シグレの支援会話

ジークベルト(兄弟)

支援C

[ジークベルト]
ふむ… シグレはどこに行ったのかな?▼ こんな野山の中に捜して 見つかるとは思えないけれど、▼ 陣営の中には 見当たらなかったし…▼
[シグレ]
…………▼
[ジークベルト]
あっ、シグレ! あんなところにいたのか。▼ 切り株の上なんかに座って、 いったい何をしているんだろう?▼ それに、周りにも人が… …えっ?!▼ 人じゃない!? あ、あれは…動物? 森の動物たちなのか?▼ クマにウサギ、 リスに…オオカミまで…▼ 皆、シグレの周りに集まって、 おとなしくしている…▼
[シグレ]
昨日のお話はこんなところです。 どうですか、面白いでしょう?▼
[ジークベルト]
シグレ…もしかして 動物たちと会話しているのか…?▼
[シグレ]
!? そこにいるのは誰ですか!?▼ あ…!▼
[ジークベルト]
あ…!▼ 動物たちが逃げていってしまった… ええと…すまない、シグレ。▼ 私のせいで 皆、逃げてしまったね…▼
[シグレ]
ジークベルトだったのですか…!▼ いえ、いいですよ。 みんな臆病ですからね。仕方ありませんよ。▼ それよりも何をしに来たんですか? こんなところまで…▼
[ジークベルト]
ああ、シグレを捜しに来たんだ。▼ 私たちは、きょうだいでありながら 別々の秘境で育っただろう?▼ だから、弟である君のことを もっと知るべきだと思うんだ。▼ よかったら少し話でもしないかい?▼
[シグレ]
そ、そうなんですか…▼ でも俺と一緒にいても、 別にそんなに面白くないですよ?▼ ジークベルトはもっと別の人と 仲良くしていたほうが良いと思いますが…▼
[ジークベルト]
そ、そんなことはないよ。▼
[シグレ]
いえ…俺を気にかける必要はありません。▼ きょうだいだからといって、 無理に仲良くする必要は無いですよ。▼ では俺はこれで…▼
[ジークベルト]
あの、ちょっと…!▼ シグレ……▼

支援B

[ジークベルト]
うーん… 今日もまたシグレは見当たらないな。▼ いるとしたら、またあそこかな… 山の中にぽっかり開けた野原…▼ そしてその真ん中で、 森の動物たちと戯れているのは…▼ ああ、やっぱりいたね。 シグレ!!▼
[シグレ]
ジークベルト!?▼ あ、ああっ…!▼
[ジークベルト]
あ、ああ…! また驚いて 動物たちが逃げてしまった…▼ すまない、シグレ。 また邪魔をしてしまったようだね。▼
[シグレ]
い、いや…仕方ないですよ。 彼らは本当に人見知りですから。▼
[ジークベルト]
そ、そうか…▼ しかし、あなたはすごいね。 野生の動物たちとあれだけ心を通わせるなんて。▼ 同じ両親から生まれたのに、 私にはできない芸当だな。▼
[シグレ]
それで、ジークベルトはまた 俺のことを探しに来てくれたんですか?▼
[ジークベルト]
うん、私は、やはりあなたこのとを きょうだいとしてちゃんと理解したいと思う。▼
[シグレ]
そうですか…▼ その気持ちは嬉しいです。ありがとう。 ジークベルトがそう言ってくれるなら、▼ 弟としてその気持ちに応えないわけには いきませんね…▼
[ジークベルト]
本当かい? じゃあ私も ここに一緒にいてもいいかな。▼ そうだ、さっきの動物たちも もう一度呼んでみてくれよ。▼
[シグレ]
動物たちを…?▼ でも…残念ですが、ジークベルトがいると 動物たちは寄ってこないと思いますよ…?▼
[ジークベルト]
そんな…▼ でも、シグレには皆懐いているんだろう?▼ それなら私も、努力すれば 懐いてもらえるかもしれない。▼ 何かいい方法はないかな?▼
[シグレ]
そうですね… 方法と言えるかはわかりませんが、▼ 動物たちは相手の敵意みたいなものを 敏感に察知してしまうようなんです。▼ 恐らく彼らは…ジークベルトに そういった感情があることに、▼ 気づいてしまったんではないでしょうか。▼
[ジークベルト]
て、敵意?!▼ それは心外だな。 そんなもの、まったくないつもりだけれど…▼
[シグレ]
そうだったんですか?▼ 「わあ、おいしそう」とか 一瞬でも考えたのではと思いました…▼
[ジークベルト]
そんなことは断じて思わないよ!▼
[シグレ]
ご、ごめんなさい…▼ …でも困りましたね。 それ以上は俺にもわかりません。▼ でも…せっかくジークベルトが そう言ってくれているわけですし…▼ 何か方法がないか、俺も考えてみますよ。▼ 動物たちと、それから大切な兄と… 仲良く過ごせる方法をね。▼
[ジークベルト]
本当かい? 期待してるよ、シグレ。▼

支援A

[ジークベルト]
シグレ!▼
[シグレ]
ジークベルト…どうしたんですか?▼
[ジークベルト]
その… この間の、動物たちのことなんだけど…▼
[シグレ]
ああ、もしかして動物たちのいる所へ 行きたいんですか?▼ それなら俺も、 ちょうど今から行くところでした。▼ あなたに敵意がないこと… 彼らに証明するのに挑戦してみましょうか?▼
[ジークベルト]
うん…そのことを… あの後、ひとりでよく考えてみたんだ。▼ もしかしたらあの時、私には 敵意に近いものがあったのかもしれないと…▼
[シグレ]
え…?▼
[ジークベルト]
私は…シグレと仲良くしている 動物たちに嫉妬してしまったんだよ。▼ だから、あの時一瞬 動物たちが皆どこかへ消えればいいと思った。▼ 彼らにとっては、それが敵意に 感じられたんだろう。▼ 私は王族として、命あるもの全てに 慈愛をもって接しなければならないというのに…▼
[シグレ]
ジークベルト…▼
[ジークベルト]
私には、もうあの場所に行く資格はないね… これからは遠慮することにするよ。▼
[シグレ]
…いえ、行ってみましょう。▼ あなたの本心を聞けて、俺も確信しました。 今ならあの動物たちと仲良くなれますよ。▼
[ジークベルト]
え…?▼
[シグレ]
やきもちを焼いてしまったのが原因だと ちゃんとわかった今なら、▼ ジークベルトは動物たちと仲良くなりたいって 本心から思えるはずですから。▼ 落ち着いて動物たちと、 心の交流をしてみましょう?▼
[ジークベルト]
で、でも…▼
[シグレ]
大丈夫です。俺のためにやきもちなんて 焼いてくれた優しいジークベルトになら、▼ きっと彼らも心を開いてくれますよ。▼ …!▼ ほら、早速ウサギが こちらに近寄ってきましたよ…!▼
[ジークベルト]
う、うわっ…!▼
[シグレ]
ゆっくりと…落ち着いて… 心を穏やかにして…▼ 仲良くなりたいって、 願い続けるんです。▼
[ジークベルト]
う、うん…▼ …………▼ …触れた…! シグレ、私にも触れたよ!▼ このウサギ、 逃げないでじっとしてくれている…!▼
[シグレ]
ほら、大丈夫だったでしょう?▼
[ジークベルト]
ああ、良かった…!▼
[シグレ]
これで動物たちと俺たちきょうだいは みんなで仲良く過ごせますね。▼ さぁ、急いであの場所に行きましょう。 みんな待っていますよ。▼
[ジークベルト]
うん! ありがとう、シグレ…▼

フォレオ(兄弟)

