ミドリコの親子会話

スズカゼ

[スズカゼ]
見てください、ミドリコ。▼
おいしそうなものを売っている屋台が
たくさんありますよ。▼
[ミドリコ]
だからといって、
食べ過ぎちゃダメだからね、お父さん。▼
[スズカゼ]
ははは。
ミドリコはしっかりしていますね。▼
[ミドリコ]
…そうかな?
ミドリコ、ちゃんといい子になれてる?▼
[スズカゼ]
はい、もちろんです。▼
ミドリコはとっても
いい子に育ってくれましたよ。▼
小さい頃は私たちの都合で秘境に預け、
あまり一緒に過ごせてやれなかったのに…▼
こんなにいい子に育ってくれて…
お父さんは本当に…嬉しいです。▼
[ミドリコ]
お、お父さん…
なにも泣かなくてもいいじゃない…▼
お父さんのそんな顔を見ちゃったら…
ミドリコまで泣いちゃいそうだよ…▼
[スズカゼ]
ははは。
すみません、嬉しくてつい…▼
[ミドリコ]
はい、お父さん。
このちり紙を使っていいよ。▼
[スズカゼ]
…ありがとうございます。▼
ミドリコには秘境での暮らしを強いてしまい
寂しい思いをさせたと思います。▼
その分、これからは今まで以上に近くで
ミドリコの成長を見守らせてくださいね。▼
[ミドリコ]
お父さん…!
ミドリコ、うれしいよ。▼
ミドリコも近くで
お父さんのせいちょうを見守るからね!▼
[スズカゼ]
ははは。
ありがとうございます、ミドリコ。▼

マイユニット

+  マイユニット女性・私

フェリシア

[フェリシア]
あっ、この屋台にあるお団子…
とってもおいしそうですね…▼
食べちゃっても大丈夫…ですよね。
お金はちゃんと置いておくので。▼
[ミドリコ]
もう、お母さん!▼
[フェリシア]
はぅぅ!?
な、なんですか、ミドリコ?▼
[ミドリコ]
今、おだんごをたべようとしてたでしょ?
おみせの人がいないのに…▼
おまつりがさいかいするまで
まってないとだめじゃない!▼
[フェリシア]
はぅぅ…
でも、お腹が空いてしまったので…▼
つい、こんな感じで
手が伸びていってしまいます…▼
[ミドリコ]
あっ! お母さん!
あしもとに石! おおきな石が!▼
[フェリシア]
きゃあああああ!▼
[ミドリコ]
だ、だいじょうぶ、お母さん!?▼
[フェリシア]
あぅぅ…
ちょっとだけすりむいちゃいました…▼
[ミドリコ]
はい、お薬!
しみるけどがまんしてね!▼
[フェリシア]
はわわわわっ!?
し、しみてますしみてます!▼
[ミドリコ]
お母さんはお母さんなんだから!
これくらいがまんできるでしょ?▼
[フェリシア]
は、はい…
我慢します…ひっ…うぅぅ…▼
[ミドリコ]
これでよし!
しょうどくはばっちりできたよ!▼
[フェリシア]
なんか、ミドリコの方が
私よりもしっかりしてますね…▼
[ミドリコ]
そうかな?▼
でもね、ここだけの話…
ミドリコもたくさんケガをするんだよ。▼
すぐにころぶし、カベにぶつかるし。▼
昨日なんか、やくそうにきをとられて
丘から転げおちちゃったんだ。▼
[フェリシア]
ええっ!?
だ、大丈夫なんですか!?▼
[ミドリコ]
だいじょうぶ。お薬があるから、
じぶんでなおせるもん。▼
[フェリシア]
そ、そういう問題でしょうか…▼
[ミドリコ]
でも、お母さんは
いっぱいドジをしていいからね!▼
お母さんのけがは
ぜーんぶ、ミドリコがなおしてあげるから!▼
[フェリシア]
あ、あはは…
ありがとうございます、ミドリコ。▼
でも、ドジはあまりしないようにしますね。
母親としての威厳を保たないと…▼
[ミドリコ]
む、けわしい顔してるわね。
まだキズがいたむの?▼
よーし、いたいのいたいの、
とんでいけー。▼
[フェリシア]
はうう…これじゃ、
どっちが子どもなんだかわかりません…▼

リンカ

[リンカ]
さぁ、賊め!
あたしを熱くさせてみろ!▼
何人だって相手になるぞ!
炎の部族の力を思い知らせてやる!▼
[ミドリコ]
み、ミドリコもお母さんと同じよ!
て、て、てきなんて怖くないもん!▼
だって、ミドリコもほのおのぶぞくだから!
ゆうかんなお母さんの子どもだもん!▼
[リンカ]
ミドリコ…
手が震えているぞ。▼
[ミドリコ]
こ、これは…
むちゃぶるいだもん!▼
[リンカ]
ふっ。
それを言うなら武者震い、だ。▼
[ミドリコ]
い、言ったもん!
ミドリコ、そう言ったもん!▼
[リンカ]
ミドリコ、お前の気持ちは心底嬉しい。
だが、あまり無理はするな。▼
自分の手に負えぬと感じたら
すぐに身を引け。▼
[ミドリコ]
で、でも…
ミドリコもほのおのぶぞくだから…▼
[リンカ]
炎の部族とて、
最初から勇猛な人間など存在しない。▼
鍛錬と経験を積んでいくことで、
ようやく一人前の戦士になるのだ。▼
[ミドリコ]
じゃあ、お母さんも…
最初はたたかうのこわかった?▼
[リンカ]
…怖かったな。▼
[ミドリコ]
じゃあじゃあ…
こわくて泣いたりもした?▼
[リンカ]
…したかもしれないな。▼
[ミドリコ]
わかった!
じゃあ、ミドリコも無理しないようにする!▼
でも、いつかは…
お母さんみたいなりっぱなせんしになる!▼
[リンカ]
ああ。
期待しているぞ。▼
戦った後は屋台で腹ごなしをしよう。
スズカゼも誘ってな。▼
[ミドリコ]
わーい! とってもたのしみ!
ミドリコ、今日はいっぱいたべちゃうよ!▼
やたいの食べ物、
みーんないただきますってするんだから!▼
[リンカ]
ははは、それでこそあたしの子だ!▼

サクラ

[サクラ]
…………▼
[ミドリコ]
どうしたの、お母さん?
ミドリコのかおに何かついてる?▼
[サクラ]
い、いえ…
少し考えごとをしていたのです。▼
[ミドリコ]
かんがえごと?▼
[サクラ]
ミドリコ…
あっという間に大きくなりましたね。▼
[ミドリコ]
あはは!
お母さん、あたりまえじゃない!▼
ミドリコはひきょうで育ったんだもん!
わすれちゃったの?▼
[サクラ]
そ、そういうことではなくてですね…▼
内面と言いますか…
ミドリコからすごく頼もしさを感じたのです。▼
[ミドリコ]
ミドリコはせいちょうしてるってこと?▼
[サクラ]
成長…それです!
私はミドリコの成長を感じたのです。▼
子どもの成長は早いと聞いていましたけど…
まさかこんなに早いなんて…▼
[ミドリコ]
でも、まだまだこんなものじゃないわ。
ミドリコはもっとせいちょうするもん!▼
[サクラ]
ふふふ。それならもう
お人形さんと一緒に寝るのは卒業ですか?▼
[ミドリコ]
そ、それはまだいいの!▼
だって、お母さんだって
ずっとお人形といっしょにねてたでしょ?▼
ミドリコ、お父さんから聞いたもん!▼
[サクラ]
そ、そんなことありませんよ。
一緒に寝てたのは子どもの頃だけです。▼
[ミドリコ]
ふふふふふー。
本当かなー?▼
[サクラ]
そ、それは…
あの…その…▼
本当は大人になるちょっと前まで…
一緒に寝てたかもしれないです…▼
[ミドリコ]
やっぱりね。▼
[サクラ]
うう…スズカゼさんったら…▼
[ミドリコ]
お父さんをせめないで。
ミドリコが相談したせいなの。▼
もうお人形といっしょにねたら
おかしいかなあって。▼
そしたらお母さんもミドリコぐらいのとき
同じことしてたっておしえてもらったの。▼
ミドリコ、お母さんとおんなじで
うれしいなー!▼
[サクラ]
ふふふ。
私もうれしいですよ。▼
[ミドリコ]
それでね、いつかはミドリコね…
お母さんみたいにすてきな人になるの!▼
ミドリコ、なれるかな?▼
[サクラ]
もちろん、なれますよ。
私よりももっと素敵な女性に。▼
[ミドリコ]
えへへ!
やったー!▼
[サクラ]
こうやって間近で
あなたの成長を感じることができて…▼
私は今、とても幸せな気持ちです。
ありがとう、ミドリコ。▼

アクア

[ミドリコ]
…………▼
[アクア]
ミドリコ。
ぼーっとしていたら危ないわよ。▼
[ミドリコ]
あ、お母さん。
ごめんなさい…つい、屋台にきをとられちゃって。▼
[アクア]
珍しいものがたくさん売っているものね。
戦いが終わったらいくらでも見て回れるわ。▼
そうだ、後でみんなを誘って、
大勢でお祭りを回るのはどう?▼
きっと楽しいわよ。▼
[ミドリコ]
…うーん、それはいいかな。▼
[アクア]
あら、どうして?▼
[ミドリコ]
ミドリコ、さわがしいのはにがてなの。▼
自分からわいわいさわぐよりも、▼
みんなが楽しくしているのを
見ているほうがすきなのよ。▼
[アクア]
ミドリコ…▼
[ミドリコ]
だからお祭りをまわるのなら、
家族だけでまわりたい。▼
…だめかな?▼
[アクア]
うふふ、もちろんいいに決まっているわ。
あなたは、やっぱり私達の子ね。▼
騒ぐよりも見ているほうがいいだなんて、
私とスズカゼと同じ事を言うんだもの。▼
[ミドリコ]
そうなの?
ミドリコ、お父さんとお母さんそっくり?▼
[アクア]
ええ、そっくりよ。▼
[ミドリコ]
そっか…じゃあお母さん、
ミドリコ、おねがいがあるの。▼
[アクア]
まあ、なにかしら?▼
[ミドリコ]
こんどね、ミドリコにも
お母さんのおうたをおしえてほしい。▼
[アクア]
歌を?▼
[ミドリコ]
うん。▼
ミドリコもお母さんみたいに
じょうずにおうたをうたいたいから…▼
もしミドリコがほんとうに
お母さんそっくりなら、▼
きっとお母さんみたいに歌えるはずだもん!▼
[アクア]
ふふふ。
わかったわ。教えてあげる。▼
[ミドリコ]
ほんとうに!?
わーい!▼
あのね、お母さんのおうたってふしぎなの。▼
だって、きいてるだけで
からだがぽかぽかしてくるんだよ。▼
それでね、それでね!
げんきなきもちにもなれちゃうんだ。▼
まるでお薬みたいだよね!▼
[アクア]
ふふふ。
ありがとう、ミドリコ。▼
[ミドリコ]
ミドリコもおうたで
だれかをげんきにできるようになるかな?▼
[アクア]
もちろんよ。▼
あなたのその優しい気持ちが歌に宿り、
誰かを癒す調べとなるのだから…▼
[ミドリコ]
えへへ。
うれしいなー。▼
[アクア]
私も嬉しいわ。▼
ありがとう、ミドリコ。
元気で優しい子に育ってくれて。▼

カザハナ

[カザハナ]
さぁ、いくらでもかかってきなさい!
このあたしが相手になるわよ!▼
[ミドリコ]
ちょっとまって、お母さん!▼
[カザハナ]
あら、ミドリコ。
どうしたの?▼
[ミドリコ]
お母さん、ゆびにけがしてる!
ミドリコがお薬ぬってあげるね!▼
[カザハナ]
本当ね。
訓練中に傷つけちゃったのかしら。▼
でも、このくらいの傷なら平気よ。
いつものことだし。▼
[ミドリコ]
へいきじゃないの!
ひどくなったら大変でしょ!▼
[カザハナ]
あはは。
じゃあ、お願いしようかしら。▼
[ミドリコ]
お母さん、
いつもちっちゃい傷がいっぱいだよ。▼
くんれんが大事なのはわかるけど、
きずのほったらかしはだめだからね!▼
[カザハナ]
ふふふ。
ミドリコに叱られちゃった。▼
[ミドリコ]
わらいごとじゃないの!
ミドリコ、しんぱいしてるんだよ?▼
お父さんもいってた。
お母さんは熱くなりやすいとこがあるから…▼
よくケガしちゃうことがあるって、
だからそばでまもってあげたいって。▼
ミドリコもね、おんなじ気持ち。
お母さんのことまもりたいの。▼
[カザハナ]
ミドリコ…▼
[ミドリコ]
おたがい助け合うのが、
かぞくってやつでしょ?▼
お父さんやお母さんが
ミドリコをまもってくれた分…▼
ミドリコもそれを
お母さんにかえしていきたいの。▼
[カザハナ]
…ありがとう、ミドリコ。▼
あなたは本当に優しいね。
そういうとこ、スズカゼに似たのかしら。▼
わかったわ。
これからはちゃんと気をつける。▼
[ミドリコ]
うん!
けがしたらすぐにいってね。▼
ミドリコのお薬を
すぐにぬってあげるから。▼
[カザハナ]
もちろん。
よし、それじゃあ戦いに戻…▼
[ミドリコ]
まって!
お母さん、ひざこぞうもすりむいてる!▼
あっ、ここにもここにも!
ちいさいすりきずがたくさん!▼
お母さん、うごかないでね!
今、お薬をぬってあげるから!▼
[カザハナ]
あ、あはは…
全身、お薬まみれになっちゃうね…▼

オロチ

[オロチ]
ミドリコや、
少し薬草をわけてはくれんかのう?▼
[ミドリコ]
それはいいけど…
お母さん、どこかいたいの?▼
[オロチ]
ははは、案ずるな。
まじないに使うためじゃ。▼
[ミドリコ]
それならよかった!
それでどのやくそうがほしいの?▼
[オロチ]
導標草はあるじゃろうか?▼
それがあれば、
敵のおおよその数を占えるかもしれぬ。▼
[ミドリコ]
ええと…あった!
はい、どうぞ!▼
[オロチ]
ありがとうな、ミドリコ。
では、さっそくまじないを始めるか…▼
ごにょごにょ…
ん? むむむ? むむむむむ!?▼
[ミドリコ]
あれれ?▼
なんだかくろいけむりが
もくもくでてきてるよ?▼
[オロチ]
な、な、な、なんじゃこれは!?
臭くてかなわぬぞ!▼
ひ、ひぃぃぃ!
体もかゆくなってきたわい!▼
[ミドリコ]
…ぷ、うぷぷぷぷぷ!
お母さん、おどってるみたい。▼
うぷぷぷぷぷぷ!▼
[オロチ]
…ミドリコ、そなた
薬草を間違えたじゃろ?▼
[ミドリコ]
ご、ごめんなさい…
すこしだけまちがえちゃったかも…▼
[オロチ]
まったく、しょうがない子じゃ。▼
それにしてもミドリコ…
わらわにそっくりな笑い方をしておったな。▼
[ミドリコ]
うん。
たまーにああゆう笑い方になっちゃうの。▼
[オロチ]
ぷ…うぷぷぷぷ!
何もそこが似なくてもよいだろうに…▼
うぷぷぷぷぷ!▼
[ミドリコ]
ぷぷ、うぷぷぷぷぷぷ!▼

ヒノカ

[ヒノカ]
おのれ、賊め!
この私が1人残らず成敗してくれる!▼
[ミドリコ]
お母さん、いさましくて格好いいけど…
けがだけには気をつけてね!▼
[ヒノカ]
わかっている、ミドリコ。
怪我をしないようにできるだけ心がける。▼
だが、ひとたび戦いが始まれば、
自身の身を案じてばかりもいられない…▼
[ミドリコ]
じゃあ、お母さんの身は
ミドリコがあんじてあげるの!▼
お母さんがあぶなかったら、
おおごえであぶないって言ってあげるわ!▼
[ヒノカ]
ふふふ。
それは頼もしい。▼
しかし、ミドリコは本当に
優しい子に育ってくれたな。▼
[ミドリコ]
えへへ?
そうかなぁ…▼
[ヒノカ]
長いこと秘境に預け…
充分に目をかけることもできなかったのに…▼
[ミドリコ]
お母さん…▼
[ヒノカ]
私が具体的に
何をしてあげられたかはわからないが…▼
それでもここまで立派に育ってくれて…
ありがとう、ミドリコ。▼
[ミドリコ]
お、お礼をいうのはミドリコのほうだよ。▼
ひきょうで暮らしてても
お母さんのきもちはちゃんと届いてたもん。▼
お母さん、ミドリコにいっぱい
あいじょうをそそいでくれて…ありがとう。▼
[ヒノカ]
……▼
が、頑張れヒノカ!
娘の前で泣いてはダメだ!▼
強く勇ましい母であるために!
こ、こらえるんだヒノカ!▼
[ミドリコ]
ふふふ。
お母さん、だーいすき!▼

セツナ

[ミドリコ]
ねえ、お母さん。
ききたいことがあるんだけど。▼
[セツナ]
どうしたの?▼
[ミドリコ]
あのね、お母さんはどうして…
すぐにわなにはまっちゃうの?▼
[セツナ]
…………▼
そこに罠があるから?▼
[ミドリコ]
わながあると、
はいりたくなっちゃうってこと?▼
[セツナ]
いいえ…
罠にかかりたいと思ったことはないわ。▼
[ミドリコ]
でもでも、お母さんはおなじ落とし穴に
なんかいも落ちちゃったりするでしょ?▼
[セツナ]
ええ…
落ちちゃったりするわね。▼
[ミドリコ]
お母さん、
落ちちゃわないように気をつけてる?▼
[セツナ]
もちろん、気をつけてるわ。▼
[ミドリコ]
じゃあ、どうして落ちちゃうんだろ?
とってもふしぎ。▼
[セツナ]
そうね。
とても不思議ね。▼
[ミドリコ]
あのね、落とし穴に
落ちちゃうりゆうはわからないけど…▼
これからはできるだけ
落とし穴に落ちないようにきをつけて。▼
いつか、おおきなけがでもしちゃったら
ミドリコ、とってもかなしいもん…▼
目をはなしたすきに、どこかで
たすけてーって言ってないかしんぱいだよ。▼
[セツナ]
…安心して、ミドリコ。
私はあなたを悲しませたりしない。▼
[ミドリコ]
ほんとに?
もう落とし穴に落ちない?▼
[セツナ]
それは…わからない。▼
でも、これからは…
悲しませないように落ちるわ…▼
[ミドリコ]
どうやって?▼
[セツナ]
面白い顔をしながら…
落ちるとか…▼
[ミドリコ]
そんなのおもしろくないもん!▼
[セツナ]
じゃあ、やっぱり…
落ちないように気をつけるわ…▼
[ミドリコ]
うん。ミドリコもお母さんが
落ちないようにきをつける。▼
危なっかしいお母さんを、
ミドリコがまもってあげたいって思ってるから。▼
[セツナ]
…………▼
ふふ…懐かしい…▼
スズカゼも昔…
同じこと言ってた…▼
[ミドリコ]
ん? お母さん何か言った?▼
[セツナ]
ううん、なんにも…▼

オボロ

[ミドリコ]
お母さん、いっしょに
わるいひとたちをたおそうね。▼
ミドリコ、お母さんといっしょなら
なにもこわくないもん。▼
[オボロ]
…………▼
[ミドリコ]
…お母さん?▼
[オボロ]
どうしよう。
私、今すごく怖くなってきたわ…▼
どうしてかしら…▼
[ミドリコ]
お母さん、どうしたの?
かおいろがわるくなってるよ!▼
[オボロ]
な、なんでもないわ。
気にしなくていいの。▼
[ミドリコ]
でも…▼
[オボロ]
大丈夫よ。
心配しないで。▼
[ミドリコ]
…………▼
[オボロ]
はぁ…▼
どうしてかしら。今…
嫌なことを思い出しちゃったわ…▼
暗夜の賊に襲撃されたときのこと…
両親を目の前で殺されたときのこと…▼
あのときの…あんな思いを…
ミドリコには絶対にさせたくない。▼
だから、私は死ねない…
娘の前では絶対に死んじゃダメ…▼
あぁ…
だから怖くなっちゃったのね。▼
私としたことが、こんなときに…▼
[ミドリコ]
…この薬草をこうして…
よし、できた。▼
はい! お母さん!
げんきがでる飲み物をつくったよ!▼
[オボロ]
ミドリコ…
これ、今作ったの?▼
[ミドリコ]
うん。お母さん、つらそうだったから。
これをのめばきっとげんきになるわ。▼
[オボロ]
…ありがとう。
じゃ、すぐに飲ませてもらうわ。▼
…………▼
なんだか懐かしい味ね。
ほっとするわ。▼
[ミドリコ]
えへへ…そうでしょ?
きぶんがおちつく薬草入りなの。▼
ミドリコがいちばんとくいな飲み物。
さいしょに成功したお薬だよ。▼
お父さんとお母さんに、
飲んで欲しいなって思って…▼
ちいさいころからずっと、
れんしゅうしてたの。▼
[オボロ]
そうだったの…
ありがとう。▼
秘境に行った時も、
よくこれを出してくれたわよね。▼
[ミドリコ]
うん! 他にもとくいなのあるんだよ。
しびれ薬をまぜたお団子とか!▼
[オボロ]
ふふふ。それ、スズカゼも作ってたわ。
ネズミの退治によく効くのよね。▼
[ミドリコ]
そうそう。
でも、人間にも効くよ。▼
もしお母さんを悲しませる人がいたら
ミドリコ、そいつにその団子を…▼
[オボロ]
ああー! それはいい! 大丈夫よ。
さっきのは私の心の問題なの。▼
だからもう大丈夫。
ミドリコのおかげで動けるわ。▼
[ミドリコ]
ほんとうに?▼
[オボロ]
本当よ。
あなたに辛い思いだけは絶対にさせない。▼
ミドリコを守るためなら、
私は何も怖くないわ。▼
さ、服のすそを綺麗に直して…
そろそろ戦闘再開よ。▼
[ミドリコ]
よかった。
お母さん、いつものお母さんだ。▼
[オボロ]
ええ。
ありがとう、ミドリコ。▼
あなたがいれば、
私はどこまでも強くなれるわ。▼

