

支援A

[カザハナ]
…………▼
[ディーア]
母さん… どうしたんだよ…?▼
[カザハナ]
ディーア… な、何でもないわよ。▼ 少し疲れてるだけ。 心配しなくて大丈夫よ。▼
[ディーア]
俺は母さんのことなら… なんでもお見通しだ…▼ なぜなら… 俺は母さんの子供なんだから。▼
[カザハナ]
あはは… そっか、そうだね。▼
[ディーア]
悩みがあるなら話してくれよ… 聞くくらいなら俺にも出来るしさ…▼
[カザハナ]
ありがとう…ディーア。▼
[ディーア]
さぁ、話してくれ…▼
[カザハナ]
あたし… 母親失格じゃない…?▼
[ディーア]
なんでそんなこと言うんだよ。 そんなことある訳ないじゃん…▼
[カザハナ]
だって、あたし…▼ ディーアに戦場が居場所だなんて 言っちゃった…▼
[ディーア]
この間… 俺が悩んでた時のことか…▼
[カザハナ]
うん…▼ 母親だったら、子供に危険な戦いなんて させたくないって思って当然なのに…▼ あたしはディーアに 戦場で一緒に戦ってほしいなんて…▼ こんなの 母親失格だよ…!▼
[ディーア]
…そんなことねえよ。▼
[カザハナ]
えっ?▼
[ディーア]
確かに母さんは俺の居場所を示してくれた。▼ でも、ここに残るのを決めたのは俺だ… 母さんが気に病むことはない…▼
[カザハナ]
…………▼
[ディーア]
それにもし母さんの助言を聞かずに 迷いながら戦場に出ていたら…▼ 俺は本当に仲間に 迷惑をかけてしまってただろうな…▼
[カザハナ]
ディーア…▼
[ディーア]
だから… 母さんは母親失格なんかじゃない…▼ 母さんは… 俺にとって、最高の母さんだ。▼
[カザハナ]
そ、そう…? …ありがとう、ディーア。▼
[ディーア]
さ、あっちで珈琲を入れてあげるよ。 気分が落ち着く珈琲をな…▼
[カザハナ]
うん!あたしって幸せ者だね。 こんなに優しい息子がいるんだもの…▼

オロチ(親子)

支援C

[ディーア]
母さん… 珈琲を入れたぜ…▼
[オロチ]
おお、かたじけないのう。 ディーア。▼ う〜ん… これは美味じゃのう。▼ ディーアは珈琲を入れるのが 本当に上手じゃな。▼
[ディーア]
そうか? 気に入ってもらえたようでよかった…▼
[オロチ]
うむ。 香り高くて、コクがあって…▼ ひょっとしたら 珈琲を入れる腕はジョーカーより上かもしれんぞ。▼
[ディーア]
父さんよりもか…? それは嬉しいな。▼ でも、もし今の言葉を父さんが聞いたら… すげえ…怒るだろうな。▼
[オロチ]
そうか? そこまで心が狭くはないと思うが…▼ ただ嫉妬はするじゃろうなあ。 蛇のようにしつこく激しいやつを。▼
[ディーア]
ああ… そっちの方が大変そうだな。▼
[オロチ]
かっかっか! 本当じゃの。▼ きっと、 次の日から腹がはち切れんばかりに▼ ジョーカーが入れた珈琲を 飲まされるじゃろうなあ。▼ ディーアのより美味だと わらわが言うまでな。▼
[ディーア]
ふっ… 確かにそうなりそうだな。▼ …珈琲、おかわりもあるから。 遠慮しないで言ってくれよ…▼
[オロチ]
ああ、ありがとう。 いただくぞ、ディーア。▼

支援B

[ディーア]
…………▼
[オロチ]
ディーア、 何ぞ悩みでもあるのか?▼
[ディーア]
母さん…▼ 別に… 悩みなんてねえよ。▼
[オロチ]
甘いのう。 ディーアのことならなんでもお見通しじゃ。▼ わらわはディーアの母親なのじゃからな。▼
[ディーア]
…そっか。▼
[オロチ]
さ、話を聞かせてみよ。▼ わらわが見事解決してやろう。 有益な助言のひとつも授けてしんぜようぞ。▼
[ディーア]
…………▼ 俺、戦場に出るの… 向いてないかも…▼
[オロチ]
なぬ?なぜそう思うのじゃ。▼
[ディーア]
わかるだろ? 俺は戦い向きの性格じゃないし…▼ そんな奴が戦場にいたら… 仲間に迷惑がかかると思ってさ…▼
[オロチ]
ディーア…▼
[ディーア]
どこか遠くの土地で… 執事でもして暮らした方が合ってるのかも…▼
[オロチ]
…それは見当外れの見立てじゃな。▼
[ディーア]
…え?▼
[オロチ]
ディーア。 そなたの居るべき場所はここじゃ。▼
[ディーア]
…どうしてだ?▼
[オロチ]
そうじゃの… それは、そなたが優しいからじゃ。▼
[ディーア]
俺は優しくなんかねえし…▼
[オロチ]
何を言う。 そなたはとても優しい子じゃ。▼ 先ほども、わらわを気遣って、 悩んでいるのを隠そうとしたであろう?▼
[ディーア]
…でも、それなら尚更、 俺は戦場には向いてないじゃん。▼ 戦場に優しさは… 必要ないからな…▼
[オロチ]
それは違うぞ。 ディーア。▼ 戦場だからこそ、 優しさが必要なのじゃ。▼ 自分の身を危険にさらしても 仲間を思いやる…▼ それがいかに大切で、しかし困難なことか、 分からぬそなたではあるまい。▼ ディーア、そなたは いつもそれを実践しているのじゃから…▼
[ディーア]
…………▼ ありがとう、母さん。 俺、ここで頑張ってみるよ。▼
[オロチ]
おお、その意気じゃ。 自分を信じて突き進むがよい。▼ 母はいつだって、 そなたを見守っておるからな。▼

支援A

[オロチ]
…………▼
[ディーア]
母さん… どうしたんだよ…?▼
[オロチ]
ディーア… な、何でもないぞ。▼ 少し疲れているだけじゃ。 そなたが心配することではない。▼
[ディーア]
俺は母さんのことなら… なんでもお見通しだ…▼ なぜなら… 俺は母さんの子供なんだから。▼
[オロチ]
ふふっ… そうであったな。▼
[ディーア]
悩みがあるなら話してくれよ… 聞くくらいなら俺にも出来るしさ…▼
[オロチ]
ディーア…▼
[ディーア]
さぁ、話してくれ…▼
[オロチ]
わらわは… そなたの母として失格ではないか…?▼
[ディーア]
なんでそんなこと言うんだよ。 そんなことある訳ないじゃん…▼
[オロチ]
しかし、わらわは…▼ ディーアに戦場が居場所だなどと 言ってしまった…▼
[ディーア]
この間… 俺が悩んでた時のことか…▼
[オロチ]
ああ…▼ 母であれば、まず子供の身を 案ずるのが当然であろう…?▼ なのにわらわはディーアに 戦場に居るべきだと諭してしまった…▼ これでは… 母親失格ではないか…!▼
[ディーア]
…そんなことねえよ。▼
[オロチ]
えっ?▼
[ディーア]
確かに母さんは俺の居場所を示してくれた。▼ でも、ここに残るのを決めたのは俺だ… 母さんが気に病むことはない…▼
[オロチ]
…………▼
[ディーア]
それにもし母さんの助言を聞かずに 迷いながら戦場に出ていたら…▼ 俺は本当に仲間に 迷惑をかけてしまってただろうな…▼
[オロチ]
ディーア…▼
[ディーア]
だから… 母さんは母親失格なんかじゃない…▼ 母さんは… 俺にとって、最高の母さんだ。▼
[オロチ]
そ、そうか…? …ありがとう、ディーア。▼
[ディーア]
さ、あっちで珈琲を入れてあげるよ。 気分が落ち着く珈琲をな…▼
[オロチ]
ああ…こんなに優しい息子を持てて、 わらわは幸せ者じゃの…▼

