マトイの親子会話

ツバキ

[ツバキ]
愛する娘とお祭りにくる…
ああ、なんて幸せな1日なんだろー。▼
[マトイ]
もう、父さんったら。
顔が緩んでるわよ。▼
でも気を抜いちゃダメ。
まだ賊がその辺りにいるんだから。▼
[ツバキ]
あはは。
そうだったねー。▼
さすがマトイ。
しっかりしてるなー。▼
長いこと離れて暮らしてたのに
立派に育ってくれて本当に嬉しいよー。▼
[マトイ]
離れていても、父さんの活躍は
ちゃんと聞いてたもの。▼
完璧な父さんの娘として、
あたしもちゃんとしなきゃって思ってたから…▼
立派に育ったのは当然のことだわ。▼
[ツバキ]
そっかー…
もしかして変に心労をかけちゃったかもねー。▼
[マトイ]
そんな。
心労だなんて思ったことないわ。▼
あたしは父さんに憧れていたから、
少しでも近づけるなら光栄だもの。▼
[ツバキ]
こんな俺に憧れてくれるのー?
嬉しいな…▼
嬉しくて、泣いちゃいそうだよ。▼
[マトイ]
ふふふ。
冗談ばっかり。▼
[ツバキ]
…………▼
[マトイ]
うそっ!?
父さん、本当に泣いてるの?▼
なんで!? どうして!?
もしかして深手でも負ってる!?▼
[ツバキ]
違うよ…父さんだって、
嬉し泣きくらいするさー。▼
でも、恥ずかしいから…
あんまり俺の顔を見ないで欲しいなー。▼
[マトイ]
父さん…▼
[ツバキ]
マトイ。これからは絶対に
寂しい思いはさせないからね。▼
何か困ったことがあったりしたら、
すぐに俺を頼って欲しい。▼
俺はマトイの…お父さんだから。▼
[マトイ]
うん…
ありがとう、父さん。▼

マイユニット

+  マイユニット女性・私

フェリシア

[マトイ]
母さん、準備は整ったわ。▼
[フェリシア]
準備って、なんですか?▼
[マトイ]
何って…母さんの印象向上期間のことに
決まっているでしょう?▼
みんなに母さんのいい印象を残せるように、
あたしのほうで完璧に準備しておいたから。▼
あとは賊を殲滅して、
お祭りが再開するのを待つだけよ。▼
[フェリシア]
あのう…具体的に何をしてくれたのか…
聞いてもいいですか?▼
[マトイ]
…ほら、賊が屋台を荒らしたでしょう?
そこを全て片付けて、完璧な状態にしておいたの。▼
お祭りが再開したら、
あたしが大声で言うわ。▼
「これ、みーんな母さんが片付けたの!?
 すごい! いつの間に!?」▼
って!▼
[フェリシア]
…………▼
いやいやいやいや…
あなたの気持ちはうれしいですけど…▼
[マトイ]
なんだか気乗りしない感じね。
どうしてかしら?▼
ドジっ子のフリをして、本当はできる人って、
みんなに思ってもらえるわよ。▼
[フェリシア]
だけど、印象向上期間が
終わったらどうするんですか?▼
[マトイ]
えっ?▼
[フェリシア]
あなたが私の代わりに
何もかも陰でやってくれるんですか?▼
ずーっとずーっと、私の影武者みたいに?▼
いつも完璧なあなただから、きっと何か
考えがあってのことだとは思うのですが…▼
[マトイ]
…………▼
はわわわわわ……▼
[フェリシア]
そ、その反応をするということは…▼
[マトイ]
ご、ごめんなさい!
そこまで考えてなかったわ!!▼
もしかしたら…母さんのおっちょこちょいが
完璧に受け継がれてしまったのかしら…!▼
[フェリシア]
いえ、ほとんど受け継がれていませんよ。
例えそうだとしても、恥じることはありません。▼
[マトイ]
ほ、ほんと?▼
[フェリシア]
はい。
だから何も気にしないでください。▼
私は生粋のおっちょこちょい。
今までもそうですし、これからもそうです。▼
でも、それを恥ずかしいとは思いません。▼
だって、私にはあなたのような
素敵な娘がいるんですから。▼
[マトイ]
母さん…▼
[フェリシア]
お祭りの屋台は、あなたがやってくれたことと、
みなさんには話しておきます。▼
そして、あなたがいかに優しくて
どれほど母親思いなのか…▼
そのことも話そうと思います。▼
[マトイ]
…母さん、ごめんなさい。
印象向上期間は間違ってたわ。▼
だって、あたしは今の…
そのままの母さんが好きなんだから。▼
[フェリシア]
ふふ。いいんですよ、気にしなくて、
さあ、賊を倒しに行きましょう!▼

リンカ

[リンカ]
あたしはリンカ!
誇り高き炎の部族の戦士だ!▼
祭りを荒らした不届き者め!
どこからでもかかってくるがいい!▼
[マトイ]
…………▼
[リンカ]
どうした、マトイ。
さっきから黙りこくって。▼
[マトイ]
ねぇ、母さん…
母さんはどうして父さんと結婚したの?▼
[リンカ]
な、な、な、なななっ!?
突然、何を言い出すんだ、マトイ!?▼
[マトイ]
炎の部族は孤高を重んじる部族よ。▼
そんな母さんがどうしてわざわざ
部族外の父さんと結婚したのかなって。▼
[リンカ]
い、今は戦の真っ最中なんだぞ?
結婚の理由など話している場合ではない!▼
[マトイ]
そうよね、ごめんなさい。
今の質問は聞かなかったことにして。▼
[リンカ]
…………▼
…なんとなく気になってしまったのだ。▼
[マトイ]
…あれ?
質問に答えてくれるの?▼
[リンカ]
こ、答えぬままでは
あたしが戦いに集中できないからな!▼
[マトイ]
そっか、ありがとう母さん。▼
でも、なんとなくって…
期待してた答えと若干違うかもしれないわ…▼
[リンカ]
そ、そんなことはない!▼
孤高を重んじていたあたしが
なんとなくツバキのことが気になったのだ!▼
それはもうとてつもないことなんだぞ!?
大事件と言っても過言ではない!▼
[マトイ]
でも確かに、
恋愛って言葉で説明できないものだしね。▼
[リンカ]
納得してくれたようだな。▼
[マトイ]
母さん、
父さんを好きになってくれてありがとう。▼
そのおかげであたしは、
この世界に生まれることができた。▼
だから、父さんと母さんには
すごく感謝しているわ。▼
[リンカ]
マトイ…▼
[マトイ]
ふふふ。
今日は特別なお祭りの日でしょう?▼
だから、日頃の感謝は
ちゃんと伝えておかなきゃって思って。▼
[リンカ]
あ、あたしも…
あなたが生まれてくれて…本当に嬉しい。▼
[マトイ]
ふふふ。
母さんの顔、真っ赤になっちゃった。▼
[リンカ]
そ、それはあたしが炎の部族だからだ!
ほ、ほ、ほら!そろそろ戦いを始めるぞ!▼
[マトイ]
ええ、わかったわ、母さん。▼
あたしはマトイ!
誇り高くて完璧な、炎の部族の戦士の娘よ!▼
[リンカ]
おお、その意気だ!▼

サクラ

[マトイ]
母さんは後方に下がっていて。
敵はアタシが相手をするから。▼
[サクラ]
そ、そんなことできません!
私もあなたと一緒に戦います!▼
[マトイ]
母さん、気持ちは嬉しいわ。
でも、戦略的なことを考えてみて欲しいの。▼
癒し手の母さんが無事な方が
より多くの人の命が助かるでしょう?▼
[サクラ]
それなら大丈夫です。
私は絶対に敵の刃で倒れたりしませんから。▼
みんなを癒しつつ、
自分と娘の命を守りきってみせます!▼
[マトイ]
…母さんは本当に強い人だわ。▼
[サクラ]
そ、そんなことありませんよ…
いつも甘いって言われてますし。▼
[マトイ]
でも、戦場でその甘さを貫き、
今までこうして生き延びてるじゃない。▼
強くなければそんなことはできないわ。
母さんは間違いなく強い人よ。▼
[サクラ]
あ、ありがとうございます…
マトイ…▼
[マトイ]
父さんもそんな
母さんの強くて優しいところにひかれたのね。▼
[サクラ]
えっ!?
そ、そうなんでしょうか…▼
自分ではよくわかりません…▼
[マトイ]
父さん、いつも言ってたもの。▼
母さんは不完全な人間を愛せる
強くて優しい最高の人だって。▼
[サクラ]
つ、ツバキさんがそんなことを…
な、なんだか恥ずかしいです…▼
[マトイ]
あたしも母さんみたいな…
強い人になりたいの。▼
だからこれからは、
ずっとそばにいていいかしら?▼
[サクラ]
当たり前ですよ、マトイ。
ずっとずっと一緒にいましょう。▼
[マトイ]
うれしい。
ありがとう、母さん。▼

アクア

[マトイ]
母さん聞いて。
あたし、のど自慢大会に申し込んできたの。▼
[アクア]
な、なによそれ。
そんなものがあるの?▼
[マトイ]
ええ。さっき賊が来る前に見つけたの。
何だか楽しそうだと思って。▼
あたしは歌姫である母さんの娘よ。
その血を完璧に生かすためと思って…▼
夜な夜な、母さんの歌を練習していたの。
ユーラリユールレリー、って。▼
今日はその成果を見せたいのよ。▼
[アクア]
そうだったの…
マトイったらいつの間に…▼
[マトイ]
うふふ。
あたしきっと復帰してみせるわ。▼
それでね、喉自慢大会に出るとき…
そのペンダントを貸して欲しいの!▼
[アクア]
えっ!?▼
[マトイ]
歌は観客の目を引くことも大切じゃない?
だから、それがあれば演出も完璧かなって…▼
[アクア]
…だ、だめよ!!
絶対にだめ!!▼
[マトイ]
!!
母さん…▼
ご、ごめんなさい。
無理なお願いをしたわね…▼
そうよね、あたしの歌なんてまだまだで…
ペンダントを借りる資格なんてないわ。▼
[アクア]
あ…違うの、マトイ。
私はあなたが心配で。▼
[マトイ]
心配?▼
[アクア]
ええ、私の歌に不思議な力があるのは
あなたも知っているわよね?▼
それは、このペンダントを媒介にしているの。
だから…これを着けて歌うことは危険だわ。▼
もしマトイが私の歌を完璧に歌えるなら、
力を使えてしまうかもしれないから。▼
そんな危険なこと、させられないわ。▼
[マトイ]
そ、そうだったの…
ごめんなさい、母さん。▼
でも今…危険って言ったわね。
母さんは力を使うとき危険じゃないの?▼
もしいつも負担がかかっているのなら、
戦いのとき、あたしが代わりに…!▼
[アクア]
いいえ、マトイ。
私は大丈夫。▼
危険って確かに言ったけど、
私が心配してるのは観客たちの方よ。▼
[マトイ]
へっ?▼
[アクア]
初心者のあなたが力を使ってごらんなさい。
のど自慢大会の会場が大変なことになるわ。▼
どんな効果が発動するかわからないのに…
あなた、責任取れる? それで完璧といえる?▼
[マトイ]
うっ…!▼
な、なるほど…!
わかったわ。やっぱりあきらめる。▼
[アクア]
…賢明な判断ね。▼
でも、必ず見に行くわ。
あなたの歌、楽しみにしているから。▼
[マトイ]
ええ、母さん。ありがとう!
それじゃ、また後でね!▼
[アクア]
ごめんなさい、マトイ…
私は嘘をついたわ。▼
私の子であるあなたならきっと、
歌の本当の力を引き出せてしまう…▼
あなたにそんなことはさせられない。
あなたに呪いは受けさせない。▼
これは、私の役目だから…▼
…マトイ、あなたは私が守ってみせるわ。
最後まで。▼

カザハナ

[カザハナ]
マトイ。
今日は子どものためのお祭りだね。▼
何かほしいものとかある?
あるなら買ってあげるよ?▼
[マトイ]
ほしいもの…
そうね…▼
[カザハナ]
なんでも言って。
せっかくだから、どーんときなさい!▼
[マトイ]
わかった。
じゃあどーんと行くわ。▼
えっとね…
あたしがほしいのは…▼
完璧じゃない親よ。▼
[カザハナ]
はっ?▼
[マトイ]
誰とは言わないけど…隊にいるわよね…
抜けたところのある人たち…▼
ああいう人たち、いいと思うわ。▼
[カザハナ]
な、何を言っているの…
あたしたちが親だと嫌ってこと?▼
[マトイ]
ううん! 嫌なんかじゃないわ!
でもね、たまに…疲れちゃうことがあるの。▼
父さんは生来の完全無欠人間で、
母さんは類い稀な努力型の天才。▼
あたしは何をしても追いつけない。▼
がんばってがんばって…
それで何かできても当たり前だと思われる。▼
そういうのに…
疲れてるのよ…▼
[カザハナ]
…はあ。まったく…▼
あなたって子は…
あたしたちを美化しすぎじゃない?▼
ホントはそんなこと、まったくないのに。▼
[マトイ]
そんなのうそよ…▼
[カザハナ]
あたしね、まだ結婚する前の話だけど…
いろんな人から毎日のように言われたんだ。▼
「あの非の打ちどころのないツバキさんの
 傍にいられるなんていいな~」とか…▼
でも、あたしからしたら、
彼はちっとも完璧じゃなかった。▼
初めて会ったときなんて、
あたしの目の前で派手に落馬したからね。▼
しかも頭から。▼
[マトイ]
えーっ!
想像できないわ…▼
[カザハナ]
でしょう?
でもそれが彼の正体。▼
まあ、あなたが恐れるような相手じゃ
ないってことは確かだね。▼
…それにあたしだって、
努力しない日だってあるし。▼
おまんじゅうを食べながらゴロゴロしてる
ことだって、けっこうあるんだから。▼
[マトイ]
…………▼
…も、もっと…
そういう話…聞かせてもらっていい?▼
[カザハナ]
いいよ。ツバキのドジ話も、
語り尽くせないくらいあるし。▼
[マトイ]
聞きたい! 聞きたい!▼
今のあたしには、そういう話が
一番の癒やしになるわ!▼
[カザハナ]
じゃ、今日あなたがほしいものは、
完璧じゃない親の話ということで。▼
[マトイ]
ええ! それに決まり。
とっても楽しみだわ。▼
何だか元気が出てきちゃった。
あたし、あっちの賊と手合わせしてくるわね。▼
よーし、完璧に勝つわよーっ!▼
[カザハナ]
あ、マトイ!?▼
…ああ、賊を一撃で倒してるわ。
あの度胸、技…さすがね。▼
…まったくマトイったら。▼
家族で一番完璧なのは自分だって事に
気づいてないんだから。▼
でもまあ、いっか。
それに気づくまであたしとツバキは…▼
あなたの憧れの両親でいられるから。
もうしばらくは…このままで、ね。▼

オロチ

[オロチ]
のう、マトイ。▼
[マトイ]
母さん、どうしたの?
そんな、毒々しい液体を持って…▼
[オロチ]
それっ!▼
[マトイ]
えええええっ!!?
ちょっと!! 何するのよっ!!▼
[オロチ]
見ての通り。
毒々しい液体を振りかけてやったのじゃ。▼
[マトイ]
母さん、正気!?▼
って、これ何の液体なの?
うーっ! 気持ち悪い!▼
なんか粘ついてるし、
やな臭いするし!▼
それにこれ何!? このブヨブヨしたやつ!!
虫とか動物の死骸じゃないの!?▼
[オロチ]
いっときの辛抱じゃ。
我慢すれば、いいことがある。▼
今日は子どものためのお祭り。
これはそなたのために作った逸品の薬液じゃ。▼
[マトイ]
えっ、薬?▼
[オロチ]
左様。匂いはひどいが、御利益は抜群じゃ。
前例もあるからのう。安心せい。▼
[マトイ]
前例って…
他の人にもこういうことしてるの?▼
[オロチ]
そうじゃ。
その前例とは、ツバキのことじゃ。▼
ツバキにかけたのは、良縁に恵まれますようにと
願をかけた薬液じゃった。▼
その日を境にわらわたちは
どんどん距離を縮めて…そして結婚。▼
今の幸せがあるのは、
その薬液のおかげとも言えるじゃろう。▼
[マトイ]
す、すごいわ!
母さん…さすがの腕前ね!▼
[オロチ]
あはは、光の王城お抱え呪い師を
なめてはならんぞ。▼
[マトイ]
じゃあ、今日のこの薬は?
これの効果は何なの?▼
[オロチ]
これいは、そなたが健やかに成長し、
幸せな人生を送れますようにと願をかけた。▼
ツバキと二人でかなりの祈りを込めたから、
かなりの効果があると思うぞい。▼
[マトイ]
父さんと!?
それは楽しみね。▼
で、でもこの薬液つけたままなのは
ちょっとね…▼
ねえ、着替えたら効果がなくなっちゃう?▼
[オロチ]
いいや、着替えても問題ない。
ツバキだってすぐにお風呂に入ったしのう。▼
[マトイ]
よかった!
ああ、でも…着替え、持ってきてないわ…▼
[オロチ]
そういえば、的当ての景品に
悪くない柄の着物があったのう。▼
賊を倒したら、二人でがんばってみるか?▼
[マトイ]
いいわね。
ぜひそうしましょう!▼
ふむふむ…あたしの占いによると…
三回ぐらい射れば手に入るみたいよ。▼
[オロチ]
おお、マトイ…
いつの間にか占いを習得しておったのか。▼
[マトイ]
当たり前よ。あたしは母さんの子だもの。
これぐらいは完璧にねー。▼
じゃ、一刻も早く着替えるためにも
頑張りましょうか!▼
行くわよ、母さん!▼
[オロチ]
うむ!▼

ヒノカ

[ヒノカ]
マトイ、気を抜くな。
敵の奇襲に注意するんだ。▼
ここは死角も多いからな…
屋台の影からの奇襲もありえるぞ。▼
[マトイ]
わかったわ、母さん。▼
母さんは前方を。
背後はあたしにまかせて。▼
[ヒノカ]
ふっ。
我が娘ながらなんとも頼もしい。▼
[マトイ]
戦姫と呼ばれる母さんの子供だもの。
あたしだってがんばらないと。▼
[ヒノカ]
マトイ、お前とは今まで
離れ離れに暮らしていた…▼
だから、私が何を教えたわけでもない…▼
それでもこんなに立派に成長してくれたこと…
本当に誇りに思うぞ。▼
[マトイ]
母さんは色々とあたしに教えてくれたわ。
言葉ではなく、行動でね。▼
遠く離れた秘境にでさえ、
母さんの武勇は伝わってきたんだもの。▼
[ヒノカ]
そうか…
そう言ってもらえると救われる。▼
[マトイ]
ずっとずっと、憧れていたわ。▼
あたしは父さんと母さんの背を追って、
天馬武者になったの。▼
[ヒノカ]
マトイ…▼
…そうか。
私の背を追ってくれた、か…▼
ツバキ、どうやら私たちは
ちゃんと責任を果たせているようだぞ。▼
こんなに嬉しいことはないな。▼
[マトイ]
…母さん?▼
[ヒノカ]
ふっ。
なんでもない。独り言だ。▼
[マトイ]
母さん、あたし母さんからは
もっともっと学びたいと思ってるわ。▼
[ヒノカ]
それなら、情けない姿は見せられないな。▼
ついてこい、マトイ!
母の戦がいかなるものかお前に見せてやろう!▼
[マトイ]
ええ!
母さん!▼

セツナ

[セツナ]
マトイ…
助けて…▼
[マトイ]
ああ、もう。
また罠にかかったのね…▼
はい、解除したわ。▼
[セツナ]
ありがとう…▼
[マトイ]
しっかりしてよね。
今日だけで何回目?▼
[セツナ]
さぁ…
とりあえず…片手じゃ足りないかも…▼
[マトイ]
…母さんって、ほんと不思議よね。▼
ときどき疑問に思うのよ。
どうして父さんは母さんと結婚したんだろうって。▼
完全無欠の父さんがどうして、
こんなに抜けてる性格の母さんを選んだのか。▼
ああ…
この世の七不思議ね…▼
ものすごい秘策でも打ったの?
それともだましたとか?▼
[セツナ]
秘策もだましもない…
私はただ、好きって言っただけ…▼
[マトイ]
…………▼
なるほど。
その真っ直ぐなところがよかったのかしら。▼
あたしが女だからわからないだけで、
男性からしたら母さんはすごくいい女なのかも。▼
[セツナ]
そ、そうなの…?▼
[マトイ]
ねえ、母さん。
どうしたらいい女になれるの?▼
実はあたし…
女としての自分に自信がなくて…▼
いい女になれるよう努力したいけど…
どう努力すればいいかわからないの!▼
だから教えて、母さん!▼
[セツナ]
そんなこと言われても…
困る…▼
私は落とし穴に落ちたり…
罠にかかったりしているだけで…▼
[マトイ]
ははーん…そういうこと。▼
[セツナ]
えっ…何…▼
[マトイ]
落とし穴に落ちたり、罠にかかったり…
そんな母さんに男性は思うのよ。▼
「この人を守りたい」って!▼
わかった! 見えた!
男性の庇護欲をくすぐっていたのね!▼
それを何の計算もなしに…
素晴らしいの一言だわ。▼
[セツナ]
すごい思い込みね…▼
[マトイ]
褒めてくれてうれしいわ。▼
[セツナ]
褒めてないけど…▼
[マトイ]
そうとわかれば母さん。
あとで、かわいい罠のかかりかたを教えて!▼
[セツナ]
かわいい罠のかかりかた?▼
[マトイ]
ああ、難しく考えないで。
いつも通り、罠にかかってくれれば十分よ。▼
[セツナ]
わ、わかった…
そんなのでいいなら…▼
なんか間違っている気もするけど…
娘のためなら張り切って罠にかからないと…▼
[マトイ]
その意気よ、母さん!▼