カゲロウ

[ミドリコ]
あっ、お母さん!
ミドリコ、おねがいごとがあるんだけど!▼
[カゲロウ]
お願いごと?
何をすればいい?▼
[ミドリコ]
あのね、
お母さんに絵をかいてもらいたいの!▼
[カゲロウ]
ふっ。
それぐらいお安い御用だ。▼
それで、どんな絵を描けばいいのだ?▼
[ミドリコ]
え、えっとね…
このおふだにワンちゃんの絵をかいて!▼
[カゲロウ]
わかった。
犬なら簡単に描ける。▼
今すぐ描いてしまおう。
少し待ってくれるか。▼
[ミドリコ]
ありがとう!
お母さん!▼
[カゲロウ]
ふんふん…
ここをこうして…▼
…できた。
これでいいか?▼
[ミドリコ]
ひっ!▼
す、すごいよ…お母さん…
そうぞういじょうの絵だよ…▼
[カゲロウ]
ふふふ。
褒めても何も出ぬぞ。▼
でも、その絵をどうする?
しかも、お札とは…▼
[ミドリコ]
あのね、ミドリコ、このあいだ…
お薬を作るのしっぱいしちゃってね…▼
とってもきけんな
お薬になっちゃったんだ…▼
[カゲロウ]
そうだったのか。
でも、それが私の絵とどう関係あるのだ?▼
[ミドリコ]
きけんすぎて捨てられないお薬だから、
ミドリコがほかんしてなきゃダメなの。▼
でもね、だれかが間違って
このお薬を飲んだらたいへんでしょ?▼
だから、このお母さんの絵札を
お薬が入ってるつぼにはっておくの!▼
こうしておけば、
だれが見てもあぶないってわかるから!▼
[カゲロウ]
わ、私の絵は
そんなに危ない感じがするのか…▼
[ミドリコ]
うん!
お母さん、ありがとう!▼
[カゲロウ]
はぁ…
これは喜んでいいのだろうか。▼
[ミドリコ]
もちろんだよ!
お母さんはミドリコのじまんだもん。▼
ミドリコ、大きくなったら
お母さんみたいにかっこよくって、▼
それから、お父さんみたいに優しい
すっごい忍になりたいの!▼
[カゲロウ]
ふふ…そうか。▼
ミドリコなら、きっとなれる。
お前は私たちの子なのだからな。▼
その上薬の調合もうまいときたら、
私たちでも敵わぬかもしれぬ。▼
[ミドリコ]
ほんと!?
ありがとう、お母さん。▼
ミドリコとってもうれしい…!
これからもがんばるね!▼

エリーゼ

[エリーゼ]
わ~ん、とっても残念!
せっかくのお祭りだったのに!▼
[ミドリコ]
お母さん、泣いてても
なにもかいけつはしないんだよ?▼
おまつりであそびたいなら、
はやくわるものをなんとかしないと!▼
[エリーゼ]
そ、そんなのわかってるもん!▼
でも、ミドリコだって
残念だって思ってるでしょ?▼
[ミドリコ]
それはそれ!
これはこれなの!▼
おとなはそうやって
げんじつとむきあっていかないとね。▼
[エリーゼ]
あはは、かっこいいこと言っちゃって。
ミドリコはもう立派な大人なんだね。▼
[ミドリコ]
もちろんよ。▼
おふろだって1人ではいれるし、
きらいなおやさいもがまんして食べれるもん!▼
[エリーゼ]
すごーい!
ミドリコ、えらいね!▼
[ミドリコ]
えへへ…そ、そうかな?
ミドリコ、えらいこ?▼
[エリーゼ]
うん!
花まる満点のえらい子だよ!▼
[ミドリコ]
ほんとに!?
わーいわーい!!▼
たっくさんほめてくれてうれしい!
お母さん、だいだい、だーいすき!▼
…はっ。まって!
今のはやっぱりなし!▼
[エリーゼ]
ん!? どうしたの?▼
[ミドリコ]
今のはこどもっぽすぎたかも。
ていせいさせて。▼
ほめてくださってありがとうございます。
とてもうれしいですよ。▼
[エリーゼ]
あはは、スズカゼさんみたいな喋り方。▼
[ミドリコ]
そのとおり。
お父さんをさんこうにしてみました。▼
ミドリコ、もうおとなだもん。
よろこぶときもきひんがないとね!▼
[エリーゼ]
へえ、なるほどね。
とっても大人っぽかったわ。▼
でも…▼
あーっ!!
あっちに珍しい薬草が売ってるーっ!▼
[ミドリコ]
えーーっ! どこどこ!?
お母さん、あとで買いにいこう!▼
[エリーゼ]
…ふふふ。
ひっかかるとはなさけない。▼
[ミドリコ]
むー! だましたのね!▼
[エリーゼ]
ごめんごめん。
でも、今日はもうちょっとだけ子どもでいてよ。▼
ミドリコが子どもでいてくれないと、
あたしがお母さんでいられないでしょ?▼
今までの分…
たくさん甘やかしてあげたいの。▼
[ミドリコ]
お母さん…▼
…しかたないわね。
今日だけはこどもでいてあげる。▼
そのかわり、
いっぱいいっぱいあそんでね!▼
[エリーゼ]
もちろん!▼

エルフィ

[エルフィ]
ミドリコ、お腹が減ってきたわね…▼
[ミドリコ]
えええ!?
お母さん、さっき食べたばかりでしょ?▼
[エルフィ]
でも、おいしそうな匂いが…
周囲からただよってくるから…▼
[ミドリコ]
たしかに屋台には
おいしそうなものがならんでるね。▼
でも、賊をなんとかしないと
おみせの人がもどってこられないわ。▼
[エルフィ]
それまで我慢できるかしら…▼
[ミドリコ]
かってに食べちゃうのはダメよ!
どろぼうさんになっちゃうわ!▼
[エルフィ]
…ぐー。▼
[ミドリコ]
もう、お母さんったら…▼
ちょっとまっててね!
たしかミドリコ、アメ玉もってたような…▼
あった!
はい!お母さんにあげる!▼
[エルフィ]
ミドリコ…
なんて優しい子なの…▼
でも、それはあなたが食べなさい…
あなたの飴玉なのだから…▼
ぐーぐーぐーぐーぐー…
ぐーぐーぐーぐーぐー…▼
[ミドリコ]
お母さん…
おなかの音がすごいことになってるよ…▼
[エルフィ]
気にしないで…
それはあなたが食べて…▼
[ミドリコ]
けついはかたいのね。
よし、じゃあはんぶんこしましょ。▼
[エルフィ]
え?でも飴玉を半分こは…▼
[ミドリコ]
できるわ。
ミドリコ、ゆびさきの力がつよいから…▼
…ふんっ!!!!▼
[エルフィ]
すごいわ、飴玉が真っ二つ…▼
[ミドリコ]
えへへ!
これでふたりともたべられるね!▼
[エルフィ]
ありがとう、ミドリコ…
では、遠慮なくいただくわ…▼
おいしい…
なんておいしい飴玉なのかしら…▼
こんなにたくましく成長して…
お母さんはとってもうれしいわ。▼
わたしの怪力まで、
見事に受け継いで…▼
[ミドリコ]
ミドリコも、お母さんに似てうれしい。
この力、お薬つくるときにべんりなの。▼
[エルフィ]
また食べ物を半分こしましょうね…
今度はわたしが粉砕してあげる…▼
[ミドリコ]
わーい!
じゃあリンゴあめがいいな!▼
[エルフィ]
まかせておいて…
リンゴは得意中の得意よ…▼

ニュクス

[ミドリコ]
お母さん、怪我をしたらすぐに言ってね。
ミドリコがお薬をぬってあげるから!▼
[ニュクス]
ふふふ。
ありがとう、ミドリコ▼
貴方の作る薬には
いつも助けられているわ。▼
[ミドリコ]
…………▼
[ニュクス]
ミドリコ?▼
[ミドリコ]
ミドリコは…
本当に作りたいお薬を作れてないの…▼
[ニュクス]
本当に作りたい薬?
それはどういうものなの?▼
[ミドリコ]
お母さんを大人の体にするお薬…▼
[ニュクス]
ミドリコ…▼
[ミドリコ]
お母さん、その体のせいで…
いっぱい苦しい思いをしてきたでしょ?▼
だから、ミドリコがお薬を作って…
お母さんをたすけてあげたいの…▼
[ニュクス]
…………▼
[ミドリコ]
でも、どうすればそのお薬が作れるのか…
まだ手がかりもつかめない…▼
ごめんね、お母さん…▼
[ニュクス]
…ミドリコ、謝らないで。
その薬は必要ないわ。▼
なぜなら…
貴方の目的はすでに達せられているから…▼
[ミドリコ]
お母さん、どういうこと?▼
[ニュクス]
貴方が側にいてくれる、ただそれだけで…
私は癒され、救われ、幸せを感じているの。▼
だから、薬は私には必要ないわ。▼
[ミドリコ]
お母さん…▼
[ニュクス]
ありがとう、ミドリコ…
私の子として生まれてきてくれて。▼
貴方が私の分まで成長して、
大人になった姿を見せてくれることが…▼
私にとって一番の、
幸せの証だわ。▼

カミラ

[ミドリコ]
お母さん。▼
今日はこどものせいちょうをねがう
おまつりなのよね。▼
[カミラ]
そうよ、ミドリコ。▼
でも私はこんなお祭りなんてなくても
あなたの成長を願っているけれど。▼
[ミドリコ]
じゃあお母さん、
次からはこうねがって。▼
「ミドリコがとってもいろっぽい
 おとなのじょせいになれますように」って!▼
[カミラ]
ふふふ。
いきなりどうしたのかしら。▼
[ミドリコ]
だって、お母さん
すっごくびじんさんなんだもん。▼
ミドリコもお母さんみたいな
びじんさんになりたいの。▼
[カミラ]
ありがとう。でもミドリコはもう、
じゅうぶん美人だと思うわよ。▼
[ミドリコ]
…ほんとうに?▼
[カミラ]
ええ、本当よ。▼
[ミドリコ]
でも…
お母さんみたいなかんじじゃないと思うの…▼
[カミラ]
ふふ。そんなこと気にしなくても、
あなたはそのままでとっても素敵なのに。▼
安心して。
あなたは私の娘…▼
大人になればきっと、
嫌でも私のような女性になるわ。▼
いえ…もしかしたら、それ以上かもね。
あなたはスズカゼの娘でもあるから。▼
[ミドリコ]
お父さんの?▼
[カミラ]
ええ。
あの人はすごくもてるのよ。▼
昔一緒にお茶会をしたときだって、
たくさんの女性に囲まれていたわ。▼
今もよく、見ず知らずの女性に
言い寄られているし…▼
まあ、あまり近づくようなら
少し痛い目を見てもらうのだけれど。▼
[ミドリコ]
お、お母さん。
お顔がこわいよ。▼
[カミラ]
あらごめんなさい。▼
とにかく、あなたは私たちの娘…
今にきっと、素敵な女性になるわ。▼
色っぽくて、たくさんの人から
言い寄られるような…ね。▼
[ミドリコ]
わあ…すてき。▼
じゃあじゃあ、ミドリコそうなったら、
お母さんみたいなお洋服をきれるかな。▼
ぼーん、ってしてて
きゅきゅきゅーってなってるおようふく。▼
[カミラ]
もちろんよ。
きっと似合うと思うわ。▼
[ミドリコ]
やったー!
わーいわーい!▼
はやくそうなりたいな。
ミドリコとってもたのしみ。▼
[カミラ]
じゃあミドリコがそうなれるよう
お願いをするためにも…▼
悪い賊たちを早く倒さないとね。▼
[ミドリコ]
うん。めいっぱいかわいがって
おしおきしてあげるわ!▼
[カミラ]
まあ…うふふ。▼

ルーナ

[ミドリコ]
あっ、お母さん…!▼
[ルーナ]
なによ、ミドリコ。
そんな焦った顔して…▼
[ミドリコ]
べ、べつにあせってなんていないわ。
お母さんのきのせいよ。▼
[ルーナ]
あっそ…
でも今、後ろに何か隠したでしょ?▼
[ミドリコ]
へっ!?う、ううん!
何もかくしてないわ!▼
[ルーナ]
あたしに隠しごとしようったって無駄よ。
ほら、見せてみなさい。▼
[ミドリコ]
うう…はい。▼
[ルーナ]
え?これって…ぬいぐるみ?
ミドリコの形をしてるわね。▼
可愛くできてるじゃない。
あんたが作ったの?▼
[ミドリコ]
そ、そうだけど…
それ、ミドリコじゃなくてお母さんよ。▼
[ルーナ]
え、そうなの?
あんたにそっくりに見えるけど。▼
髪が赤くて、二つ結びで、
リボンがついてて…▼
[ミドリコ]
うん…だから…▼
[ルーナ]
…そっか。
あたしか。▼
[ミドリコ]
まぎらわしくてごめんなさい。▼
お母さんのかみがたかわいくて、
ミドリコまねしちゃったから…▼
[ルーナ]
うふふ。ミドリコったら…▼
その髪型にした理由、初耳よ。
なんだか照れちゃうわね。▼
でも、なんでこれを持ってたの?▼
[ミドリコ]
お母さんのぬいぐるみがあると、
ゆうきがわいてくるから。▼
秘境にいたときから…
心細いときはそうしてたのよ。▼
[ルーナ]
!!ミドリコ…▼
ごめんね。
今までさみしい思いをさせて。▼
お母さんは…
子どものそばにいなくちゃダメなのに。▼
それなのに、あたしは…▼
[ミドリコ]
ううん。
お母さんはいつもそばにいてくれたわ。▼
秘境からかえるとき、
たくさんおみやげをのこしていってくれた。▼
このぬいぐるみはその中の布で
つくったものよ。だから…▼
お母さんのぬくもりが、
いつもそばにあった。▼
いっつも一緒にいるみたいに
思ってたよ。▼
[ルーナ]
あ、あ、あんたって子は…!
ううう~~~!!!!▼
[ミドリコ]
お母さん、泣いてるの?▼
[ルーナ]
泣いてるわよ!悪い!?
あんたがあまりにいい子だから、あたし…!▼
こんな風に成長してくれたことに
感謝の涙が止まらないわよ!▼
ありがとう、ミドリコ…!
あんたは最高の娘だわ。▼
[ミドリコ]
えへへ…うれしい!▼
じゃあ次は、ミドリコのぬいぐるみを
お母さんにつくってあげるね。▼
そうしたらお母さんもきっと
もっとゆうきがでるわ。▼
[ルーナ]
うふふ…ありがと。
楽しみにしてるわね。▼

ベルカ

[ミドリコ]
お母さん、
怪我したらすぐに言ってね。▼
ミドリコのお薬で
すぐになおしてあげるからね。▼
[ベルカ]
ふっ…
ありがとう、ミドリコ…▼
…………▼
[ミドリコ]
どうしたの、お母さん?▼
[ベルカ]
…不思議ね。▼
[ミドリコ]
不思議?
何が不思議なの?▼
[ベルカ]
人を殺す術しか知らなかった私から…
人を癒す術にたけた娘が生まれたなんて…▼
[ミドリコ]
…それじゃあダメ?▼
ミドリコも…
誰かをやっつけるのが上手い方がいい?▼
その方がお母さんが喜んでくれるなら…
ミドリコ、頑張ってみるけど…▼
[ベルカ]
いいえ。
そんなことないわ。▼
今のままのあなたでいい。
私は今のままのあなたが誇らしいわ。▼
[ミドリコ]
お母さん…▼
[ベルカ]
誰かを傷つける事よりも、
誰かを癒すことの方が何倍も難しい。▼
あなたはそれができるのだから、
胸を張って生きていきなさい。▼
[ミドリコ]
うん…
ありがとう、お母さん。▼
[ベルカ]
お礼を言うのは私の方よ。▼
こんな私から…
あなたみたいな優しい子が生まれてくれて…▼
ミドリコ、本当にありがとう…▼

ピエリ

[ピエリ]
お祭りを邪魔する賊は嫌いなの!
全員、ぶっ殺してあげるのよ!▼
[ミドリコ]
お母さん!
そんならんぼうな言葉づかいはダメよ!▼
お母さんはおとななんだから!
ちゃんとした言葉をつかわなきゃ!▼
[ピエリ]
そ、そうなの?
ピエリはちゃんとしてるのよ?▼
[ミドリコ]
ううん。
ぜんぜん、ちゃんとしてないわ。▼
たとえば、さっきの場合なら…
ぶっ殺して差し上げますわ、だもの!▼
[ピエリ]
…………▼
でもでも、どんな言い方でも
ぶっ殺すことに変わりはないの!▼
だから、
言葉使いなんて関係ないのよ!▼
[ミドリコ]
やだやだやだ!▼
お母さんはミドリコのお母さんでしょ?
だから、きちんとしてほしいの!▼
かっこいい言葉づかいの
お母さんがいいのーっ!▼
[ピエリ]
…うう。
ミドリコのわがままには敵わないの。▼
…そこまで言うなら、
ちゃんとしなきゃなのね。▼
わかったの。
言葉使い、少し気をつけるの。▼
[ミドリコ]
ありがとう、お母さん!▼
[ピエリ]
じゃあ早速練習なの。▼
賊を…
ぶっ殺して差し上げます…なの。▼
[ミドリコ]
すごいすごい!
そのちょうしだわ、お母さん!▼
[ピエリ]
切り刻んで差し上げて…
刺して刺しまくって差し上げます…なの。▼
[ミドリコ]
…ん?▼
[ピエリ]
刻んで差して引きちぎって
バラバラにして刺し上げますなのーっ!▼
[ミドリコ]
ままままってお母さん!
物騒! こんどは物騒よ!▼
[ピエリ]
えええ~?
言葉使いって難しいのね…▼
でも、できるだけ頑張るの。▼
だって、ピエリは…
ミドリコのお母さんだから!▼
[ミドリコ]
ミドリコのために努力してくれるのね…
ありがとう!▼
そうだ。ミドリコもお母さんのために
努力したことがあるのよ。▼
[ピエリ]
え? なんなの?▼
[ミドリコ]
お菓子づくり!▼
お母さんみたいなお菓子を作りたくて
ひそかにとっくんしてたの。▼
いまはお薬も、お菓子づくりも、
えいってやったらあっというまよ。▼
[ピエリ]
すごいすごーいの!
さすがピエリの子なの!▼
今度ミドリコの作ったお菓子食べたいの!
スズカゼもきっと喜ぶのよ。▼
お父さんとお母さんの二人で、
いっぱいいっぱいほめて差し上げますなの!▼
[ミドリコ]
わーい! ミドリコがんばるよ。
楽しみにしててね、お母さん!▼