ヒノカ(親子)

支援C

[ディーア]
母さん… 珈琲を入れたぜ…▼
[ヒノカ]
ああ、すまんな。 ディーア。▼ …うん。 とても美味しい。▼ ディーアは珈琲を入れるのが 本当に上手なんだな。▼
[ディーア]
そうか? 気に入ってもらえたようでよかった…▼
[ヒノカ]
ああ、いい香りだ。 風味も爽やかでコクがあって…▼ 珈琲を入れる腕前は、 お前の方がジョーカーより上かもしれないな。▼
[ディーア]
父さんよりもか…? それは嬉しいな。▼ でも、もし今の言葉を父さんが聞いたら… すげえ…怒るだろうな。▼
[ヒノカ]
そうか? これしきで怒るとは思えないが…▼ ああ、しかし嫉妬はしそうだな。 うんざりするほどしつこいやつを。▼
[ディーア]
ああ… そっちの方が大変そうだな。▼
[ヒノカ]
ははは! 本当だな。▼ きっと、 次の日から何杯も何杯も、▼ ジョーカーが入れた珈琲を 飲まされるんだろうな。▼ ディーアのより美味しいと 私が認めるまで…▼
[ディーア]
ふっ… 確かにそうなりそうだな。▼ …珈琲、おかわりもあるから。 遠慮しないで言ってくれよ…▼
[ヒノカ]
ああ。 ありがとう、ディーア。▼

支援B

[ディーア]
…………▼
[ヒノカ]
ディーア、 何か悩みでもあるのか?▼
[ディーア]
母さん…▼ 別に… 悩みなんてねえよ。▼
[ヒノカ]
見くびってもらっては困る。 私はディーアのことならなんでもお見通しだ。▼ なんといっても、 私はお前の母親なのだからな。▼
[ディーア]
…そっか。▼
[ヒノカ]
解決できることなら、 一緒に手だてを考えることもできる。▼ さあ、何に悩んでいるのか話してみろ。▼
[ディーア]
…………▼ 俺、戦場に出るの… 向いてないかも…▼
[ヒノカ]
なに? なぜそう思うんだ。▼
[ディーア]
わかるだろ? 俺は戦い向きの性格じゃないし…▼ そんな奴が戦場にいたら… 仲間に迷惑がかかると思ってさ…▼
[ヒノカ]
ディーア…▼
[ディーア]
どこか遠くの土地で… 執事でもして暮らした方が合ってるのかも…▼
[ヒノカ]
…そんなことはない。▼
[ディーア]
…え?▼
[ヒノカ]
ディーア、 お前の居場所は…ここだ。▼
[ディーア]
…どうしてだ?▼
[ヒノカ]
そうだな…お前が 優しい人間だから、かな。▼
[ディーア]
俺は優しくなんかねえし…▼
[ヒノカ]
いいや。 お前は優しい子だ。▼ さっきだって、私に心配かけまいとして、 悩んでいるのを隠そうとしたんだろう?▼
[ディーア]
…でも、それなら尚更、 俺は戦場には向いてないじゃん。▼ 戦場に優しさは… 必要ないからな…▼
[ヒノカ]
それは違うぞ。 ディーア。▼ 戦場だからこそ、 優しさが必要なのだ。▼ どんな危険に身をおく時でも つねに仲間を思いやること…▼ それがどんなに辛く困難なことか。 誰にでもできることではない。▼ ディーア。 お前になら分かるだろう。▼
[ディーア]
…………▼ ありがとう、母さん。 俺、ここで頑張ってみるよ。▼
[ヒノカ]
…ああ。 その意気だ、ディーア。▼ 私はいつだって、 お前を見守っているからな。▼

支援A

[ヒノカ]
…………▼
[ディーア]
母さん… どうしたんだよ…?▼
[ヒノカ]
ディーア… いや、なんでもない。▼ 少し疲れてるだけだ。 お前は何も心配することはない。▼
[ディーア]
俺は母さんのことなら… なんでもお見通しだ…▼ なぜなら… 俺は母さんの子供なんだから。▼
[ヒノカ]
ふふ… そうだったな。▼
[ディーア]
悩みがあるなら話してくれよ… 聞くくらいなら俺にも出来るしさ…▼
[ヒノカ]
ありがとう…ディーア。▼
[ディーア]
さぁ、話してくれ…▼
[ヒノカ]
私は…自分が母親失格では ないのかと考えている…▼
[ディーア]
なんでそんなこと言うんだよ。 そんなことある訳ないじゃん…▼
[ヒノカ]
しかし私は…▼ お前に戦場が…ここが居場所だなどと 言ってしまった…▼
[ディーア]
この間… 俺が悩んでた時のことか…▼
[ヒノカ]
ああ…▼ 本来母親であれば、子の安全を 何よりも考えるべきだろう…?▼ それなのに私は、お前に 戦場で戦い続けることを選ばせてしまった…▼ こんなことでは母親失格だ…▼
[ディーア]
…そんなことねえよ。▼
[ヒノカ]
えっ?▼
[ディーア]
確かに母さんは俺の居場所を示してくれた。▼ でも、ここに残るのを決めたのは俺だ… 母さんが気に病むことはない…▼
[ヒノカ]
…………▼
[ディーア]
それにもし母さんの助言を聞かずに 迷いながら戦場に出ていたら…▼ 俺は本当に仲間に 迷惑をかけてしまってただろうな…▼
[ヒノカ]
ディーア…▼
[ディーア]
だから… 母さんは母親失格なんかじゃない…▼ 母さんは… 俺にとって、最高の母さんだ。▼
[ヒノカ]
そ、そうか。 …ありがとう、ディーア。▼
[ディーア]
さ、あっちで珈琲を入れてあげるよ。 気分が落ち着く珈琲をな…▼
[ヒノカ]
ああ…。私は幸せ者だな。 こんなに心優しい息子を持てたのだから…▼

セツナ(親子)

支援C

[ディーア]
母さん… 珈琲を入れたぜ…▼
[セツナ]
ありがとう… ディーア。▼ …うん。 とってもいい香り…▼ ディーアは珈琲を入れるのが 本当に上手…▼
[ディーア]
そうか? 気に入ってもらえたようでよかった…▼
[セツナ]
うん… 本当に美味しい…▼ もしかしたら… ジョーカーが入れた珈琲より美味しいかも…▼
[ディーア]
父さんよりもか…? それは嬉しいな。▼ でも、もし今の言葉を父さんが聞いたら… すげえ…怒るだろうな。▼
[セツナ]
そう…? どうして怒るの…?▼ あ…でも、嫉妬はするかも… すごく陰険でしつこいやつ…▼
[ディーア]
ああ… そっちの方が大変そうだな。▼
[セツナ]
ふふふ… そうかも。▼ きっと、 次の日から何杯も何杯も…▼ ジョーカーが入れた珈琲を 飲まされるんだわ…▼ ディーアのより美味しい、って 私が言うまで…▼
[ディーア]
ふっ… 確かにそうなりそうだな。▼ …珈琲、おかわりもあるから。 遠慮しないで言ってくれよ…▼
[セツナ]
ええ… ありがとう、ディーア。▼