支援C

[フォレオ]
うーん… シグレはどこに行ったんでしょう?▼ こんな野山の中にいるとも 思えませんけど、▼ 陣営の中には いませんでしたし…▼
[シグレ]
…………▼
[フォレオ]
…あっ、いました! あれはシグレですね。▼ 切り株の上に座って、 いったい何をしているんでしょう?▼ それに、周りにもたくさん人が… …ええっ?!▼ 人じゃありませんね… あれは…森の動物さんたちですか?▼ クマさんにウサギさん、 リスさんに…オオカミさんまで…▼ みんな、シグレの周りに集まって、 いい子でおとなしくしています…▼
[シグレ]
昨日のお話はこんなところです。 どうですか、面白いでしょう?▼
[フォレオ]
シグレ…もしかして 動物さんたちとお話ししているのですか…?▼
[シグレ]
!? そこにいるのは誰ですか!?▼ あ…!▼
[フォレオ]
あ…!▼ ど、動物さんたちが逃げていってしまいました… …ごめんなさい、シグレ。▼ 僕のせいで、みんな いなくなっちゃいましたね…▼
[シグレ]
フォレオだったのですか…!▼ いえ、いいですよ。 みんな臆病ですからね。仕方ありませんよ。▼ それよりも何をしに来たんですか? こんなところまで…▼
[フォレオ]
僕、シグレを捜していたんです。▼ 僕たちは、きょうだいなのに 別々の秘境で育ったでしょう?▼ だから、兄であるあなたのことを もっと知って、仲良くなりたいなって…▼
[シグレ]
そ、そうなんですか…▼ でも俺と一緒にいても、 別にそんなに面白くないですよ?▼ フォレオはもっと別の人と 仲良くしていたほうが良いと思いますが…▼
[フォレオ]
そ、そんなことはありませんよ。▼
[シグレ]
いえ…俺を気にかける必要はありません。▼ きょうだいだからといって、 無理に仲良くする必要は無いですよ。▼ では俺はこれで…▼
[フォレオ]
ちょ、ちょっと…!▼ …もう、シグレったら…▼

支援B

[フォレオ]
ふぅ… 今日もまたシグレは見当たりませんね。▼ いるとしたら、またあそこでしょうか… 山の中にぽっかり開けた野原…▼ そしてその真ん中で、 森の動物たちと戯れているのは…▼ うふふっ、やっぱりいました。 シグレ!!▼
[シグレ]
フォレオ!?▼ あ、ああっ…!▼
[フォレオ]
あ、ああ…! また動物たちが一目散に…▼ …ごめんなさい、シグレ。 僕、邪魔してばっかりですね…▼
[シグレ]
い、いや…仕方ないですよ。 彼らは本当に人見知りですから。▼
[フォレオ]
そ、そうですか…▼ それにしても、シグレはすごいですね。 動物たちとあんなに仲良くなれるなんて。▼ 同じお父様とお母様から生まれたのに、 僕にはできませんよ。▼
[シグレ]
それで、フォレオはまた 俺のことを探しに来てくれたんですか?▼
[フォレオ]
はい…僕はやっぱり シグレと仲良くなりたいんです。▼ ふたりっきりのきょうだいなんですから…▼
[シグレ]
そうですか…▼ その気持ちは嬉しいです。ありがとう。 フォレオがそう言ってくれるなら、▼ 兄としてその気持ちに 応えないわけにはいきませんね…▼
[フォレオ]
本当ですか? じゃあ僕も ここで一緒に過ごさせてください。▼ そうだ、さっきの動物たちも もう一度呼んでみてくれませんか?▼
[シグレ]
動物たちを…?▼ でも…残念ですが、フォレオがいると 動物たちは寄ってこないと思いますよ…?▼
[フォレオ]
そ、そうなんですか?▼ でも、シグレには皆 なついているんでしょう?▼ それなら、僕も頑張ったら 仲良くしてもらえるかもしれません。▼ シグレ、 何かいい方法を教えてくれませんか?▼
[シグレ]
そうですね… 方法と言えるかはわかりませんが、▼ 動物たちは相手の敵意みたいなものを 敏感に察知してしまうようなんです。▼ 恐らく彼らは…フォレオに そういった感情があることに、▼ 気づいてしまったんではないでしょうか。▼
[フォレオ]
て、敵意?!▼ 動物たち相手に、 そんなもの持ってませんよ?▼
[シグレ]
そうだったんですか?▼ 「わあ、おいしそう」とか 一瞬でも考えたのではと思いました…▼
[フォレオ]
もう、シグレったら… 僕、そんなに食いしん坊じゃありません!▼
[シグレ]
ご、ごめんなさい…▼ …でも困りましたね。 それ以上は俺にもわかりません。▼ でも…せっかくフォレオが そう言ってくれているわけですし…▼ 何か方法がないか、俺も考えてみますよ。▼ 動物たちと、それから可愛い弟と… 仲良く過ごせる方法をね。▼
[フォレオ]
本当ですか? 約束ですよ、シグレ。▼

支援A

[フォレオ]
あ、あの… シグレ…▼
[シグレ]
フォレオ…どうしたんですか?▼
[フォレオ]
その… この間の、動物たちのことなんですが…▼
[シグレ]
ああ、もしかして動物たちのいる所へ 行きたいんですか?▼ それなら俺も、 ちょうど今から行くところでした。▼ あなたに敵意がないこと… 彼らに証明するのに挑戦してみましょうか?▼
[フォレオ]
はい、そのことですが… あの後、ひとりでよく考えてみたんです。▼ もしかしたらあの時、僕にはやっぱり 敵意があったのかもしれないです…▼
[シグレ]
え…?▼
[フォレオ]
僕…シグレと仲良くしている 動物たちに、やきもち焼いちゃったんです。▼ だから悔しくて、あの時…▼ シグレの前からどいてほしいって、 そう思ってしまいました。▼ きっとそれが、動物たちには 敵意だと感じられたんですよ。▼ 僕、悪いことをしましたね…▼
[シグレ]
フォレオ…▼
[フォレオ]
だから僕… あの場所に行くのは、もうやめますね…▼
[シグレ]
…いえ、行ってみましょう。▼ あなたの本心を聞けて、俺も確信しました。 今ならあの動物たちと仲良くなれますよ。▼
[フォレオ]
え…?▼
[シグレ]
やきもちを焼いてしまったのが原因だと ちゃんとわかった今なら、▼ フォレオは動物たちと仲良くなりたいって 本心から思えるはずですから。▼ 落ち着いて動物たちと、 心の交流をしてみましょう?▼
[フォレオ]
で、でも…▼
[シグレ]
大丈夫です。俺のためにやきもちなんて 焼いてくれた優しいフォレオになら、▼ きっと彼らも心を開いてくれますよ。▼ …!▼ ほら、早速ウサギが こちらに近寄ってきましたよ…!▼
[フォレオ]
きゃっ…!▼
[シグレ]
ゆっくりと…落ち着いて… 心を穏やかにして…▼ 仲良くなりたいって、 願い続けるんです。▼
[フォレオ]
は、はい…▼ …………▼ …わあ…! シグレ、触れましたよ!▼ このウサギさん、ちっとも逃げないで 気持ちよさそうにしています…!▼
[シグレ]
ほら、大丈夫だったでしょう?▼
[フォレオ]
えへへ、よかった…!▼
[シグレ]
これで動物たちと俺たちきょうだいは みんなで仲良く過ごせますね。▼ さぁ、急いであの場所に行きましょう。 みんな待っていますよ。▼
[フォレオ]
はい! ありがとうございます、シグレ…▼

イグニス(兄弟)

支援C

[イグニス]
うーん… シグレはどこに行ったんだ…?▼ こんな野山の中にいるとも思えないが、 しかし陣営では見当たらなかったし…▼
[シグレ]
…………▼
[イグニス]
…ん? あれはシグレか?▼ 切り株の上なんかに座って、 いったい何をしているんだ?▼ それに、周りにもたくさん人が… …ひっ?!▼ 人じゃない?! あ、あれは…動物? 森の動物たちなのか?▼ クマにウサギ、 リスに…オオカミまで…!▼ 皆、シグレの周りに集まって、 おとなしくしている…▼
[シグレ]
昨日のお話はこんなところです。 どうですか、面白いでしょう?▼
[イグニス]
シグレ…もしかして 動物たちと会話しているのか…?▼
[シグレ]
!? そこにいるのは誰ですか!?▼ あ…!▼
[イグニス]
あ…!▼ ど、動物たちが逃げていってしまった… ええと…すまん、シグレ。▼ 俺のせいで 皆、逃げてしまったな…▼
[シグレ]
イグニスだったのですか…!▼ いえ、いいですよ。 みんな臆病ですからね。仕方ありませんよ。▼ それよりも何をしに来たんですか? こんなところまで…▼
[イグニス]
俺は、シグレと話がしたいと思って 捜していたんだ。▼ 俺たちは…きょうだいなのに 別々の秘境で育っただろう?▼ だから、兄であるお前のことを 俺はほとんど知らない…▼ そんなのは不自然だろう。▼
[シグレ]
そ、そうなんですか…▼ でも俺と一緒にいても、 別にそんなに面白くないですよ?▼ イグニスはもっと別の人と 仲良くしていたほうが良いと思いますが…▼
[イグニス]
そ、そんなことはないだろう。▼
[シグレ]
いえ…俺を気にかける必要はありません。▼ きょうだいだからといって、 無理に仲良くする必要は無いですよ。▼ では俺はこれで…▼
[イグニス]
お、おい…!▼ …あんな言い方はないだろう。 シグレのやつ…▼

支援B

[イグニス]
ふぅ… 今日もまたシグレはどこかへ行ってしまったな。▼ いるとしたら、またあそこか… 山の中にぽっかり開けた野原…▼ そしてその真ん中で、 動物たちと語らっているのは…▼ ああ、やはりいたな。 シグレ!▼
[シグレ]
イグニス!?▼ あ、ああっ…!▼
[イグニス]
あ、ああ…! また驚かせて 動物たちが一目散に…▼ …すまん、シグレ。 またやってしまった…▼
[シグレ]
い、いや…仕方ないですよ。 彼らは本当に人見知りですから。▼
[イグニス]
そ、そうなのか…▼ しかし、シグレはすごいな、 野生の動物たちを手懐けられるなんて。▼ きょうだいなのに、怖くてなかなか 触れることもできない俺とは大違いだ。▼
[シグレ]
それで、イグニスはまた 俺のことを探しに来てくれたんですか?▼
[イグニス]
…ああ。▼ たったひとりのきょうだいなんだ。 俺はシグレのことを、もっと理解したいと思う…▼
[シグレ]
そうですか…▼ その気持ちは嬉しいです、ありがとう。 イグニスがそう言ってくれるなら、▼ 兄としてその気持ちに 応えないわけにはいきませんね…▼
[イグニス]
本当か? では俺も ここで一緒にいてもいいだろうか。▼ そうだ、さっきの動物たちも もう一度呼んでみてくれ。▼
[シグレ]
動物たちを…?▼ でも…残念ですが、イグニスがいると 動物たちは寄ってこないと思いますよ…?▼
[イグニス]
そ、そうなのか?▼ だがシグレには皆、懐いているんだろう?▼ それなら、俺も努力すれば 懐いてくれるかもしれない…▼ なあ、何かいい方法はないか?▼
[シグレ]
そうですね… 方法と言えるかはわかりませんが、▼ 動物たちは相手の敵意みたいなものを 敏感に察知してしまうようなんです。▼ …恐らく彼らは、 イグニスにそういった感情があることに▼ 気づいてしまったんではないでしょうか。▼
[イグニス]
敵意!?▼ そ、そりゃあ少しは怖いと思ったが… 俺には敵意なんてまったくないつもりだぞ。▼
[シグレ]
そうだったんですか?▼ 「わあ、おいしそう」とか 一瞬でも考えたのではと思いました…▼
[イグニス]
シグレ…、俺をバカにしているのか?▼
[シグレ]
ご、ごめんなさい…▼ …でも困りましたね。 それ以上は俺にもわかりません。▼ でも…せっかくイグニスが そう言ってくれているわけですし…▼ 何か方法がないか、俺も考えてみますよ。▼ 動物たちと、それから可愛い弟と… 仲良く過ごせる方法をね。▼
[イグニス]
あ、ああ。 頼んだぞ、シグレ。▼

支援A

[イグニス]
シグレ…、ちょっといいか?▼
[シグレ]
イグニス…どうしたんですか?▼
[イグニス]
その… この間の、動物たちのことなんだが…▼
[シグレ]
ああ、もしかして動物たちのいる所へ 行きたいんですか?▼ それなら俺も、 ちょうど今から行くところでした。▼ あなたに敵意がないこと… 彼らに証明するのに挑戦してみましょうか?▼
[イグニス]
あ、ああ…そのことをだな… あの後、冷静になって考えてみたんだ。▼ もしかしたらあの時、俺には 敵意に近いものがあったのかもしれない…▼
[シグレ]
え…?▼
[イグニス]
正直に言おう。▼ 俺は…シグレと仲良くしている 動物たちに嫉妬したんだ。▼ だからあの時、本当は 動物たちがどこかへ行けばいいと思った。▼ きっとそれが、彼らには 敵意だと感じられたんだろう。▼ 俺は、動物たちに 悪いことをしてしまったな…▼
[シグレ]
イグニス…▼
[イグニス]
だから俺は… あそこに行くのは、もう諦めようと思う。▼
[シグレ]
…いえ、行ってみましょう。▼ あなたの本心を聞けて、俺も確信しました。 今ならあの動物たちと仲良くなれますよ。▼
[イグニス]
え…?▼
[シグレ]
やきもちを焼いてしまったのが原因だと ちゃんとわかった今なら、▼ イグニスは動物たちと仲良くなりたいって 本心から思えるはずですから。▼ 落ち着いて動物たちと、 心の交流をしてみましょう?▼
[イグニス]
だ、だが…▼
[シグレ]
大丈夫です。俺のためにやきもちなんて 焼いてくれた優しいイグニスになら、▼ きっと彼らも心を開いてくれますよ。▼ …!▼ ほら、早速ウサギが こちらに近寄ってきましたよ…!▼
[イグニス]
う、うわっ…!▼
[シグレ]
ゆっくりと…落ち着いて… 心を穏やかにして…▼ 仲良くなりたいって、 願い続けるんです。▼
[イグニス]
あ、ああ…▼ …………▼ …触れた!! シグレ、俺にも触れたぞ!▼ このウサギ、逃げないな…▼
[シグレ]
ほら、大丈夫だったでしょう?▼
[イグニス]
ああ、良かった…!▼
[シグレ]
これで動物たちと俺たちきょうだいは みんなで仲良く過ごせますね。▼ さぁ、急いであの場所に行きましょう。 みんな待っていますよ。▼
[イグニス]
ああ! ありがとう、シグレ…▼

ベロア(兄妹)

支援C

[ベロア]
くんくん… くんくんくん…▼ うーん… シグレはどこに行ったんでしょう?▼ こんな野山の中にいるとも思えませんけど、 陣営の中にはいませんでしたし…▼
[シグレ]
…………▼
[ベロア]
…あ、いました。 あれはシグレですね。▼ 切り株の上に座って、 いったい何をしているんでしょう?▼ それに、周りにもたくさん人が… …ん?▼ 人じゃありませんね… あれは…森の動物たちです…!▼ クマにウサギ、 リスに…オオカミまで…▼ みんな、シグレの周りに集まって、 おとなしくしています…▼
[シグレ]
昨日のお話はこんなところです。 どうですか、面白いでしょう?▼
[ベロア]
シグレ…もしかして 動物たちをお話しているのですか…?▼
[シグレ]
!? そこにいるのは誰ですか!?▼ あ…!▼
[ベロア]
あ…!▼ みんな、逃げていってしまいました…▼ …すみません、シグレ。 わたしが驚かせたせいで…▼
[シグレ]
ベロアだったのですか…!▼ いえ、いいですよ。 みんな臆病ですからね。仕方ありませんよ。▼ それよりも何をしに来たんですか? こんなところまで…▼
[ベロア]
わたし、シグレを探していたんです。▼ 別々の秘境で育ちましたが わたしたちは、きょうだいなのでしょう…?▼ なのに、わたしは兄であるあなたのことを ほとんど知りません…▼ だから、お話しにきたんです。▼
[シグレ]
そ、そうなんですか…▼ でも俺と一緒にいても、 別にそんなに面白くないですよ?▼ ベロアはもっと別の人と 仲良くしていたほうが良いと思いますが…▼
[ベロア]
…そういう問題じゃありません。▼
[シグレ]
いえ…俺を気にかける必要はありません。▼ きょうだいだからといって、 無理に仲良くする必要はないですよ。▼ では俺はこれで…▼
[ベロア]
あ…!▼ …行ってしまいました。 シグレ…面倒くさそうな人ですね…▼

支援B

[ベロア]
ふぅ… 今日もまたシグレは見当たりませんね…▼ いるとしたら、またあそこでしょうか… 山の中にぽっかり開けた野原…▼ そしてその真ん中で、 森の動物たちと戯れているのは…▼ ふふっ…やっぱりいました。 シグレ…▼
[シグレ]
ベロア!?▼ あ、ああっ…!▼
[ベロア]
あ、ああ…! また動物たちが一目散に…▼ …すみません、シグレ。 わたし、邪魔をしてしまいましたね…▼
[シグレ]
い、いや…仕方ないですよ。 彼らは本当に人見知りですから。▼
[ベロア]
そ、そうですか…▼ シグレはすごいですね。 野生の動物たちとあんなに仲良くなれるなんて…▼ 同じパパとママの子供なのに、 わたしはあんな風に仲良くできません…▼
[シグレ]
それで、ベロアはまた 俺のことを探しに来てくれたんですか?▼
[ベロア]
はい。わたしはやっぱり、 シグレと仲良しになりたいです…▼
[シグレ]
そうですか…▼ その気持ちは嬉しいです。ありがとう。 ベロアがそう言ってくれるなら、▼ 兄としてその気持ちに 応えないわけにはいきませんね…▼
[ベロア]
本当ですか…? じゃあわたしも ここに一緒にいていいですか?▼ さっきの動物たちも もう一度呼んでみてください。▼
[シグレ]
動物たちを…?▼ でも…残念ですか、ベロアがいると 動物たちは寄ってこないと思いますよ…?▼
[ベロア]
…そうなんですか?▼ でも、シグレには皆 なついていますよ。▼ それなら、わたしも 仲良しになれるかもしれません。▼ シグレ、 何かいい方法を教えてください。▼
[シグレ]
そうですね… 方法と言えるかはわかりませんが、▼ 動物たちは相手の敵意みたいなものを 敏感に察知してしまうようなんです。▼ 恐らく彼らは…ベロアに そういった感情があることに、▼ 気づいてしまったんではないでしょうか。▼
[ベロア]
…敵意?▼ わたし、動物たちを敵だなんて思ってません… わたしの方がずっと強いですから…▼
[シグレ]
そうだったんですか?▼ 「わあ、おいしそう」とか 一瞬でも考えたのではと思いました…▼
[ベロア]
わたし、そんな食いしん坊じゃありません。▼
[シグレ]
ご、ごめんなさい…▼ …でも困りましたね。 それ以上は俺にもわかりません。▼ でも…せっかくベロアが そう言ってくれているわけですし…▼ 何か方法がないか、俺も考えてみますよ。▼ 動物たちと、それはら可愛い妹と… 仲良く過ごせる方法をね。▼
[ベロア]
本当ですか? 約束ですよ、シグレ…▼

支援A

[ベロア]
あ、あの…、シグレ…▼
[シグレ]
ベロア…どうしたんですか?▼
[ベロア]
この間の、動物たちのことですが…▼
[シグレ]
ああ、もしかして動物たちのいる所へ 行きたいんですか?▼ それなら俺も、 ちょうど今から行くところでした。▼ あなたに敵意がないこと… 彼らに証明するのに挑戦してみましょうか?▼
[ベロア]
はい、そのことですが… あの夜、ひとりでよく考えてみたんです。▼ わたしには、もしかしたらあの時、 やっぱり敵意があったのかもしれないです…▼
[シグレ]
え…?▼
[ベロア]
わたし…シグレと仲良くしている 動物たちに、やきもちを焼いたんです…▼ だから悔しくて、あの時… シグレの前からどいてほしいと思いました。▼ きっとそれを、動物たちは 敵意だと感じたんです…▼ わたし、悪いことをしました…▼
[シグレ]
ベロア…▼
[ベロア]
わたし… もうあの場所に行くの、やめますね…▼
[シグレ]
…いえ、行ってみましょう。▼ あなたの本心を聞けて、俺も確信しました。 今ならあの動物たちと仲良くなれますよ。▼
[ベロア]
え…?▼
[シグレ]
やきもちを焼いてしまったのが原因だと ちゃんとわかった今なら、▼ ベロアは動物たちと仲良くなりたいって 本心から思えるはずですから。▼ 落ち着いて動物たちと、 心の交流をしてみましょう?▼
[ベロア]
で、でも…▼
[シグレ]
大丈夫です。俺のためにやきもちなんて 焼いてくれた優しいベロアになら、▼ きっと彼らも心を開いてくれますよ。▼ …!▼ ほら、早速ウサギが こちらに近寄ってきましたよ…!▼
[ベロア]
あ…!▼
[シグレ]
ゆっくりと…落ち着いて… 心を穏やかにして…▼ 仲良くなりたいって、 願い続けるんです。▼
[ベロア]
は、はい…▼ …………▼ …あ…触れました… シグレ、触れましたよ…!▼ このウサギ、わたしに撫でられて 気持ちよさそうです…▼
[シグレ]
ほら、大丈夫だったでしょう?▼
[ベロア]
ふふっ、本当です…! お兄さんの言うことは間違いありませんね…▼
[シグレ]
これで動物たちと俺たちきょうだいは みんなで仲良く過ごせますね。▼ さぁ、急いであの場所に行きましょう。 みんな待っていますよ。▼
[ベロア]
はい…! ありがとうございます、シグレ…▼

ルッツ(兄弟)