シャーロッテ

[シャーロッテ]
くっ…
久しぶりの屈辱だわ…▼
[ミドリコ]
あ、お母さん。
どうしたの? けがでもした?▼
[シャーロッテ]
ミドリコ…
怪我はしていないけれど傷心よ。▼
さっきまで私をちやほやしてた屋台の人が
勇ましい私を見るなり態度を変えて…▼
久しぶりだわ、
久しぶりに心に大怪我だわ。▼
[ミドリコ]
そっかあ。
モテるのもたいへんなんだね。▼
[シャーロッテ]
そういえばミドリコ…
あなたはモテてるの?▼
私に似てかわいいし、
容姿は申し分ないし…▼
ちゃんと頑張れば
とんでもないことになるに違いないわ。▼
[ミドリコ]
もちろんだよお母さん。
ミドリコ、ちゃんとモテる努力をしているわ。▼
[シャーロッテ]
さすが私の娘…!
末恐ろしいわね。▼
で、どんな努力をしているの?▼
[ミドリコ]
お薬のけんきゅうをがんばってるの!▼
飲むとみーんな、
ミドリコのことがすきになっちゃうお薬!▼
[シャーロッテ]
!!!!!▼
な、なるほどーーーーーーーー!!!!▼
そういう手があったのね!!
私には思いつかない方法だわ!!▼
ミドリコ、そのお薬が完成したら、
お母さんにもわけてちょうだい。▼
[ミドリコ]
うん!
いいよ、お母さん!▼
でも、まだ未完成なの…▼
モテモテ効果をだすには
タル十個ぶんを飲まないとダメだから…▼
[シャーロッテ]
そ、そんなに飲まないとダメなの!?
コップ一杯とかにならない?▼
[ミドリコ]
コップ一杯になるには
あと何十年も研究しないとダメだと思う…▼
[シャーロッテ]
はあ、残念。
やっぱりモテには楽な道なしってことね…▼
[ミドリコ]
そうみたい。でもミドリコ、
お薬はかんせいさせてないけど…▼
さいきん男の子からよく
かわいいって言われるよ。▼
[シャーロッテ]
なんですって!?▼
[ミドリコ]
このまえも、おない年ぐらいの子から
アメとか大根とかもらったし…▼
たまにりょうてでかかえきれなくなって
こまっちゃうんだけどね。▼
[シャーロッテ]
この前大量に大根持ってきたのは
それだったの!!?▼
この歳で貢がれるなんて…
半端ないわ…▼
…はっ!!そうよ!
あんたはススカゼの娘!!▼
このモテの血は私じゃなくて
あっちのほうから…!!▼
うらやましいわ…わが子ながら、
その才能がうらやましい…▼
[ミドリコ]
どうしたの? お母さん。▼
[シャーロッテ]
な、なんでもないわ。
ミドリコが成長して嬉しいって言ったの。▼
…そうよ。あんたがこんなに可愛く
立派に育ってくれてお母さんは嬉しいわ。▼
これからもあんたの成長を
そばで見守らせて。▼
[ミドリコ]
うれしい…
ありがとう、お母さん。▼
[シャーロッテ]
うふふ。可愛いミドリコ。
これからもどんどん素敵になってね。▼
そしてその調子でがんばって、
最高の男を捕まえなさい!▼
[ミドリコ]
わかったわ!▼

モズメ

[モズメ]
せっかくのお祭りを邪魔するなんて…
今日の賊は許せへんなあ。▼
[ミドリコ]
ミドリコもそう思う!▼
せっかくお母さんと
いっぱい遊べると思ったのに!▼
[モズメ]
ミドリコ…▼
せやな。今まではあんまり
一緒に遊べんかったもんな…▼
ほんま、ミドリコには
寂しい思いをいっぱいさせたと思う…▼
あたいはお母さん失格やね…▼
[ミドリコ]
だめ! お母さん!
かなしいかおは今日はきんしだよ!▼
お母さんも言ってたでしょ?
今日はせっかくのお祭りだって!▼
[モズメ]
ああ。
確かに言ったなあ。▼
[ミドリコ]
だから、今日はできるだけ
にこにこえがおでいるのがいいの!▼
その方がぜったいに
たのしくすごせるとおもう!▼
[モズメ]
ミドリコ…▼
せやな。あんたの言う通りやわ。
今日は悲しい顔したらあかんな!▼
[ミドリコ]
うん!▼
あと、お母さんは
しっかくなんかじゃないからね!▼
にじゅうまるのはなまるで
ごうかくのいっとうしょうだよ!▼
[モズメ]
あはは。
ありがとうな、ミドリコ。▼
[ミドリコ]
お母さんをげんきにする、
もっといいことおしえてあげる。▼
さっき屋台でね、おいしそうなお芋の
煮っころがしが売ってたから、▼
あとでいっぱい買ってきてあげるね。
きょうはミドリコのおごり!▼
[モズメ]
ほんま? 嬉しいわ。
あたいもお芋は大好きやし、楽しみやな。▼
でもおこづかいは大丈夫なんか?
あんまり無理はせんときや。▼
[ミドリコ]
たしかに。おまつりの食べ物って
ちょっとたかいのよね。
なら、今日はすこしだけにして、
こんどミドリコがつくってあげちゃうよ。▼
ミドリコ、お芋の皮むきとっても早いんだから。
お父さんも、ミドリコにはかなわないわ。▼
[モズメ]
な、なんやて!?▼
ミドリコ、いつのまにそんな…
ほんま、成長したんやなあ…▼
[ミドリコ]
ええっ! お、お母さんどうしたの!?
なかないで…!▼
[モズメ]
ごめんな、ちょっと嬉しかっただけや。
ミドリコがこんな立派に育ってくれて…▼
[ミドリコ]
お母さん…▼
[モズメ]
けど、芋の皮むきはあたいの得意分野や。
まだまだ追い越されるわけにはいかんで。▼
あたいも負けんぐらいの煮っ転がしを
作ったるさかい、覚悟しときや?▼
[ミドリコ]
うん!
のぞむところよ!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-03 (木) 00:41:09