オボロ

[オボロ]
マトイ、もしかしてあなたまた、
身長が伸びた?▼
[マトイ]
そうかしら?
自分では気づかなかったけど…▼
[オボロ]
ちょっと触って確かめてみてもいい?
ふんふん…ふんふん…▼
うん。
やっぱり少し成長してるわ。▼
あなたにはまた、
私が服を見立ててあげなきゃね。▼
[マトイ]
直して着るからいいわよ。
母さんの手をわずらわせたくないもの。▼
[オボロ]
わ、私が見立てたいの!▼
娘の服を見立てるのって…
すごく幸せなんだから!▼
[マトイ]
そう…
じゃあ、お願いしちゃおうかな。▼
[オボロ]
ええ、まかせなさい。
手間はかからないから平気よ。▼
胸のところはあまり直さなくても
よさそうだし…▼
[マトイ]
う、うるさいわよ母さん!
今に大きな手直しが必要になるんだから!▼
[オボロ]
うふふ、ごめんごめん。でも着物は
それぐらいの方が美しく着られるのよ。▼
[マトイ]
ふーん…
ひとつ知識が増えたわ。▼
…そうだ、母さん。
ひとつ提案があるんだけど。▼
[オボロ]
何よ?▼
[マトイ]
この戦いが終わったら…
家族で呉服屋を開かない?▼
[オボロ]
えっ…▼
[マトイ]
父さんから聞いたの。▼
お店でお客さんを相手にしている母さんは
生き生きとして、輝いてた、って。▼
[オボロ]
ツバキが…▼
[マトイ]
だから、あたしたちが
戦う必要のない世界になったら…▼
母さんと一緒に
呉服屋さんをやりたいな、って思って。▼
[オボロ]
…………▼
[マトイ]
だめかしら?▼
[オボロ]
…しょ、商売はそんなに甘くないわよ!?▼
それでも…
やってくれる覚悟はあるの?▼
[マトイ]
ええ、もちろんよ。
父さんも絶対に賛成してくれるわ。▼
[オボロ]
それなら…
今のうちから屋号を考えておかなきゃね。▼
[マトイ]
完璧呉服店。▼
[オボロ]
えっ!?▼
[マトイ]
完璧呉服店はどうかしら。
勘案には月と椿の刻印で…お洒落でしょう?▼
[オボロ]
う、うーん…
何かいい気もするんだけど…▼
も、もうちょっと考えない?
この後お祭りを回りながらとか。▼
[マトイ]
いいわね、それ。
それまでにもう少し案を出しておくわ。▼
あたしたちの大切なお店だものね。
じっくり考えていきましょ!▼
[オボロ]
ええ。ありがとう、マトイ。▼

カゲロウ

[マトイ]
ねえ、母さん。
お祭りが再開したら、また絵のこと教えて。▼
[カゲロウ]
…それはできん。▼
[マトイ]
えっ?
どうして?▼
[カゲロウ]
…自分でも気付いているだろう。
お前の絵は私の手の届かない域に行ってしまった。▼
私から学ぶことはもう何もない。▼
[マトイ]
そんなことないわ…▼
[カゲロウ]
いいや、ある。
具体的に言おう。▼
この間、二人で山を描いたな。
あのときなぜお前は紙を漆黒に塗りつぶした?▼
その漆黒にいくつもの光線を描いて…
私にはわからない。なぜあれが山なのか…▼
手の届かないところに行ってしまったお前に
どうして指導などできよう…▼
天才を前に私は無力なのだ…▼
[マトイ]
ちょ、ちょっと、やめてよ…
そんなことないわ…▼
正直に言うけど、あたしの中には
常に下敷きがあるの。▼
下敷きを使うなんて、
天才のすることじゃないわ。▼
[カゲロウ]
下敷き?▼
[マトイ]
ええ。あたしには母さんという名の下敷き…
つまりお手本があるの。▼
この間の絵、母さんは
山の頂上から足を生やしたじゃない。▼
[カゲロウ]
あ、ああ…▼
[マトイ]
あれこそ天才の描く絵よ。
あたしが目指している世界観というか。▼
でも、母さんはお手本も下敷きもなくて、
独自にあの境地に到達したわけでしょ。▼
[カゲロウ]
ま、まぁ…
私は思ったことを描いているだけだし…▼
[マトイ]
母さんは、世の中が平和になったら、
あたしと個展を開きたいって言ってたわよね。▼
[カゲロウ]
ああ…言った…▼
[マトイ]
そのころまでには、
下敷きを外せるように努力するわ。▼
だから、賊を倒したら絵の話をさせて。
母さんから学ぶべきこと、たくさんあるのよ。▼
[カゲロウ]
…………▼
…わかった。
励ましてもらったお礼にそうするとしよう。▼
[マトイ]
もう、励ましたんじゃなくて事実なんだって。▼
まずは、山の頂上から
足を生やした理由を詳しく聞かせて?▼
[カゲロウ]
いいだろう。
それならば嫌というほど語ってやるぞ。▼
[マトイ]
うふふ。
楽しい時間になりそう。▼