支援C

[ルッツ]
うーん… シグレはどこに行っちゃったのかな?▼ こんな野山の中に いるとは思えないけど、▼ でも陣営の中では 見かけなかったしなあ…▼
[シグレ]
…………▼
[ルッツ]
あっ、シグレ! あんなところにいたんだ。▼ 切り株の上なんかに座って、 何してるんだろう?▼ それに、周りにもたくさん人が… …ええっ?!▼ ひ、人じゃないよ?! あれは…森の動物たちだ!!▼ クマにウサギ、 リスに…オオカミまで…▼ みんな、シグレの周りに集まって、 おとなしくしてる…!▼
[シグレ]
昨日のお話はこんなところです。 どうですか、面白いでしょう?▼
[ルッツ]
シグレ…もしかして 動物たちとお話してるのかな…?▼
[シグレ]
!? そこにいるのは誰ですか!?▼ あ…!▼
[ルッツ]
あ…!▼ 動物たちが逃げちゃった…▼ えっと…ごめんね、シグレ。 僕のせいで…▼
[シグレ]
ルッツだったのですか…!▼ いえ、いいですよ。 みんな臆病ですからね。仕方ありませんよ。▼ それよりも何をしに来たんですか? こんなところまで…▼
[ルッツ]
僕、シグレを捜しに来たんだ!▼ シグレは僕のお兄さんなのに、 僕たち、別々の秘境で育ったでしょ?▼ だからたくさんお話しして シグレのこと、いろいろ教えてよ!▼
[シグレ]
そ、そうなんですか…▼ でも俺と一緒にいても、 別にそんなに面白くないですよ?▼ ルッツはもっと別の人と 仲良くしていたほうが良いと思いますが…▼
[ルッツ]
えーっ?! そんなことないよ!▼
[シグレ]
いえ…俺を気にかける必要はありません。▼ きょうだいだからといって、 無理に仲良くする必要はないですよ。▼ では俺はこれで…▼
[ルッツ]
ちょ、ちょっと待ってよ…!▼ 行っちゃった… シグレ…▼

支援B

[ルッツ]
うう~ん… 今日もまたシグレは見当たらないね。▼ いるとしたら、またあそこかな…? 山の中にポツンとある野原…▼ そしてその真ん中で、 森の動物たちと遊んでるのは…▼ えへへっ、やっぱりいた。 シグレ!!▼
[シグレ]
ルッツ!?▼ あ、ああっ…!▼
[ルッツ]
あっ…! また驚かせて 動物たちが逃げちゃった…▼ ごめんね、シグレ。 僕、またやっちゃった…▼
[シグレ]
い、いや…仕方ないですよ。 彼らは本当に人見知りですから。▼
[ルッツ]
そ、そうなんだ…▼ でも、シグレはすごいね! 森の動物たちとあんなに仲良くなれるなんてさ。▼ 僕も、ミシェルとなら仲良しなんだけどなあ。▼
[シグレ]
それで、ルッツはまた 俺のことを探しに来てくれたんですか?▼
[ルッツ]
うん! 僕、やっぱりお兄さんと いっぱい遊んだり、お話ししたりしたいんだ。▼ …ダメかな?▼
[シグレ]
そうですか…▼ その気持ちは嬉しいです。ありがとう。 ルッツがそう言ってくれるなら、▼ 兄としてその気持ちに 応えないわけにはいきませんね…▼
[ルッツ]
ほんと? じゃあ僕も ここに一緒にいてもいい?▼ そうだ、さっきの動物たちも もう一回呼んでみてよ!▼
[シグレ]
動物たちを…?▼ でも…残念ですが、ルッツがいると 動物たちは寄ってこないと思いますよ…?▼
[ルッツ]
そ、そうなの?▼ でもシグレとはみんな仲良しなんでしょ?▼ それなら僕も、頑張ったら 仲良くなれるかもしれないよ。▼ ねえ、何か方法を教えてよ!▼
[シグレ]
そうですね… 方法と言えるかはわかりませんが、▼ 動物たちは相手の敵意みたいなものを 敏感に察知してしまうようなんです。▼ 恐らく彼らは…ルッツに そういった感情があることに、▼ 気づいてしまったんではないでしょうか。▼
[ルッツ]
て、敵意?▼ 僕、動物たちを敵だなんて 思ってないんだけど…▼
[シグレ]
そうだったんですか?▼ 「わあ、おいしそう」とか 一瞬でも考えたのではと思いました…▼
[ルッツ]
もーっ、 正義の味方はそんなこと思わないよ!▼
[シグレ]
ご、ごめんなさい…▼ …でも困りましたね。 それ以上は俺にもわかりません。▼ でも…せっかくルッツが そう言ってくれているわけですし…▼ 何か方法がないか、俺も考えてみますよ。▼ 動物たちと、それから可愛い弟と… 仲良く過ごせる方法をね。▼
[ルッツ]
ほんと? 絶対だよ、シグレ!▼

支援A

[ルッツ]
ね、ねえ、シグレ…▼
[シグレ]
ルッツ…どうしたんですか?▼
[ルッツ]
その… この間の、動物たちのことなんだけど…▼
[シグレ]
ああ、もしかして動物たちのいる所へ 行きたいんですか?▼ それなら俺も、 ちょうど今から行くところでした。▼ あなたに敵意がないこと… 彼らに証明するのに挑戦してみましょうか?▼
[ルッツ]
うん、そのことなんだけど… 僕、ひとりでよく考えたんだ。▼ もしかしたらあの時、やっぱり 敵意っていうのがあったのかもしれないって…▼
[シグレ]
え…?▼
[ルッツ]
僕ね、シグレと仲良くしている 動物たちに、やきもち焼いちゃったんだ。▼ シグレは僕のお兄さんなのにって…▼ だから悔しくって、あの時つい みんなどっか行っちゃえって思った。▼ だから動物たちはきっと、 僕のこと、敵だって思ったんだよ。▼ 僕、動物たちに意地悪しちゃった… 正義の味方失格だね…▼
[シグレ]
ルッツ…▼
[ルッツ]
だから僕、もうあそこに行くのはやめるね。▼
[シグレ]
…いえ、行ってみましょう。▼ あなたの本心を聞けて、俺も確信しました。 今ならあの動物たちと仲良くなれますよ。▼
[ルッツ]
え…?▼
[シグレ]
やきもちを焼いてしまったのが原因だと ちゃんとわかった今なら、▼ ルッツは動物たちと仲良くなりたいって 本心から思えるはずですから。▼ 落ち着いて動物たちと、 心の交流をしてみましょう?▼
[ルッツ]
で、でも…▼
[シグレ]
大丈夫です。俺のためにやきもちなんて 焼いてくれた優しいルッツになら、▼ きっと彼らも心を開いてくれますよ。▼ …!▼ ほら、早速ウサギが こちらに近寄ってきましたよ…!▼
[ルッツ]
う、うわっ…!▼
[シグレ]
ゆっくりと…落ち着いて… 心を穏やかにして…▼ 仲良くなりたいって、 願い続けるんです。▼
[ルッツ]
う、うん…▼ …………▼ あっ…触れた!! シグレ、僕にも触れたよ!▼ ウサギさん、逃げないで じっとしてるよ…!▼
[シグレ]
ほら、大丈夫だったでしょう?▼
[ルッツ]
よかった、 僕とも仲良くしてくれるんだね…!▼
[シグレ]
これで動物たちと俺たちきょうだいは みんなで仲良く過ごせますね。▼ さぁ、急いであの場所に行きましょう。 みんな待っていますよ。▼
[ルッツ]
うん! ありがとう、シグレ!!▼

オフェリア(兄妹)

支援C

[オフェリア]
ええっと… シグレ、どこに行ったのかしら…▼ こんな野山の中を捜して 見つかるとは思えないけど、▼ 陣営の中にも周りにも いなかったし…▼
[シグレ]
…………▼
[オフェリア]
あっ、シグレ! あんなところにいたのね。▼ 切り株の上なんかに座って、 いったい何をしているのかしら?▼ それに、周囲にも人が… …えっ?!▼ ひ、人じゃない…?! あれは、森の動物たちだわ!▼ クマにウサギ、 リスに…オオカミまで…▼ みんな、シグレの周りに集まって、 じっとしてる…▼
[シグレ]
昨日のお話はこんなところです。 どうですか、面白いでしょう?▼
[オフェリア]
シグレ…もしかして 動物たちとお話してるの…?▼
[シグレ]
!? そこにいるのは誰ですか!?▼ あ…!▼
[オフェリア]
あっ…!▼ ど、動物たちが逃げちゃった… ええと…ごめんなさい、シグレ。▼ 私のせいで、みんな びっくりしちゃったんだね。▼
[シグレ]
オフェリアだったのですか…!▼ いえ、いいですよ。 みんな臆病ですからね。仕方ありませんよ。▼ それよりも何をしに来たんですか? こんなところまで…▼
[オフェリア]
私はシグレを捜しに来たの。▼ そう…同じ血を分けし きょうだいでありながら、▼ 数奇な運命により 異なる秘境で育まれた私たち…▼ さあ、我が兄シグレよ。▼ 無慈悲な神に奪われた我らの時を取り戻す為に 心ゆくまで共に語らいましょう…▼
[シグレ]
そ、そうなんですか…▼ でも、俺と一緒にいても、 別にそんなに面白くないですよ?▼ オフェリアはもっと別の人と 仲良くしていたほうが良いと思いますが…▼
[オフェリア]
えーっ?! そんなことないよ!!▼
[シグレ]
いえ…俺を気にかける必要はありません。▼ きょうだいだからといって、 無理に仲良くする必要は無いですよ。▼ では俺はこれで…▼
[オフェリア]
ちょ、ちょっと…!▼ もう、シグレってばー!▼

支援B

[オフェリア]
うーん… 今日もまたシグレは見当たらないね。▼ でも大丈夫。 さあ悠久の星の輝きよ、導いてちょうだい…▼ 奥深き山林の中に密やかに開かれた 森の女神の憩いの草原…▼ そしてそこで、女神の僚属たる 森の動物たちと語らっているのは…▼ ふふーん、やっぱりいた! シグレ!!▼
[シグレ]
オフェリア!?▼ あ、ああっ…!▼
[オフェリア]
あ…! また驚いて 動物たちが逃げちゃった…▼ ごめんなさい、シグレ。 私、またやっちゃった…▼
[シグレ]
い、いや…仕方ないですよ。 彼らは本当に人見知りですから。▼
[オフェリア]
そ、そう…▼ でも、シグレはすごいね! 動物たちとあんなに仲良くなれるなんて。▼ 同じ父さんと母さんから生まれたのに、 私にはそんなことできないよ。▼
[シグレ]
それで、オフェリアはまた 俺のことを探しに来てくれたんですか?▼
[オフェリア]
うん! だって、シグレは私の たったひとりのお兄ちゃんだもん。▼
[シグレ]
そうですか…▼ その気持ちは嬉しいです。ありがとう。 オフェリアがそう言ってくれるなら、▼ 兄としてその気持ちに 応えないわけにはいきませんね…▼
[オフェリア]
ほんと? じゃあ私も ここで一緒に遊んでもいい?▼ そうだ、さっきの動物たちも もう一度呼んでみてよ。▼
[シグレ]
動物たちを…?▼ でも…残念ですが、オフェリアがいると 動物たちは寄ってこないと思いますよ…?▼
[オフェリア]
えーっ、そうなの?▼ でもシグレには、 みんな懐いてるんでしょ?▼ それなら私も、頑張ったら あのこたちと仲良くなれるかもしれないよ。▼ ねえ、何かいい方法はない?▼
[シグレ]
そうですね… 方法と言えるかはわかりませんが、▼ 動物たちは相手の敵意みたいなものを 敏感に察知してしまうようなんです。▼ 恐らく彼らは…オフェリアに そういった感情があることに、▼ 気づいてしまったんではないでしょうか。▼
[オフェリア]
て、敵意!? 私、あの子たちを敵だなんて思ってないよ。▼
[シグレ]
そうだったんですか?▼ 「わあ、おいしそう」とか 一瞬でも考えたのではと思いました…▼
[オフェリア]
もーっ、乙女に向かって失礼ね!▼
[シグレ]
ご、ごめんなさい…▼ …でも困りましたね。 それ以上は俺にもわかりません。▼ でも…せっかくオフェリアが そう言ってくれているわけですし…▼ 何か方法がないか、俺も考えてみますよ。▼ 動物たちと、それから可愛い妹と… 仲良く過ごせる方法をね。▼
[オフェリア]
ほんと? 約束だよ、シグレ!▼

支援A

[オフェリア]
ねえ、シグレ…▼
[シグレ]
オフェリア…どうしたんですか?▼
[オフェリア]
あのね… この間の、動物たちのことなんだけど…▼
[シグレ]
ああ、もしかして動物たちのいる所へ 行きたいんですか?▼ それなら俺も、 ちょうど今から行くところでした。▼ あなたに敵意がないこと… 彼らに証明するのに挑戦してみましょうか?▼
[オフェリア]
う、うん。そのことなんだけどね…▼ あの後…私は独り、夜の帳の静寂の中で 己の心の囁きに耳を澄ませてみたの…▼ もしかしたらあの時、私の中には 敵意と呼べるものがあったかもしれないと…▼
[シグレ]
え…?▼
[オフェリア]
だ、だって…▼ シグレ、私にはあんなに冷たかったのに 動物たちとは仲良くしてるんだもん!▼ だから悔しくって…あの時本当は、 みんなどこかへ行っちゃえばいいって思ったの。▼ きっとそれが、あの子たちには 敵意だって感じられたんだよ。▼ 私、あの子たちに 悪いことしちゃった…▼
[シグレ]
オフェリア…▼
[オフェリア]
だからもう、あそこに行くのは諦めるね…▼
[シグレ]
…いえ、行ってみましょう。▼ あなたの本心を聞けて、俺も確信しました。 今ならあの動物たちと仲良くなれますよ。▼
[オフェリア]
え…?▼
[シグレ]
やきもちを焼いてしまったのが原因だと ちゃんとわかった今なら、▼ オフェリアは動物たちと仲良くなりたいって 本心から思えるはずですから。▼ 落ち着いて動物たちと、 心の交流をしてみましょう?▼
[オフェリア]
で、でも…▼
[シグレ]
大丈夫です。俺のためにやきもちなんて 焼いてくれた優しいオフェリアになら、▼ きっと彼らも心を開いてくれますよ。▼ …!▼ ほら、早速ウサギが こちらに近寄ってきましたよ…!▼
[オフェリア]
あっ…!▼
[シグレ]
ゆっくりと…落ち着いて… 心を穏やかにして…▼ 仲良くなりたいって、 願い続けるんです。▼
[オフェリア]
う、うん…▼ …………▼ あっ…触れた!! シグレ、私にも触れたよ!▼ このこ、気持ちよさそうにじっとしてる…▼~
[シグレ]
ほら、大丈夫だったでしょう?▼
[オフェリア]
うん、良かった…!▼
[シグレ]
これで動物たちと俺たちきょうだいは みんなで仲良く過ごせますね。▼ さぁ、急いであの場所に行きましょう。 みんな待っていますよ。▼
[オフェリア]
わーい、行く行く! ありがとう、シグレ…!▼

ソレイユ(兄妹)