支援B

[ディーア]
…………▼
[セツナ]
ディーア… 何か悩んでいるの?▼
[ディーア]
母さん…▼ 別に… 悩みなんてねえよ。▼
[セツナ]
隠してもムダ。 私はなんでもお見通し…▼ だって私は…ディーアの母親だもの…▼
[ディーア]
…そっか。▼
[セツナ]
さあ… 悩みを聞かせて。▼ 私に何かできるかは分からないけれど、 話すだけでも…きっと楽になる…▼
[ディーア]
…………▼ 俺、戦場に出るの… 向いてないかも…▼
[セツナ]
どうしてそう思うの…?▼
[ディーア]
わかるだろ? 俺は戦い向きの性格じゃないし…▼ そんな奴が戦場にいたら… 仲間に迷惑がかかると思ってさ…▼
[セツナ]
ディーア…▼
[ディーア]
どこか遠くの土地で… 執事でもして暮らした方が合ってるのかも…▼
[セツナ]
…そんなこと…ない。▼
[ディーア]
…え?▼
[セツナ]
ディーアの居場所は…ここ。▼
[ディーア]
…どうしてだ?▼
[セツナ]
だって、ディーアは優しい子だから…▼
[ディーア]
俺は優しくなんかねえし…▼
[セツナ]
いいえ。 ディーアは優しい子…▼ さっきも、私を気遣って、 悩んでいるのを隠そうとした…▼
[ディーア]
…でも、それなら尚更、 俺は戦場には向いてないじゃん。▼ 戦場に優しさは… 必要ないからな…▼
[セツナ]
それは違う… ディーア。▼ 戦場だからこそ、 優しさが必要…▼ たとえどんなに自分が傷ついても 仲間を思いやれる優しさが…▼ それはとても難しいけれど とても大切なこと…▼ ディーア。 あなたならわかるはず…▼
[ディーア]
…………▼ ありがとう、母さん。 俺、ここで頑張ってみるよ。▼
[セツナ]
そう… 迷うことなく進めばいい。▼ 私はいつだってディーアの味方… 見守っているから…▼

支援A

[セツナ]
…………▼
[ディーア]
母さん… どうしたんだよ…?▼
[セツナ]
ディーア… 別になんでもない。▼ 少し疲れてるだけ。 ディーアが心配することは何も…▼
[ディーア]
俺は母さんのことなら… なんでもお見通しだ…▼ なぜなら… 俺は母さんの子供なんだから。▼
[セツナ]
ふふふ… そうだった…▼
[ディーア]
悩みがあるなら話してくれよ… 聞くくらいなら俺にも出来るしさ…▼
[セツナ]
ありがとう…ディーア▼
[ディーア]
さぁ、話してくれ…▼
[セツナ]
私… 自分が母親失格じゃないかって思って…▼
[ディーア]
なんでそんなこと言うんだよ。 そんなことある訳ないじゃん…▼
[セツナ]
でも私…▼ ディーアに戦場が居場所だなんて 言ってしまった…▼
[ディーア]
この間… 俺が悩んでた時のことか…▼
[セツナ]
うん…▼ 母親だったら、子供に危険な戦いなんて してほしくないはず…▼ なのに私は、ディーアに 戦い続けることを選ばせてしまった…▼ これじゃあ… 母親とはいえないわ…▼
[ディーア]
…そんなことねえよ。▼
[セツナ]
えっ…?▼
[ディーア]
確かに母さんは俺の居場所を示してくれた。▼ でも、ここに残るのを決めたのは俺だ… 母さんが気に病むことはない…▼
[セツナ]
…………▼
[ディーア]
それにもし母さんの助言を聞かずに 迷いながら戦場に出ていたら…▼ 俺は本当に仲間に 迷惑をかけてしまってただろうな…▼
[セツナ]
ディーア…▼
[ディーア]
だから… 母さんは母親失格なんかじゃない…▼ 母さんは… 俺にとって、最高の母さんだ。▼
[セツナ]
…ありがとう、ディーア。▼
[ディーア]
さ、あっちで珈琲を入れてあげるよ。 気分が落ち着く珈琲をな…▼
[セツナ]
私…とても幸せ… こんなに優しい息子がいるんだから…▼

オボロ(親子)

支援C

[ディーア]
母さん… 珈琲を入れたぜ…▼
[オボロ]
あら、気がきくじゃない。 ありがとう、ディーア。▼ …うーん、美味しい!▼ ディーアって、珈琲入れるの 本当に上手よね。▼
[ディーア]
そうか? 気に入ってもらえたようでよかった…▼
[オボロ]
はあ… 本当に美味しいわ。▼ もしかしたら、 珈琲を入れるのはジョーカーより上手かも。▼
[ディーア]
父さんよりもか…? それは嬉しいな。▼ でも、もし今の言葉を父さんが聞いたら… すげえ…怒るだろうな。▼
[オボロ]
そう? 別に怒りはしないと思うけど…▼ でも、すっごく嫉妬するかも。 こっちが引くぐらい。▼
[ディーア]
ああ… そっちの方が大変そうだな。▼
[オボロ]
あははっ、本当ね。 きっと次の日から飽き飽きするくらい、▼ ジョーカーが入れた珈琲を 飲まされるんだわ。▼ ディーアのより美味しい、って 私が言うまで。▼
[ディーア]
ふっ… 確かにそうなりそうだな。▼ …珈琲、おかわりもあるから。 遠慮しないで言ってくれよ…▼
[オボロ]
ええ。 ありがとう、ディーア。▼

支援B

[ディーア]
…………▼
[オボロ]
ディーア、 何か悩んでるの?▼
[ディーア]
母さん…▼ 別に… 悩みなんてねえよ。▼
[オボロ]
甘い甘い。 顔を見れば分かっちゃうわよ。▼ なんたって、 私はディーアの母親なんだから。▼
[ディーア]
…そっか。▼
[オボロ]
さあ、話して。▼ 私でよければ相談に乗るわよ? 何かの役に立てるかもしれないじゃない。▼
[ディーア]
…………▼ 俺、戦場に出るの… 向いてないかも…▼
[オボロ]
えっ…どうしてそう思うの?▼
[ディーア]
わかるだろ? 俺は戦い向きの性格じゃないし…▼ そんな奴が戦場にいたら… 仲間に迷惑がかかると思ってさ…▼
[オボロ]
ディーア…▼
[ディーア]
どこか遠くの土地で… 執事でもして暮らした方が合ってるのかも…▼
[オボロ]
…そんなことないわよ。▼
[ディーア]
…え?▼
[オボロ]
向いてないなんてこと、ないわ。 あなたの居場所はここよ、ディーア。▼
[ディーア]
…どうしてだ?▼
[オボロ]
だって、ディーアは優しいもの。▼
[ディーア]
俺は優しくなんかねえし…▼
[オボロ]
またまた、照れないの。 ディーアは優しいわよ。▼ さっきだって、私に気を使って、 悩んでないふりしたんでしょ?▼
[ディーア]
…でも、それなら尚更、 俺は戦場には向いてないじゃん。▼ 戦場に優しさは… 必要ないからな…▼
[オボロ]
それは違うわよ。 戦場だからこそ、まず優しくなくっちゃ。▼ みんなが自分の事ばかり考えてたら 一緒に戦うことなんてできないもの。▼ でもディーアは、たとえ自分が危険でも 人を思いやることができるでしょ?▼ それって、とっても難しいけど大切なことよ。 だから…▼
[ディーア]
…………▼ ありがとう、母さん。 俺、ここで頑張ってみるよ。▼
[オボロ]
よしよし。 その調子で頑張りなさい。▼ 私はいつだって、 ディーアを見守ってるんだからね。▼

