22章 死したる王都  → 23章 暗夜王女カミラ → 24章 星竜の涙


白夜王国 23章 暗夜王女カミラ

マップ

出撃人数

カムイ軍自軍15人
暗夜王国軍同盟軍0人
暗夜王国軍敵軍25人
26人
42人

攻略のポイント

勝利条件敵全滅

共通

水路が中央に通る3本の太い通路と、それをつなぐ細い路地からなるマップ。

カミラのすぐ下には3つの竜脈ポイントがあり、ノーマルでは1ターンおき、ハードとルナティックでは毎ターン、敵フェーズ開始時に竜脈が発動される。3本の太い通路のうち対応した1本全体に大爆発が起こり、範囲内にいた自軍ユニットに10ダメージを与え、さらに障害物が取り払われる。地形ダメージと同じようにこの攻撃でHPが0になることはない。またこの竜脈は発動しても消えない。

マップ中央にいるハロルドとエルフィは、カムイで話しかけると友軍になる(どちらか片方に話しかけるだけで2人とも友軍化する)。 ただし友軍になるとわが身を省みず敵に突っ込んでいくので、大抵はすぐに倒されてしまう。また生存させてクリアしても特に報酬などは無い。

+  友軍の2人を救う方法

ノーマル

物理と魔法攻撃が混ざった大量の敵が攻めてくる。また竜脈で常にHPが削られた状態での戦いを強いられる難易度が高いマップ。

カミラは敵ターンの最初に竜脈を使って爆発で自軍のみ(理不尽…)にダメージを与えてくる。どうしてもHPが減った状態で敵の攻撃を受けるハメになり事故がとても起きやすい。敵のターンで攻撃を受けそうなユニットは必ずHPを高めに保って自軍ターンを終えること。 また路地に逃げ込んで爆発を避けるのも重要。

半数以上のユニットがダメージを食らいながら進軍するので、どうしても回復の手が足りなくなりがちである。 杖を持てるユニットを多めに出撃させ、そうでないユニットにも多めに傷薬・調合薬を持たせておくこと。「癒やしの声」「天照らす」「回復」などの自動回復手段や、「ご奉仕の喜び」等のスキルがあれば回復の速度を早めることが可能になる。

カミラは自軍ユニットが一番多くいる通路を狙ってくるので、あえて一番右の通路に半数以上のキャラを放置し少数精鋭で進軍するという手もある。こうすれば主力部隊は竜脈で削られなくなる。 ただし放置するユニットはすぐに瀕死になるので、くれぐれも増援には注意。

カミラは攻撃範囲に入ると竜脈よりも攻撃を優先して動く。狭い通路での交戦も考えられるので、自軍の配置に気をつけよう。 ベルカとルーナは防陣を組んでいるので、うっかりルーナの弓を忘れて飛行ユニットがやられてしまわないよう気を付けること。また、強者の弓の二回攻撃によってデュアルガードのゲージがたまりやすいので、肝心な攻撃を無効化されてしまわないように。 カミラ単体はそこまで強くないので、弓で簡単に撃ち落せるだろう。

ハード

カミラが毎ターン竜脈を使用してくるようになるため、さらにHPがシビアな状態での進軍を強いられる。 また一部の敵の武器が増えているので待ち伏せて3すくみ有利を取るのが難しい。 他にもノーマルで落とすはずの術書とマスタープルフが入手できなくなっている。 敵将のカミラは「弓殺し」が追加されている。「魔殺し」もあるので、3すくみ有利な刀・剣で相手をしたい。

ルナティック

敵の数が増加し、さらに難易度が上がっている。 またカミラ側のベルカの攻撃範囲内に侵入すると、その直後(ターン終了時ではない)に上から4体の飛行兵が増援として出現。ただし友軍のハロルドとエルフィが侵入した場合は出現しない。

クリアするだけなら、守備と魔防を高めたユニット(ただしボウナイトがいるので飛行兵以外)を単騎で出撃させ、右下の袋小路に立てこもってひたすら敵を迎撃するのが最も楽。山伏のアサマが育っていれば、守りの薙刀+「回復」で盤石の迎撃役になれる。

+  クリアの一例
+  クリアの一例2

ユニット

初期配置

増援 (6・7ターン目自軍フェーズ開始前東の通路から出現)

増援 (8・10ターン目自軍フェーズ開始前第2水路北から出現)

増援 (9・11ターン目自軍フェーズ開始前第2水路南から出現)

増援 (12・13ターン目自軍フェーズ開始前西の通路から出現)

★印 … 倒すと入手できるアイテム

入手アイテム

会話

会話集へのリンク

コマンド会話*1

カムイ⇒ハロルドorエルフィ (ハロルド、エルフィが同盟軍化)

戦闘会話*2

カミラ⇔カムイ ルーナ⇔カムイ ベルカ⇔カムイ

コメント



*1 戦闘マップ中、隣接して会話コマンド
*2 ユニット同士の初戦時に発生する会話

トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS