ディーアの親子会話

ジョーカー

[ディーア]
面倒だな…▼
なんでお祭りにきてまで
戦わなくちゃいけないんだよ…▼
[ジョーカー]
まったくだ。
貴重な休日を無駄にしたな。▼
[ディーア]
せっかく今日は父さんに
色々とオゴってもらえると思ったのに…▼
[ジョーカー]
…なんの話だ?▼
[ディーア]
このお祭りってさ…
親が子の成長を願うものなんだぜ?▼
ってことは、
子どもである俺が主役じゃん…▼
だから、父さんが俺に
色々とごちそうする流れだと思うんだよね…▼
[ジョーカー]
ちっ。
くだらねぇ祭りだな。▼
…だが、そういうことなら
お前にオゴってやらんこともない。▼
今まであまり、一緒にこういう場所には
きたことがなかったからな。▼
[ディーア]
父さん…▼
[ジョーカー]
ディーア…戦いが終わったら、
好きなだけ食って、遊べ。▼
ただし、だ。▼
的当てで勝負して
俺に勝つことができたらな。▼
[ディーア]
えー…
なんだよそれ…▼
[ジョーカー]
普通にオゴるだけではつまらんからな。
そのくらいの遊び心はあってもいいだろう。▼
いっておくが手加減はしないぞ。
ふっ。わくわくしてきたな。▼
[ディーア]
…………▼
[ジョーカー]
なんだ、どうした?▼
[ディーア]
…父さん。
賽銭箱のとこに行っていいか…?▼
[ジョーカー]
はあ? 別にいいが…
何か願いごとでもあるのか?▼
[ディーア]
父さんがもうちょい
大人になってくれますように、って…▼
[ジョーカー]
ふ、ふざけるな!
子が親の成長を願うんじゃねぇ!▼
[ディーア]
だって、的当てで勝負とかさぁ…
しかも、わくわくしちゃってるし…▼
[ジョーカー]
てめえ…親を馬鹿にしやがって。▼
こっちはお前が俺と遊びたいだろうと思って、
提案してやったってのに。▼
[ディーア]
なんだ。そうだったのか…
父さんなりに気を使ってくれたんだな…▼
[ジョーカー]
い、いや!
今のは別にそういうわけじゃ…▼
[ディーア]
だったら早く
この戦いを終わらせなくちゃな…▼
父さんと…
少しでも長く遊べるようにさ…▼
[ジョーカー]
…ふん。
好きにしろ。▼

マイユニット

+  マイユニット女性・私

フェリシア

[フェリシア]
はわっ!?
ディーア、見てください!▼
おいしそうな食べ物が
屋台にいっぱい並んでますよーっ!▼
[ディーア]
そりゃあ、並んでるだろ…
お祭りなんだし…▼
[フェリシア]
お腹もへってきたことですし、
少しいただいちゃいましょうか。▼
[ディーア]
いやいや…
今、戦闘中だぜ?▼
[フェリシア]
大丈夫ですって!
ちゃんとお金は置いておきますから。▼
[ディーア]
そういうことを
言ってるんじゃねえんだけど…▼
[フェリシア]
焼きとうもろこしがおいしそうですね!
では、いっただっきまー…▼
って、きゃあああああ!▼
[ディーア]
…派手に転んだな、母さん。
慌てすぎだって…▼
[フェリシア]
はうう…▼
[ディーア]
怪我はないか?
ほら、手を貸すから立ち上がれよ。▼
って、うおっ!?▼
[フェリシア]
ディーア!▼
[ディーア]
…ははは。
俺まで転んじまったぜ…▼~
[フェリシア]
…ふふふ。▼
[ディーア]
ひどいじゃん、母さん…
息子が転んだとこ見て笑うなんてさ…▼
[フェリシア]
ご、ごめんなさい!
でも、違うんです!▼
なんていうか、今の転び方を見たら…
私の息子なんだなぁ、って…▼
[ディーア]
…ああ。
俺は間違いなく母さんの息子だ。▼
たまにドジするところとか、
絶対に母さんの血だぜ?▼
[フェリシア]
はぅぅ…ごめんなさい…
そんな迷惑なものを受け継がせてしまって…▼
[ディーア]
…別に気にしてないよ。▼
母さんのいいところも
ちゃんと受け継いでるし。▼
[フェリシア]
そ、そんな嬉しいこと言われたら、
私、泣いちゃいますよ…▼
[ディーア]
泣くなよ…
でも、本当にそう思ってるから…▼
[フェリシア]
ありがとうございます…
ディーア…▼
…ちなみに、ディーアが受け継いでる
私のいいところって、どんなとこです?▼
[ディーア]
そりゃあ…世話好きなとことか?▼
[フェリシア]
それはジョーカーさんの
いいところでもありますね…▼
もっと、私だけの
いいところってありませんか?▼
[ディーア]
…………▼
…………▼
[フェリシア]
えええええ!?
まさか思いつかないんですか!?▼
[ディーア]
んじゃアレだ…
優しいとことかじゃね?▼
[フェリシア]
んじゃ!?
んじゃ、ってなんですか!? んじゃって!▼
[ディーア]
…ほら、無駄話はもうやめようぜ。
さっさと戦いを終わらせないと…▼
[フェリシア]
あっ、話はまだ終わってませんよ!
待ってください、ディーアーー!▼