支援A

[オボロ]
…………▼
[ディーア]
母さん… どうしたんだよ…?▼
[オボロ]
ディーア… な、なんでもないわよ。▼ ちょっと、疲れちゃったかな〜? あはは…▼
[ディーア]
俺は母さんのことなら… なんでもお見通しだ…▼ なぜなら… 俺は母さんの子供なんだから。▼
[オボロ]
ふふ… そうだったわね。▼
[ディーア]
悩みがあるなら話してくれよ… 聞くくらいなら俺にも出来るしさ…▼
[オボロ]
ディーア…ありがとう。▼
[ディーア]
さぁ、話してくれ…▼
[オボロ]
私って… 母親失格じゃないかしら…?▼
[ディーア]
なんでそんなこと言うんだよ。 そんなことある訳ないじゃん…▼
[オボロ]
だって、私…▼ ディーアに戦場に居るべきだ、なんて 言っちゃったわ…▼
[ディーア]
この間… 俺が悩んでた時のことか…▼
[オボロ]
ええ…▼ 普通、母親だったら 子供の安全を第一に考えるものじゃない。▼ なのに私はディーアに 戦場で戦うことを勧めてしまったわ。▼ それって… 母親が言う事じゃないわよね…▼
[ディーア]
…そんなことねえよ。▼
[オボロ]
えっ?▼
[ディーア]
確かに母さんは俺の居場所を示してくれた。▼ でも、ここに残るのを決めたのは俺だ… 母さんが気に病むことはない…▼
[オボロ]
…………▼
[ディーア]
それにもし母さんの助言を聞かずに 迷いながら戦場に出ていたら…▼ 俺は本当に仲間に 迷惑をかけてしまってただろうな…▼
[オボロ]
ディーア…▼
[ディーア]
だから… 母さんは母親失格なんかじゃない…▼ 母さんは… 俺にとって、最高の母さんだ。▼
[オボロ]
えへへ…照れるじゃない。 ありがとう、ディーア。▼
[ディーア]
さ、あっちで珈琲を入れてあげるよ。 気分が落ち着く珈琲をな…▼
[オボロ]
ええ。ディーア、私すごく幸せよ。 こんなに優しい息子を持てたんだもの…▼

カゲロウ(親子)

支援C

[ディーア]
母さん… 珈琲を入れたぜ…▼
[カゲロウ]
ああ、ありがとう。 ディーア。▼ うん。 とても美味い…▼ ディーアは珈琲を入れるのが 本当に上手だな。▼
[ディーア]
そうか? 気に入ってもらえたようでよかった…▼
[カゲロウ]
ふむ… 本当に美味いな。▼ もしかしたら、珈琲を入れる腕は ジョーカーより上かもしれんな。▼
[ディーア]
父さんよりもか…? それは嬉しいな。▼ でも、もし今の言葉を父さんが聞いたら… すげえ…怒るだろうな。▼
[カゲロウ]
そうか? 怒りはしないだろう。▼ ただ…嫉妬はするかもしれんな。 それも、ものすごく激しいやつを。▼
[ディーア]
ああ… そっちの方が大変そうだな。▼
[カゲロウ]
ふふふ… それもそうだな。▼ きっと、 次の日から何杯も何杯も…▼ ジョーカーが入れた珈琲を 飲めと言われるのだろうな。▼ ディーアのより美味いと 私が言うまで。▼
[ディーア]
ふっ… 確かにそうなりそうだな。▼ …珈琲、おかわりもあるから。 遠慮しないで言ってくれよ…▼
[カゲロウ]
ああ。 ありがとう、ディーア。▼

支援B

[ディーア]
…………▼
[カゲロウ]
ディーア、 何か悩みでもあるのか?▼
[ディーア]
母さん…▼ 別に… 悩みなんてねえよ。▼
[カゲロウ]
嘘をつくな。 顔を見れば分かる。▼ 私はお前の母親なのだからな。▼
[ディーア]
…そっか。▼
[カゲロウ]
さあ、話を聞かせてくれ。▼ 役に立てるかどうかは分からないが 私でよければ相談に乗ろう。▼
[ディーア]
…………▼ 俺、戦場に出るの… 向いてないかも…▼
[カゲロウ]
なぜそう思う?▼
[ディーア]
わかるだろ? 俺は戦い向きの性格じゃないし…▼ そんな奴が戦場にいたら… 仲間に迷惑がかかると思ってさ…▼
[カゲロウ]
ディーア…▼
[ディーア]
どこか遠くの土地で… 執事でもして暮らした方が合ってるのかも…▼
[カゲロウ]
…そんなことはない。▼
[ディーア]
…え?▼
[カゲロウ]
ディーア、お前の居場所は…ここだ。▼
[ディーア]
…どうしてだ?▼
[カゲロウ]
そうだな… それは、お前が優しいからだ。▼
[ディーア]
俺は優しくなんかねえし…▼
[カゲロウ]
いいや。 お前は優しい子だ。▼ さっきだって、私に心配をかけまいとして、 悩みを隠そうとしたではないか。▼
[ディーア]
…でも、それなら尚更、 俺は戦場には向いてないじゃん。▼ 戦場に優しさは… 必要ないからな…▼
[カゲロウ]
それは違うぞ。 ディーア。▼ 戦場だからこそ、 優しさが必要なのだ。▼ 己の身が危ない時でも、常に 仲間を思い、守ろうとすること…▼ それは誰にでもできるほど 容易なことではない。▼ しかし、ディーア。 お前にはそれができるではないか。▼
[ディーア]
…………▼ ありがとう、母さん。 俺、ここで頑張ってみるよ。▼
[カゲロウ]
…ああ。 もっと自分を信じろ、ディーア。▼ 私はいつだって、 お前を見守っているからな。▼

支援A

[カゲロウ]
…………▼
[ディーア]
母さん… どうしたんだよ…?▼
[カゲロウ]
ディーア… なんでもない。▼ 少し疲れてるだけだ。 お前が心配することは何もない。▼
[ディーア]
俺は母さんのことなら… なんでもお見通しだ…▼ なぜなら… 俺は母さんの子供なんだから。▼
[カゲロウ]
ふっ… そうだったな。▼
[ディーア]
悩みがあるなら話してくれよ… 聞くくらいなら俺にも出来るしさ…▼
[カゲロウ]
ディーア…ありがとう。▼
[ディーア]
さぁ、話してくれ…▼
[カゲロウ]
私は… 母親失格ではないだろうか…▼
[ディーア]
なんでそんなこと言うんだよ。 そんなことある訳ないじゃん…▼
[カゲロウ]
しかし、私は…▼ お前に戦場が居場所だなどと 言ってしまった…▼
[ディーア]
この間… 俺が悩んでた時のことか…▼
[カゲロウ]
ああ…▼ 母親だったら、まず子供の安全を 第一に考えるべきではないのか…?▼ それなのに私は、ディーアに 戦場で戦うことを選ばせてしまった…▼ これでは… 母親として失格だ…▼
[ディーア]
…そんなことねえよ。▼
[カゲロウ]
えっ…?▼
[ディーア]
確かに母さんは俺の居場所を示してくれた。▼ でも、ここに残るのを決めたのは俺だ… 母さんが気に病むことはない…▼
[カゲロウ]
…………▼
[ディーア]
それにもし母さんの助言を聞かずに 迷いながら戦場に出ていたら…▼ 俺は本当に仲間に 迷惑をかけてしまってただろうな…▼
[カゲロウ]
ディーア…▼
[ディーア]
だから… 母さんは母親失格なんかじゃない…▼ 母さんは… 俺にとって、最高の母さんだ。▼
[カゲロウ]
…ありがとう、ディーア。▼
[ディーア]
さ、あっちで珈琲を入れてあげるよ。 気分が落ち着く珈琲をな…▼
[カゲロウ]
ああ…私は幸せだな。 こんなに優しい息子を持てたのだから。▼

コメント投稿(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-08 (木) 17:54:42