支援C

[ソレイユ]
うーん… シグレったら、どこに行っちゃったのかな?▼ こんな野山の中に いるとは思わないけど、▼ 陣営の中では 見かけなかったしなあ…▼
[シグレ]
…………▼
[ソレイユ]
おっ、シグレ発見! あんなところにいたんだね。▼ 切り株の上なんかに座って、 いったい何をしてるのかな?▼ それに、周りにもたくさん人が…▼ …って、ええっ?! ひ、人じゃない?! あれは…動物? 森の動物たちだ?!▼ クマにウサギ、 リスに…オオカミまで…▼ みんな、シグレの周りに集まって、 おとなしくしてる…▼
[シグレ]
昨日のお話はこんなところです。 どうですか、面白いでしょう?▼
[ソレイユ]
シグレ…もしかして 動物たちと会話してるの…?▼
[シグレ]
!? そこにいるのは誰ですか!?▼ あ…!▼
[ソレイユ]
あっ…!▼ 動物たちが逃げちゃった… えーっと…ごめんね、シグレ。▼ あたしのせいで みんな、いなくなっちゃった。あはは…▼
[シグレ]
ソレイユだったのですか…!▼ いえ、いいですよ。 みんな臆病ですからね。仕方ありませんよ。▼ それよりも何をしに来たんですか? こんなところまで…▼
[ソレイユ]
あたし、シグレを捜しに来たの!▼ ほら、あたしたち、きょうだいなのに 別々の秘境で育ったじゃない?▼ シグレはあたしの兄さんなんだから、 ひとつ親睦でも深めようかなと思ってね。▼
[シグレ]
そ、そうなんですか…▼ でも俺と一緒にいても、 別にそんなに面白くないですよ?▼ ソレイユはもっと別の人と 仲良くしていたほうが良いと思いますが…▼
[ソレイユ]
そ、そんなことないんじゃない?▼
[シグレ]
いえ…俺を気にかける必要はありません。▼ きょうだいだからといって、 無理に仲良くする必要は無いですよ。▼ では俺はこれで…▼
[ソレイユ]
あ、ちょっと…!▼ …逃げられちゃった。 男の人をナンパするのは難しいなあ…▼

支援B

[ソレイユ]
うう~ん… 今日もまたシグレは見当たらないね…▼ いるとしたら、またあそこかな? 山の中にぽっかり空いた野原…▼ そしてその真ん中で、森の動物たちと遊んでいるのは…▼ うん、やっぱりいた。 シグレ!!▼
[シグレ]
ソレイユ!?▼ あ、ああっ…!▼
[ソレイユ]
あ…! また驚いて 動物たちが逃げちゃった…▼ ごめんね、シグレ。 またやっちゃった…▼
[シグレ]
い、いや…仕方ないですよ。 彼らは本当に人見知りですから。▼
[ソレイユ]
そ、そう?▼ それにしても、シグレはすごいね。 動物たちと仲良くなれるなんてさ!▼ 同じ父さんと母さんから生まれたのに、 あたしにはできないなあ。▼
[シグレ]
それで、ソレイユはまた 俺のことを探しに来てくれたんですか?▼
[ソレイユ]
うん! あたしはやっぱり シグレのこと、もっとよく知りたいよ。▼
[シグレ]
そうですか…▼ その気持ちは嬉しいです。ありがとう。 ソレイユがそう言ってくれるなら、▼ 兄としてその気持ちに 応えないわけにはいきませんね…▼
[ソレイユ]
ほんと? じゃああたしも ここで一緒にいてもいい?▼ そうだ、さっきの動物たちも もう一度呼んでみてよ。▼
[シグレ]
動物たちを…?▼ でも…残念ですが、ソレイユがいると 動物たちは寄ってこないと思いますよ…?▼
[ソレイユ]
そ、そうなの?▼ でもシグレにはみんな、なついているんだよね?▼ じゃああたしも頑張れば なついてもらえるかもしれないじゃない。▼ ねえ、どうやったら仲良くなれるの?▼
[シグレ]
そうですね… 方法と言えるかはわかりませんが、▼ 動物たちは相手の敵意みたいなものを 敏感に察知してしまうようなんです。▼ 恐らく彼らは…ソレイユに そういった感情があることに、▼ 気づいてしまったんではないでしょうか。▼
[ソレイユ]
て、敵意?!▼ そんなのないと思うけど…▼
[シグレ]
そうだったんですか?▼ 「わあ、おいしそう」とか 一瞬でも考えたのではと思いました…▼
[ソレイユ]
そんなこと思わないよ! 可愛い女の子なら別だけど。▼
[シグレ]
ソ、ソレイユ…▼ …でも困りましたね。 それ以上は俺にもわかりません。▼ でも…せっかくソレイユが そう言ってくれているわけですし…▼ 何か方法がないか、俺も考えてみますよ。▼ 動物たちと、それから可愛い妹と… 仲良く過ごせる方法をね。▼
[ソレイユ]
ほんと? 頼んだよ、シグレ!▼

支援A

[ソレイユ]
あのさ、シグレ…▼
[シグレ]
ソレイユ…どうしたんですか?▼
[ソレイユ]
その… この間の、動物たちのことなんだけど…▼
[シグレ]
ああ、もしかして動物たちのいる所へ 行きたいんですか?▼ それなら俺も、 ちょうど今から行くところでした。▼ あなたに敵意がないこと… 彼らに証明するのに挑戦してみましょうか?▼
[ソレイユ]
う、うん。そのことだけど… あの後、ひとりで考えてみたんだ。▼ あたし、もしかしたらあの時、 やっぱり敵意があったのかもしれないって…▼
[シグレ]
え…?▼
[ソレイユ]
あたし…シグレと仲良くしている 動物たちに嫉妬したんだ。▼ だから悔しくって、あの時… シグレの前からどいてって思っちゃった。▼ だから動物たちは、 あたしを敵だと思ったんだよ。▼ あたし、動物たちに 悪いことしちゃったね…▼
[シグレ]
ソレイユ…▼
[ソレイユ]
あたし… あそこに行くのは、もう諦めるよ。▼
[シグレ]
…いえ、行ってみましょう。▼ あなたの本心を聞けて、俺も確信しました。 今ならあの動物たちと仲良くなれますよ。▼
[ソレイユ]
え…?▼
[シグレ]
やきもちを焼いてしまったのが原因だと ちゃんとわかった今なら、▼ ソレイユは動物たちと仲良くなりたいって 本心から思えるはずですから。▼ 落ち着いて動物たちと、 心の交流をしてみましょう?▼
[ソレイユ]
で、でも…▼
[シグレ]
大丈夫です。俺のためにやきもちなんて 焼いてくれた優しいソレイユになら、▼ きっと彼らも心を開いてくれますよ。▼ …!▼ ほら、早速ウサギが こちらに近寄ってきましたよ…!▼
[ソレイユ]
わあ…!▼
[シグレ]
ゆっくりと…落ち着いて… 心を穏やかにして…▼ 仲良くなりたいって、 願い続けるんです。▼
[ソレイユ]
う、うん…▼ …………▼ あっ…触れた!! シグレ、あたしにも触れたよ!▼ へへっ、君は女の子かな? よしよし…▼
[シグレ]
ほら、大丈夫だったでしょう?▼
[ソレイユ]
うん、良かった…!▼
[シグレ]
これで動物たちと俺たちきょうだいは みんなで仲良く過ごせますね。▼ さぁ、急いであの場所に行きましょう。 みんな待っていますよ。▼
[ソレイユ]
うん、行く! ありがとね、シグレ!!▼

エポニーヌ(兄妹)