リンカ

[リンカ]
さぁ、いくらでもかかってこい!▼
賊などいくらでも返り討ちにしてくれる!
炎の部族の力を思い知るがいい!▼
[ディーア]
…………▼
[リンカ]
どうした、ディーア?
急に黙ってしまって。▼
[ディーア]
いや、考えごと…▼
[リンカ]
そんなものは後にしろ!
今はただ戦闘に集中するんだ!▼
お前の中で騒ぐ炎の部族の血、
それに身をゆだね戦え!▼
[ディーア]
それだよ、それ…
その勇猛な炎の部族の血ってやつ…▼
[リンカ]
ああ。
それがどうかしたのか?▼
[ディーア]
ってかさ…
俺には流れてなくね?▼
[リンカ]
な、何をバカなことを!▼
お前にも確実に部族の血は流れている!
あたしの息子なんだぞ!▼
[ディーア]
でも、俺…
母さんほど勇猛じゃねえぜ?▼
むしろ、めんどくさがり屋だし…
母さんだって知ってるだろ?▼
[リンカ]
そ、それはそうかもしれないが…▼
[ディーア]
めんどくさがりな炎の部族なんて…
母さん知ってるか?▼
[リンカ]
…知らないな。
…聞いたこともない。▼
[ディーア]
ほらな…
ってことは俺には流れてないんじゃ…▼
[リンカ]
そ、そんなことはない!
絶対にお前にも部族の血が流れている!▼
[ディーア]
…なんか母さん、焦ってない?▼
[リンカ]
お、お前が変なことを言い出すからだ!
あ、あ、あまり困らせないでくれ!▼
[ディーア]
…………▼
[リンカ]
…そうだ!▼
やはり、お前にも間違いなく
炎の部族の血が流れているぞ!▼
[ディーア]
…どういうとこがさ?▼
[リンカ]
お前はいつも部隊を離れ、
一人で昼寝しているだろう?▼
[ディーア]
ああ…
でもそれがなんだっていうんだ?▼
[リンカ]
炎の部族は孤高を重んじる部族!▼
一人で孤高に寝るその気高き姿こそ、
お前が部族の血を継いでいる何よりの証拠だ!▼
[ディーア]
…そんなんでいいの?▼
[リンカ]
今、一番重要なのは
お前が炎の部族のだという自覚を持つことだ。▼
それさえ持てればお前も、
炎の部族が持つ勇猛さは必ず目覚める!▼
[ディーア]
そっか…
じゃあ、信じてみようかな…▼
俺も母さんみたいな…
勇猛な戦士になりたいからさ…▼
[リンカ]
ディーア…▼
必ずなれるさ!
お前はあたしの息子なんだからな!▼
[ディーア]
自信取り戻せたよ…
ありがとな、母さん…▼

サクラ

[サクラ]
デ、ディーアは後ろに下がってください!
ここは私がなんとかしますから!▼
[ディーア]
いや、さすがにそれは無理だって。▼
母さんや他の仲間に戦わせて
俺だけ隠れてるとかありえないだろ…▼
[サクラ]
た、確かにそうですね…▼
ですが、ディーアが
怪我でもしてしまったらと考えると…▼
[ディーア]
大丈夫だって…
心配し過ぎだぜ、母さん…▼
[サクラ]
そんなこと言われても、
心配しちゃいますよ…▼
私はディーアの母親なんですから…▼
あなたがこの世の誕生してから
その身を案じなかった日などありません。▼
[ディーア]
なんだか母親って大変そうだな…▼
[サクラ]
ふふふ、そうですね。
想像していた以上に大変です。▼
ですが、それ以上に幸せですよ。
ディーアの母親になれたことは。▼
[ディーア]
そっか…
それならよかったけどさ…▼
まぁ、俺もできるだけ…
母さんに心配かけないようにするよ…▼
母さんが心労で倒れちまったら…
後悔してもしきれねぇし…▼
[サクラ]
ふふふ。
ありがとうございます、ディーア。▼
[ディーア]
あとあれだ…
俺も同じだぜ…▼
[サクラ]
何がですか?▼
[ディーア]
俺も幸せだよ…
母さんの子として生まれてさ…▼
俺が人を癒す能力に恵まれたのは、
母さんのおかげだと思うし…▼
[サクラ]
ディーア…▼
[ディーア]
た、たまにはこういうことも
ちゃんと伝えないとダメじゃん?▼
さすがに恥ずかしいから…
もう今後、しばらくは言わないけど…▼
[サクラ]
ふふふ。
それは残念ですね。▼
でも、またしばらく経ったら、
いつか聞かせてください。▼

アクア

[ディーア]
…………♪▼
[アクア]
あら?
ディーア、その歌は…▼
[ディーア]
ん?▼
ああ…母さんがよく歌ってるから、
いつの間にか覚えたんだよ…▼
[アクア]
ふふ。
やっぱり親子ね。▼
[ディーア]
何がおかしいんだ?▼
[アクア]
私もお母様が歌っているのを聞いて
いつの間にか自然と覚えたの。▼
[ディーア]
そうだったのか…▼
これ、なんていう題名の歌なんだ?▼
[アクア]
お日様ポカポカの歌よ。▼
[ディーア]
…ははは。
なんかのんきな題名だな。▼
[アクア]
そうでしょ?
私が名づけたの。▼
[ディーア]
えー、なんだよそれ。▼
[アクア]
だって、本当の題名は
お母様から教わらなかったから。▼
でも、お母様が歌っていたのはいつも、
今日みたいな晴れた日だったの。▼
聞いてるとこっちの心もポカポカしてきて…
私、大好きだったわ。この歌…▼
[ディーア]
母さん、この歌を口ずさんでるとき
すげえ幸せそうな顔してるもんな…▼
[アクア]
ええ。
そうだと思うわ。▼
[ディーア]
お日様ポカポカの歌か…
いい題名だと思うよ…▼
[アクア]
ありがとう。▼
私が好きだった歌を
ディーアも好きになってくれて嬉しいわ。▼
[ディーア]
母さん…
もっと俺に歌を教えてくれよ…▼
母さんが…
母さんの母さんから教わったように…▼
俺も母さんから
いっぱい歌を教わりたいぜ…▼
[アクア]
わかったわ、ディーア。
これから、たくさんたくさん教えてあげる。▼
[ディーア]
ありがとう…
母さん…▼

カザハナ

[カザハナ]
もう!
なんでこうなっちゃうのかな!▼
せっかくディーアとジョーカーと
お祭りを楽しもうと思ってたのに!▼
[ディーア]
愚痴っても仕方ないだろ…
さっさとやることをやっちまおうぜ…▼
[カザハナ]
あっ、なんだろそれ。
母親に諭すような言い方しちゃってさ。▼
もしかしてあたし、
母親として敬われてない?▼
[ディーア]
そんなつもりないって…▼
俺はめんどいことを…
早く終わらせたいだけだ…▼
[カザハナ]
そっか。
でも、いい機会だから聞いておきたいの。▼
あたしって…
ディーアの母親をちゃんとやれてるかな?▼
[ディーア]
それ、俺に聞くことか?▼
[カザハナ]
本人に聞くのが一番早いし確実でしょ?▼
[ディーア]
まぁ、そうかもしれないけどさ…▼
[カザハナ]
ほら、あたし、いつも稽古ばかりして、
あまり家事とかできてないし。▼
[ディーア]
今は戦時だからな…
それも仕方ないと思うぜ…▼
[カザハナ]
けど、もうちょっとなんていうか…
母親らしくした方がいいのかなって…▼
[ディーア]
…………▼
[カザハナ]
きっと、他のお母さんたちは
もっとちゃんとやってるんだろうなあ…▼
[ディーア]
他の母親のことは関係ない…
俺の母親は母さんだけだからな…▼
それに…家事なら父さんが
十分すぎるほどデキるし…▼
[カザハナ]
あはは、確かに。▼
[ディーア]
とにかく…▼
母さんは母さんのままでいいじゃん…
俺は一緒にいれるだけで満足だし…▼
[カザハナ]
ディーア…▼
[ディーア]
重要なのはさ…
この戦いを生き延びることじゃね?▼
生き延びて世界が平和になったら…
いくらでも一緒の時間を過ごせるし…▼
母さんが忙しく稽古をしてるのも…
そのためだと思えば納得できるだろ…▼
少なくとも俺は…
そう考えてるぜ…▼
[カザハナ]
…ありがとう、ディーア。▼
[ディーア]
んじゃ、さっさとやろうぜ…
早く済ませれば、お祭りも再開できるし…▼
[カザハナ]
うん!
あたし、張り切っちゃうよ!▼

オロチ

[オロチ]
ディーア、大丈夫か?
まさかこんなことになるとは…▼
せっかくのお祭りだというのに、
無粋なやつらじゃのう。▼
[ディーア]
俺さあ…なんとなく、
今日こうなるのわかってたかも…▼
[オロチ]
ほう。
それはどういうことじゃ?▼
[ディーア]
この間、寝てるときに…
この光景を夢で見た気がするんだよな…▼
[オロチ]
それは興味深いのう。
予知夢のようなものなのじゃろうか。▼
[ディーア]
割とこういうことってあるんだよ…▼
夢で見たことが
実際に起こるってことがさ…▼
[オロチ]
それは間違いなく
わらわの占いの才を引き継いでおるな。▼
[ディーア]
あぁ…
そういうことだったのか…▼
[オロチ]
ふふふ。
嬉しいものじゃな。▼
息子の中に
自分の影響を見ることができるのは。▼
[ディーア]
ははは…
俺は間違いなく母さんの息子だな…▼
[オロチ]
しかし、夢を介して能力が発動しているのが、
なんともディーアらしくてピッタリじゃな。▼
[ディーア]
ってことは…
昨日の夜に見た夢も現実になるのかな…▼
[オロチ]
なるであろうな。
わらわの才を引き継いでおるのじゃから。▼
ちなみにどんな夢じゃったのだ?▼
[ディーア]
この戦いが終わったあと…
母さんと街に行く夢を見たんだ…▼
そして、好きなものを好きなだけ…
母さんが俺に買い与えてくれていた…▼
[オロチ]
…………▼
[ディーア]
…叶うんだよな?▼
[オロチ]
さ、無駄話はやめて
早く戦いを終わらせようぞ。▼
[ディーア]
あっ…
逃げるなよ、母さん……▼

ヒノカ

[ヒノカ]
…………▼
[ディーア]
大丈夫だよ、母さん。
母さんは俺が死んでも守るから。▼
[ヒノカ]
…急にどうした?
なぜそんなことを言うんだ?▼
[ディーア]
だって…
今、思い出してただろ?▼
母さんの母さん…ミコトさんが
死んじまったときのことをさ…▼
[ヒノカ]
…すまない。
余計な心配をかけてしまったようだ。▼
私なら大丈夫だ。▼
ただ、あの日もちょうど、
こんな祭りの日だったからな。▼
息子に心配をさせてしまうとは
私も母親としてはまだまだ未熟なようだ。▼
[ディーア]
そんなことないぜ…
母さんは最高の母さんだ…▼
[ヒノカ]
…ありがとう。
私もディーアが息子で誇らしいよ。▼
だが、さっきの発言は許すことができない。▼
[ディーア]
さっきの発言?▼
[ヒノカ]
死んでも私を守ると言ったな。
そんなことは今後、二度と口にしないでほしい。▼
[ディーア]
…………▼
[ヒノカ]
ディーアの勇ましさは
おそらく私の影響だろう。▼
私を想ってくれての
言葉だということも理解している。▼
ただ、私は愛する息子の死なんて
微塵も想像したくないんだ。▼
そんなことは想像しただけで…
身も心も引き裂かれそうになる…▼
[ディーア]
母さん…▼
わかった。
二度と言わないぜ。▼
[ヒノカ]
ありがとう。
ディーア。▼
さぁ、共に戦い、共に生き抜こう!
そして、この地の平穏を取り戻すんだ!▼
そうしたら、親子3人で…
祭りの続きを楽しもう。▼
[ディーア]
ああ。▼

セツナ

[セツナ]
…………▼
[ディーア]
どうしたんだよ、母さん…
ぼーっとしちゃってさ…▼
[セツナ]
…あれ。▼
[ディーア]
…あれ?
あぁ、神輿のことか?▼
[セツナ]
担ぎたい…▼
[ディーア]
担ぎたいって…
いや、今、戦闘中だし…▼
[セツナ]
でも、お祭りといったらあれでしょ?
担がなきゃ…▼
[ディーア]
だから、今は戦闘中だからさ…
あんなの担いでたら邪魔だろ…▼
[セツナ]
残念…
担ぎたかった…▼
[ディーア]
…………▼
[セツナ]
ディーア、寝てるの?
寝癖が可愛い…▼
[ディーア]
いや、寝てないし…
さすがに俺も戦闘中は寝ないぜ…▼
[セツナ]
でも、子どもは寝るのが仕事だって言うし…▼
[ディーア]
それ、赤ちゃんのときのことだろ…
俺、そこまで子どもじゃねえし…▼
[セツナ]
ディーア…
さっきからいっぱいおしゃべりしてる…▼
[ディーア]
母さんと一緒だと…
どうしてもツッコミ役になっちゃうからな…▼
[セツナ]
そうなんだ…
大変そうね…▼
[ディーア]
そうでもないさ…
意外と楽しめてる自分がいるしな…▼
[セツナ]
ディーアだけ楽しんでずるい…
私も楽しみたい…▼
[ディーア]
じゃあ、早く賊を倒しちゃおうぜ…
そしたらお祭りも再開するからさ…▼
[セツナ]
そうね…
じゃあよろしく、ディーア…▼
[ディーア]
母さんも戦えっての…▼

オボロ

[ディーア]
…………▼
[オボロ]
わかるわよ、ディーア。▼
さっき、屋台で見かけた
髪飾りが気になってるんでしょ?▼
[ディーア]
さすがだな、母さん…
やっぱり目をつけていたか…▼
[オボロ]
当たり前じゃない。
私を誰だと思ってるのよ。▼
でも、やっぱりディーアは私の息子ね。
おしゃれなものに敏感だもの。▼
[ディーア]
あれを見つけてから…
ずっと気になっちゃってるんだよね…▼
[オボロ]
すごく素敵だったものね。
あれ、絶対にこれから流行るわよ。▼
[ディーア]
だよな…
なんとしても手に入れたいぜ…▼
[オボロ]
それなら買いにいけばいいじゃない。▼
ここにいる賊をなんとかしたら、
屋台の店員さんも戻ってくるだろうし。▼
[ディーア]
先に誰かに買われちゃわねえかな…
あれ、一個しか置いてなかったし…▼
戦いのあと、ごたごたして…
その隙に買われてたら最悪だぜ…▼
[オボロ]
ディーア、気持ちはすごくわかるけど、
今は戦いに集中しないとダメよ。▼
おしゃれも大事だけど、
今はやるべきことをやらなきゃ。▼
[ディーア]
…だな。▼
[オボロ]
ところで、もし買えたら
誰にあげるつもりだったの?▼
[ディーア]
母さんにだよ…▼
[オボロ]
えっ!?
私にだったの?▼
[ディーア]
日頃、世話になってるし…
ま、感謝の気持ちってやつだな…▼
あれ、母さんに絶対に似合うと思うぜ…▼
[オボロ]
…ディーア。
今すぐあの髪飾りを買ってきて。▼
お金をちゃんと置いておけば大丈夫だから。▼
[ディーア]
いや、でも…
やるべきことをやんなきゃじゃ…▼
[オボロ]
息子からの素敵な贈り物を 逃すわけにはいかないもの。▼
走れば大丈夫だから!
ほら、急いで走って!▼
[ディーア]
ははは…
わかったよ、母さん…▼

カゲロウ

[カゲロウ]
ディーア、何か落としたぞ。
ん? これは…▼
[ディーア]
ああ…
この間、俺が描いた絵だよ…▼
[カゲロウ]
畑で遊びまわる子どもたちの絵か。
なかなか上手に描けているじゃないか。▼
[ディーア]
か、母さんにはわかるのか?
この絵が子どもたちを描いたものだって…▼
[カゲロウ]
当たり前だ。
私にはそれ以外の絵には見えないぞ。▼
[ディーア]
だけど、カムイ様に見せたら…▼
何匹もの悪魔たちが踊りながら
街を貪り食ってる絵だと勘違いされたぜ?▼
[カゲロウ]
…なるほど。
私にもそういう経緯があるな。▼
いつか、りんごの絵を
描いたことがあったのだが…▼
不気味な老婆が
怪しく微笑んでいる絵だと言われたことがある。▼
[ディーア]
ってことは、俺の絵の腕前は…
確実に母さんの血ってことじゃん…▼
[カゲロウ]
そ、そうかもしれないな…
すまぬ…▼
しかし、そう悲観することはないぞ。▼
人とは違う独特の感性や視点…▼
それらがディーアには
備わっているということだからな。▼
その力は必ずや
お前の人生の助けとなるだろう。▼
[ディーア]
確かにそう言われると…
この絵の才能も悪くない気がしてきたぜ…▼
母さんから譲り受けたこの才能は
このまま磨いていこうと思う。▼
[カゲロウ]
それを聞いて安心した。▼
私のせいでディーアが
辛い思いをするのは耐えられぬからな。▼
[ディーア]
母さん…
今度、一緒に絵を描かないか?▼
ほら、今まではさ…
そんな時間もあまり作れなかったし…▼
[カゲロウ]
ああ、必ず描こう。
約束する。▼
[ディーア]
ありがとう…
母さん…▼

エリーゼ

[エリーゼ]
ええと、それとこれと…
あっ! あれも忘れちゃダメね!▼
[ディーア]
母さん…
さっきから紙に何を書いてるんだ?▼
[エリーゼ]
えへへ!
これはね…けいかくしょだよ!▼
[ディーア]
計画書…▼
[エリーゼ]
そうなの!
ディーアと遊ぶためのけいかくしょ!▼
[ディーア]
なんでそんなものが必要なんだ?
遊ぶのにそんなもんいらねえだろ…▼
[エリーゼ]
もう、ディーアはあたしの息子なのに
全然、わかってないなー!▼
これはぜったいに必要なんだよ?
周りを見ればわかるでしょ?▼
[ディーア]
…わからないけど。▼
[エリーゼ]
しょうがないなー。
じゃあ、お母さんが説明してあげる。▼
今日はお祭りだから
いっぱいいっぱい屋台が並んでるでしょ?▼
[ディーア]
ああ…▼
[エリーゼ]
金魚すくい、的当て、輪投げ…
楽しいところがいっぱいだよね!▼
しかも、それだけじゃないよ?▼
わたあめに焼きそばにりんごあめ…
美味しいものもいっぱいいっぱい!▼
[ディーア]
ははは…
確かにそうだな…▼
[エリーゼ]
そういうのを全部楽しむなら、
一分一秒もむだにはできないよね!▼
だから、きちんと
けいかくしょを書いてるってわけ!▼
[ディーア]
なるほどな…
納得できたぜ、母さん…▼
[エリーゼ]
えっへん!
お母さんを見直しましたか?▼
[ディーア]
ああ…
さすが母さんだ…▼
[エリーゼ]
えへへ。
ディーアにほめられちゃった。▼
[ディーア]
でもさ、ちらっと見たけど…
その計画書、詰め込みすぎじゃね?▼
わたあめを三秒で食べるとか書いてあるし…▼
[エリーゼ]
ほ、本気を出せばできるもん!▼
[ディーア]
いや、さすがにそれを全部、実行するのは…
どう考えても無理だぜ…▼
[エリーゼ]
や、やだやだやだー!
ディーアと全部、回りたいの!▼
[ディーア]
んじゃ、なるべくいっぱい遊べるように…
さっさと賊を片付けないとな…▼
[エリーゼ]
うん!
あたしもがんばるからね!▼

エルフィ

[エルフィ]
…ぐしゃ。▼
[ディーア]
か、母さん…
屋台の骨組みを握り潰しちゃダメだぜ…▼
[エルフィ]
ごめんなさい、つい…
あとで直しておかなきゃ…▼
[ディーア]
なんか怒ってるのか?▼
[エルフィ]
ええ…
怒ってるわ…▼
[ディーア]
母さんが怒るなんてめずらしいな…
原因はなんだ?▼
[エルフィ]
わたしはできたてが食べたかったの…
でも、作ってくれる人はみんな逃げた…▼
焼きそば、たこ焼き、大判焼き…
ここにあるのはみんな冷えてる…▼
賊、絶対に許さない…▼
[ディーア]
ははは…
気持ちはわかるぜ…▼
でも、賊を退治すれば人も戻ってくるさ…
今だけ我慢すればいい…▼
[エルフィ]
この美味しそうな匂いが
充満する中で我慢するなんて…▼
…地獄。
ここは地獄ね。▼
[ディーア]
わ、わたあめならあるぜ?
これならできたてとか関係ないだろ?▼
[エルフィ]
わたあめはお腹にたまらない…
食べても食べてもお腹がすくわ…▼
[ディーア]
母さんの胃は…
異次元につながってるからな…▼
[エルフィ]
もうお腹がすきすぎて…
一歩も動けない…▼
[ディーア]
そいつは困ったな…▼
[エルフィ]
…………▼
[ディーア]
どうしたんだ、母さん?
急に黙ってさ…▼
[エルフィ]
ごめんなさい…
わたし、自分のことばかりだった…▼
ディーアもわたしと
気持ちは同じはずなのに…▼
お腹…すいてるでしょう?▼
[ディーア]
正直、ぺっこぺこだぜ…
俺も母さんと同じで食べるのが好きだし…▼
[エルフィ]
…わたし、動くわ。
動いて賊を退治しなくちゃ。▼
息子とわたしのお腹を満たすために…
ここがわたしの命の賭けどき…▼
[ディーア]
そ、そこまではしなくていいよ…▼
[エルフィ]
いくわよ、ディーア…
ついてきなさい…▼
[ディーア]
ああ…
わかったぜ、母さん…▼

ニュクス

[ニュクス]
…………▼
[ディーア]
母さん、さっき言われたこと…
まだ気にしてるのか?▼
[ニュクス]
…なんのことかしら?▼
[ディーア]
お祭りから逃げる人が
俺たちを見て言っただろ…▼
お父さん…
お子さんを連れて早く逃げなさいって…▼
[ニュクス]
…そんなこと言われたかしら。▼
[ディーア]
いや、言われたあとから…
母さん、ずっと黙っちゃってるじゃん…▼
[ニュクス]
そうね…
確かにそうだわ…▼
でも、私が気にしてると思ってるなら…▼
わざわざ話を
蒸し返さなくてもいいんじゃない?▼
[ディーア]
そ、それは…確かにそうだったな…
ごめん、母さん…▼
[ニュクス]
…いえ、謝るのは私の方だわ。
ディーアにあたってしまったもの。▼
ごめんなさい、ディーア。▼
[ディーア]
いや、俺は気にしてないよ。▼
[ニュクス]
でも、お子さんか…
そう言われるのも仕方ないわよね…▼
私はディーアの…
お母さんなのにね。▼
[ディーア]
事情を知らない人だからな…
わかれって方が難しいぜ…▼
[ニュクス]
…………▼
[ディーア]
でもな、母さん…▼
俺は母さんの見た目なんか…
全然、気にしてないからな…▼
たとえ母さんがどんな姿だろうと…
俺は母さんのことを母さんだと思ってる…▼
[ニュクス]
ありがとう、ディーア…▼
あなたのような優しい子が
生まれてきてくれたこと…▼
それだけで私は…
生きていてよかったと思えるわ。▼
[ディーア]
母さん…▼
[ニュクス]
でも、考えようによっては
この体も悪くないかもしれないわ。▼
だって、いつまでも
若いお母さんでいられるものね。▼
[ディーア]
ははは…
確かにそうだな…▼

カミラ

[カミラ]
あら、ディーアあれを見て…▼
[ディーア]
ん…
あれって的当てのことか?▼
[カミラ]
面白そうね。
ちょっとやっていかない?▼
[ディーア]
今からやるのか?
賊がいるっていうのに…▼
[カミラ]
すこしくらい寄り道しても大丈夫よ。
ほら、勝負をしましょ。▼
[ディーア]
仕方ねえな…
でも、勝負っていうのなら手加減しないぜ?▼
[カミラ]
ふふふ…
望むところよ。▼
あの一番大きいクマのぬいぐるみを
先に落とした方が勝ちでいいわね?▼
[ディーア]
ああ、それでかまわないぜ…▼
[カミラ]
じゃあ、私から…
えい!▼
[ディーア]
…かすりもしてないな。
母さんって的当ては苦手なのか?▼
[カミラ]
…………▼
…最初から落としちゃったら
ディーアの出番がなくなっちゃうもの。▼
[ディーア]
ははは…
優しいんだな、母さんは…▼
んじゃ、俺もやるぜ…
よっと…▼
[カミラ]
あっ…▼
[ディーア]
勝負は俺の勝ちだな…
案外、簡単だったぜ…▼
[カミラ]
…………▼
…おめでとう。
さすがは私の愛すべき息子ね。▼
[ディーア]
ありがとう、母さん…
んじゃ、賊退治を再開…▼
[カミラ]
第二回戦。▼
[ディーア]
…えっ?▼
[カミラ]
勝ち逃げなんてさせないわよ。
たとえ愛する息子だとしても。▼
[ディーア]
母さん…
目に殺気が宿ってる気がするんだけど…▼
[カミラ]
ふふふ…気のせいよ…
ふふふふふふふ…▼
[ディーア]
これ、母さんが勝つまで…
終わらないんだろうな…▼

ルーナ

[ルーナ]
的当てに輪投げにくじ引きまである!
くぅー! 腕が鳴るわね!▼
[ディーア]
母さん、はしゃぎすぎさぜ…
っていうか、まだ戦闘中だし…▼
[ルーナ]
なによ、ディーア。
あんたも本当ははしゃぎたいくせに。▼
これだけものが揃ってるんだから、
うきうきするに決まってるでしょ?▼
言っておくけど、お祭りが再開したら
すぐに勝負するわよ? いい?▼
[ディーア]
別にいいぜ…▼
勝つのは俺に決まってるからな…
母さんじゃ相手にならないぜ…▼
[ルーナ]
なっ!?
なんですって!?▼
いつからそんな
生意気を言う子になったの!?▼
[ディーア]
さあな…▼
でも、生意気なのは…
母さんからの遺伝だぜ…間違いなく…▼
[ルーナ]
あ、あたしはそんなに
生意気じゃないわよ。▼
そんな風に言う子には、
手加減なんかしてあげないから。▼
[ディーア]
手加減…
そんなのする気なかっただろ?▼
母さんはいつだって何事にも…
全力でがむしゃらに挑むじゃん…▼
[ルーナ]
そ、そんなことないわよ。▼
[ディーア]
いいや、ごまかしても無駄だ…
俺にはわかってるし…▼
それに俺は母さんのそんなところを…
一番尊敬してるしな…▼
[ルーナ]
ディーア…▼
[ディーア]
ほら、さっさと賊を倒そうぜ…▼
なんならどっちが多く倒せるか…
勝負でもしようか?▼
[ルーナ]
ええ、望むところよ。▼
手加減なんかしないで、
全力前回でやっちゃうからね。▼
[ディーア]
ああ…
母さん…▼

ベルカ

[ディーア]
…………▼
[ベルカ]
どうしたの、ディーア…
何か気になることがあるの?▼
[ディーア]
いや、なんか…
すげえ嬉しいな、ってさ…▼
[ベルカ]
嬉しい?
何がそんなに嬉しいの?▼
[ディーア]
母さんとこうして…
お祭りにこれたってことがさ…▼
[ベルカ]
…そう。▼
確かに、こうして親子で
出かける機会は少なかったものね…▼
[ディーア]
それにお祭りと母さんって…
なんか結びつけ辛いし…▼
[ベルカ]
どういうこと?▼
[ディーア]
いや、母さん…
お祭りとかきて楽しいのかな、って…▼
金魚とかすくって楽しんでる母さんを…
想像できないっていうか…▼
[ベルカ]
そ、それは…
…楽しいに決まってるわ。▼
自由に泳ぎまわる金魚を網ですくう…
こんなに楽しいことは他にはないわ。▼
[ディーア]
母さん、無理してるだろ…▼
[ベルカ]
そ、そんなことないわ。▼
的当てというものも好きよ。▼
動きもせず、逃げもしない標的を
殺傷能力皆無の弓で射る…▼
なんて楽しそう。
早く遊びたくて仕方がないわ。▼
[ディーア]
…………▼
[ベルカ]
…ごめんなさい。
本当は少し戸惑ってるの。▼
私、お祭りで遊んだ経験がないから…
どう楽しめばいいのかわからないわ…▼
[ディーア]
そっか…
そうだよな…▼
[ベルカ]
でも、戸惑ってはいるけれど、
このお祭りを楽しみたい気持ちは本当よ。▼
大切な息子と一緒なんだから…
一緒に楽しく遊んでみたい…▼
[ディーア]
母さん…▼
…賊を倒したらいっぱい遊ぼうぜ。
俺がお祭りの楽しみ方を教えるぜ…▼
[ベルカ]
ええ…
ありがとう、ディーア。▼

ピエリ

[ディーア]
せっかくのお祭りをぶち壊しやがって…
賊は全員、ぶっ殺してやるぜ…▼
[ピエリ]
はい! ぴっぴー!
そういうことは言っちゃダメなのー!▼
[ディーア]
そういうことって…
どの部分がダメだったんだよ?▼
[ピエリ]
えっと、ぶち殺すとか?
ディーアがそんなこと言っちゃダメなの!▼
[ディーア]
でも、母さんはいつも言ってるじゃないか…
それなのに俺はダメなのか?▼
[ピエリ]
母さんは大人だから言ってもいいの!
ディーアは子どもだからダメなの!▼
[ディーア]
…逆じゃね?
普通、大人は大人の発言をするものだろ…▼
[ピエリ]
普通とかはよくわからないの!
でも、とにかくピエリはいいの!▼
[ディーア]
ずるいぜ、母さん…▼
[ピエリ]
でも、自分でも不思議なの。▼
なんでピエリ、ディーアにぶち殺すとか
言って欲しくないんだろ?▼
なんかピエリもディーアが言ってるの聞いて
わかんないけど注意しちゃったの。▼
これってどういうことなの?▼
[ディーア]
それは…母親だからなのかな?▼
息子には危ない言葉を…
使って欲しくないとか…▼
[ピエリ]
母親ってそういうものなの?
ピエリ、ちょっとわかんないの。▼
[ディーア]
いや、俺もわかんねえし…▼
[ピエリ]
母親って難しいものなのね。
毎日、ビックリの連続なの。▼
[ディーア]
ははは…
ま、そのうちに慣れてくるさ…▼
んじゃそろそろ、賊をぶち殺…
ぶっ倒しに行こうぜ…▼
[ピエリ]
うんなの!
全員、ぶち殺してやるなの!▼

シャーロッテ

[シャーロッテ]
ディーア、せっかくのお祭りなんですからね。
遠慮なんかしちゃダメですよ~。▼
食べたいものとか、欲しいものがあったら
全部、買ってあげますからね~。▼
[ディーア]
…………▼
[シャーロッテ]
あら~、どうしたのディーア?
疲れちゃったのかな?▼
[ディーア]
母さん、猫かぶってるだろ…
息子に優しい母親を演じてるとかか…▼
[シャーロッテ]
ちょ、ちょっと静かに!
どこで誰が聞いてるかわからないでしょ?▼
[ディーア]
やっぱりな…▼
[シャーロッテ]
優しいお母さんって…
意外とモテるらしいのよね。▼
となれば、演じるしかないでしょ。▼
ディーアだって
モテる母親の方が嬉しいでしょ?▼
[ディーア]
くだらねえ…▼
[シャーロッテ]
ディーア…▼
あのね、ディーア。
私はお父さんのことを愛してるわよ?▼
そこは絶対に間違いないわ。
でも、それとこれとは別の話なのよ。▼
[ディーア]
わかってるよ…▼
母さんのモテたいっていうのは…
生き様みたいなもんだってのはさ…▼
[シャーロッテ]
あら、完璧に理解してくれてるのね。▼
[ディーア]
俺がくだらないっていったのは…
そういうことじゃねえし…▼
[シャーロッテ]
じゃあ、どういうことなの?▼
[ディーア]
優しい母親を演じるのが…
くだらねえって言ったんだよ…▼
母さんは演技なんかしなくても…
優しい母親なんだからさ…▼
[シャーロッテ]
ディーア…▼
[ディーア]
安心しろよ…
素のままの母さんでも充分モテるって…▼
[シャーロッテ]
…や、やばい!
ちょっと私、隠れるから!▼
[ディーア]
どうしてだよ?▼
[シャーロッテ]
嬉しくて号泣してる顔なんて
不細工で誰にも見せられないもの…▼
[ディーア]
ふっ、仕方ねえな…
じゃあ、俺が見張っててやるよ…▼
[シャーロッテ]
そ、そう?▼
じゃあしばらくの間、お願いね。
ネズミの子一匹通すんじゃないわよ。▼
[ディーア]
わかってるって…▼
[シャーロッテ]
うっ…▼
うえええん嬉しいいいいいーー!!!
私の息子可愛いすぎだろおおおおおおお!!▼
[ディーア]
ははは…▼

モズメ

[モズメ]
うわぁ!
お祭りってやっぱええもんやね。▼
屋台もいっぱい並んでて、
見てるだけでわくわくしてくるやんな。▼
[ディーア]
母さん、はしゃぎすぎだぜ…
今、戦闘中だってのにさ…▼
[モズメ]
し、仕方ないやろ!▼
あたい、こういう盛大なお祭り、
あんまりきたことあらへんのやから…▼
[ディーア]
母さんの生まれた村では
こういうお祭りはやらなかったのか?▼
[モズメ]
田植えの前と収穫のときに
小さなお祭りはやってたなぁ。▼
屋台とか出店なんかはなかったけど…▼
みんなで輪になって歌って踊って、
すっごく楽しかったわ。▼
[ディーア]
母さんも踊ったのか?▼
[モズメ]
せやな。
倒れるまで踊ったで。▼
せっかくのお祭りのときに
恥ずかしがってるのは損やからね。▼
[ディーア]
なんかすげえ楽しそうだな。
俺も参加してみたかったぜ。▼
[モズメ]
あたいもディーアと一緒に
みんなで輪になって踊りたかったわ。▼
ま、村はもうないから
その願いはもう叶わないんやけどね。▼
[ディーア]
…………▼
…踊るか。▼
[モズメ]
えっ!?ここで踊るんか?▼
[ディーア]
そうだ。賊を全部倒したら、
このお祭りも再開するだろ?▼
[モズメ]
そりゃそうやろうけど…
あたいたちだけで踊るのはなぁ…▼
[ディーア]
母さんが言ったんだぜ。▼
せっかくのお祭りで
恥ずかしがっているのは損だって。▼
[モズメ]
…そうなんや!
なら、踊ろうか!▼
あたいたちが始めたら、
他のみんなも参加してくれるかもしれへんし!▼
[ディーア]
ああ。
やってやろうぜ。▼
[モズメ]
あはは!
なんやすごいわくわくしてきたわ!▼
[ディーア]
んじゃ、まずはさっさと賊退治だ。
ほら、いくぜ、母さん。▼
[モズメ]
そうやね、ディーア。▼
…………▼
ほんまに優しい子に育ってくれて…
あたいは幸せやで、ディーア。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-03 (月) 23:12:32