ニュクス

[ニュクス]
マトイ。
今日のお祭り、家族で過ごさない?▼
食べ物を買って、境内に座って。
のんびりと家族水入らずで。▼
[マトイ]
いいわね。
とっておきの抹茶を点ててあげるわ。▼
[ニュクス]
抹茶?▼
[マトイ]
ええ。すごくいい抹茶を手に入れたの。
それを今日、持ってきているから。▼
[ニュクス]
…うーん。
今日は抹茶じゃないものにしない?▼
もっと…
真っ黒い飲み物にしましょう。▼
[マトイ]
…真っ黒い飲み物って?▼
[ニュクス]
わかるでしょう?
苦くて薫り高い飲み物よ…▼
実はそれ…貴方に飲んでもらいたくて、
今日持ってきているの。▼
[マトイ]
…………▼
ちょ、ちょっと待って…
それって何か呪術関係のもの?▼
まさか、あたしを呪術の実験台に
しようとしているとか?▼
[ニュクス]
うふふ、もう…違うわよ。
そんな怪しいものじゃないから。▼
私が飲んでもらいたいのは
ただの珈琲よ。▼
[マトイ]
なーんだ、それなら早く言ってよ。
父さんと母さんがよく飲んでる飲み物よね。▼
[ニュクス]
そうよ。
珈琲は私たち夫婦の共通の趣味なの。▼
…珈琲がきっかけで私とツバキは
仲良くなったと言っても過言ではないわ。▼
[マトイ]
へえー、それは知らなかったわ。
もっと聞かせてよ、父さんとの馴れ初め。▼
[ニュクス]
これ以上はダメよ。
貴方にはまだ早いわ。▼
[マトイ]
えー、残念…▼
でもいいわ。
楽しみは長く続くほうがいいもの。▼
そういえば珈琲って、
大人の飲み物って言われているのよね。▼
じゃあちょっと…
試してみようかしら…▼
[ニュクス]
早く大人の仲間入りをして、
私たちの馴れ初めを聞くために?▼
[マトイ]
あはは、まあ、それもあるけど…▼
あたし、母さんみたいな
大人の女性になりたいの。▼
[ニュクス]
私みたいな?
でも私は…▼
[マトイ]
ええ。母さんは、見た目は幼いけど…
その成熟した内面は、あたしの憧れなの。▼
母さんみたいな
素敵な大人になれるなら、▼
あたし…今日は抹茶じゃなくて
珈琲を飲もうかしら。▼
[ニュクス]
…嬉しいことを言ってくれるわね。
ありがとう…マトイ。▼
わかったわ。
今日は子どもの成長を願うお祭りだし…▼
あなたの素敵な成長を願いながら、
ツバキと一緒に、完璧な珈琲を入れてあげる。▼