支援C

[エポニーヌ]
うーん… シグレったら、どこに行ったのよ?▼ こんな野山の中にいるとは思えないけど、 陣営の中を捜してもいなかったし…▼ まさか、どこかで美青年と待ち合わせとか? 大変だわ、速く見つけなきゃ…!▼
[シグレ]
…………▼
[エポニーヌ]
あっ、シグレ! あんなところにいたのね。▼ 切り株の上なんかに座ってる… いったい何をしているのかしら?▼ 美青年と待ち合わせ…じゃないわね。 他にもたくさん人がいるわ。▼ …って、ええっ?!▼ あ、あれ、人じゃないわ?! …動物? 森の動物たちなの?▼ クマにウサギ、 リスに…オオカミまで…▼ みんな、シグレの周りに集まって、 おとなしくしてる…▼
[シグレ]
昨日のお話はこんなところです。 どうですか、面白いでしょう?▼
[エポニーヌ]
シグレ…もしかして 動物たちと会話してるの…?▼
[シグレ]
!? そこにいるのは誰ですか!?▼ あ…!▼
[エポニーヌ]
あっ…!▼ 動物たちが逃げちゃった… ええと…ごめんなさい、シグレ。▼ あたしのせいで みんな、いなくなっちゃったわね…▼
[シグレ]
エポニーヌだったのですか…!▼ いえ、いいですよ。 みんな臆病ですからね。仕方ありませんよ。▼ それよりも何をしに来たんですか? こんなところまで…▼
[エポニーヌ]
あたし、シグレを捜しに来たのよ。▼ あたしたち、きょうだいなのに 別々の秘境で育ったでしょ?▼ だから兄であるあなたのことを、 いろいろ聞かせてもらおうと思って。▼
[シグレ]
そ、そうなんですか…▼ でも、俺と一緒にいても、 別にそんなに面白くないですよ?▼ エポニーヌはもっと別の人と 仲良くしていたほうが良いと思いますが…▼
[エポニーヌ]
そ、そんなことないわよ!▼
[シグレ]
いえ…俺を気にかける必要はありません。▼ きょうだいだからといって、 無理に仲良くする必要は無いですよ。▼ では俺はこれで…▼
[エポニーヌ]
ちょ、ちょっと…!▼ …行っちゃった。▼ んもう、シグレってば なかなかガードが固いわね…▼

支援B

[エポニーヌ]
うう~ん… 今日もまたシグレは見当たらないわね…▼ どこかで男の子と会ってたりしたら 嬉しいんだけど、どうせまたあそこね。▼ 山の中にぽっかり開けた野原…▼ そしてその真ん中で、 森の動物たちと遊んでるのは…▼ ほらっ、やっぱりいたわ。 シグレ!!▼
[シグレ]
エポニーヌ!?▼ あ、ああっ…!▼
[エポニーヌ]
あっ…! また驚かせて 動物たちが逃げちゃった…▼ ごめんね、シグレ。 あたしったら、またやっちゃった…▼
[シグレ]
い、いや…仕方ないですよ。 彼らは本当に人見知りですから。▼
[エポニーヌ]
そ、そうなの…▼ それにしても、シグレはすごいわね、 野生の動物たちを手懐けられるなんて。▼ あたしにはそんなことできないわ。▼ まあ、どうせ手懐けてくれるなら 人間の男の人の方が嬉しいけど…▼
[シグレ]
それで、エポニーヌはまた 俺のことを探しに来てくれたんですか?▼
[エポニーヌ]
ええ、そうよ。▼ せっかく兄がいるのに、 近くで観察できないなんてもったいない…▼ いえ、仲良くできないなんて寂しいわ。▼
[シグレ]
そうですか…▼ その気持ちは嬉しいです。ありがとう。 エポニーヌがそう言ってくれるなら、▼ 兄としてその気持ちに 応えないわけにはいきませんね…▼
[エポニーヌ]
本当? じゃああたしも ここで一緒にいてもいい?▼ そうだわ、さっきの動物たちも もう一度呼んでみてよ。▼
[シグレ]
動物たちを…?▼ でも…残念ですが、エポニーヌがいると 動物たちは寄ってこないと思いますよ…?▼
[エポニーヌ]
そうなの?▼ でもシグレにはみんな、懐いてるんでしょ?▼ それなら、あたしも頑張れば 手懐けられるかもしれないじゃない。▼ 何か方法はないの?▼
[シグレ]
そうですね… 方法と言えるかはわかりませんが、▼ 動物たちは相手の敵意みたいなものを 敏感に察知してしまうようなんです。▼ おそらく彼らは…エポニーヌに そういった感情があることに、▼ 気づいてしまったんではないでしょうか。▼
[エポニーヌ]
て、敵意!? あたしにはそんなものないわよ。▼
[シグレ]
そうだったんですか?▼ 「わあ、おいしそう」とか 一瞬でも考えたのではと思いました…▼
[エポニーヌ]
うーん…男の人とならともかく、 動物と仲良くしてるのを見てもね…▼
[シグレ]
ご、ごめんなさい…▼ …でも困りましたね。 それ以上は俺にもわかりません。▼ でも…せっかくエポニーヌが そう言ってくれているわけですし…▼ 何か方法がないか、俺も考えてみますよ。▼ 動物たちと、それから可愛い妹と… 仲良く過ごせる方法をね。▼
[エポニーヌ]
そ、そう? それじゃ、お願いするわ。▼

支援A

[エポニーヌ]
ねえ、シグレ…▼
[シグレ]
エポニーヌ…どうしたんですか?▼
[エポニーヌ]
その… この間の、動物たちのことなんだけど…▼
[シグレ]
ああ、もしかして動物たちのいる所へ 行きたいんですか?▼ それなら俺も、 ちょうど今から行くところでした。▼ あなたに敵意がないこと… 彼らに証明するのに挑戦してみましょうか?▼
[エポニーヌ]
う、うん…そのことなんだけど… あたし、あの後よく考えてみたの。▼ もしかしたらあの時、あたしには やっぱり敵意があったのかもしれない…▼
[シグレ]
え…?▼
[エポニーヌ]
あたし…動物たちに嫉妬したのよ。▼ あたしには素っ気ないのに、 動物たちとは仲良くして! って…▼ だからあの時、 みんなどっか行っちゃえばいいと思ったわ。▼ だから動物たちは、 あたしのこと敵だと感じたのよ。▼ あたし、動物たちに 意地悪なことしちゃったわね…▼
[シグレ]
エポニーヌ…▼
[エポニーヌ]
だからあたし… あそこに行くのはもう諦める。▼
[シグレ]
…いえ、行ってみましょう。▼ あなたの本心を聞けて、俺も確信しました。 今ならあの動物たちと仲良くなれますよ。▼
[エポニーヌ]
え…?▼
[シグレ]
やきもちを焼いてしまったのが原因だと ちゃんとわかった今なら、▼ エポニーヌは動物たちと仲良くなりたいって 本心から思えるはずですから。▼ 落ち着いて動物たちと、 心の交流をしてみましょう?▼
[エポニーヌ]
で、でも…▼
[シグレ]
大丈夫です。俺のためにやきもちなんて 焼いてくれた優しいエポニーヌになら、▼ きっと彼らも心を開いてくれますよ。▼ …!▼ ほら、早速ウサギが こちらに近寄ってきましたよ…!▼
[エポニーヌ]
ひゃっ…!▼
[シグレ]
ゆっくりと…落ち着いて… 心を穏やかにして…▼ 仲良くなりたいって、 願い続けるんです。▼
[エポニーヌ]
う、うん…▼ …………▼ あっ…触れた!! シグレ、あたしにも触れたわ!▼ この子、逃げないでじっとしてる…▼
[シグレ]
ほら、大丈夫だったでしょう?▼
[エポニーヌ]
うん、良かった…!▼
[シグレ]
これで動物たちと俺たちきょうだいは みんなで仲良く過ごせますね。▼ さぁ、急いであの場所に行きましょう。 みんな待っていますよ。▼
[エポニーヌ]
ありがとう、シグレ!▼ あなたみたいな優しい兄さんがいて、 あたし本当に嬉しいわ。▼ …いろいろとね。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-06 (火) 05:03:46