ルーナ

[マトイ]
母さん。
大丈夫? ケガはない?▼
[ルーナ]
ええ、大丈夫よ。
このあたしがケガなんかするはずないわ。▼
[マトイ]
さすが、頼もしいわ。
その言葉を聞いて安心しちゃった。▼
あ。あたし、母さんに渡したいものがあるの。
きっと気に入ると思うわ。▼
[ルーナ]
なによ。
金銀財宝でもくれるっていうの?▼
[マトイ]
さ、さすがにそれはないけど…
賊が来る前に屋台で買っておいたの。▼
はいこれ。いい色のリンゴよ。▼
[ルーナ]
あ…▼
[マトイ]
母さん、リンゴが好きって言ってたでしょ?
だから喜ばせようと思って。▼
[ルーナ]
…………▼
[マトイ]
だ、ダメだった!? リンゴそのものより
リンゴ飴のほうがよかったかしら!?▼
[ルーナ]
ううん。そのもののほうがいいわ。
とっても嬉しい。ありがとうね、マトイ。▼
さっきのはちょっと…
昔のことを思い出しちゃって。▼
[マトイ]
昔のこと?▼
[ルーナ]
ええ。あたしの大事な人がね、
今のマトイみたいにリンゴをくれたの。▼
あたしに質問を答えさせる対価としてね。▼
[マトイ]
ふーん…そんなことがあったのね。
じゃ、あたしも母さんに何か質問してもいい?▼
[ルーナ]
ええ。今日は子供のためのお祭りだし、
なんでも答えてあげるわよ。▼
[マトイ]
母さんはあたしに、
どう成長してほしいと思っているの?▼
[ルーナ]
そうねえ…
あんたらしく育ってくれればなんでもいいわよ。▼
[マトイ]
え? それだけ?
完璧に育ってほしいとか無いの?▼
[ルーナ]
無いわ。完璧になんてなろうとしたら
きっと疲れちゃうもの。▼
まあ出来れば素直に
まっすぐに育ってほしいとは思うけど。▼
そう…可愛さを武器に親に物をねだったり
ひねくれた性格になったりしなければ…▼
[マトイ]
…ええと。
それ、自分のこと言ってない?▼
[ルーナ]
そんなことないわよ!
例えよ、例え。▼
とにかくあたしは、どんなマトイでも大好きなの。
これからはずっとそばで守ってあげる。▼
あたしはあんたを残して死なないし、
あんたはあたしとツバキが死なせないわ。▼
[マトイ]
母さん…▼
[ルーナ]
今まで寂しい思いをさせて、悪かったわ。
お母さんは子供の傍にいないといけないのに…▼
たくさん我慢させちゃったわね。▼
[マトイ]
ううん! 離れてたって、
父さんと母さんの話は聞いてたもの。▼
それに、いつも会いに来てくれるときは
たくさんお土産も持ってきてくれたし。▼
だから…べ、別に…
寂しくなんかなかったんだからね!▼
[ルーナ]
マトイ…▼
うふふ。本当は寂しかったのね。
まったく、変なとこあたしに似て…▼
今までのお詫びにはならないけど、
今日はお祭りで何でも買ってあげるわ。▼
何か欲しいものはない?▼
[マトイ]
…欲しいものなんてないわ。
母さんと父さんさえ傍にいればいい。▼
約束して、母さん。
これからはそばにいるって。▼
賊を倒しても、お祭りが終わっても、
この戦争が終わっても…▼
傍にいてくれなきゃあたし、
許さないんだから…▼
[ルーナ]
ええ…
約束するわ…▼
あたし、もうどこにも行かない。
ずっとマトイのそばにいる。▼
あなたたちのいる場所に、
ずっとここにいるって、そう決めたから…▼

モズメ

[モズメ]
お祭り…もうできひんのやろか?
あたい、楽しみにしてたの…▼
[マトイ]
あきらめないで、母さん。
まだお祭りを再開させることはできるわ。▼
できるだけ屋台や出店に
損害を与えることなく賊を掃討しましょう。▼
賊がいなくなればみんなも戻ってると思うし。▼
[モズメ]
せやな!
じゃあ、あたいたちががんばらなあかんね!▼
[マトイ]
ええ、そうね。▼
[モズメ]
マトイはお祭りが再開したら何をしたいん?▼
今日は子供の成長を祝うお祭りやからね。
なんでもあんたが望むことしたらええよ。▼
[マトイ]
そうね…
母さんは何かしたいこととかある?▼
[モズメ]
あたい?
あたいはそうやね…的当てなら得意やわ!▼
[マトイ]
じゃあ、母さんと一緒に的当てがしてみたいわ。▼
[モズメ]
あはは。
あたいに合わせなくてもええんよ。▼
[マトイ]
でも、今日は
子供の成長を祝うお祭りなんでしょ?▼
あたしがここまで成長できたのも
父さんと母さんのおかげだもの。▼
だから、今日はあたしだけじゃなくて、
母さんにもいっぱい楽しんでもらいたいの。▼
[モズメ]
マトイ…▼
せやけど、あたいは…
あんたを秘境に預けてたし…▼
[マトイ]
愛していてくれたからこそ、でしょ?
あたしにはちゃんとわかってるわ。▼
[モズメ]
ありがとうな、マトイ…
あんたのその言葉であたいは救われたわ。▼
今までは散々、寂しい思いもさせたやんな。▼
でもこれからは、
ずっとそばであんたの成長を見守るからな。▼
[マトイ]
ありがとう、母さん。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-07 (土) 15:54:09